マンガでよめる痔のこと・薬のこと

お世話になります。

私は熱帯魚は10年くらい前から飼育しています。
3ヶ月程前から20cm水槽でベタを単独飼育しています。

最初はソイル+水草をたくさん入れていたのですが
緑のコケ+糸状のフワフワと言うかモヤッとした物が生えてきます。

水換えは10日に1回くらいです。
付属は外掛け式フィルターとオートヒーターとLED照明だけです。

水槽が小さいから水質が安定していないのでしょうか?
水換えには45cm水槽からの水+カルキや重金属を抜いた水道水を入れています。
あとブラックウォーターにする物を少々足しています。

緑のコケが生えた経験はあるのですが、モヤッとは初めてです。
原因は何でしょうか?ベタにとって有害な物でしょうか?

ブラックモーリーやオトシンクルスに仲間入りしてもらっても
ベタ♂との相性がダメでしょうか?+解消は出来ないでしょうか?

現在はソイルと水草を取り除き、ベアタンクです。
どうしたら解消できるでしょうか?
教えて下さい。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

水層のバランスが崩れているのが原因だと思います。



45cmからの水と添加物で富栄養化しているのではないでしょうか?添加物を止め、しばらく様子を見てはいかがですか?

又、苔の書類によっては水流が原因の場合もあります。
今の所、ベタ1匹とのことで、水流はあまりない方がいいと思います。
観察して、弱めるなりした方がいいかもです。

20cmの水層にブラックモーリーを追加するのはリスクが高いような気がします。
ブラックモーリーのヒラヒラした尾に反応して、ベタが攻撃するか、ベタの尾がモーリーにつつかれるか。。。。

オトシンクルスとの混泳は大丈夫そうですが、水替えはもうちょっと頻繁にした方がよくなります。
糸状の苔はあまり食べないので、苔の解決にはあまりならないと思います。

ためすならエビでしょうか?

水層が小さいのでリセットする位の感じで一度きれいにして原因を特定しましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

深夜遅くに失礼します。
回答ありがとうございます。

栄養過多になっているかもなのですね。
ブラックウォーターを止めてみます。

小型水槽の水質の安定は難しいですね。

水流も半分くらいに弱めてみました。

そうですか。
ブラックモーリーとベタは相性が良くないのですね。
魚の仲間入りではなく水換え頻度を増やします!

確かエビはベタが襲うと聞いた気がします…
相性ってなかなか難しいですね。

最近リセットしたばかりなのです。
ソイルと水草が多すぎたのが原因かと思い、
全て取り除いてベアタンクにしました。

でも全ての水をカルキなどを抜いた水道水に
してしまうとバクテリアが居なくなってしまいますよね?

週に1度、3分の1から4分の1くらいの水換えをします。
原因が特定できる事を願うばかりです。

ありがとうございます。

お礼日時:2014/06/25 02:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qベタから白い糸

約一週間前から初めてベタを飼育しています。
今朝はなんともなかったのですが、夕方見てみるとヒレから白くて長い糸のようなものがでていました。
イカリムシ病でしょうか?
分かる方がいたら治療法などもあわせて教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も同じ赤いベタちゃん飼ってます(^.^)

イカリムシ病にしては長い様な気もしますが…
おそらく線虫系の寄生虫の可能性が高いと思われます。


治療法は
ピンセットで丁寧にとりのぞく。
患部を綿棒を使いメチレンブルー等で消毒する。
水を半分以上換え、メチレンブルー、できればトロピカルNで引き続き薬浴する。

*ただしこの治療方法がは生体を水槽から取り出して寄生虫を取り除いたり、
メチレンブルーを塗布する方法は、調子や症状を悪化させる可能性もあります。
この治療方法を行う場合は気を付けてください(>_<)

治療中、あるいは治療後は、尾ぐされ病や口ぐされ病など、細菌性の病気の二次感染が起きやすいので注意してくださいね。

薬浴は水草にはよくないので…
水草入れている場合は水草を取ってから行ってください!


ベタ懐いてくると愛嬌あって可愛いですよ(^_-)
早くよくなるといいですね♪

Qベタの元気がない時は塩入れたらいいと聞いたことありますが普通の食塩で良

ベタの元気がない時は塩入れたらいいと聞いたことありますが普通の食塩で良いのでしょうか?それともあらじおが良いのでしょうか?入れる量も教えていただけると助かります。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

#1です、補足にお答えします。

>60グラムてどのくらいの量になりますでしょうか?

大さじ一杯が塩の場合約15gですから4杯。また大さじがなければ、大さじ1杯=ペットボトルキャップ2杯分ですから、キャップ8杯となります。

*大さじ1杯は、すりきり1杯です、ギュウッと押し込めず、さじに自然に取った量がすりきりです。

*塩を指でひとつまみ=約0.3gです。

>病名によって塩浴やる場合とやらない場合があるようで…

私は専門家ではなく、ベタや金魚、めだかを好きで長年飼っています。なので掛かり付けの医者やペット屋から聞いた知識となりますので、#1さんほど詳しくはありませんから、#1さんの回答も参考にして下さい。

では私なりの回答をしておきます。ベタは元々泳ぎが下手なので、じっとしている方が得意な魚の種類ですから、よく体を見てウロコやおびれ・背びれなどに異常がないか確認してみて下さい。

ちなみにベタの病気は、エルバージュと塩(精製塩)を用意してください。この2種類でベタの病気はほとんど治ります。(と教えて貰い、以来ずっと実践してます)

ベタの一番かかりやすい病気はコショウ病です。水温の変化でなりやすいです。治療は飼育水を交換してエルバージュを色の付く程度ほんの少量溶かし、1リットルに対して5gの塩を入れてください。水温は高目に設定してください。2日ほどで直ります。

*コショウ病とは
コショウを振りかけたように薄いオウド色の細かい点々が体中に付着する。ベタが一番かかりやすい病気でベタの元気が無くなったら注意してよく見ること。

エルバージュエースは1袋0.5gなので、約10分の1で良いです。

「鰭が溶けている」場合。水質が合っていないか、ベタのストレスによりヒレが溶ける場合があります。治療は水替えをしてから水1Lに対してエルバージュ約0.05g入れよく溶かしてから塩を5g入れて下さい。ヒレが溶ける進行は止まります。

後はヒレが伸びるのを待ちましょう。またこの方法はウロコが固まった時にも有効です。

他にもおびれの「ささくれ病」など病気は沢山あります。もしそのような感じでしたら、申し訳ないですが私はウチのベタでは経験してないので、回答が出来ません。(金魚やメダカでは経験ありますが)

なのでネットで検索してみるか、また良回答があるのを待ってみて下さい。もし金魚やメダカと同じ対象なら、私なりの回答も出来ます

#1です、補足にお答えします。

>60グラムてどのくらいの量になりますでしょうか?

大さじ一杯が塩の場合約15gですから4杯。また大さじがなければ、大さじ1杯=ペットボトルキャップ2杯分ですから、キャップ8杯となります。

*大さじ1杯は、すりきり1杯です、ギュウッと押し込めず、さじに自然に取った量がすりきりです。

*塩を指でひとつまみ=約0.3gです。

>病名によって塩浴やる場合とやらない場合があるようで…

私は専門家ではなく、ベタや金魚、めだかを好きで長年飼っています...続きを読む

Qベタのヒレがおかしいです。

10日ほど前に飼い始めたベタのヒレがおかしいです。
全体的にザクザクして、処々ビリッと裂けています。
飼い始めた時にはとても綺麗なヒレをしていました。

昨日、ベタについての質問をさせて頂いたのが↓これです。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7797110.html
フレアリングしない事を心配していたのですが、今日見たらヒレが昨日よりもひどい状態になってしまっていました。
餌はやはり元気に食べていて、糞もきちんとしています。
でも、飼い始めた当初ほどの元気さはない気もします。落ち着いたからそう思うのかはわかりません。


ヒレが裂けるのは、水がアルカリに傾いた時に起こりやすいとありますが、うちの水は前述の質問の通りPH5.5の酸性です。
酸性でもこのような症状になるのでしょうか?


これはやはり病気なのでしょうか?
元に戻せますか?
水草は多少入れていますが、裂けるようなものではないと思います。

治療できるなら隔離して治してあげたいとも思いますが、最近新しい水槽に移したのもあり
あまり頻繁に移動させて良いのかどうかも気になります。

同じような質問も見ていましたが、溶けるという感じはしませんし、正直同じ症状なのかの判断ができまなくて、質問させていただきました。
画像を見て、わかりましたら教えていただけないでしょうか?

10日ほど前に飼い始めたベタのヒレがおかしいです。
全体的にザクザクして、処々ビリッと裂けています。
飼い始めた時にはとても綺麗なヒレをしていました。

昨日、ベタについての質問をさせて頂いたのが↓これです。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7797110.html
フレアリングしない事を心配していたのですが、今日見たらヒレが昨日よりもひどい状態になってしまっていました。
餌はやはり元気に食べていて、糞もきちんとしています。
でも、飼い始めた当初ほどの元気さはない気もします。落ち着いたからそう思う...続きを読む

Aベストアンサー

ベタの場合、アルカリ性環境の他。

1・強いストレス
2・水質(pHや硬度)の急変=水合わせなど

でも、ヒレ先がギザギザになる事が多々あります。
アルカリ性の場合は、pHが酸性方向へ傾かない限り、ギザギザは治りませんが、1と2の場合は、時間の経過と共に自然治癒します。
なお、冷凍赤虫などカルシウムを多く含む動物性飼料を与えた方が、回復力が高まります。

添付写真のベタは、ヒレ全体が見事にギザギザが入っているので、高級種「クラウンテール(5000円以上)」の血統が混ざっているのかも知れませんね。
http://www.rva.jp/zukan/labyrinth/betta_crowntail.htm

Qベタがいる水槽のコケ対策

ベタを飼育し始めて、1週間くらい経ちます。
30cm水槽のガラス面にコケが付き始めました。
苔対策として共生(混泳)可能な魚を教えて下さい。
あと、ヤマトヌマエビって混泳可能ですか?
お願い致します。
(他に回答に必要な情報がありましたら、教えて下さい。)

Aベストアンサー

苔/藻の対策は、その種類によって方法を考えないといけないと思いますよ。

生物にお任せといっても、好き嫌いがありますから。 。 。

1.珪藻(茶色くてガラス面などに付く)

フィルターのろ過バクテリアの活性が低いと発生しやすいです。
飼育水の富栄養化が引き金になる事が多いので、適切な水換えと生物ろ材の管理によって飼育水
が活きて来ると、自然と珪藻の発生は少なくなります。
光量が比較的少ないと発生しやすい。

メンテフィッシュ:オトシンクルス/イシマキガイなどの巻貝
※イシマキガイは適正水質の関係で相性悪い。


2.ヒゲ状藻など

こちらは、珪藻と逆に生物ろ過が上手くいっている水槽に発生しやすい様です。
他の藻に較べて固く、生物による除去にはあまり期待出来ません。
発生したら、根気強く手で除去しましょう。
光量が比較的多いと発生しやすいです。

メンテフィッシュ:ペンシルフィッシュ/ヤマトヌマエビなど


3.藍藻(緑色のドロドロしたやつ)

こいつは藻じゃないんですが、いつでもどこでも発生しよります。
水の流れがある所が嫌いなので、ベタの様に水流を嫌う熱帯魚の水槽には発生しやすいかも。

メンテフィッシュ:ブラックモーリー/オタマジャクシ
※ベタにモーリーは相性悪い。適正PHも合わないけど、基本的にヒラヒラは駄目。


以上、メンテフィッシュにも向き不向きがあります。
ちなみに、メンテフィッシュだけに頼ろうとすると、相当数の投入が必要です。
たとえば、ヒゲ状藻に対してヤマトヌマエビでは30cm水槽に、10匹くらい必要な算段です。
※藻の発生量によりますが。

しかし、実際のところ30cm水槽に沢山メンテフィッシュを入れる事は、飼育水の汚れを助長
するので難しいです。
逆に藻を発生させる要因になりえます。
メンテフィッシュの世話もしないといけなくなるし。 。 。

60cm以上の水槽ならメンテフィッシュを考えてもいいと思いますが、30cmなら飼育水管理
プラス照明管理プラス人力除去の方が結果的に楽かもしれません。

最後に否定的になって申し訳ないですが、僕の個人的意見という事で受け止めていただければ。

苔/藻の対策は、その種類によって方法を考えないといけないと思いますよ。

生物にお任せといっても、好き嫌いがありますから。 。 。

1.珪藻(茶色くてガラス面などに付く)

フィルターのろ過バクテリアの活性が低いと発生しやすいです。
飼育水の富栄養化が引き金になる事が多いので、適切な水換えと生物ろ材の管理によって飼育水
が活きて来ると、自然と珪藻の発生は少なくなります。
光量が比較的少ないと発生しやすい。

メンテフィッシュ:オトシンクルス/イシマキガイなどの巻貝
※イシマ...続きを読む

Qバクテリアの液はデメリットはありますか?

半年ぐらい前から金魚を飼っています。
差し迫って困ってるわけではないのですが、ちょっと疑問があるので教えてください。

よくアクアリウム関連のサイトを見ると、水槽立ち上げ時は、「エアレーションして1週間ほど空回しして水を作る」とあります。
これは、砂や空気中の自然界にいる好気バクテリアをタネにして、濾過に最低必要な量にまで増加させるためなのでしょう。パイロットフィッシュなど立ち上げ用の生体を入れればより効率的でもあるとされています。

ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れればずっと簡単だし早いと思うんですが、それを推奨しないのはなぜでしょうか?
たしかに成分がよくわからない薬(のようなもの)を使うより、自然界のシステムで環境を整えるほうが、気持ち的に信用はおける気はしますが・・・・・。
こういうバクテリア液は、手軽である反面、何かデメリットなどはあるのでしょうか?
よろしければ教えてください。

ちなみに自分は半年前、水槽を買ってきて、水道水にカルキ抜きとバクテリア液を入れて、すぐに金魚を入れて飼いはじめましたが、とくに水の濁りも臭いも発生せず、別段なんの問題も無く金魚たちは元気にしています。(もちろん今はもう液は入れてません)

半年ぐらい前から金魚を飼っています。
差し迫って困ってるわけではないのですが、ちょっと疑問があるので教えてください。

よくアクアリウム関連のサイトを見ると、水槽立ち上げ時は、「エアレーションして1週間ほど空回しして水を作る」とあります。
これは、砂や空気中の自然界にいる好気バクテリアをタネにして、濾過に最低必要な量にまで増加させるためなのでしょう。パイロットフィッシュなど立ち上げ用の生体を入れればより効率的でもあるとされています。

ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れれば...続きを読む

Aベストアンサー

濾過バクテリアとは何物か?
が、分かれば答えも、自ずと導き出されます。
濾過バクテリアは、枯草菌など腐敗菌類の仲間。
彼らの役割は、有機物を分解し無機物化。

マグロの刺身を、雨風当たる庭に放置すれば、直ぐに傷んで、、、
腐敗臭(アンモニア)が発生して、、、
ドス黒くドロドロになり、、、
最後は、カラカラに乾いて、ほぼ無機物と化します。

濾過バクテリアなどの腐敗菌類は、地球上の、ほぼ全ての場所に生息する細菌類。
バクテリア剤など使用しなくても、マグロは確実に腐って消えて行く・・・これが答えです。

> よくアクアリウム関連のサイトを見ると、水槽立ち上げ時は、「エアレーションして1週間ほど空回しして水を作る」とあります。
・これは、昭和40年代頃に広まった立ち上げ方法。

現在では、空回しは3日~5日間程度で充分です。
空回しの目的は水槽設備の初期不良や漏水チェック。
3日~5日目に一端、全換水すれば魚の受け入れ完了です。

全換水の目的は、始めて張った水には、以下の物質が溶け込むため。
・水槽目地表面のシリコン保護剤。
・プラスチック、ゴムの保護剤。
・底砂から溶け出す様々なミネラル。
これらは有毒物ではありませんが、保護剤には環境ホルモン物質が使用されていることがあり、魚の繁殖能力に影響を与える可能性があります。

> ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れればずっと簡単だし早いと思うんですが、それを推奨しないのはなぜでしょうか?
・ハッキリ言って、使っても、使わなくても、ほとんど濾過バクテリアの繁殖定着する日数に違いが無いためデス。
第一、市販のバクテリア剤の大半が、アンモニア硝化菌のみで、亜硝酸硝化菌は含まれていません。
・ニトロソモナス属(アンモニア硝化菌)は、休眠加工が可能でパウダー状態で長期間常温保存が可能です。
・ニトロバクター属(亜硝酸硝化菌)は、休眠加工は出来ません。
ニトロバクター属の細菌は、生菌をボトリングする必要があるため冷蔵保存が必要です。
ペットショップで、常温の棚に置かれている濾過バクテリアは、アンモニア硝化菌のみになります。
アンモニア硝化菌と亜硝酸硝化菌の両方をパッケージした製品は、冷蔵保存され使用期限も短く、価格も非常に高価です。

私のところの実験では、バクテリア剤を使用すると平均で3日間ほど、早く立ち上がるだけの効果でした。

=日数=
バクテリア剤無し・・・・平均21日。
バクテリア剤有り・・・・平均18日。

=別効果=
立ち上がる日数以外では、バクテリア剤を投入すると一時的にアンモニア濃度が下がる効果があります。

> こういうバクテリア液は、手軽である反面、何かデメリットなどはあるのでしょうか?
・デメリットはありません。
市販のバクテリア剤は、上手に使えば、それなりにメリットも望める製品だと思います。
生体飼育後、5日目あたりからアンモニアが発生してきます。
この頃に市販のバクテリア剤を適宜、使用すると、、、
使用した菌は、ほとんど定着するわけではありませんが、アンモニア濃度を低位に抑えることが可能で、生体にとって安全な飼育環境を提供出来ます。
だから、30cm12L水槽にイキナリ、ネオンテトラを10匹とか飼育する、初めてのアクアリストの方などには、それなりの効果があると思います。
ただ、市販のバクテリア剤は、継続して長期間使用し続ける必要は無い製品だと思います。

濾過バクテリアとは何物か?
が、分かれば答えも、自ずと導き出されます。
濾過バクテリアは、枯草菌など腐敗菌類の仲間。
彼らの役割は、有機物を分解し無機物化。

マグロの刺身を、雨風当たる庭に放置すれば、直ぐに傷んで、、、
腐敗臭(アンモニア)が発生して、、、
ドス黒くドロドロになり、、、
最後は、カラカラに乾いて、ほぼ無機物と化します。

濾過バクテリアなどの腐敗菌類は、地球上の、ほぼ全ての場所に生息する細菌類。
バクテリア剤など使用しなくても、マグロは確実に腐って消えて行く・・・こ...続きを読む

Q水槽の壁に白い糸みたいな虫が

60cmの水槽にポリプとピクタスとプレコをかっています。3匹ともまだ小さいのです。ろ過は上部フィルターにスポンジのみでした。
2~3週間水換えしてないなと思い水槽の汚れ具合を見ていると、壁面に1ミリあるかないかぐらい、細さは髪の毛ぐらいの白い糸状のものがたくさん付いていました。よーく見るとかすかに移動しています。
友達にはイトミミズじゃないかと言われました。でも、調べてみるとイトミミズはもっと大きいみたいだし、網ですくおうとしてもすくえてるのかよくわかりません。
以前も大発生したことがあり、そのときはリセットしましたが、対処方があれば対処したいです。
昨日とりあえずスポンジをすべて交換し、穴の開いた石みたいなやつをいれ、その上にスポンジマットを二枚ひいてみました。
とりあえず変化はないです。

Aベストアンサー

私は昨年まで120cm×60cm×60cmで250Lの水槽にディスカス15匹、エンゼルフィッシュ3匹、カージナルテトラとネオンテトラ約200匹、コリドラス各種のジュリー、ステルバイ、パンダおよび青・赤・白コリドラス等10匹ずつ、ヤマトヌマエビ8匹を飼っていましたが水槽の濾過状態が良くない時に同様の経験をしています。
それはミズミミズです。
水槽では発生する事が多い生物で特に生餌を与えている場合は発生しやすくなります。
少量であれば仕方が無いものなので特に気にする必要は無いと思いますが大量に発生した場合は見た目は気持ちの良いものではないですし更に水質悪化につながってしまう場合があるので駆除しましょう。
ミズミミズは水質が悪化している水槽に発生しやすいのでまずは換水を増やして水質を良くしましょう。
1/2ほどの水を替えるだけで結構いなくなりますが水を替える前に水槽の壁面などにくっついているミズミミズをスポンジ等でこすり落としてからやると効果が上がります。
ミズミミズはガラス面だけではなく砂利の中にもいますので水換えの際に砂利クリーナーといった商品を利用して砂利の中の餌の残りや排泄物も同時に掃除しましょう。
でもフィルターの濾材や底砂中などのイトミミズを根絶するのは大変です。
完全に根絶するには熱湯消毒か薬品によるしかありませんが濾過バクテリアが死滅しますので濾過バクテリアを増やすことをお勧めします。
上部フィルターの濾材をスポンジからリング状のものに取り替えたとのことですのでその効果は徐々に現れてくるでしょう。
リング状の濾材はものによっては1個でテニスコート1面分の濾過面積があるものもありスポンジよりもはるかに濾過バクテリアの量が増えます。
ただ濾過がスムーズに行われるまでは2、3週間はかかりますのでそれまでは毎週1/4ほどの水換えをしましょう。
そして餌を遣りすぎて底面に残り餌があったりしませんか。
水草が植えてあれば多少の残り餌や排泄物は水草の肥料として吸収されますが古代魚の肺魚やナマズではなかなか難しいかもしれませんので極力餌は残らないように与えて且つ濾過状況を常にチェックしていればそのうちに居なくなりますよ。

私は昨年まで120cm×60cm×60cmで250Lの水槽にディスカス15匹、エンゼルフィッシュ3匹、カージナルテトラとネオンテトラ約200匹、コリドラス各種のジュリー、ステルバイ、パンダおよび青・赤・白コリドラス等10匹ずつ、ヤマトヌマエビ8匹を飼っていましたが水槽の濾過状態が良くない時に同様の経験をしています。
それはミズミミズです。
水槽では発生する事が多い生物で特に生餌を与えている場合は発生しやすくなります。
少量であれば仕方が無いものなので特に気にする必要は無いと思います...続きを読む

Q白点病やコショウ病は体に広がるとどれくらいで魚は命を落としてしまうので

白点病やコショウ病は体に広がるとどれくらいで魚は命を落としてしまうのでしょうか?
(うちの魚の話ではないのですが気になって)

Aベストアンサー

> 白点病やコショウ病は体に広がるとどれくらいで魚は命を落としてしまうのでしょうか?
・飼育環境により、大きく異なり、一概には言えません。

一例として、自然界でも白点病を発症する魚はもちろんいます。
ですが、自然界の魚が白点病で死亡することは、極めて希です。
自然界では、白点虫が連鎖的に大繁殖することは無いのが理由です。
自然界で白点虫(ウオノカイセンチュウ)が寄生しても、白点虫の寿命5~10日と共に魚体から離れ、自然完治します。

白点病で魚が死亡するのは、狭い水槽飼育だからこそ。
狭い水槽設備は、自然界とは違い、白点虫が大繁殖するため、次から次へと飼育魚に襲いかかるから、魚の命を奪うことになるのです。
特に、自然界ではマズ寄生しないエラに白点虫が寄生すれば短時間で小型魚は死亡します。

白点病で死亡する可能性は以下の環境ほど高くなります。
・小水量の水槽。
・過密飼育の水槽。
・ヒーターや冷却ファンなどの水温の安定化を図る設備が無い水槽。

白点病は魚体に寄生し、魚の体液を餌に生きている生物です。
白点病のような寄生虫は、本来、宿主(寄生先)を殺さずに共存共栄する生物です。
宿主の死は、寄生虫である白点虫の死を意味します。

小型水槽で飼育しているアベニーなどの小型魚の全身に白点病やコショウ病が蔓延した場合、2日から4日で死亡する事が多い。
エラに寄生すれば、1日持ちません。
中型魚や大型魚の場合、体力や強力な免疫力があるため全身に白点病やコショウ病が蔓延しても、死亡するまでに一週間以上は掛かります。

体力のない小型魚の場合、病気の対応は時間との勝負。
中型魚や大型魚の場合、病気を確認してから薬を購入しても、多くの場合間に合いますが、小型魚の場合は手遅れになる危険性が高まります。
小型魚飼育の場合は「寄生虫とグラム陰性菌」対策の薬は常備したい薬です。

> 白点病やコショウ病は体に広がるとどれくらいで魚は命を落としてしまうのでしょうか?
・飼育環境により、大きく異なり、一概には言えません。

一例として、自然界でも白点病を発症する魚はもちろんいます。
ですが、自然界の魚が白点病で死亡することは、極めて希です。
自然界では、白点虫が連鎖的に大繁殖することは無いのが理由です。
自然界で白点虫(ウオノカイセンチュウ)が寄生しても、白点虫の寿命5~10日と共に魚体から離れ、自然完治します。

白点病で魚が死亡するのは、狭い水槽飼育だからこ...続きを読む

Qベアタンク水槽の白い粉について質問です。画像あり

ベアタンク水槽内で、粉砂糖のような白い細かな粒が沈殿しております。
これは一体何なのでしょうか?
また、魚に害を及ぼす場合の対処方法を教えてください。

【環境】
90*45*45水槽
上部フィルター(ウールマットとコトブキ パワーゼオ*2 パワーリング*2)
フィッシュレット*1

テトラ6in1試験紙で測った現在の水質は、
硝酸塩25以下、亜硝酸1程度、GH8°dH、炭酸塩硬度6°dH、pH6.8となっております。
(pHに関してはデジタルのpH計で7.7を示しました。試験紙の値は低すぎると思います。)


3週間程前に立ち上げた新規の水槽です。
パイロットフィッシュに小赤20匹投入。
亜硝酸が多く検出され始めた頃、小赤が白点病になったので別水槽へ隔離。(4日前の事です。)
白点病対策に水温を30度まであげました。
小赤を全て移し、水槽から生体がいなくなった次の日に白い粉の沈殿を確認。
また次の日に飼育水の3分の一を水換えして白い粉を取り除きました。
水換えから1日経った今日、また粉が沈殿しております。画像は今日のものです。

この様な事は初めてで自分では全く検討がつかないのでお知恵拝借させて下さい。
説明不足な部分があれば追記します。
回答の程、よろしくお願い致します。

ベアタンク水槽内で、粉砂糖のような白い細かな粒が沈殿しております。
これは一体何なのでしょうか?
また、魚に害を及ぼす場合の対処方法を教えてください。

【環境】
90*45*45水槽
上部フィルター(ウールマットとコトブキ パワーゼオ*2 パワーリング*2)
フィッシュレット*1

テトラ6in1試験紙で測った現在の水質は、
硝酸塩25以下、亜硝酸1程度、GH8°dH、炭酸塩硬度6°dH、pH6.8となっております。
(pHに関してはデジタルのpH計で7.7を示しました。試験紙の値は低すぎると思います。)


3週...続きを読む

Aベストアンサー

> ベアタンク水槽内で、粉砂糖のような白い細かな粒が沈殿しております。
> これは一体何なのでしょうか?
・写真を見る限り、有機体(水カビのような生物)には見えません。
従って、写真の白色沈殿は「カルシウム」だと思います。

新規に立ち上げた水槽です。
まだ、生物濾過は完全に機能していないと思います。
このような環境で、パイロットフィッシュを水槽内で飼育すれば、餌を与えなくても、魚のエラからアンモニアが排出されます。
もちろん、飼育のために、水槽内に投入する有機物(=餌)は、排泄物や残り餌となり、やがてアンモニアを発生させます。
発生したアンモニアの大多数は、水に溶けてアンモニウム(アンモニアイオン)になりゼオライトに吸着されます。

ゼオライトが、なぜ、アンモニアイオンを吸着するのか?
その回答は、ゼオライトは、実は「イオン交換体」だからです。

ゼオライトの小さな穴は、空でなく、正イオンの(ナトリウム、カリウム、カルシウム)で満たされています。
そして、水中のアンモニアイオンなどがナトリウム、カリウム、カルシウムと反応し吸着すると、別の合成物、通常(ナトリウム、カリウム、カルシウム)を飼育水中に放出することになります。
この反応(もう一つのイオンのための一つのイオンの置き換え)を、一般的にイオン交換反応と呼びます。

飼育水中のアンモニアイオンを吸着し、代わり放出されるナトリウム、カリウム、カルシウムの内、ナトリウムとカリウムは大変水に溶けやすい物質です。
カルシウムもpHが低ければ水に溶けますが、pHが中性域と高いため水に溶けることが出来ずに結晶化したものだと思います。
そして、ベアタンクだから目立った。

新規の立ち上げ水槽にゼオライトを使用した場合のカルシウムの発生は、めずらしくない事象ですから、あまり気にする必要はありません。
生物濾過が完成すれば(余程、水道水中にカルシウムが多すぎない限り)自然に消えて行きます。

希に、水道水中に含まれるカルシウム量が多い場合は、なかなか消えないかも知れません。
この場合は、飼育水のpHを5.5程度に下げればカルシウムは水に溶けて消えます。
http://hr-inoue.net/zscience/topics/zeolite/zeolite.html

> ベアタンク水槽内で、粉砂糖のような白い細かな粒が沈殿しております。
> これは一体何なのでしょうか?
・写真を見る限り、有機体(水カビのような生物)には見えません。
従って、写真の白色沈殿は「カルシウム」だと思います。

新規に立ち上げた水槽です。
まだ、生物濾過は完全に機能していないと思います。
このような環境で、パイロットフィッシュを水槽内で飼育すれば、餌を与えなくても、魚のエラからアンモニアが排出されます。
もちろん、飼育のために、水槽内に投入する有機物(=餌)は、排泄物や...続きを読む

Qベタ エロモナス病?画像判断お願いします

こんにちは。
2週間前くらいからベタを飼いはじめました。
少し前から、なんだかお腹が膨れているかな?と思っていたのですが
今日、エロモナス病というお腹が膨れる症状の出る病気があることを知り怖くなりました。

ただ飼いはじめたばかりで、これが通常なのか異常なのか判断がつかず、
写真を添付するので知識のある方に見ていただきたいと思いこちらに投稿しました。

濾過ヒーターなしの金魚鉢で飼っており、水替えは2,3日に一回くらい行っています。
お腹が膨れているかと思い始めたのは1週間前くらいです。
元気はあるようで、水槽の中を常に元気に泳ぎ回っています。
疑いがあるようなら、すぐにでも薬を買いに行こうと思います。

是非先輩方のお知恵をお貸しください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは

>少し前から、なんだかお腹が膨れているかな?と思っていたのですが今日、エロモナス病というお腹が膨れる症状の出る病気があることを知り怖くなりました。

質問者さまのベタはエロモナスです。体が膨れあがっています。

>お腹が膨れているかと思い始めたのは1週間前くらいです。元気はあるようで、水槽の中を常に元気に泳ぎ回っています。

初期のうちは餌を食べます。徐々に体の膨らみが大きくなってきたら餌を食べなくなってきます。

>疑いがあるようなら、すぐにでも薬を買いに行こうと思います。

http://okwave.jp/qa/q8037064.html

上のエロモナスの病気と同じです。

エロモナスを治す薬は、グリーンFゴールド、グリーンFゴールドリキッド、観パラDなどです。

エロモナスは、水質悪化や水質があっていないなどが主な原因です。

今は暑いです。水が少ないと水温の変化が大きくなり、水質の変化が大きくなります。

水温を28℃か、それ以下の26℃~27℃くらいの水温になるように水温を固定されてみてください。

質問者さまの金魚鉢が何リットルくらいかわからないですが、例えばエロモナスでグリーンFゴールドを使うとします。グリーンFゴールドは、バクテリアが死滅して水草もダメになりますので、水草水槽には直接いれれないです。ただグリーンFゴールドリキッドや観パラDよりは、治る確立は多少あがります。グリーンFゴールドは、1gで水量約32~40Lで薬浴します。水槽が狭いと薬の量をものすごく注意していれないといけないです。例えば、10Lでは0.25gの薬の用量を使います。質問者さまの金魚鉢が5Lぐらいとします。使う薬の用量は0.125gです。この薬の用量を間違えると、薬の入れすぎで薬の副作用でベタが亡くなるに直結します。2日に1度1/3水換え、1/3の水の追加(カルキ抜きはわすれないでください)をされたあと、薬1/3の0.04gぐらいを追加します。餌は普通にあげて構わないです。食べなければどけてください。

グリーンFゴールドはバクテリアが死滅します。グリーンFゴールドリキッドや観パラDは、バクテリアには影響が少ない薬で、水草が入っている金魚鉢にも使えます。観パラDよりは、薬の計算がしやすいグリーンFゴールドリキッドの方が薬の計算はしやすいです。

グリーンFゴールドリキッドなら、10mlを水量約10Lで使います。水量約5Lぐらいの金魚鉢であれば、5mlの薬をいれれば良いです。厚いですので水換えが必用かなと思います。薬浴液は、使用する時に希釈し調整されながら、薬浴槽の薬剤は均一になるようによく混ぜてから使用されてください。この作業の時は、ベタを入れずにされた方が良いと思います。そして2日に1度1/3水換え、1/3の水の追加をされて、(カルキ抜きはわすれないでください)、そのあと1.6mlぐらいの薬を追加します。薬の追加の時は、徐々に薬を入れながら、なるべく均一にという感じで注意していれれば良いかなと思います。餌は普通にあげて構わないです。餌を食べなければどけてください。

エロモナスは、薬を使って治すしか方法がないです。

これで様子をみられてみて下さい。

こんばんは

>少し前から、なんだかお腹が膨れているかな?と思っていたのですが今日、エロモナス病というお腹が膨れる症状の出る病気があることを知り怖くなりました。

質問者さまのベタはエロモナスです。体が膨れあがっています。

>お腹が膨れているかと思い始めたのは1週間前くらいです。元気はあるようで、水槽の中を常に元気に泳ぎ回っています。

初期のうちは餌を食べます。徐々に体の膨らみが大きくなってきたら餌を食べなくなってきます。

>疑いがあるようなら、すぐにでも薬を買いに行こうと思...続きを読む

Qベタの尾が急激に黒く……病気?

一週間ほど前に、ベタを飼い始めました。一匹だけ飼っています。
買った所は普通のペットショップです。(家から少し遠いです)
入れ物は大きめの金魚蜂で、体を傷つけるような物は一切入っていません。水は汲み置きしてあるのを使っています。
飼って一日目で、尾がちょっと変になっていることに気がつきました。
別に平気かな~と思い、ほっといたのですが、ものすごい勢いで病気(?)が進行していました。症状はまるで草木が枯れるようで、黒くなり、それからしばらくした尾は千切れて金魚蜂に沈んでしまっています……。
一日で尾が1cmほど蝕まれています。
体も綺麗な青が抜けてきて、濁った色に変化しています。
流石にやばいと思ったので、近所の熱帯魚屋さんに相談してみたのですが、病名が分からず、薬も買えませんでした。
このままだと死んでしまうと思います……対処方法と病名等等。よろしくおねがいします!

Aベストアンサー

んー
ベタは尾は伸びてゆくから
千切れてもまぁ、深刻にならなくても良いんだけどね

色は結構変化しますよ
ベタの気分によるところが大きいですから
(青が赤になったりとかは聞いたことが有りませんが)
<鏡を見せるだけで色も戻るかもしれません

後は気になるのは
ベタの年齢です
年魚といわれていて
通常は1年程度しか生きないわけですが
(実際には2年程度生かす事は可能<生かすだけですけどね)
さて、ここで問題です

お店で売られているひれが長くひれを除く体調が4cm程度の
ベタの年齢は?

答え:大体10ヶ月~12ヶ月

「え?」と思われるかもしれませんが
お店で売られている時点で既に寿命に近い物が
多いのが実状です<中には6ヶ月程度で大きくなりひれの
長くなる固体もいますが、こればっかりは個体差が大きいので
なんともいえません

ということで寿命という線も考えられますが
大切に育ててあげてください


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング