ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

数日前に、導管の構造について質問させてもらい、新たな疑問が生じたのですが、双子葉類は、なぜ形成層に沿って維管束があり、単子葉類は茎全体に維管束が散らばっているのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ヤシ科を持ち出すとは,生物に詳しい方だったのですね,大変失礼しました。



維管束の進化は,形成層がある裸子植物から被子植物が進化しましたので,被子植物では木が最初だったと考えられています。それから形成層をほとんど失った草が生まれました。

単子葉類は,ですから基本的に草です。生態的な隙間を埋めるべく,素早く成長します。じっくり成長型の形成層を持った双子葉類に対し,形成層を失い素早い成長で対抗しようとしたのでしょう。

その草の単子葉類から,さらに進化してタケやヤシのような再び木になるものが出現しました。竹は内部を空洞にし,ヤシは形成層を再び持つ変わり種の木になりました。これらはきわめてまれなケースです。

よいURLが見つかりませんでしたが,下記URLの〈木から草へ,更に木へ〉の部分を参考にしてください。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~gln/14/1424.htm

参考URL:http://www2u.biglobe.ne.jp/~gln/14/1424.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

専門的なお答えありがとうございました。HPも参考になりました。最初の木は最初に形成層をつくり、形成層は茎を太らせる発明であったこと。確かに双子葉類は草でも茎が太りますし、形成層をもたない単子葉類の草は軽量で、湿地や乾燥地に適していると思います。あと、もうひとつ恐縮ですが、年輪も形成層でつくられるのでしょうか?

お礼日時:2004/06/05 22:12

維管束は形成層の外側に師部,内側に木部がありますが,その木部が名の通り年輪を形成していきます。



参考URLをあげておきます。
http://db.gakken.co.jp/jiten/a/007590.htm

参考URL:http://db.gakken.co.jp/jiten/a/007590.htm
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お答えありがとうございました。年輪の最も外側のあたりのところに形成層があるということで理解できました。いろいろお世話になりました。

お礼日時:2004/06/06 09:58

年輪はおっしゃるとおり,形成層が作りますが,形成層があるものがすべて年輪を作るわけではありません。



年輪は,肥大成長が季節によって大きく変化する場合に形成されます。春夏秋冬がある地域では,春には細胞が大きくなり,これにより形成されだものを春材といいます。秋には細胞が小さく秋材を形成します。

季節変化のない熱帯雨林では,木といえども年輪はできません。ベニヤにしますラワンは年輪が無いですよね。

熱帯でも乾季と雨季の明らかな地域では年輪ができます。例えば雨季にのみ葉をつけます雨緑樹林は年輪ができます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えありがとうございました。いろいろ勉強になりました。申し訳ありませんが、もう1点になってしまいますが、木の形成層は、最も外側の年輪よりも外側に位置しているのでしょうか。?

お礼日時:2004/06/06 06:39

年齢等がわかりませんので平易に解説します。



維管束は,動物で例えたら血管のようなものです。光合成生産物を運搬する役目もあります。ですから植物の生きている部分には基本的に維管束があります。

双子葉植物は肥大成長します。太るわけです。そして,その太り方は,木のように内部は死んでいき,生きているところは表面のわずかな部分だけです。この表面だけが維管束を必要とします。

単子葉植物は肥大成長しません。ですからほぼ茎全体が生きています。当然茎全体に維管束が必要です。

光合成の効率は,単子葉植物は維管束の周辺の細胞も間接的に光合成に参加したりしまして,効率は高いものが多いものです。

この回答への補足

お答えありがとうございました。よく分かりました。
ヤシのような単子葉類もほぼ茎全体が生きているということでよいでしょうか。

補足日時:2004/06/05 12:43
    • good
    • 1

たぶんです・・・。



双子葉類の芽は双葉です。単子葉類は単葉(一つ)です。
そのため、光合成をするのに、双子葉類の方が効率がいいのです(たぶん)。なので、維管束は形成層に沿ってきれいに並んでいるんだと思います。

逆に単子葉類は、葉が一つなので、光合成の効率が双子葉類にくらべて、悪いんです(たぶん)。なので、きれいに並べるよりも、茎全体に散らばっていたほうが、栄養などを早く送れるのではないでしょうか。
単子葉類の葉脈がすじになっているのも同じことだと思います。

ようは、光合成の問題です。

こんなんでも、何かのお役に立てればと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えありがとうございました。

お礼日時:2004/06/05 14:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q植物の茎の維管束の配置について

双子葉植物では規則正しく並んでいるのに対し、単子葉植物ではばらばらなのはなぜですか?教えてください~

Aベストアンサー

 単子葉類の維管束は、放射状に散在しており、秩序正しい配列に見えます。ばらばらという表現には違和感を覚えました。内側には木部が外側には師部が位置しており、この点は双子葉類と同じです。
 双子葉類と単子葉類の維管束の配列の違いは、形成層の有無と深い関係があると思います。単子葉類には形成層がなく、肥大成長はできませんがヤシ科を除くほとんどすべての単子葉類は草本であり、木本に比べて一世代のサイクルが短いため、進化のスピードが速いという特徴を持ちます。
 この特徴のため、現在、単子葉類が繁栄しているのだと思います。維管束の配列の説明にはなっていませんが、参考までに答えました。

Q自由研究--野菜の維管束について--

野菜の維管束を調べる実験をしたのですが、アスパラガスは双子葉類なのか単子葉類なのかわからなくて。。
知ってる人、教えてください(><)
それから、
双子葉類→レタス・ダイコン
単子葉類→ネギ
であってますよね・・?!
教えてください。。

Aベストアンサー

参考URLをご覧下さい。

参考URL:http://www.dokidoki.ne.jp/home2/jr5bun/rikajyugyou/ikansoku2.html

Q緊急!! 単子葉植物と双子葉植物の違いはなぜ起こる?

単子葉植物と双子葉植物には葉脈の違いや根の違いなどいろいろな違いがありますが、それらはなぜ起こるのでしょうか?
具体的にわかりやすく教えてください!!

Aベストアンサー

進化の過程で分かれた時期の違いです。生物の分類は、大まかな方から、界,門、網、目、科、属、種 と分けられますが、質問の分類は網(こう)の所の分類、すなわち単子葉植物網、双子葉植物網です。縁が遠い分だけ基本部分にも違いが現れたものです。

Q自由研究の考察の書き方について

中学1年です。理科の自由研究の考察をどう書いたら良いかわかりません。
テーマは植物以外のものでも炭が作れるのかを実験しました。
結果は、野菜、ご飯、クッキー、紙、毛糸などは炭になり、石、アルミのプルタブはなりませんでした。
あと、ネットで調べて、有機物は炭になり無機物はならないことがわかりましたが、これは考察にはなりませんか?

Aベストアンサー

質問者さまはこの自由研究にある目的を持って、ある程度予測を立てて、実験をしたと思います。
その結果が
>、野菜、ご飯、クッキー、紙、毛糸などは炭になり、石、アルミのプルタブはなりませんでした
というわけだったんですよね?

考察は「なぜこのような結果になったのか」「この結果から何がわかるか」を考えることです。
ネットで調べたというのは実験の成果ではありませんよね?
自分の考察を確かなものにするために補強としては使えますが、あくまで質問者さまがご自身の思考から導き出されることを書きましょう。

炭になったものの共通性、炭にならなかったものの共通性を考えるんです。
そこから法則や傾向を導き出します。

そしてある日、誰かが炭を作ろうとしたとき、質問者さまの実験レポートから導き出された法則をみて「鉄は炭になるのか?」「プラスチックは炭になるのか?」「ガラスは炭になるのか?」が予測できるように、また(できる限り)結果がその通りになるように結果を一般化してください。

ただし実験後であれ、ちゃんと物事を調べるのはいいことです。
ですからある日、誰かが炭を作ろうとしたときに、ちゃんと調べられるように、どこにその情報が書いてあったのかはしっかり明記しておきましょう。
また自分の考察に間違いがあれば、ネットの情報も織り交ぜて、さらに良い考察にしてください。

何度も書きましたが、ある日、誰かが炭を作ろうとした時のために分かりやすく丁寧な考察を心掛けてください。

一つ注文を付けるとしたら…
>野菜、ご飯、クッキー、紙
はどれも植物そのものか、植物由来のものですね。
それらを除外すると、炭になったのは毛糸だけになってしまいます。
せっかく有機物が炭になることが分かったのですから、違う有機物をいくつか試した方がいいかもしれませんね。

質問者さまはこの自由研究にある目的を持って、ある程度予測を立てて、実験をしたと思います。
その結果が
>、野菜、ご飯、クッキー、紙、毛糸などは炭になり、石、アルミのプルタブはなりませんでした
というわけだったんですよね?

考察は「なぜこのような結果になったのか」「この結果から何がわかるか」を考えることです。
ネットで調べたというのは実験の成果ではありませんよね?
自分の考察を確かなものにするために補強としては使えますが、あくまで質問者さまがご自身の思考から導き出されることを書き...続きを読む

Q夏休みの自由研究について。

わたしは、中2です。毎年、自由研究があるのですが今年はまだ決めれていません。
去年は、雑草を単子葉類と双子葉類に分けて、名前等を調べました。

今年は中学生らしい研究をしたいです。実験をしようと思っています。
なにかおすすめの研究やサイトなどはないですか?
すこしでもあれば回答していただけるとうれしいです。

Aベストアンサー

こんにちは。

たくさんあるので、その中から選びましょう。
http://study.005net.com/summer2.htm

また、自由研究は、研究の内容よりも、まとめ方の方が大事です。
これが参考になります。
http://www.science-gp.com/works

Qスクロース溶液とKCl溶液の限界原形質分離濃度の違いについて

スクロース溶液とKCl溶液の限界原形質分離濃度の違いについて

生物学の実験で、原形質分離の実験をした際、この2つの限界原形質分離濃度に違いがあるので説明しなさいといわれたのですが、私の実験結果では2つとも限界原形質分離濃度は同じだったので、説明が出来ませんでした。

理論上はスクロースはKClの2倍の濃度になるはずなのですが、何故でしょうか?
ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

溶液の浸透圧(Π)は、気体の状態方程式と同じように、
Π=CRT
で求められます。C:モル濃度 R:気体定数 T:絶対温度
従って、浸透圧は温度が同じなら、溶質の種類によらずモル濃度(溶液単位体積あたりに含まれる溶質分子の数)に比例するわけです。

KClは電解質で、水溶液中では KCl → K+ + Cl-
と電離します。
イオンは分子ではありませんが別々の粒子として振る舞いますので、粒子数は溶解前の2倍となるわけです。一方、スクロースは非電解質ですので水溶液中でも粒子数は変わりません。

Qジアンミン銀(I)イオンの反応

塩化銀にアンモニア水を加えるとジアンミン銀(I)イオンと塩化物イオンが生じます。その後に白色沈殿が出来るまで硝酸を加えます。
そのときの反応式はどういったものになるんですか?
詳しく教えてください。

Aベストアンサー

AgClは白色の沈殿で難溶塩の一つです。これに過剰のNH3を加えると、
AgCl + 2NH3 → [Ag(NH3)2]^+ + Cl^- の錯体生成反応が進んで
沈殿は溶解します。ここに強酸であるHNO3を加えていくと塩基である
NH3と中和が進むため、錯イオンが壊れてAg^+は再びCl^-と
結びついてAgClの白色沈殿を作ります。
[Ag(NH3)2]^+ + Cl^- + 2HNO3 → AgCl↓+ 2NH4^+ + 2NO3^-

Q合弁花と離弁花の違いについて

今、子供と一緒に花のつくり(花びらの数)について調べています。
花には合弁花と離弁花があって、タンポポやヒマワリは花びらがたくさんあるように見えて、じつは花びら1枚の花が集まって1つの花をなしている合弁花なのだと知って感心しています。(これは正しいでしょうか?)

そこで、合弁花と離弁花の違いですが、アサガオやキキョウなどのように花びらがくっつているものは合弁花であるとすぐわかるのですが、タンポポやヒマワリのように一見離弁花のようでじつは合弁花であるというものはどういうふうに見分けたらいいのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

既にご存じのようですが、花弁(=花びら)が合着していれば合弁花、一枚一枚離れていれば離弁花です。
雌しべの数で決まるものではありません。

>たんぽぽやひまわりは合弁花ではなく、集合花と言います。
集合花というのは、花が集まった「花序」の概念であって、
花弁が合着しているかどうかで決まる、合弁・離弁とはまた別の概念です。
(集合花というのは、実際はあまり聞かないものですが・・・)

キク科の場合、筒状花を基準としているようで、合弁花に分類されています。
マリーゴールドもキク科ですから、同じく合弁花です。
センニチコウでは、色が白とか赤とか紫に見えるものは、苞(苞葉;花序の中の部分にある葉が変形したもの)と呼ばれる器官です。
よく見ると、その中に小さい花があるのが分かると思います
(十分に成長していないと、咲いていないかもしれないので、分からないかもしれませんが。)。
例えば、
http://www6.plala.or.jp/canpost/flower/sennichiko.htm
の写真の中の、白いぽつぽつが花です。
その小さい花を調べると、花弁が一枚一枚分かれていて、離弁花であることが分かると思います。

例外もあって、ウリ科は合弁花を持っていても、離弁花類として扱われているそうです。
理由は、分かりませんけど(ちゃんと調べるべきでしょうけど、すみませんが、ここでは割愛させていただきます。)。

進化学的には、離弁花より合弁花の方が進んだ植物と考えられています。

・・・と書き込もうとしたら、新しい答えが出ていましたね(^^;

既にご存じのようですが、花弁(=花びら)が合着していれば合弁花、一枚一枚離れていれば離弁花です。
雌しべの数で決まるものではありません。

>たんぽぽやひまわりは合弁花ではなく、集合花と言います。
集合花というのは、花が集まった「花序」の概念であって、
花弁が合着しているかどうかで決まる、合弁・離弁とはまた別の概念です。
(集合花というのは、実際はあまり聞かないものですが・・・)

キク科の場合、筒状花を基準としているようで、合弁花に分類されています。
マリーゴールドもキ...続きを読む

Qタマネギの食べる部分は茎ですか。

タマネギの食べる部分は地下にある茎だと書いてあるものと葉だと書いてあるものがありました。どちらなのでしょうか。

Aベストアンサー

 植物の体は,根,茎,葉の3つの器官からなりたちます。タマネギの食用部分は,茎と葉が組み合わされたものだと思われます。軸の部分が茎で,鱗状にはがれる部分が葉です。

 以下は,私の考えです。
 鱗茎は,軸となる茎に鱗状の葉がついたもの。つまり茎と葉がまとまった状態を指す。鱗葉と言ってしまうと茎を除いた葉だけを指すことになる。したがって,タマネギの食用部分は,鱗茎と鱗葉の2つの呼び方があるが,鱗葉より鱗茎と呼ぶ方が良い。
 でも,全然こだわっていません。

 なお,生物学的に,茎と葉の区別は不明瞭であり,解釈が一致しているわけではないらしいです。茎と葉は,ともに茎の頂端分裂組織に由来するのですが,できはじめは,どこが茎でどこが葉か区別できないそうです。なお,茎と葉を総称して苗条(びょうじょう)と言うそうです。

Q単子葉類の茎は細い

単子葉類には維管束に形成層がないため、茎が細いと習いました。
エノコログサやイネ・ススキなどがそうです。
しかし、トウモロコシの茎は太く、ススキなどのようにカゼにしなうような感じではありませんよね。
何か理由があるのでしょうか?

Aベストアンサー

細いというのはそのような意味ではありません。横に太らないという意味です。種類によって太さに違いがあるのは当然です。トウモロコシは一年で枯れてしまうので分かりにくいで、タケを考えてみてください。何年経っても全く太くはならないですね。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報