数日前に、導管の構造について質問させてもらい、新たな疑問が生じたのですが、双子葉類は、なぜ形成層に沿って維管束があり、単子葉類は茎全体に維管束が散らばっているのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ヤシ科を持ち出すとは,生物に詳しい方だったのですね,大変失礼しました。



維管束の進化は,形成層がある裸子植物から被子植物が進化しましたので,被子植物では木が最初だったと考えられています。それから形成層をほとんど失った草が生まれました。

単子葉類は,ですから基本的に草です。生態的な隙間を埋めるべく,素早く成長します。じっくり成長型の形成層を持った双子葉類に対し,形成層を失い素早い成長で対抗しようとしたのでしょう。

その草の単子葉類から,さらに進化してタケやヤシのような再び木になるものが出現しました。竹は内部を空洞にし,ヤシは形成層を再び持つ変わり種の木になりました。これらはきわめてまれなケースです。

よいURLが見つかりませんでしたが,下記URLの〈木から草へ,更に木へ〉の部分を参考にしてください。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~gln/14/1424.htm

参考URL:http://www2u.biglobe.ne.jp/~gln/14/1424.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

専門的なお答えありがとうございました。HPも参考になりました。最初の木は最初に形成層をつくり、形成層は茎を太らせる発明であったこと。確かに双子葉類は草でも茎が太りますし、形成層をもたない単子葉類の草は軽量で、湿地や乾燥地に適していると思います。あと、もうひとつ恐縮ですが、年輪も形成層でつくられるのでしょうか?

お礼日時:2004/06/05 22:12

維管束は形成層の外側に師部,内側に木部がありますが,その木部が名の通り年輪を形成していきます。



参考URLをあげておきます。
http://db.gakken.co.jp/jiten/a/007590.htm

参考URL:http://db.gakken.co.jp/jiten/a/007590.htm
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お答えありがとうございました。年輪の最も外側のあたりのところに形成層があるということで理解できました。いろいろお世話になりました。

お礼日時:2004/06/06 09:58

年輪はおっしゃるとおり,形成層が作りますが,形成層があるものがすべて年輪を作るわけではありません。



年輪は,肥大成長が季節によって大きく変化する場合に形成されます。春夏秋冬がある地域では,春には細胞が大きくなり,これにより形成されだものを春材といいます。秋には細胞が小さく秋材を形成します。

季節変化のない熱帯雨林では,木といえども年輪はできません。ベニヤにしますラワンは年輪が無いですよね。

熱帯でも乾季と雨季の明らかな地域では年輪ができます。例えば雨季にのみ葉をつけます雨緑樹林は年輪ができます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えありがとうございました。いろいろ勉強になりました。申し訳ありませんが、もう1点になってしまいますが、木の形成層は、最も外側の年輪よりも外側に位置しているのでしょうか。?

お礼日時:2004/06/06 06:39

年齢等がわかりませんので平易に解説します。



維管束は,動物で例えたら血管のようなものです。光合成生産物を運搬する役目もあります。ですから植物の生きている部分には基本的に維管束があります。

双子葉植物は肥大成長します。太るわけです。そして,その太り方は,木のように内部は死んでいき,生きているところは表面のわずかな部分だけです。この表面だけが維管束を必要とします。

単子葉植物は肥大成長しません。ですからほぼ茎全体が生きています。当然茎全体に維管束が必要です。

光合成の効率は,単子葉植物は維管束の周辺の細胞も間接的に光合成に参加したりしまして,効率は高いものが多いものです。

この回答への補足

お答えありがとうございました。よく分かりました。
ヤシのような単子葉類もほぼ茎全体が生きているということでよいでしょうか。

補足日時:2004/06/05 12:43
    • good
    • 1

たぶんです・・・。



双子葉類の芽は双葉です。単子葉類は単葉(一つ)です。
そのため、光合成をするのに、双子葉類の方が効率がいいのです(たぶん)。なので、維管束は形成層に沿ってきれいに並んでいるんだと思います。

逆に単子葉類は、葉が一つなので、光合成の効率が双子葉類にくらべて、悪いんです(たぶん)。なので、きれいに並べるよりも、茎全体に散らばっていたほうが、栄養などを早く送れるのではないでしょうか。
単子葉類の葉脈がすじになっているのも同じことだと思います。

ようは、光合成の問題です。

こんなんでも、何かのお役に立てればと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えありがとうございました。

お礼日時:2004/06/05 14:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q単子葉類と双子葉類の維管束

数日前に、導管の構造について質問させてもらい、新たな疑問が生じたのですが、双子葉類は、なぜ形成層に沿って維管束があり、単子葉類は茎全体に維管束が散らばっているのでしょうか。

Aベストアンサー

ヤシ科を持ち出すとは,生物に詳しい方だったのですね,大変失礼しました。

維管束の進化は,形成層がある裸子植物から被子植物が進化しましたので,被子植物では木が最初だったと考えられています。それから形成層をほとんど失った草が生まれました。

単子葉類は,ですから基本的に草です。生態的な隙間を埋めるべく,素早く成長します。じっくり成長型の形成層を持った双子葉類に対し,形成層を失い素早い成長で対抗しようとしたのでしょう。

その草の単子葉類から,さらに進化してタケやヤシのような再び木になるものが出現しました。竹は内部を空洞にし,ヤシは形成層を再び持つ変わり種の木になりました。これらはきわめてまれなケースです。

よいURLが見つかりませんでしたが,下記URLの〈木から草へ,更に木へ〉の部分を参考にしてください。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~gln/14/1424.htm

参考URL:http://www2u.biglobe.ne.jp/~gln/14/1424.htm

Q有胚乳種子と無胚乳種子、単子葉植物と双子葉植物

 子どもの自由研究で困っています。
 植物の分類で、単子葉植物と双子葉植物という分類がありますが、この分類と、有胚乳種子と無胚乳種子という種子の分類との関係を教えてください。
 これらの分類は全く関係のない分類なのでしょうか。例えば、単子葉植物には有胚乳種子のものもあれが、無胚乳植物もあるということでしょうか?

Aベストアンサー

「有胚乳種子か無胚乳種子か」と「単子葉植物か双子葉植物か」との間には何の関係もありません。「単子葉植物か双子葉植物か」は単純に芽生えのときの子葉の数が関係します。
http://www.fukuoka-edu.ac.jp/~fukuhara/keitai/2-1.html

ちなみに、有胚乳のものは
http://www.h4.dion.ne.jp/~kyouiku/t1-syokubutu-oboekata.htm
を見ても、カキ(双子葉植物)もあればイネ(単子葉植物)もあり、さらにはマツ(裸子植物)もあります。

ちなみに、過去の質問で「有胚乳種子、無胚乳種子」を扱った質問を見つけたので参考にしてみてください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2744816.html

Q単子葉類」と」単子葉植物のちがい。植物は古い言葉か

最近中学の教科書では単子葉類だが一般の本で今も単子葉植物という表現も見る。なお、私は遠い昔に高校か中学で単子葉植物と習った記憶があるが、数年前に中学の教科書で単子葉類と見てとまどったしだいです。

Aベストアンサー

植物の系統分類は色々な人が様々な分類を提唱しています。「単子葉植物」は「単子葉類」とほとんど同義語と思って頂いても良いのではないかと思いますが、「双子葉植物」は一つの分類例では「原始的双子葉類」と「真正双子葉類」を含んだ言葉です。

文科省が子供達に教えて欲しいことは、多くの植物を含みます双子葉植物を取り扱うのではなく、あくまでも現在の植物の中心を成しています「真正双子葉類(双子葉類)」と「単子葉類」の違いを取り扱って欲しいわけです。

文科省の意図を忠実に読み取った教科書会社は「双子葉類・単子葉類」と言った言葉を使用しているのではないかと思います。しかし、例え教科書会社が「双子葉植物・単子葉植物」と言う用語を使用しましても教科書検定官も「双子葉類・単子葉類」を含んだ用語ですから検定意見は付けられないため教科書により混乱が生じたのだと思います。私が検定官や教員だったら「双子葉類・単子葉類」に統一しますが…何かの参考になさってください。

Q緊急!! 単子葉植物と双子葉植物の違いはなぜ起こる?

単子葉植物と双子葉植物には葉脈の違いや根の違いなどいろいろな違いがありますが、それらはなぜ起こるのでしょうか?
具体的にわかりやすく教えてください!!

Aベストアンサー

進化の過程で分かれた時期の違いです。生物の分類は、大まかな方から、界,門、網、目、科、属、種 と分けられますが、質問の分類は網(こう)の所の分類、すなわち単子葉植物網、双子葉植物網です。縁が遠い分だけ基本部分にも違いが現れたものです。

Q単子葉類の茎は細い

単子葉類には維管束に形成層がないため、茎が細いと習いました。
エノコログサやイネ・ススキなどがそうです。
しかし、トウモロコシの茎は太く、ススキなどのようにカゼにしなうような感じではありませんよね。
何か理由があるのでしょうか?

Aベストアンサー

細いというのはそのような意味ではありません。横に太らないという意味です。種類によって太さに違いがあるのは当然です。トウモロコシは一年で枯れてしまうので分かりにくいで、タケを考えてみてください。何年経っても全く太くはならないですね。

Q植物の茎の維管束の配置について

双子葉植物では規則正しく並んでいるのに対し、単子葉植物ではばらばらなのはなぜですか?教えてください~

Aベストアンサー

 単子葉類の維管束は、放射状に散在しており、秩序正しい配列に見えます。ばらばらという表現には違和感を覚えました。内側には木部が外側には師部が位置しており、この点は双子葉類と同じです。
 双子葉類と単子葉類の維管束の配列の違いは、形成層の有無と深い関係があると思います。単子葉類には形成層がなく、肥大成長はできませんがヤシ科を除くほとんどすべての単子葉類は草本であり、木本に比べて一世代のサイクルが短いため、進化のスピードが速いという特徴を持ちます。
 この特徴のため、現在、単子葉類が繁栄しているのだと思います。維管束の配列の説明にはなっていませんが、参考までに答えました。

Q猫って単子葉類好き!?

ウチの猫はことあるごとに草を見つけて噛み付いています。
で、発見したのですが、ユリの花、ニラなと…平行状葉脈のものばかり噛んでいます
これは何でなんでしょうか!?
猫は単子葉類のものが好きなんでしょうか!?それともウチの子だけでしょうか…??

Aベストアンサー

ユリ科の植物は猫にとって有害な植物で、死に至ることもありますから絶対に食べさせないで下さい!!
猫にとって有害な植物はたくさんありまして、「猫を飼うなら植物を置くな」と言われるほどです。

私は2年前に愛猫を原因不明の病気で亡くしています。動物病院を何件回っても原因不明でした。
思い当たるのが、猫にとって有害な植物のうちの一つである観葉植物のポトスの葉を亡くなった猫が
しょっちゅう噛んでいたことです。当時は有害だとは気づかず「猫草の代わりかな?」と思っていました。
しかし、ポトスも猫にとっては有害な植物でした。愛猫を亡くしてから気づきました。

ユリ科の植物はポトスよりも危険なようです。参考URLに猫にとって有害な植物のリストが載ってますので
参考にして下さい。愛猫は5才で亡くなりました。tawake4946さんのにゃんこには長生きして欲しいです。

参考URL:http://www.nekohonpo.jp/Column/yugai.html

Q身近な単子葉植物について

身近にある単子葉植物(草本植物内)を調べています。
イネ・ムギ・タマネギ・ユリ・ショウガ・サトイモ・タケ・ササ・・・ まだ足りません。

上記以外で、ランなどではなく比較的容易に手に入れられる(花屋さんにある・道端に生えている)単子葉植物を教えてください。

Aベストアンサー

ANo.2続き
[野菜]に特化させた単子葉植物には、http://www.h6.dion.ne.jp/~chusan55/shurui/1shurui.htm ページ真ん中辺り。

Q自由研究--野菜の維管束について--

野菜の維管束を調べる実験をしたのですが、アスパラガスは双子葉類なのか単子葉類なのかわからなくて。。
知ってる人、教えてください(><)
それから、
双子葉類→レタス・ダイコン
単子葉類→ネギ
であってますよね・・?!
教えてください。。

Aベストアンサー

参考URLをご覧下さい。

参考URL:http://www.dokidoki.ne.jp/home2/jr5bun/rikajyugyou/ikansoku2.html

Q形成層の機能

形成層の機能は茎・根の肥大成長というのがありますが、木部や師部を分化させる
ということがよくわかりません。形成体としての役割を担うということでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

何方もお答えにならないので渋々登場します。

まず,「形成体」とはどのようなものを言うのでしょう。もう一度復習してみましょう。形成体は他の細胞をあるものに分化させる誘導能を持った部位を言います。重要なことは他に命令を下すわけです。中には「死ね」といったものもありますが…

形成層は外側に師部を形成する師部母細胞と内側に木部を形成する木部母細胞からなります。形態的には全く見分けが付きませんから一緒にして形成層と呼びます。

形成層の細胞は「形成体」ではなく,反対に何かの誘導を受けて師部母細胞や木部母細胞になるのではと思います。命令する側でなく受ける側です。何がそうするのかは,私は知りませんが,おそらく詳しくは解っていないのではと思います。【解っていたら何方か教えてください。<(_ _)>】

形成層の細胞は,組織分化能力(全能性があると教わったかも知れません。)が高いために組織培養等に利用されます。つまりこれも命令を受け取る側である証明になります。

最後に,ここに質問する前に,生物学辞典等を買い求めて勉強する方が速いしあなたの為になるのではと思います。老婆心ながら…

何方もお答えにならないので渋々登場します。

まず,「形成体」とはどのようなものを言うのでしょう。もう一度復習してみましょう。形成体は他の細胞をあるものに分化させる誘導能を持った部位を言います。重要なことは他に命令を下すわけです。中には「死ね」といったものもありますが…

形成層は外側に師部を形成する師部母細胞と内側に木部を形成する木部母細胞からなります。形態的には全く見分けが付きませんから一緒にして形成層と呼びます。

形成層の細胞は「形成体」ではなく,反対に何かの誘導を...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報