個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

美しい文体の小説を探しています。
服部まゆみの「この闇と光」や伊藤計劃の「ハーモニー」森博嗣の「スカイ・クロラ」や江戸川乱歩の「人間椅子」夢野久作の「少女地獄」などが好きです。
重めでブラックな内容でも冷たく残酷な内容でも構いません。
少しでも「これ好きかも」と連想された作品がありましたら是非回答よろしくお願い致します。
たくさんの回答をお待ちしております。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

村上龍『限りなく透明に近いブルー』はどうでしょうか。

    • good
    • 1

京極夏彦の百鬼夜行シリーズ、特に『絡新婦の理』ですね。

不条理で残酷ですが、絢爛な人間ドラマがあります。第一弾の『姑獲鳥の夏』から順番に読んでいくことを推奨です。
    • good
    • 1

秋山瑞人さんがおすすめです。

最近のものであれば「龍盤七朝 DRAGONBUSTER」(秋山瑞人・電撃文庫)。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q残虐な描写のある猟奇殺人ものの小説を探しています

若い女性がバラバラに切断されたり、乳房を切り取られたり、
内臓をえぐり出されたり、目玉をくり貫かれるような残虐な描写のある
猟奇殺人系の小説はありませんか?

Aベストアンサー

竹本健治「ウロボロスの偽書」は殺人鬼が主人公の一人です。
その「ウロボロスの偽書」に名前が出てくる友成純一氏の作品はほとんどそんな話です。ハルキ文庫(だったか)の「ストーカーズ」あたりから読んでみてはいかがでしょう。

Q登場人物が全員狂っている小説

登場人物が全員狂っている小説教えて下さい。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

やっぱり『不思議の国のアリス』はそうだと思います。
あんまりきちんと通して読んだことはないのですが、かなりいっちゃってる感じです。
なにしろあの帽子屋さんとか・・・・お茶会が。


頭がくらくらしそうなのは、レイ・ブラッドベリのオムニバス小説『火星年代記』の中の何篇か。
わかりやすい粗筋を書いてらっしゃるサイトを発見しましたが、ネタバレっぽいので読みたくない人はご注意を。
「2000年4月 第三探検隊」「2001年6月 月は今でも明るいが」あたりが。

参考URL:http://ameblo.jp/gaikokubungaku/entry-10018394110.html

Q美しくて怪しい雰囲気の美学が感じられる映画

すっごく伝わりにくいかもしれないのですが、映画の設定というか物語自体が怪しい美しさとか残酷さを含んだ感じの妖艶な(色っぽいシーンとかがあるわけではなく)映画を沢山みたいと思っています。

雰囲気としては現在公開中の「パフューム」のような、自分の求める美学のために狂ってしまうみたいな雰囲気を求めています。ただ、単なるサイコ野郎がでてくるようなものとも違います。
オカルトでもホラーでもサスペンスでもミステリーでも構いません。

美しさの中に妖艶で残酷な感じがある映画をご存知の方、オススメを教えて下さい。

ちなみに歌の例えでいくとXというロックバンドの「ROSE OF PAIN」という曲があり、「世界の悪女」という著書で自分の若さを保つために若い女性を次々に殺して洋館の庭に埋め、そこにバラがさいたという古い実話を元にした曲があるのですが、そういう物語的な雰囲気の作品がいいです。
ゴシックホラーの「アザーズ」なんかは少しそういう雰囲気をもっているのであてはまる感じです。

なかなか難しいお題かもしれませんが、沢山しりたいのでよろしくお願いします。

すっごく伝わりにくいかもしれないのですが、映画の設定というか物語自体が怪しい美しさとか残酷さを含んだ感じの妖艶な(色っぽいシーンとかがあるわけではなく)映画を沢山みたいと思っています。

雰囲気としては現在公開中の「パフューム」のような、自分の求める美学のために狂ってしまうみたいな雰囲気を求めています。ただ、単なるサイコ野郎がでてくるようなものとも違います。
オカルトでもホラーでもサスペンスでもミステリーでも構いません。

美しさの中に妖艶で残酷な感じがある映画をご存知の...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
人それぞれ感じ方が違うと思うのですが、私が美しさと残酷さを含んだイメージを持った映画をいくつかあげます。

「狼の血族」
ある少女の夢の中の物語で、おとぎ話のようなダークで美しいシーン、狼男にまつわるさまざまなエピソード。
妖艶と残酷が共存している感じがあります。

「インタビューウィズヴァンパイア」 (ご存知かもしれませんが)
トム・クルーズ、ブラッド・ピットが怖いくらいに美しいヴァンパイアを演じています。 

Q救いの無い小説ありますか?

どうしようもないくらい救いの無い小説。
軽く鬱になるような小説探してます。

ジャンルは問いませんが、舞台は現代のほうが感情移入がしやすくていいです。
単に残虐な殺され方をされるだけや、陵辱はご遠慮願います。
また、作品自体が救い様の無い駄作とかは無しです。

読んだ感想なぞも添えていただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

米澤穂信「ボトルネック」
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%9C%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%83%83%E3%82%AF-%E7%B1%B3%E6%BE%A4-%E7%A9%82%E4%BF%A1/dp/4103014717
残酷な青春小説です(残虐殺人・陵辱は無し)。
主人公の「僕」が今生きている現実とは微妙にずれがある別世界へ入り込んでしまう話なのですが、全くの異世界ではないのでSF嫌いの人でも抵抗はないと思います。
ずっと暗いまま話は続きますが、読み終わった後の辛さが格別な作品です。
アマゾンのレビューでも評判がいいようですね。

Q残酷、暗い感じの作品を(小説で)教えてください。

先日、「家族ゲーム」というドラマが放送していたのでなんとなく見てたら、なかなか酷い話だったので思わず笑ってしまいました。そこで他にも同様な雰囲気の作品を小説(原作)で教えてもらいたいです。
↓読みたいジャンル?(この中から回答者さんが、おすすめしてくださる作品を番号で教えてください。

1、明るい日常的な感じから、一気にシリアスや重苦しい展開になるもの(BADENDじゃなくてもOK)
2、始めから暗い、読んでる途中、もしくは読了後に欝になる作品
3、キチガイ作品(まったくわけがわからないもの、読んでて気持ち悪くなるもの)
4、その他
1~2はいいですが3は耐性が全くありません。なので、3の作品を推す人は、比較的にユルいものでお願いします。
↓参考までに好みの作品(アニメやラノベばかりなので参考になるかどうかわかりませんが・・・)

〈アニメ〉
・新世紀EVANGELION(EOE)Air/まごころを君に ジャンル:1 特にAirが好み
・屍鬼          ジャンル:2
・うみねこのなく頃に ジャンル:2 グロシーンがいいです。本編に至ってはアレですが・・・
・エルフェンリート   ジャンル:2
・another        ジャンル:2 
・新世界より     ジャンル:2 少し違うかもですがラストが良かったので。

〈ライトノベル、小説等〉
・イリヤの空、UFOの夏 ジャンル:1 これもまた違う感じですが、こういうのもOKです。
・されど罪人は竜と踊る ジャンル:1 
・クリス・クロス       ジャンル:1
・NHKにようこそ!     ジャンル:1 後半が好きです
・失はれる物語       ジャンル:2 

〈ググった結果気になった作品〉
・ドストエフスキー作品
・村上龍作品
・グロテスク (小説)
・ZOO
・貴志祐介作品
・魍魎の匣
・Sキング?作品
・屍鬼(原作)
・乱歩 「芋虫」
----------------------------------------------------------------------------------
・終わらない夏休み(正直見たくありません)       ジャンルは3かな?
・少女椿     (アニメですが気持ち悪そうなので・・・)    〃
----------------------------------------------------------------------------------
回答者さんのおすすめ作品と、その作品を番号で教えてください。
1~2作品ぐらいお願いします。

先日、「家族ゲーム」というドラマが放送していたのでなんとなく見てたら、なかなか酷い話だったので思わず笑ってしまいました。そこで他にも同様な雰囲気の作品を小説(原作)で教えてもらいたいです。
↓読みたいジャンル?(この中から回答者さんが、おすすめしてくださる作品を番号で教えてください。

1、明るい日常的な感じから、一気にシリアスや重苦しい展開になるもの(BADENDじゃなくてもOK)
2、始めから暗い、読んでる途中、もしくは読了後に欝になる作品
3、キチガイ作品(まったくわけがわからな...続きを読む

Aベストアンサー

夏目漱石作『こころ』『行人』。車谷長吉作『赤目四十八瀧心中未遂』。ラディゲ作『肉体の悪魔』。スタインベック作『ハツカネズミと人間』。フォークナー作『サンクチュアリ』。ジェーン・ブロンテ作「嵐が丘』。遠藤周作作『沈黙』。吉村昭作『ニコライ遭難』。池井戸潤作『空飛ぶタイヤ』。石田衣良作『うつくしい子ども』。川端康成作『十六歳の春』。有吉佐和子作『複合汚染』。吉村昭作『羆嵐』。吉田修一作『flowers』。丸山健二作『夏の流れ』。中上健二作『枯木灘』。金原ひとみ作『蛇にピアス』。S.モーム作『人間の絆』『雨』。多島斗志之作『少年たちのおだやかな日常』。トランボー作『ジョニーは戦場に行った』。菊池寛作『入れ札』。阿部公房作『箱男』。伊藤計劃作『The Indifference Egine』。

伊藤計劃こそ、いつ読むの?、今でしょ!という感じ。


人気Q&Aランキング