ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

今度インプラントを埋めることを考えているのですが、メンテナンスをちゃんとやらないとインプラントが歯周病になるとネットで見ました。
で、自分の場合インプラントを埋める本数が多いので。。。

もちろんインプラント歯周病にならないに越したことはありませんが。。

インプラント歯周病になってしまったあとの、対策としてはどのようなことが考えられるのでしょうか?
(まさか、かぶせものをとりかえるしか方法がないですか?だとすると、今後念のためを考えてお金をためておかなければならないので)

治療ができるとして、その治療は保険がきくのでしょうか?

また、インプラントの定期検査というのは保険がきくのでしょうか?
きかないとしたらいくらくらいかかるのでしょうか?


よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

インプラントは様々なメリットがあります。


差し歯よりも本物の歯で噛んでいるような感覚ですし、入れ歯のようにずれるということもない。
また、部分入れ歯のように他の歯を削り、健康な歯を弱らせるといったこともないので、基本的にはメリットはかなり多いです。
また、一定の基準を満たした施設のみですが、インプラントは保険も適用されるようになりました。
よって、ネックであった料金の方も改善されつつあります。
詳しくは「インプラント 保険」で調べることをおすすめします。

しかし、メリットが多いぶん、デメリットもやはり多いです。
まず、質問者様が考えている通り、メンテナンスが少し面倒なこと。
「作り物の歯だから少し歯磨きサボっても大丈夫だろう」と思うかもしれませんが実際は逆であり、インプラントのほうが歯磨きなどを徹底しなければなりません。
よって、歯周病のリスクは健康な歯とインプラントを比べた場合、インプラントのほうがリスクは高いそうです。
しかし、常日頃からきちんと歯磨きしていれば回避は可能なので、常日頃の行いが物を言うと言ってもよいでしょう。
また、差し歯や入れ歯の方が場合によってはメリットのほうが多い場合があります。
http://www.okumura-dental.com/index.htmlにインプラントのリスクなどが紹介されているのでご参考までに。


と、前置きが長くなりましたが、気になる対策法です。
現在治療法は確立されていないため、一度インプラント歯周病になると非常に厄介なことになります。
出来る事と言ったら歯周病にならないように常日頃歯磨きをするくらいです。
また、治療の保険ですが、上記の理由からして恐らく難しいのではないかと思います。
ですが、気になるのでしたらお医者さんに尋ねてみることをおすすめします。

私ができるアドバイスは、インプラント以外にも差し歯や入れ歯でも案外やっていけるということです。
確かにインプラントの便利さには負けますが、その分お手軽かつ安価なのが魅力です。
個人的な意見を言わせていただくならば、歯磨きをよくさぼりがちになるのでしたらインプラントよりも、差し歯入れ歯をおすすめします。
あまり身のないアドバイスで申し訳ありませんが、なにかよい案が浮かぶための参考にでもなれば幸いです。
    • good
    • 0
  • 歯周病(歯周疾患)<歯と歯肉の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    中高年の8割に歯周病が  歯周病は、歯のまわりにある組織(歯周組織という)のいずれか、あるいはすべてに起こる疾患の総称で、歯周疾患とも呼ばれます。  歯周組織は、歯肉(しにく)(歯の根と骨をおおっている部分で、通称歯ぐきという)、セメント質(歯の根の表面部分)、歯槽骨(しそうこつ)(歯を支えているあごの骨の一部)および歯根膜(しこんまく)(セメント質と歯槽骨とを連結している膜で、歯周靭帯(ししゅうじんた...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qインプラント歯について

私は63歳、下の歯が皆無に成るのはは時間の問題で、悩んでいます。経験者のアドバイスを希望します。

1)インプラントは本当に良いのか
2)インプラントにするのにどの程度の期間、歯医者に通う日数は
3)インプラントで日常の手入れは
4)将来動けなくなった場合は入れ歯、インプラントどちらが良いのか
5)貴方のインプラントを採用した理由は
宜しくご教示お願いします。

Aベストアンサー

1)適応症の場合には、患者さんのQOLの向上に寄与します。インプラント、義歯にはそれぞれ長所・短所があり、それを比較検討して選択する必要があります。

2)インプラントの材料、埋入方法、条件によって異なります。インプラントの埋入から上部の歯を作るまで、最短で2ヶ月はかかります。

3)通常の天然歯の手入れより、入念にする必要があります。また定期検診を受ける必要があります。

4)将来寝たきり状態になれば、手入れは困難になるかも知れません。それは天然歯の場合にも言えます。しかし、しっかり噛める状態の方が、寝たきりになる可能性が低いとも言えます。

5)患者さんの様々な状態、要望に答えるには、様々なアプローチがあります。インプラントは決して万能ではありませんが、一つの有力な手段です。インプラントは最近の急速な進歩で今はもう実用段階になっていて避けて通れないと思います。

Qインプラント後、抜いた後、骨は大丈夫?

歯医者の言いなりでインプラントをするより、根管治療などでなるべく歯を長持ちさせて本当にどうしようもなくなったら、インプラントにしたほうが良いと思いました。
しばらくして、インプラントが駄目になったときはどうなってしまうのでしょうか?また、同じ箇所にインプラント可能なのでしょうか?
人工歯根が埋まったままになってしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

インプラントがダメになるのはインプラント歯周炎ってのがあります。
インプラントと骨の間に隙間ができてグラグラします。
手で抜いて掃除をして骨などをいれると戻ります。
同じ場所にインプラントは可能です。
でも一度落ちる様な口腔清掃状態ならしないと思いますけど。

無理矢理外す時は周りの骨ごと取ります。

Qインプラント間のブリッジ

インプラントのブリッジの可否についてお聞きします。
下顎4と6にインプラントを入れてます。5は差し歯でしたが、歯の残りが少なく、ぐらついてきたため抜歯することになりそうです。

そこで質問です。
4と6のインプラントでブリッジは可能でしょうか?
それとも、4と6同様にインプラントを入れる必要がありますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

恥ずかしながら私も同じ状態でインプラントブリッジ入れてます。
インプラントブリッジ入れて5年以上経ちますが
全然生活に支障なく食事できてます。
(私の場合は5は部分入歯みたいな感じです)

ただし定期的に歯医者に行って
インプラントのネジの調整及び掃除をしてもらってます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報