あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

30代です。8年ほど前に怪我で腸(破裂)を手術しています。その後腹膜炎で再度手術しました。
胸下からへそよりもっとかなり下まで手術の痕があります。
医師にはかなり癒着があったと聞かされました。
手術前に比べるとかなり便秘体質になったと思います。
最近になって便がかなり硬い事があり排便に困っています。出そうで出ないというかんじがあってこんな硬いのは今までなかったと思います。
ウォーキング、ストレッチ、マッサージ、こんにゃく、ファイブミニ、プルーン等、ありとあらゆる事をやってきました(もしかしたら三日坊主なのもあったかも)。でももうどうにもできません。薬にあまり頼りたくないです。
食事も野菜はとっているつもりです。
食べ物でなにかいい物等あったらぜひ教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

食事の時に、液体ものを500mlぐらい摂ると良いですよ。


味噌汁、水、お茶、牛乳、スープなど、自分の飲みやすいもので良いのですが、食事の倍ぐらいの水分を摂ると、便が出やすくなります。
たとえばですが、粉に水分を沢山加えると、ゆるくなりますよね。
粉に入れる水分が少しだと、ダマになったり固まったりします。
ただ、食事がパン食だと、水分を吸い取ってしまい、出やすいとは言えない様です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。食事の倍ですね。これからもっと気を付けてみます。

お礼日時:2015/01/01 19:33

こんにちは。



拝読いたしました。

基本的には、納豆2パック毎日食べると大体は改善します。

ただ、すぐに効果を実感したい場合は、既製品のヨーグルトよりは、ヨーグルトメーカーで作った出来立てのものが効果的です。

元々体温で活性が高いので、冷蔵されて弱った乳酸菌では本来の力は発揮されません。

ビフィズス菌系が便通改善には最も強力です。

作り方は、牛乳1リットルに対してのビフィズスヨーグルト小さじ半分程度を加え、
市販のオリゴ糖を大さじ4杯程度を加えて、二日程度ゆっくり培養します。

食べ方は、一回200cc以上で、一日で全部飲んでください。

ほぼ下剤のような効果があるのに、健康的に腸内環境を整えます。

効きすぎかなぁという場合は、にんにくを食べると元に戻せます。

お試しください。
    • good
    • 0

もう知ってらっしゃると思いますが、ヨーグルトのビオ。

私には効きます。しかも賞味期限のちょっと切れたあたりが効きます。

私もひどい便秘症で、病院からもらう薬が効かず、薬局のセンナを飲んで出しています。医師にセンナのことを話したら、飲んでいていいよ、と言われたのでもう10年くらい飲んでいます。最初のころは下りの新幹線くらい効きまくってお腹も痛くて大変でしたが今はちょうどよいです。でも飲む日は一日外出できませんが。

ビオは一度に2個食べています。
    • good
    • 0

私も便秘体質なので、毎朝1個のヨーグルトを欠かしません。

もう数年は続けていますが、かつては「週に一度が当たり前」でしたが、現在は「ほぼ毎日」となっております。
農学者で発酵学の権威でもある小泉武夫先生は、「発酵食品が命」とおっしゃっています。カイチュウ博士として有名な寄生虫学の藤田絋一郎先生も同じようなことをおっしゃっていますね。
私はカルシウムもとれること(と納豆が苦手なの)でヨーグルトにしていますが、納豆や漬物などいわゆる発酵食品と呼ばれているものを人一倍とることがいいと思います。小泉先生によると、発酵食品をとって腸内環境がよければ、便秘にもならず、臭いも少なくキレのいいうんちが出るそうです。小泉先生は「僕のうんちはほとんどトイレットペーパーが汚れない」とテレビ番組で自慢していました。小泉先生や藤田先生の本を一読されるのもお勧めしますよ。藤田先生は「脳は腸の支配を受けている」ということをおっしゃっていて、私もそれが正しい気がします。

ところで質問者さんの場合はケガが原因なわけですから、一般の人とはちょっと事情が違うと思います。しかしそうであれそうでないことであれ、結局うんちは一生のことですから例えば発酵食品を豊富にとることにしても「一度快便になったら終わり」ではなく、「死ぬまで続けること」だと思います。
私も、ヨーグルトをとってから体質が変わったのを実感したのは数ヶ月が経ってからでした。もし私がヨーグルトを食べるのをやめれば、きっとまた数ヶ月したら元に戻ってしまうのでしょう。お腹の中の善玉菌君たちに栄養を与え続けないといけませんからね。
個人的見解ですが、腸内環境を最善の状態にしてもまだ完全には戻らないのだとしたら、それは後遺症としてそうなってしまったということであり、またそうであるからこそむしろ腸内環境くらいは最善の状態にしてあげることがなるべく健康で長生きする秘訣だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!発酵食品やヨーグルトって大事なのですね。参考にします。どうもありがとうございました!

お礼日時:2015/01/01 19:32

食事制限がなければ、R1ヨーグルト、レタスを毎日摂り続けて下さい。

3食の中で1食にとり入れてみられて下さい。
後、寒いですが、水分をとるようにして下さい。お好みで、暖かい牛乳とか、麦茶を飲まれて下さい。
手術後で体力も知らぬ間に消耗している筈です。
食事はきちんと摂り、軽い運動を試がけたら大丈夫ですよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 腹膜癒着(癒着性腹膜炎)<食道・胃・腸の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    腹膜癒着(癒着性腹膜炎)とはどんな病気か  腹膜癒着は、手術操作などによる腹膜の炎症性刺激によって起こるとされ、癒着性腹膜炎とも呼ばれます。 原因は何か  原因として最も多いのは、腹部手術後の腹腔内臓器の癒着ですが、手術歴のない患者さんにもみられることがあります。いずれにせよ、腹腔は炎症性あるいは機械的に刺激されて障害を起こすと障害部にフィブリンと呼ばれる物質を析出し、すみやかに接着して感染を遮断...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング