2級取得後、1級取得に向け家族が練習中です。
まだまだ技術不足のため、板をうまくずらす事が出来ず、大回りならなんとかごまかせるものの、小回りではうまく回せません。
板を持ち上げて強引に切り替えている感じです。
デモ系の板の中で、比較的容易に低速時でも回せる板を探しているのですが、どんなのが良いでしょうか?
私自身が以前購入した2003年モデル頃のsalomon demo8 pirot 3vがすごく使いやすく、簡単に小回りが出来簡単にカービングを楽しめる検定向けの基礎スキーだったのですが、同じような板はどの板になるでしょうか?
実際に乗る家族はATOMICが第一希望なのですが、ATOMICは全然わからないので、どの板が良いのか見当がつきません。
ATOMIC以外でも良いので、良い板があれば教えて下さい。

ちなみに、私が調べた限り、SALOMON 24HOURS LITEPROが良いかなと思っているのですが、こちらの板はどんなものでしょうか?
同じSALOMONの24HOUR MAXは、これから1級を目指す人にはちょっと難しそうな印象を受けました。

板に詳しい方、アドバイスをお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

いつもここで、試乗インプレッションを見てみます。


日本中のスキー板の試乗好きが、
いろん板に乗ってみた感想を教えてくれます。

僕のお薦めは、フィッシャーのプログレッサーですが、
今はいろいろあるので、研究してみてください。

ここです。
http://skireport.blog.fc2.com/

1級を目指している家族というのは、
あなた自身の事ではないのですね。

2級までは、比較的検定も甘いので、カービングが多少甘くても、
意欲とバランスで合格まで持って行けたりします。
でも、1級は、厳しいです。
普段の練習通りの滑りが出せるかどうか、にもかかっていますが、
中低速域でのカービングは完璧にこなせること。
これが最低条件です。

基礎練習として、レールターンというのがあるのですが、
肩幅ぐらいの足幅で、外スキーも内スキーも、
両方ともカービングのエッジの乗った滑りができるか練習してみてください。
スタートから止まるまで、1度も両スキーのエッジが外れない、つまりエッジのみの切り返しで浅回りのターンでスピードはそんなに飛ばさなくてもいいので。

つまり、両スキーのエッジングの感覚をつかんで練習に挑まないと
1級は通りません。
2級レベルは、かろうじて外スキーのエッジが使えます程度のカービングですが、
1級だと、外スキーのインエッジ、内スキーのアウトエッジを使ってターンを出来るように練習してみてください。

これは、板の良し悪しとか、新しい古いではなくて、どんな板ででも練習は出来ます。
ただし、カービングの板という前提で。

ですから、1級合格に向けて新しい板を考えるのはいいですが、
決して板の性能で合格に向かうのではなくて、
本人の技量がモノをいいますので、勘違いなさらぬよう。

でも、今時の板でしたら、
どれにしても、当時のサロモンのパイロットよりかは、滑りやすいとは思いますけれどね。

この回答への補足

色々調べていたら、24HOUR系は中大回りで、KART系が小回り用なんですね。
そうなると、24HOURS LITEPRO、X-KART PRO、X-PRO TIでは、どれがお勧めになるでしょうか?
やはりカート系の方が良いでしょうか?

補足日時:2015/01/04 23:46
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
やはり1級は厳しいのですね。
今回1級のために板を買い替えるのではなく、2級取得まで使っていたものが子供用の短い板だったので、自分が使っているデモ9を譲る予定が。プロリンクからの液漏れで急遽買う羽目になったものです。
いずれにしろ、きっちり滑り込まないと1級は無理そうですね。

お礼日時:2015/01/04 22:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QSALOMON EQ10カービング板は,どんな板なんでしょうか。

子供のスキーデビューによって,ほぼ20年ぶりにスキーを履いた40代男性です。
子供に教えればいいやと思っていたので,昔の板で子供に教えていましたが,また,かっとびたい要求が出てきてしまい,先日平日に1人で滑ってきました。そうなると長い古い板(ロシ 4S)では,恥ずかしいし,ビンディングが古いので危険であるので,新しい板が欲しくなりました。

でも諸般の事情により高い板が買えません。また今時の板についてよくわかりませんので教えて下さい。

こんな板を見つけました。
http://www.rakuten.co.jp/wittsport/1820135/1820140/1825034/#1412978
のSALOMON EQ10カービング板は,どんな板なんでしょうか?

サロモンのホームページを見てもこの板はありません。並行輸入?なんでしょうか。
ジュニア用に似た板があります。
アダルトモデルとありますが,大人用なんでしょうか。

Aベストアンサー

ビンディングが初心者用の609(開放値2.5~9)、プレートが無く直付けからみて大きいブーツを使うジュニアのためにアダルト規格のビンディングを取り付けたモデル、もしくは初心者用のスキーではないでしょうか。

外形などはスワロースキーがOEM生産しサロモンに収めている140cm~170cm  111/67/98mmの初級モデル SN9000 のトップにカザリをつけると非常に良く似ています。

Qカービングの小回り

スキー歴30年です。大学時代はレースもやっていました。一応、何でもできますが、従来スキー(2年まえまでロシの7Sケブラー 2mを使っていました)でのカービングターンは自分ではできていたとは思っていません(ターン後半でテールがずれる)。実は2年前、ガービングスキーを購入しました。なんと長さは160cm(アトミック ST9)。しかし驚くほど安定しており、テールのずれないカービングがいとも簡単にできることにまたお驚きです。長くなりましたが、これからが質問。
ところで小回り(いわゆるウェーデルン)はカービングスキーでテールをずらさずにできるものなんですか。大回り、中回りでは皆さんよくできていますが、小回りでカービングするのを見たことがありません。もちろん私もできません。板は代わっても、昔のまんまです(テールずらし)。ご意見、諸々、待っています。

Aベストアンサー

急斜面では無理ですが、中斜面ではできます。
私の板は、150cm、R=12ですが、体(重心)を斜面下方・内側に移動させながらエッジを立てたままで膝を捻ってやれば、ずれないでカービング小回りができます。回転弧も結構小さくシュプールも綺麗な二本線です。
昨シーズン、GyaOの無料レッスン動画で紹介されているのを見て出来るようになりました。

QATOMICのZENE5というスキー板について

中学生用の中古スキー板を探したところ、ATOMICのZENE5というスキー板を見つけました。この板はどのような板でしょうか。
ちなみに長さは150cm、ビィンディングは同じATOMICの前後の止め具とも調整可能なタイプでした。色は水色。初級中級向けの女性用のような印象でした。
中古品なので、買われてしまう前に知っておきたく、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

e:zone=イージーゾーン。レジャースキーとか低速でゆったり滑る向きです。
一番下が「e:TL」で、現在の一番下の板やレンタル用にも「ETL」という名前が残っています。
2番手が「e:5」、3番手の中級が「e:7」です。

中学生とのことで、あまりハイレベルな板は足に負担がかかりそうというなら、レベル的には向いていると思います。

しかし、2003年モデルはいかんせん古すぎます。
ビンディングの劣化も気になりますし、どれくらいヘタっているかとか、ソールやエッジの状態は見極められるでしょうか?

同クラスの1年落ちモデルが量販店で2万円程度で買えます。
http://item.rakuten.co.jp/sptmart/ino-jpsmw00033/
最近の板は先端に「ロッカー」が入ることで軽快に回しやすく、成長を見越して身長と同程度の長さでも楽になりました。

Qスキー板について atomic nomad highnoon ですが中

スキー板について atomic nomad highnoon ですが中級者の技術向上には向きますか?

10数年ぶりに今シーズンからスキーを再開しました
とりあえず昔のサロモン190cmの板で幼児を引き連れボーゲンはしんどいので
サロモン Crossmax120を購入しリハビリ?技術チェック中です。
これはこれで楽にストックを使っての小回りパラレルが何とかできるように戻ってきたのですが
もう少し長い板を試したくなり予算諸々の都合気になっているのがatomic nomad highnoonです

用途としてはここ数年は子供に教えつつ日に1-2本は自分の滑りとなります。
また春休みに集中することからもファミリーゲレンデ中心なことからも
雪質は良くない状況での使用が殆となるので
本心はデモ系に挑戦したいのですが用途からオールラウンド系
ノマドは悪雪向きと聞き価格も下がっていることからhighnoonを検討しています。
予算については今シーズンcrossmaxを購入していることから3-4万にしないと同意が得られないことからもhighnoonを検討しています。
アルペンにて相談したところサロモンの24HOURSを勧められましたが大幅に予算オーバーでした。

春スキーで楽に滑れそうなのはweb上の情報からなんとなくわかるのですが
個人的にはいずれバッジテストに挑戦してみたく思っています。
息子がかなりスキーに興味を持ったため以前は年数回(そのうち7割ボード)
その後10シーズン休みでしたが
間違いなくスキー100%でここ数年は年20回程度はゲレンデに向かいますので
2年内ぐらいで一度2級に挑戦してみたいと思っています。
現状は小回りパラレル習得中というレベルです。
技術向上 2級挑戦 あわよくば 1級も挑戦 という状況で買って良い板でしょうか?

ちなみに技術向上且つ現在の価格という面ではOGASAKA AZ-10と迷っています。
もしくは来シーズンまで待って売れ残った24HOURSを狙うか…

昨シーズンの板で申し訳ありませんが
板の素性を教えていただけませんでしょうか?
よろしくお願いいたします。

スキー板について atomic nomad highnoon ですが中級者の技術向上には向きますか?

10数年ぶりに今シーズンからスキーを再開しました
とりあえず昔のサロモン190cmの板で幼児を引き連れボーゲンはしんどいので
サロモン Crossmax120を購入しリハビリ?技術チェック中です。
これはこれで楽にストックを使っての小回りパラレルが何とかできるように戻ってきたのですが
もう少し長い板を試したくなり予算諸々の都合気になっているのがatomic nomad highnoonです

用途としてはここ数年は子供に教えつつ日に1-2本...続きを読む

Aベストアンサー

ノマドはやや柔らかい雪向けの、幅広オールラウンドです。

ノマドが登場した年、ブラックアイの171cmに試乗しました。
サイドカーブ17mということでしたが非常にしなやかできれいにたわみ、カービングしてみると体感サイドカーブ14mくらいに感じました。
履いた感じは軽いのですが、整地でスピードを出しても怖くなかったです。アイスバーンはさすがに弱いかもしれませんが、整地カービングも得意でした。

ハイヌーンはもう少しレベルを落とし、整地に寄ったモデルです。

2008年当時、幅広オールラウンドの小回りベース「メトロン」シリーズに対して、軽量&大回り向きという位置づけでした。
大回り向けの板なので、小回りはずらしで対処します。164cmを選べば小回りも楽になるでしょう。或いはブラックアイの157cmかな。
春雪での小回りマスターにはもう少しサイドカーブが深い板の方が…と思いましたが、MIDスキーがあればそれで代用できますね。交互に乗ってみてください。
(去年以前だったらズバリ、そういう用途にオススメの「メトロン9」が3万円台で出ていました)

センター幅がやや太めなのですが、私はセンター76mmのメトロンに乗っていたので違和感は感じませんでした。

「デモ」と書いてある細身の板が大好きな日本ではあまりヒットしていないようですが、1級2級受験なら充分可能だと思います。

ノマドはやや柔らかい雪向けの、幅広オールラウンドです。

ノマドが登場した年、ブラックアイの171cmに試乗しました。
サイドカーブ17mということでしたが非常にしなやかできれいにたわみ、カービングしてみると体感サイドカーブ14mくらいに感じました。
履いた感じは軽いのですが、整地でスピードを出しても怖くなかったです。アイスバーンはさすがに弱いかもしれませんが、整地カービングも得意でした。

ハイヌーンはもう少しレベルを落とし、整地に寄ったモデルです。

2008年当時、幅広オールラウン...続きを読む

Qカービング板での回転

2年程前に新しくカービングスキーを購入しました. 団塊世代で若い頃から谷足加重を言われていましたが 今年 ターンをする時に谷足ではなく山側に加重するとなんとなく簡単にターンが出来るような感じを持ちました. これってカービングの常識なんでしょうか? どなたか教えていただけますか?

Aベストアンサー

スキーを初めて、足掛け半世紀近くになります。

カービングに切り替えた頃、知り合いのインストラクターに、
「カービングになってから結構、身体を倒しますよね~」と訊いたら
「水平近くまで倒しても廻りますよ」と言われたので試してみたら、
ホント、ブーツの内側が雪面に触れる位まで倒しても平気で、
しかも一気に急旋回してビックリしたことを覚えています。

肩幅位両足を広げたスタンスで身体を傾けるので、
当然山足のエッジにも荷重することになりますし、
谷足だけで旋回Gを支えるのは一般人にはかなりキツイと思います。

身体を大きく傾けない時は、
昔で言うところの「小人スキー」やクラウチングのイメージです。

カービングはソールというより、よりエッジで曲がる、切る感じを強く受けます。

以前のような「谷足、山足荷重の配分」は、
スキッディング(ずらし)でスピードコントロールする時に生かせると思いますし、
脚力の落ちた私なんかは、普段はパラレルでスキッディングばかりしています。


余談ですが
一度、ハイスピードで急旋回にトライしたら怖いほど曲がり、
軽く意識が遠退く程のGが掛かりました。
なので、自分の板(クナイスル、ブラックスター)の限界を知りませんが、
危険なのでもうやっていません。

より倒すためにプレートを付けている人がいますが、
私のような一般人には無用の長物です。

スキーを初めて、足掛け半世紀近くになります。

カービングに切り替えた頃、知り合いのインストラクターに、
「カービングになってから結構、身体を倒しますよね~」と訊いたら
「水平近くまで倒しても廻りますよ」と言われたので試してみたら、
ホント、ブーツの内側が雪面に触れる位まで倒しても平気で、
しかも一気に急旋回してビックリしたことを覚えています。

肩幅位両足を広げたスタンスで身体を傾けるので、
当然山足のエッジにも荷重することになりますし、
谷足だけで旋回Gを支えるのは一般人にはか...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

おすすめ情報