OCN光で最大124,800円おトク!

電源ランプとエラーランプがつきっぱなしで操作不能。
用紙トレーやインクは切れていない。

※OKWaveより補足:「キヤノン製品」についての質問です。

A 回答 (1件)

プリンタの修理屋です。



電源コードを抜いて、5分くらいしてからもう一度挿します。
それで電源を入れて、正常に起動しなければ故障です。

修理に出してください。

電源ランプはさておき、オレンジのランプが、点滅ではなく点灯したままと言うのは、重い故障を意味しています。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCanon 複合機 MP900 エラーランプ点灯

Canon 複合機 MP900 電源は入るけど起動しない…困ってます。

電源入れても、エラーのオレンジ色のランプがついて、液晶はCanonのロゴで止まったままです。
電源スイッチ押してもオン、オフ、その他のボタンすべて反応なしです。

Canonサポーとに電話したら、『部品供給終了!修理不可能』といわれました。

インク、まだ2セットも新品であるのに諦めるしかないのでしょうか?

Aベストアンサー

プリンタの修理屋です。

サポートの終了は機種によってかなり変わります。
一応、生産終了から5年というのが基準です。
2004年の秋に発売された機種以降です。

MP900は昨年の7月末で、MP790は一ヶ月遅れの8月末でサポートが終了しているはずです。


ただし、サポート期間が縮まったのはこのシリーズからで、実は、前年に発売されていたPIXUS 560i、860iは今年の夏までサポートが続くという逆転現象が起こっています。


昨年秋に修理を受け付けてくれたのは、情報の周知を徹底していなかったという理由で例外的に受け付けたのでしょう。
私のような外部の人間に対しては、サポート終了の翌日には部品の出庫が止まっていました。



さて、キヤノンがFAXも非常に長く販売していましたし、販売数も常に上位につけていました(あくまでも業務用の話)。
その影響で、この当時のインクジェット複合機も、現在とは少し発想が異なり、エラー表示などはFAXと同様の方式でした。
したがって、その中に含まれていないインクジェットプリンタ特有の故障は、エラーコードも出ずに、我々も苦労させられました。
とにかく片っ端から部品を変えていくしかないわけですから。

今回のエラーは、メイン基板か、プリントヘッドの不良だろうと思いますけど、どちらの部品もとっくになくなっており、修理の方法はありません。

さらに悪いことに、現行機種でMP900のインクが使えるのはPro9000MarkIIだけとなりました。
(iX5000は事実上販売終了です)


インクをあきらめて、オークションなどで売りに出すか、逆に程度の良い(ある程度状態の保証が付いているような)中古のiP4500/MP610/MP970、iP4300/MP600/MP960などを購入するしかないでしょう。

プリンタの修理屋です。

サポートの終了は機種によってかなり変わります。
一応、生産終了から5年というのが基準です。
2004年の秋に発売された機種以降です。

MP900は昨年の7月末で、MP790は一ヶ月遅れの8月末でサポートが終了しているはずです。


ただし、サポート期間が縮まったのはこのシリーズからで、実は、前年に発売されていたPIXUS 560i、860iは今年の夏までサポートが続くという逆転現象が起こっています。


昨年秋に修理を受け付けてくれたのは、情報の周知を徹底していなかったという理由で例...続きを読む

QCanonPIXUS MG6330のエラー

CanonのPIXUS MG6330 を使っています。
三ヶ月前に購入しました。

今日印刷しようと電源を入れたところタッチパネルにエラー番号5012

プリンタートラブルが発生しました
以下の対処を行ってください
1.印刷を中止し、本製品の電源を切る
2.本製品の電源を入れ直す
解決しない場合は、取扱説明書を参照し、修理を依頼してください

と出ました。
電源を入れなおし(コンセントも抜きました)再起動してみましたが変わらずです。

結婚式を三週間後に控えており、これから印刷するものがたくさんあって困っています。
修理に出すと一ヶ月とか戻ってきませんよね?
代替とかってあるのでしょうか?

ネットで調べましたが自分で直すことのできるエラーでは無さそうですよね。
プリンターの修理などに詳しい方、見ていましたら回答お願い致します。

Aベストアンサー

プリンタの修理屋です。

この機種からエラーコードが少し変更されました。
ユニットの構造などが微妙に変わって、エラーの意味が少々変化したという感じなのでしょうけど、それは我々にとっても意味がありません。

修理は定額修理が基本になってしまい、大きめのユニット交換が基本です。
ユニット内部の詳細の故障内容を示されても、ユニット交換でしか対応が出来ませんので、詳細な表示はほとんど意味がないというわけなのです。
昔のように、細かい部品が出ていれば意味もあったのですけどね。


詳細の解説は控えますけど、故障したのはスキャナユニット。
おそらく、生産時点でのバラツキなどによって早々に故障をしてしまったと思われます。
本来、保証書というものは、こういったことに対応するためのものですから、保証内に発生してよかったと言う見方も出来ます。
1年半程度で発生すると、修理する側も非常につらいです。

ユーザーの使い方とかで発生するようなものではありません。(故意の破損は別ですけど)


プリンタは大量生産されている機械で、残念ながら100%の良品という事はありません。
人間が作っている以上、必ず不良が発生すると考えられます。
そのため、保証書というものが付いています。
ちなみに、この機種での同様の故障の報告は聞いたことはありません。
ある程度の数量が発生すると、メーカーから注意の連絡がきますが、そういうものはありません。

プリンタの修理屋です。

この機種からエラーコードが少し変更されました。
ユニットの構造などが微妙に変わって、エラーの意味が少々変化したという感じなのでしょうけど、それは我々にとっても意味がありません。

修理は定額修理が基本になってしまい、大きめのユニット交換が基本です。
ユニット内部の詳細の故障内容を示されても、ユニット交換でしか対応が出来ませんので、詳細な表示はほとんど意味がないというわけなのです。
昔のように、細かい部品が出ていれば意味もあったのですけどね。


詳細の解説...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング