人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

某ショップにてエクステンションチューブなる
ものを見つけました。
店の方に「これは何ですか?」と
聞こうと思いましたが、休日で混雑していたので
聞かずに帰宅しました。

接写用中間リングとのことなので
レンズがマクロ的(?)になるのかなと
勝手に思っていますが・・・。

どういう使い方をするのでしょうか?
EF28-80mmF3.5-5.6 USM
とEOS-Kiss3の間に接続した場合
AFは可能なのでしょうか?
接続した場合は暗くなると考えていいのでしょうか?

素人なのでメーカーのホームページ見ても
分かりません。

どなたか分かりやすく教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 エクステンションチューブを付けると、オートフォーカスも自動絞りも自動露出も効かなくなる場合が多いです。


 ピントの合う範囲が狭いので、絞る必要があります。それで、自ずとシャッター速度が遅くなります。当然、三脚が必須になります。


》ズーム的にはどうなるんでしょうか?

 そもそもレンズの性能は、通常の繰り出しの範囲で発揮されるように設計されています。エクステンションチューブは、それを無視して無理やりレンズを繰り出すわけですから、まともな性能は出ません。すなわち、像が流れたり、ぼやけたり、カラーバランスが崩れたりします。また、ファインダーの像は、繰り出し量の2乗に反比例して暗くなります。

 特にズームレンズは、開放値が暗いし、各種収差も多いです。それにエクステンションチューブを付けると、極端に暗くなり、ファインダーを覗いても像が見えなくてピントが分からない、などということになります。また、およそ引き伸ばしに耐える写真はできません。
 ですから、もし取り付けるなら、ズームではない単体の標準レンズクラス(50mm程度)がいいでしょう。これなら、基本性能が優れているし、開放値も明るいです。

 そもそも接写用には、繰り出し量の多いマクロレンズや、ベローズ(蛇腹)に取り付けるのを前提としたマクロレンズが発売されています。画質や使い勝手を重視するなら、これらを使うのが本来です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

分かりやすい回答ありがとうございます。
納得!であります。

お礼日時:2004/06/12 18:03

機能としては、他の方の書かれているように、レンズとボディーの間に入れて接写できるようにするものです。



AFは使えなくなります。(そもそも、チューブを付けるとレンズでピント合わせできる範囲が非常に狭くなります。使い方としては、カメラの位置を変えてピントあわせするような使い方になります)

自動露出は、最近のエクステンションチューブだと自動露出対応になっているものも多くあります。

撮影倍率(フィルムに写る大きさ/実物の大きさ)ですが、同じ長さのチューブだと焦点距離の長い(望遠)レンズほど小さくなります。焦点距離の短い広角レンズだと、撮影距離が短くなりすぎて使えない場合が多々あります(レンズに被写体がくっつくどころか、めり込まないとピントが合わない状況になる。広角レンズとレンズを逆向きにつけるアダプターと組み合わせて、倍率の高い接写をすることもあります)
使いやすいのは、50mmから100mmあたりの焦点距離のレンズとの組み合わせではないでしょうか。

つけたときの明るさは、暗くなります。どの程度暗くなるかは、厳密にはレンズの形式にも関わってきますが、概ね
1/(1+撮影倍率^2)
になります。

余談ですが、かつては、エクステンションチューブと組み合わせることを想定したレンズもありました。(レンズ自体はマクロ撮影対応の設計になっているけど、レンズ単体での繰り出し量はそれほど大きくないようなもの)
(現在でも1,2種類あったような、、)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細な回答ありがとうございました!

お礼日時:2004/06/13 06:55

レンズとカメラマウントの間に取り付けることによってマクロ機能のないレンズで無理矢理マクロ撮影をするためのアタッチメントですね。

たしかほとんどのメーカーで純正オプションとして用意されていたと思います。

メリットは、もちろん安上がりであること。マクロレンズを買うことを考えたら、数分の一のコストでまがりなりにもマクロ撮影ができます。

デメリットですが、まず、露出・フォーカスいづれのオート機能も使えなくなります。レンズとカメラの間のリンクがきれますのですべて手動での撮影になります。
また、当然光量も落ちますし、画像に歪みもでます(大抵周辺部ほどひどくなる)。

ということで、とりあえずマクロ撮影ができればいい(中央部さえちゃんと写ればいい)というのでしたら使ってみるのもいいかもしれません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

大変勉強になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2004/06/13 06:52

こんにちは


 マクロレンズ的な使い方ができます、最短撮影距離(被写体までの距離)が短くなるので、その分近づいて撮影できます。

 AFはあまり期待しないでください、マニュアルでのピント合わせのほうがしっかりと合わせられます。近づくことで微妙なピント合わせが必要になりますので。

 なお、キャノンといってもEFレンズ用以外の物もありますので、購入の際には注意くださいね。

参考URL:http://cweb.canon.jp/camera/ef/accessary/extenti …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

分かりやすい回答ありがとうございます。
ズーム的にはどうなるんでしょうか?
別途質問したほうがいいのでしょうが。

お礼日時:2004/06/12 16:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエクステンションチューブについて...canon EOS kiss X

canon EOS kiss XにEF50 F1.8をつけて、そこにエクステンションチューブをはめてマクロ的に使ってみたいと思います。

EF12 と EF25ではどのように写りが変わってきますか?
花などを取ってみたいと思います。
どの程度までよれる?もしくは拡大ができますか?
本当はタムロンなどのマクロを買えばいいのですが、
ちょっとお金がない状況です。

またシグマの18-200OSを持っていますが、
もしかするとEF12やEF25のIIにすれば、
このレンズでもエクステンションチューブが使えるのでしょうか?

まだ初心者でして分からないことばかりです。
誰か教えてください!

Aベストアンサー

キヤノンのエクステンションチューブはレンズは使っていないので写りに変化はありません。これをつけることにより、より接近して撮影できるので私も欲しいと思っています。

EFレンズカタログを見るとEF-Sをはじめとするほぼ全てのEFレンズで使用可能、AE可能だがAFはマニュアル推奨となっています。

同じくKenkoからも接写リングというモノが出ています。
http://www.kenko-tokina.co.jp/macro/4961607803172.html#auto
こちらは3種セットでキヤノンの単体より安いのでお得。
こちらはレンズ使っているんですかね?商品写真を見る限り分かりません。
カメラ屋の店員に聞いてみた方が良いかも。


カメラ雑誌で見たのですが、EF100mmマクロにエクステンションチューブを3~5個使用してMP-E65のように高倍率マクロ撮影した作品を見たことがあります。森林の中の写真だったのですが絞り開放に近かったにもかかわらずシャッタースピードが10秒でした。

Qクローズアップレンズはどれがいい?!

皆さんこんにちは。
私は予てよりマクロ撮影をしたいと思っており、風景写真も良く撮ることから、取敢えず手軽に使えるクローズアップレンズを購入したいと考えております。
ですがケンコーのHPを覗いたりして比較してみたものの、倍率が大きければ大きいほど良い、と考えてMC No10を買おうかと一旦は決めたものの、ACの方がより良い、ともありますし、いったいどれを買ったら良いのか皆目判らない状態です。
そこで接写の撮影技術についての記述も探したのですが、接写の方法が幾つか紹介されているだけで、クローズアップレンズを使う場合どのように選んだら良いのか書いてあるものは見つかりません。
是非ともご助言をお願いします。
因みに今私が使っている機材は「CANON EOS KissデジタルN ダブルズームキット」です。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

倍率が大きすぎるととても扱いにくいので、初めての場合はやや控えめのものをお薦めしたいです。
クローズアップレンズを使用するとフォーカス範囲が限られてしまいますので、最終的に複数枚入手することになると思います。
まずはやや控えめのものを入手される方が良いでしょう。

またACについて触れられていますが、これはアクロマートといって色収差を抑えたものを指します。
単純に言っちゃえば、こちらの方が高画質ですヨということです。

画質から言えば、クローズアップレンズよりエクステンションチューブの方が良いように感じます。
ちょいと絞れば結構シャープな像を結びます。

さてクローズアップレンズの選び方ですが、明確な被写体があるのであれば別ですが「取り敢えず手軽に使える」
ということからマスターレンズの持つ最短撮影距離との繋がりから考えた方が良いかもしれません。

ダブルズームキットをお持ちだそうですが、どちらにクローズアップレンズを装着するご予定なのでしょうか。
仮に標準のEF-s18-55mmF3.5-5.6IIレンズに装着される場合、このレンズの最短撮影距離は28cmですので、
MC No.3(またはAC No.3)を選ばれると、33cm以下の距離からピントを合わせることが可能になりますので
比較的繋がりは良さそうに思いますがいかがでしょう!?

倍率が大きすぎるととても扱いにくいので、初めての場合はやや控えめのものをお薦めしたいです。
クローズアップレンズを使用するとフォーカス範囲が限られてしまいますので、最終的に複数枚入手することになると思います。
まずはやや控えめのものを入手される方が良いでしょう。

またACについて触れられていますが、これはアクロマートといって色収差を抑えたものを指します。
単純に言っちゃえば、こちらの方が高画質ですヨということです。

画質から言えば、クローズアップレンズよりエクステンシ...続きを読む

Qキャノンのレンズとエクステンダーについて

先日ここで大変お世話になり、無事にキャノンのEOS kiss デジタルN、70-200mm F2.8L USMレンズ(中古)を購入し、早速スポーツ撮影(主に室内スポーツ:バレーボール・バスケ)に挑戦しています。

そこで先日撮影をしている際に、200mmではズームが届ききらず、もう少しズームが欲しいなと感じました。
単焦点レンズではなくズームレンズがいいと感じているので、エクステンダーの購入を検討しています。
キャノンのHPでX1.4のエクステンダーでは、最大280mmまでと書かれていました。
ここの他の質問で、
”70-200mm F2.8L USM+X1.4テレコンですと、35mmフィルム換算で156~448mm F4相当の超望遠ズームになる”というのを見かけたのですが、どうゆう意味か理解出来ず質問させて頂きました。
このカメラを購入する以前は、LUMIX-FZ5を使用していて、ほとんど光学12倍までズームした状態で撮影していたので、それと同じくらいのズームが出来るならx1.4を購入したいと思っています。(大きさもX2.0の半分くらいですし^^)
FZ-5は35mm換算で最大432mmズームとなっているので、これで大丈夫なのでしょうか?

35mm換算ということの意味が理解出来ず、悩んでいます。
CANONのHPの280mmというのは、35mm換算ではないということなのでしょうか?

言葉がまとまっていなく、申し訳ありませんが回答いただければと思います。
よろしくお願いしますm(_ _)m

先日ここで大変お世話になり、無事にキャノンのEOS kiss デジタルN、70-200mm F2.8L USMレンズ(中古)を購入し、早速スポーツ撮影(主に室内スポーツ:バレーボール・バスケ)に挑戦しています。

そこで先日撮影をしている際に、200mmではズームが届ききらず、もう少しズームが欲しいなと感じました。
単焦点レンズではなくズームレンズがいいと感じているので、エクステンダーの購入を検討しています。
キャノンのHPでX1.4のエクステンダーでは、最大280mmまでと書かれていました。
ここの他の質問で、
”70...続きを読む

Aベストアンサー

ところで70-200で撮影した物はピントが合っていますか?(^^;

カメラ付属のソフトなどで100%、150%、200%に拡大して見てみてください、たぶんボケボケじゃないかな?と(^^;

Kiss-DNは、カメラのセンサー部分(撮像画面サイズ)が35mmフィルムカメラのフィルムの大きさに比べて小さいので(フルサイズ機が36.0x24.0mmですがKiss-DNは22.2×14.8mmしかありません)、1.6倍長いレンズを付けたのと同じ範囲の撮影しか出来なくなります。

70-200mmレンズの場合はx1.6で112-320mm相当のレンズで撮影したのと同じ範囲が撮影できるようになります。

これに1.4倍のエクステンダーを使用すると、112-320mmx1.4=156-448mm相当のレンズで撮影したのと同じになります。

 このように写る範囲は、同等になりますが、それは単に画面の中で大きく写っているだけなので、それが正確にピントが合って写っているか、とは限りません。(^^;

 俗に言う腕が違うというやつです。

お知り合いの方が(どのようなカメラを使っているか判りませんが)撮れるからといって、同様の長さのレンズを持ってくれば写るのでは?と考えるのはちょっと浅はかなんですよ(^^;

 最初に申し上げたとおり、70-200mmにエクステンダーを付けない状態で、まずはパソコンで画像を拡大してピントが合っているか、画面の中にきっちりと選手が写っているかを確認してください

 70-200でボケボケで画面の中に選手がキチンと納まらないのであれば、エクステンダーなどを使えば使うほど、ボケたブレた画面の中に選手は入っていない、写っていない写真を沢山作ってしまうだけになります

 それで、道具のせいだーと、更に高級なレンズやカメラを欲してしまいます。

 腕が同じですから、道具を変えても撮れる写真は同じになります(^^;

 まずは、70-200mmでキレイに撮れるよう、努力、練習、何度も撮影してください、それで上手くいくようになれば次のレンズへとステップアップすればいいでしょう。

 それと、カメラ(レンズ)で拡大しなくても、パソコンで拡大(トリミング)して、大きな写真にする事もできますので、とーぶんは、それでがんばってくださいね(^_^)v

ところで70-200で撮影した物はピントが合っていますか?(^^;

カメラ付属のソフトなどで100%、150%、200%に拡大して見てみてください、たぶんボケボケじゃないかな?と(^^;

Kiss-DNは、カメラのセンサー部分(撮像画面サイズ)が35mmフィルムカメラのフィルムの大きさに比べて小さいので(フルサイズ機が36.0x24.0mmですがKiss-DNは22.2×14.8mmしかありません)、1.6倍長いレンズを付けたのと同じ範囲の撮影しか出来なくなります。

70-200mmレンズの場合はx1.6で112-320mm相当のレンズで撮影したのと同じ...続きを読む

QLマウントとM42マウントの違い

古いレンジファインダーのカメラ(CANON7)を、もっております。中古の交換レンズを購入しようと考えていますが、「L(ライカ)マウントレンズ」なら交換できるはずですが、時々「M42マウントレンズ」というものが、雑誌に載っています。
この二つは、違うマウントなのでしょうか。それとも両方ともCANON7につくのでしょうか。ご存知の方、教えていただけませんでしょうか。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

同じスクリューマウントですが、
ネジ径が違います。
M42は読んで字のごとし42mm
別名プラクティカマウント、
Pマウントとも
呼ばれています。
このマウントは1眼レフ用の
マウントで以前は1眼レフの世界標準的な
マウントでした。

Lマウントは39mmです。
別名ライカマウント、
M39マウントとも呼ばれます。
口径(ネジ径)がまったく違うので、
そのままではまったく付きません。
マウントアダプターでも有れば
装着可能ですが。
(有ったような気もする・・・)

LマウントのLはleicaのLです。
M型以前のバルナックタイプ
と言われるモデルが採用していました。
当時(1960年代以前)レンジファインダー機の
世界標準的なマウントでした。

蛇足ですが、引伸し機の
レンズが同じ39mm径で装着可能です。
(ヘリコイドが有りませんが、一部の超マニアは
装着して遊んでいます。)

Qフォーカシングスクリーンとは?

まだ写真は初心者の部類です。MFで写真と撮る場合「フォーカシングスクリーン」を替えるとピントの山がつかみやすいとか聞きますが?そもそもこの「フォーカシングスクリーン」とはどう言う物ですか?最初からは付いてないのですか?
デジカメで写真を撮ってますが、ほとんどはAFですが、たまにMFで撮りますがピントが合いません(視力が悪いので視度調整はしてあります。)「フォーカシングスクリーン」を替えるとピントが合いやすくなるのですか?

Aベストアンサー

フォーカシングスクリーンとは結像面に配置されたスリガラス状の撮影像を確認する半透明板の事です。
一眼レフでは、レンズの光軸に対し45度に配置されたミラーを介し、結像面に光束を導きフォーカシングスクリーン上に結像させます。
このままだと、上から覗く必要があるので、ペンタプリズムで正像として見れるようにします。
撮影時には、ミラーが跳ね上がってフィルム面(撮像面)に光束を導くため、厳密には撮影の瞬間像は確認できません。(ハーフミラー機を除く)

一眼レフでは、最初から標準仕様のフォーカシングスクリーンが付いており、用途に応じて交換できるカメラもあります。
AF機では(特にエントリーモデル)、MF時のピントの合せ易さより明るさを優先させる必要上、集光率の高いフォーカシングスクリーンが用いられます。
AF機でも、中級機以上ではフォーカシングスクリーンを交換できるカメラもあり、ピントの山が掴み易いものに交換できますが、ファインダーが暗くなるので、F2.8クラスより明るいレンズが必要です。

要するにフォーカシングスクリーンが交換できるタイプのカメラか否か、お使いのレンズの明るさ等も勘案する必要があると言う事です。

フォーカシングスクリーンとは結像面に配置されたスリガラス状の撮影像を確認する半透明板の事です。
一眼レフでは、レンズの光軸に対し45度に配置されたミラーを介し、結像面に光束を導きフォーカシングスクリーン上に結像させます。
このままだと、上から覗く必要があるので、ペンタプリズムで正像として見れるようにします。
撮影時には、ミラーが跳ね上がってフィルム面(撮像面)に光束を導くため、厳密には撮影の瞬間像は確認できません。(ハーフミラー機を除く)

一眼レフでは、最初から標準仕様の...続きを読む

Qテレコンバージョンレンズについて

写真は全くの初心者なんですが、
最近、デジカメの一眼レフのカメラを買いました。

そこで質問なんですが、テレコンバージョンレンズというのをつけると、
写真はどのように撮れるんでしょうか?
くだらない質問で申し訳ありませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

一眼レフ用のテレコンには、1.4と 2.0倍とがあります。装着すると
使用するレンズの焦点距離が、その倍率分大きくなり望遠の効果が得られます。
カメラメーカーの純正と、レンズメーカー製が市販されていますが、カメラの機種に合ったものが必要です。
テレコンは便利なレンズなのですが、注意すべき点があります・・一般的には1.4倍でF値が一段、2.0倍で2段暗くなるので、基のレンズがF値が大きいと、オートフォーカスが効かなくなる場合があります。
私はキヤノン20Dを使用していますが、AFの動作保証はF5.6まで なので、所有する両者純正テレコンを使う場合にも、使用するレンズのF値を考慮しています。
キヤノンの場合は、テレコンとズームレンズの組み合わせに制限が有りますから(取り付けられない)調べる事が必要です。
私はEF70-200mm F2.8L IS に装着していますが、2倍の場合は画質の低下があり非常用として使っています。 1.4倍は画質低下は殆ど見られず重宝しています。
いずれにしても、貴方のカメラ機種と所有レンズ、考慮しているテレコンメーカーと倍率を記載して質問をすると的確な回答が得られると思いますよ・・・。

一眼レフ用のテレコンには、1.4と 2.0倍とがあります。装着すると
使用するレンズの焦点距離が、その倍率分大きくなり望遠の効果が得られます。
カメラメーカーの純正と、レンズメーカー製が市販されていますが、カメラの機種に合ったものが必要です。
テレコンは便利なレンズなのですが、注意すべき点があります・・一般的には1.4倍でF値が一段、2.0倍で2段暗くなるので、基のレンズがF値が大きいと、オートフォーカスが効かなくなる場合があります。
私はキヤノン20Dを使用していますが、AFの動作保証はF5.6...続きを読む

Q広角レンズとワイドコンバージョンレンズの違い

カメラ素人です。
広角レンズとワイドコンバージョンレンズは
どのような違いがあるのでしょうか?

カメラ本体はまだ購入前です。
広角レンズは価格が高いのと
めったに使用しないものなので
ワイドコンバージョンレンズで良いのか?
狭い室内や狭い路地からの建物全体などの撮影に
使用したいと考えています。

Aベストアンサー

いわゆる「コンバージョンレンズ」というのは、元々のレンズの性能の「劣化を承知で」無理やり広角化してみたり、望遠化してみたりするものです。
ですから、周辺画像の流れ、コントラストの低下、周辺光量の減衰、などといったものが大変顕著に現れるものです。

ただし、リコーの高級コンパクト用の純正ワイコンの場合、かなりそういった収差は抑えられていて、場合にもよりますが実用に耐えるようです。
設計段階でワイコンの使用を考慮したレンズ設計がされているようですね。

ですので「建物全体を入れた構図」の場合、絞りを絞り気味にすれば、なんとか耐用可能かもしれない。
しかし、これは画像の評価の問題ですから「これじゃダメ!」という場合も十分考えられるわけですね。

私の場合、広範囲の画像を撮りたい場合は「パノラマ合成」を使って、写真をつなげてしまいます。
これはこれで欠点があるのです(直線が歪みやすい)が、手軽だし、面白い効果が期待できるので、好んでそうしています。

性能を考えると、やはり今のところ「一眼レフに超広角レンズ」もしくは「シフトレンズ」になってしまいます(しかもフルサイズCCDで)。
35ミリ換算で「20ミリ」ほどのレンズが欲しいところですが…キリがないですものね。

いわゆる「コンバージョンレンズ」というのは、元々のレンズの性能の「劣化を承知で」無理やり広角化してみたり、望遠化してみたりするものです。
ですから、周辺画像の流れ、コントラストの低下、周辺光量の減衰、などといったものが大変顕著に現れるものです。

ただし、リコーの高級コンパクト用の純正ワイコンの場合、かなりそういった収差は抑えられていて、場合にもよりますが実用に耐えるようです。
設計段階でワイコンの使用を考慮したレンズ設計がされているようですね。

ですので「建物全体を入...続きを読む

Qマニュアルカメラでのピント合わせのコツってありますか?

マニュアルカメラでのピント合わせのコツってありますか?
カメラはペンタックスのKXです。レンズはSMCM50mmF1.4を主に使っています。
絞りを開けて撮っているせいか、なかなかピントが合いません。

メガネを使っているのですが、コンタクトにするとちょとましかな?という感じ。
ファインダーに視力補正レンズを付けたら、やり易くなるのでしょうか。
あと数センチ前にピントが来ていたら萌え死にできるのに、って猫写真が沢山できてしまいました。
MFだとある程度は仕方ないんでしょうか。
上手いやり方があったら教えてください。

Aベストアンサー

50mm/F1.4開放、撮影距離2mだと、ピントが合う範囲は前後5cmあるかないか・・・という事はご存知ですか?要は「顔をアップで撮るならば、目にピントを合わせると鼻はピンボケ」なんですね。それほど「絞り開放」のピント合わせは難しいんです。

ですので、まずは「絞ること」=「被写界深度深くすること」です。ボケ味云々の前に「ピンボケ写真の量産」じゃあ、どうしようもありません。高感度フィルムを使い、ある程度絞り込んで(F4~5.6程度)撮影するようにして下さい。レンズ開放でのボケ味云々の話は「F4~5.6程度でちゃんとピントあった写真が必ず撮れるようになってから」の話です。

ピント合わせは「行って帰る」が基本です。ピントの「山」は裾野から徐々に行ったんじゃ分かりません。峠を越えて反対側まで降りてしまえば、どの辺が頂上だったかすぐに分かります。ですので、無限遠方向からリングを回して、ピントが合ってまた合わなくなるまでの「ピントリングの回転角」を覚え、その中間(正確に言うと中間よりやや無限遠より)まで戻すようにすればピント合わせが速く・正確になります。

更に猫や赤ちゃんなど、「気配を感じで動いてしまう被写体」の場合は、ピント合わせで追いかけている間にドンドン移動してしまいます。ですので先に「同距離の別の場所」でピントを合わせて置いて、構図を合わせたら即座にシャッターを切る、という方法で撮影して下さい(この方法だとF4位に絞っていないと上手く行かない事が多いというコトもあります)。それでも相手が動いているなら、ピントが動かさず、自分自身が動いて被写体との距離を一定に保って下さい。

自分自身が動いて被写体との距離を一定に保てる技術が身につけば、その「動いている間」に更にピントをきっちり合わせる余裕が出来ます。そうして初めて「絞り開放で猫が撮れる」んですよ。

50mm/F1.4開放、撮影距離2mだと、ピントが合う範囲は前後5cmあるかないか・・・という事はご存知ですか?要は「顔をアップで撮るならば、目にピントを合わせると鼻はピンボケ」なんですね。それほど「絞り開放」のピント合わせは難しいんです。

ですので、まずは「絞ること」=「被写界深度深くすること」です。ボケ味云々の前に「ピンボケ写真の量産」じゃあ、どうしようもありません。高感度フィルムを使い、ある程度絞り込んで(F4~5.6程度)撮影するようにして下さい。レンズ開放でのボケ味云々の話は「F4~...続きを読む

Q中間リングの効果は?

中間リングとか接写リングとか呼ばれるものがあります。
普通のレンズでも接写が可能になるというものです。
どの程度の効果があるのか?例えば最短撮影距離が
1/2になるとか効果のほどをお教えください。

できれば、マイクロフォーサーズを例にお教えください。

Aベストアンサー

>簡単な計算式ってないのですかね?

焦点距離40mm・最短撮影距離で撮影倍率0.25倍・全群鏡胴繰り出し式レンズが有ったと仮定します。
この場合、実像は、焦点の後方10mmの位置に結像します。
※撮影倍率=焦点から結像面までの距離/レンズの焦点距離

これに、20mmの中間リングを挟むと、撮影倍率=30mm/40mmですから、0.75倍になります。
が、AF レンズは、一部のレンズ群を動かすインナーフォーカスで、焦点距離を短縮し、焦点と実像面の距離を調節する事でピントを合わせます。

インナーフォーカスは、軽い駆動力でAF ができる事と実効絞りの変化を抑えられるメリットがあります。
ですから、全群鏡胴繰り出し式のように、簡単な計算式と言うワケには参りません。

Q自分でフィルムを現像する方法

35mmのフィルムで撮った写真を自分で現像・プリントしたいと考えているのですが、薬品や機材はいくらぐらいするのでしょうか。また、暗室を作るのにはどうしたらよいのでしょうか、教えてください。

Aベストアンサー

最低限必要なのは、
1.フィルム現像
フィルムピッカー:パトローネ(フィルムのケース部)に入ってしまったフィルムを取り出す道具 1300円程度

現像タンク:フィルムを現像するときに使うタンクで通常は丸型、中でフィルム同士が引っ付かないようにするための方法によって
中身が違う。はじめはフィルム式が楽だが片溝式が慣れると楽かも。3000から4000円

各種薬品:現像液、停止液、定着液が必要。いろいろ在りますが、まあ1袋数百円程度です。現像液の交換頻度が一番高い。
いざとなれば停止液は要りません。

保存タンク:薬品を保存するためのタンクです。専用のものがよさそうです。これも数百円程度、停止液は使い捨てなので、フィルム用に2つ在ればよいです。

計量カップ:得に専用のものでなくても、料理用などで十分です。ただし2Lまで量れるものが便利。薬品は粉末や濃縮状態のもの
が多いので、これで薄めます。これは1000円しないとです。

温度計:上記の薬品はお湯で溶かすことが多い上に、薬品の温度で現像などの時間が異なるため必須です。
100度まで計れるものであればなんでもいいです。

漏斗:これも何でもいいです。薬品をタンクに戻すときに使うだけ。いざとなればなくてもよいです。

ダークバック:これも暗室があれば不要です。明るいところで作業するためのもので、首の穴がない長袖シャツみたいなものです。

フィルムであればこれぐらいあればよいかと。


プリント
印画紙:これは必須です。必要に応じて購入してください。数千円単位ですが全紙サイズになると結構高いです。
表面にコーティングのないバライタ紙、コーティングありのRC紙があります。通常はRC紙でよいかと。

バット:薬品を入れてこれに印画紙を漬けます。現像、停止、定着、水洗の4つがあるといいです。

引き伸ばし機:スライド映写機のように。フィルムの画像を印画紙に焼き付けるものです。値段はばらばらで安くても3万円程度
はします。レンズとタイマーは別売りなのでさらに各1万円はプラスになります。
引き伸ばせるサイズとカラーへの対応で値段が異なります。高いものは数十万円しますね。

イーゼルマスク印画紙を綺麗に平面に固定するためのものです。相場は3000円前後でしょう

ピンセット:薬品に触れずにやるにはこれが必要。竹のものとプラスチックのものが在ります。数百円程度ですね。薬品が混ざら
ないように薬品ごとに用意してやるのが普通です。

各種薬品&ポリビン:フィルムとは薬品が違うので、プリント用に用意してやる必要があります。値段は大体同じです。停止液は同じです。

フォーカスルーペ:熟達した人には不要ですが、普通は必要です。引き伸ばしの際、ピントがちゃんと合っているか確認するため
のものです。安いやつで十分なので2千円程度です。

セーフライト:テレビとかのシーンに出てくる赤いやつです。モノクロの印画紙は赤色に反応しないので、これを使って作業します。
ないと暗くて難しいです。フィルムはしっかり赤色にも反応するのでフィルム現像のとき使うとフィルムが死にます。3000円程度です。

まあ、おそらくこのぐらいだと思います。

ただ、ここで述べているのはすべて「白黒フィルム」の現像とプリントの話です。

カラーは、それぞれの値段が高い上に、温度管理などが厳密なので非常に難しいです。素直にお店に出しましょう。

暗室ですが、一番よいのは風呂場ですね。光を遮断しやすい上に現像時に大量に必要な水が確保しやすいですから。

水洗のみ外でやるのであれば押入れでもいけます。
必要なのは、光を遮断すること、水があること、電気が使えることです。
ただし、現像液とかのにおいはかなりきついので、密閉すると危ないです。

最低限必要なのは、
1.フィルム現像
フィルムピッカー:パトローネ(フィルムのケース部)に入ってしまったフィルムを取り出す道具 1300円程度

現像タンク:フィルムを現像するときに使うタンクで通常は丸型、中でフィルム同士が引っ付かないようにするための方法によって
中身が違う。はじめはフィルム式が楽だが片溝式が慣れると楽かも。3000から4000円

各種薬品:現像液、停止液、定着液が必要。いろいろ在りますが、まあ1袋数百円程度です。現像液の交換頻度が一番高い。
いざとなれば停止液は要り...続きを読む


人気Q&Aランキング