ドイツ語の名詞の性は悩ましいところですが、見分け方というものはある程度はありますね?!

-chen,-leinとか縮小語尾は中性、外来語は大体中性、-tionは女性、-gelは男性、-selは中性、
-selは女性でしょうか。-nisは中性
他にいろいろありますでしょうか・圧倒的に多いのは女性なので、わからなかったら女性で言うと
も聞きますが、名詞の性を間違えても通じないということはないでしょうが、kaputtな感じでしょうね?
見分けるコツといいますか、他にありましたら教えていただきたくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんばんは。



昨年も似たような質問があって、誰かが、一つずつ覚えるしかないというような回答を書いていたような記憶があります。しかし、文法書などには、語尾の形から区別ができる例が書いてあります。それを書く前に一つ注意していただきたいのですが、「-nisは中性」とはいえません。中性名詞は多いですが、中には「die Kenntnis」というのがあります。私の手元にある文法書には、次のような区別が挙げられています。

男性名詞
-er, -ler, -nerの語尾を持つ行為者、器具を表すもの
Lehrer(教師)Künstler(芸術家) Redner(演説家)Kugelschreiber(ボールペン)など

-em, -ich, -ig, -ing, -ling, -pf, -sch, -richの語尾を持つもの
Atem(呼吸)König(王)Frühling(春)Kopf(頭)Fisch(魚)など

女性名詞
-ei, -ie, -in, -heit, -keit, -schaft, -ung, -ion, -tätの語尾のもの
Lehrerin(女教師)Freiheit(自由)Freundschaft(友情)Handlung(行動)Nation(国民)Universität(大学)など

中性名詞
-chen, -lein,(縮小語尾)
Mädchen, Fräuleinなど

-nis, -sal, -tumの語尾を持つものの大部分(先ほどご注意申し上げたように、すべてではないので、確認が必要です)
Verhältnis(関係)Schicksal(運命)Altertum(古代)など

動詞の不定詞を名詞化したもの
Essen, Lebenなど

(「基礎ドイツ文法の研究」信岡資生著 三修社より)

これだけでも結構助けになると思います。あとは、たくさん覚えていくうちに、意味や雰囲気(?)から、何となく推測できるようになります。

>圧倒的に多いのは女性なので、わからなかったら女性で言うとも聞きますが

そういうことはないと思います。

>名詞の性を間違えても通じないということはないでしょうが、kaputtな感じでしょうね?

よほど頻繁に間違わなければ、kaputtな感じとまではいかないでしょう。ネイティヴスピーカーでも、子供はもちろんですが、大人でも間違うことがあります。私はドイツ語圏に長くいましたけれど、ある時レストランで友人たちと食事をしていたとき、一人の女性が、「das Fisch」と言って、すぐ「der Fisch」と言い直していました。また、E-mailというのはなぜか女性名詞なのですが、外来語という判断で、das E-mailと書いてくるネイティヴの友人、知人がいます。逆に、性を間違うと通じない例もあります。例えば、Bandという語には、三つの性の形があります。

das Band リボン、テープ 複数形Bänder
der Band (全集、叢書などの)巻、冊 複数形Bände
die Band バンド、楽団 複数形Bands (英語から)

また、国によって違う場合もあります。「ガス」は、標準ドイツ語ではdas Gasですが、オーストリアでは女性名詞で、die Gasとなります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
なお、先日の「mehr als」御質問に関してですが、お礼をいただいた通知メールが入ったので見たところ、もう一件回答がありました。それで、補足が必要と思って書き始めたのですが、途中で締りになってしまいましたので、ここに書きます。
überzogは、もちろん複文のichの述語動詞ですが、あそこに例文をいくつか御紹介したように、動詞の前にmehr alsが挿入される形はあり、そのあとに脱落があるわけではありません。ネットで調べたところ、NHKのテキストのようですね。そちらにももちろん脱落はありませんでした。mehr alsのあとに動詞が来ることがあるのか、と考えるより、mehr alsが「挿入されている」と考えた方がわかりやすいと思います。あとにつづく動詞の意味をさらに超えた程度であることを表します。
それから、lange Reisenの方ですが、これは成句で「長期旅行」です。何度も旅行に出てはまた帰ってきたという意味ではないので、特に複数として訳す必要はありません。reisen という動詞のニュアンスには、日本語の「旅行」のように、旅すること全体を意味するほか、場所の移動も表します。ある場所に旅行する行程を、hinreisenと言い、旅行から帰ることをzurückreisenと言うことでもわかるでしょう。長期旅行の場合、例えばA地点からB地点に旅行(移動)し、しばらく滞在してさらにC地点に移動する、そういう意味での旅行=移動の連続ということで、複数になっています。ドイツの旅行会社にも、lange Reisenという社名の会社があります。以上補足です。

御参考になれば幸いです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

すばらしいご回答ありがとうございます。名詞の性には大まかな傾向はあっても、例外もあるのですね。また前回の質問への補足もいただき感謝にたえません。

lange Reisenは「長期旅行」ということなのですね!!!行ったり帰ったりしていたのかと思っていました。

die Kenntnisなのですね。昔、Pruefung zum Nachweis deutscher Sprachkenntnisseという試験を受けたことがあります。befriedigend bestandenでまあまあ合格できました。

Tastenkastenさんのように何となく勘で名詞の性がわかるようになれるように頑張りたいと思います。
本当に役に立つご回答を毎回いただき感謝感激です。ありがとうございます。

お礼日時:2015/02/03 00:08

お礼有難うございます。



>今日は新しいRechtschreibungを初めて勉強しました。

私は、旧正書法で学んだ年月が長かったので、いまだに徹底できていません。パソコンに導入したドイツ語のオートコレクトだのみです(笑)。もっとも、外国人として学ぶときは、正書法をちゃんとやらなければいけないと考えるのですが、ネイティヴスピーカーは必ずしも徹底していないですね。旧正書法の時代でも、コンマを打つべきところで打たない人がたくさんいました。今でも数人の人とメールのやり取りがありますが、正書法は必ずしも守られていません。言葉というのは、個人の個性が出るもので、正書法は、政治的決定に過ぎないということもあります。人によって違う書き方を見るのも楽しいものです。

>2格は話言葉ではほぼ消滅したと言う人もいますが、どうなのでしょうか?

ごく単純に、「~の」と所有を表現するような形は、もちろん今でも普通に使います。Das Buch meines Vaters.でも、Das Buch von meinem Vater.でもよいです。しかし、Das Buch ist Peters.とか、Das Buch ist meiner.というような言い方はもうしません。Das Buch von Peter.とか、Das Buch gehört mir.が普通です。しかし、副詞句など、いくつかの決まった言い方は残っています。例えば、meines Erachtens(私の考えでは)などという言い方は普通に使います(話し言葉では、meines Achtensという形もよく聞きます)。

>ZwiebelfischさんのDer Dativ ist dem Genitiv sein Tot.という文がありました。正しくはDer Daitiv ist des Genitivs sein Tot.であるべきだと。

Zwiebelfischという本があるようですね。知りませんでした(TotではなくTodです)。Der Dativ ist dem Genitiv sein Todという書名のベストセラーがあるようですが、これは皮肉でしょうね。「3格(与格)は、2格(属格)にとってその死である」という傾向から、Der Dativ ist des Genitivs sein Todとすべきところをわざと3格で書いて書名にしたのでしょう。ちなみに、Zwiebelfischというのは、私は、ドイツのSpiegel誌のホームページで読んでいました。下にリンクを張った、Spiegelの「Themen A-Z」のページのZの項に、「Zwiebelfisch」「Zwiebelfisch-ABC」「 Zwiebelfischchen」「Zwiebelfisch-Kolmune」の四つのコーナーがあります。ちょっと読むのは難しいかもしれませんが、慣れたら御覧になってください。今、ちょうど音楽カテで、オーストリアとドイツの話をしているのですが、「Zwiebelfisch」のページに、オーストリアのドイツ語が、標準ドイツ語にとって替えられようとしている危機について書いてあり、興味深く読んだところです。

http://www.spiegel.de/thema/index-z.html

またお会いしましょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

新聞や雑誌でも新正書法に従っていないところもあるようですね。学校教育の現場でも州によっては旧正書法を変えていないことろもあると知りました。さすが地方分権の強いお国ですね。


会話でも普通に所有格を使うのですね。話し言葉と聞き言葉が乖離してしまうということは不自然だと思っていましたが、やはり普通に使っているということを知リ得たことを嬉しく思います。また今では使われなくなった表現も教えていただきありがとうございました。

お礼日時:2015/02/06 20:34

追加回答です。


もう一冊手元にあった文法書、「中級ドイツ語の研究」(信岡資生、藤井啓行著、朝日出版社)に、語尾による区別のほかの例が上がっていました。追加分だけ書きます。

男性名詞
外来語で、-ant, -ast, -ier, -ismus, ist, -orの語尾のもの
Konsonant(子音)Gymnasiast(高校生)Kapitalismus(資本主義)Egoist(利己主義者)Doktor(博士)

女性名詞
外来語で、-ie, -ik, -ion, -tät, -urの語尾のもの。回答番号No.1に挙がっていないのは、-ikと-urなので、その例だけ挙げます。
Kritik(批判)Diktatur(独裁)

中性名詞
外来語で、-[i]um, -ma, -mentの語尾のもの
Aquarium(水族館)Album(アルバム)Thema(テーマ)Experiment(実験)
ただし、-mentの例外に、der Zement(セメント)がある。

意味による性の識別の例

男性名詞
四季、月、曜日名 Frühling, Januar, Sonntag
気象、方位に関する名詞 Regen, Taifun, Osten
鉱物名 Diamant, Sand

女性名詞
植物名の大部分 Tanne, Rose, Traube

中性名詞
金属名には中性名詞が多い Gold, Nickel

性により意味が違う例
der Erbe(相続人)das Erbe(遺産)
der Gehalt(内容)das Gehalt(俸給)
der Hut(帽子)die Hut(保護、用心)
der Leiter(指導者)die Leiter(はしご)
der Schild(楯)das Schild(看板)
die Steuer(税)das Steuer(舵)
der Tor(愚人)das Tor(門)
そのほか。これらの例の場合、複数形も異なる場合が多いです(Gehalte/Gehälter, Hüte/Hutenなど)

ただ、語尾による区別を先に無理に覚えなくても、語彙が増えるうちに、このような語尾による性の一致が自然に頭に入ってくると思います。

御参考まで。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
>ただ、語尾による区別を先に無理に覚えなくても、語彙が増えるうちに、このような語尾による性の一致が自然に頭に入ってくると思います。

そのようになれるように勉強したいと思います。

今日は新しいRechtschreibungを初めて勉強しました。
ZwiebelfischさんのDer Dativ ist dem Genitiv sein Tot.という文がありました。正しくはDer Daitiv ist des Genitivs sein Tot.であるべきだと。2格は話言葉ではほぼ消滅したと言う人もいますが、どうなのでしょうか?

お礼日時:2015/02/03 20:12

お礼ありがとうございました。

もう一つ、性の違いで意味が変わる代表的な例を挙げるのを忘れました。

der See 湖
die See 海

詳細は辞書でご確認ください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうでしたね。ありがとうございました。

お礼日時:2015/02/06 20:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qドイツ語の辞書と文法書

ドイツ語の辞書と文法のテキスト本の購入を考えています。夫婦でドイツ語を独学しようと思っていますがお薦めの 

(1)日独辞書

(2)英独辞書 

(3)英語とドイツ語対訳の文法テキスト


を教えてください。

妻はアメリカ人なので英語とドイツ語の対訳の辞書・文法書が必要で、私は日本語とドイツ語です。

ドイツ語を勉強している方、していた方、堪能な方、アドバイスお願いします。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あなたもある程度は英語を話せると思いますので、ご夫妻でMichel ThomasのCD(独英)を聴いてみると良いと思います。アマゾンで買うと安いです。これだけでドイツ語が話せるわけにはなりませんが、ドイツ語のしくみがかなり解ります。あとはお互いに合った独和ないし独英辞書を買うことでしょう。日本人にとっては独和は基礎的なものがよいです。大学の第二外国語でドイツ語をとる日本人は少なくありませんので、まともなもな学習辞書がいろいろあります。アメリカ人にとっては、ペーパーバックの英独-独英辞書でも間に合うのかもしれません。

Qフランス語は名詞の規定性がドイツ語ほど明確でないとは?

何のことなのでしょうか?
小塩節著の『ドイツ語とドイツ人気質』(講談社)のp27で書かれているのですが。

Aベストアンサー

ドイツ語も、『ドイツ語云々』も存じ上げませんが、フランス語は名詞と形容詞の境界が曖昧なので、そのへんのことを言っているのかな?

Qドイツ語の翻訳についてです

「輝きをアレンジする」
をドイツ語で
「Glanz Anordnung」
で合ってますか?

エキサイト翻訳サイトで
単語ずつ翻訳したのですが
日本語⇒英語
英語⇒ドイツ語
で翻訳したときと

日本語⇒ドイツ語
で翻訳したときと

翻訳結果が違って
本当に合っているのか
不安なので
よければ教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そのやり方でいくなら Glanzanordnung(輝きの整理・配列)となります。英語や日本語のように単語を並べて新語を造ることは、他の言語ではほぼ、できません。ドイツ語では一つの概念を表す語は一続きに書く習慣で、そのため辞書にないような合成語がたくさんあります。

しかし、#1で言われているようにこれは何を表現したいのか分かりません。ただ、造語法に従っただけです。斬新な表現に対する許容は日本語にかないません。

また「…する」のような動詞形はかなり厄介なもので、活用形がたくさんある言葉では同じ「する」でもどういう使い方をするのかで形を変えなければなりません。語形変化の比較的単純な英語でも、主語なしで動詞から始めると命令文になってしまいます。

たとえば「輝きをアレンジする」でも、Glanz anordnen は不定詞で「~すること」、Ordne Glanz an! は命令文、「~する…」のように形容詞的に使うなら関係節でつなぐ、「私たちが…する」なら Wir ordnen Glanz an、「しましょう」なら Ordnen wir Glanz an など、日本語の「する」で表現しうる意味に応じてさまざまになります。

そのやり方でいくなら Glanzanordnung(輝きの整理・配列)となります。英語や日本語のように単語を並べて新語を造ることは、他の言語ではほぼ、できません。ドイツ語では一つの概念を表す語は一続きに書く習慣で、そのため辞書にないような合成語がたくさんあります。

しかし、#1で言われているようにこれは何を表現したいのか分かりません。ただ、造語法に従っただけです。斬新な表現に対する許容は日本語にかないません。

また「…する」のような動詞形はかなり厄介なもので、活用形がたくさんある言葉では...続きを読む

Qドイツ語の名詞の「性」は区別できますか?

ドイツ語の名詞の「性」ですが、ネイティブは、その時生まれて初めて聞く名詞(難解な医学用語や政治・法律用語など)の「性」も間違えたりすることなく、確信を持って区別出来ているのですか?

たとえば、医学病名「疣贅状表皮発育異常症」や医学用語「遊離赤血球プロトポルフィリン」、政治用語「国連難民高等弁務官事務所」のドイツ語を、ネイティブが初めて見聞きしても瞬間的にその名詞の「性」を区別して使い分けることが出来るのですか?

そもそもドイツ語ではたしか、ネクタイが女性名詞、スカートが男性名詞でして、「性」の基準も意味不明な風ですよね?

私にはできるとは到底考えられないのですが・・・
ドイツ人はそれができるのですか?

Aベストアンサー

全て確信を持ってというのは無理だそうです。
例えば、コーラなんて、同じドイツ国内でも地方によってDieだったりDasだったりするので、「この街では"Das Cola"って言っていいのかな?」とおっかなびっくりで言うこともあるそうですから。
でも、似たような何かと関連付けられるものや、他には、Macintoshとかだと「あれは結局パソコンだからPCと同じ性にすればいい」と確実に選べるようですが。

Qドイツ語学習者の方教えてください

ドイツ語学習者の方教えてください
最近ドイツ語を習得したいと思うようになりましたが
仕事では一切利用チャンスなし、他言語が出来るわけでもなし、ドイツは1-2年に一度行ければいい方、
おそらく一生涯を日本で終えるであろう私はドイツ語を習得しても全くメリットは無いとは自覚してます。
(だけど何故か惹かれるんです・・・)
ドイツ語を学習している方は
・なぜドイツ語を習得したのか
・ドイツ語習得のメリット
を教えていただけますでしょうか。

Aベストアンサー

ドイツという国に行き来することが無くてもドイツ語を学習している人は多いですよ。
ドイツ語学習者には、韓国語学習などと比べると実用上(旅行の便利)の目的がある人が少なくて、ドイツの文化に惚れてしまった人が多いのでないかと思います。

私の場合は、少年のころに聞いていた音楽、好きだった音楽が、多くドイツ語を話す人々によって発展してきたことを後に知り、ドイツ語というのは音楽と連結していました。
シューベルトの歌など、美しい旋律に合わせて歌われる歌詞がドイツ語であったため、ドイツ語を理解したいと思いました。

もうひとつの動機はポルシェのカタログです。
日本の自動車文明発展期に育った私は、今は化石のようになってしまった”自動車少年”でした。
少年なりに色々な自動車を研究し、結論として選んだ世界一の自動車がドイツのポルシェという自動車でした。
当時は東京で開催されていた東京モーターショー(いまは千葉県で開催されます)で、偶然手に入れたポルシェの豪華カタログがドイツ語だった。これがドイツ語を読みたい理由になった。読めないドイツ語のカタログを何度も”読んで”理解できる数字とか記号などから文章を想像したものです。暗号解読ですね。

三つ目は、大学でのドイツ語です。
機械工学を専攻しましたが、当時、三省堂のコンサイス独和辞典を編纂した倉石五郎先生という方がいました。その先生は私と同じ機械工学を専攻し、その後にゲルマニストに転向し、辞書編纂までやってしまった稀有な人でした。機械工学という固いロジカルな性質とドイツ語という言葉になぜか共通のものを感じてしまうのは私だけでなは無いようです。
その後、ジェット戦闘機を作っているフランスの会社のエンジニアと三次元CADの仕事をする機会があり、フランス語/フランス人も案外メカニカルだなあと認識を改めた経験がありますけど。

大学では、ドイツ語を第一外国語にして、英語とフランス語を第二外国語に選びましたが、第二外国語は身に着かないもので、卒業時点では私の外国語=ドイツ語でした。
しかし、卒業後にドイツ語を使用する機会が無く、第二外国語の英語ばかりで、苦労しました。
ところが、人生って面白いもので40歳になったころドイツの会社に転職することになりました。
言語能力で転職したわけではなく、実際、社内言語は英語でしたが、若い時にドイツ語に没頭した時期があったから、”神様が引き寄せた”と思っています。

ポーランド人、チェコ人などもドイツの支配下、あるいは影響下にあって、ドイツに留学したりドイツの先生についてドイツ語で生活していた人も多かったようです。
いまはロシアになっているカリーニングラートも、昔はケーニヒスベルク(K?nigsberg)というドイツ語の街でしたし、いまはフランスになっているストラスブールがドイツのシュトラースブルク(Stra?burg)だったことも有名ですね。この街の人々はフランス語と同時に自分たちのアルゼシッシュという言葉を常用しますが、ドイツ語の方言です。

さて、ドイツ語習得のメリットですが、二つあります。
1.ドイツ語自体が持つ言語の精緻さ、美しさを楽しむ。音楽を楽しむのと同じような自己目的的楽しみでしょうか。
2.ドイツ人、ドイツ語人たちの文化・文明を理解し、楽しむための補助手段といてドイツ語が役に立つことです。
7~8年まえだったでしょうか、フォルクスワーゲンというドイツの自動車メーカーのホームページを見ていてい、彼らがガソリン直噴技術と過給技術を組み合わせ、小排気量で大排気量と同等の最大トルクを出しながら省エネルギーに貢献しようとしていることを知りました。
日本でこの小排気量車が発売されるよりも3年ぐらい先行して情報を得ていたことになります。
この例の様に、質問者さんが好きな分野、興味のある分野での先端的情報を取るためにドイツ語が役立つこともあります。
私場合、ニーチェという哲学者の書いた本をドイツ語で読むつもりですし、可能であればカントールという数学者の書いた無限に関する本もドイツ語で読んでみたいです。

最後にドイツ語習得のメリットなのかどうか分かりませんが、ドイツ語を集中的に学習した経験があったため、その後、社会に出て、第二外国語の英語を使わなければならない環境になったときに、英語の上達が他人よりも早かったような気がします。つまり、英語だけでなく、ドイツ語も理解することによって、不定関係代名詞だとか、仮定法だとか、目的語の格だとか、日本人が分かりにくい部分を良く理解でき、英語が簡単に思えたってことでしょうかね。

長くなってしまいましたが、ドイツ語学習のメリットなどにだわることなく、simi-chanがドイツ語に惚れこんでしまう様に祈っていますよ。

ドイツという国に行き来することが無くてもドイツ語を学習している人は多いですよ。
ドイツ語学習者には、韓国語学習などと比べると実用上(旅行の便利)の目的がある人が少なくて、ドイツの文化に惚れてしまった人が多いのでないかと思います。

私の場合は、少年のころに聞いていた音楽、好きだった音楽が、多くドイツ語を話す人々によって発展してきたことを後に知り、ドイツ語というのは音楽と連結していました。
シューベルトの歌など、美しい旋律に合わせて歌われる歌詞がドイツ語であったため、ドイツ語を...続きを読む

Qドイツ語:性が判らない名詞の格変化について

ドイツ語:性が判らない名詞の格変化について

定冠詞の格変化で、同じ変化形でも、名詞の性によって格が異なるものがあります。
会話の中で、性が判らない名詞が出てきた場合、どうやって表現/理解しているのでしょうか。

例えば,話すとき、
Ich kauft *** Fahrrad.
私はその自転車を買います。
で、Fahrradの性が判らない場合、***にはden,die,das,dieのどれを入れて話しているのでしょうか?

また、聞くとき、
Ich zeigt den Freund den Eltern.
で、FreundとElternの性が判らないとき「両親を友達に」なのか「友達を両親に」なのか迷わないのでしょうか?

現在、独学で独語を学び始めたばかりで、ふと疑問に感じました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ドイツ人でも、基本的な名詞の文法性は子供の内に一生懸命努力して覚えるのだそうです。
ですから、名詞を覚える時に、定冠詞を付けて、其れと出来たら格変化も一緒に、覚えると良いでしょう。
簡単な文章で覚えれば、割と楽に覚えられるのではないでしょうか。

以前に同じような質問がありました。その時にも書いたのですが、田中館愛橘博士は(戦前の国際連盟などで活躍された物理学者で、英語とかドイツ語が達者だったようです)は名詞の性が分らない場合”de"の様に曖昧に発音する、其れか”全て複数形”にした。と 本で読んだことがあります。

よほど、明確に発音しなければならない場合を除いて、ドイツ人でもあまりはっきりは言わないように、聞えます。恐らく、ドイツ人には正しく聞えているか、正しく聞えてしまうかも知れませんね。(そう自然と思い込むようになっているかも?)

Qドイツ語でどう言うの??

『私を助けてくれたあなたへ』
『NEVER SAY GOODBEY(「さよならは言わない」??で日本語訳は合ってるのかな???)』

この上記の2文をドイツ語に訳して欲しいです!!
つづりと、発音も教えて欲しいです。


ちなみに。
ドイツ語って、英語とは全く違うものなんでしょうか??
勉強するには、英語とは全く違う感覚で学んだほうが良いのでしょうか?

Aベストアンサー

Zu Ihnen half wer mir
Sagen Sie auf Wiedersehen nie!
ツー イーネン ハルフ ヴェール ミア
ザーゲン ズィー アウフ ヴィーダーゼーエン ニー!

ドイツ語と英語は同じアングロサクソン系の言語です。ドイツ語が最も退化した言語が英語といってもいいでしょう。その意味ではドイツ語のほうが複雑で難しいです。男性、女性、中性の3つの性があることや4つの格があること、語順が英語とは異なることなどから、勉強するならば英語とはまったく違う言語という覚悟でやったほうがいいでしょう。ただし、単語の起源は同じなので、学習しやすいと思います。

Qドイツ語 名詞の性がわからなかったら(忘れたら)?

ドイツ語の名詞にはそれぞれ性があり、それに応じて冠詞などが変わると聞きました。
でも、もしネイティブが、性のわからない単語に出会ったらどうするのですか?
また、知っている単語でも性を忘れてしまったらどうするのですか?教えてください

Aベストアンサー

性が分からなかったら勝手に付けるのです。日本人の私がこのように決めつけるのはおかしいと思われるでしょうが、突き放して云えば、そうなります。

間違えたからと云って、誤解を呼んで、大事故が起こる訳ではありません。名詞の性を忘れたり、間違えることはネイティブでもあります。日本人が日本語喋っても、助動詞の活用を間違えて、ら抜き言葉が出てきます。チャンと(?)通じますね。

性の分からない言葉は沢山あります。固有名詞、外来語、科学の発達による新しい造語、等々です。

隅田川の性は何でしょう。川の名前は、色々な性を持っています。ライン川は男性、オーデル川は女性です。『美しく青きドナウ』の性は?答えは女性です。An der schoenen blauen Donau という歌曲を知っていれば分かりますね。しかし初めて聴く日本の川の名前には、勝手に性を付ける以外方法がありません。

アインシュタインが相対性理論を発見したときには、光子という新しい概念が出来ました。光子は das Photon です。ボーアやハイゼンベルクが量子力学を発見したときに産まれた言葉は量子/das Quant です。いずれも中性ですね。

結論:
1.勝手に付ける。
2.名詞の性は大切であるが、間違えても大事件は起こらない。
お答えになりましたでしょうか。

性が分からなかったら勝手に付けるのです。日本人の私がこのように決めつけるのはおかしいと思われるでしょうが、突き放して云えば、そうなります。

間違えたからと云って、誤解を呼んで、大事故が起こる訳ではありません。名詞の性を忘れたり、間違えることはネイティブでもあります。日本人が日本語喋っても、助動詞の活用を間違えて、ら抜き言葉が出てきます。チャンと(?)通じますね。

性の分からない言葉は沢山あります。固有名詞、外来語、科学の発達による新しい造語、等々です。

隅田川の性は何でし...続きを読む

Qドイツ語辞典のついた電子辞書

知人の息子さんに電子辞書を送ることになりました。
英語はもちろんですが、大学でドイツ語も学習するのでドイツ語の辞書も欲しいとのことです。
お勧めの電子辞書をぜひとも教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私の知っているドイツ語電子辞書は3種です。

セイコー IC DICTIONARY[SR-T7010]
キー配置がパソコンのキーボードに近いフルキーボードタイプなので入力しやすいでしょう。
ドイツ語辞典は、三修社「アクセス独和辞典」、郁文堂「和独辞典」。
コリンズ「独英・英独辞典」。
ジーニアス英和大辞典、リーダーズ英和辞典、リーダーズ・プラス、
----------------------------------------
シャープ 英・独・仏・西、外国語コンテンツカード[独語辞書カード]
スーパー大辞林、和英・英和、家庭の医学など全11種類の辞書類を収録した電子辞書にドイツ語辞書カードを追加して使います。
だからドイツ語カードの他に本体が必要です。
ドイツ語辞典は、「クラウン独和辞典」、「新コンサイス和独辞典」「わがまま歩き旅行会話ドイツ語+英語」が一つのカードに収録されています。
----------------------------------------
カシオ エクスワード[XD-H7100]
ドイツ語辞典は、「クラウン独和辞典第3版」、「新コンサイス和独辞典」、「ひとり歩きのドイツ語自遊自在」の3種類。
英語辞典は、「ジーニアス英和大辞典」、「リーダーズ英和辞典」、「リーダーズ・プラス」の3つ、和英辞典は、「ジーニアス和英辞典第2版」、英英辞典は、「ロングマン現代アメリカ英語辞典」など。
----------------------------------------

値段はあまり変わらない感じです。

問題はドイツ語辞典ですね。
セイコーは、三修社「アクセス独和辞典」、郁文堂「和独辞典」。
シャープは、三省堂「クラウン独和辞典」、三省堂「新コンサイス和独辞典」
カシオは、 三省堂「クラウン独和辞典」、三省堂「新コンサイス和独辞典」

ほとんど同じレベルだと思います。

カシオが一番古くて、シャープとセイコーは比較的新しいです。後発の分、シャープとセイコーに何か利があるのかもしれません。

というわけで、ほとんど同じではないでしょうか。使いやすそうなもの、かっこいいものを選べばよいと思います。

私は「外国語コンテンツカード」を追加してゆくシャープがお薦めですが、セイコーはキーが打ちやすいかもしれません。

私の知っているドイツ語電子辞書は3種です。

セイコー IC DICTIONARY[SR-T7010]
キー配置がパソコンのキーボードに近いフルキーボードタイプなので入力しやすいでしょう。
ドイツ語辞典は、三修社「アクセス独和辞典」、郁文堂「和独辞典」。
コリンズ「独英・英独辞典」。
ジーニアス英和大辞典、リーダーズ英和辞典、リーダーズ・プラス、
----------------------------------------
シャープ 英・独・仏・西、外国語コンテンツカード[独語辞書カード]
スーパー大辞林、和英・英和、家庭の医学...続きを読む

Qドイツ語です。 この1.2.3.4の違いの説明をお願いします。 どれも、名詞の性が同じなのでwelc

ドイツ語です。

この1.2.3.4の違いの説明をお願いします。
どれも、名詞の性が同じなのでwelchesになると思ったんですけど、そんなわけないですよね?

Aベストアンサー

1~4まで、答えはwelchesでよいのです。ただし、「名詞の性が同じだから」という理由だけではありません。
Hemdは中性名詞単数です。中性名詞の前につく冠詞(定冠詞、不定冠詞)や疑問代名詞の語尾変化は、
1格と4格で同じ形になります。
問題1と2ではHemdは1格、3と4では4格で、格は違いますが、
上の理由からどちらもwelch+esになります。

そのあと、5~8まで、今度は主語がPulloverになって同じ文が繰り返されているようですが、
Pulloverは男性名詞で、1格と4格の語尾変化は違うので、
5,6と7,8の答えは違います。どちらもwelchesではないですね。


人気Q&Aランキング