現在ドイツ語を勉強しています。
例文に
Welches ist denn die Lieblingsbiermerke der Deutschen?
とあるのですが、なぜWelchesになるのかわかりません。Welcheではないのでしょうか?
ご回答お待ちしています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

この用法についての文法書の説明は短くて目立たないので、見つけにくいかもしれません。


なぜwelchesではなくwelcheにならないのかという疑問は、
welch の後に直接名詞が来る場合の語尾変化のことが頭にあると思います。

Welcher Tisch ist kaputt?
どの椅子が壊れていますか?
(男性単数)

Welche Blume passt dir gut?
どの花が君に似合うかな?
(女性単数)

Welches Buch gefällt Ihnen?
どの本がお好きですか?
(中性単数)

Welche Biermarke lieben die Deutschen?
ドイツ人が好むビールの銘柄はどれですか?
(女性複数)
※-merkeではなく-markeです

しかし、welch + sein動詞 + 名詞という構文の場合、
中性のwelchesが性、数に関係なく用いられます。
以下、ドイツの文法書から。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

Die pronominale Form "welches" kann in Sätzen mit dem Verb sein auf Substantive
mit jedem Genus bezogen werden, auch im Plural:
Welches ist der größte Tisch? Welches sind deine besten Freunde?
(疑問)代名詞形のwelchesは、sein動詞を使った文中で、
あらゆる性の名詞に関連づけることができる。複数も同様。
Welches ist der größte Tisch? → 男性単数でもwelches
Welches sind deine besten Freunde? → 複数でもwelches
(Duden社刊 Die Grammatikより)

ーーーーーーーーーーーーーーーー

文法書の多くはこの説明で終わっていますが、同じDuden社から出ている
“Richtiges und gutes Deutsch”(正しく良いドイツ語)には、
まれにみられる例外が一つ出ているので、知っておくとよいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

Welches/Welche sind die schönsten [Bilder]?
中性形のwelchesを使って、単数、複数に関係なく、
すべての性の名称を問うことができる:

Welches sind die beliebtesten Ferienziele?
Welches ist der Hauptgrund?
Welches sind die schönsten Rosen?
Welches sind die schönsten Filme?

☆まれに(主語が省略されている場合)welcheが用いられることがある:

Welche sind die schönsten? (=die schönsten [Filme])

ーーーーーーーーーーーーーーーー

なお、中性のwelchesを性、数に関係なく用いるのは、近代になってからと思います。
現代ドイツ語ではこれが標準ですが、古いドイツ語はこの限りではなく、
主語が省略されていなくても、複数の名詞を問う文にはwelcheを使っています。
18~19世紀の書物には、

Welche sind die wichtigsten Schriften Goethes? (Welchesではなく)

という用法が多く見られます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

前回に引き続き詳しいご説明本当にありがとうございます。またご縁がありましたらよろしくお願いいたします。

お礼日時:2017/02/09 07:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qドイツ語 wie aus der ....

現在、1800年代のドイツ語の文献(数学)を読んでいるのですが 、理解できずに困っています。
おわかりの方、お助けください。

以下の文は主語がないと思うのですが、どういう意味なのでしょうか。
よろしくお願いします。

... , wie aus der algebraischen Invariantentheorie bekannt ist , ...

Aベストアンサー

こんにちは。

代数的不変式論から周知(知られている)ように

コンマの前に他のものの説明があって、それを受けて述べられている文の一節です。主語にあたる言葉はこの一節の前にあるはずです。

Qドイツ語の地名(an der ~、strasse、allee)

ドイツ語はまったくの素人なのですが、次の言葉の意味をすぐに知りたいので、どなたかお助けください!

1. an der + 地名
an der + ストリート名で「~通り沿い」という例が辞書にありますが、ストリート名以外の地名だと「~沿い」では変です。「~に面している」とか「~の隣」という感じでしょうか?

2. strasse, alle
strasseは「ベートーベン通り」などの「通り」を指すようですが、alleはどうなのでしょう? 英語のstreetとroadの違いと同じなら、どちらも「~通り」でよいと思いますが・・・
それとも、「いちょう並木」の「並木」のような特別な使い方がされるんでしょうか?

(そもそも、辞書では「straβe」となってますが、今見ている資料の「strasse」と同じことなのかどうか?? うーん)

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 
An der Urania は、「ウラニア」とは何か、またどういう文脈または用例で、こういう表現が出てきているのかによって話が違いますが、一般的には、英語だと、At the Urania か、On the Urania に対応します。

従って、一般的には、「ウラニアに」「ウラニアで」「ウラニアにおいて」という意味です。何か、または誰かが、ウラニアとある関係にあるのであり、人だとするなら、そしてウラニアが天体だとするなら、「ウラニアの上に」となりますし、ウラニアが都市とか地域の名なら、「ウラニアにおいて」などです。

ウラニアが何かによって違って来るので、一般的にというなら、上に述べたように、「ウラニアにおいて」です。

ウラニアが面とか線の形状を持つ地形とか、人工物などなら、「ウラニアに面して・接して・沿って・上に」などとなります。ウラニアが、ある地点の名前なら、「ウラニアにおいて・ウラニアで」です。(「ウラニアの隣で」というのは、まずありません)。
 
An der Urania だけでは、英語で対応するのは、At the Urania か、On the Urania で、どういう文脈でこういう表現が出てきているのか、ウラニアとは何か、明示されない限り、どういう関係で、an という前置詞が使われているのか、分からないのです。

ウラニアの内容や、状況次第で、An der Urania は、原因や理由を示しているかも知れません(つまり、「ウラニアの故に」とか「ウラニアのせいで」などという意味の場合もあります。あるいは、英語の On this occasion のように、「ウラニアに際して」というような意味である可能性もあります)。……このような広い用法も含めて、「ウラニアにおいて」が一般的な意味です。[ postscriptum: ya_ai, 2004:0510 m_s ]。
 

 
An der Urania は、「ウラニア」とは何か、またどういう文脈または用例で、こういう表現が出てきているのかによって話が違いますが、一般的には、英語だと、At the Urania か、On the Urania に対応します。

従って、一般的には、「ウラニアに」「ウラニアで」「ウラニアにおいて」という意味です。何か、または誰かが、ウラニアとある関係にあるのであり、人だとするなら、そしてウラニアが天体だとするなら、「ウラニアの上に」となりますし、ウラニアが都市とか地域の名なら、「ウラニアにおいて」など...続きを読む

Qドイツ語の「denn」を上手く使いこなすには?

ドイツ語の「denn」を上手く使いこなすには?

ドイツ語を勉強中です。
「denn」の意味がたくさんあるのでいまいち理解できてないのですが
どういう時に使えばよいですか?

あとよく「Was denn」というのも聞くのですが
日本語だとどういった意味になるのでしょう?

「denn」「dass」「deshalb」の区別も未だにわかりません。
ドイツ語がわかる方、どのようにして身につけましたか?

Aベストアンサー

まず、文語的・口語的というわけ方をすることです。

挙げられた3語は基本的に文語的な心象を与えます。

中でも会話で一番使われるのは、質問者様のおっしゃる
「was denn」=ええええ なん やねん!

口語として覚えておくべきものはコレに準じて
「warum denn」 ええ なんでや ねん
「wie denn」 ええ (そんなこと) どうやって えええ

文語については、頻度ではなく
 勘違いしやい用法に重点を置いて覚えることです。

dennの用法 重要性から行くと

疑問文中「一体」のdenn =Whats the Hell の Hell
接続詞 「というのも」 S・V だからです。
比較文中 als の代用 besser denn je ますますもって好調 コレまでにも増してよくなった

dass は、 知覚および思索の動詞の後に来て 名詞節を作ります。英語のthat の基本用法と組み合わせ考えてください。省略されることは、ありません。
und dass... で 「しかも」と訳されます。

deshalb は thereforeと似た意味で、文頭に来るか動詞(かsich)の後に来ます。
前の文をウケで「それ故」と副詞的に使います。

一番覚えやすいのは、deshalb でしょう。 意味がひとつしかありません。

三つ単語を並べられた時点で、それぞれの品詞がまずわかるようにトレーニングしてください。

deshalb / dass は覚えやすいほうだと思います。品詞が確定しています。

強化すべき点は文法であると推測いたします。

書かれた文章を読む際、
eine Rolle spielen
sowohl A als auch B
so Attribut wie
so Attribut, dass
Um etwas zu tun,
A, so dass B
zwar A aber B
 ... nichts anders, als
などの基本慣用句を抑えるようにしてください。

まず、文語的・口語的というわけ方をすることです。

挙げられた3語は基本的に文語的な心象を与えます。

中でも会話で一番使われるのは、質問者様のおっしゃる
「was denn」=ええええ なん やねん!

口語として覚えておくべきものはコレに準じて
「warum denn」 ええ なんでや ねん
「wie denn」 ええ (そんなこと) どうやって えええ

文語については、頻度ではなく
 勘違いしやい用法に重点を置いて覚えることです。

dennの用法 重要性から行くと

疑問文中「一体」のdenn =Whats the Hell の H...続きを読む

QRilkeのGedicht Das war der Tag der weissen ・・・

また、リルケの詩です。

Das war der Tag der weissen Chrysanthemen,
mir bangte fast vor seiner schweren Pracht....
Und dann,dann kamst du mir die Seele nehmen
tief in der Nacht.

Mir war so bang, und du kamst lieb und leise,
ich hatte grad im Traum an dich gedacht.
Du kamst, und leis wie eine Maerchenweise
erklang die Nacht....

der Tag der weissen Chrysanthemen というのは11月頃の「死者を偲ぶ日」のことですね?
白菊の花束を持って墓地に行く人々を見たことがあります。
この詩も「死」がテーマになっていると思います。

「私はその日の重苦しい華やかさが怖かった」Prachtは、晩秋に映える白菊の華やかさを言っているのでしょうか?
「お前は私の魂を深い夜の闇へと奪いに来た」duは「死」を意味していると解釈してよいですか?
「私はとても不安だった、お前は優しくひそやかにやって来た、私はちょうど夢の中でお前のことを考えたところだ。」
leisはleiseのことですか?erklang の主語はdie Nachtでやはり「死」を暗示していると考えてよいでしょうね?
「おとぎ話の調べのようにひそやかに夜の歌が聞こえてきた」
テレビのドイツ語講座で当時Michael Muenzerが朗読していたのを覚えています。

全然急ぎませんので、お暇な折にご回答をいただければ嬉しく思います。入力だけでも大変な労力だと思います。いつもいつもありがとうございます。

また、リルケの詩です。

Das war der Tag der weissen Chrysanthemen,
mir bangte fast vor seiner schweren Pracht....
Und dann,dann kamst du mir die Seele nehmen
tief in der Nacht.

Mir war so bang, und du kamst lieb und leise,
ich hatte grad im Traum an dich gedacht.
Du kamst, und leis wie eine Maerchenweise
erklang die Nacht....

der Tag der weissen Chrysanthemen というのは11月頃の「死者を偲ぶ日」のことですね?
白菊の花束を持って墓地に行く人々を見たことがあ...続きを読む

Aベストアンサー

この詩は、リルケの若いときの作品です。通常リルケの詩集としてまとめられるものは、1899年に『わが祝いに』として出版され、のちに『初期詩集』と改題された詩集から始まります。しかしこの白菊の詩は1896年の作で、『Traumgekrönt(夢に冠された)』という詩集に収められていたものです。この時期の作品は、まだリルケの個性が出る前で、あまり取り上げられる機会はないと思うのですが、その中でこの詩は比較的知られているようです。歌曲として作曲もされていますし、選集のようなものにも収録されることがあるのではないかと思います。
解釈についての資料は見つからず、ドイツのQ&Aサイトにも、だいぶ前にこの詩の白菊の意味を尋ねる質問が出ていますが、やはり、「葬儀の時によく使う花なのでそういう意味があるのでは」という回答がたった一つついているだけでした。しかし、死を主題にした作品という解釈には疑問があります。

やや余談になりますが、この詩の中で白菊が何を意味しているかは別として、菊の意味を少し調べてみました。たしかにヨーロッパでは、葬儀に白菊を使う習慣があるようで、死の象徴ととらえられていますが、一方で愛の象徴となる面もあるようです。白菊に限らず、菊を死や、死を超える愛の象徴とする考え方はフランスで始まりました。フランスの花屋たちがそれを中央ヨーロッパに広めたようですが、彼らは同時に、男女間のやり取りの場面での用途も考えたようで、したがって、下菊は必ずしも死とだけ結びつくのではなく、誠実さへの感謝としての贈り物にもなるということです。また、黄色の菊は戯れの愛、赤い菊は愛の告白、そして、態度はまだ決まらないがいつも君のことを思っている、と伝えたい場合は、いろいろな色の菊を混ぜた花束を勧めたようです。
http://www.symbole-wiki.de/index.php/Chrysantheme

また、詳細はわからないのですが、たぶんウィーンの古い映画に出てくる歌で、「weiße Chrysanthemen schenk ich dir zur Hochzeitsnacht」というのがあるようです。

こういうことを知ると、ひょっとしてこのリルケの詩は、婚礼の夜のことを歌っているのではないかと思いそうになりますが、これも短絡的です。

さて、この白菊の詩なのですが、最初に発表された『Traumgekrönt』という詩集の中では、『Lieben(愛する)』という題のもとに書かれた22の連作の2番目の作品として出ています。22作全体が素朴でロマンティックな愛の詩で、この2番目の作品だけを死と結びつけるのには無理があります。

Traumgekrönt所収 Lieben 全22篇
https://de.wikisource.org/wiki/Lieben

しかし、冒頭にはっきり「Das war der Tag der weissen Chrysanthemen」と書いてあるので、「白菊の日」という表現に重要な意味があることは間違いありません。そしてこれはたぶん、死の象徴として言っているのではなく、「諸聖人の日(万聖節)」の出来事として書いているのだと思います。「schweren Pracht」のschwerは、重苦しいという意味ではなく、この祭日に町中で白菊の花束が供えられるので、その華やかな花束の「荘重さ」を表現するものです。注意すべきは、その前の「fast(ほとんど)」です。もし死の訪れを恐れる場面であれば、fastとは書かないでしょう。fastからは、むしろ諧謔性が感じられますが、その次の行の「dann, dann」という繰り返しも同様です。duは死ではなく、あくまでも恋人です。諸聖人の日の白菊を見て不安になったということにユーモラスに掛けて、「そしたら、そしたら(やっぱり思ったとおり)、深夜、君は僕の魂を奪いに来た」と言っているのです。bangenは悪い意味の不安ではなく、期待と不安の混じったものですね。「du kamst lieb und leise」とありますが、duが「死」なら、liebとは言いません。「Märchenweise」も、死とはイメージが違いすぎます。
leisはleiseの省略形です。これは、先の御質問で少し触れたように、詩のリズムの制約から来ています。弱強弱強の繰り返しでできているのですが、leiseとしてしまうと、ここだけ弱が二つ続いてしまうのです。それを避けるためです。
erklangの主語はdie Nachtでよいのですが、erklingenは響きを上げる、鳴り始めるという意味です。「夜が、おとぎ話の調べのように響き始めた」という意味になります。楽しい意味です。ロマンティックで若い詩、官能的な詩ともいえます。

音楽的なイメージも参考に。

アルバン・ベルク作曲『7つの初期の歌』から『Traumgekrönt』
https://www.youtube.com/watch?v=vUVDn8ptK3Y

この詩は、リルケの若いときの作品です。通常リルケの詩集としてまとめられるものは、1899年に『わが祝いに』として出版され、のちに『初期詩集』と改題された詩集から始まります。しかしこの白菊の詩は1896年の作で、『Traumgekrönt(夢に冠された)』という詩集に収められていたものです。この時期の作品は、まだリルケの個性が出る前で、あまり取り上げられる機会はないと思うのですが、その中でこの詩は比較的知られているようです。歌曲として作曲もされていますし、選集のようなものにも収録されることがあ...続きを読む

Qドイツ語 die Zeit

テキストに次の文があります。
Haben Sie einen Moment Zeit?
Zeitは女性名詞です。不定冠詞の活用は
最後の名詞の性にあわせると聞いていますが
そうであればこの文は
Haben Sie eine Moment Zeit?
となるのではと思ってしまいます。
もちろん私が間違っているのですがどなたか
理由を教えていただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

Haben Sie einen Moment Zeit?
これのeinen Moment は第四挌で副詞的(時間の副詞)用法です。 Zeitがhabenの目的語です。ドイツ語の文法書を読んでみて下さい。 文章の日本語での意味はお分かりですね?


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報