痔になりやすい生活習慣とは?

ディアウォールを用いて2x4材で柱を立て、そこに23インチモニタ2枚と90cmx25cmの天板を固定しようと思っています。
モニタ2枚はそれぞれ壁掛け用のモニターアームで固定、
天板はL字の棚受け金具(対荷重10kg)で固定する予定です。
ここで質問です。

①モニタを支持する1x4材は、2x4材に鬼目ナットを仕込み、w8のボルト4本(図の赤丸)で固定しようと思っているのですが、強度的に大丈夫でしょうか。もしくはコースレッドでも大丈夫でしょうか。

②天板の固定は2x4材の両端に2つの棚受けだけではまずいですよね?垂直方向に板を打ち付けて、棚受け金具を4つほど使った方がいいでしょうか。なにかいい方法があれば教えてください。
上に乗せるのはキーボードとマウス、PCスピーカー、コップ程度です。

ピンク:2x4材
水色:1x4材
黄色:23インチモニタ(3.5kgx2台)
茶色:天板(90cmx25cmx12mmor18mm)(ベニヤ12mm+木目調シートorカラー化粧棚板18mm)

「2x4材にモニタ2台と天板の固定方法」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

No.1です。


 トリマーをお持ちでしたら、作業は随分と楽になります。この手( https://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%83%9 … )のトリマーですよね。
 まず柱を正確に平行に立てます。間隔は、90cm÷4×2=45cm~75cmが良いでしょう。モニター幅に合わせると、左右のモニターの中央に柱が見えるのでデザイン的に安定して見えるでしょう。
 天板は両側に15cmずつ出っ張る形になります。天板はもう少し幅が広いほうが見た感じはよくなります。

 柱には切欠き--トリマーで加工すると楽でしょう。ディスプレイ一台の幅--60cmだと12cmのコンパネなどを渡してビスで固定します。---これで柱が左右に倒れて平行四辺形にゆがむことを防げます。
 次に、天板ですが机のように荷をかける危険性があるのでしたら、柱のねじり防止のために、切り欠きを入れると良いでしょう。
 高さを変えないのでしたら棚受け--というより、折り畳みサポート金具( http://www.njy.co.jp/hafele-tablesupport/tablesu … )のような物が良いかもしれません。とてもたくさん色々な物が市販されています。
 通常の棚受けよりは丈夫なものを選択しましょう。

 柱の加工は、せいぜいコンパネの12mmでしたらトリマーで良いでしょうが、両サイドは鋸で切れ目を入れておいたほうが楽です。
 天板の切欠きは鋸を入れて鑿(のみ)で取るのが良いでしょう。

★工作は、常に「柱に物を取り付ける」ではなく、柱をしっかりと安定させるためにボードや天板を取り付けると考えるのです。そうすると、こんな物取り付けて大丈夫だろうかと心配しなくて良いし、良いものができます。箱を作るときもね。
「2x4材にモニタ2台と天板の固定方法」の回答画像4
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざ丁寧な図までつけていただいて恐縮です。
教えてくださった方法で工作してみます。
折り畳みサポート金具、こんなものあるんですね。いいですねこれ。

いろいろ工作のアイデア考えるのって楽しいですね。

お礼日時:2015/02/21 20:18

固定方法はそのままでいいのではないですか?


あとは棚板の固定に合わせて 棚板の下に横一文字に棚受けを取り付ける(1x4材を縦に半分にカット(半割)してもらって横方向に棚の下側に付けて2X4にも縫い付ける。)

モニターを止めている1X4材と棚板に取り付けた半割りも縦方向に 縫い付ける。
コーススレット35mmで十分固定できます。

ほとんどの荷重は垂直にかかるのでディアウォールにかかる負荷はさほど心配することはない。
画像は 私のベッドに取り付けたTV
足元はベッドのサイドの枠を利用してボルトで半固定 頭上に持って行ったり お腹の上あたりまで動かせるようにした簡易のTV台  主体は1X4材でL部分だけ補強のために2X4材を使いました。
5年ほど毎晩活躍してくれています。

ただ今回の最大の問題は ディアウォールを立ち上げた状態でモニターが固定できるかどうか・・・
それさえクリアできれば 私の素人細工でも十分用をなしているのですから問題はないと思いますよ。
「2x4材にモニタ2台と天板の固定方法」の回答画像3
    • good
    • 0

仕事してるのは、短い1×4が1本ですね。

手前の1×4の短いのと長いの2本は2×4が良いのではないでしょうか?
端から中心へ向かって斜めに補強する1×4を追加した方が良さそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
やっぱり柱一本でワンバイだと心配ですね。
斜め補強するのもよさそうですが、No.1の方のように柱を2本設置する方法で行きたいと思います。

お礼日時:2015/02/21 17:02

柱一本では無理です。


↑    □      テコの原理で、端にちょっと触れただけで柱に
↓ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 大きなねじり応力がかかって柱がずれていきます。
 必ず二本立てましょう。

 柱は厚さが2インチありますので、加工していったん板を埋めれば左右の倒れも確実に防止できます。この場合は25mm~32mmの小さな木ビスで十分です。
 棚受けは通常のものでよいでしょうが、スライド棚にすると高さ調整ができます。
 ⇒斜めに棚をつけるには - DIY(日曜大工) | 教えて!goo( https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8921080.html )
 にメーカー(スリーナイン島野)を説明してあります。

 棚板も物が落ちないように凹加工をして、棚ブレを防ぐ役割を持たせます。
「2x4材にモニタ2台と天板の固定方法」の回答画像1
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
やはり一本では難しいですか。モニタだけだったら動かすことないんで、なんとかなりそうな雰囲気ですが、やはり机もとなると荷重かかっちゃいますよねぇ。
天板は90cmの長さなんですが、棚受けは両端のみで大丈夫でしょうか。
柱の切り欠き加工はノコギリでやるんでしょうか。手持ちの電動工具は電気ドライバードリルと、電気トリマーです。

お礼日時:2015/02/21 16:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q木材の耐荷重(?)について

ツーバイ材(SPF)を使って、テレビの台を作ろうと
思っています。
今寸法等、材料等を考えているのですが、一つ疑問が出てきました。
SPFのツーバイ材やワンバイ材の耐荷重というのでしょうか?
何キロまで耐えられるというデータはあるものなのでしょうか?
たとえば、1800mmの1×4材で両端を台の上に置いた時、
中心に何キロまでかけると折れるとか??

テレビを置く棚の部分をツーバイを使うかワンバイでもいいもの
なのか考えているのですが、答えが出ません。
ちなみに、テレビは28型ブラウン管で40Kgくらいの
重さがあります。
テレビの高さを高くしたいため、800×600×1100
くらいの台を作ろうと思っています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ざっと考えて見ましょうか。
まず、必要な耐荷重ですけど、40kgを載せるのであればその2倍の80kgは欲しいです。(安全率2)
次に棚板のようなものは破壊してしまう強度よりもたわむ量が問題になることが多いので、たわみ量で考えます。
いま、Lだけ離れた2つの支点に支えられた板(厚みh,幅b)の中心にWの荷重を掛けた場合のたわみ量yは、

y=W×(L^3)/(4E×b×h^3)

です。Eはヤング率でパインだと大体E=75000kgf/cm^2なので、1x4材で考えると、h=1.9cm、b=9cm、L=180cm、W=80kgfと入れると、y=25cm...折れてますね。
仮にL=100cmとしましょうか。それでも4.3cmだからNGですね。
2x4材を複数連結して奥行き方向を確保するとすれば、bを90cmとして、10倍になるから、0.43cmとなり4.3mmですがやはりこんなにたわんではだめですね。

故にスパンL=100cm程度を前提に考えると(テレビの通常のサイズからスパンを仮定)、1x4では役不足という結論になります。ちなみに厚みhは3乗でききますから、2x4にすると、一本でも5.4mm、10本ならば0.5mmとまともな範囲になります。

上記はあくまでラフな計算上ということで。でも覚えておくと使えますよ。

ただご質問ではテレビ台ですから背面からの支えがあるので、上記よりはるかに強度が出ますから1x4でもいけるかもしれません。(やり方による)

ざっと考えて見ましょうか。
まず、必要な耐荷重ですけど、40kgを載せるのであればその2倍の80kgは欲しいです。(安全率2)
次に棚板のようなものは破壊してしまう強度よりもたわむ量が問題になることが多いので、たわみ量で考えます。
いま、Lだけ離れた2つの支点に支えられた板(厚みh,幅b)の中心にWの荷重を掛けた場合のたわみ量yは、

y=W×(L^3)/(4E×b×h^3)

です。Eはヤング率でパインだと大体E=75000kgf/cm^2なので、1x4材で考えると、h=1...続きを読む

Q2×4同士を結合するには?

ホームセンターなどで「2×4」という木材が売られていますが、あれは何の樹なんでしょうか?

それはさておき、この木材同士を結合する場合、どうするのが一番綺麗に結合できますか?

以前10cm?くらいの長さのネジで固定しようとしたらネジをねじ込む度に木材にヒビが入りどんどん広がってしまいました。
これを改善するには電工ドリルで穴を開けてからネジをねじ込むのがいいのでしょうか?

もしそうならどのくらいの太さのネジ穴を開けるのがいいのでしょうか?
あと穴の深さもどのくらいがいいのでしょうか?10cmなら9cmくらいの穴でしょうか?

それから接合部はボンド(強力接着剤?)を塗って乾燥させてからの方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

>ホームセンターなどで「2×4」という木材が売られていますが、あれは何の樹なんでしょうか?

現在、2×材で最も多く使われている樹種は、「SPF(エスピーエフ)」と呼ばれるものです。
スプルース(Spruce、米トウヒ)、パイン(Pine、マツ類)、ファー(Fir、モミ類)などの常緑針葉樹の総称で、いずれも成長が早く加工がしやすいことから、建築材である2×4材に適しているとして昔から使われてきました。主産地はカナダ、アメリカ。

また、 「ホワイトウッド」と呼ばれる北欧・スウェーデン産のものもあります。

ということで、特定の木ではないんです。

>以前10cm?くらいの長さのネジで固定しようとしたらネジをねじ込む度に木材にヒビが入りどんどん広がってしまいました。
これを改善するには電工ドリルで穴を開けてからネジをねじ込むのがいいのでしょうか?

その時、どんなビスを使ったか分からないのですが、今は、細ビス(スリムビス)というのがあって、割れにくくなっています。 それでも、固い木の場合は、ビスの太さ(この大きさは、メーカーが表示してあるサイズ 例 3.9 × 90)マイナス1ミリ位の下穴をあけると、まず割れないです。 ネジを実際に測るなら、ネジ山を切ってないところの太さマイナス0.2から0.3位かな。(経験的に)

> あと穴の深さもどのくらいがいいのでしょうか?10cmなら9cmくらいの穴でしょうか?

本当に固い木の場合は、ビスの長さより少し深くです。 しかし、2×4材なら、そこまで必要ないです。 

>10cmなら9cmくらいの穴でしょうか?

これだけあければ、十分すぎると思います。

>それから接合部はボンド(強力接着剤?)を塗って乾燥させてからの方がいいのでしょうか?

私なら、そうします。 下穴をあけるにしても、ビスを打つにしても、木がずれず、簡単だと思います。 ボンドですが、速乾性の木工ボンドでいいのではないでしょうか? 十分だと思います。 質問者様が、どれほどの強度を欲しいかにもよるでしょうが・・。

以上、経験的に書きましたが、参考まで。

>ホームセンターなどで「2×4」という木材が売られていますが、あれは何の樹なんでしょうか?

現在、2×材で最も多く使われている樹種は、「SPF(エスピーエフ)」と呼ばれるものです。
スプルース(Spruce、米トウヒ)、パイン(Pine、マツ類)、ファー(Fir、モミ類)などの常緑針葉樹の総称で、いずれも成長が早く加工がしやすいことから、建築材である2×4材に適しているとして昔から使われてきました。主産地はカナダ、アメリカ。

また、 「ホワイトウッド」と呼ばれる北欧・スウェーデン産のものもあ...続きを読む

QTVケーブルが邪魔。無線化は可能ですか。

よろしくお願いいたします。

現在、壁からTVへ同軸ケーブルで接続しております。
TVの移動に伴い、ケーブルが邪魔になってしまいました。
無線で可能かと思い調べてみたのですが、
「PCと一緒に」的なものしか分からず、ここへ相談した次第です。

あくまでTVのみの使用と考えて(PC無し)、
壁からTV間の同軸ケーブルを無線化することは可能なのでしょうか。
(家庭用のルータ程度なら、無線機器を設置するスペースはあります。)

TVの型番は
HITACHI WOOO
L32-WP03
という物です。

以上から、何か良い案、物はございますでしょうか。(コスト低いと嬉しいです)

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

地デジ電波やBS/CS電波の再送出(再送信)は電波法にて免許が必要と定められているため、基本的にはそのような製品はありません。

ただ、UHFであれば、ブースターに微弱電波再送信機能(微弱であるため免許不要)が搭載されているものがあったりもしますので、それを使用してTV側に室内アンテナをつければ、「運が良ければ映る」かもしれません。
運が良ければ映る、というのは、この製品でも良好な受信を得ようと思ったらこのブースターから1m以内に受信側があることが望ましいからです。
しかも、これも対応しているのはUHFのみですので、BS/CSは視聴できません。
製品の例 EXEMODE VHF/UHFブースター B660
http://www.exemode.com/product-exe/tv/b660.html

諦めて、「細くて取り回しのいいケーブル」等を使用するしかないでしょう。
参考 http://www2.elecom.co.jp/avd/cable/av-atls/

以上、ご参考まで。

Q石膏ボードへの棚板の取り付け

石膏ボードにボードアンカー等で棚板を取り付けたいのですが、
ネットで色々と調べていると耐荷重が心配です。

L字のブラケットを2ヶ所取り付けて119×28cm、3キロの棚板を設置するのですが、ボードアンカーでも大丈夫でしょうか?
収納用に取り付けたい棚なので、できるだけ色々と載せたいのですが、棚板の耐荷重が20キロまでなので、ブラケットの重さも合わせて30キロ程の荷重がかかるかと思います。ブラケットには1本に2ヶ所ビスを止める穴があります。
電動ドリルも持っていないので、できればドライバーで取り付けられるものがいいのですが、どうしても必要なら安価なドリルを買うつもりです。

他にも8キロほどの大きな鏡も吊り下げたいのですが、こちらは1箇所しか支えるところがありません。

下地探し器を買って下地に止めることも考えていますが、取り付け位置はある程度限られているので、下地の間隔が離れていると厳しいです。下地は通常どの程度のスパンで有るのでしょう?

Aベストアンサー

No.3です。みらる4への補足を受けて

 石膏ボードは、全体に荷重がかかる場合は結構強いのですが、一点に荷重が集中するととても弱いのです。
 引き抜きに関しては、裏の柱(スタッド)にビス止めすることで対応します。
 押し付けに関しては、面で支える
が基本です。
 →吉野石膏 | 工法紹介 | 一般的な壁・天井工法 | 木造壁・天井下地、鋼製壁・天井下地 ( http://yoshino-gypsum.com/kouhou/ippan/index.html )

 No.3で回答したのは、それを踏まえてのことです。棚に荷重がかかったとき可能な限り面でそれを受ける事になりますが、棚受けが下にあると棚受けの足が図のようにめり込みます。それを防ぐために板をあてがうと不細工です。そのため、棚受けを逆さにして棚全体の板をつけるのです。同時に棚受けの取り付け横位置の制約が少なくなったり、壁の汚れ防止にもなります。

 また、荷重を天井の回り縁や下地材で受けると同時に、支点-力点の距離と支点-作用点の差を小さくして壁にかかる押し付け圧力を提言するためです。(右上の図)

No.3です。みらる4への補足を受けて

 石膏ボードは、全体に荷重がかかる場合は結構強いのですが、一点に荷重が集中するととても弱いのです。
 引き抜きに関しては、裏の柱(スタッド)にビス止めすることで対応します。
 押し付けに関しては、面で支える
が基本です。
 →吉野石膏 | 工法紹介 | 一般的な壁・天井工法 | 木造壁・天井下地、鋼製壁・天井下地 ( http://yoshino-gypsum.com/kouhou/ippan/index.html )

 No.3で回答したのは、それを踏まえてのことです。棚に荷重がかかったとき可能な限り面でそ...続きを読む

Qコースレッドの下穴の太さ深さは?

初心者ですが、ウッドデッキを製作中です。

そこで質問ですが、コースレッドを打ち付けるのに、下穴の太さのサイズはどのくらいが適切なのでしょうか。
またどのくらいの深さまで下穴を開けるべきなのでしょうか。

購入したコースレッドは太さ4.2mm×長さ75mmです。
木材は、ウエスタンレッドシダーです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

DIY木工初心者です

ソフトウッドの場合下穴が無くても打ち込めますが
正確に打つ必要がある場合には下穴を開けるのが
基本だと思っています。
(ドリルが2個あれば、そんなに手間だとは感じないし)

私の場合、目立たないところはそのまま打ちますが
目立つ場所は、SPFやWRCの時は少なくとも上側の
材は下穴を開け皿面取りしてから深く入り過ぎないよう
慎重に打ち込んでいます。

この方がネジの頭の周辺にささくれが出来にくく
綺麗に仕上がると思うのと、最後の締め付けで
材の間に隙間が出来るのを防ぐつもりです。

下穴のサイズと深さについては自信はありませんが
ソフトウッドに4.2ミリのコースレッドなら3ミリ程度の
太さでいいように感じます。(緩くなると困るし)

ただプロの方なら「そんね事やってられねー」と
そのままバリバリ打ち込むでしょうね。

Qねじが外に出ない木材の固定方法

こんばんは。
最近DIYでベンチや机を作ったりしています。

いつも悩むことがあるのですが、
ねじが外側に出ないように木材を
とめるにはどうしたらいいのでしょうか?

たとえば、1x4材をロの字に固定したいと思ったときに、
そのまま木ねじを使ってとめていくと、ねじ頭がどうしても
外に出て残ってしまいます。
問題ない場合もありますが、室内で使う場合には
床に傷がつくので、これではNGです。

また、テーブルを作るときにも、天板を上からねじでとめては
天板にねじ頭が出てしまいます。こういったケースもどのように
避ければいいのでしょうか?
L字金具もありますが、見た目にあまり美しくないので
そういったものが外に出ないで固定する方法がないのか
頭を悩ませています。

あとは木工用ボンドでしょうか…?
いい方法があればご教授願います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ドリルでネジや釘の頭と同じぐらいの径の穴を前もって浅く彫っておき、そこにネジや釘を打ち、その上から穴よりほんの少し太く、木の丸棒を打ち込み(接着剤を塗っておくと良い)、棒の頭を板と(あるいは板を棒の頭と)面一に削って平らに仕上げます。
紙やすりは当て木をしないと平らに仕上がりません。
ダボ
http://www.k2.dion.ne.jp/~kawasemi/dabomake.htm

昔学校の机や椅子が木製だった頃、全てこのやり方で仕上げてありました。

接着と併用ですがダボ接ぎというのもあります。
http://www.diymates.com/make/dabo.htm

Qダイニングテーブル 天板の連結、反り止めについて

DIY初心者です。
ダイニングテーブルを自作しようとしています。

3枚の板を連結して天板にし、既製品の脚の上に、のせる予定です。
板の連結、反り止めについて教えて頂けないでしょうか。

*脚 
Ikea LERBERG 架台
テーブルをのせる部分の長さは450mmです。
天板と板は、金具を買って固定する予定です。
http://www.ikea.com/jp/ja/catalog/products/30167791/

*天板
杉板(古材)3枚をつなげて、720×1100mmにします。
板一枚あたりのサイズ
厚35mm×幅240mm×長さ1100mm


天板となる3枚の板を連結&反り止めする目的で
下記の3つの方法を考えてみたのですが、どの方法が良いでしょうか。

①脚の内側に、「日」の字型に幕板を作成する。
 (幕板は2X4材くらいのサイズが良いでしょうか。)

②下記URLのような、反り止め用パーツのみで、3枚の板を連結させる。
 http://item.rakuten.co.jp/okamoku-s/10000779/

③ベニヤ板などの薄い板に、3枚の板を並べて固定する。

初心者なので、できるだけ簡単な方法が良いですが
安全に、長く使用できることを一番優先したいと思っています。

つたない説明で恐縮ですが、アドバイス頂けますと幸いです。
どうぞ宜しくお願い致します。

DIY初心者です。
ダイニングテーブルを自作しようとしています。

3枚の板を連結して天板にし、既製品の脚の上に、のせる予定です。
板の連結、反り止めについて教えて頂けないでしょうか。

*脚 
Ikea LERBERG 架台
テーブルをのせる部分の長さは450mmです。
天板と板は、金具を買って固定する予定です。
http://www.ikea.com/jp/ja/catalog/products/30167791/

*天板
杉板(古材)3枚をつなげて、720×1100mmにします。
板一枚あたりのサイズ
厚35mm×幅240mm×長さ1100mm


天板と...続きを読む

Aベストアンサー

ソリはある程度仕方がないですよ。
天板3枚のツナギにほぞを入れると良いんでしょうが、手間の割には効果はあまり期待できそうもないですね。

> ②下記URLのような、反り止め用パーツ
ナイスナな選択だと思います。でも、長さ700mmは欲しいし、高さも100mm欲しいですね。
ちょうど700mmの商品があるようなので、これですかね? もうちょっと外側ギリギリにネジが欲しいところですが、割れちゃうかな?

足が6本になるんで、ちゃんと足が設置できるか? この辺が難しいところですかね?

仮組みしてみて、一番ねじれが収まるようにするしかないですかね?
あとは自重でまっすぐなるのを期待するか…

> ①脚の内側に、「日」の字型に幕板(2X4材)を作成
これもナイスですが、天板側からビスを入れた方が確実です。でも、綺麗にするならダボで埋めるとか、後から修正できないとか、面倒な面もあります。

Q机の天板の厚さ

幅1800×奥行600~700程度の机を作ろうかと考えています。

その場合、天板の厚さはどのくらい必要ですか?
木材の種類によっても変わるとは思うのですが、
教えてください。

もうひとつ、
机はできれば梁を作らずに、天板は持たせたいのですが、梁をつくって持たせた方がよいのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

拝見しました。本職では有りませんが娘宅の流し台と対面する=その先にテーブルが有る様な調理台兼下は収納の様な台を作りました。

天板、立ち上がり、底板全て厚み30m奥行き5~60センチ横幅2M3~40センチでした。両立ち上がり間は2M弱だったと思いますが、天板の上に50Kg余の私が上がってもたわみなど知れたものでびくともしませんでした。

参考までに作った手順を下に記します。

上下とも両横(立ち上がり材)の入るきっちりの溝を5mmほど堀り直角に成るように嵌めます→天板・底板から(机ですから不要)下穴を開け(ビス止め穴を塞ぐ栓の入る穴を5mm深さ開けます)50~75mm位の茎4m位の細工ビス止めします。

設置位置の後ろが壁際でしたら後ろ面にベニヤ板張りが簡単です。私の場合は切れ端で一辺が15~20センチの二等辺三角形の物を二個作り後の方に天板と即板に直角を当てて先のようにビス止めしました。

仕上げはビス穴隠しをカンナで取りニス塗りです。我が家には上下二段両横は残材利用で40mmの柱四本横止めの先のようなやり方の台が有ります。

娘宅10年余自宅のが9年位びくともしないで使っています。

参考に成る所は取り入れられて良い物が出来ます事を願っています。

拝見しました。本職では有りませんが娘宅の流し台と対面する=その先にテーブルが有る様な調理台兼下は収納の様な台を作りました。

天板、立ち上がり、底板全て厚み30m奥行き5~60センチ横幅2M3~40センチでした。両立ち上がり間は2M弱だったと思いますが、天板の上に50Kg余の私が上がってもたわみなど知れたものでびくともしませんでした。

参考までに作った手順を下に記します。

上下とも両横(立ち上がり材)の入るきっちりの溝を5mmほど堀り直角に成るように嵌めます→天板・底板から...続きを読む

Qサブウーハーの設置場所

現在ディスプレイの内蔵スピーカーを使っているのですが、低音が全く出ないことやノイズが聞こえるため
安くて音が良くなる(?)ということでLogicoolのLS21を検討しているのですが、
ディスプレイを避けておくと、サブウーハーがどうしても右に行ってしまいます。

ここでサブウーハーはどこにおいても構わないと書いてあったのですが、
耳とスピーカーとの距離が70cmぐらいでも耳がつかれたり、音のバランスがおかしくなったりしませんか?
また、人の頭より上の場所に置いた場合はどうですか?

Aベストアンサー

>> ノイズが聞こえるため //

それは、ディスプレイのスピーカー固有の問題であることが確実ですか? パソコンの音声出力自体にノイズが乗っている場合には、どのようなスピーカーを使っても同じです。

>> サブウーハーはどこにおいても構わない //

ある程度は正しく、ある程度は間違いです。

一般的に、高音は直進性が高く(指向性が強い)、低音は拡散しがちですから(指向性が弱い)、通常のステレオ配置のように、顔から等距離に置かなければならない、ということはありません。その限りでは、どこに置いても構いません。

しかし、メインスピーカーから離れすぎると、やはり音の出所がバラバラになって良くありません。たとえば、メインスピーカーが顔の正面100cmの位置にあるときに、サブウーファーだけ背中の真後ろ100cmの位置に置くのは良くありません。基本的には、メインスピーカーの近くに置くべきです。

特に、LS21のようなスピーカーのサブウーファーは、方向性の分かる音域まで再生しています(サテライトスピーカーの低域再生能力が皆無に等しいから)。本格的なサブウーファー(20cmとか30cmとかのユニットが付いていて20kgくらいある、10万円以上するようなマニア向けの高級品)とは事情が異なります。したがって、「サブウーファーなら何でも方向性が分からない」というのは、正しくありません。

また、壁際に近づけたり、狭いところに押し込んだりすると、音波の放射状態が変わります。そのため、特定の音域だけ強調されたり、弱まったりして音質が劣化します。机と壁の隙間に押し込むとか、机の下の足が入るスペースに押し込んだりするのは、ベストの配置ではありません(そういう置き方でベストの音質になるように設計することはできますが、あまり一般的な設計ではありません)。

>> 耳とスピーカーとの距離が70cmぐらいでも耳がつかれたり、音のバランスがおかしくなったりしませんか? //

音量が適切であれば、耳が疲れることはありません。しかし、店頭で聞く限り、LS21(に限らず、いわゆるPC用スピーカーは9割方そうですが)の音はかなり歪みっぽいので、本格的なミニコンポなどの音に比べれば疲れやすい音だといえるでしょう。

>> 人の頭より上の場所に置いた場合はどうですか? //

上記の通り、低音は指向性が弱いので、顔より高い位置に置くことが即ダメだということにはなりません。

しかし、一般的に、顔より高い位置にある棚は、床からの距離が長いので、重心が高くて不安定になります。支点(=床)から重心の距離が長いほど不安定になりますから、その意味で、高い位置にサブウーファーを置くのは音質面で不利になります。具体的には、低音が不明瞭になったり、特定の音域で強調されたり弱められたりして、不自然な音になります。一般論としては、頑丈な床の上に置くのが望ましいということになります。

したがって、

(1) サテライトスピーカーは、ディスプレイをはさむようにして左右等距離、同じ高さになるように設置する。

(2) サブウーファーは、机の上が広く、机自体が頑丈なら左右どちらかのサテライトスピーカーのすぐ隣に置くのが良い。

(3) 机の上に置けないなら、床の上で、できるだけサテライトスピーカーに近い位置に置く。ただし、狭いところに押し込まないように注意する。

(4) 床がカーペットや畳で軟弱なときは、分厚い木の板などを敷いて補強した方が良い。棚の上に載せる場合で、棚板が軟弱な場合も同様。

(5) 指で押してすぐにたわむような軟弱な棚の上には載せない方が良い。

ということになります。

なお、サブウーファーは、耳を近づけてもあまり鳴っている感じがしない程度に設定するのが正しい状態です。サブウーファーだけでもボンボン鳴っているのは、音量が大きすぎで、正しくありません(店頭ではそういう音量設定になっていることが多いですが、店頭は空間が広いので低音が拡散してしまい、迫力がなくなるので、そういう設定になってしまいます)。

>> ノイズが聞こえるため //

それは、ディスプレイのスピーカー固有の問題であることが確実ですか? パソコンの音声出力自体にノイズが乗っている場合には、どのようなスピーカーを使っても同じです。

>> サブウーハーはどこにおいても構わない //

ある程度は正しく、ある程度は間違いです。

一般的に、高音は直進性が高く(指向性が強い)、低音は拡散しがちですから(指向性が弱い)、通常のステレオ配置のように、顔から等距離に置かなければならない、ということはありません。その限りでは、ど...続きを読む

Qサブウーファーの置く位置

初歩的な質問で申し訳無いんですがサブウーファーというものを初めて使います。

環境的に、今はプリメインアンプに左右のスピーカー、という状態ですが、
そこにサブウーファーを追加しようとしているんですが、
サブウーファーは(左右スピーカーに対して)どういう位置に置いたらいいんでしょうか?

Aベストアンサー

基本的には、No.1の回答者が指摘されているように、できれば左右のスピーカーの近くに置くのが望ましいといえるでしょう。

その際、左右いずれかのスピーカーの外側ではなく、両者の間(必ずしも中央である必要はない)に置いた方が、より望ましいといえます。外側に置かざるを得ない場合でも、離れすぎない方がベターです。

サブウーファーを、部屋の壁際やコーナーに置くのは、あまり良くありません。現代のスピーカーは、フリースタンディング、つまり前後左右に何もない状態で鳴らすことを前提に設計されており、壁際に寄せると音波の放射状態などが変わってしまって、音質に影響するからです(もともと壁際に寄せて使うことを前提としているサブウーファーについては、もちろん、この限りではありません。なお、ベテランになると壁との距離を調整して音質調整をする人もいますが、壁際に寄せることが常にベストであるとはいえません)。

また、サブウーファーの場合、壁との角度はほとんど関係ありません。なぜなら、低音は指向性(直進性)が弱いという特徴があるので、そもそも「角度」に意味がないからです。単純にいえば、高音は懐中電灯の光、低音は裸電球の光と思えば良く、サブウーファーの角度に意味がないのは、裸電球をどの角度から見ても意味がないのと同じです。

なお、上で「ベテランになると壁との距離を調整して音質調整をする人もいる」と書きましたが、実際にはこれがいちばん重要です。専門的には「定在波」というものがあって、壁との距離の調整は、これを上手くコントロールするものだからです。

したがって、結論的には、

(1) 左右のスピーカーの間に置くのがベストだが、壁(や家具。以下同じ)に密着してしまうなら別の場所を探した方が良い場合もある。

(2) 間に置けない場合は、左右いずれかのスピーカーのすぐ外側がベストだが、壁に密着してしまうなら別の場所を探した方が良い場合もある。

(3) 壁との距離は、実際に音を聞きながら良い位置を探す。基本的に、壁際や、特に部屋のコーナーは良くないことが多い(多いだけで、絶対にダメという訳ではない)。

(4) サブウーファーの角度は、あまり関係がない(もっとも、角度を変えるとユニットやポートの位置が変わるので、場所を動かしたのと同じく壁との距離が変わる、という意味では関係する)。

基本的には、No.1の回答者が指摘されているように、できれば左右のスピーカーの近くに置くのが望ましいといえるでしょう。

その際、左右いずれかのスピーカーの外側ではなく、両者の間(必ずしも中央である必要はない)に置いた方が、より望ましいといえます。外側に置かざるを得ない場合でも、離れすぎない方がベターです。

サブウーファーを、部屋の壁際やコーナーに置くのは、あまり良くありません。現代のスピーカーは、フリースタンディング、つまり前後左右に何もない状態で鳴らすことを前提に設計さ...続きを読む


人気Q&Aランキング