出産前後の痔にはご注意!

はじめまして、教えてください。

現在、一軒家にて電気メーターの前後(引込線⇔電気メーター間と電気メータ⇔アンペアブレーカ間)の幹線ケーブルにおいて、VV 3C 8Sqを使用してブレーカーは単相三線50Aを使用しています。

これを60Aに契約変更して問題ないでしょうか?
それとも、幹線ケーブルの張替が必要になりますでしょうか?

ちなみに、幹線ケーブルは屋根裏を通っています。

質問者からの補足コメント

  • ご回答ありがとうございます。
    電力会社は東電です。

    単三ブレーカ50Aは東電のブレーカー(茶色)を指しています。
    (その配下に漏電ブレーカー60Aがついていますが・・・。)

    No.2の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2015/03/17 13:56

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>ブレーカーは単相三線50Aを…



主開閉器ですか、電流制限器ですか。

電力会社は全国一社ではありませんから、この種のお話は電力会社名を明記しないと的を射た回答にはならないことがあります。

関西、中国、四国、沖縄電力管内の方なら、8mm2 で 50A のブレーカー (主開閉器) 自体が誤り。

その他の電力管内の方で、電力会社のマークが付いたブレーカー (電流制限器) が 50A なら、ごくふつうにある話。
その他の電力管内の方でも、電力会社のマークが付いたブレーカーはない契約なら、やはり 8mm2 で 50A は誤り。

>これを60Aに契約変更して問題ないでしょうか…

その他の電力管内の方で、電力会社のマークが付いたブレーカー (電流制限器) が 50A の場合のみ、そのまま 60A にして特に問題はないでしょう。
ただ、電線の長さが極端に長いのなら電圧降下を起こしますので、1段太いものへ張り替えが必要になることもあり得ます。
この回答への補足あり
    • good
    • 8
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

東電に電話をしたら、50A→60Aへの変更をすんなりしてくれました。

自分なりに調べたら東電のアンペアブレーカーは両方の相の合計が60Aを超えた時に落ちる物の様で、単相三線の場合、両方の相の平衡が保たれていれば「L1-N=30A、L2-N=30A、合計60A」まではブレーカが落ちず、さらに「VV 3C 8sq」の許容電流42Aも超えないため問題がないという事が分かりました。
だから、片寄せをしていない限り東電は60AがOKなんですね。

ちなみに、関西電力等はアンペアブレーカーではなく自前で用意する主幹ブレーカーというやつで、仮に50Aのブレーカーだった場合片相のどちらかが50Aを超えた時に落ちる物の様で、逆に言えば「L1-N=50A、L2-N=50A、合計100A」まではブレーカーが落ちないから、「VV 3C 8sq」では無理という事で理解できました。

お礼日時:2015/03/18 01:47

#1です


東京電力ですか
こちらの東京電力のホームページで引込口配線(幹線)の電線太さが載っています
http://www.tepco.co.jp/service/custom/koujiten/k …

これによると、引き込み口配線の電線の太さ(推奨)
電気給湯器なしの場合、引込口配線Bになるので
40A・・・VVケーブル8Sq、CVケーブル8Sq
50A・・・VVケーブル14Sq、CVケーブル8Sq
60A・・・VVケーブル14Sq、CVケーブル8Sq
となっています、給湯器ありなどの場合は表を参考にしてください
電気給湯器なしの場合、VVケーブル8Sqであれば40Aまでのようですね
VVケーブルよりCVケーブルの方が許容電流は大きく、ワンサイズ細く出来る場合があります

8Sqの許容電流が61Aと書いている方がいますが、がいし引き配線なのでしょうか?
    • good
    • 3

幹線ケーブルが8Sqとの事ですので許容電流は61Aとなります。

東電の場合60Aまでの契約ができますが分電盤内の配線を変えなければならないかも知れません、いずれにしても電力会社にご相談してみることです、幹線ケーブルの変更は必要ないかもしれません。
    • good
    • 2

VVケーブル3C-8Sqの許容電流は42Aで、14Sqで61Aです


CVケーブルなら8Sqで54A,14Sqで76A
http://www.furukawa.co.jp/tukuru/pdf/densetu/pdf …

現在VVケーブル8Sqで50Aですか?
内線規程の幹線設計では8Sqは40Aまで、14Sqで60Aまでとなっています
http://www.kawamura.co.jp/electric/faq/pdf/ho_na …

60Aに容量変更するのであれば、14Sqのケーブルに張り替えが必要です
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電線の太さについて

電線の太さについて教えてください。家庭の分電盤のメインのブレーカーのサイズアップは電線の太さによって上限が異なる事は分かったのですが、電線の具体的なサイズを教えてください。
40A,50A,60A,6KVA?,8KVA,10KVA,15KVAに対するメインのブレーカーに入る電線のサイズです。単相3線式です。
またサイズアップする場合どのような場合にメーターの交換や引き込み線?(電柱からメーター)の交換が必要になるのでしょうか?具体的な数値などがあればぜひ知りたいのですがよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

まず、電力会社は全国一社ではありませんから、この種のご質問には電力会社名を書かないと、的確な回答ができないことをお断りしておきます。

>40A,50A,60A,6KVA?,8KVA,10KVA,15KVAに対するメインのブレーカーに入る電線…

「40A,50A,60A」が、北海道、東北、東京、北陸、中部、九州電力管内で言う「契約電流」なら、いずれも最低 8mm2。
「40A,50A,60A」が、「主開閉器」を指すのであれば、40Aは 8mm2、50A、60Aは 14mm2。

要するに、不平衡率 40%における一線電流の直近上位ということです。
6KVA → 36A → 8mm2
8KVA → 48A → 14mm2
10KVA → 60A → 14mm2
15KVA → 90A → 38mm2

上記はいずれも、
(1) 長さが短い場合。長ければ 1段、2段アップになることはある。
(2) VVケーブルまたは IV銭を金属管、ビニル管等に収める場合。

>サイズアップする場合どのような場合にメーターの交換や引き込み線?(電柱からメーター)の交換が必要になるのでしょうか…

メーターや引き込み線は、契約容量により決まります。
お客さんの都合で電線を太くしても、契約容量が変わらなければ、メーターが大きくなったり、引き込み線が太くなったりすることはありません。

逆に、引き込み線がうーんと長く通常より太くなる場合、それに合わせて引き込み口配線も太くすることが求められることはあります。

まず、電力会社は全国一社ではありませんから、この種のご質問には電力会社名を書かないと、的確な回答ができないことをお断りしておきます。

>40A,50A,60A,6KVA?,8KVA,10KVA,15KVAに対するメインのブレーカーに入る電線…

「40A,50A,60A」が、北海道、東北、東京、北陸、中部、九州電力管内で言う「契約電流」なら、いずれも最低 8mm2。
「40A,50A,60A」が、「主開閉器」を指すのであれば、40Aは 8mm2、50A、60Aは 14mm2。

要するに、不平衡率 40%における一線電流の直近上位ということです。
6KVA → ...続きを読む

Qケーブルの太さの選択について

はじめまして電気屋に勤めたばかりの電気屋の卵です。
(1)ケーブルの選択について教えていただきたいのですが、リミッターを40Aから60Aに変更したい場合、引込み口配線の太さが問題になって来ると思うのですが、許容電流表と照らし合わせてみると、VVケーブル 断面積 5.5mm2の場合 3心1条布設で 28A となっているのですが、 断面積 5.5mm2のケーブルではリミッターを60Aには変更できないということでしょうか?
(2)50Aなら可能でしょうか
(3)また許容電流表の見方として、5.5mm2の場合 3心1条布設 28Aとは  56A (28A×28A)までは電気を流せるということでしょうか。許容電流表の見方も理解したいと思っております。
私の会社は今まで容変工事は他社にお願いしていたのですが、オールデンカを希望する方が増えてきていまして、現場レベルでの即回答が必要になり、本来なら勉強してからお聞きすべきですが、ご教授宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

工事を他社に依頼しているのであれば、依頼先の基準にしたがって回答して下さい。
貴方の回答と工事内容が異なると問題になります。
知識が必要なら「内線規定」の購入をお勧めします。
基本的な考え方は・・・
分電盤についている配線用遮断器(ブレーカー)や漏電遮断器(漏電ブレーカー)は、1極でもトリップ電流を超える電流が流れるとトリップ(遮断)します。
たとえば50Aならどの電線でも50Aを超えれば切れます。(逆に言えば各相に50Aずつ流れても切れません)
リミッターは電力会社が取り付ける特殊なブレーカーで電力会社によって呼び方が異なり「サービスブレーカー」などと呼ぶこともあります。
リミッターは、全部の極に流れる電流の合計がトリップ電流になります。
単相三線3P50Aのリミッターであれば、R=25A、N=0A、T=25Aまで流せることになります。
このような違いがあるため、たいていは、(分電盤主幹ブレーカートリップ電流)=<(リミッター電流÷2)の関係で使用されます。
電線の許容電流は、一本の電線を30℃の空中に浮かし、他からの熱の影響を受けない状態で、導体の発熱温度が被覆の絶縁物の許容温度に以内になる電流値です。
(絶縁物の許容温度はビニルなどの60℃が基準)
一般的には
周囲温度が30℃より高ければ許容電流を小さくしなければならない。
束ねた時のように他の電線の熱の影響を受ける場合(放熱が悪くなる)は、許容電流を小さくしなければならない。
(多芯ケーブルや管内敷設など)
被覆している絶縁物の許容温度が高いと許容電流を大きくできる。
(合成ゴムやポリエチレンなどは許容温度が高い)
従って
リミッターの場合はリミッター電流の1/2、ブレーカーならトリップ電流以上の許容電流を持つ電線またはケーブルを用いれば良いのです。
このほかには短絡からの保護や電圧降下などを考慮する必要があります。

工事を他社に依頼しているのであれば、依頼先の基準にしたがって回答して下さい。
貴方の回答と工事内容が異なると問題になります。
知識が必要なら「内線規定」の購入をお勧めします。
基本的な考え方は・・・
分電盤についている配線用遮断器(ブレーカー)や漏電遮断器(漏電ブレーカー)は、1極でもトリップ電流を超える電流が流れるとトリップ(遮断)します。
たとえば50Aならどの電線でも50Aを超えれば切れます。(逆に言えば各相に50Aずつ流れても切れません)
リミッターは電力会社が取り付ける特...続きを読む

Q電線の許容電流について(CV3線8□)

一般住宅の電気の幹線でよく使われる8□(8mm2)の電線ですが、
CV(3線)だと許容電流はいくつですか?
単相3線式の場合だと、契約はいくつまで大丈夫できますか?

CVではなく普通の電線(SV)だとどうなりますか?

また14□でも教えてください。

Aベストアンサー

>CV(3線)だと許容電流はいくつですか…

『内線規程』JEAC8001-1995による、管路引き入れ式の場合の許容電流です。
8mm2=46A、14mm2=63A

>普通の電線(SV)だとどうなりますか…

8mm2=42A、14mm2=61A

>単相3線式の場合だと、契約はいくつまで…

単三不平効率を40%とするなら、
CV8mm2=7kW、CV14mm2=10kW
SV8mm2=7kW、SV14mm2=10kW

ほかに、電圧降下を考慮する必要があります。電線こう長が長ければ、契約容量の最大値は、上記の数字より小さくなります。

なお、CV電線の架橋ポリエチレンは、紫外線に弱くすぐ被覆がボロボロになってしまいます。住宅の引き込み口には、SV電線をお薦めします。

Qブレーカー容量のだしかた

ブレーカーの定格電流のだしかたを教えていただきたいのですが?
単相100/200Vのときと、三相200Vのときです。
例えば20Kwのときはどうすればいいのでしょうか?のように例えを入れてくだされば幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>12000/(200/1.732)=34.64Aでいいのでしょうか?このような場合ブレーカー容量は40Aでいいのでしょうか…

ブレーカー容量は電線の太さで決まり、電線の太さは許容電流と電圧降下で決まります。
許容される電圧降下を1%とすれば、電線こう長12mまでVVケーブル8mm2でよく、ブレーカーは40Aです。
電線こう長が12mを超え21mまでなら14mm2で50A、21mを超え33mまでなら22mm2で75Aとなります。
電圧降下が2%とか3%とかまで許されるなら、電線こう長はそれぞれ2倍、3倍となります。

Q分電盤のELBブレーカーの容量と電線太さについて

詳しい方ご教授ください。
表記の通りなのですが、このたび電力容量を増やすことになりました。
今現在40A契約で60A契約(リミッター有り)にしたいと思います。
分電盤を新規に交換予定です。
引き込み線ですが、VVR14mm2で分電盤まできております。
そこで質問なのですが
(1)引き込み線はVVR14mm2で60A問題ありませんか?
(2)分電盤購入する場合のELB容量は40A、50A、60A、75Aなどありますが、
 リミッター60Aがある場合75Aでも問題はありませんか?
 (知人から75AELBの分電盤を譲り受ける予定)

すみませんがよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

リミッターより、分電盤の主幹ELBのトリップ容量が大きくて良いかは、各電力会社の供給規定によりますが、通常は引き込み線の許容電流以上のトリップ容量は許可されないでしょう。
理由は、リミッターを取り外した場合、引き込み電線の過電流保護が出来なくなるからです。
現在、VVR14mm2だと言う事であれば、主幹ELBのトリップ容量は、単相3線式の場合60Aまでです。
75Aのトリップ容量の場合は、VVR22mm2以上が必要となります。
なお、60Aのリミッター契約の場合は、不平衡率40%で計算した場合は、1線最大電流は36Aとなるので、ELBのトリップ容量は、通常の使用であれば50Aでも問題ありません。
分電盤を交換する前に電力会社もしくは、電気工事会社に相談した方が良いでしょう。

Qcvケーブル8スケアで大丈夫ですか?

今年5月にオール電化として新築したのですが、現在60Aのブレーカが落ちてしまい100Aに変更しようとしたところ、知り合いの電気屋さんから引込み線の太さに問題ありとの指摘を受けました。住宅メーカは言い訳したり、問題ないと言っておりますが、実際8スケアで100A契約しても問題ないでしょうか。
ちなみに大まかな設備は、IHヒータ、エコキュートでの給湯、風呂、単相200の暖房時7.7KWのエアコン2台、3.2から5.2KWのエアコン4台、(暖房時)
エコは200Vで4.5KWです。
その他電子レンジ、冷蔵庫、等一般家電があります。
現在は200Vのエアコン1台とエコまたは何か重なってしまうとブレーカが落ちてしまいます。
単純に100A契約できますか?
住宅メーカと一緒にオール電化として進めてきたのに
現状の設備が使えないのは納得できません。
何方かお教えください。困っています。

Aベストアンサー

CV8スケアの許容電流は、周囲温度が40度の時、65アンペアです。
周囲温度を30度とすると許容電流は1.1倍になり、71.5アンペアになります。
一般住宅で使われている単相三線式100V/200Vでは、中性線に電流が流れないと想定し、この表の2心のところを見る事になっています。(参考URL参照)
許容電流は、配線方法(管に入れるか入れないか)によっても変わってくるため、正確には工事した電気工事店でないと分かりません。

エコキュートをどこで分岐させているかにもよりますが、現在の契約が60Aなのでしたら、CV8のままで、10kVA(主開閉器50A)の契約に変更可能です。

ただし、引き込み線(電柱から家までの線)の張り替えが必要な可能性があります。
その場合は電気工事店から電力会社に増設の申請を行うことによって、引き込み線の太さが足りなければ、電力会社負担で引き込み線を張り替える工事を行います。
その場合、電気工事店に申請をしてもらうために申請費用がかかります。
その他に主開閉器50Aの取付代等がかかる事が予想されます。
その費用をどこで持つかは話合いだと思います。

参考URL:http://www.kaikou.co.jp/densetsu/4.html

CV8スケアの許容電流は、周囲温度が40度の時、65アンペアです。
周囲温度を30度とすると許容電流は1.1倍になり、71.5アンペアになります。
一般住宅で使われている単相三線式100V/200Vでは、中性線に電流が流れないと想定し、この表の2心のところを見る事になっています。(参考URL参照)
許容電流は、配線方法(管に入れるか入れないか)によっても変わってくるため、正確には工事した電気工事店でないと分かりません。

エコキュートをどこで分岐させているかにもよりますが、現在の契約が60...続きを読む

Q契約電流を30Aから40Aに変更するのにかかる工事費用は?

契約電流を30Aから40Aに変更するのにかかる工事費用
についての質問です。

我が家は分電盤で3つの分岐回路に屋内配線されて
ます。ちなみに単相二線式100Vで200Vではありません。

問題はそれぞれの分岐回路に3台のエアコン(100V式)
があり、夏場に3台同時稼働させると決まって緑のブ
レーカーのスイッチが切れて家中が真っ暗になります
。パソコン使用時に切れると非常に困ります。

原因は30アンペア契約ですから3台のエアコンだけで
も使用電力が3,000Wを超えてる為と考えており当然の
事と思ってます。

そこで契約電流の30Aを40Aへ変更検討中です。

毎月支払う基本料金は30Aから40Aに変更すると260円
増えるのは覚悟なのですが、30Aから40Aに変更するの
に屋内の配線工事(3つから4つへの分岐回路変更)
をする必要があるのでしょうか?

いずれにせよどのくらい工事費用がかかるか一番
知りたい点です。噂によると30Aから40Aへの契約
変更になると約10万円位の費用がかかると聞いた
事があるのです。
以前、親から聞くと20Aから30Aに契約変更した時は
そんなに費用はかからなかったらしいのですが、
30Aから40Aへの変更になると工事が大変なので以前
より多額の費用がかかると言っております。
真相をお答え下さい。

契約電流を30Aから40Aに変更するのにかかる工事費用
についての質問です。

我が家は分電盤で3つの分岐回路に屋内配線されて
ます。ちなみに単相二線式100Vで200Vではありません。

問題はそれぞれの分岐回路に3台のエアコン(100V式)
があり、夏場に3台同時稼働させると決まって緑のブ
レーカーのスイッチが切れて家中が真っ暗になります
。パソコン使用時に切れると非常に困ります。

原因は30アンペア契約ですから3台のエアコンだけで
も使用電力が3,000Wを超えてる為と考えており当然の
事と...続きを読む

Aベストアンサー

現在は「単相二線式100Vで200Vではありません」とのことで、ある程度専門用語もお分かりになるのかと思います。

電気の供給方式には、単相 2線式と単相 3線式とがあります。20A以下は単相 2線式、40A以上は単相 3線式です。30Aはどちらでもよく、親御さんが「20Aから30Aに契約変更した時はそんなに費用はかからなかった」と言っておられるのはそのためです。

単相 3線式にするためには、電柱から建物までの引き込み線から直してこなければなりませんが、引き込み線は電力会社のもので、これは月々の基本料金のうちで張り替えてくれます。

引き込み線との接続点からメーターを通り、メーターから分電盤までの配線は、お客様の財産ですから、お客様の費用で張り替えなければなりません。

また、分電盤も単相3線式に取り替えなければなりません。

さらに、現在 3回路でエアコンが 3台とのことですが、エアコンは独立した回路にします。最低 6回路ぐらい必要ですが、将来の増設も考慮して、8~10回路の分電盤を備えておくとよいでしょう。

ここまでの費用ですが、建物の構造や大きさによって変わってきます。ここで具体的な金額は申し上げられませんが、10万円という数字は、当たらずとも遠からずとは言えるでしょう。

現在は「単相二線式100Vで200Vではありません」とのことで、ある程度専門用語もお分かりになるのかと思います。

電気の供給方式には、単相 2線式と単相 3線式とがあります。20A以下は単相 2線式、40A以上は単相 3線式です。30Aはどちらでもよく、親御さんが「20Aから30Aに契約変更した時はそんなに費用はかからなかった」と言っておられるのはそのためです。

単相 3線式にするためには、電柱から建物までの引き込み線から直してこなければなりませんが、引き込み線は電力会社のもので、これは月々の基本料金...続きを読む

Q漏電ブレーカーのアンペア数について

去年の4月に自宅を新築し、初めての冬を迎えました。自宅は3LDKです。オール電化で冬の暖房は、蓄熱式電気暖房機をリビングに1台で残りの部屋にエアコン各1台です。
しかし、リビングのエアコン(5.0KW)と寝室のエアコン(2.8KW)を付けただけでブレーカーが度々落ちてしまいます。
建築工事中に「契約アンペア数はどうしますか?」と建築屋さんに聞かれたので「60アんペア」と答え60アンペアだと思ってこの冬まで生活していました。
しかし、以前すんでいたアパートの40アンペア等と比べても、余りにもブレーカーが落ちる為に本当に60アンペアなのかと疑いを持ち、分電盤の漏電ブレーカーを見ると、「単3用 30A」と表示してあります。
漏電ブレーカーの品番は「河村電器産業株式会社 ZHS63-30TL-30」です。
上記のブレーカーを、素人目で見る限り30アンペアのような気がするのですが、詳しい方ぜひご教授ください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

電気工事店です。
契約アンペアを増やしたのに、以前よりブレーカーが落ちる。
よくある事ですね。
この現象は、リミッター契約している方がブレーカー契約に変更した場合に発生する事があります。条件次第では発生しない事もあります。
これは、お客様が契約の仕組みを理解していないために発生します。
丁寧な建築業者ならば電気工事店を経由して説明してくれますが、担当者が理解していない為にほとんどのお客様が説明を受けずに電力会社と契約しているのが現状です。
私とお付き合いしている建築業者の方は、全員理解してません。何度説明しても解らないようです。(説明が下手かもしれませんが・・・。)

回路の条件次第では、60A契約している方が80A(8kVA)や100A(10kVA)に変更するとブレーカーがよく落ちるようになります。
分電盤の負荷バランスを変えずに契約変更する場合は、150A(15kVA)にしないとブレーカーが落ちる現象は改善されません。
何で契約容量を増やしたのにブレーカーが落ちる様になるのか?
大きな疑問ですね。

質問者様が何処の電力会社と契約されているのか分かりませんが、東北電力管内について説明します。
電力の契約には、契約ブレーカーにより契約する場合と主開閉器により契約する場合の2種類があります。

*契約ブレーカーによる契約
 リミッターとも呼ばれるブレーカーで、ブレーカー本体に60とか30等と数字が書いています。60Aまでの契約の場合に東北電力から支給されます。通常は、分電盤の左側に取り付けられます。但し、オール電化の時間帯別契約の場合は60A以下の契約でもリミッターは原則として支給されません。
動作の特徴は、R相とT相の使用電流の合計値を制限する所にあります。
60Aの場合30+30、10+50、0+60といった具合です。
*主開閉器契約
 60Aを超える通常の従量電灯契約に適用されます。(80A、100A、120A、150A・・・)60Aを超える契約の場合は、東北電力からリミッターは支給されません。したがって、お客様の分電盤の主幹ブレーカー(主開閉器)により契約する事になります。屋外にブレーカーが設置されている場合は、そこが主開閉器になります。
主開閉器の動作の特徴は、一線あたりの電流値を制限する事です。
市販のブレーカーはこの方式です。

すいません、時間が無くなりました。だれかこの後をバトンタッチ願います。感の良い方ならここまでで解ると思いますが・・。

電気工事店です。
契約アンペアを増やしたのに、以前よりブレーカーが落ちる。
よくある事ですね。
この現象は、リミッター契約している方がブレーカー契約に変更した場合に発生する事があります。条件次第では発生しない事もあります。
これは、お客様が契約の仕組みを理解していないために発生します。
丁寧な建築業者ならば電気工事店を経由して説明してくれますが、担当者が理解していない為にほとんどのお客様が説明を受けずに電力会社と契約しているのが現状です。
私とお付き合いしている建築業者の...続きを読む

Q引き込み線の電線の太さ・種類について

単相2線式から、単相3線式へ引き込み線を張り替えるにあたり、一般的に使用されている電線の種類と太さを教えてください。ブレーカーは60Aです。

Aベストアンサー

引き込み線は電力会社のものです。
電力会社は全国一社ではありませんから、この種のご質問には電力会社名を書かないと、的確な回答はできません。

また、電線の太さは長さによっても変わってきます。
さらに、「60Aのブレーカ」が、リミッタなのか主開閉器なのかでも異なります。

Q引込線と分電盤のアンペアについて

関西電力のエリアです。
1次側・2次側共同じ配線という前提で引込線と分電盤のアンペアについてお聞きします

引き込み線の交換をする場合なんですけど
私はよくニュースラットケーブルの8と14と22をよく使います
その際の分電盤のメインブレーカーの大きさですが
電気屋さんはニュースラットケーブル14の場合60Aという具合に言うのですが違う電気屋さんは違う事を言います
家族構成や現場状況によって違うのは分かるのですが同じ現場でも違う事を言うのです
電気屋さんに根拠は?と訪ねても「いつもそうしてるから」という返事です。まぁ別にそれでも良いのですがお客様に説明したりする際に
いちいち電気屋さんに確認して返答するのではなくある程度は知っておきたいのです

たとえば100vで1500wの電子レンジ専用回路の場合
1500w÷100v=15A
なので15Aのブレカーという事は分かるのですが
じゃ配線は1.6それとも2ミリの配線なの?てな感じです
1.6でもいいけどなんかあったら困るので2ミリ じゃなくて
根拠が知りたいのです

経験と勘も非常に大事ですが知識として教えてください。
一覧表のURLとかあれば参考にしたいです
何に使うのか?によって変わってくるのは分かってます。

関西電力のエリアです。
1次側・2次側共同じ配線という前提で引込線と分電盤のアンペアについてお聞きします

引き込み線の交換をする場合なんですけど
私はよくニュースラットケーブルの8と14と22をよく使います
その際の分電盤のメインブレーカーの大きさですが
電気屋さんはニュースラットケーブル14の場合60Aという具合に言うのですが違う電気屋さんは違う事を言います
家族構成や現場状況によって違うのは分かるのですが同じ現場でも違う事を言うのです
電気屋さんに根拠は?と訪ねても「い...続きを読む

Aベストアンサー

電線の許容電流については下記が参考になるでしょう。
http://www.toadenki.ecnet.jp/page008.html

私は第一種電気工事士ですが、この仕事を20年ほど前に辞めています。
電柱などから家庭の分電盤まで引き込む場合、電力会社の登録事業者しか出来ません。
住宅内の配線から分電盤の子ブレーカーに接続するのは電気工事士しかやっては行けません。

将来のためにも第二種電気工事士を目指すのも良いですね。
その方が顧客に明確に説明できるでしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング