出産前後の痔にはご注意!

山菜などを勝手にとっていく輩がいます。地元の人や都会の人と色々入山します。
面倒なので立ち入り禁止とか、山道にロープを張っているわけではありませんが、私の所有する山です。
元々私は都会の人間でして、山菜の知識があまりないので、山菜をとってくる便利な人として下山するところを捕まえて山菜を回収するのに利用してましたが、山菜にも飽きたのでそろそろ見せしめに片っ端から前科者にしてやろうかと思っています。もしくは警察を呼ばない代わりに示談金をとりたいです。
立禁の看板を立てたら入ってくる人間が少なくなるので、トラップ的な理由で看板やロープを張らずにこのままがいいんですが、警察に御用になりたくなかったら示談金を払えと言うのは問題ないですよね?
金を求めたら脅迫罪とかになりますか?
私の山に勝手に入って山菜とっているんだから、その代償をもらうのは問題ないですよね?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

山の所有権には長い歴史がありその結果です。

昔々は山の山菜などは人々の共有だったことがあります。山という自然物を個人が所有すること自体、ある意味では不自然です。
そこで入会権という概念が生まれました。
現時点では民法第294条「共有の性質を有しない入会権については、各地方の慣習に従うほか、この章の規定を準用する。」でその地方の慣習が認められます。
一度裁判で争う意味はあると思います。単純な私有財産とも言えません。
    • good
    • 5

立禁の看板を立てたら入ってくる人間が少なくなるので、トラップ的な理由で看板やロープを張らずにこのままがいいんですが←まず自分の所有物であるということを示す為の囲いを作ってください。


ロープでも何でもいいです。とにかく誰がどう見ても誰かの私有地であると分かるようなサインが必要です。

警察に御用になりたくなかったら示談金を払えと言うのは問題ないですよね?
金を求めたら脅迫罪とかになりますか?←問題意外の何者でもありません。
前科者にするのではなくあなたが前科者になりますよ。

私の山に勝手に入って山菜とっているんだから、その代償をもらうのは問題ないですよね?←私有地だと知らせようともせずに入ってきた人を不法侵入扱いするのは無理ですよ。
    • good
    • 2

>>警察に御用になりたくなかったら示談金を払えと言うのは問題ないですよね?



これは典型的な脅迫行為にあたります。裁判されたくなければ金を払え、警察に通報されたくなければ金を払えというのは完全な脅迫です(探せば判例もあるはずです)

だから暴力団は「誠意を見せろ」と言うんですね。決して具体的な要求はしない。必ず相手から言わせる。

>>私の山に勝手に入って山菜とっているんだから、その代償をもらうのは問題ないですよね?
考え方は問題ないのですが、じゃあ一体いくら取れるかという問題になりますけど、例えば看板に山菜を取ったら金三万円と書いても、意味ないです。契約っては合意が必要で看板に書いたくらいでは意味ありませんし。

またロープなどが張っておらず、国有林などと見分けがつかない場合、基本的に不法侵入も成り立たない可能性が大で、警察に言っても恐らく逮捕などはありません。
(判例などもあるのですが、例えば道路と庭になにも柵などがない場合、歩いていて数メートル程度私有地である庭に入ってしまっても不法侵入は成立しません)

まず明確にロープや柵などを作り、誰でも私有地というのは分かるようにしてから柵を越えてきた人を警察に通報して、民事で後から請求するという形になります。まあ手間を考えればまず赤字ですが、この手続きを無視して直接お金を請求すれば脅迫罪で逆に訴えられます。
    • good
    • 1

<下山するところを捕まえて山菜を回収するのに利用してましたが、山菜にも飽きたのでそろそろ見せしめに>


これだって十分犯罪になりますよ。山菜を採っているところを確認したわけでは無いのに、人のものを取ったら十分犯罪です。強盗?良かったですね通報されずに
金を取ったら恐喝ですよ。
まして、タケノコとか松茸等なら高価ですから賠償額も上がりますが、山菜なんて一本数十円もしないでしょう。
まず、ご自分の山の境界を確定、有刺鉄線などで境界を囲む、所々に、所有地なので立ち入り禁止等の看板を立てる。その上でそれでも入山する人たちを警察に通報する。ぐらいかな。
かなりの金額がかかりますが、それでも所有権を守りたいなら御勝手に。
    • good
    • 1

山も当然個人所有土地なら無断でかっぱらって持っていっていけません。


ただし、ロープなどここから私有地と判らないと 揉めますので、微妙です。

最近 山で育ててる山菜や 川沿いの畑からの窃盗も多くなってます。

はじめから
看板に入場料1回当たり1万円とか有料と書いておくと良いと思います。
    • good
    • 1

>私の山に勝手に入って山菜とっているんだから、その代償をもらうのは問題ないですよね?



せこい! せこすぎる!
    • good
    • 3

>私の山に勝手に入って山菜とっているんだから、その代償をもらうのは問題ないですよね?



問題あります。だれでも自由には入れる山なんでしょ。そこに入って山菜をとる行為にどれだけの違法性があるかという話になります。

質問者さんが、「自分の山の山菜をかってにとるな」とお考えなら、世の中にそのように主張してください。すなわち
・勝手に入られたくないなら、敷地の周りに壁を作って部外者が入れなくする。
・あるいは、自分の敷地の範囲を明確に示したうえで、この敷地の範囲内の山菜取りは窃盗罪になるとの看板を多数たてる。



>トラップ的な理由で看板やロープを張らずにこのままがいいんですが、警察に御用になりたくなかったら示談金を払えと言うのは問題ないですよね?
金を求めたら脅迫罪とかになりますか?

大きな問題になります。
上記の通り、自分の財産を守りたいならそれなりの努力が必要です。それを一切せずに、「トラップ的な理由で看板やロープを張らずにこのままがいいんです」なんて発想で金をせしめようとしたら、まずは刑事事件になると覚悟した方がいい。
    • good
    • 0

入残の山道に、それと分かるように周知の看板を出してください。



また税務署にそういう商売を始めたと、会社登記してください。

徴収のための料金所などを設置してください。
    • good
    • 2

周りをフェンスなどで囲うなどして、容易に入れない状態にしてあるのでしたら、入場料をとってもいいですよ



ロープ程度では、明確な所有権の主張となりませんので、ご注意ください

今の状態はただの追いはぎです(犯罪行為)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q山菜採りってそもそも違法では?

趣味で山歩きをしていますが、これからの季節山菜採りをする人をよく見かけます。
ワラビ・ゼンマイ・フキ・タラノメなど・・・。
でも、考えてみれば山って誰かの持ち物ですよね。
たとえ国有林であっても、勝手に植物を採取してはいけないはずです。
四角四面に言うつもりはないですが、到底自分の家では処理できなさそうな量の山菜を持って帰る姿を見ると、とても浅ましく貪欲に思えます。
採るのなら、せめて自分の家で消費できる量にしてもらいたいと思うのですが・・・。(そのほうが広く行き渡ると思いますので)
皆さんは山菜採りについてどうお考えですか?

Aベストアンサー

厳密に言えば、「自然公園法」「森林法」「軽犯罪法」「刑法」に抵触する可能性がありますが、これらの諸法律に違反する行為として、国(実際は国有財産の管理官吏)や県知事(実際は保安林担当職員)が、「山菜取り」を犯罪として刑事告訴、あるいは被害届を出す事は通常は捕らえることは困難で、警察が捜査することもなく、結果的には「黙認」という形になっているのが現状です。

畑と比べれば分かりやすいですが、畑は耕作地として管理されていて野菜などが栽培されてるものですから、ここに立ち入って持っていく行為は窃盗となります。
一方山地は、山菜目的で管理されているわけではなく、出てきた山菜も育てたものではなく勝手に生えてきたものですから、そういう場所において管理者(所有者)が採取を禁止するなどの行為を行っていなければ、例えば柵や看板などで立ち入りを禁止・制限するような意思を示していなければ、(厳密には上記の通り違法ですが)大きな問題にはなりません。

厳密には違法でも、その行為が山地所有者の生命・財産を脅かすようなものではなく、持っていく山菜の量もわずかで山地の環境を変えるほどでもなく、その取り締まりにも手間がかかるような内容は取り締まりの対象となりませんし、社会的に容認された範囲や習慣の行為ならば、違法行為とは見なさないとされています。
したがって、山菜取りはその範疇とみるべきだと思います。

厳密に言えば、「自然公園法」「森林法」「軽犯罪法」「刑法」に抵触する可能性がありますが、これらの諸法律に違反する行為として、国(実際は国有財産の管理官吏)や県知事(実際は保安林担当職員)が、「山菜取り」を犯罪として刑事告訴、あるいは被害届を出す事は通常は捕らえることは困難で、警察が捜査することもなく、結果的には「黙認」という形になっているのが現状です。

畑と比べれば分かりやすいですが、畑は耕作地として管理されていて野菜などが栽培されてるものですから、ここに立ち入って持って...続きを読む

Q山林に立ち入ったりすること

山林は、国有なり誰かの土地であるわけですが、普通の人はどこが誰のものかは知りません。立ち入り禁止とか、松茸とるなとか、表示してあればそれに従いますが、そいういうものがない場合、ハイキング等で中にはいったり山菜等をとったりすることは許容されるのでしょうか?何か基準があれば教えてください。

Aベストアンサー

 結論的には、所有者が当該土地への立入や生育物の採取を認める旨の特段の意思を表示していない限り、当該立入や採取は違法な行為となります。

 所有者は、法令の制限内において、自由にその所有物の使用、収益及び処分をなす権利を有します(民法206条)。
 したがって、所有者が、他人が自由にその所有地に立ち入ることを認める旨の特段の意思を表示しない限り、当該土地への立入りは、所有者のみがなし得るわけです。

 また、物の用法に従い収取する産出物を「天然果実」といい(同法88条1項)、天然果実は、その元物より分離する時にこれを収取する権利を有する者が、所有者となります(同法89条1項)。
 したがって、所有者が、他人が自由に山菜やキノコのような生育物を採取することを認める旨の特段の意思を表示しない限り、当該土地での生育物の採取は、所有者のみがなし得るわけです。

 もっとも、立入については、ハイキング目的程度であれば、なんらの犯罪も構成しませんし、不法行為(民法709条)ともならないと考えられますが、生育物の採取は、窃盗罪(刑法235条1項)を構成し、不法行為に基づく損害賠償責任も生ずることになります。
 なお、山菜類やキノコ類は、種となる胞子や菌糸が他の土地から飛来した可能性もあるわけですが、その場合であっても、生育した山菜類やキノコ類それ自体は、生育地の天然果実(つまり、生育地の所有者の所有物)となります(隣地からのびてきた地下茎から生えた竹で1年ないし数年の間に切り取って利用すべき性質のものは、生えた土地の天然果実であるとした、最高裁昭和35年11月29日判決があります。)。

 SpurさんがNo.1のご回答でご指摘の「入会権」は、共有の一種で、ある集落全体で1個の山林を共有する関係にありますから、集落民は、生育物を採取し得る権利を有しています。
 なお、国有林についても、上記のご説明は何ら異なることなく妥当しますので、採取なさった生育物が高価であれば、窃盗罪の刑事責任を負われる可能性もあることはご認識ください。

 ご参考になれば幸いです。

 結論的には、所有者が当該土地への立入や生育物の採取を認める旨の特段の意思を表示していない限り、当該立入や採取は違法な行為となります。

 所有者は、法令の制限内において、自由にその所有物の使用、収益及び処分をなす権利を有します(民法206条)。
 したがって、所有者が、他人が自由にその所有地に立ち入ることを認める旨の特段の意思を表示しない限り、当該土地への立入りは、所有者のみがなし得るわけです。

 また、物の用法に従い収取する産出物を「天然果実」といい(同法88条1項...続きを読む

Q山の持ち主って誰?

日本は67%ぐらい森林面積があるっていうことと、そのうちの3割は国有林だということを知りましたが、それ以外の森(山)は誰かのものだということでしょうか。その人はどうして山を持っているんでしょうか。

Aベストアンサー

こんばんは

戦前の山林はかなりの面積が国有林(大蔵省所有+旧宮内省御用林)でした。
○戦後になって、国の林業経営が赤字に転落したり、各自治体の財政強化のために、大蔵省(現財務省)から各自治体に払い下げになったものが、都道府県有林、そして市町村林です。
○都道府県有林、市町村林から更に集落や各法人に払い下げられた団体所有林もあります。地方自治体からは食料増産の為開拓希望者にも格安に分け与えられる事もありました。
○企業が持っている社有林、民間人が持っている「民有林」は国、公共団体から払い下げられるケースは極めて少なく、民間人同士のトレードが殆どで、戦前戦後共にあまり面積に変化が無いはずです。

>その人はどうして山を持っているんでしょうか。
私の場合は先祖代々の相続です。明治の廃藩置県の際、以前治めていた土地を受け継いぎ林業経営をしたのが始まりのようです。
手放せない理由としては、
1、大口の借入金をする場合は、不動産担保が有ったほうが有利
2、売っても査定が安すぎる
3、本家として先祖代々の山林を手放せない
4、地域の建築材料を供給する義務があると言うか、手放した際、地域の木材商が破綻する
5、水源の保全、薪炭資源(燃料資源)を安定供給できるよう、自治体の要請がある
6、自然環境保護の為

※つまり民有林は個人の財産だけれども、公共性があるていど有るという事になり、素性がしれない人間に勝手に売買できない場合もあります。

確かに木材の切り出しは、木材の売り上げよりも人件費の方が勝るので、今の景気では難しいです。林道沿いは、搬出に費用が掛からないので若干売れる程度。また、広葉樹(ケヤキ、ナラ、クリ等)が家具材として、時々木材商が買いに来ます。また小径木は木炭材、薪、シイタケ原木として地域に小売しています。ですが私の場合も贅沢な生活は出来ません。

税金が安い山林でも、面積が有るとそれなりに「固定資産税」や「相続税」と言うものが今将に私に差し迫っています。私は勤め人なので超節約生活ですよ。

こんばんは

戦前の山林はかなりの面積が国有林(大蔵省所有+旧宮内省御用林)でした。
○戦後になって、国の林業経営が赤字に転落したり、各自治体の財政強化のために、大蔵省(現財務省)から各自治体に払い下げになったものが、都道府県有林、そして市町村林です。
○都道府県有林、市町村林から更に集落や各法人に払い下げられた団体所有林もあります。地方自治体からは食料増産の為開拓希望者にも格安に分け与えられる事もありました。
○企業が持っている社有林、民間人が持っている「民有林」は国、公共...続きを読む

Q山林の固定資産税と維持費について教えてください

今、主人の方の両親から主人に、山林の相続について話があっています。(万一両親が急に倒れたときのためと言うことです)
主人は山育ちの長男です。
主人の実家は農家ですが、主人は跡を継がず、実家から離れた街に住み会社員をしており、将来も農業をする予定はまったくありません。
はっきりしたことが良くわからないので何とも言えないのですが、相続するかもしれないのは小さい山みっつ分らしいです。(こんな表現ですみません。主人が「先祖代々の土地だから・・・」と多くを話したがらないのでよくわからないのです)

我が家にお金がたくさんあれば良いのですが、我が家も小さい子供がおり生活は楽ではありません。
これからかかるであろう教育費を貯蓄するのに精一杯です。

私も「先祖代々の土地」を主人の代で手放すのは気がひけますし、もしできることなら相続してもいいと思っているのですが、土地の管理のことはよくわからないだけに大変不安ですし、費用がとても心配です。
また、山林は固定資産税や維持費がかかるし、相続しない方が良いと聞いたことがあります。
土地の広さにもよると思うのですが、固定資産税や維持費等、いったいどれくらいかかるのでしょうか?

また、もし主人が相続せず、主人のきょうだいも誰も相続しなかった場合、その山林はどうなるのでしょうか?
わからないことだらけなので、教えてくださると非常に助かります。
どうぞよろしくお願いいたします。

今、主人の方の両親から主人に、山林の相続について話があっています。(万一両親が急に倒れたときのためと言うことです)
主人は山育ちの長男です。
主人の実家は農家ですが、主人は跡を継がず、実家から離れた街に住み会社員をしており、将来も農業をする予定はまったくありません。
はっきりしたことが良くわからないので何とも言えないのですが、相続するかもしれないのは小さい山みっつ分らしいです。(こんな表現ですみません。主人が「先祖代々の土地だから・・・」と多くを話したがらないのでよくわか...続きを読む

Aベストアンサー

山林の固定資産税は、非常に安価です
ちょうど、固定資産税の納付書が送付される時期ですから、所在地・地目・面積・評価額・税額を確認なさるとよろしいでしょう

市街地の近くで宅地開発の可能性の高い場所以外は信じられないような額です

関東地方の山岳地で市街地から車で30分程度の場所で
山林1ヘクタール(1万平方メートル)の評価額が20万程度、固定資産税はその2%弱です

手入れに要する費用は、所有者の姿勢で 0~数百万です
手入れをしないと、竹と葛がはびこります
それから、ごみの不法投棄の被害、山火事の被害です
細かいことを気にしなければ 全く手入れをしなくてもそれなりに維持されます

手入れをしていたのは、先々代程度までで、今では実際の場所が確認できなくなっていることなど珍しくありません
場所が判っても境界がはっきりしないことは、さらに多くあります

父上が、場所をご存知なら、できるだけ早い機会に、場所を確認しておかれることがよろしいです
それと、登記簿を確認なさることが必要です
地域の人たちとの共有や、祖父や曽祖父名義のままになっていることも良くあります

全員が、相続を放棄すれば、国有財産になります(山林だけを放棄することはできません、放棄する場合全財産です)

山林の固定資産税は、非常に安価です
ちょうど、固定資産税の納付書が送付される時期ですから、所在地・地目・面積・評価額・税額を確認なさるとよろしいでしょう

市街地の近くで宅地開発の可能性の高い場所以外は信じられないような額です

関東地方の山岳地で市街地から車で30分程度の場所で
山林1ヘクタール(1万平方メートル)の評価額が20万程度、固定資産税はその2%弱です

手入れに要する費用は、所有者の姿勢で 0~数百万です
手入れをしないと、竹と葛がはびこります
それから、ごみの不法...続きを読む

Qたけのこ泥棒

たけのこ掘りのことなんですが、竹林の塀の外(道路)にたけのこが生えているんですが、それをとった場合たけのこ泥棒になるんですか??
困っているので教えてください

Aベストアンサー

道路に生えている植物の採取についてですが、
一般的には、「国有財産管理者」に所有権があり、現在ですと、市町村役場建設課、の場合が多いです。
しかし、私道の場合や国が直接管理している場合もあります。

ところが、ややこしいのが、入会権です。
私の場合には、独占的入会権(他の人は取らなくなったので消滅)を持つ国有地が2箇所あります。この2箇所に生えている植物を私の承諾無しに取った場合には窃盗になります。

ところが、入会権がない場所で、「公共物であり、誰が取ってもかまわない」場合もあります。

最後に、
市町村道に竹木が生えていて、通行の妨害になるときに、通行車両(トラクターのようなロータリーを持つ車両で耕すことを含む)で竹木を折っても器物損壊や窃盗には該当しない
という回答を道路管理者から得ています。
認定外道路(道路法指定外道路)の場合には、国有財産管理者に対して問い合わせること、とのことです。

Q法律に詳しい方,不法侵入について教えてください

友達の話ですが,とても悩んでいるようなのでよろしくお願いします。先日友達の家の裏の方から目覚ましのようなものがずっと鳴ったのだそうです。夜中になっても鳴り響くので音をたどってみると,裏のアパート1階の専用庭の軒下に子供用のおもちゃがあったらしくて,それがずっと鳴っていたみたいでした。
その家にピンポンを鳴らしたのだけど,留守らしくて結局その夜もまだ鳴っていて。
意を決して一応そのアパートの専用庭に入るのに柵のようなものがあったのですが,それを超えておもちゃをとったらしいのですが,どうやら壊れていて鳴り続けていたようでした。
電源をオフにするのが壊れていたようで,電池を取り出す必要があったのですが,さすがに不法侵入のような気持ちがして怖くなったらしくて,警察に電話したそうです。
するとすぐにはいけないので,自分で電池を何とかして外せませんかといわれたらしくて,電池をとったらしいのです。
そのあと,おもちゃと外した電池をビニール袋に入れて表の玄関のところに置いて,理由を記した手紙を一緒に置いていたらしいのですが,不法侵入で訴えられないかと不安でいるようです。
一応警察にも報告したのだしと言ったのですが,家に事情を話しに行くといっていったようです。しかし,親が居留守を使って子供しかでてこないようで。6年生くらいの子供には事情を話したようですが,
この場合,不法侵入になるのでしょうか。
友達がとても心配しているので,例えばこのまま親が居留守を使わずでてくるまで行き続けるとか,どうかアドバイスをください。

友達の話ですが,とても悩んでいるようなのでよろしくお願いします。先日友達の家の裏の方から目覚ましのようなものがずっと鳴ったのだそうです。夜中になっても鳴り響くので音をたどってみると,裏のアパート1階の専用庭の軒下に子供用のおもちゃがあったらしくて,それがずっと鳴っていたみたいでした。
その家にピンポンを鳴らしたのだけど,留守らしくて結局その夜もまだ鳴っていて。
意を決して一応そのアパートの専用庭に入るのに柵のようなものがあったのですが,それを超えておもちゃをとったらしいの...続きを読む

Aベストアンサー

No2の回答者です補足です
不法侵入について勘違いされている方が多いようです。
誰でも自由に出入りができる場所(時間帯に制限される場合もある)以外は基本的に不法侵入が適用されます。

不法侵入にならない場合
たとえば24時間出入り自由な公園・管理されていない山・管理されていない港・営業時間のデパート・アパートなどの廊下など

不法侵入になる場合
施錠されているまたはゲートなどで侵入を規制している公園・管理されている山(松茸などが取れるなど)・管理されている港・デパート(営業時間外や営業中でも関係者以外立ち入り禁止の場所)
フェンスなど施工されていない個人所有の個人駐車場・マンションなど入口が住民の許可がないと入れない場合で無許可でそれより先のマンション内(廊下など)に入った場合。など

例をあげればキリがないです。

今回はアパートですね。
基本的には玄関ドアからベランダまでが賃借人が賃貸人から借りた占有空間ですね。それ以外は出入り自由な公共空間と考えられます。
今回は庭つきということで、その点を考えてみましょう。
この庭は住人の専用庭ですね。賃貸人から借りた賃借人が専有できる空間(庭)と考えられます。まして外部から侵入できないようにフェンスで囲われた空間でもありますし、賃借人が賃貸人から借りた占有できる空間であることは明らかです。

不法侵入になるか判断に迷うときはこう考えてください。
他人所有の土地などに壁やフェンスが無い場合はそこに壁やフェンスがあると考えてください。1戸建て住宅で門扉から無断で庭に侵入した場合は不法侵入ですね。このように考えると切り分けがしやすいです。

緊急避難的処置と記載がありますが、これは生命に危険が明らかにおよぶ場合はたはそれに類似する同等の場合に適用されます。
今回は目覚まし時計なので明らかに当てはまらないです。

警察官の対応にも疑問を感じます。
どのような説明をしたのか経緯にもよりますが自分でどうにかしろとは、明らかに不法侵入を容認しています。もしアパート住人から訴えられた場合は、警察官相手に(警察署長、管理監督する県や知事など含め)訴訟を起こしましょう。

今回の対応は不法侵入という意味では良くない対応でした。
都会では私的空間をたいへん重んじます。近隣との付き合いも無いといっても過言ではないでしょう。そうゆう意味では全く知らない人が自宅内に侵入したと考えます。
田舎では近所付き合いがあり、黙って庭先に入ってきても顔見知りで信頼関係が築かれているため問題になることは少ないようです。今でも玄関にカギを掛けずに数日留守にする場合も多いです。

理想の対応としては、
公人の立場の第3者に立ち会って貰うべきでした。
警察官の立ち合いで対処する。(自分で手を出さない)
目覚まし時計の鳴っている大家さんまたは管理不動産屋さんに立ち会って貰い対処する(自分で手を出さない)
が好ましかったですね。
もし近隣の住人と話し合って対処した場合(相互立ち合い)も対応としては良くないですよ。あなたと近隣住民が共に不法侵入になる可能性があります。要は共犯者です。
大家や管理不動産屋は良いのかと思われますね。
この2者は該当物件を管理する立場にあり“契約条項に近隣に迷惑をかけない”“近隣に迷惑をかけた場合必要最低限の対処を行使する”などの契約事項があるはずです。“必要最低限の対処を行使する”とは玄関のカギをあけて宅内に入って対処するという意味ではないので注意してください。

No2の回答者です補足です
不法侵入について勘違いされている方が多いようです。
誰でも自由に出入りができる場所(時間帯に制限される場合もある)以外は基本的に不法侵入が適用されます。

不法侵入にならない場合
たとえば24時間出入り自由な公園・管理されていない山・管理されていない港・営業時間のデパート・アパートなどの廊下など

不法侵入になる場合
施錠されているまたはゲートなどで侵入を規制している公園・管理されている山(松茸などが取れるなど)・管理されている港・デパート(営業時...続きを読む

Qこの山、この畑、誰の持ち物か調べるには?

都市計画区域外の山林や雑種地などを購入したいと思っているのですが、何かいい方法はないでしょうか?
競売、国有地、普通の不動産会社、などは調べましたが・・狙ってるあたりの土地が出てくることはめったにありません。(狙ってるあたり山林や雑種地はかなりたくさんあるので、そこの持ち主がわかれば話をつけるなどしたいのですが)
どうやって調べれば持ち主がわかったり、山林購入にこぎつけるでしょうか?

Aベストアンサー

地図を持って管轄の役所に行き地名・地番を教えて貰う。
(昔は持主を教えてくれたが今は教える事は出来ない)

ただし、国有地ぐらいは教えてくれると思いますよ。

地番がわかったら法務局に行きお金を払って申請すればだれでも
持主の入った書類を貰えます。
(一番地当たり400円か700円←詳細は法務局で聞いてください)

手持ちのお金に余裕が有るのでしたら、近くの不動産会社に依頼すれば調べろ事も可能かも。
(本気で買う意志があれば承諾知るかも?)

参考まで

Q砂浜を個人所有できる?

先日、父親と一緒に近所の海へ夜釣りに出かけました。砂浜から釣りをするということになり、1時間ほど釣りを楽しみました。この時期的には割合大漁な方で、釣果にはとても満足できました。すると、砂浜から近くの道路沿いに建っていた店の方から、「そこは私有地ですよ!早く出て行ってください。魚も海に返して!」と言われました。確かに店側が言うよう、私たちが釣りをしていた場所は、その砂浜をちょうど半分に割ってあり、西側だけを所有しているような看板が端の方に立っていました。その砂浜の西側で釣りをしていたようで、忠告を受けたようです。そのときは、特に何も考えず、「すいません。すぐ立ち去ります!」と言って、即立ち去りました。もちろん魚も海に返しました。

しかし、家に帰って父親と話しているうち、どうも納得いきませんでした。一般的に砂浜は公共の場であるし、個人で所有することはできないのではないか、ということです。地域の公園を独占するということと何ら変わらないのではないでしょうか。さらに、なぜ私たちは釣った魚を返さなくてはならなかったのか・・・。お金はそこまでの権限を有することができるのでしょうか。また、法的には砂浜を個人所有することは可能なのでしょうか?長文となってしまいましたが、ご存知のお方はどうか教えていただけないでしょうか。

先日、父親と一緒に近所の海へ夜釣りに出かけました。砂浜から釣りをするということになり、1時間ほど釣りを楽しみました。この時期的には割合大漁な方で、釣果にはとても満足できました。すると、砂浜から近くの道路沿いに建っていた店の方から、「そこは私有地ですよ!早く出て行ってください。魚も海に返して!」と言われました。確かに店側が言うよう、私たちが釣りをしていた場所は、その砂浜をちょうど半分に割ってあり、西側だけを所有しているような看板が端の方に立っていました。その砂浜の西側で釣り...続きを読む

Aベストアンサー

お答えします
砂浜といっても単純ではありません
「領海に関する国際条約」で陸地に属する部分は私有できます。
陸地の部分とは「略最高高潮面上に露出する自然に形成された陸地の部分」となっています。
春秋の大潮時の海面より低い部分はたとえ水面上にあっても最高高潮面より下になるので私有できない場所です。
魚も法律や条令で特別の定めがある場合を除き竿釣りは自由です。
海に戻す必要はありません。
港則法が施行されている港では原則として漁労は禁止です。
また漁協が許可を得て放流養殖をしている水産物を取ってはいけません。
室蘭の帆立貝など、

ホテルなどがプライベートビーチと銘打って客を集めていますが海から砂浜までは行くことが出来ます


人気Q&Aランキング