インターネットでヴードゥードール(ブードゥードール)という魔術人形を、エンジェルネットワークという、インターネット上の業者で買いました。

私は注文の後、翌日お金を送りましたが、その後にキャンセルしたいといいました。
しかし、キャンセルはできないといわれ、商品だけでも届いたらいいのですが、商品は届かず、お金も一円も帰ってこなかったのです。

今もその業者は営業してるけど、これって法律には触れないのでしょうか?

私がここのエンジェルネットワークという通販のヴードゥードール(ブードゥードール)というものを買うのは、願いが叶うということで買う予定だったのですが、一度業者のビルまで行ってみたんです。

そしたら、ビルのゴミがちょうど出てて、そのごみの中にエンジェルネットワークの売っていた魔術人形が捨ててあったのです。
多分買った人が叶わなかったから送ってきてそれを処分してるんだと思います。
まるで詐欺にあったという気持ちでいっぱいです。

やはり魔術のサイトとかをみても、他の業者はきちんと対応をしていました。買った後にもちゃんとするのがいいのですが、購入前だとわからなかったのです。

他の業者は掲示板とかあったり、価格も低価格だったり、いろいろでしたが、エンジェルネットワークという私が購入したところが良くなかったのだと思います。
これからはインターネットで買うときはそういうこともちゃんと見たほうがいいと思いましたが・・・。

お金は戻ってこないのでしょうか?商品もこないのでしょうか?電話してもお金を送った後だと相手にしないのです。あきらめたほうがいいのでしょうか?
良かったら誰か教えて下さい。

A 回答 (1件)

通販の一部はクーリングオフ適用外もあるみたいですが商品が届かないのは別の


話ですよね。

とりあえずお近くの消費者センターなどに相談してみては?
http://www.abba-net.ne.jp/~taku-rs125r/taku110.h …

参考URL:http://www.abba-net.ne.jp/~taku-rs125r/taku110.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
相談をしてみたけど、ここでは受け付けだけみたく、詐欺とかにならないぎりぎりみたい・・・。
どうしようもないのかな・・・

お礼日時:2001/06/14 14:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q闇金業者と思われる業者に当時使用していなかった銀行口座を担保にお金を借りたり、譲渡してしまいました。

闇金業者と思われる業者に当時使用していなかった銀行口座を担保にお金を借りたり、譲渡してしまいました。

常識のなかった私は、次々と送られてくる口座凍結告知にどう対処していいかわからなかったのですが、ついに警察署の事情聴取を受けることになり、ありのままを説明しました。

一年半くらい音沙汰がなかったのですが、今年に入りもう一度聴取をうけ、渡していた資料を返還され「これで終わりだから。」と言われたのでので、「…ってことは書類送検ってことですか?」と尋ねたら「そうです。」と言われました。

「これで終わり」と言う意味は、立件されないということなのでしょうか…?

一番の悩みは、「担保だから返済が済めば口座はお返しします。」の言葉を信じてしまって、子供の口座も担保としてお金を借り、結局はその口座もヤミ金返済の口座に使われているということで子供名義の口座も作れなくなってしまっていることです。
果たして何年くらい口座を作れないのでしょうか…?

自分の常識の無さで子供まで巻き込んでしまったことで、警察署で親子心中をほのめかしてしまった私は精神科に措置入院(精神障害者だから?)をさせられてしまいました。

ヤミ金業者にそそのかされて口座を渡してしまった場合、それを訴える術はないのでしょうか…。

このままでは子供がかわいそうでなりません。

長々と申し訳ありませんが、アドバイスを頂けたらありがたいです。

闇金業者と思われる業者に当時使用していなかった銀行口座を担保にお金を借りたり、譲渡してしまいました。

常識のなかった私は、次々と送られてくる口座凍結告知にどう対処していいかわからなかったのですが、ついに警察署の事情聴取を受けることになり、ありのままを説明しました。

一年半くらい音沙汰がなかったのですが、今年に入りもう一度聴取をうけ、渡していた資料を返還され「これで終わりだから。」と言われたのでので、「…ってことは書類送検ってことですか?」と尋ねたら「そうです。」と言われました...続きを読む

Aベストアンサー

>「これで終わり」と言う意味は、立件されないということなのでしょうか…?

警察での取り調べが終わって検察から裁判所に書類が送られて、在宅起訴となり、判決が言い渡されれます。
あとは裁判所からの出頭命令を待つだけになります。

>果たして何年くらい口座を作れないのでしょうか…?

その銀行では一生作る事はできません、不適格者リストに載ってしまうので
他銀行で10年と言われていますが定かではありません

>ヤミ金業者にそそのかされて口座を渡してしまった場合、それを訴える術はないのでしょうか…

無いです。

Q投資したお金が戻ってこないんです

経緯
平成14年6月6日、ある会社(以降A社とします)の社長に
「お金を預けてくれれば、45日間の運用で2,2倍にして返します」と
誘われ、50万円を預けました。
その際に以下のような確約書をいただきました。

「この度はありがとうございました。平成14年6月6日に申込金
50万円を確かにお受けいたしました。なお、還元日は、平成14年
7月22日(月)で220%/45日間の運用で貴殿の指定口座に110万円の
送金になります。以上表記事項を確約いたします。
平成14年6月7日 
●●株式会社
代表取締役 ○○●● 印」

しかし、9月19日現在110万円の送金はありません。
以前にも5月に20万円を預けて同じような運用方法で6月下旬に
44万円にして返すと言われ、こちらは6月下旬に30万、8月に3万円
合計33万円は返ってきました。

残り121万円はまだ返ってきていません。

その間、電話での苦情や、実際に会って苦情を言いましたが、
そのたびに
「今、ちょっと苦しいので、もう少しお待ちいただけないか?」
という返事でした。
私も困っていましたが、「なんとか9月いっぱいまでは待つ」という返事をし
9月30日までは文句は言わずに待つことになりました。

で、今回皆様の御意見をお聞きしたいのは、

1.このまま9月30日まで待っても、お金が返ってこない場合、
どのような対応をすればよいのか?

2.121万円全額返ってくるようにはどうすればよいのか?

3.このまま返ってこないと言うことはあり得るのか?
(法律的にはどうなのか・・・)

ということを、是非、御回答いただきたいのです。

2.2倍になって返ってくると言うことで、こちらも
事業を拡大する計画を立ててきたのですが、2ヶ月も
何もできない状態で、困っております。
なにとぞ、よろしくお願いいたします。

 

経緯
平成14年6月6日、ある会社(以降A社とします)の社長に
「お金を預けてくれれば、45日間の運用で2,2倍にして返します」と
誘われ、50万円を預けました。
その際に以下のような確約書をいただきました。

「この度はありがとうございました。平成14年6月6日に申込金
50万円を確かにお受けいたしました。なお、還元日は、平成14年
7月22日(月)で220%/45日間の運用で貴殿の指定口座に110万円の
送金になります。以上表記事項を確約いたします。
平成14年6月7日...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんわ おっしゃる内容どおりなら詐欺ですね。 そんなに儲かるなら
>「今、ちょっと苦しいので、もう少しお待ちいただけないか?」
といった状況にはなりません。
今の銀行の金利は小数点以下です。
お金を預けるだけで、銀行金利の数百倍にもなるわけがありません。
本当にそんな利息が儲かるなら、消費者金融に借りても銀行に借りても取り返せます。
なぜその人は、そうしなかったのでしょうか?
私の考え:初めからあなたを騙すつもりだったからです。
冷静に考えればすぐ判ることです。
その確約書を持って警察に相談です。
出資法違反かもしれません。
お金は返ってこないかもしれません。
なぜなら あなたと同じような人が何人もいるかもしれないし、もう使ってしまって無いかもしれませんから。

Q社員が会社のお金をつかいこみ・・

主人の会社の社員がお金を使い込んだことが分かりました。
これからその社員には問い詰めるそうなのですが、証拠を押さえるほかに
何かやっておくべきことはありますか?
顧客データーや、そのほか経理などほぼその社員にまかせていましたので
もし逆切れ?や会社に来なくなることなどさらに最悪のケースを考えると
問いただし方もうまくやらねばというところです。
主人は信頼してまかせっきりだったので、その落ち度もかなりありますが・・。

主人もちゃんと考えているとは思いますが、
かなり動揺しているので、よりよい方法を私が少しでもアドバイスできれば
と思い、ここで質問させていただきました。

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

会社に顧問弁護士がいるなら、その人にアドバイスを受ければいいでしょう。



一般論でのアドバイスになりますが、

1.まず証拠と被害金額(使い込まれた金)を明らかにする。

2.本人を呼んで話をきく。(事実関係の確認です。)この場合、会社側は必ず複数の人間で
 聞く。出来るならば録音もする。

3.横領が事実なら、本人(及び本人の家族)に金を返させる。

4.警察に刑事事件(横領)として被害届を出すか、考える。

5.本人への処分(首にする、等)を考える。


  上記の3、4、5は相互に関係します。金額が少なく、本人がすぐに金を返し、反省しているということなら、警察には届けず、処分(首?)ですますという案もあります。 本人が金を返せないなら警察に被害届をだし、法律にもとづく処分を求めるべきでしょう。

状況次第でいろいろな落とし所が考えられますので、それを念頭において置く必要があります。

Q貸したお金は返ってこない?

まず最初に言えることは、私が世間知らず過ぎました。

ひょんな事からやりとりが始まった人にお金を貸しました。

何だかんだでちょこちょこ貸した合計額は65万円。

借用書などもありません。
都度やりとりしたメールのみ。

絶対に裏切らない、もし裏切るようなことがあれば詐欺で警察に訴えればいい


というようなメールも残っていますが、実際は警察は関与できませんよね。


相手も返せるお金があるようなのに強気で『こっちが連絡に応じなければ話にもならないし、興信所でも行政書士でもつかって法的手段に出たら』と笑っている感じで完全に立場が逆転してしまいました。


どんな相手だろうがお金を貸してはいけなかった…

やはりお金を取り戻すことは不可能でしょうか。

Aベストアンサー

NO.2です。

秘守義務の有る立場の方達ですので、心配は不要です。
貴女の行動が、家族にばれない様にして下さい。
弁護士から警察だと携帯アドレスで個人の特定は可能です。
やるだけやれば、諦めも付きますが、何もしないでなら諦めきれないと思います。

貴女の様に、私は、他にも自営業者に事務所だけの住所でお金貸した事も有りました。
いきなり、事務所閉鎖の夜逃げです。
その時は、大体の自宅の地区を聞いてましたので、役所にて貸した書類見せての地区の住所録・世帯人数から配偶者・子供まで見せてくれますが、コピーはしてくれず手書きになります。

それを頼りに待ち伏せ数ヶ月しましたが出てきません。
その内、車を停めてた前の家の方が不振に思い話しかけてくれた事も有りましたが、「人を待ってる」の一言で名前が出て、窃盗で逮捕・刑務所だと教えてくれて諦めも付きました。

やれる事は、惜しまずに頑張って下さい。

Q破産確定前の支払い停止でお金が戻ってこない

先日、外国為替証拠金取引をしていた業者が破産したために、多額の保証金を返してもらえず困っています。

具体的な経緯は以下のとおりです。

9月24日に米ドルから日本円への決済をし、9月26日にその取引保証金の返還を請求しました。
その業者の規定では、「返還の請求を受けた日の翌営業日から起算して5営業日以内に、届け出た口座に送金する」とあり、本来ならば10月3日までに送金されるはずでした。

しかし、10月4日に業者から、「10月3日に社長が破産の意思を示し、掛かりつけの弁護士から全ての入出金を止めるように言われたため、送金はできなかった。」との電話がありました。

この時点ではまだ、正式な破産手続きは開始されていません。

後日、10月5日に裁判所に対し破産手続開始の申し立てをし、10月7日に同裁判所から破産手続開始の決定がなされ、同日付で関東財務局から業務停止命令が下されたことを知らされました。


[質問内容]

このように、破産前に請求された支払いを、正式な業務停止命令が下される前に、業者側の都合で拒む行為は、法律上許されるのでしょうか。

こういう事柄に詳しくないのでよく分からないのですが、今回の業者側の状況は、破産法にある支払い不能にあたるのでしょうか。もしそうだとしたら、破産手続開始前に支払い不能で支払われなかったものは、その後も支払いを主張できないのでしょうか。

正式な破産前の支払い停止という点をふまえた上で、似たような事例、法律に基づいた助言をお願いします。

先日、外国為替証拠金取引をしていた業者が破産したために、多額の保証金を返してもらえず困っています。

具体的な経緯は以下のとおりです。

9月24日に米ドルから日本円への決済をし、9月26日にその取引保証金の返還を請求しました。
その業者の規定では、「返還の請求を受けた日の翌営業日から起算して5営業日以内に、届け出た口座に送金する」とあり、本来ならば10月3日までに送金されるはずでした。

しかし、10月4日に業者から、「10月3日に社長が破産の意思を示し、掛かりつけの弁護士から全ての入...続きを読む

Aベストアンサー

損害賠償請求は認められないでしょう。

もし、それを認めると、破産者の場合、ほとんどの債権者に債務不履行をしていますから、債権者の債権を確定することができなくなって、管財事務が事実上遂行不可能になってしまうからです。

極めて悪質な不法行為を構成する場合(そのような例は知りませんが)を除けば、一般債権者は、一律、415条の損害賠償は切り捨てられざるを得ないと考えます。

どうしても納得いかない債権者は、損害賠償債権について、別途、管財人に対して債権確定の訴を提起して、勝訴する必要があるのでしょうね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報