人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

今年はじめてマンションのベランダでプランター栽培をはじめた超初心者です。
先日NHKの「趣味の園芸」という番組で
枝豆の根切りのやり方を見て今朝やってみました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【質問1】
3つの苗の中から比較的元気な苗を2つ選んで根切りをし植え直したのですが、
残り1つの苗は近くに植えてもあまり意味がないのでしょうか?
プランターのスペースがあまり広くないのですが
捨ててしまった方が良いのでしょうか?
せっかく1ヶ月近く育ててきたので、
なんだか捨てるのもかわいそうな気もしています。

【質問2】
ネットでくぐると、
根切りをしたがために葉が枯れて失敗したと書いているブログをいくつか見ました。
根切りの作業をやってしまった後だったので、
もしも枯れてしまったらと少し後悔しています。
根切りは初心者はやらない方が良かったのでしょうか?
苗1ポット分(3本)しか育てていないので、
今回失敗してしまうと少し悲しいなと思っています。

【質問3】
虫よけ用に洗濯ネットを加工してかぶせているのですが、
どこから侵入しているのか中にコバエがすごくたくさん入ってしまっています。
放っておくと苗が病気になったりすることがあるのでしょうか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
初歩的な質問で申し訳ありませんが、
教えていただけると嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

1 間引きはよいものを残して、よくないものを捨てます。

よいものを選抜するために行う方法です。小さなプランターにたくさん植えれば養分の取り合いになって共倒れです。

2 根切りは新しい根を出させるための刺激として行います。少量栽培だからできることです。やり方を間違えてちぎったり、切りすぎたりすると失敗することがあるぐらいです。元々大豆は強健です。

3 大豆の生育期の害虫はカメムシが一番です。苗の新芽に集中して吸汁し、生育に悪影響を与えます。コバエは影響ありません。土に混ぜてあるものに集まっているのでは?

小百姓。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

hanafukuraさま、おはようございます。
ご回答ありがとうございました。

そうなんですね…。選ばなかった苗は捨てちゃった方がいいんですね。
なんだかかわいそうだけど、そうします。

大豆は強いのですか!なんだかちょっと安心しました。
根切り、失敗してなければいいのですが
テレビではすごく簡単な説明だったので、
あんまり自信はないですが、しばらく様子を見てみます。

カメムシはいけないのですね!注意します。
数週間前に防虫ネットの外側に一匹張り付いていたので、
振り払っておいて良かったです。

コバエはたくさん寄り付いてうっとうしいですが、
影響がないとのことで安心しました。
土は100%ホームセンターで買ってきた野菜用の土なので、
何が入っているのかわからないですが、
コバエの好きな物がはいっているのかも(笑)
薬局でハエ取りグッズを買ってのんびり退治してみます。

何も勉強していない状態ではじめた栽培ですが、
いざやると分からないことだらけで、
手探りで楽しんでいます。
今も摘心ってどうやればいいのか必死に調べている所です。
ミニトマトも育てているのですが、
芽かきをする時どの枝を取ればいいのか、
まわりに聞ける人もいないし画像や動画などを見ても難しくて…。
また分からないことがあれば質問してしまうかもですが、
よろしくお願いいたします。

分かりやすく教えてくださり感謝いたします。
本当に助かりました。
ありがとうございました!

お礼日時:2015/05/31 10:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qネギの植え替え時期などについて

初心者です。
一昨年知人からいただいた普通の棒ネギ、植えっぱなしでずっと利用してきました。
植え替えた方がよいということなので、4月も間近となり、植え替えてみようか思っているところです。
植え替えの適期など、ネットで調べてみましたが、いろいろ出てはいるものの、もう一つはっきり分りません。
まだ、時々霜なども時々ありますので今頃植え替えても良いものかどうか、ちょっと心配しています。
そこで、次のについて教えていただけたら幸いです。

1 植え替えの適期
2 植え替えの方法(深さ、肥料の量や与え方など)
3 その他必要なこと。

などのついてよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ネギが分けつしすぎて密集したので植え替えたいと言うことですね。
ネギは寒さにはめっぽう強い作物です。
私は去年の11月に播種した苗を2月の末に定植しました(関東地区)。
やはり同じく分けつしすぎたネギも、ばらばらにほぐして植えかえしました。
質問者様の地域も同じような気候と思われますが、今でも植え替えをして大丈夫ですよ。
密集したネギを丁寧にほぐし(土が落ちても大丈夫です)20cm間隔くらいで植えます。
30cmくらいの溝に、深さは根が隠れる程度です。
この時肥料はやりません。あらかじめ圃場が用意されているなら、追肥でよいでしょう。
この辺はNO1様の回答を参考にしてください。

Qミニトマトの葉が黄色くなって・・・

ベランダで育てているミニトマトの葉が黄色くなってきてしまいました。
もう終わりなんでしょうか?でもまだトマトは4個くらいしか食べていません。
他のトマトはまだ青いです。
そういう病気もあるんですか?教えてください。

Aベストアンサー

トマトは、他の野菜類に比べて、かなり肥料食いです。
元肥を入れていたとしても、成長に伴って、追肥が必要になってきます。
トマトに限らず、葉が黄色くなるのは、肥料不足のサインです。
ベランダということなので、たぶん、プランターかと思いますが、地植えにくらべて、特に肥料不足になりやすいです。
今からなら、即効性の化成肥料を与えれば、復活する可能性があります。
また、カルシウム分が不足すると、
尻腐れ病といって、実(青いあいだでも)のおしりの部分が、茶色くなってきます。
ちょっとお値段高めですが、カルシウム入りの化成肥料も出ていますよ~。
枝の下の葉から、順番に黄色く枯れていくのは、葉の寿命で「お役目ごめん」なので、心配はありません。カビがでやすいので、取り除くといいですね。

Q枝豆のさやに実が入らないのです

知り合いの農家にいただいた枝豆です 品種はわかりません さやは普通の大きさですが豆は黒く小ぶりです

花は今月上旬に咲きました それから3週間になるのにさやがペタンコのままでふくらんできません

農家の同じ時期に蒔いたのはふっくらしはじめておりますのに がっかり×3です

ことしはあきらめて来年再挑戦になりそうです 
なにがまずいのでしょうか どうすればよかったのでしょうか  

元肥はやっておりません

Aベストアンサー

この品種は丹波黒だと思いますがそれを前提に回答します。
花が咲いたがさやがふくらまない。ここで考えられるのがカメムシによる被害です。さやをよく見てくださいカメムシにやられるとまめができるところが黒くなり豆がふくらんできません。農薬を散布するのが一番簡単ですが農薬を使いたくないなら花が咲き始めたら防虫ネットを掛ければカメムシに食害されません。種苗店やホームセンターに売っています。この時期がカメムシが一番多いときです。
もう一つ考えられるのがシスト線虫による被害です葉が青く元気なら問題ありませんが葉っぱが黄色くなり出したら一株を抜き取り根に小さなむしの卵のような
もの(1ミリ程度)がたくさんついていればシスト線虫の被害です
枝豆を連作したり他の豆科の野菜を作ると多く発生します。シスト線虫は土壌消毒をする以外あまり対策はありません。一部のイネ科植物を作ると被害が少なくなるという論文もありますが。 
枝豆は肥料分が少なくても実はなります。実の数は少なくなりますが、うちで枝豆を作る時は成分量で窒素分7キロリン酸15キロカリ8キロ程度を1反(300坪あたり)入れます。遅効性の有機配合肥料を使うといいと思います。初期に窒素肥料が多いと花が咲かなくなることがありますが花が咲いてから肥料が必要です。
丹波黒系の品種は日が短くならなければ花芽が分化しない性質がありますから夏至を過ぎてから播種してください。
もう少し待ってくださいカメムシにやられてなければふくらんでくると思います。即効性の尿素を少量追肥してみてください。丹波黒は枝豆でも大豆にして煮豆にしてもおいしいです。
他の方も回答していますが堆肥等の有機物入れ地力を作ります。枝豆は肥料で作るのではなく地力で作るものという言い伝えがあります。作物作り=土作りです。  

  

この品種は丹波黒だと思いますがそれを前提に回答します。
花が咲いたがさやがふくらまない。ここで考えられるのがカメムシによる被害です。さやをよく見てくださいカメムシにやられるとまめができるところが黒くなり豆がふくらんできません。農薬を散布するのが一番簡単ですが農薬を使いたくないなら花が咲き始めたら防虫ネットを掛ければカメムシに食害されません。種苗店やホームセンターに売っています。この時期がカメムシが一番多いときです。
もう一つ考えられるのがシスト線虫による被害です葉が青く元...続きを読む

Qトマトが肥料不足なのか肥料過多なのか分かりません

ホーム桃太郎をプランターで2本育てています。
それと同じ場所にシソ2本、バジル2本も植わっています。

ここ1週間前くらいから、トマトの様子がおかしいです。
写真や経過は下記ブログに載せています。
http://blogs.yahoo.co.jp/gyokusen2/folder/978381.html

まず、葉っぱがくるんと巻きました。
それまで花も落ちていたことから肥料過多だったかと思い、肥料はやらずにずっと様子を見ていました。それでも、芯どまりになってしまうなど、相変わらず肥料過多な雰囲気が。
ちなみに肥料の回数は、
5/9 肥料入りの土に定植。
5/22 一緒に植えているバジルがちょっと黄色くなってきたので、
   バジルの根元に液肥を少々かける。
5/28 追肥(固形系?緩行性と即効性が混じってるらしい)。
   Bの方には液肥も。(同じプランターに生えてるが、ちょっと離れてる。)
6/18 液肥。
です。

そして、4日前ぐらいから、肥料過多には水をやらない方がいいと書かれてあったので水をほとんどやっていません。
それと同時に、第一果が赤くなり始めました。
そして、急に下の方から葉っぱが黄色くなってきました。
黄色くなるスピードがあまりにも速すぎて、おろおろしています。

ただ、一度訳あって、2週間ぐらい前にほぼ裸になるくらい葉をとったシソが未だに回復していないこと、バジルの生長も止まったように見えることが気になります。

本当に栄養過多なのか、栄養不足なのか私には判断が全く出来ません。
どなたか、ご指南ください。

ホーム桃太郎をプランターで2本育てています。
それと同じ場所にシソ2本、バジル2本も植わっています。

ここ1週間前くらいから、トマトの様子がおかしいです。
写真や経過は下記ブログに載せています。
http://blogs.yahoo.co.jp/gyokusen2/folder/978381.html

まず、葉っぱがくるんと巻きました。
それまで花も落ちていたことから肥料過多だったかと思い、肥料はやらずにずっと様子を見ていました。それでも、芯どまりになってしまうなど、相変わらず肥料過多な雰囲気が。
ちなみに肥料の回数は、
5/9 肥料入...続きを読む

Aベストアンサー

No,2の方の解答が正しいと思いますよ。

確かに窒素過多が出ていますが、カリウム欠乏も起こしています。
下葉の急速な黄化はその症状で、No,2の方の回答の通り、葉の栄養を実に送っているためです。
カリウム肥料は窒素肥料の3倍ほど必要になるので、同率の肥料でもカリウム欠乏が起きます。
特に実を育て始めてから、その症状が出やすくなります。

窒素肥料は要りませんが、カリウム肥料を追肥しなければ、
このまま実を残してすべての葉が枯れますよ。
枯らしたくなければ、窒素分が入っていない(又は少ない)リンカリ肥料を使うか、
アンモニア態窒素を吸着するカリウム肥料の草木灰を追肥すると良いでしょうね。
(蚊取り線香の灰の成分は不明ですが、きっと使えますね)

トマトはカリウム過多は出にくいので、やりすぎの心配はほとんどありません。
葉面散布という方法もありますが、元々効果が薄く、ゆっくり回復させていくやり方ですし、
一過性の症状にも見えませんから、この状態では手遅れになると思います。

窒素過多の方は栽培初期からの物を引きずっていると思われますが、
葉がまいたり芯止まりになったり落花したりする症状は窒素過多だけが原因ではありません。
何でも窒素過多にせず、他の原因も疑って見極めてくださいね。
写真付きの良いサイトがないか探して見ましたが見つかりませんでした。
以前見たことがあるので、そのうちたまたま見つけたらブログの方にコメントを残しに行きますね。

水不足の方ですが、トマトを栽培する上で水分量を確認する時は成長点を見ます。
一番初めは成長点に萎れや生育不良などの影響が出ます。
その後成長点や葉先から枯れて行きますので、下葉からではありません。

土がからからでも萎れない理由は、湿度が高いからです。
葉や茎に生えた毛茸や、葉の表面にある気孔から、空気中の水分を吸っています。
また、根が弱っている時や乾燥に耐え切れない時は、茎から気根が出てきます。
乾燥地帯原産のトマトは大丈夫な様に出来ているのです。
ただ、野生の物(糖度は増すが、皮が硬くなり、大きく育たない)に近くなるので、
実が付いている時は水をあげたほうが良いと思います。

それと、シソは葉が無いから無事だったのでしょう。
バジルは葉が小さく蒸散も少ないので、真夏の晴天が続かない限りは大丈夫だと思います。
成長が止まったのは水切れの影響が出だしたのでしょうね。
2年前の7月の始め頃に、旅行で1週間ほど水遣りできなかった鉢植えのバジルがありました。
土はからっからになっていましたが、萎れる事もなく普通に生きていましたよ。
おそらくは朝露でしのいだと思われます。(仙人のようです・・・)
植物の生命力は侮れません。

窒素過多になったら水をやらないほうが良いと言うのは、
土の中の肥料が水に溶けて吸われるからです。
追肥のタイミングを計る時には水をかけてみて、2日後に成長点の生長が見られない場合は
肥料が足りないと判断できますので追肥します。
良く生長するようであればお預けにします。

他の株と状態が異なるのは根の張り方が影響していると思います。
特に老化した苗(回復した老化苗も含む)と普通の苗だと育ち方はだいぶ異なりますので。
それと、定植から着果までの間は、水遣りを控えめにして根張りを良くします。
この時の根の生長状態でも、現在の状況に違いが生まれていると思います。

ブログの方で経過も確認しましたが、色々な事が起こり、その都度対処しすぎて
訳がわからなくなっている様に見えます。
対処しすぎて土の中の栄養バランスが崩れると次々問題が発生してしまいますので、
よく観察を続け、慎重に判断してください。
環境要因での一時的なバランスの乱れもありますので、
見守るのが最善の策である事もよくあります。
特にトマトは肥料や水をよく吸う根を持っていますので、
ちょっとしたことでも(3段目開花までは特に)影響が出やすいので注意してくださいね。

それと、葉の白化は病気と言う事になさっていますが、違うと思います。
褐色腐敗病はパリパリと言うより、腐敗して白カビが生えますし、カビが生えたと言う事は
既に胞子をばら撒いているので拡大していきます。
今も栽培を続けていると言う事は、病気でなかった証拠でもありますね。
ガス障害(たぶん亜硝酸ガス)で枯れた部分にシロカビが生えただけでしょう。
枯れた有機物を分解するだけの菌は病原菌ではありません。

ガス障害は多肥や土壌酸度の影響によって発生した窒素ガスの障害です。
栽培初期から肥料が多すぎた様に感じますよ。
水溶性の肥料は水で流れますが、既に吸った肥料は消費し終わるまでどうにもなりません。
トマトは多年草なので、隙を見て栄養を体の中に蓄えてしまいます。
(トマトに近い種にジャガイモ様もおられます)

肥料を使わせる方法は、わき芽を摘まずに伸ばすと良いですよ。
樹勢が普通に戻ったら、そのわき芽は切ります。
伸ばし続けて着果数が増えてしまうと大玉トマトなのに小ぶりになりますし、
着果負担に耐え切れなくなって枯れやすくなります。
(樹勢さえ調節できれば、育てられない事はありませんが追肥や水の量や
やるタイミングは変わります)
現在の状態も(カリウム切れで)着果負担に耐え切れなくなっている状態ですね。

以前の回答時に疑問が残ったようなので、今回はそういうことがない様にがんばってみましたが、
何か疑問が残るようでしたら何でもご質問なさってください。
今年は色々起こったおかげで、たくさん勉強できて良かったですね。(と言ってもいいですよね?)

No,2の方の解答が正しいと思いますよ。

確かに窒素過多が出ていますが、カリウム欠乏も起こしています。
下葉の急速な黄化はその症状で、No,2の方の回答の通り、葉の栄養を実に送っているためです。
カリウム肥料は窒素肥料の3倍ほど必要になるので、同率の肥料でもカリウム欠乏が起きます。
特に実を育て始めてから、その症状が出やすくなります。

窒素肥料は要りませんが、カリウム肥料を追肥しなければ、
このまま実を残してすべての葉が枯れますよ。
枯らしたくなければ、窒素分が入っていない(又は少ない...続きを読む

Q枝豆の追肥の為の、肥料について

枝豆の肥料は、チッソ分が少ない方がよい。との事。
そこで、質問です。

※ハイポネックス 原液 6-10-5
※ハイポネックス ハイグレード野菜&ハーブ 6-6-6
現在、上記2種類の液肥を持っています。

窒素分の入っていない肥料ならば、
※ハイポネックス ハイグレード 開花促進 0-6-4
を用意した方がよいのでしょうか?
窒素分が入っていないので、この製品を選択肢にいれましたが、
花専用って事ではないですよね。

全然、窒素分が入っていない方がいいのか?
少し、窒素分が入ってもよいのか?
少し、窒素分が入っていた方がよいのか?

Aベストアンサー

近所の大豆の栽培では、
三成分入っている化学肥料ならば、なんでも良い

ということで、野菜用化学肥料
http://item.rakuten.co.jp/kminori/10001914/
を3-5g/本、雨の直前に根から3-6cm以上離してばら撒きます。

水肥が希望でしたらば、
乳鉢 http://item.rakuten.co.jp/pinoa/390257
に1g程度入れて、少量の水で粘性の高い液体にして、これを1000倍程度にうすめて、きれいなけん濁液にしてから如雨露で土に染みこむようにまきます。土の上を水が流れるようにまくと失敗です。葉などにつけると薬害(枯れる)を起こす場合が多いです。
「けん濁液」は重要です。一般の固体化学肥料では、クようせい燐、つまり、クエン酸に溶ける燐酸化合物が含まれているので水に溶けません。この濁った物体が根の表面に付着してから、はじめて吸収されますから。

水溶性燐の場合には、土から溶け出すアルミと反応して燐酸アルミという植物が溶かすとができない成分になってしまう場合が多い(ローム土など)です。だから、クようせい成分量が重要です。

ここが液肥の使い方を難しくしている原因です。

記載サイトはどこかの通信会社。取引経験はまったくありません。

大量に液肥が必要な場合には、すりばち
http://birdmore.tg.shopserve.jp/SHOP/9990928.html
に化学肥料と土を少しいれて、つぶします。「土を入れる」のは、溝の隙間に入った化学肥料を追い出すためです。土を混ぜて粘度の高い泥水にすれば、隙間から出てきますから全量が細かい粉になりますので。

固体のハイポネックスを使うのであれば、0.1-1g/本(なえの大きさによる)を根から1-3cm離して(なえの大きさによる。苗が高濃度の肥料で枯れない位置の意味)2週間に1回まくだけなのです。ハイポの液肥は使い方が難しいですよ。

近所の大豆の栽培では、
三成分入っている化学肥料ならば、なんでも良い

ということで、野菜用化学肥料
http://item.rakuten.co.jp/kminori/10001914/
を3-5g/本、雨の直前に根から3-6cm以上離してばら撒きます。

水肥が希望でしたらば、
乳鉢 http://item.rakuten.co.jp/pinoa/390257
に1g程度入れて、少量の水で粘性の高い液体にして、これを1000倍程度にうすめて、きれいなけん濁液にしてから如雨露で土に染みこむようにまきます。土の上を水が流れるようにまくと失敗です。葉などにつけると薬害(...続きを読む

Q農薬を使わない野菜の害虫駆除方法は?

庭で野菜(サラダ菜)を栽培しています。青虫ならず、小さい黒虫がせっかくの野菜を食い荒らします。農薬以外に害虫駆除方法がありますか?

Aベストアンサー

多少規模の大きな家庭農園で、京野菜を有機・無農薬で栽培しております。昔滞在していたイギリスでは、バラ、果樹、野菜の害虫に悩んでおり、彼らはOpen Gardenも楽しみなため、農薬を使わない害虫の忌避、殺虫法に強い関心を寄せております。一方、ケニアでは、良い農薬もあるのにと何の話をするのかと、お茶の話題にもなりませんでした。
(1)忌避
・日本では、「ストチュウ」の散布が普及しております。食酢、木酢、焼酎の希釈液を定期的に噴霧することで、作物生育を促し、同時にいくらかの忌避作用が青虫やウリバエにあります。ただし、悪乗りして**菌を添加しても、効果はありません。
http://kame65.seesaa.net/category/4243824-1.html
・不織布を利用し、虫の接触を断ちます。寒冷紗の使用は作物の生育を遅らせるのでお勧めできません。
・鳥よけに使われるキラキラ反射するカラーテ-プと、シルバーのマルチフィルムは、アブラムシ防除に有効です。
・堆肥の施用は播種・移植の1週前とし、完熟の堆肥を使用します。
(2)駆除
・園芸愛好家は「Green Finger」と言われておりますが、これはアブラムシを見つけ次第、指で殺すため赤緑に染まるため付けられた名称です。アブラムシ、青虫、毛虫は殺すか遠くに投げます。これがもっとも有効かもしれません。
http://www.eiga-kawaraban.com/01/01021602.html
・アブラムシは、蟻のサポートがありますので、なかなか撲滅できません。私は牛乳原液をアブラムシに向けて噴霧します。臭いが気になれば、乾いた翌日水をかけます。最近は噴霧式の洗たくノリもありますので、これも使えそうです。

 色々と試みましたが、天敵の利用などは施設園芸での話で、この程度の技術しか利用しておりません。キャベツ、ブロッコリでは無農薬では虫の害で商品にはなりませんし、不織布栽培しても価格競争で負けます。トモロコシでは、アワノメイガの害に毎年悩まされた結果、離れた畑で農薬を2回使います。試しにハーブを作物の中間に植えてみましたが、300坪の畑では、作業が煩雑で中止しました。
結論:(1)時期外れの作物は植えない。(2)土を作り、作物は順調に生育させる。(3)しっかり観察し、病気、虫の害を早く見つける。こんな基礎が大切です。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3380698.html

多少規模の大きな家庭農園で、京野菜を有機・無農薬で栽培しております。昔滞在していたイギリスでは、バラ、果樹、野菜の害虫に悩んでおり、彼らはOpen Gardenも楽しみなため、農薬を使わない害虫の忌避、殺虫法に強い関心を寄せております。一方、ケニアでは、良い農薬もあるのにと何の話をするのかと、お茶の話題にもなりませんでした。
(1)忌避
・日本では、「ストチュウ」の散布が普及しております。食酢、木酢、焼酎の希釈液を定期的に噴霧することで、作物生育を促し、同時にいくらかの忌避作用が青虫や...続きを読む

Qじゃがいも栽培失敗・・・原因として考えられるのは?

もうどうしようもないのですが、来年のためにアドバイスをください。

今年、初めてじゃがいも栽培に挑戦してみました。しかし、大きく育つ前に、ほとんどが枯れてしまいました。
まだ収穫時期ではないのですが、枯れてしまったので掘ってみると、枯れたどの株にもビー玉からピンポン玉大くらいの子イモが、1株あたり数個から10個くらいついていました。枯れた原因も気になりますが、気になっているのは元の親芋がどろどろに溶けていたことです。まるで膿のような色で気持ち悪いくらいドロドロでした。そういうものなんでしょうか?それとも何かの病気や異常のサインなのでしょうか?

状況は以下の通りです。

土は、今年の外構工事にときに余分に置いて行ってもらった新しい土です。真砂土というよりは、小石が少し混じった土ですが比較的さらっとした土で、粘土質ではありません。軽く苦土石灰を混ぜ込んでから植えました。

種イモは園芸店で買ってきたメークインです。小さいイモだったので切らずに植えました。畝に溝を掘って、イモとイモの間に堆肥を置きました。
植えたのは3月上旬で、4月上旬には植えたすべての種イモから芽がでました(28個)。その時点では特に異常は感じませんでした。
増えてきた芽を5月に入って間引きましたが、この時点でも4月と比べてもあまり芽の背丈は伸びておらず、全体的に葉の色も緑が少し薄いような印象を受けましたのを覚えています。
その後、葉に次々と黒い点が現れ、枯れる芽が現れてきました(黒点病でしょうか?)。
6月上旬には半分以上が枯れ、今日6/23にはほとんど全部が枯れてしまい、2株だけになってしまいました。残ったものは緑が濃い葉をしていますが、まだ背は低く20cmあるかないかという状況です。また、1株あたり2つの芽は残すようにしていたのですが、残ったのは株あたり1芽だけで、他の芽は枯れました。
当初、萎れるような様子は見られなかったので、植え付けからは水遣りはほとんどしていませんでした。黄色く変色した葉が見られるようになってからは少しだけ水をあげましたが、他の植物のようにじゃぶじゃぶになるほどに与えたことはありません。

ちなみに、すぐ隣の畝ではトマトとトウモロコシがかなり勢いよく育っていて、環境が劣悪というわけでもないようです。地域は、瀬戸内平野部です。

何か、来年に向けてのアドバイスがあればお願いします。

もうどうしようもないのですが、来年のためにアドバイスをください。

今年、初めてじゃがいも栽培に挑戦してみました。しかし、大きく育つ前に、ほとんどが枯れてしまいました。
まだ収穫時期ではないのですが、枯れてしまったので掘ってみると、枯れたどの株にもビー玉からピンポン玉大くらいの子イモが、1株あたり数個から10個くらいついていました。枯れた原因も気になりますが、気になっているのは元の親芋がどろどろに溶けていたことです。まるで膿のような色で気持ち悪いくらいドロドロでした。そういうも...続きを読む

Aベストアンサー

 ペーハー測定器は在った方が良いです。気づかないうちに酸性に傾いてしまいます。
ホームセンタ-等で4000円程度で売っている簡易型でよいと思います。
 大きくなる前に枯れ出してしっまたのは肥料不足も考えられます。堆肥を
入れて見てはいかがでしょうか?私も昨年から畑を開墾してジャガイモを作り出しましたが
堆肥は一般に言われている量の5倍、苦土石灰・消石灰・牡蠣ガラ灰もPH6.0以上に
なるまで相当量すきこみました。同時にバーミュキュライトと籾殻薫炭もすき込み
通気性と排水性を向上させておきました。今年はさらに溶性燐肥と高度化成を混ぜ、
堆肥・石灰を一緒に鋤き込んでから20CM程度の高畝にして種芋を植えました。
収穫は下の葉が黄色く成りだしてから(枯れる前)彫り上げました。種芋1Kgで
20~30Kgの収穫となり大変満足しています。草丈は50CM以上になりました。
来年からはPHの調整に適量の石灰と堆肥で行けると期待しています。

Q枝豆の葉の変色は病気でしょうか?さやも一つしかありません。

今年はじめて栽培を始めた超初心者です。
一ヶ月程前にホームセンターで
「滝姫」という茶豆のような味がするらしい枝豆の苗を買い
マンションのベランダで育てています。
栽培地は東京都内です。

赤丸のA部分と青丸のB部分にタイプの違う葉の変色があります。
ネットで調べてみましたが、
同じような症状の葉を見つけられず、
どうしたら良いのかわかりません。
ご存知の方に教えていただけると助かります。

虫よけのネットを被せてあり、
今の所コバエはいますが、他の虫はいないようです。

2〜3日に一回程度、
虫よけのために、
焼酎に唐辛子を浸けて水で薄めたものを霧吹きで吹きかけています。

栽培スペースがなくて小さな丸形のプランターで育てています。
西日ですが日当りは悪くは無いと思っています。

最近、小さいさやがひとつだけできました。
現在、1.5cmくらいの大きさです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【質問1】

A部分とB部分は何かの病気でしょうか?

【質問2】

さやが一つしか出来ていないのですが、
栽培開始一ヶ月くだいだとこんなものなのでしょうか?
これからいくつか、さやが出てくるものなのでしょうか?
(花も無いような気がするのですが。)

【質問3】
野菜用の土を買って使っているのですが、
追肥はした方がいいのでしょうか?
(苗を植えて一ヶ月ほど経ちました)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
補足にAとBの拡大写真をアップします。
どうぞよろしくお願いいたします。

今年はじめて栽培を始めた超初心者です。
一ヶ月程前にホームセンターで
「滝姫」という茶豆のような味がするらしい枝豆の苗を買い
マンションのベランダで育てています。
栽培地は東京都内です。

赤丸のA部分と青丸のB部分にタイプの違う葉の変色があります。
ネットで調べてみましたが、
同じような症状の葉を見つけられず、
どうしたら良いのかわかりません。
ご存知の方に教えていただけると助かります。

虫よけのネットを被せてあり、
今の所コバエはいますが、他の虫はいないようです。

...続きを読む

Aベストアンサー

質問1について
病気ですね。野菜栽培をするのであれば病害虫はつきものですから代表的な病害虫用の殺菌剤や殺虫剤を用意されたほうが良いのではないでしょうか。病害虫の対処は早ければ早いほどいいので。
質問2について
鉢のサイズはどれぐらいでしょうか?野菜用の深さのある角型のプランターであれば問題ありませんが小さな鉢だと根詰まりを起してうまく育ちません。大きくならないとか実が付かないといった症状がでます。
もう一つの問題として日照の問題があります。日当たりが悪いと花が付きません。当然実もつきません。枝豆(大豆)は特に日照が必要な作物です。
質問3について
元肥入りの培養土であれば殆ど必要ありません。肥料を与えるとすれば野菜用の液肥で1~2週間に1回程度で十分です。(花用液肥はダメです。窒素分が多すぎるので、窒素分の少ないものを使用すること。)

水遣りについて
絶えず過湿状態にしたら野菜でも花でも病気になるか根腐れをおこしてしまいます。風通しが悪いとなおさらです。鉢(プランター)のサイズにもよりますが多くて3~4日に1回ぐらいではないでしょうか。土の表面に湿り気があれば水を与える必要はありません。

質問1について
病気ですね。野菜栽培をするのであれば病害虫はつきものですから代表的な病害虫用の殺菌剤や殺虫剤を用意されたほうが良いのではないでしょうか。病害虫の対処は早ければ早いほどいいので。
質問2について
鉢のサイズはどれぐらいでしょうか?野菜用の深さのある角型のプランターであれば問題ありませんが小さな鉢だと根詰まりを起してうまく育ちません。大きくならないとか実が付かないといった症状がでます。
もう一つの問題として日照の問題があります。日当たりが悪いと花が付きません。当然...続きを読む

Qむかごから種芋を作る方法

園芸店で長芋や山の芋の種芋を購入して栽培をしたことはあるのですが、今度は自然薯を栽培してみたいと考えています。
昨年の秋、山へ自然薯を掘りに行ったときに、たくさんのむかごを取ってきました。
むかごから1年で大きな芋を育てるのは無理だとは思うのですが、翌年の種芋ぐらいは育てられるのではと考えています。
今がちょうど時期だと思いますので、どなたかうまく育てる方法をご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

>冬に畑をトラクターで鋤いてしまっていましたけれど。
むかごは.自然に落ちたところから.芽を出し育ちます。混ぜてしまうと芽が表面まで育たず枯れてしまいます。だから「蒔く」のではなく「捨てておく」必要があるのです。又.夏の雑草にも比較的弱いです。大きくなれば雑草に打ち勝てるのですが.1年目は枯れやすいです。下手に雑草を取ると枯らしてしまう為雑草が生えてもそのままにしているためかもしれません。
発芽率を計った事はありませんけど.100個ぐらい落ちるところで.芋まで育つのは5-6個程度でしょう。多分。掘っていると去年の芋か今年の芋かすぐ分かりますから。
ヤマイモ専用の場所(各1坪程度.3個所)を割り当てて育てています。大体毎年5-10本程度.むかごから育つようです。ただ.品種の違いがあるので.こちらは分かりません。又.畑によって多少違いがあり.むかごから育ちやすい場所は1個所だけです。冬期凍結が激しい日陰の場所等越冬が出来ない為と考えています。

Q葉の色が薄いのです(家庭菜園)

家庭菜園をやってるのですが、周りの畑に比べて私の畑のものは葉の色が薄いのです。虫の攻撃にもあいやすいカンジがします。本を読みながらやってるのですが、周りとの差は歴然。隣の芝生は青く見えるといいますが、ほんとうに青いんです。苗の生育も悪いです。ちなみに畑をはじめるにあたって苦土石灰を施し、適宜肥料は与えてたつもりなのですが。なにか思い当たることありましたら、教えてください。

Aベストアンサー

植え付ける野菜により好みの肥料や酸度があります。
http://www.ne.jp/asahi/nao-k/e/engei/etc/arukari.html
一般的に日本は酸性度であり、中和するのにアルカリ性の石灰を使用するわけです。
石灰は植物が育つのに必要な成分でもあります。
消石灰、苦土石灰、有機石灰など種類があり消石灰苦土石灰は植え付け前2週間ほどに混ぜ込みます。
苦土石灰はリン酸の吸収を助ける苦土が入っているのでおすすめです。
上記の2種の石灰ほど中和力はないですが有機石灰はすぐに植え付けられるという利点があります。
以上が中和。

次に肥料ですが、野菜にあった肥料がいいでしょう。
肥料に表示されているN:P:Kはチッ素、リン酸、カリウムを示します。
8:8:8で売られている化学肥料はそれぞれ8ずつの割合と言うことです。
肥料には暖効性でジワジワ効いてくる物から速効性で効く物があります。
暖効性は元肥として土に混ぜ込んでおくといいし、速効性は追肥に向いています。
化学肥料と有機肥料がありますが化学肥料ばかり使っていると土が痩せてくるため長年菜園したいなら有機肥料中心でいきましょう。
ま、追肥程度なら化学肥料がいいかもしれませんが…。

さて、チッ素ですがこれは葉を育てるための成分です。
ただし、やりすぎるとひ弱に葉ばかりひょろ長く育ってしまい病気にもかかりやすくなるので程良くあげましょう。
油かすなどを植え付け2週間ほど前に施すといいでしょう。
ただし、油かすは肥料焼けしやすいため注意が必要です(根にあたらないようにしてやるか熟成物を使い植え付けまで期間をあける)。
腐葉土もいいし、堆肥も土壌改善効果や連作障害軽減効果があります。
牛糞もいいでしょう。
追肥には硫安などがいいかもしれません。

リン酸は実や花を育てる成分です。
個人的には骨粉がお薦めです。
鶏糞なども土壌改善効果がありお薦めです。
過リン酸石灰を植え付け前に混ぜておくのも酸度調整を兼ねられるのでいいかもしれません。
リン酸は一般的には多すぎても問題がない成分といわれています。

カリウムは草木灰などに含まれ根を育てる成分です。
イモなどはこれがないとダメでしょう。
病気に強くなったり耐寒性を高めてくれる作用もあります。
また、日照時間不足の改善効果もあります。

サツマイモにチッ素ばかりやればツルボケしてイモがちっちゃくなるしトウモロコシでも実が出来なくなったりします。
肥料は植える植物によって調整しましょう。
リン酸は多くてもいいですが…。
また、肥料が根にあたると肥料焼けをおこし最悪の場合枯れてしまうので注意しまょう。

家庭菜園参考ページ
http://www.honda.co.jp/helloyasai/index.html
http://mamedamaru.dip.jp/saien/mameda.htm
http://www.jaac.or.jp/saien/
http://www.yasai-web.com/vege/sh/s.html

無農薬、虫対策
http://www16.ocn.ne.jp/~nouen/bouchu.htm
http://homepage2.nifty.com/tiba-infrc/tenshurui.htm
http://mamedamaru.dip.jp/saien/musi.htm

農薬
http://www.sumika-takeda-engei.co.jp/navi/

長文失礼しました。

植え付ける野菜により好みの肥料や酸度があります。
http://www.ne.jp/asahi/nao-k/e/engei/etc/arukari.html
一般的に日本は酸性度であり、中和するのにアルカリ性の石灰を使用するわけです。
石灰は植物が育つのに必要な成分でもあります。
消石灰、苦土石灰、有機石灰など種類があり消石灰苦土石灰は植え付け前2週間ほどに混ぜ込みます。
苦土石灰はリン酸の吸収を助ける苦土が入っているのでおすすめです。
上記の2種の石灰ほど中和力はないですが有機石灰はすぐに植え付けられるという利点があります...続きを読む


人気Q&Aランキング