エネルギー収支分析とは、またライフサイクルエネルギー収支分析とは
何なのですか?
それぞれの単語の意味することを教えて欲しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

お急ぎのようですので、現時点で私が今理解している範囲で書きます。



どちらもエネルギー収支分析ですが、
両者で大きく違うのはライフサイクルということですかね。

ライフサイクルというのは一台の車を例に取ると、その車が製造されて使用されて
廃棄されて処分されるまで(よくゆりかごから墓場までと例えられますが)のすべての
系を指します。
ですからライフサイクルエネルギー収支というのはその車が存在することで
過去(生産工程)、現在(使用時)、未来(廃棄)においてのエネルギー収支
のトータルと考えれば良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。
例もあってわかりやすく、よく理解できました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/14 23:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q独学でLCA(ライフサイクルアセスメント)を勉強するには

似たような質問で申し訳ありません。
私はこの度、独学でLCAを勉強することになった人間ですが、予備知識が全くと言っていいほどなく、何から手をつけたら良いのかわかりません。LCAを勉強するに当たって必要な知識は何なのでしょうか? 何か良い参考書等はないのでしょうか?
また、LCA分析ソフトがあると聞きましたが、どのようなものが良いのでしょうか? 簡単なものではExcelでもできるらしいのですが、どうやったらよいのでしょうか?

Aベストアンサー

エクセルでの入門書ですが、うーん、ちょっとわかりません。
でも、まずはLCAとはどんなものかということをお調べになった方がいいと思います。
(…と尤もらしく書いていますが、私も決して詳しい方ではありませんので、ご了承下さい)

ラフに検索をかけてみたところ、サイトでは以下の2箇所がわかりやすそうです。

「LCA入門から実用まで」のすべて
http://www.ecology.or.jp/member/lca/index.html

エコちゃんとトーク
http://www1.ttcn.ne.jp/~kankyo/index.htm

Q「エネルギー利用新技術」ってどういう意味ですか?

 大学院入試の小論文の過去問でいくつかのキーワードを用いて論文を書くんですが、「エネルギー利用新技術」という言葉の意味が良くわかりません。

意味がわかる方、解答お願いします!!

Aベストアンサー

「エネルギー利用新技術」といえば「新エネルギー」も一応含むものの、
「既存エネルギーに関する新技術」例えば、コジェネレーションなどの効率化、
無公害化、低公害化なども重要なファクターだと思います。

Q深海の生物のエネルギーは何ですか?

いつもお世話になっています。

深海の生物のエネルギーは何ですか?

日本の海洋調査の成果などもあり、深海でも多くの生命活動が営まれているこがわかっています。地表では太陽エネルギーを取り入れて植物が光合成をする。このことにより蓄えられたエネルギー(ブドウ糖)を全ての生物が結果として利用しています。

太陽光が届かない深海。生物は何をエネルギー源として利用し、どのような形でエネルギーを貯留しているのでしょうか?

Aベストアンサー

太陽光が届かない深海では、化学合成菌が地球内部から湧き出す海水に含まれる硫化水素やメタンをエネルギー源にして、有機物をつくっています。 生態系上その化学合成菌の次に来る生物がその有機物をエネルギーとし、さらにその生物を餌とする生物が連なっていくわけです。 そのため、この生態系は「化学合成生態系」と呼ばれます。

Q「エコロジー」という単語の意味

生態学は英語でエコロジーといいますが,最近は環境保護のこともエコロジーというようになりました.この使い方に違和感を感じるのですが,外国でもエコロジーをこのような意味で使うのでしょうか?

Aベストアンサー

>外国でもエコロジーをこのような意味で使うのでしょうか?

欧米では、『環境』を『保護または保全』する究極の『目的』は、『生態系』つまり『地球上のあらゆる生命体』を守りかつバランスを最適化することであると考えます。『エコロジー』という英語は、いわゆる環境活動の『目的部分』を示唆している言葉です。

『排気ガスを無害化して大気汚染を防ぐ』とか、『フロンの大気放出を止めてオゾン層破壊を遅らせる』とか、『CO2の排出を減らして温暖化の進行に歯止めをかける』とかいった耳慣れた諸施策は、いずれも地球上の生命体を守るための『保全手段』です。
これら環境保全の諸施策における狭義の『環境』のことを、英語では『Environment』と呼びます。

どうやら日本では、これら『環境保全手段』自体が目的化されているようで、なんのために環境を保全するのか?という『目的』については、言葉のうえでも、なぜか曖昧なままにされてきました。

>この使い方に違和感を感じるのですが,

『環境保全手段』が「目的』だと信じている日本人たちが、『手段』を論ずる場合でも、エンバイロンメントではなくエコロジーという英語を機械的に使うために、ついついあなたは違和感を感じてしまわれるのではないでしょうか?

>外国でもエコロジーをこのような意味で使うのでしょうか?

欧米では、『環境』を『保護または保全』する究極の『目的』は、『生態系』つまり『地球上のあらゆる生命体』を守りかつバランスを最適化することであると考えます。『エコロジー』という英語は、いわゆる環境活動の『目的部分』を示唆している言葉です。

『排気ガスを無害化して大気汚染を防ぐ』とか、『フロンの大気放出を止めてオゾン層破壊を遅らせる』とか、『CO2の排出を減らして温暖化の進行に歯止めをかける』とかいった耳慣れた諸施策は...続きを読む

Q秋田とエネルギー

秋田とエネルギーの関係性について勉強したいと思っています。

「秋田」と「サハリン2」「LNG」「天然ガス」「極東ロシア」などを結びつけることってできますか?
できれば、論文を書くときに、どのようなテーマでどのような論文構成にしていったらいいか、ご提案もいただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

秋田県には、主要港湾が3か所ありますが、「天然ガス」を大規模に受け入れる施設はありません。
男鹿の船川港には、石油備蓄施設があります。
能代港には、火力発電所用の石炭受入れ施設があります。
秋田の土崎港は、コンテナ運搬施設があり、プロパンガスの受入れ施設はあります。
秋田の沿岸部には、風力発電の風車が数多くあります。
内陸の八幡平には地熱発電所、また規模は小さいですが各地に水力発電所もあります。
秋田市にあった石油火力発電所は、老朽化の為、現在閉鎖されています。
原子力発電所は一つもありません。
秋田県のホームページおよび各都市のホームページを見ると施設関係の簡単な情報は得られます。
論文の資料作りに役立ちますようお祈りします。
ご参考まで


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報