卒業研究でロボットを製作することになりまして、DCモータのPWM制御について知りたいのですが、PWM信号をマイコンから出力するかICを使って出力させるかどうかも決まっていません.どちらの場合でも使用しやすいICや回路例などを示してくれると非常に有難いです.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

工場の制御に使うシーケンサが手っ取り早いですよ。


(回路を考える必要があるのなら話は変わりますが)
参照URLで検索結果が出ますので、左のフレームに有る”機能紹介”をクリックしてください。
右フレームに解決(例題プログラム・接続方法など)方法が出ています。
FP0の入手方法が必要な場合書き込んでください。
別途お教えいたします。

参考URL:http://ctlgserv.mew.co.jp/ctlg/acg/jpn/pcfa/pro_ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございました。
参考URLを見たのですが、この場合だと、
いくつかのモータを、同時に制御できると思います。
マイコン制御にはあまり自信がないのですが、
がんばってみたいと思います。

お礼日時:2001/06/15 12:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QDCモータについて

DCモータについてお尋ねします。
今,卒業研究でブラシレスDCモータを使用しているのですが
動きがどうも悪いです。
まず、カタログ値を参考にすると電源が24V,ポテンショメータ1-5Vに
比例して0-30000(rpm)(無負荷の状態)まで上がるらしいのですが
実際タコメータで計測してみると最高で8000rpmまでしかあがりません.
電圧に比例してrpmは上昇していくと思うのですが
計測結果(無負荷)からいいますと明らかに3Vで7600rpmまで上昇していて
その3V-5Vまででやっと400rpm上乗せされて5Vで8000rpmに到達します。
さらに説明書どおりに接続すると動かずに
違う接続方法で接続すると動きます.(かなり不思議)
また,おかしなことに手で少しまわしてやらないとDCモータが動きません.
これら上記の原因について少しでも分かる方,何でもいいので
回答よろしくお願いいたします.

Aベストアンサー

ブラシレス DC モータを直接制御しているのではなく、制御回路付きブラシレス DC モータを制御しているのですね。

速度がポテンショメータに比例しないのは無負荷だからではないでしょうか。

速度が定格の最高速度まで上がらないとのことですが、可能ならポテンショメータを最大にしたときの PWM デューティをオシロスコープで見てください。

デューティが 100% になっていればパワー回路の能力不足でしょう。
100% より低ければ速度制御アルゴリズムに問題がありそうですね。

手で少し回さないと起動しないのは起動アルゴリズムの問題だと思います。

QDCモータの電機子

マブチモータの電機子の鉄心をはさんでいる白いプラスチックは何のためにあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 回答に満足されていない様ですので、まぶちモーターは分解した事はありませんが、電機子(通常電流を流す巻線を施した鉄心入りの回転子部分の名前)を持つ構造の電動機や発電機を設計する際の、科学的基本知識をお話します。
 電動機(モーター)は、電流が磁界(物理学では磁場と訳して使う)と反応して、フレミングの左手3指の法則(暗記文の事、別名ローレンツの法則とも言う)の方向に動かされる力を受ける自然現象を、英国のフレミング工学博士が、その記憶法を言い当てたものです。他の理屈はありません。
 この力を有効に、回転力として利用した構造の一つが、モーターです。

 界磁巻線に電流を流して磁力線を作るにしても、或いは永久磁石で磁界を作るにしても、できる限り、回転する電機子巻線に流れる電流部分を通過する磁界=磁力線の強さが強い程、回転力が大きくなります。
 
 トランスの鉄心の中を通る磁力線が1番強いのですが、回転子を入れて回転させる事が出来ないので、鉄心の1部をくり抜いて回転子を挿入したのが、モーターや発電機です。
 次が大事な要点です。
 磁力線の通り道(磁気回路)の鉄心の1部が切り取られ、空気の部分が入ると、磁気回路の抵抗が大きくなり、磁力線密度が減ります=磁界の強さが弱まります。
 専門の方では、空気部分は磁力線が通りにくい事実が分かっています。気抵抗が大きいと言います。
 磁気回路の磁気抵抗を小さくするには、空気部分を小さくすると良いのです。
 つまり、空気部分は、電機子巻線と、巻線部分が回転して動ける部分だけにすると良い。そのためには、回転子を鉄にすると良いのです。
 電機子を鉄にするのは、空気部分を少なくし、磁界を強くする目的のためです。その他は、鉄部分をニスなどで絶縁した成層鉄心にするのは、磁力線を切る事で(電磁誘導で)発生する渦電流を少なくして、鉄心による無駄な発熱損を少なくするためです(トランスの鉄心も同じ)。
 鉄心にしたため、回転時の慣性の大きさを大きくする利点もあります。
 この構造で、もしも電機子巻線と鉄心の間の絶縁が悪く、巻線の2箇所が接触して、電機子巻線から電流が鉄心に流れ出ると、電気子巻線の2点間が鉄で並列に短絡(英語でショート、仕事をするのをサボって、近道する事の意味)されて2点間のコイル部分に電流が流れず、電機子巻線の巻き数が短くなったのと同じですから、巻線抵抗が少なくなり、電機子巻線電流が増え、温度上昇し、過熱し、焼く事につながります。鉄芯部分も電流により発熱するほか、余計な電流により、通過する磁力線に良い影響がないでしょう。
 電機子巻線と、電機子鉄心は、電気的に絶縁しないといけないのです。
 ・・・・・という、基本知識で考えましょう。

 回答に満足されていない様ですので、まぶちモーターは分解した事はありませんが、電機子(通常電流を流す巻線を施した鉄心入りの回転子部分の名前)を持つ構造の電動機や発電機を設計する際の、科学的基本知識をお話します。
 電動機(モーター)は、電流が磁界(物理学では磁場と訳して使う)と反応して、フレミングの左手3指の法則(暗記文の事、別名ローレンツの法則とも言う)の方向に動かされる力を受ける自然現象を、英国のフレミング工学博士が、その記憶法を言い当てたものです。他の理屈はありませ...続きを読む

Q液晶の階調表現、FRC、PWM、FRC+PWMについて教えてください。

色々なHPを検索しましたが、詳細がありませんので、アドバイスをお願いします。

液晶の階調表現について、勉強していますが、
(1)フレーム変調方式(FRC)と、
(2)パルス幅変調方式
の原理と、各方式のメリット、デメリットをご教授ください。
又は、HPを教えてください。
また、
(3)FRC+PWM方式と言うのも存在するようで、その原理と、特徴も教えて頂けたらと思います。
もちろん、それが載っているURLでもかまいません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。探してみました。以下URLがいいかも!

液晶ドライブ技術
http://www.ryutu.ncipi.go.jp/chart/DENNKI6/1/1-1-2.htm

参考まで

Q「分数をひっくり返して掛ける」ということを、式変形によって示しましょう 具体例:180÷5/3 どう

「分数をひっくり返して掛ける」ということを、式変形によって示しましょう
具体例:180÷5/3

どう説明すれば良いのでしょうか?

Aベストアンサー

180×3/5

何故そうなるのかに付いては、大学生にならないと理解出来ないと思います。

分数の定義から始まります。
小中学生の場合は「そういうもの」と言うしか無いです。

180÷1/2から始めます
ケーキが180個有ります。1/2はケーキ1個の半分。
半分ずつのケーキは180×2=360個作れる。
だから180÷1/2=180×2=360

小中学生には、こういう説明しか出来ません。

Qガスメーターにマイコンメーターがありますが、このマイコンメーターの名称の由来は何でしょうか?

ガスメーターにマイコンメーターがありますが、このマイコンメーターの名称の由来は何でしょうか?

Aベストアンサー

マイクロコンピューター。ガスの月平均利用量とか、急な流れなど危険を感じたら遮断して漏れの拡大防ぎます。地震震度が大きいと遮断します。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報