網膜剥離で、再手術になりそうです。一回目はバックリング手術でしたが
今度は硝子体手術になるといわれています。
 硝子体手術は眼科で一番難しい手術と聞いています。
合併症などが起きやすいとはほんとうでしょうか?

再手術なのですが、また再発した場合、再手術でまた硝子体手術を行う場合などあるんでしょうか?

あまり何回も行うとどのようなことが起こりうることがあるんでしょうか

詳しい情報を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

<目の構造を簡単に>


 外界の光は 虹彩の 瞳孔(絞り)で調整され ① 水晶体(レンズ)が厚く成ったり薄くなりしピントを合わせゼリー状の ② 硝子体を通り 奥の ③ 網膜(フィルム)に映されて、④視神経を通じて電気信号として脳に行きます。
眼球は ⑤ 角膜で外界から保護されています。目の上にある ⑥ 涙腺から一定量の⑦涙液が出て角膜や結膜を潤し傷や感染炎症を防いでいます。
①の水晶体が濁る ⇒ 白内障  ②のフィルム役の網膜に穴(網膜裂孔)が開き網膜の後ろに行き網膜が剥がれるのが網膜剥離です。     ・眼圧が高く成り④視神経を障害したのが緑内障
⑥の涙腺の炎症を涙腺炎。 ・ドライアイは ⑦の涙が減って、眼の表面が乾いたり傷つく事です(乾性角結膜炎、涙液減少症)
http://www.santen.co.jp/ja/healthcare/eye/eyecar …

  <裂孔原性網膜剥離に対する硝子体手術>   以下、東京逓信病院&宮原眼科医院から抜粋編集いたします。
・強膜バックリング手術が眼球を内側にへこませることによって網膜をけん引する力を弱めようとするのに対し、けん引する力そのものをなくする方法。
・網膜をはがそうとする力がなくなっても網膜が自然に眼球壁に接着しないので、
人工的に網膜を眼球壁に接着するような操作はする必要があります。
・手術中にレーザー光線を使う方法(網膜光凝固術)と網膜を眼球の外側から凍らせる方法(網膜冷凍凝固術)があります。硝子体手術中にこのどちらかの手術を併用。

・硝子体の切除    局所又は全身麻酔 で行う。
1)切除する為に角膜の横に小さな穴を3ヶ所開け、そこから細い器具を眼内に挿入し、眼の中の出血や濁りを硝子体と共に取り除きます。その後、網膜の病変に対する治療を行ったのち、手術終了時に眼内を水・空気・ガス・シリコーンオイルのいずれかに置き換えます。
シリコンオイル使用時は(術後数か月~数年経って網膜剥離が落ち着いた時期に手術を行って、眼内からシリコンオイルを取り除くことがある)
2)手術は1~2時間程度(質問者さまの場合この他にバックリング除去が必要です)
 
3)手術後、黒い輪の様なものが見えることがあります。1~2週間で自然に消失する。
水の中を覗いているように揺れ動く感じに見えたり、細かい点が見えたりします。眼内に空気やガスが入っているためです。これらは次第に少なくなり、最後には泡になって消る。
手術後充血やゴロゴロした感じが残ることがあるが時間とともに改善していきます手術後の視力は、術後安定するまで6~12ヶ月かかります。(症状によります。)
病気が治っても、物が小さく見えたり、歪んで見えたり、少し暗く見える場合がある。
症状によって、うつ伏せ・座位・ベッド拳上・横向きなどが必要になります。
4)網膜剥離を再発するなどの合併症は有り得る。

 こちらが一番簡単で分かり易いサイトだと思います。
http://www.eyedoctors.jp/ecpmb/operation/opevit. …

 出来るだけ分かりやすく編集したのですが・・・お解りになるか?ですが。参考に成れば幸いです。
詳細は大学病院で聞いて下さい。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

またまた、何度も、ありがとうございます。
非常にわかりやすく、詳しい説明ありがとうございます。

医師に聞いても、なかなか詳しく説明いただけず困っていました。。
バックルは除去するというのは、知らない情報でした。

初回の手術でも、直後は大きり輪が瞼に映っていました。
このようなことだったのですね。(数日で消えました)

バックリングの時は痛みがひどかったです。硝子体手術は痛みはバックリングより少ないと
聞いていますので、少し安心しています。


長文でわざわざいただきありがとうございます。

お礼日時:2015/08/18 20:43

こんにちは。



硝子体手術は目の中を直接いじるので、眼科では一番難しい手術であるのは間違いないでしょう。
ただ、硝子体手術を実施される病気は網膜はく離だけではありませんので、担当される方は硝子体手術の実績が沢山あると思いますよ。

また、再手術で硝子体手術を行なう可能性はある様です。再手術で効果が得られない場合は失明となってしまうようです。

手術の成功を祈っております。頑張ってください。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q硝子体出血後の増殖性網膜剥離

54歳で強度の近視です。昨年9月下旬近くの病院で「裂孔原生網膜裂孔」で左目レーザー凝固。二週間後硝子体出血で視界ゼロとなり大学病院の救急に行くも満床で入院できず、硝子体出血が引くのを待ちながらレーザー凝固を行うことでBモードなどの検査もおこなうことになりました。
出血が引く一方で変視が発生するも主治医に対応してもらえず、硝子体出血後4週間で左目が剥離。「増殖性網膜剥離」で硝子体手術(シリコン充填)。3月にシリコン抜去と増殖膜除去手術を行いましたが変視症は改善せず矯正視力0.2です。硝子体出血の後すぐに硝子体手術を受けておれば「増殖性」の剥離に至らなかったのではないか?セカンドオピニオンを求めておくべきだったなどと後悔しています。
右目も裂孔があるとのことで9月レーザー凝固を受けており、万一の場合迅速に対応したいと考えていますのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

網膜硝子体疾患専門の眼科医です。
おっしゃるように、出血を放置することによって増殖性変化が出たものと思われます。出血には様々な炎症物質が含まれていますので、長時間硝子体出血が遷延すると増殖しやすくなります。
ましてや質問者の方は高度近視ですから、私なら1週間ぐらい様子を見て出血がひきにくいなら手術に踏み切ります。
質問者の方は関東や少し郊外の方でしょうか?(関東や田舎の方で硝子体手術ができる人が少ないですからね、、、、)
硝子体手術は誰もができる手術ではなく、術者によってはすぐには手術に踏み切れず、手当てが遅れることがあります。
今後のことを考えた場合、右眼の裂孔以外でも、網膜の薄くなっているとこがあるなら、全ての箇所をレーザーしていただいておいたほうが良いでしょうね。

Q視力 網膜剥離の手術後メガネを作りに行き視力を測ると手術をした方が矯正しても0.3以上見えな

視力




網膜剥離の手術後メガネを作りに行き視力を測ると手術をした方が矯正しても0.3以上見えないと言われました。それを聞きびっくりしてその際は作るのはやめました。手術後4ヶ月弱です 日がたてば視力はもっと良くなるのでしょうか?

Aベストアンサー

主治医はどのように説明していますか?

一般的に網膜剥離の術後の視力に関しては、
黄斑が剥がれていない場合には手術前と同程度にまで回復する場合もありますが、
黄斑が剥がれてしまっていた場合には、もとどおりの視力に戻ることは難しくなってしまいます。
網膜剥離が発生から間もない状態であり、剥がれている範囲も小さい場合は、
見え方ももとどおりに回復する可能性が高いといえます。

網膜はものを見るための神経の膜です。
網膜は10層の組織から構成されていて、最も深い部分を網膜色素上皮と呼びます。
網膜剥離とは、何らかの原因で網膜が網膜色素上皮から剥がれてしまう状態のことです。
ものを見る中心部分を黄斑と呼び、ここは光に対して最も敏感な部分。

Q硝子体混濁の治療方法教えてください。

硝子体混濁の治療方法教えてください。
母が硝子体混濁で病院にかかっているのですが
医者には自然と吸収されるだろう。といわれたそうなのですが、あまり吸収そうなのです。
硝子体混濁で治った方っていますか?

Aベストアンサー

かなり、専門的なお話になりそうです。
まず医者に、詳細な説明を要求しましょう。

あと、参考になりそうなURLを二つ
つけますのでお読み下さい。

参考となれば幸いです。

参考URL:http://www.gankaikai.or.jp/index.html,http://www.kufm.kagoshima-u.ac.jp/~op/

Q網膜剥離の再剥離って?

網膜剥離手術を受けた後、翌日から時々光視症を感じましたが、これって再剥離の徴候でしょうか?

バックリングや光凝固をした箇所は今後、剥離しないのですか?
剥離はそれ以外のところで起きるのですか?
再剥離の徴候にはどんなものがあるのですか?飛蚊症の増加?

一度あることは二度有る…二度有ることは三度ある…
取り越し苦労でしょうか?

Aベストアンサー

再手術の経験者です。
ずいぶん前ですが、右目の網膜剥離で術後約一ヶ月で2度目の手術をしました。

その後、今度は左目が網膜剥離になりました。そのときは再手術なしでOKでした。

> バックリングや光凝固をした箇所は今後、剥離しないのですか?

そんな保障はないはずです。
あなたのお医者さまはなんとおっしゃいましたか?

> 再剥離の徴候にはどんなものがあるのですか?飛蚊症の増加?

はいそうです。
ただ、光視症を心配されているようですが、わたしの場合術後しばらく目の中の光は消えてくれませんでした。ですから、術前ならともかく、術後では剥離の兆候とはいえないのではないでしょうか。

Q緑内障と網膜硝子体の手術について

70歳になる母が緑内障と網膜硝子体の手術をする事になりました。
母は手術の詳細を聞いているようなので、どんな手術?と尋ねても
年寄りなのでうまく説明が出来ません。
電話で主治医に詳細やリスク等を聞こうとしたら、
25日の入院時に説明すると受付の人に言われました。
26日に右目 緑内障と網膜硝子体の手術
29日に左目 網膜硝子体の手術  1週間程入院します。
10年以上前から中央性網膜剥離?で時々レーザー治療をしていましたが、人から聞いた他の病院に行き急に手術するようになりました。
手術の詳細やリスク、手術をする事が効果あるのか等、
何でも良いので知っている方は教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。

 下記サイトをご参照下さい。
  http://www.yomiuri.co.jp/iryou/medi/jitsuryoku/20050606ik0c.htm
  網膜硝子体手術は顕微鏡で眼球の内部を見ながら、網膜を修復する高度な手術で限られた病院でしかできない手術のようです。上記サイトに地域別・病院別の手術件数が載っています。
 緑内障の方はレーザー治療だと思いますが、これは網膜硝子体手術に比べると難易度は低いです。(日帰りで手術できる程度。私も緑内障です。)
  http://www.sakanishiganka.com/ryokunai.html

では。

Q網膜剥離の手術

2週間位前から視力の低下(もともと裸眼で0.06の近視)が気になりだし、最近は目の疲れも出てきています。
(仕事がら一日中PCを使っているのですが、以前は特に目の疲れは感じませんでした。)
明日、眼科での診察予約をしましたが、少し不安なので質問したいのですが。。。

教えてgooで網膜剥離を検索していろいろ参考になりましたが、もし網膜剥離の場合、治療は痛みはないのでしょうか?
もし、手術となった場合、目の手術と聞いただけでとても怖いのですが、麻酔はどこにするのでしょうか?
目を開けたままの手術だと想像するのですが、怖さとか痛みはどうなのでしょうか?

Aベストアンサー

網膜剥離の手術について・・・

現在での麻酔は殆どが局所麻酔です。全身麻酔になると、身体に必要以上の負担が掛かるので、余程の事がない限り、現在では眼科の手術は局所麻酔です。
(余程の事:動く恐れがある人→眼科の手術はそれこそ1ミリ以下の操作もある為、患者さんが小さな動きをしただけでも、怖い)

局所麻酔は目薬と注射です。
白内障でしたら、目薬だけでやる医師もいますが、網膜剥離でしたら、両方でしょう。
眼球の後ろへの注射というのが、目のすぐ下(骨と目の間の辺り)から打ちます。医師によって使用する針は変わりますが、真っ直ぐな針を使用する医師もいれば、眼球に合わせて曲げられた針を使う医師もいます。
後はこめかみの辺りから打つ方法もありますが、最近は殆どしない様です。

手術室に入る前に病棟の方で目薬をうたれます。その影響で、一時的に目が見えなくなるはず。(瞳孔を広げて視覚を奪う)
それが効き難い人もいますが、そういう人には、別の方法(特殊な重りみたいなもので眼球を圧迫したりする)を使う事もあります。

手術中に麻酔の効き目が弱くなり、痛くなったら、医師に伝えれば麻酔は追加されるはずです。

ちなみにその目以外はほぼ全身(もしくは上半身)は布・紙で覆われるので、もう片目は隠されている状態です。

手術方法については・・・網膜剥離の状況によって変わるので、何とも言えませんけど、手術自体、怖い・緊張すると感じて普通ですので、緊張してどうしようも無いという場合は精神安定剤を出されると思います。

手術中、手術する目は開けられたままです。瞼を開けておく器械で、ずっと開けた状態のはず。引っ張られたり、つつかれたり、押されたり・・・そんな感覚は出るとは思いますが、痛ければ我慢せずに伝えるのが基本かと。そうしないと、自分が痛いという事実は解っては貰えません。あまり我慢し続けると、逆に血圧が上がってしまったりして良くないですしね。
痛みというのは自分自身にしか解らないものなので、我慢するよりは伝えてどうにかして貰って下さい。

網膜剥離の手術について・・・

現在での麻酔は殆どが局所麻酔です。全身麻酔になると、身体に必要以上の負担が掛かるので、余程の事がない限り、現在では眼科の手術は局所麻酔です。
(余程の事:動く恐れがある人→眼科の手術はそれこそ1ミリ以下の操作もある為、患者さんが小さな動きをしただけでも、怖い)

局所麻酔は目薬と注射です。
白内障でしたら、目薬だけでやる医師もいますが、網膜剥離でしたら、両方でしょう。
眼球の後ろへの注射というのが、目のすぐ下(骨と目の間の辺り)から打ちます。...続きを読む

Q硝子体の検査は どのような機器を備えている眼科でできるの

硝子体の検査は どのような機器を備えている眼科でできるのでしょうか。

地元のクリニックでは眼底検査をしてくれただけでした

Aベストアンサー

大学病院の眼科医です

受診の際、暗室で眼科医がする検査で角膜、水晶体、硝子体、網膜まで
全て見えます、その時に硝子体もはっきり見えています。

尚、検眼鏡はgoogleで検索すればある程度理解できるでしょう。

Q網膜剥離の手術後の経過について

強度近視で網膜剥離になり手術をして1ヶ月半です。ガスを入れて2週間横向きで過ごしました。
現在は自宅で療養中です。黄斑部が半分位はがれていたとのことでした。
黄斑部がはがれると元の視力まで回復しない、歪みが残ると。
現在の状況は、疾患した目は裸眼で0.04、矯正で1.0~1.2で、若干暗く感じます。
健康な目は裸眼で0.08,矯正で1.2です。
両目で見ると(コンタクト、眼鏡)歪んで見えてクラクラします。
家の中では家事は出来ますが、特にお店に買い物に行くと歪みを感じ疲れてしまいます。
このような状況が今後も続くとなると不安でたまりません。
今後どのような経過をたどるのか、この状況を我慢しなければならないのか。
経験者の方、あるいは専門家の方のアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

経過は人によって違います。一般的に落ち着くまで半年~一年かかると考えてください。
黄斑が半分も残った状態で対処できて良かったじゃないですか。矯正で1.0でれば十分ですよ。
私は全部はがれていました。視力は何とか残っていますが視野がかなり狭くなりました。

ゆがみはどうしても残りますが、そのうち脳が慣れてきます。疲れない程度に両目で見る練習をして徐々にならしましょう。「そのうち」と書きましたが、一月単位で考えるようにしましょう。しばらくは視力の変動も続きます。錯視や福祉などの症状がきついときは、プリズム眼鏡を使用する方法もありますので、通院の際に主治医に相談しながら経過を見てください。

強度近視からきている以上、もう片方の眼も常に注意するようにしましょう。
ちゃんと処置はできているので、疲れるようなことはしないで徐々にならしましょう。

Q近視の硝子体について

一ヶ月前から明るい場所や目をつぶったりするときに左目に見える小さい黒い点が気になったので、本日眼科に行って眼底検査をしたところ、その黒い点の正体は、私が強度の近視のため、硝子体がにごって、黒く見えるということでした。
網膜剥離になる危険もあるので、毎月定期健診をと言われたのですが、

(1)もし視力が回復することがあれば、硝子体のにごりは元にもどって黒い点は見えなくなるのでしょうか?

(2)そのなかで網膜剥離になるのはほんの1、2割だということですが本当なのでしょうか。

他の方と似たような質問で申し訳ありませんが、
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>(1)もし視力が回復することがあれば、硝子体のにごりは元にもどって黒い点は見えなくなるのでしょうか?
おそらく『飛蚊症』なのだと思いますが、硝子体混濁は治りませんから見えなくなる事はないと思われます。

>(2)そのなかで網膜剥離になるのはほんの1、2割だということですが本当なのでしょうか。
硝子体混濁には先天的なもの、後天的で病的意義のないものがほとんどです。
急に数が増えたりしない限りは大丈夫ですが、定期的な検診は続けた方が安心ですよ。

そんな僕も先天的に硝子体混濁があり、幼い頃から黒い点が見えていました。
皆には見えないものだと知ったときは驚きました(笑)。

Q網膜剥離の手術歴のある人のコンタクト使用

過去に手術歴がある人がコンタクトを使用しても問題ないのでしょうか?
知り合いにメガネが不自由なのでコンタクトを考えている人がいるのですが、
大丈夫という医師と避けるようにアドバイスする医師がいるそうです。
ネットでも意見が分かれているようなんですが、本当はどうなんでしょう。

Aベストアンサー

網膜剥離とコンタクトは一見直接関係が無いように見えますが、網膜の状態によってはコンタクトを避けるべきものがあります。

網膜剥離の原因や現在の網膜に血管病変(動脈硬化とか出血のしやすさなど)がある場合には、角膜の循環(眼紡水と言います)が悪くなっている人がいます。その場合、角膜への酸素供給がどうしても低下するコンタクトは避けるべきですし、角膜に傷などができると治りにくく瘢痕化(角膜が白く濁る)の原因にもなります。

網膜剥離の原因によってはコンタクトは避けなければなならないことは当然あります。ネットで解答が得られる内容ではなく、網膜の状態を見た医師でなくては判断できません。

網膜の具合は○○病という病気の状態ではなくても「ちょっとコンタクトはやめておいたほうがいいな‥」と医師が感じる状態はいくらでもあるので“面倒だ”という理由程度ではコンタクトはやめたほうがよいかもしれません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング