gooポイントが当たる質問投稿キャンペーン>>

発電機の無効電力や進相運転について勉強しています。
私自身、電力科出身ではないので、文系出身の人にも分かるように回答頂ければと思います。

1.) まず無効電力とは、負荷側と電源側を往復するだけで、消費されない電力である。という認識で間違いないでしょうか? 単純に、
[発電所で発電→送電線で送電→変電所にて変圧→送電線で送電→各需要先で消費]
上記のイメージで考えて、発電所側(電源側)から変電所側(負荷側)までの送電線の間で、無効電力が往復されている、ということでしょうか?

2.) フェランチ効果について。
  フェランチ効果とは、受電端電圧が送電端電圧より上昇する現象である、という認識です。
  http://denkinyumon.web.fc2.com/denkinokiso/feran …
  上記のHPを閲覧してみましたが、いまいちピンと来ませんでした。
  つまるところ、電源とモーターの距離が極めて長く(静電容量が大きい)、モーターが停止中であると、フェランチ効果により受電端電圧が上昇する、ということでしょうか?

3.) 上記を発電に置き換えた時に、電源とモーターの距離関係=長距離送電線 モーター=電力需要
  として考えられるのかなと思います。
  発電所でフェランチ効果が考えられるとしたら、深夜帯等で電力需要が少ない時になるのでしょうか?
  またフェランチ効果により電圧が上昇する、というのは、送電線を往復している遅れ無効電力が静電容量により蓄えられため、でしょうか?

4.) 進相運転について。
  進相運転をする意味としては、発電機から進み無効電力(-Var)を作り出して、フェランチ効果により送電線に蓄えられている遅れ無効電力(+Var)を打ち消し、フェランチ効果を抑制している、という認識で良いのでしょうか?

 以上となります。
 文系出身者の方にも分かるように説明するにはどうすれば良いのか難儀しています。
お詳しい方がいらっしゃいましたら、どうかご教授お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「無効電力」を感覚的に理解するには、「交流では、電流と電圧がずれる(このズレを、正弦波の「ズレ」として「位相角」と呼ぶ)」ことを理解することが大切です。


 通常は、正弦波の振動数を一定として、複素平面上の「電流ベクトル」と「電圧ベクトル」のなす「角度」として図示されます。

 たとえば「RCL回路」だと、こんなサイトを参照ください。
http://eleking.net/study/s-accircuit/sac-3simped …

 既にご承知のことと思いますが、「電流」と「電圧」とは、「コンデンサー」や「コイル」などの負荷インピーダンスによって位相がずれますが、「電力」として仕事をするのは「抵抗」に流れた「電流」です。つまり、仕事に寄与する電圧は、「電圧のうち、電流と同じ位相の成分」ということになります。これが「有効電圧」ということで、「電圧のうち、電流と90°ずれた位相の成分」を「無効電圧」と呼ぶわけです。
 「電流」×「有効電圧」=「有効電力」(実際の消費電力)、「電流」×「無効電圧」=「無効電力」と呼びます。
 位相を無視した「電流」と「電圧」の絶対値を直接かけ合わせたものが「皮相電力」です。
 「電流」×「電圧」=「皮相電力」
 ベクトルなので、(有効電力)^2 + (無効電力)^2 = (皮相電力)^2 の関係です。
 上記は、例えばこんなサイトを参照ください。
http://eleking.net/study/s-accircuit/sac-power.h …

 ここまでが前置きで、各質問について。


>1.) まず無効電力とは、負荷側と電源側を往復するだけで、消費されない電力である。という認識で間違いないでしょうか? 

 「交流」なので「行ったり来たりしている」と考えれば「負荷側と電源側を往往する」ということになりますが、上に書いたように、電流と電圧の「正弦波」が位相分だけズレて流れている、と考えた方が理解しやすいと思います。
正弦波の「プラス」が「往」、「マイナス」が「往」に相当しますが、単に「ズレている」だけで、正弦波は一方向に進みます。


>2.) フェランチ効果について。

 私も完全に「フェランチ効果」を理解しているわけではありませんが、負荷が減少することにより送電線の「コンデンサー」要素が卓越して「遅れ位相」(電流に比べて、電圧が遅れる)となり、「発電端電圧」を一定に制御すると、送電線の「抵抗」「コイル」分の電圧降下ベクトルとの合成で、「受電端」の電圧が高くなる現象だと思います。
 あくまで「電圧」であって、「消費される電力」ではありません。「電力」と考えると混乱しますので、「電流」と「電圧」とで分けて考えた方がよいと思います。
 「位相のズレ」が、通常の「進み」から「遅れ」になることによる、「電流と電圧の位相差が逆転することによるトリック」みたいなものと考えればよいと思います。


>3.) 上記を発電に置き換えた時に、電源とモーターの距離関係=長距離送電線 モーター=電力需要
>  として考えられるのかなと思います。

 それでよいと思います。

>発電所でフェランチ効果が考えられるとしたら、深夜帯等で電力需要が少ない時になるのでしょうか?

 上記「2)」に書いたようなことかと思います。モーターは巻線がコイルですので、これが運転中には受電端は「進み位相」(電流に比べて、電圧が進む)となっています。これが停止した夜間は、「長距離送電線」のコンデンサー成分による「遅れ位相」(電流に比べて、電圧が遅れる)になるわけです。

>またフェランチ効果により電圧が上昇する、というのは、送電線を往復している遅れ無効電力が静電容量により蓄えられため、でしょうか?

 コンデンサーに蓄えられるのは「実電荷」であり、「遅れ無効電力が静電容量により蓄えられる」ということはあり得ません。上に書いたように、「遅れ無効電力」という実体のないもので考えるのではなく、あくまで「電流」と「電圧」と、その間の「位相」という実体で考えた方がよいと思います。(コンデンサーは、「電流」を貯め込んで「電圧」が上がる、「電流」を放出して「電圧」が下がるという、「電流に比べて電圧が遅れる」というものですから)


>4.) 進相運転について。
>  進相運転をする意味としては、発電機から進み無効電力(-Var)を作り出して、フェランチ効果により送電線に蓄えられている遅れ無効電力(+Var)を打ち消し、フェランチ効果を抑制している、という認識で良いのでしょうか?

 この辺は詳しくないのでよくわかりませんが、
(1)発電機側の励磁を下げることで、電流に対して電圧の位相を進める
(2)送電網の中で、需要家側(受電端側)のコンデンサーを開放してもらい、負荷のコンデンサー分を減らす
(3)負荷側をバイパスする「分岐リアクトル」(つまりコイル)で負荷のコイル分を増やす
ことで「遅れ位相」を改善し、フェランチ効果を抑制するということだと思います。

 「送電線に蓄えられている遅れ無効電力(+Var)を打ち消し」というのは、ちょっと違うような気がします。上にも書いたように、あくまで「電流」と「電圧」と、その間の「位相」を、発電機側、受電側の両方で改善する、ということかと思います。
    • good
    • 0

1)


無効電力とは、交流回路において有効電力を送電するために必要な電力です。遅れ無効電力を消費するのはリアクトルであり、遅れ無効電力を発生させるのがコンデンサです。進相運転とは、発電機に遅れ無効電力を消費させる運転です。励磁電流を弱めることにより発電機の端子電圧を低下させ、電力系統のコンデンサ成分が発生する遅れ無効電力を吸収させます。これにより電力系統の電圧が異常に上昇するのを防ぎます。
無効電力はエンジンに例えれば潤滑油のような存在であり、有効電力は燃料のような存在であると言えるでしょう。

2)
フェランチ効果とは、負荷の消費する遅れ無効電力よりも、電力系統のコンデンサ成分(静電容量)が発生する遅れ無効電力のほうが相対的に多い状況です。これは、休日深夜で負荷の消費電力が少ない時に発生します。
この対策としては、上記1)の進相運転や、分路リアクトルの系統への接続があります。



3.)
イメージとしては、その考えでいいと思いますが、送電線を往復している遅れ無効電力というよりは、送電線に電流が流れることにより、コンデンサ成分(静電容量)は遅れ無効電力を発生するということです。
コンデンサに交流電圧を印加すると、電圧に対して90度進んだ電流が流れます。つまり進み無効電力を消費します。消費と発生は相対する事象であり無効電力の遅れと進みも相反する事象であります。つまり、静電容量は90度遅れた電流を発生させるということになり、静電容量は遅れ無効電力を発生するということになります。


4.)
その考えでOKです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q発電機 無効電力 進相運転について

カテゴリを間違えてしまいましたので、再投稿します。
発電所の無効電力について教えて下さい。

深夜帯等で電力需要が少ない時は、送電線に遅れ無効電力が発生し、系統の電圧が上昇してしまうと聞きました。
そしてその電圧の上昇(フェランチ効果?)を抑えるために、発電機を進相運転にして進み無効電力を作り、送電線から戻ってくる遅れ無効電力を吸収している、と聞きました。
そこで疑問があります。

1.) 電力需要が少なくなると、なぜ遅れ無効電力が発生するのでしょうか?

2.) 遅れ無効電力が発生すると、どうして系統の電圧が上昇するのでしょうか?

3.) 遅れ無効電力と進み無効電力を吸収する、という上手いイメージが湧きませんでした。計算式によって成り立つものだとは思うのですが、言葉で説明するにはどう説明すれば良いでしょうか?

電気については詳しくなく勉強中のため、なるべく砕いた説明をして頂けたらと思います。
詳しい方がいらっしゃいましたら、ご教授をお願いいたします。

Aベストアンサー

無効電力や、フェランチ効果については、もう一方の(「エネルギー」カテ)質問への回答に書きました。併せて参照ください。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9088930.html


>1.) 電力需要が少なくなると、なぜ遅れ無効電力が発生するのでしょうか?

 負荷が減少することにより長距離送電線の「コンデンサー」要素が卓越して「遅れ位相」(電流に比べて、電圧が遅れる)となり、無効電力が「遅れ」側になるということです。
 発電機は、通常「進み位相」で制御しますので、通常時は「進み無効電力」ですが、送電線の長いところで、夜間の電力需要が減ると、「遅れ無効電力」になります。

 「遅れ無効電力が発生する」というよりも、「進み」であった無効電力が「遅れ」になる、ということかと思います。

(↓ 参考サイト)
http://denkinyumon.web.fc2.com/denkinokiso/feranchikouka.html


>2.) 遅れ無効電力が発生すると、どうして系統の電圧が上昇するのでしょうか?

 「フェランチ効果」です。もう一つの質問への回答にも書きましたので再掲します。
 負荷が減少することにより送電線の「コンデンサー」要素が卓越して「遅れ位相」(電流に比べて、電圧が遅れる)となり、「発電端電圧」を一定に制御すると、送電線の「抵抗」「コイル」分の電圧降下ベクトルとの合成で、「受電端」の電圧が高くなる現象だと思います。
 上昇するのはあくまで「電圧」であって、「消費される電力」ではありません。「電力」と考えると混乱しますので、「電流」と「電圧」とで分けて考えた方がよいと思います。
 「位相のズレ」が、通常の「進み」から「遅れ」になることによる、「電流と電圧の位相差が逆転することによるトリック」みたいなものと考えればよいと思います。


>3.) 遅れ無効電力と進み無効電力を吸収する、という上手いイメージが湧きませんでした。

 「無効電力を吸収する」と言うとらえ方だと、本質を見失います。あくまで、「電流」と「電圧」の位相で考えた方がよいと思います。
 
 この辺は詳しくないのでよくわかりませんが、
(1)発電機側の励磁を下げることで、電流に対して電圧の位相を進める
(2)送電網の中で、需要家側(受電端側)のコンデンサーを開放してもらい、負荷のコンデンサー分を減らす(位相の遅れを軽減する)
(3)負荷側をバイパスする「分岐リアクトル」(つまりコイル)で負荷のコイル分を増やす(位相の遅れを軽減する)
ことで「遅れ位相」を改善し、フェランチ効果を抑制するということだと思います。

無効電力や、フェランチ効果については、もう一方の(「エネルギー」カテ)質問への回答に書きました。併せて参照ください。
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9088930.html


>1.) 電力需要が少なくなると、なぜ遅れ無効電力が発生するのでしょうか?

 負荷が減少することにより長距離送電線の「コンデンサー」要素が卓越して「遅れ位相」(電流に比べて、電圧が遅れる)となり、無効電力が「遅れ」側になるということです。
 発電機は、通常「進み位相」で制御しますので、通常時は「進み無効電力」ですが、送...続きを読む

Q同期発電機の進相運転について。

今3種の電力を勉強しています。
インターネットなどで調べたのですが、答えが無く質問させていただきます。よろしくお願いします。
最近はケーブル送電の増加などにより、深夜などの軽負荷時に無効電力が余剰となり系統電圧が上昇しやすくなっている。(フェランチ現象の話でここは理解できます。静電容量が大きいCが大きいと電流IはI=JωCVで無効電力はQ=JωCV^2となって大きくなるからだと思います、ILにICが打ち勝って進み力率になるのもわかります)

問題は次の文章なのですが、

このため余剰無効電吸収のため、発電機の進相運転を行い発電機の励磁電流を減少させて行う。ただし、内部相角差が大きくなり安定度が減少します。とのないようです。なぜ発電機の進相の運転をすると無効電力が減少するのでしょうか??同じ働きをするものに同期調相機がありますが、同期調相機の場合は進み力改善は同様に励磁を弱めてリアクトルと同じ働きをさせると思うのですが関係があるのでしょうか??励磁を弱めると内部起電力が低下しE=444Fωφの同期機の誘導起電力の式から内部角差SINσ=XP/VrVsが大きくなり安定度が悪くなるのは調べてわかったのですが。大変長くなりましたが最後まで読んでいただきましてありがとうございました、ご教授よろしくお願いいたします。

今3種の電力を勉強しています。
インターネットなどで調べたのですが、答えが無く質問させていただきます。よろしくお願いします。
最近はケーブル送電の増加などにより、深夜などの軽負荷時に無効電力が余剰となり系統電圧が上昇しやすくなっている。(フェランチ現象の話でここは理解できます。静電容量が大きいCが大きいと電流IはI=JωCVで無効電力はQ=JωCV^2となって大きくなるからだと思います、ILにICが打ち勝って進み力率になるのもわかります)

問題は次の文章なのですが、

このため余剰無効電...続きを読む

Aベストアンサー

#1お礼欄に関して。
「電流は(電圧の)高いほうから低いほうに流れる」という考え方はしないほうが良いかと思います。(位相差の問題などもあるので。)
「端子電圧と誘導電圧の差(交流なので、振幅だけでなく位相差も考慮する必要がある)と内部インピーダンスによる電圧降下(内部インピーダンス*電流) が一致するような電流が流れる」と考えるべきでしょう。

遅れ進み。
電流の遅れ進みを考える場合には、電流をどの向きを基準にとっているか(同期機から流れ出る向き(発電機)か、同期機に流れ込む向き(電動機)か)を考慮する必要があります。基準の向きが変わると、電流の(電圧に対する)遅れ、進みの表現も変わります。(たとえば、コンデンサは、流れ込む向きを基準にすると進み電流が流れています(進み無効電力を消費、と表現できる)が、流れ出る向きを基準に取ると逆に遅れ電流が流れていることになります(遅れ無効電力を供給、と表現できる)。

回転子の進み遅れを言う場合には、端子電圧に相当する磁界の向きに対して、回転子の基準軸(あるいは回転子鎖交磁束の方向)が進みか遅れか、で言うように思います。

#1お礼欄に関して。
「電流は(電圧の)高いほうから低いほうに流れる」という考え方はしないほうが良いかと思います。(位相差の問題などもあるので。)
「端子電圧と誘導電圧の差(交流なので、振幅だけでなく位相差も考慮する必要がある)と内部インピーダンスによる電圧降下(内部インピーダンス*電流) が一致するような電流が流れる」と考えるべきでしょう。

遅れ進み。
電流の遅れ進みを考える場合には、電流をどの向きを基準にとっているか(同期機から流れ出る向き(発電機)か、同期機に流れ込...続きを読む

Q同期発電機の無効電力について

電気の勉強をしている者ですが、解釈が合っているかわからないので質問しました。

発電所の発電機は界磁電流を調整して常に力率1になるようにして送電しているのでしょうか?そうした方が損失が減るから良いんですよね?それが一つと二つめは

ある参考書には負荷には無効電力が必要だから送電は力率1で送り需要家側でコンデンサから無効電力を供給してやると書かれていたんですが、今までの自分の解釈だと電力用コンデンサは無効電力を打ち消して力率を1に近づけるものだと思っていました。しかし、ある参考書では無効電力は 回転磁界を作ったりするのに必要な電力と書かれていました。そこで矛盾したような感覚に陥ってしまいました。まとまってなくてすみませんが、わかる方いたらよろしくおねがいします

Aベストアンサー

1)発電機は負荷側での消費電力に見合う分の発電が必要で、有効電力も無効電力も同じです。従って界磁電流の調整で常に負荷の力率を打ち消す無効電力を発生させています、負荷は力率1が理想ですが、常に変動しています。

2)モーター等の負荷は遅れ力率であるが、コンデンサーを挿入する事で遅れ力率を吸収して打ち消します、但しモーターの負荷は常に変動して、常に力率1に出来る訳ではありません、従って若干の遅れ力率の供給が発電機より必要です。

3)「電力用コンデンサは無効電力を打ち消して力率を1に近づけるものだと思っていました」その通りです
   モーターなどは遅れ電流となるが、コンデンサーは進み電流が流れ、遅れ電流を打ち消して力率を1に近づけますが正確に1には出来ません、その分は発電機の界磁電流の制御で発電機で吸収し打ち消します。

4)「ある参考書では無効電力は 回転磁界を作ったりするのに必要な電力と書かれていました。」その通りです
   モーターなどでは回転磁界を作る事でモーターは回転します、この時に遅れ電流が流れます。

5)モーターの負荷は常に変動し、その遅れ電流も変動します、コンデンサーは一定の進み電流となり打ち消すが、モーターの負荷変動に追従は出来ず、その分は発電機で打ち消します、発電機は界磁電流で連続的に変動に対応します。

6)送電線の電流を減らし、送電線での電力ロスを減らす為には負荷側でコンデンサーを挿入して調整しますが、調整しきれない分は発電機の界磁電流の調整で行います。

7)負荷側にコンデンサーを挿入して力率を1に近づける事で電力の基本料金が割り引かれます。

             参考になるかな??

1)発電機は負荷側での消費電力に見合う分の発電が必要で、有効電力も無効電力も同じです。従って界磁電流の調整で常に負荷の力率を打ち消す無効電力を発生させています、負荷は力率1が理想ですが、常に変動しています。

2)モーター等の負荷は遅れ力率であるが、コンデンサーを挿入する事で遅れ力率を吸収して打ち消します、但しモーターの負荷は常に変動して、常に力率1に出来る訳ではありません、従って若干の遅れ力率の供給が発電機より必要です。

3)「電力用コンデンサは無効電力を打ち消して力率を...続きを読む

Q力率の「進み」「遅れ」

業務で利用している電力設備に力率計なるものがあり
中央にcosφとあり針はLead(進み)の0.98を指し示していましたが
これがどのような意味合いなのかさっぱり分かりません。

いろいろ他の質問とかを見てみると「遅れ」は良くて「進み」は良くないとありました。
どの程度良くないのでしょうか?
ユーザー設備に支障が出る可能性もあるとありましたが、どの辺りの値からが危険値なのでしょうか?

Aベストアンサー

NO.3です。

 電源が自家発でないとすれば問題は負荷端の電圧上昇のみとなります。
 進み力率(容量性負荷)による負荷端の電圧上昇は、受電系統のインピーダンスや負荷率によって変わりますが、力率計が設置されている設備を基準として、そこから負荷までの配線インピーダンスを5%(リアクタンスのみ)負荷率を100%とした場合、負荷端の電圧は力率の変化によりおおむね次のようになります。

力率 おくれ
      0.8  97.1%
      0.8598.7%
      0.9  97.9%
      0.9598.6%
      1.0  100.1%

力率 すすみ
      0.98  101.1%
      0.95  101.7%
      0.9  102.3%
      0.85  102.7%
      0.8  103.1%
      0.7  103.6%

電圧上昇は負荷率が高いほど大きくなります。

Q三相交流のV結線がわかりません

V結線について勉強しているのですが、なぜ三相交流を供給できるのか理解できません。位相が2π/3ずれた2つの交流電源から流れる電流をベクトルを用いて計算してもアンバランスな結果になりました。何か大事な前提を見落としているような気がします。

一般にV結線と言うときには、発電所など大元の電源から三相交流が供給されていることが前提になっているのでしょうか?

それとも、インバータやコンバータ等を駆使して位相が3π/2ずれた交流電源2つを用意したら、三相交流を供給可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

#1です。
>V結線になると電源が1つなくなりベクトルが1本消えるということですよね?
●変圧器のベクトルとしてはそのとおりです。

>なぜ2つの電源の和を「マイナス」にして考えることができるのかが疑問なのです。
●もっと分かりやすいモデルで考えてみましょう。
乾電池が2個あってこれを直列に接続する場合ですが、1個目の乾電池の電圧をベクトル表示し、これに2個目の乾電池の電圧をベクトル表示して、直列合計は2つのベクトルを加算したものとなりますが、この場合は位相角は同相なのでベクトルの長さは2倍となります。

同様に三相V結線の場合は、A-B,B-Cの線間に変圧器があるとすれば、A-C間はA-B,B-Cのベクトル和となりますが、C-A間はその逆なのでA-C間のマイナスとなります。

つまり、どちらから見るかによって、マイナスにしたりプラスにしたりとなるだけのことです。

端的に言えば、1万円の借金はマイナス1万円を貸したというのと同じようなものです。

Q力率が進みすぎたときの障害について

 ビルの設備管理をしています、受電設備のうち高圧側にコンデンサーが2組あり、常時1組入っており、負荷が増えると手動あるいはタイマーでオン、オフするようになっています。(20年以上前の設備です)
 この夏時期にタイマー運転で2組オンになっている時に負荷の減少によって力率が90パーセントを越えて進む方向になることがありました。
 同僚の一人が「このぐらい進んでも何も問題ない1台にして遅れとなって無効電力を出すことが管理をしているものとして恥ずかしい」と言いました。
 しかしほかの同僚は「力率メーターが90パーセントぐらいを指しているのを見るのは違和感がある、進んだことで逆に消費電力が増えることがあるんじゃないか」といいました。
 力率が進みすぎた時の不都合と何パーセントぐらいの進みなら許せるのか皆さんの回答をお願いします。
 

Aベストアンサー

こんばんは。

まず、コンデンサを設置する理由は正確にわかっていますか?

通常の工場負荷(電動機がほとんど)は誘導性負荷のため、遅れ力率
となります。
これは、系統の無効電力を吸い込み電圧を下げることと、需要家に
とっても消費電力(VA)が大きくなるため、電力会社は力率割引な
る制度を設けて、各需要家にコンデンサを設置してもらい、今まで系
統側で入れていたコンデンサの低減と、無効電力現象による送電ロス
を減らそうとしました。

しかし、この割引制度は力率が進み側になっても今度は罰則金が無い
ため、需要家は夜などの軽負荷時もコンデンサを切らず、系統にVarを
突き上げてフェランチ効果による異常電圧の発生や、系統へのShRの
増設を余儀なくされています。

また、力率(Cosθ)=1(100%)が無効電力が無く、一番良い
状態と思いますが、ご質問は進みの90%と言う意味でしょうか??

だとすれば、ありがちな話ではありますが・・・回答としては。

1.遅れ力率とすると電力料金の割引率が下がるのですぐにわかるが
 進みとなった場合は割引率が変わると言うことがないため、多くの
 需要家が進み力率で運転しています。同僚の言う、遅れ無効電力を
出すと言うのは、電力の力率割引が適用されなかった場合を言ってい
るのでしょう。

2.他の同僚が言うように、力率1以外は無効電力が発生して、力率
 1の時よりも電気料金は増えているはず。(負荷が進み力率になると
 系統側に無効電力を突き上げ電圧を上げる)

3.何パーセントの進みなら許せるかと言うと私の感覚的には5%以
 内でしょうか。軽負荷時にコンデンサを切らないと、他の需要家の
 電圧を押し上げたり弊害がありますし、効率も下がるので極力1に
 近づけるように入り切りするべきでしょう。
 

こんばんは。

まず、コンデンサを設置する理由は正確にわかっていますか?

通常の工場負荷(電動機がほとんど)は誘導性負荷のため、遅れ力率
となります。
これは、系統の無効電力を吸い込み電圧を下げることと、需要家に
とっても消費電力(VA)が大きくなるため、電力会社は力率割引な
る制度を設けて、各需要家にコンデンサを設置してもらい、今まで系
統側で入れていたコンデンサの低減と、無効電力現象による送電ロス
を減らそうとしました。

しかし、この割引制度は力率が進み側になって...続きを読む

Q静電容量って何ですか?

各電線メーカーの電線便覧等にKm当たりの静電容量が記載されておりますが、静電容量とはどういう原理で存在するのでしょうか?
ケーブルの静電容量は、ケーブルが長くほど、太いほど多いとされていますが、どうしてなのでしょうか?

Aベストアンサー

>>5で回答した者です。
>>2補足欄については>>7の方が触れていますが、そもそもケーブルにはシースアース(接地のシールド層)がある
ため、懸架位置は影響しません。導体とシースアースの位置関係、絶縁体の特性によってKm当たりの静電容量を
掲載されているということです。
裸線であれば、絶縁体である空気がコンデンサの誘電体にあたりますから、懸架位置によって静電容量が変動します。
そのため電線メーカーの電線便覧にはKm当たりの静電容量は掲載されていないと思います。

電極間の距離(絶縁体=誘電体の厚さ)を>>5の例で考えれば、「水槽の深さ」が妥当かと思います。
 ・厚さ(深さ)を薄くすると容量(体積)が減る
 ・電圧(水圧)を上げて耐用値を超えると絶縁破壊(水槽が破壊)
   ※この場合の水槽は上面開放でなく密閉構造で想像していただいた方が分かり易いです。

Q対地静電容量って

電気について勉強しているもの(電工2種の知識程度)です。
質問1 漏電と地絡は同じと解釈していいでしょうか?
質問2 対地静電容量という言葉がどうも理解できません、架空電線は大地から空気絶縁されていると思うんですが、本などでは大地から電線へコンデンサの記号を介して電流が流れるように見えるんですが、意味がわかりません、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問2 対地静電容量
コンデンサは導体と導体の間に絶縁物を入れたものです。
電線(導体)と大地(導体)の間に絶縁物(空気)を入れているのでコンデンサとなります。
 単位あたり(例えば1mあたり)静電容量としては小さくなりますが配電線など距離が長いので大きな値になったりします。
地面に対する静電容量というイメージでよいです。
ですので「大地から電線へコンデンサの記号を介して電流が流れるように見えるんですが」のその通りです。
電流が流れるかどうかは静電容量の大きさと電圧の大きさによります。

Qフラッシオーバ=絶縁破壊?

フラッシオーバ=絶縁破壊と考えても良いのでしょうか?
本などを見ていると2つとも言い回しを使い分けているようにも
感じられるのですが、ニュアンスなどの違いについて教えて下さい。

Aベストアンサー

大抵の場合は、フラッシュオーバ(火花放電)=絶縁破壊、と捉えてよいかと思います。

ただ、送電線ガイシのアークホーンのように、火花放電用のギャップを絶縁体から離して取り付けて、火花放電が起きても絶縁物に影響(劣化)が出ない(放電終了後は元通りの絶縁耐力にもどる)ようなケースもあるので、完全に「=」とは言えない場合もあるかと思います。
(固体中だと、火花放電を伴わない絶縁破壊、というのもあるかもしれません。)

ニュアンスとしては
フラッシュオーバは、「火花放電」という物理現象そのものに着目した表現、
絶縁破壊は、「絶縁」という機能の喪失に着目した表現、
と言う具合に、着目点の差による使い分けをしているように思います。

Q中性点とアースの違い

配線図を見ると、トランスの中性点から、接地線が「アース」がとられていますが、中性点とアースは、同じなのでしょうか?中性点から、アースをとっても、同じなのでしょうか?地中から、トランスに電流を逃がすのと、直接中性点に逃がすのと、違いは、?あるのでしょうか?

Aベストアンサー

中性点とアースは、同じなのでしょうか?
@どちらも大地に接地極を埋設しているのですが目的は全く違います。変圧器内で高圧と低圧が混食すれば電灯やコンセントの100V回路に6,600Vの高電圧が印加されて大変危険です。B種アース(トランスの中性点のアース)があれば高圧側(変電所等)でその電流を感知して地絡継電器が動作し高電圧を遮断できます。
中性点から、アースをとっても同じなのでしょうか?地中から、トランスに電流を逃がすのと、直接中性点に逃がすのと、違いは、?あるのでしょうか?
@中性点にアースを接続しては絶対ダメです。もし接続すれば電源線から負荷を通じて中性線に流れる電流(負荷電流)がアースを接続したところから分流して漏電電流になります。当然漏電ブレーカーはトリップします。


人気Q&Aランキング