先日、佐賀で大きな竜巻が起こったそうですが、それでもアメリカの中西部起こる竜巻よりは小さいようです。アメリカでは直径800mもの大きさのものもあるそうです。水辺を通ったあとは、空からサカナやカエルが降ってくるとか・・。
どうしてアメリカでは巨大な竜巻が起きて、日本ではあまり起こらないのでしょうか?
ご存じの方がいましたら教えてください。m(_ _)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

まだ竜巻のメカニズムについては未解明な部分が


多々あるようですが,一般的に考えられそうな事として。

巨大竜巻を成立させるには、発生と成長のフェーズが
を経るかと思われます。

◎発生
積乱雲に伴って大気中に上昇気流が発生する。

◎成長
周りの空気を巻き込む事で成長する。

成長のフェーズで、周りに障害物が多いと大量の空気を
巻き込む事が出来ず、また障害物に竜巻がぶつかる事で
エネルギーを奪われます。

よってアメリカのように広大な平坦地が少ない日本では
巨大な竜巻が発生しにくいのではと考えられます。

ただアメリカ程でないにせよ、日本でも強力な竜巻が
発生する事はあります。発生のきっかけとなる積乱雲が
超巨大なもの(スーパーセル)の場合に、強力な竜巻が
発生したという事例があるようです。

http://www.maing.co.jp/maimai/newsdon/L_newsdon/ …
http://www5e.biglobe.ne.jp/~tooriame/meteolology …
    • good
    • 0

自信がありませんが、、、


アメリカなどの大陸の内陸部の方が、地表面近くの気温が上がりやすいので、急激な上昇気流やそれに伴う積乱雲も発達しやすいので竜巻も起こりやすいのかと思います。
    • good
    • 0

 アメリカへ行ったら、何でも大きいそうで。

ハンバーガーもホットドッグも特大。ポテトは大盛り。特大のコカコーラを頼んだら、一人じゃ飲みきれない。

 それはともかく、地形の複雑さが違います。海と山とが入り組んでいる日本列島が、アメリカ大陸と同じ気候にならないのは、一目瞭然です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qつむじ風

つむじ風と台風の発生は、どちらも回転して渦を巻くという点で共通しているように見えますが、発生する場所やそのスケールも異なりますよね?このような異なる現象が発生する原因は何でしょうか?

Aベストアンサー

つむじ風は「カルマン渦」といって強い流れがあるとその両側にできる空気の渦巻きです
竜巻はこれの規模が大きくなったものです

台風は海上で発生した上昇気流が周囲から水蒸気を集めてできた熱低気圧です
水蒸気が供給される間は発達を続けます

このように
つむじ風は周りの空気の流れでできた渦巻きなので周りの風が弱まると消滅します
規模は小さく大きな竜巻でも直径は100メートルくらいで強い風の範囲も狭いし寿命も長くて1時間くらいです
台風は自分でエネルギーを集めるので周りの水温が低くなるまでは勢力を保ち続けます
寿命は短くても1週間はあります
大きさもエネルギーも桁外れに大きいですね

Qなぜ、低気圧の場所では、上昇気流が起こるのですか?? また、高気圧の場所では、下降気流が起こるのはな

なぜ、低気圧の場所では、上昇気流が起こるのですか??
また、高気圧の場所では、下降気流が起こるのはなぜですか??
中学2年でも分かるように教えて頂けたら嬉しいです(﹡´ `﹡)

Aベストアンサー

地面や海面で空気が暖められて上昇気流がおきるとどうなりますか。空気圧が軽減しますね。つまりその場所は気圧が下がる。上昇気流があるところが低気圧。低気圧だから上昇気流が起きるということではありません。
高気圧は上空で空気が冷えて重くなった空気が落ちてくる。下降気流ですね。ここでは下に押さえる力(風が吹いてくれば世風圧を感じたり、体が流されます)が生じる。従って気圧が高くなる。

Qつむじ風の映像は売れたのでしょうか?

最近、サッカーの試合中に突然発生した
つむじ風の映像がよく流れています。

父兄が偶然撮影したようですが、
あの映像は放映の度に撮影者に謝礼が支払われているものなのでしょうか?

だとすれば、その額はどれくらいのものでしょうか?

Aベストアンサー

あったとしてもほんの少しだと思います。

それよりはスクープ大賞に応募したほうが高額が望めると思います。

Q土星の輪の内側は、何もない空間だそうですが、地球も似たような状態ではないのですか?

「土星の輪の内側、何も無い広大な空間 探査機カッシーニ」というタイトルのニュースがありました。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170506-00000033-jij_afp-sctch

記事中「NASAの研究者らは、これまでに土星の輪の間で宇宙塵(じん)すら見つかっていないことに驚いているという。」という一文があります。
タイトルから推測するに、「土星の輪の間で」というのは「土星の輪の内側で」という事だと思います。
けれども「宇宙塵(じん)すら見つかっていない」というのはつまり、土星の引力につかまって全部引き寄せられてしまったからと考えるのが普通のようにも思えます。
地球の周囲もゴミがいっぱいあるという話を聞きますが、たぶん地球も、地球の引力につかまって全部引き寄せられてしまった空間があると思います。
NASAの研究者らが驚いているというのは結局、土星の引力が思ったより強かったということなんでしょうか?

Aベストアンサー

土星本体とその輪の両方の引力が影響すれば、その中の空間には何も残らないでしょうね。
土星の引力が引き寄せる前に輪がフィルターの役目をするのかな。電気掃除機みたいに。

地球も、月がもっとしっかりすれば(笑)宇宙ゴミなんてなくなるかもしれない。

Q竜巻 メカニズム。

竜巻が起こるメカニズムで、お願いします。検索致しましたが、今一つ、当方に疑問が残ります。画像を添付させて頂きます。当方は、今の今迄、竜巻と言うモノは、上空に積乱雲があり、その直下の地表の温度に差が出来、つむじ風のようなモノが発生し、その気流が上へ、上へと伸び、やがて上空の積乱雲と結び付くと思っていましたが、先程の天気予報では、「積乱雲から伸びた」と言っていました。とすると、当方の見解とはまったくの逆で、下から上と伸びるのでは無く、上から下に向かって伸びているのでしょうか?目に見える部分、つまり渦巻きと言うのか?それ自体は、ほんの一部という事なのでしょうか?

Aベストアンサー

英語ではよく、竜巻が「touch downする」という表現をします。上から伸びてきて地表に達するからそういう表現をするんでしょう。
この動画をみると、上から下に向かって伸びてきてるのがよくわかると思います。
https://www.youtube.com/watch?v=7KDz6dGQ5RE

Q直径45m 重さ13万トン

2/16日に小惑星が観測史上 地球に最接近するそうです

この小惑星が地球に落下する可能性は皆無に等しいとのこと

ところで、もしこのサイズの小惑星が隕石となって地球に衝突した場合は、どのような被害が予想されますか?

衝突速度は、11km/sec程度の場合です

Aベストアンサー

こちらのページにシミュレータがあります。
http://impact.ese.ic.ac.uk/ImpactEffects/

で、稠密な岩として70度で陸地(土質)に激突するとこうなります
http://impact.ese.ic.ac.uk/cgi-bin/crater.cgi?dist=1&distanceUnits=1&diam=45&diameterUnits=1&pdens=&pdens_select=3000&vel=11&velocityUnits=1&theta=70&wdepth=&wdepthUnits=1&tdens=2500

これによると、地上4Kmで砕けてしまう野で、地面には破片が降り注ぐと言うことのようです。

Qなぜ竜巻が発生したとき竜巻と言わないのでしょうか?

竜巻が発生したとき、ニュースでは「竜巻と見られる突風」というのはなぜでしょうか?映像からして明らかに竜巻であっても、気象庁が”竜巻”と断定するまで”竜巻”と言いませんよね。
雷が発生したとき、「雷と見られる稲妻」とは言わないはずです。なぜこのような言い方をするのでしょうか?

Aベストアンサー

 細く渦巻く強風は竜巻とは限らないからです。竜巻は上空でできたつむじ風が成長したものを言います。必ずしも地上に接触するとは限りません。

 細く渦巻く強風には、竜巻以外に以下のようなものがあります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%9C%E5%B7%BB#.E9.A1.9E.E4.BC.BC.E3.81.AE.E7.8F.BE.E8.B1.A1

Q宇宙望遠鏡でなら、近くの恒星を観測すると、その輪郭(直径)が分りますか。

望遠鏡で、近くの恒星を観測すると、その輪郭が分りますか。すなわち、光が滲んでいるようでなく、その星の直径が分りますか。望遠鏡といっても、おそらく地上のそれではなく、宇宙に打ち上げらた望遠鏡でしょうが。

Aベストアンサー

4.3光年のプロキシマ・ケンタウリなら、その輪郭は判っていますよ

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%83%9E%E3%83%BB%E3%82%B1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%A6%E3%83%AA


直径も判っています。

Q「たつまき(竜巻)」と「つむじかぜ(旋風)」の違い

今日は雨よりも強風が気になる一日でした。

ふと思ったのですが、たつまき(竜巻:tornado)とつむじかぜ(旋風:whirlwind)の違いはなんでしょう。違いを教えてください。

また、ドロシーが遭遇したのは竜巻?それとも旋風?(私の記憶では竜巻です。)


辞書的な意味では

竜巻:局所的な旋風、龍が旋回しながら昇天するさまに見たてていったもの、激しい雷雨をともなった旋風、野茂の投球ホーム

旋風:はげしく渦巻状に吹き起こる風、せんぷう

となりますので、竜巻は旋風の一種といえるのでしょうか?


回答よろしくお願いします。(格闘技の技や戦隊ものの必殺技、ミステリーサークルに関する記述はお断りします。)

Aベストアンサー

すみません、No.5のsaionです。
「トップ」ではなく「突風」でした。

あと、書き忘れましたが「オズの魔法使い」でドロシーが飛ばされるのは「竜巻」です。英語では「Tornado(トルネード)」ですね。
ドロシーが住んでいたカンザス州はアメリカの中央部でトルネードがしばしば発生することが知られています。

これは、大陸中央部は日中、日射によって気温が上がり大気の状態が不安定となり、積乱雲が発達するからです。

Qアンドロメダ星雲はおよそ1兆個の恒星から成る渦巻銀河で直径22~26万光年と聞いてますが、どうやって

アンドロメダ星雲はおよそ1兆個の恒星から成る渦巻銀河で直径22~26万光年と聞いてますが、どうやって確かめたのか?

Aベストアンサー

アンドロメダ”星雲”ではなく、アンドロメダ”銀河”ですよ。
昔は、銀河と星雲との区別が明確ではなかったのでアンドロメダ星雲やアンドロメダ大星雲などと呼ばれていました。

アンドロメダ銀河の大きさは、まず距離を推定する事からですね。
ケファイド変光星という、変光パターンから明るさを推測できる変光星から距離を見積もってきました。
昔は天の川銀河と200万光年ほどの距離と言われていましたが、近年はその距離の見積が少しづつ大きくなっています。
今後の天文学や物理学、観測技術の進歩でどのように距離が修正されるのか予測は出来ませんが、何倍にも大きく変わることは無いと私は思います。

大きさはアンドロメダ銀河までの距離と、観測した直径で求められるのですが、これも不確定な部分が多いですね。
天の川銀河や大小マゼラン雲(マゼランは何故か未だに雲も多いですね…)等が属する局所銀河群の中では最大の銀河であるのは間違いないのですが、
どこからどこまでが銀河に含まれるのかは、アンドロメダ銀河でも周囲のハローの部分も含むようになり大きさを見積もるようになってきて、
昔よりも直径が大きく見積もられ、今は22-26万光年とされています。

アンドロメダ銀河の大きさも距離も、他の銀河も含めて、色々な観測的な事実や天文学物理学の進歩で、銀河の定義や範囲がどこからどこまでなのか等、
人間の知見が広まり議論が深まると、今とは少し違った見積り方になると思います。
銀河に関することでは、解明されていないダークマターの存在が大きさに影響を与えるかも知れませんね。

アンドロメダ”星雲”ではなく、アンドロメダ”銀河”ですよ。
昔は、銀河と星雲との区別が明確ではなかったのでアンドロメダ星雲やアンドロメダ大星雲などと呼ばれていました。

アンドロメダ銀河の大きさは、まず距離を推定する事からですね。
ケファイド変光星という、変光パターンから明るさを推測できる変光星から距離を見積もってきました。
昔は天の川銀河と200万光年ほどの距離と言われていましたが、近年はその距離の見積が少しづつ大きくなっています。
今後の天文学や物理学、観測技術の進歩でどのように距...続きを読む


人気Q&Aランキング