来年から年金受給となります。年金にかかる住民税、所得税について知りたいのですが。
自分の年金は年140万円程度です。妻と合わせると世帯収入は400万円位となります。
この場合、自分の年金にかかる税金はどれ位になるのでしょうか。
宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

年金に対する税金は年齢により、


違いがあります。

来年から年金を受給される人は
①老齢基礎年金を受給条件の65歳に
 なられる方
②老齢厚生年金の報酬比例部分を
 受給される62歳の方
が想定されます。

65歳を境に年金の控除が変わります。
公的年金等控除
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1600.htm

年金収入140万から②と思われます。

年金収入140万
×公的年金等控除75%
-控除額37.5万
=①67.5万(合計所得)
この所得は国民健康保険料の翌年度の
 算定基礎額となります。
(※地域により算定率などが変わります。)

仮にこの所得から国民健康保険料を
払うと地域によって違いますが、
年8万円ぐらいはあると思われます。
これが社会保険料控の対象となります。

     所得税  住民税
②基礎控除 38万  33万
③社保控除  8万   8万
④合計   46万  41万

①から④を引くと課税所得が
出ます。それに税率をかけると、
おおよその税金が求められます。
     所得税  住民税
⑤課税所得 21.5万  26.5万
⑥税率    5%    10%
⑦税金   1.1万   2.7万
⑦の所得税は、
復興特別税が2.1%付加され
約1.1万。
住民税の2.7万は所得割と呼ばれ、
これに均等割5000円をプラスする
必要があります。従って住民税は、
2.7万+0.5万≒約3.2万
となります。

変動要素は来年1年間支払う社会保険料
(③の金額)で、それで税金額が変わります。

社会保険料には
国民健康保険の他に、
会社で加入している
健保組合の健康保険料
厚生年金保険料、
国民年金の任意加入の保険料
などもあります。

税金の計算過程の明細を添付します。

いかがでしょうか?
「年金にかかる所得税、住民税について」の回答画像5
    • good
    • 5
この回答へのお礼

内容、良く分かりました。いろいろ有難う御座いました。

お礼日時:2016/01/05 19:01

貴方は65歳未満ですね。


・所得税
140万円-70万円(控除)=70万円(所得)
70万円-38万円(基礎控除)=32万円(課税所得)
320000円×5%(税率)=16100円(税額)
なお、復興特別所得税もかかりますが大した額ではないので省きます。
・住民税
140万円-70万円(控除)=70万円(所得)
70万円-33万円(基礎控除)=37万円(課税所得)
370000円×10%(税率)-2500円(調整控除)=34500円(税額)
あと、均等割(定額)5000円で、計39500円
合計55600円

健康保険料や生命保険料払っていればその分控除できるので、税金はこれより安くなります。
また、他に収入があれば、その金額によっては、税金はこれより高くなります。
なお、貴方の場合、奥様の収入は貴方の税金に関係しません。
奥様の年収が給与年収の場合、141万円未満なら貴方は控除を受けられるので税金安くなりますが…。

もし、貴方が65歳以上なら、控除が120万円なので税金かかりません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

参考になりました。有難う御座いました。

お礼日時:2016/01/05 19:00

>妻と合わせると世帯収入は400万円…



税法に「夫婦は一心同体」などという言葉は載っていず、夫婦合算する意味などどこにもありません。

ただ、国保や後期高齢者医療保険は、加入者全員の所得が反映されますが、それも「収入」は関係なく「所得」の合計です。

>自分の年金は年140万円程度…

何歳ですか。
65歳未満なら「所得」は 70万、60歳以上なら 20万です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1600.htm

>自分の年金にかかる税金はどれ位…

年金だけの税金というのはありません。
他の所得と合算しての「総合課税」
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2220.htm
ですので、給与所得など他の所得の有無を書かなければ試算一つできません。

年金以外は全くの無職無収入であるなら、そもそも所得税というのは
{ [所得] - [所得控除の合計] } × [税率] = [所得税]
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm
です。

「所得控除」
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1100.htm
は、個々人によって該当するものが異なりますが、最低でも「基礎控除」38万
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1199.htm
がありますので、65歳未満で「所得」70万なら、当年分所得税は
{ 70万 - 38万 × 5.105% = 16,300円

翌年分住民税は
・所得割 (70 - 33) 万 × 10% = 37,000円
・均等割 5,000円
となります。

65歳以上なら上記の例にならってご自分で計算し直してみてください。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しい情報有難う御座いました。

お礼日時:2016/01/05 18:59

所得税


https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1600.htm

住民税
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/ …

住民税の詳細はお住いの市町村の情報を確認ください。
    • good
    • 1
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q85歳の父の年金から徴収されている個人住民税の事ですが、収入は年金のみで約¥150000位です。住民

85歳の父の年金から徴収されている個人住民税の事ですが、収入は年金のみで約¥150000位です。住民税が月々¥15000ほど徴収されています。認知症で薬で進行を遅らせてはいますが、色々な事情があり、年内にグループホームへの入居を考えていますが月々の入居費用、後期高齢者医療保険、介護保険等を支払うと年金収入のみではやっていけません。少しでも徴収額を減らしたいのですが、やはりこれ位は支払わなければいけないのでしょうか? ご存じの方、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

NO1です。
親が年金受給者です。その他の収入合わせて年収500万円ほどですが確定申告しているので住民税額の通知は区役所から手紙が届きます。年20万円ほどです。
年金機構の事務ミス(年金機構から収入や扶養に変更があるか問い合わせがあります。収入見込み変更せず昔の高収入のまま訂正されていないと問題が起きるかもしれません。)で多額の住民税を払っている可能性があります。役所は多く振り込んでくれるので黙っています(知っていて知らぬ顔で受け取るのは詐欺罪が成立します、知らなかったとシラを切りますが)。
実際に住民税がどう払われているか役場の住民税担当課に行くべきでしょう。また年金機構にも問い合わせし誤りがあれば訂正してもらいます。支払い超過を取り返すにも時効があるので早くいくべきです。

Q年金暮らしだと、市民税・県民税はかかりませんか?

年金暮らしだと、年に4回払う市民税・県民税はかからないのでしょうか?
またそれに代わる何か税金を払うのでしょうか?
アドバイス、お願いします。

Aベストアンサー

市町村民税・(都)道府県民税は、均等割と所得割から成ります。

均等割:4,000円(市町村民税:3,000円、道府県民税:1,000円)は、生活保護法の規定による生活扶助を受けている人や、前年分の所得金額が規定額以下の場合には課税されません。(障害者、未成年者、寡婦または寡夫の人は、基準額が他の人より高い=課税されない場合が多いです)

所得割については、前年分の所得金額から、各種所得控除(最低でも基礎控除:33万円があります)を控除した、課税所得金額に、税率:10%(市町村民税:6%、道府県民税:4%)を掛けて算出します。


年金が本人が公的年金(遺族年金や障害年金は除く)であれば、公的年金の収入から、「公的年金等特別控除」を控除したものが、雑所得(公的年金等)として課税対象となります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1600.htm
収入(所得)が公的年金だけなら、これによって出た金額が合計所得金額になります。

参考URL:http://www.city.matsusaka.mie.jp/zei/simkotax.html

市町村民税・(都)道府県民税は、均等割と所得割から成ります。

均等割:4,000円(市町村民税:3,000円、道府県民税:1,000円)は、生活保護法の規定による生活扶助を受けている人や、前年分の所得金額が規定額以下の場合には課税されません。(障害者、未成年者、寡婦または寡夫の人は、基準額が他の人より高い=課税されない場合が多いです)

所得割については、前年分の所得金額から、各種所得控除(最低でも基礎控除:33万円があります)を控除した、課税所得金額に、税率:10%(市町村民税:6%、道府県民税:4...続きを読む

Q月収25万円で、所得税、住民税、健康保険、厚生年金いくら差し引かれ、実

月収25万円で、所得税、住民税、健康保険、厚生年金いくら差し引かれ、実質の手取り額はいくらになりますでしょうか?
昨年の収入は、約350万。44歳。妻はパート(年間60万) 中学生一人の3人家族です。

ざっくりでもいいのでわかる方、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ざっくりですが(厚生年金、協会けんぽ(東京都)加入の場合で)
・月の収入(25万)から社会保険料を引く
 雇用保険(4/1000):1000円、厚生年金保険料:20415円、健康保険保険料:12181円
 250000-(1000+20415+12181)=216404
 (厚生年金は1.の16等級、健康保険は2.の20等級介護保険含む、より)
・上記の金額を、3.の表の扶養親族2人に当て嵌めると、月の源泉所得税は2060円になります
 (月の源泉分の所得税は仮徴収なので、正確なこの年の所得税額ではありません・・年末調整時で正確な所得税額に確定します)
・ここまでで、250000-33596-2060=214344円の手取り
・あとこれから、住民税の天引き分(特別徴収)を引きます
  (税額は計算のしようがないので:データ不足、該当額を引いて下さい・・引いた金額が実質の手取金額になります)

1.厚生年金保険(保険料額表):社会保険庁
http://www.sia.go.jp/seido/iryo/ryogaku2109/ryogaku01.pdf
2.協会けんぽ保険料(東京都):全国健康保険協会
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/resources/content/4378/20090916-120659.pdf
3.源泉徴収税額票(月額):国税庁
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/zeigakuhyo2008/data/02.pdf
※厚生年金基金に加入の場合は保険料は違う
 健康保険組合の健康保険に加入の場合は保険料は違う
 ・・ので参考程度にご覧下さい
 (通勤交通費は非課税の場合は手取額にそのまま足して下さい)

ざっくりですが(厚生年金、協会けんぽ(東京都)加入の場合で)
・月の収入(25万)から社会保険料を引く
 雇用保険(4/1000):1000円、厚生年金保険料:20415円、健康保険保険料:12181円
 250000-(1000+20415+12181)=216404
 (厚生年金は1.の16等級、健康保険は2.の20等級介護保険含む、より)
・上記の金額を、3.の表の扶養親族2人に当て嵌めると、月の源泉所得税は2060円になります
 (月の源泉分の所得税は仮徴収なので、正確なこの年の所得税額ではありません・・年末調整時で正確な所得...続きを読む

Q障害者で配当所得が年100万の世帯は住民税は0円ですか?

障害者で配当所得が年100万の世帯は住民税は0円ですか?

障害者手帳を持っている人は、125万円以下の収入の場合は住民税が免除されるとなっています。
http://www.city.kyoto.lg.jp/gyozai/page/0000028121.html

上記の市に住んでいる住民なら、障害者で配当所得が100万あった場合でも、住民税は免除されるのですか?
詳しい方のアドバイスを下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

住民税はまず世帯ではなく、個人個人で計算します。
障害をお持ちの方の年間の配当所得が100万円で、その他の所得がなければ、その方の住民税は基本的には0円です。(障害年金等は所得の計算から除きます)
理由は質問にあるとおり、所得が125万円以下の場合は非課税となるからです。(収入と所得は別であることは要注意)
これは全国共通です。

今回この質問をされたのがどういった点からかはわかりかねますが、
もし非課税のはずが配当所得から住民税が天引きされていることで疑問に思われているのであれば、若干注意が必要です。
上場株の配当所得は、申告等の手間を省くため所得税7%住民税3%が源泉徴収され、その時点で課税が終了しているので申告が不要となっています。
この天引きされた税金は確定申告し、障害者の控除を適用すれば税金は戻ってきます。
ただしこの場合、申告した100万円の配当所得は市の情報として管理され、健康保険や介護保険その他の行政サービスを受ける際の資料となり、非課税ではあるが所得のある世帯というランクに位置づけされ保険料等が高くなる可能性があります。
上場株の配当所得を申告しない場合には、100万円の所得については市には把握されないデータとなりますが、天引きされている税金は戻ってきません。
どちらを取るか二つに一つです。

上場株でない配当所得はこの心配がありませんが、申告の際には障害を持っている旨の申告も忘れずにしてください。
税金を課する側が、障害者である情報がなければ、そもそも非課税基準に当てはめることができませんので。

住民税はまず世帯ではなく、個人個人で計算します。
障害をお持ちの方の年間の配当所得が100万円で、その他の所得がなければ、その方の住民税は基本的には0円です。(障害年金等は所得の計算から除きます)
理由は質問にあるとおり、所得が125万円以下の場合は非課税となるからです。(収入と所得は別であることは要注意)
これは全国共通です。

今回この質問をされたのがどういった点からかはわかりかねますが、
もし非課税のはずが配当所得から住民税が天引きされていることで疑問に思われている...続きを読む

Q健康保険・厚生年金・住民税。僕の場合どうなるの?来年が心配・・

今年の1月に入社、現在、総支給額191,300円
厚生年金に13,580円
健康保険8,200円
雇用保険1,134円
住民税0円
と引かれています。
去年は仕事した期間が短く、去年の年収は120万くらいでした。
しかし、今年は合計で330万くらいだと思います。この場合、来年からの「健康保険額・厚生年金額」は変わってくるのでしょうか?
また、住民税も発生すると思われますが、おおよそ、月にいくらくらい引かれるものなのでしょうか?

現在でも手取り16,2000円と、かつかつでの生活です。これだけしかもらっていないのに、もっととられていくのでしょうか??
健康保険や厚生年金の額は給料によって変わってくる。と聞いていますが、その一方で僕と同じくらいの330万円くらいもらってその会社を8年続けている友人も「健康保険・厚生年金合わせて3万くらい引かれてるだけ」と言います。

意味がもうさっぱりです。僕は去年の収入が低かったからこの額でおさまっているというわけではないのでしょうか?来年も同じ程度の控除と考えていいのでしょうか??
住民税が加算されると、単純に今の健康保険額・厚生年金額にプラスαと考えればいいのでしょうか?
はたまた、保険料が安くなり、住民税控除が項目に入ってきて、支払う金額は結局現在と大差ない。という感じなのでしょうか??
詳しい方いましたらわかりやすく教えて下さい・・。

今年の1月に入社、現在、総支給額191,300円
厚生年金に13,580円
健康保険8,200円
雇用保険1,134円
住民税0円
と引かれています。
去年は仕事した期間が短く、去年の年収は120万くらいでした。
しかし、今年は合計で330万くらいだと思います。この場合、来年からの「健康保険額・厚生年金額」は変わってくるのでしょうか?
また、住民税も発生すると思われますが、おおよそ、月にいくらくらい引かれるものなのでしょうか?

現在でも手取り16,2000円と、かつかつでの生活です。これだけしかもらっていな...続きを読む

Aベストアンサー

非常に大雑把な概算で言えば引かれるのは2,3割と言うところでしょうか。
それから不思議なのは引かれてる項目に所得税が無いのはどうしてでしょう?
これも計算に入れれば引かれる金額はもっと増えると思うのですが。

>健康保険や厚生年金の額は給料によって変わってくる。と聞いていますが

これは4,5,6月に支払われる給与の額から決められますので、なるべくこれに該当する月は働かないように。
固定の給与は致し方ありませんが、残業などはなるべくしないようにしましょう。
働きすぎると保険料が上がります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報