「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

蛍光灯には右側と左側に二つずつ、合計4つの電極があります。

この理由について教えてください。

蛍光灯の構造に関して検索すると
http://blogs.yahoo.co.jp/tori1998/10874370.html
http://www.max.hi-ho.ne.jp/mishima/gif/kairozu.jpg

上記のようなページが見つかりました。

この画像の意味があまり理解できていないのですが、
要は原理的には電極は二つで十分で
電極間に交流電圧を印加することで点灯できるわけですが
電気を入れてすぐに点灯させるために
もう一つ電極をつけてコンデンサのようなもので
一気に昇圧しているということでしょうか?
これは合っていますか?

安定器と書かれている部分の構造が分からないのですが
どうなっていますでしょうか?

質問者からの補足コメント

  • ありがとうございます。

    一つ目のURLで
    グローランプと書かれてある部分がコンデンサに当たるわけですよね?
    「今まで流れていた電流がいきなり切られ、安定器は”怒り”高電圧を発生し」
    と書かれていますが、安定器とはどういうものなのでしょうか?
    これは必要なものなのでしょうか?

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2016/01/14 13:44
  • すいません、あと片側に二つ電極をつけてあるわけですが
    この電極間に電圧を印加するわけではないですよね?
    それだと電極は一つずつにしてしまって
    回路内で配線を二つに分ければ良いと思うのですが
    なぜそうしないのでしょうか??

      補足日時:2016/01/14 14:43

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

グロー(熱電子放出の準備)と起動(励起)電圧が点灯の最初に必要です。


そのために、ヒーター機能が必要と言うかヒーターが有る方が起動(励起)しやすい。
(特殊なインバーター式は別ですけど)
これらを上手く纏めると、今の形になる。
グローランプ、安定器(チョーク・コイル、キックバック用昇圧トランス)。

とても、巧妙に作られていると思います。
    • good
    • 0

安定器=なにを安定させる?。


蛍光灯に限りません放電灯は負性抵抗と言って、温度が上がると抵抗が小さくなります、金属等は温度が上がると抵抗も増加します。
抵抗が小さくなると、電流が増加します、そこで電流が大きくなりすぎないように制限します、この目的だけなら普通の抵抗で十分まに合います。
鉄心コイルを使用しているのは、余熱フィラメントを通じて流れる電流を遮断することで発生する自己誘導電圧を蛍光灯の両端にかけて放電開始させるためです、もちろんこのときは両端の電極は1つで十分です。
別の電子回路で放電開始に必要な十分な高圧を発生すれば、両端の電極は最初から1つで十分です(フィラメントに電流を流す必要ありません)。
参考 自己誘導電圧、コイルに流れている電流を急に遮断すると、電流を流し続けようとする力が発生、回路が遮断されて電流が流れないため、即電圧に変換されて高圧になる。
電源→安定器→片側の1電極のピン(接続端子)→蛍光管内部のフィラメント→同じ側の2電極のピン(接続端子)→グローランプ→反対側の1電極のピン(接続端子)→内部のフィラメント→同じ側の2電極のピン(接続端子)→電源。
蛍光管の中での放電電極としてはフィラメントが電極になります、片側に2つ電極があるわけではありません。
片側の2本のピンは電極とは言いません、ただの接続端子です。
日本語の理解能力も必要です。
グローランプが接触通電で両側のフィラメントに電流が流れ(直列接続)余熱、接触が離れると、安定器の自己誘導で高圧発生、放電電極となる両端のフィラメント間に高圧がかかり放電開始。
>電極は一つずつにしてしまって
電極というから間違います、フィラメントに電流を流すためには2か所の接続端子が必要ですね、外から見えるピンは電極とは言いません。
グローランプの作動、動きは先に説明済。
    • good
    • 0

中学校の技術家庭で学びませんでしたか?


※ 参考にされた二つのページの回路は間違っている。あれじゃ点灯しないし、わからない。(^^)

蛍光灯は最初は真空放電なのでいきなり電圧をかけても放電が開始しませんから、電極を加熱して熱電子がでるまで加熱する必要があります。放電が始まると内部の水銀が気化することや電子の衝突で温度が上昇するため加熱する必要がない。
 安定器の説明で誤ったものがありますが、それはコイルに電流を流して、いきなり切ると高電圧(キック電圧という)が発生する。--車のイグニッションコイルとおなし仕組みでして、グローランプ(蛍光灯が点灯していないときは、電圧はヒーターを経由してグロー管にかかるため、グロー放電をおこすため、点灯管の温度が上がるとバイメタルで切断されて切れる。)
点灯管#動作原理( https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%82%B9%E7%81%AF … )

こちらの回路図をどうぞ・・
始動方式( https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%9B%8D%E5%85%89 … )
 ゆとり以前の我々は、中学校の技術家庭科で生活に必要な最低限の知識は学んだものですが(^^)
    • good
    • 0

安定器は、両フィラメントが(過電流の為焼き切れ無い為の制御をしてます)←ので、両フィラメントが焼き切れ無い様に(抵抗で)電流を制御

抵抗器←電球が代替抵抗として適している(電球は最初の抵抗値は低く→点灯すると値が上がる性質が有る)
    • good
    • 0

一番単純な、蛍光灯器具は、



グローランプを←手動スイッチに。

安定器←を発熱電灯の(60W)に

この器具へ、20wの直管蛍光管を取り付け、

手動スイッチを2~3秒だけ、ON にしてやると、直管蛍光管内の両フィラメントに電流が流れ(フィラメントが)熱を発し←電子が飛び出す(管内は、アルゴンガスと水銀蒸気で満たされて居るので)電子が飛びやすく成っていて、両端の電圧は、交番電流(+と-が)入れ替わっている為←両端のフィラメントは(アノードとカソードの)役目がその都度入れ替わり、電子が、右に左に流れ←その電子が、水銀蒸気にぶつかって蛍光塗料を発光させます。
    • good
    • 0

各端の2本は内部でフィラメントでつながっています。


2つのフィラメントは直列接続になっており、途中にグローランプがあります。
スイッチオンでグローランプに100Vがかかり内部でグロー放電・発熱、内部のバイメタル伸びて、接点接触=フィラメントに電流流れ予熱。
バイメタルが接触すると放電しなくなり、冷却・接点離れる。
フィラメントには通電しなくなるが、蛍光灯の両端には庵下安定器の自己誘導による電源電圧以上の高圧がかかり放電開始=点灯。
蛍光灯の放電が開始すると、グローランプより抵抗が小さいため、グローランプには100Vがかからず電流が流れません。
    • good
    • 1

> グローランプと書かれてある部分がコンデンサに当たるわけですよね?


いいえ、コンデンサは点灯には無関係です。
安定器とは簡単に言えばコイルです。コイルに電流が流れていたのを切断すれば自己誘導により点灯に必要な高電圧を得られます。

> この電極間に電圧を印加するわけではないですよね?
> それだと電極は一つずつにしてしまって
蛍光管内部のフィラメントの予熱のために必要です。いったん蛍光灯が点灯してしまえばグローランプの方には電流は流れないので電極は1つずつしか使っていません。

蛍光灯は点灯すると抵抗が少なくなり、さらに電流が流れてしまうというループになり蛍光管が破壊してしまいます。安定器は電流を制限するための役割も持っています。
    • good
    • 1

>「今まで流れていた電流がいきなり切られ、安定器は”怒り”高電圧を発生し


>と書かれていますが、安定器とはどういうものなのでしょうか?
安定器とはトランスのようなものです。
これで大きな電圧を作ります。
電流が切れること=大きな電流の変化 であり、
この瞬間に二次コイルに大電流が流れます。
蛍光管の長さにより不必要な場合もありますが、たいていは必要です。

>すいません、あと片側に二つ電極をつけてあるわけですが
>この電極間に電圧を印加するわけではないですよね?
>それだと電極は一つずつにしてしまって
>回路内で配線を二つに分ければ良いと思うのですが
ちょっと意味がわかりませんでした。
点灯の直前はフィラメントの両端に電圧をかけて電流を流して暖めます。
その後、電圧を両極のフィラメント間に変更して放電させます。
ですから、安定器が大電圧を出せるならばこのような点灯アクションは
不必要になり、2つの電極だけでも点灯します。
    • good
    • 0

>もう一つ電極をつけてコンデンサのようなもので


>一気に昇圧しているということでしょうか?
だいたいあっていますが、電極が4つある理由はこれではありません。

蛍光灯の電極間の距離は長く、電流が流れる(アーク放電)ことはありません。
ですから、以下のような工夫をします。
(1)コンデンサーで初期電圧を上げる。
(2)フィラメントに電流を流し余熱しておく。
※1つのフィラメントに2つの電極があるのはこのためです。

下のURLの図解では、グロー放電している瞬間がフィラメントに
電流が流れて予熱されています。それが数秒で切れえ、次はフィラメント間に
高電圧がかかり、蛍光管内の電子の移動が始まります。こうなってしまえば、
電極は2つでいいのですが、初期点灯のために4つ必要なのです。
この回答への補足あり
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QHfとは何ですか?(蛍光灯の種別)

従来設置されている蛍光灯を、「Hf」に交換する作業が進められていますが、「Hf」とは何ですか?(蛍光灯の種別)簡単にわかりやすく教えて頂けたらありがたいのですが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「高周波点灯方式」の事。俗に言う「インバータ式」

点灯時に「安定器」「点灯管」が不要で、古い建物の蛍光灯の安定器には「PCBなどの有害物質」が使われている。

安定器が老朽化すると破裂する場合もあり、その場合は「頭上からPCBが降り注ぐ」と言う恐ろしい事態になる。

その為、学校や役所など各公共施設で安定器が要らない蛍光灯への交換作業が進められている。

Q蛍光灯がつかない原因

天井の蛍光灯がきれて(?)つかなくなり、新しい物と交換しましたが、スイッチを入れてもつきません。
小さい豆球はつくのですが、新しく買ってきた蛍光灯はつかないのです。
配線等は何も触っていないのですが、原因は何でしょう?修理するにはどうすればよいでしょうか?

Aベストアンサー

20W直管型でラピッドスタートやインバーター方式は私は
知らないので安定器タイプの照明器具だと思います。
どこかに必ずグロー球があるはずですけど・・・。
天井直付けの照明器具でないなら器具の横や上側を見てください。
カバーの中に隠れているとゆう事はないと思うんですけど・・。

Qグロースタート型照明器に、ラピッド型ランプは使えますか?

グロースターター式40W蛍光灯器具に、「FLR」(ラピッドスタート型)ランプを取りつけて使用しています。
今のところ全く問題無く使えますが、電気屋さんは最悪の場合照明器具側が壊れると注意されました。そして、電気工事屋さんに聞くと大丈夫と言います。不具合の起こる可能性はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

逆はダメなんですけど、ご質問の組合せなら大丈夫です。ただし、メーカーの想定している組合せではないので、何か人身事故が起きても、PL法の対象にはなりません。

ラピッドスタート用のランプは、グロー用のランプに追加として放電用の細工が施されているだけなので、これをグロースタートに使っても、不都合はないわけです。

ただ、そうは云ってもメーカーの体面を左右する保証の問題があるのと、グロー用のランプも売りたい商売戦略もあるのでしょうから、いろいろ云うわけです。

Q照明器具の配線(直付け)

今、マンションのリフォームで、色々、変更しました。
それで、今は、コンセントまわりとか、すべて、見える状態です。
謎は、トイレとか、洗面所等の照明器具の配線です。
ほとんどが松下電工製で、白・黒の線が、器具の小さいボックスに差し込んであります。
その差込方ですが、白・黒の差し込む側が、器具により、まちまちです。
にわか知識ですが、コンセントなどは、「W」と書かれた方に、白い線が差し込んでありますが、トイレ、洗面所などのその差込口には、それらしき記号は、ありません。
電灯には、極性は、関係ないのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

トイレや洗面所などの照明器具はそのほとんどが、白熱灯等無極性の照明を用いていると思われますので、特に極性は関係ありません。
居間などに用いられる蛍光灯照明などでは、極性を持ったものもありますが、大概が極性反転防止機能を備えていますので、仮に極性を間違えても問題が無いよう、フェールセーフな作りになっています。

一方コンセントに関しては、コンセントに差し込まれる電気器具が一定ではありませんので、極性を明確に分けています。
(コンセントの差し込み口を良く見れば、一方の口のほうが長くなっています。)
もちろん、一般的な電気品は極性が逆になっても正常に作動するように作られていますが、物によってはノイズが発生しやすくなったり、ハム音(ブーン音)が発生しやすくなったりする場合もあります。

また、電源の極性を必ず守りたい器具に関しては、プラグ側とコンセント側で必ず一定方向にしか差し込めないように、電極(プラグの金属部分)が左右で異形になっています。

Q蛍光灯が切れるってどういうこと?

この間、家の廊下に使っていた蛍光灯が、付かなくなっている事に気づきました。
何の事はなく、いつもの様に新しい蛍光管に交換すると、前よりもいっそう明るくなったのですが、そこで“フッ”と疑問がわきました。

普通の電球ならば、フィラメントが切れ、通電しなくなって、その役目を終えるのが普通ですよね。
だから、白く濁ったガラスの中に切れたフィラメントが落ちてて、シャカシャカ音を発てたりするのですが、蛍光灯が切れるって、どういう状態なのでしょうか?

その蛍光管が、器具などの故障でなく、いわゆる“寿命”で切れたという確認を道具を使わずに確かめる方法ってないんですかね?

そもそも、蛍光灯にはなぜ“グロー”なる点灯システムを必要とするのでしょうか?(いらないってシステムのものも多くなってきたみたいですけど…)

長年使ってきて、今更って疑問なんですけど…
どなたか解かります?

Aベストアンサー

 蛍光灯の仕組みについては、こちらのサイトが参考になるかと思います。

 このサイトでおわかりになるかと思いますが、蛍光灯にも両端に電極があって、ここから放電した電子により発光するようになっています。つまり、この電極が劣化したときが蛍光灯の寿命になります。
 古くなった蛍光灯を見ると、両端部が黒くすすけたようになっていることが判るかと思います。この状態が続くとやがて点灯しにくくなり、最後には全く点かなくなります。つまり、黒くなり始めたらそろそろ寿命と考えていいと思います(実際はそれからもう少し持ちますが)。

参考URL:http://www.discovery.panasonic.co.jp/electricity/lab/lab06blb/l060201.html

Qエクセルで打ち込んだ数字を自動で別シートに表示したい

エクセルでセルに打ち込んだ数字を自動で別シートに表示できる方法があれば、教えてください。

例えば、シート1のC1に5を打ち込んだら、シート2のD2にシート1で打ち込んだ5が自動で表示される。

また1列すべてを自動で表示させる場合、一つのセルの時と違いがありましたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。
入力したセルの値を合計とかでなくて、
純粋に別のシートに自動的に表示したいのであれば、
以下の方法があります。

1.1つのセルだけの場合
例)シート1のC1に5を打ち込んだら、
  シート2のD2にシート1で打ち込んだ5が自動で表示される

⇒シート2のD2のセルをアクティブにして「=」を入力
 した後、シート1のC1をクリックする。
 そうするとD2のセルに「=Sheet1!C1」と表示され、値が自動的に
 表示されるようになります。

2.1列全てコピーしたい場合。
  コピー&リンク貼り付けを使うと便利です。

例)例)シート1のC1~C5に何かを入力したら、
  シート2のD2~D7にシート1で打ち込んだものが自動で表示される

  シート1にあるコピー元のセルを範囲選択して、
  シート2のD2の上で「右クリック」⇒「形式を選択して貼り付け」
  をクリックします。

  そして出てきた小さな画面の左下にある「リンク貼り付け」という
  ボタンをクリックすると完成です。
  試してみてください。。

  念のためにリンク貼り付けを図解しているURLを載せておきます。
  参考にしてみてくださいね。。
  http://www.geocities.jp/office_inoue/excel/eq21.htm

こんばんは。
入力したセルの値を合計とかでなくて、
純粋に別のシートに自動的に表示したいのであれば、
以下の方法があります。

1.1つのセルだけの場合
例)シート1のC1に5を打ち込んだら、
  シート2のD2にシート1で打ち込んだ5が自動で表示される

⇒シート2のD2のセルをアクティブにして「=」を入力
 した後、シート1のC1をクリックする。
 そうするとD2のセルに「=Sheet1!C1」と表示され、値が自動的に
 表示されるようになります。

2.1列全てコピーしたい場合。
  コ...続きを読む

Q蛍光灯を壊してしまいました。。。(涙)

天井にくっついているタイプの蛍光灯なのですが、
蛍光灯が切れてしまったので、
交換しようと思い、取り外そうとしたら、
蛍光灯のささっている部分を壊してしまいました。。。
(こんな説明でどこの場所か、分かりますでしょうか?
いわゆる蛍光灯を回転させて、付け外しをする場所になります。)

セロハンテープで応急処置をしたのですが、
(別の蛍光灯を差したらとりあえずは、電気は点きました。。。)
もし、直すとなったら、蛍光灯の器具全部を交換しないと
だめでしょうか?

また、もし、その部分だけを直すことができるとなったら、
業者に手配しないとだめかと思うのですが、
いくらぐらいするかって概算が分かる方、
いらっしゃいますでしょうか?

もしよかったら、ご回答頂けたら、
幸いです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>『蛍光灯を壊してしまいました。。。(涙)』
>天井にくっついているタイプの蛍光灯なのですが、

蛍光灯の直付けタイプでしょうか?
天井に取り付けるタイプには,事務所などに取り付ける,
『逆富士型』『ボックス型』などがあります.

>蛍光灯が切れてしまったので、
『蛍光灯管球』と言います.
丸い『ドーナツ型・リング型』と,
直管の『管球型』の2種類があります.
最近は電球ソケットで使用する『電球型』もあります.

>交換しようと思い、取り外そうとしたら、
>蛍光灯のささっている部分を壊してしまいました。。。
>(こんな説明でどこの場所か、分かりますでしょうか?
>いわゆる蛍光灯を回転させて、付け外しをする場所になります。)

添付画像で示しましたが,この部分は『ソケット』と言います.
この部品には管球の取り外しの場合に,
水平な二点の穴に管球の両端に出ているピン(管球の電源)を,
差込みそのまま押して器具両端のソケットに固定する方法と,
お話の,ソケット下面から押し上げるように管球を入れ,
90度回転させてから管球を固定する方法があります.

このソケット部分は,器具本体に固定する方法が器具によって複数あります.
その固定法がわかれば説明が簡単なのですが…

>セロハンテープで応急処置をしたのですが、
>(別の蛍光灯を差したらとりあえずは、電気は点きました。。。)
>もし、直すとなったら、蛍光灯の器具全部を交換しないと
だめでしょうか?

>また、もし、その部分だけを直すことができるとなったら、
>業者に手配しないとだめかと思うのですが、
>いくらぐらいするかって概算が分かる方、
>いらっしゃいますでしょうか?

まずプラモデルなどの工作知識があれば,
簡単にソケットの交換は可能です.
ただし,器具で使用されている部品で無いと,
器具本体にソケットを固定する事ができません.

メーカーがわかれば電気工事材料屋さんか,
または弱電のパーツ屋さん,例えば福岡市ではカホ無線などにあります.
そこで同じ型のソケットがあるか問い合わせる事が必要です.
固定できなければ使用できないからです.

ソケットの金額は1個あたり200~300円程度と安い物です.
画像の逆富士の場合,
器具の本体カバーを外し,ソケットを器具の内側から,
ソケットの溝に合わせ押し込んで固定する簡単な作業です.
そのソケットには,電線が2本出ていますので,
それまであったソケットの2本の電線と切り替え,再接続するだけです.
パーツで購入すると,電線の引き出しが無い場合がありますが,
その時には購入店でソケットに電線を半田付けして貰う事も可能です.

この場合の工事は,電気工事士の免許は必要ありません.
作業の場合は,蛍光灯の付いている室内壁のスイッチを切り,
電線の接続は半田を上げる方が好いのですが,
電線の被覆を剥いで直接電線同士を強く撚り合わせ,
接続した部分を,技術基準による「絶縁テープ幅を半分重ね往復する」と,
電気的な漏電の心配はありません.

ただし,作業については「作業する」「作業しない」は,
『自己責任』で判断する事になります.

まずは現在の器具のカバーを外し,
ソケットの形状と固定方式を確認する事から,
その作業で必要な交換部品を特定する事が必要です.」
その上で,パーツ屋さんに同形状の部品の有無を確認することです.
部品があれば至極簡単で容易な作業です.

電気工事業者に修理を依頼すると,
まず器具本体の交換をお願いするはずです.
電気工事会社は通常,蛍光灯器具の部品交換はしません.

修理工賃については,直付け器具であり,
当然出張修理になりますので,
同じ電気屋さんでも地域によって大きな差がでますので,
一概に提示する事はできません.

ご質問のお役に立てばと,
仕事の休み時間に暇をみてはここまで書きました.
文章表現が下手で話題も重複・前後するなど,
冗長な文章になってしまいました.
時間が無く読み直す暇がありません.
脱字や誤字があることも考えられますが,
その際は機知にてご判断されご笑納ください.

この回答が,
ご質問者さまの問題解決の一助になれば幸いです.

>『蛍光灯を壊してしまいました。。。(涙)』
>天井にくっついているタイプの蛍光灯なのですが、

蛍光灯の直付けタイプでしょうか?
天井に取り付けるタイプには,事務所などに取り付ける,
『逆富士型』『ボックス型』などがあります.

>蛍光灯が切れてしまったので、
『蛍光灯管球』と言います.
丸い『ドーナツ型・リング型』と,
直管の『管球型』の2種類があります.
最近は電球ソケットで使用する『電球型』もあります.

>交換しようと思い、取り外そうとしたら、
>蛍光灯のささって...続きを読む

Q蛍光灯安定器の絶縁測定について、メガーのアース側接続を教えてください

メガーのアース側接続について教えてください。ラビットスタート式蛍光灯の安定器(2灯用)の絶縁不良を見つけるには、該当の回路ブレーカーoff、ニュートラルスイッチoffにしてから蛍光灯のランプをはずして、ランプのソケット端子(合計4個)をメガー測定すると思いますが、メガーのアース側接続は蛍光灯の反射板を外し内部の金属部に接続すればよいのでしょうか。または、安定器本体の金属部にアースを接続するのでしょうか。

Aベストアンサー

回答を作成中にカテを変更されたようで、こちらに回答します。

メガーのアース側接続は、金属の本体部分に接続します。
ネジ留め部分などに接続しますが、もし塗装されていて金属部分に接触しない場合は塗装の一部を剥し接続します。
反射板を外したり、内部の金属部分を見つけて接続する必要は無く、外部に金属部分が無い場合は測定は不要です。

メーガーのホット側の接続も、AC100Vのプラグ部分の両方を接続して回路ブレーカやスイッチ関係はオンとします。
蛍光灯器具の絶縁抵抗は上記の方法で実施し、安定器単体(部品自身)の絶縁抵抗を測定する場合は部品単体で実施します。
蛍光灯器具を測定して問題があり、内部の部品を調べる目的以外では内部の金属部分やソケット端子などの電極間の絶縁抵抗は測定しません。
電源の一次側と機器のケース間の絶縁抵抗を測定するのが、メーガーの試験方法です。
 

Q蛍光灯の電源は、AC(交流)を使用していますが、

蛍光灯の電源は、AC(交流)を使用していますが、
ACを利用する理由(技術的な要素)をご教示いただきたく
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まずは、一般的には交流は一番簡単に手に入る電源だからです。

次に、蛍光灯は点灯時には管内の抵抗が下がります。そのまま電源を
つなぐだけだと過大電流が流れて一瞬で壊れてしまいます。つまり
電流制限手段が必要です。

電流制限手段として「安定器」と呼ばれるインダクタを直列に
入れてあります。蛍光灯の電流は安定器で決まっているのです。

安定器は交流だから電流制限能力があるのです。直流点灯
だったら結構大変な回路を必要とし、効率も上げるのが大変
でしょう。

安定器にはAC100Vの大部分の電圧がかかりますが、インダクタは
理想的にはエネルギーを消費しません。(実際はほんのり暖かく
なる程度の消費をしています)

また、蛍光灯を最初に点灯する時に内部放電を開始するための
高圧パルスが必要です。この高圧もインダクタが発生します。

蛍光灯の点灯原理を勉強してください。その際、安定器という
インダクタの働きが重要だということが解ります。
電流制限機能と高圧発生です。シンプルですが絶妙な回路です。

グローランプと押しボタンの作用も重要です。

蛍光灯を直流で点灯させる製品もありますが、内部では直流を
わざわざ交流に変換してから点灯しています。

まずは、一般的には交流は一番簡単に手に入る電源だからです。

次に、蛍光灯は点灯時には管内の抵抗が下がります。そのまま電源を
つなぐだけだと過大電流が流れて一瞬で壊れてしまいます。つまり
電流制限手段が必要です。

電流制限手段として「安定器」と呼ばれるインダクタを直列に
入れてあります。蛍光灯の電流は安定器で決まっているのです。

安定器は交流だから電流制限能力があるのです。直流点灯
だったら結構大変な回路を必要とし、効率も上げるのが大変
でしょう。

安定器にはAC100Vの大部分の電圧...続きを読む

Q白熱電球や蛍光灯をテスターで。

白熱電球や蛍光灯が使用可能か(つまり、俗に言う球切れじゃないか)をテスターで調べることはできますか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

白熱電灯はテスターによる導通検査でほぼ間違いなく良否が判定できますが、蛍光灯はこれだけでは不十分です。

白熱電灯はフィラメントに通電することによりジュール熱を発生させて、フィラメント自体を高温の状態にして発光させるものですから、フィラメントが切れていない、または短絡していないのであれば、まぁ大丈夫と判断しても良いでしょう。しかし、蛍光灯は事情が異なります。蛍光灯にも確かにフィラメントがあり、そこに通電することで温度を高くしているのですが、これは発光のためではなく、フィラメントに塗布された物質を加熱し熱電子を放出しやすくするためのものです。実際の発光は管の両端の電極間で放電が起こることによって行われます。蛍光管の内部にはごく低い圧力でアルゴンなどのガスとごく少量の水銀が封入されていますが、このガス中で放電が起こると紫外線が発生します。そしてガラス管内部に塗られた蛍光物質にこの紫外線が当たると可視光線が出るという仕組みです。したがって、たとえフィラメントが正常であっても、熱電子を発生する物質の劣化があると正常に点灯しません。したがって、テスターでの検査だけでは良否の判定はできません。

おまけ、白熱電灯は単順にヒーターと同じようなものですから、テスターで抵抗値を見れば良否の判断ができますが、実際にテスターで抵抗値を測ってみると、W数と電圧から求められる抵抗値よりも低めの値を示すはずです。たとえば100V 100Wの電球なら計算上は100Ωの抵抗があるはずですが、実際にはそれよりも低い値を示すはずです。これは、金属が温度が低いほど抵抗値が低くなるという特性があるためで、実際に点灯して高温になったときに定格どおりの電流が流れるように設計されているため、テスターで測るときのようにフィラメントの温度が低いときは、定格から計算したよりも低い抵抗値を示します。この傾向はハロゲンランプやクリプトンランプのようにフィラメントの温度が高い状態で使う、効率の高い電球ほど顕著になる傾向があります。実際ににハロゲンランプなどでは温度の低い状態では計算値の半分程度の抵抗値しかないものも珍しくありません。これは、点灯した瞬間、フィラメントの温度が上がるまでは定格よりもはるかに大きな電流が流れることを意味しています。そのため、これらの電球では頻繁な点灯/消灯を繰り返すことは寿命に大きく影響を与えます。まぁ、ハロゲンランプの場合は温度が低いとハロゲンサイクルという現象(これが起こるためハロゲンランプはフィラメントを通常より高温にできる)が起こらないことも大きな要因ですが、いずれにしても明るい、光の色が白っぽい電球ほど点けたり消したりを繰り返すと寿命が大きく縮むということです。

白熱電灯はテスターによる導通検査でほぼ間違いなく良否が判定できますが、蛍光灯はこれだけでは不十分です。

白熱電灯はフィラメントに通電することによりジュール熱を発生させて、フィラメント自体を高温の状態にして発光させるものですから、フィラメントが切れていない、または短絡していないのであれば、まぁ大丈夫と判断しても良いでしょう。しかし、蛍光灯は事情が異なります。蛍光灯にも確かにフィラメントがあり、そこに通電することで温度を高くしているのですが、これは発光のためではなく、フィラメ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング