アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

私は、栃木県の那須に父親から別荘を相続して持っています。 夏は涼しくて大変過ごしやすい場所です。別荘の周りにはサファリパークや色々な施設があってとても良いところです。 老後は、別荘に定住して過ごしたいを思ってます。 
しかし、困ったことがあります。 
それは、相続して何年かした時に突然、水道の権利金を納めて欲しいと管理会社から通知が来て水道権利金を納めないと水道が止まる、もしくは自費で自家用水道装置を設置するかの選択を迫られ、
仕方なく自家用水道装置など設置できる訳もなく、水道権利金を支払いました。 

そもそも父親が利用していた時は、普通に水道は使えていたのに相続して名義を変えただけで 突然、 こんな話ってどうなんでしょうか? 水道って公共の物なんではないでしょうか? あたかも別荘地の管理会社が所有しているかの如く水道供給してあげてるみたいな感じで言われて
とても理不尽な事だと思います。  

ネット検索しても 水道権利金を説明している文献がない

これって詐欺ですかね。・・・・ 
法律的に違法ではないのでしょうか

教えてください。

質問者からの補足コメント

  • ちなみに 父親が別荘を建築した時に、水道工事負担金や保証金などを支払ったにも関わらず、84万円の請求されました。

      補足日時:2016/01/18 18:42

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

分譲別荘地で、その分譲地全体を管理会社が水道施設を含めて維持管理していますと、利用権が個々の敷地に対してではなく、個人に与えられていたら、ゴルフの会員権と同じように名義変更料を要求されても仕方ないと思います。


ところで、接続道路はどこの管理ですか。市町村ですか。もし、分譲地の維持管理会社のものですと、将来、道路の補修費用の分担金が来ますから、それも、分譲地契約書で確認しておいてください。
また、水道設備や下水道設備が老朽化したら、その更新費用をみんなで分担するようになると思いますので、それも確認しておいた方がいいと思います。
地方の市町村はお金が無いので、上下水道と道路は別荘保有者の自費設置と自己管理ってなところが、多いです。
    • good
    • 0

ネットで検索すれば普通に出てきますけど? 検索サイトを変えてみてはどうですか?


概略は…
最初に水道管を引いた人が何百万円の負担していた場合、その水道管から水を分けてもらう場合は、最初の人の負担を折半すると意味で、「水道権利金」を最初に水道を引いた人に支払うようですね。
(以下略)
    • good
    • 0

水道は「どこでも」事業として行われています。

その事業主体が役所だったり民間だったり。

小さな集落では集落での経営として山間部の沢で取水してきれいにしてから各家庭に流しています。

電気だってガスだって役所が事業しているわけでないですよね?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q私設管の所有権移転と売買

所有しているA土地の下に、他人の家の為の給水管が通っています。
隣のB土地は兄が所有しています。
AもBも問題の給水管ももともと父の所有で、土地ABは相続で取得しています。

Aを売却しようと思い、調べた結果私設管(給水管)が通っていることが分かり、
水道局で所有者を確認したところ父の名前になっていました。
相続によって土地はそれぞれで相続しましたが、父が通した給水管が通っていることは知りませんでした。

このように私設管の所有者が死んだ場合、その所有権はどのように考えるべきでしょうか?
また、仮にこの私設管が私のものになった場合は、この私設管も売買の対象物にするのでしょうか?
もし私のものになったとしたら、途中までは兄のアパートに繋がってるのに漏水など何か問題があった場合、
所有者になってしまった私の責任でなんとかしなければならないわけですよね?

私設管の取り扱いについて分からない為、教えてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

不動産業者です。
給水配管図が不鮮明なので、おおよそですが・・・・
南側(図面下)の道路から(公道?)共有管がアパート~A地~北側の6件に分岐され利用されている状態。A地は東(図面右)側の道路(転回所があるので位置指定?)に接道し、給水管もその道路から引き込みされている。
よってA地は、その宅地内にある共用管を利用することはないが、売却に付きどうしたら良いのか困っている?という解釈でよろしいでしょうかね。

水道管というのは民法上の所有者(名義人)という解釈よりは、水道局がどう考えるか?なんです。一般的に単独で引き込みされている水道管などは、売買で不動産の所有権が移転されたと同時に、この水道のメーターなどの権利が移転するものと、水道局は判断します。
しかし、私設の供用管の場合、図面上の名義人はあくまで当初の工事申請者で、それを維持管理する責任と負担、権利はその共用管を利用しているものに課せられるのが、原則です。ですから万一何かあった際には、北側6件とB地の所有者が分担しなければなりません。(あくまで原則ですよ)

このような面倒な売買の際は、まず、
1、A地を境界確定し測量します、世界座標を用いた測量図がすでにあるならば、それを用いてかまいません。

2、設備業者に、共用管をA地の極力西側(左側)に沿って、A地内の部分だけ配管しなおすように、見積もりや、図面等依頼します。

3、共用管の名義を7件に変更します。(これは設備業者が手続きしてくれるでしょう)

4、7件に工事の説明をして、工事をします。

5、移動した共用管にかからない程度に(幅は50cmぐらいはあったほうが良い)土地を南北に分筆します。
6、所有権を残すのも面倒なので分筆した部分(共用管が埋設されている土地)は、B地のお兄さんにでも贈与しましょう。

7、残りの土地を売却します。

そうすると土地は若干狭くなりますが、第三者のための共用管が敷地内に存ずるという価格を下げる要因は無くなりますので、売却しやすくなります。
上記の費用負担ですが、本来ならば7件で少しぐらいは負担させたいところですが、まあ無理だと思います。自己負担覚悟です。
6件の北側にも道路がありますが、これの給水間は前面まで来ていないようですし、6件すべて北側の道路から引き込み出来ないようなので、現在の共用管を廃止する事は考えないほうが良いでしょう。

現在の状態ですと、買う客層は限られますし、価格も叩かれます。多少の支出があっても売却後残る金額はもしかしたら多いかもしれません。
ご参考まで。

不動産業者です。
給水配管図が不鮮明なので、おおよそですが・・・・
南側(図面下)の道路から(公道?)共有管がアパート~A地~北側の6件に分岐され利用されている状態。A地は東(図面右)側の道路(転回所があるので位置指定?)に接道し、給水管もその道路から引き込みされている。
よってA地は、その宅地内にある共用管を利用することはないが、売却に付きどうしたら良いのか困っている?という解釈でよろしいでしょうかね。

水道管というのは民法上の所有者(名義人)という解釈よりは、水道局がどう考え...続きを読む

Q水道設備加入金って?

今度別荘地に家を建てようと思っているのですが、「水道設備加入金」という項目があり20万円と書いてあります。
これは土地を購入した人はそのつど(同じ土地で所有者が4人代わったら4回)払わなくてはいけないのでしょうか?
実際私の所有する土地は今まで数回所有者が代わっていますが、建物を建てるのは私が初めてです。
また、中古の家を購入した人も払っているのでしょうか?
もともと水道設備加入金ってどういうものなのでしょうか?
なんとなく前所有者が払っていたら、もう払わなくていいような気がしたもので・・・。

関係者や経験された方のお話をぜひお聞かせください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

別荘地ということなので市町村等の公営水道ではなく
当該別荘地の開発業者や、周辺地域が設置した「私営(私設)水道」の可能性があります。
ようは「水道設備の設置に費用がたくさんかかったので水道を使う人はその費用を分
担して負担してください。」または「水道の設備や維持にお金がかかるから
皆さんで負担してください」と言う意味を含んだものです。

私設水道の場合、水道(メーター)を設置する際についてはもちろん
その土地を売買した際に買主にその権利を引き継ぐ等の事項が規約等によって
定められていると思いますので、購入当時の契約書や重要事項説明書を
ご覧ください。

おそらく以前の所有者は家を建てない=水道が必要ないことから
加入金を支払っていなかったのではないでしょうか。

なお、地方の郡部等では公営水道の場合でも加入金が必要なことがあります。
この場合メーター設置には10~30万円程度の加入金や権利金を支払う
必要がありますが、その後に休止の申し出(権利放棄)や、水道料や税金の
滞納で差押えられない限りは次の所有者にも権利を引き継ぐことが多いです。
よって新たに土地を買った人は再度権利金を支払う必要がありません。

どちらにしても一度「水道設備加入金」をいったい誰に対して支払うのかを
ご確認になりその支払先に対して今後のルール等をこまかくお聞きになることを
お勧めします。

参考までに私の住む地域でも郡部に行くとその市町村に対して「水道権利金」を
必要とするところがあります。
住宅用だと10万円~等と配管の径(太さ)や使用目的によってその金額も変わり
毎月の水道使用料も町に対して支払います。
料金は水道局の場合とあまり変わらないのですが、一時休止ができないため
空き家にしていても使用料(基本料金)を支払わなければ
ならないという決まりになっていて困っています。

別荘地ということなので市町村等の公営水道ではなく
当該別荘地の開発業者や、周辺地域が設置した「私営(私設)水道」の可能性があります。
ようは「水道設備の設置に費用がたくさんかかったので水道を使う人はその費用を分
担して負担してください。」または「水道の設備や維持にお金がかかるから
皆さんで負担してください」と言う意味を含んだものです。

私設水道の場合、水道(メーター)を設置する際についてはもちろん
その土地を売買した際に買主にその権利を引き継ぐ等の事項が規約等によって
...続きを読む

Q重要事項説明の「私設管の有無」について

重要事項説明における「私設管の有無」について質問です。

購入予定の土地の重要事項説明書の「私設管の有無」の項にチェックが入っていませんでしたが、最近になって、面している道路に埋設している水道管が私設管だということが分かりました。
現状分かっていることは以下の通りです。
・購入予定の土地に引き込んでいる本管(口径100mm、近隣数名で使用)が私設管だった(公道に埋設している公設管から分岐)。
・本管(私設管)からすでに購入予定の土地には配管(水道メーター13mm)が分岐されている。
・重要事項説明時に私設管に関する説明は無かった(重要事項説明書に記載無し)。
・私設管の所有者は現状不明(使用している人たち共同で持っている可能性が高い)。
・本管が埋設している道路(購入予定の土地の接道)は私道で、共有持ち分として売買契約の一部に含まれている。
・二世帯住宅建築予定なので、水道の口径を20mmに変更する予定。
そこで質問なのですが、
1.購入予定の土地に引き込んでいる本管(近隣数名で使用)が私設管だったことを、不動産は重要事項接目路に説明する必要があったのでしょうか。
2.説明する必要があったとして、重要事項説明不足による過失が不動産にあるとまで言えるのでしょうか。
3.分岐している配管が私設管の場合に発生しうるデメリットはどんなことがあるのでしょうか。(個人所有の場合、口径変更の許可が下りなかったり、使用料等を請求される場合があったりすることは別の質問で読みました)

よろしくお願いします。

重要事項説明における「私設管の有無」について質問です。

購入予定の土地の重要事項説明書の「私設管の有無」の項にチェックが入っていませんでしたが、最近になって、面している道路に埋設している水道管が私設管だということが分かりました。
現状分かっていることは以下の通りです。
・購入予定の土地に引き込んでいる本管(口径100mm、近隣数名で使用)が私設管だった(公道に埋設している公設管から分岐)。
・本管(私設管)からすでに購入予定の土地には配管(水道メーター13mm)が分岐されている。
・重要事...続きを読む

Aベストアンサー

不動産業者です。
(1)(2)については、調査不足で誤りですね。水道局へ出向いて調査したなら間違えることはありませんので、過失があります。契約時に給水配管図やマイクロなど受領しているなら、ただの重要事項の記載ミスですが、図面など受領していないのであれば、誤った説明となります。

但し、当初の配管時には私有管であったものが、帰属して公営化している配管も多いので、調査してみなければ正確には判断付きません。

また、その私有管の口径が100mmあるならば、今後の引きこみし直しなど、弊害となることはありません。現在その管を利用していない状態で引き込みをする場合、管の所有権が無ければ金銭を要求されることはありますが、既に利用している状態の場合は既得権がありますので、請求されることはないでしょう。デメリットは無いと思いますよ。大規模な地震等で損傷した場合は、それを使用する方々負担での復旧となるでしょう。

但し、引きこみの際に、私道の所有者から掘削と埋設の承諾を貰う必要があります。これは管の私有、公営問わず、道路の持分所有者との民法上の問題です。

その管の所有者がわからないのでしょうか?局で調査してもわかりませんか?100mmを引き込んでいるならそう古い管ではないはずです。局には申請時の書類や図面など保管されており(田舎だと無い場合も)わかるはずです。

重要事項に過失はありますが、それにより買主が不利益や損出があるかどうかが?問題となります。
売買契約済みで、まだ決済していない状態であれば、仲介業者に正しい情報と詳細な調査資料等要求して、リスクがあるかどうか判断してください。不安であれば、私有管から20mmを新たに引き込める旨の水道局の見解を確認し、所有者の承諾等必要な場合は、業者に用意させましょう。
ご自分で水道局へ行かれる際は、現在の所有者の委任状が無ければ、詳細な情報の閲覧は出来ません。

不動産業者です。
(1)(2)については、調査不足で誤りですね。水道局へ出向いて調査したなら間違えることはありませんので、過失があります。契約時に給水配管図やマイクロなど受領しているなら、ただの重要事項の記載ミスですが、図面など受領していないのであれば、誤った説明となります。

但し、当初の配管時には私有管であったものが、帰属して公営化している配管も多いので、調査してみなければ正確には判断付きません。

また、その私有管の口径が100mmあるならば、今後の引きこみし直しなど、弊害と...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報