斜面上を、滑りと転がりが同時に起きて運動している
状態の鋼球について、滑りに使われるエネルギー、転がり
に使われるエネルギーを知りたいのですが、どのように
計算すればいいのでしょうか?
おわかりになる方、どうかご指導願います。

A 回答 (2件)

まだ少し回答しにくいところがありますね。



よく滑ってあまり回転しない場合もあれば、あまり滑らず転がっていく場合もあります。
斜面と鋼球のあいだの関係についての情報がもう少しあれば良いのですが、
そういった情報はまったくないのでしょうか?
    • good
    • 0

「使われるエネルギー」という言葉の意味が分かりません。

「位置エネルギー減少が何に変換されているのか」ということなのでしょうか?

この回答への補足

言葉足らずで申し訳ありません。
滑りと転がりが同時に起こっている時に、位置エネルギーの減少分が、普通の並進エネルギーだけでなく、どれほど滑りおよび転がりのそれぞれに費やされるのか、その求め方を教えて頂きたいと思います。

補足日時:2001/06/18 23:05
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q空気抵抗係数について

空気抵抗係数 λ (kg・s^2/m^4)  の実際の値を教えて下さい。色々と調べてみたのですがよく分かりません。標準状態での空気の場合、どの程度(kg・s^2/m^4)の空気抵抗係数になるのでしょうか。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

空気抵抗係数は、摩擦係数とか、損失係数という方が普通で、無次元量のはずです。流体が空気でも水でも、同じものです。ムーディ線図という線図が有名で、流体力学や気体力学、水力学の本には、必ず載っています。

参考URL:http://zgkw3.sd.kanagawa-it.ac.jp/jikken/jkna/kan.pdf

Q球体の転がる速度

球体の転がる速度って球体の重さに影響されるのでしょうか?
摩擦抵抗・傾度・球体の大きさが同じで、球体の重さだけ違うと考えた場合どうなんでしょうか?
小学生の息子が疑問を持ちましたが、答えられません。どなたかわかる方教えてください。

Aベストアンサー

No.2です。アドバイスされているように,話をもどしましょう。
>摩擦抵抗・傾度・球体の大きさが同じで、球体の重さだけ違うと考えた場合どうなんでしょうか?

まず,「摩擦抵抗」が摩擦力の大きさをさしているのならば,重さが変われば近似的にはそれに比例して摩擦力も変わるので「大きさが同じ」ことはありえません。でも,ここは素直に摩擦係数が同じという意味と私は理解しました。
また,空気抵抗は大きさが同じならば同じになり,質量に無関係なので,空気抵抗を考慮するならば軽い球体ほど遅くなるのは明らかですね? ちなみに,ガリレオは空気抵抗の影響を正しく認識した上で,その影響が無視できる条件のもとでの落下の同時性を言明しています。

この問題の面白さは,枝葉末節をのぞけば,
「球体の転がる速度は球体の重さに影響」されないという点だと考えます。さらに私は,これは大きさが変わっても同じですよ・・・とその面白さを発展させたいと思ったのです。もちろん,このことは質問の範囲を逸脱していますが,息子さんの疑問を発展させるよい題材になると思います。

ただし,球体は質量が異なっても,いずれも密度は一様で,中身のつまったものとしましょう。このルールが守られなければ,速さは変わりますよ,ということをいいたいがために缶ジュースの話を出しましたが,面白い例であるとしても,質問から話題がはずれていくきっかけになってしまったようです。

すでに指摘があったように,曲面上の転がりの場合には,大きさによって運動は変わります。重心の軌跡が等しくならないからです(同じ運動をしたことにならない)。

結論:傾角が一定の斜面上をすべることなく転がる場合に,一様につまった球体が定まった距離を転がり落ちる時間は,
(1) 質量 (2) 密度 (3) 大きさ
に無関係にほぼ等しくなります。「ほぼ」の意味は,現実には空気抵抗やすべりや弾み・・・等々によってわずかに差が出ることがあるということ。でもこれは上の面白い結果を見失わせるようなものではなく,まさに枝葉末節なのです。

No.2です。アドバイスされているように,話をもどしましょう。
>摩擦抵抗・傾度・球体の大きさが同じで、球体の重さだけ違うと考えた場合どうなんでしょうか?

まず,「摩擦抵抗」が摩擦力の大きさをさしているのならば,重さが変われば近似的にはそれに比例して摩擦力も変わるので「大きさが同じ」ことはありえません。でも,ここは素直に摩擦係数が同じという意味と私は理解しました。
また,空気抵抗は大きさが同じならば同じになり,質量に無関係なので,空気抵抗を考慮するならば軽い球体ほど遅くなるの...続きを読む

Q斜面を転がり降りるボール

 始めてOkwebを利用させてもらいます。よろしくお願いします。質問ですが、斜面を転がって下るボールは、下に向かうにつれて速度が増します。この場合ボールにはどのような力が働いているのでしょう。参考書には斜面に平行な力が働き続けているからとありますが、あまり理解できません。どなたか詳しく説明してもらえませんか。子供(中学生)にうまく説明できませんので。

Aベストアンサー

まずは、摩擦の無いスベスベの斜面の場合。
(ボールが斜面を滑り降りる場合)

この場合は、重力と垂直効力がボールに働きます。
重力は鉛直下向き、垂直効力は斜面に垂直に働きます。

そして、二つの力の合力が、斜面に平行です。

人間がカーブをしている電車に乗っている時、
重力、摩擦力、遠心力、垂直効力が人間に働いていますが、
実際に体で感じたり目で確認できるのは、それらの力の合計(合力)ですね。

さて、実際の世界では、沢山の抗力が存在します。
その例として、ザラザラの斜面の場合を考えます。

普通は、ボールと斜面の間に摩擦力が働きますし、
空気抵抗も働きます。

全部で、重力、垂直抗力、摩擦力、空気抵抗!

ですが、物体は基本的に合力のかかる向きに動こうとします。
まあ当たり前ですが。。。

ボールが斜面を転がるということは、
ボールにかかる合力が斜面に平行しているということです。

人間が前にすすめるのも、進む方向に、足が摩擦力を受けているから。

Q斜面を円柱が転がる問題について質問です!

斜面を円柱が転がる問題で、円柱が滑らず転がる場合の静止摩擦係数を求めよと言われたら、普通に
MgsinθがμMgcosθより大きい時でいいんでしょうか?
 それとも角加速度などを考えないといけないんでしょうか?

ちなみに

円柱を考える場合は、摩擦が無い→滑る
          摩擦がある→摩擦係数がある値を超えると転がり、それより小さい場合は滑る

といった感じで解釈していいんでしょうか?

Aベストアンサー

円柱が転がる場合には、ご自分で気付いている通り
角加速度が関わってきますので、
回転運動の方程式を考えなければなりません。

並進運動の方程式 Ma=Mg sinθ - f
回転運動の方程式 Iω'=f r
を考えます。
ここで、fは円柱が受ける摩擦力、rは円柱の半径です。
Iは円柱の慣性モーメントで、この円柱の場合はMr^2/2となります。

転がる場合には、
a=rω'
すべる場合には
a>rω'
という条件を考えてやれば、
結果的に、転がる場合の静止摩擦係数を導くことができます。

たぶんμ>1/3tanθになる…と思います。

後半の解釈の部分についてはあっています。


人気Q&Aランキング