ラウンジの給料体制について質問です。新たにラウンジを経営するんですが、そのママの給料を固定にするか歩合にするか悩んでおります。
歩合の方がママのやる気につながると思います。しかしどれくらいの割合で渡せば良いのでしょうか?
以前やっていた店では固定給で渡していました。それがママの希望だったので。そのあまり分を僕の利益にしていました。
でもそのママは僕と恋愛関係にあり、あまりお金に執着してきませんでした。
今回はそういう関係ではない親しい後輩です。歩合にしても売上ちょろまかされたらそれまでだな〜とか、不安もあります。みなさんそういう管理とかどうされているのでしょうか??儲けたいのもありますが開店費用はとりあえず回収したいですし、何か良いアドバイスあれば教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

株式会社などの一般企業と同じ考え方で良いと思います。



貴方が株主(オーナー)兼監査役
彼女が社長(ママ)

みたいな関係だと想定して決めればいいと思います。


開店費用は役員借入金と考えて毎月定額を貴方に返済する形を取ればいいと思います。

次に固定給として貴方と彼女の報酬額を決める。

12月を決算月として、利益の一部は運転資金として留保し残りを双方で分配する。
まぁ、固定給なら貴方がすべて貰っても良いですが…


資金不足の月があれば経営責任者であるママが資金調達をする。(ここ一番重要)
当然ながら、お店の借金となるので利益が出たときにママに返済する。


あくまでも考え方として…のひとつの方法です。

確定申告の際は、すべてが貴方の収入であり支出なので誤解の無いように。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q有形固定資産と無形固定資産

こんにちは。
有形固定資産の減価償却と無形固定資産の償却の相違点って、なんでしょうか?
箇条書きで教えていただければ幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.有形は残存価額が原則10%、無形はゼロ。

2.有形は償却方法は法定されているものを除き選択できるのに対し、無形は定額法のみ。(鉱業権は除きます)

3.有形はB/S表示が直接控除、間接控除、注記による開示があるのに対し、無形は直接控除のみ。

というような相違があります。

税務上ではとくに両者を分けず、ともに減価償却資産になります。

Q給料計算の取り違えの際の給料明細について

今回の給料で、私の 残業代と有給が 同僚のと 反対になって計算されていました。
会社から 私は差額を現金で返却して欲しいと、同僚には現金で差額支給する旨の連絡がきました。
給料明細なんですが、4月分は締めてるので一切変更ができないので
5月の明細にて計算しなおすと言われました。
返却した分に関しては「補正ナントカ」で税金等計算しなおすので
全く問題ないといわれましたが、私は経理に関して素人なので問題ないのか分かりません。

4月の明細は絶対に修正できないのでしょうか?
また、税金等は5月の修正で問題ないのでしょうか?

説明が下手な為分かりにくいかとは思いますが、
詳しい方いらした どうか教えてください。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

まぁ、担当者として「絶対に」と言いたくなる気持ちは分かりますが、
給与の振込み前であれば、「絶対に修正できない」ということはないでしょうね。
おそらく経理へ確定数字として金額を伝えて、経理では月の締めを行っているので、「絶対に」に近づいている状態だとは思いますが、「絶対」なんていうことはないですね。
ただ、もし4月としてやり直すとなると、多大な労力がかかるのは確かです。

税金の件は5月に差額分も込み(それが「補正ナントカ」なのかな)で計算すれば問題ないですね。
もしそこで誤差があっても、結局は年末調整で帳尻が合いますので、あまり心配しなくてもいいです。

Q固定比率、固定長期適合率の式について

経理を担当する者です。
固定比率と固定長期適合率の式についてなんですが、文献やWEB等で確認すると分母と分子が逆になっていたりとバラバラなのですがどうしてなのですか?どなたかご教授お願いします。

Aベストアンサー

一般的には「数値が低い(少ない)ほど安全」という見方をするので、

固定比率=固定資産÷自己資本×100

固定長期適合率=固定資産÷(固定負債+自己資本)×100

ということになります。
しかし実際の財務分析では、仮に分子分母が逆であっても結果を逆に見れば同じことなので、実務上は大きな違いはないとも言えます。

Q固定資産を除却時の固定資産価額について

こんにちは、はじめて質問します。
固定資産システムを導入中のものです。
(背景)
これまで、固定資産を期中に除却した場合には、期首の簿価にて除却損を計上してきております。
システム化にあたり、除却までに発生した償却費についての取り扱いについて検討しています。
(質問)
期中に固定資産を除却した場合、当期発生分の償却費を戻さずに、その時点の簿価にて除却損を計上してもよろしいのでしょうか?
よろしくご教授お願いします。

Aベストアンサー

システム導入中ということはまださほど固定資産がなく、総合償却などをせずに個別で把握されているのでしょうか?であればいたってシンプルです。

税務上は期中除却までの月割り減価償却費を計上してその時点の簿価を除却損としても、
その固定資産の除却までの減価償却費を計上せずに期首簿価を全額除却損としても税額は変わりませんからどっちでやっても問題ありません。
たいていどのソフトにもこれらの選択できる機能がついてます。

経常利益の期間比較に会計の重点を置いているのであれば、期中使用分の減価償却費を計上する方法がベターでしょう。

Q固定資産の減価償却の処理とその処理の多様性について

「固定資産の減価称償却の処理とその処理の多様性について」説明する問題にとまどっています。
こちらは会計学の問題なのですが、
要点がまとまりません。
定額法、定率法などの説明なのか、もっと根本的なことなのか・・

どこが1番のポイントでしょうか?
ぜひよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 ポイント=要点

 定額法によると、耐用期間にわたって同一額の償却が行われるから、固定資産の経済的・機能的・技術的な減価と比べると適合しない場合がある。

 定率法は、固定資産の新しい段階で償却額が多く、古くなるに連れて償却額が次第に減少する。固定資産の陳腐化。機能低下などを考えると、早期に多額の減価償却費を計上できる定率法がのぞましい。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報