夏休みの宿題で……。

夏休みの宿題で、「聖徳太子は生きた時代にどのような影響をあたえたのか。」
っていう歴史の宿題がでてます。

調べても、あまりでてこなくって。
知ってる方、ぜひ教えて下さい。

A 回答 (3件)

四天王寺や斑鳩寺を建立し、仏教の隆盛に努めた。


遣隋使を派遣し、大陸文化を日本に取り入れた。
冠位十二階の制度を作り、中央集権国家の礎を作り上げた。
    • good
    • 0

天皇中心のくにづくりを目指した(今でも日本では天皇は国の象徴とされている)。


十七条の憲法をつくった。(今でも守るべき憲法がある。)
    • good
    • 0

1回で10人の話を理解できる耳を大量生産し、その時代の経済的な発見を大きくもたらしましたが、だんだんと売れ行きが悪くなり、倒産して

しまった暁には、レモネードスタンドで生計を立ててました
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q夏休みの宿題 歴史新聞

夏休みの宿題で歴史新聞というのがあります!
それで、一人歴史上の人物を調べなければいけないんですが
まったく決まりません。
出来ればありきたりでは無いもので
かつマイナーすぎないものがいいんですが。。。
後、調べやすい人です。
ちなみに人物は外国の方でもいいですし
最近の方でも死んでればOKです。
皆さんは何かお勧めはあるでしょうか??

Aベストアンサー

中高生なら近代史をおすすめします。

政治なら米内光政はいかがでしょう。
海軍大将でありながら政治感覚・国際感覚ともにバランスの取れた人です。
いわゆる軍国主義からはかけ離れた人なので抵抗は少ないでしょう。

文筆家なら森鴎外はいかがでしょう。
太宰治や芥川龍之介と違って国際感覚を持った人です。

医学なら北里柴三郎はいかがでしょう。
言わずと知れた日本の細菌学の父です。

いずれにしても近代の日本に活躍した人、言い換えれば現代の日本の礎を作った人をよく知ることが良いと思います。

Q【聖徳太子って天皇?】聖徳太子って歴代天皇の祖先ですか? 聖徳太子って厩の皇子と呼ばれていた。

【聖徳太子って天皇?】聖徳太子って歴代天皇の祖先ですか?

聖徳太子って厩の皇子と呼ばれていた。

皇子、太子ってことは天皇の祖先ということ?

それとも聖徳太子とは別に当時に天皇はいた?

聖徳太子は厩の皇子と言われたのは聖徳太子は厩(馬小屋の前で産まれた)という意味ではなく厩の地域(馬を管理する地区)で産まれたという意味だそうで、聖徳太子は馬を管理するどちらかというと貧困層の地域で産まれたが産まれながらに天才でその噂が広がって高官になっていった。

聖徳太子が天皇の祖先なら天皇は元は馬小屋の管理人の家に産まれた人になってしまうが聖徳太子の真似を後醍醐天皇がしていたので、聖徳太子は天皇ではなく聖徳太子の太子と天皇家は全く関係がないということですかね?

天皇家でもないのに皇子とか太子とか今で言う天皇陛下の子供である天皇皇太子と同じ位の人間と同じ位を名乗れていたのはなぜ???ってなる。

聖徳太子は天皇の子供じゃないの?

Aベストアンサー

実在の人物でない説が有力です。

Aベストアンサー

上記の方が言っておられますが、仏教が伝来したのは聖徳太子の時代ではありません。
伝来の時期については諸説ありますが、欽明天皇(539年即位。第29代天皇)が百済の王から伝来されたという説について簡単に説明します。
このとき、朝廷では蘇我氏や物部氏が権力を握っていました。欽明天皇が仏教を受けいれるべきかと聞いたとき、蘇我氏が賛成し物部氏が反対しました。一旦受け入れたものの、流行り病等が起こったので物部氏はこれを「日本古来からの神のたたり」と主張し、廃仏が実施されます。
後年にも同じようなことが起こりますが、最終的に、この両氏の戦いは蘇我馬子の時代に蘇我氏が物部氏を倒したことにより、決着。後に、馬子が支持していた推古天皇が即位したことにより、仏教を受け入れることが決定的となりました。
聖徳太子は推古天皇(593年即位。第33代天皇)の摂政として政治を行いましたが、幼少期の伝説や彼の建てた法隆寺を見れば分かるとおり、仏教を受け入れました。馬子と協力して仏教の道徳観に基づいて政治を行ったといわれています。
聖武天皇は(724年即位。第45代天皇)、在任中に病気や災害が数多く起こったため、仏教に帰依しました。結果、東大寺を建立し大仏を作りました。


余談ですが、日本における律令時代とは大化の改新を皮切りに始まる(近年では疑問視され始めていますが)天皇に全ての権力を集めようとする一連の流れもしくはその制度が施行されていた時代のことです。この大化の改新は、中大兄皇子と藤原鎌足が、前述した蘇我馬子の孫・蘇我入鹿を暗殺しその父蘇我蝦夷が自殺したことに始まります。これにより、蘇我体制の政治が終わりを告げ、数代の天皇を中大兄皇子や中臣鎌足がサポートするようになります。最終的に中大兄皇子は天智天皇(661年即位。第38代天皇)となり、その死後、壬申の乱で勝利した大海人皇子が天武天皇(673年即位。第40代天皇)として、さらに中央集権を推し進めました。
この律令制は、聖武天皇が墾田永年私財法により、「土地は天皇のもの」という律令の根幹が揺らがされ、桓武天皇(781年即位。第50代天皇)の時代に、大きく行政改革がなされたことで終わりを迎えました。(この終焉にも諸説在ります。)


上に幾度か書いていますが、この仏教伝来の流れについては諸説あります。ご自分で調べて見られるのもいいと思いますよ。

上記の方が言っておられますが、仏教が伝来したのは聖徳太子の時代ではありません。
伝来の時期については諸説ありますが、欽明天皇(539年即位。第29代天皇)が百済の王から伝来されたという説について簡単に説明します。
このとき、朝廷では蘇我氏や物部氏が権力を握っていました。欽明天皇が仏教を受けいれるべきかと聞いたとき、蘇我氏が賛成し物部氏が反対しました。一旦受け入れたものの、流行り病等が起こったので物部氏はこれを「日本古来からの神のたたり」と主張し、廃仏が実施されます。
後年にも同...続きを読む

Q【歴史・安土桃山時代】安土桃山時代の100文って現在の貨幣価値で幾らですか?織田信長は安土城を地

【歴史・安土桃山時代】安土桃山時代の100文って現在の貨幣価値で幾らですか?

織田信長は安土城を地方の大名に見せるときに見学料として100文を摂取したそうです。

Aベストアンサー

当時は、金1両は約4000文でした。
1貫文は1000文で、1貫=10万円程度なので、4000文は4貫=40万円。
したがって、100文は1万円程度だと思います。
なかなか金儲けに長けている金額ですが、当時の安土城が見られるならば、私だったら1万円でもいいかな。

Q聖徳太子→厩戸皇子→聖徳太子、の変遷について

聖徳太子について、教科書への記述に関してです。
従来、聖徳太子と記述されたいましたが、最近、厩戸皇子に改められ、ついこの間、聖徳太子に戻りましたね。
なぜ、このような変遷(悪く言うと、右往左往)があったのか、経緯や理由などを教えて下さい。

Aベストアンサー

1999年に大山誠一氏が聖徳太子虚構説を出したのが大きいです。
推古天皇の子である聖徳太子の存在が虚構であって、太子の実績等も後の代に創作されたものだという説を出しました。
聖徳太子は否定したのですが厩戸皇子の存在までは否定しませんでした。
その影響で聖徳太子という記述が用いられなくなってしまいましたが、虚構説が出た直後から反論があり、
反論に対する十分な論証が出来なかった為、また元に戻ったという感じです。

↓wikiの聖徳太子のリンクページですが下の方に虚構説が少し出ています。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%96%E5%BE%B3%E5%A4%AA%E5%AD%90

古代史では邪馬台国は存在していなくて、邪馬壱国だったという説が昔ありましたし、
色々と調べると面白いですよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報