痔になりやすい生活習慣とは?

冷凍庫にロールケーキや大福を保存していたのですが、ビニールなどが挟まって隙間ができてしまっていたらしく、常温の空気が入り、冷凍庫上部の食品は溶けてしまっていました。
最後に冷凍庫を開閉してから時間にして15~16時間くらいだと思います。
見た目では、完全に溶けてしまっているのか内部はまだ凍ったままなのかわかりませんが、ロールケーキや大福の再冷凍はやはりかなり味が落ちてしまうのでしょうか?
こんなミスをするなんてかなりショックです・・・。

A 回答 (1件)

おはようございます。

パティシィエです。

文章からは、どれほど解凍状態にもどったのか判断つきかねるのですが

仮にですが「半解凍状態」あるいは、「冷蔵状態」であるなら
再冷凍しても召し上がるのに問題ないと思います。
もちろん多少 味が落ちるのは、避けられません。

それは、お肉にしてもお魚にしてもケーキにしても同じだと思います。

ただ「常温状態になってしまった」なら もうあきらめた方がいいと思います。
こんなところですがもしご参考になったなら職人として幸せです。

ジルより
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
常温にまではなっていないはずなので、ケーキも大福も大丈夫かな、ほっとしました。
プロのご意見をありがとうございます。

お礼日時:2016/09/10 16:37

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q食品の再冷凍がいけない理由の本質は?

よく、一度解凍した食品を再度冷凍するのがいけないと聞きます。細胞が壊れるからだという理由も良く聞くのですが、その、細胞が壊れることの何がいけないのか知りたいです。

味が悪くなる程度なら、再冷凍したいときもあります。
安全性に問題が出るなら、再冷凍は今後もしないでおきたいと思います。

そもそも細胞が壊れるという理由自体がおかしいのであれば、正しい理由を教えてください。”それで何がいけないのか?”というところまで教えてほしいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1です。子育てでお忙しいところに長い説明ですみませんがお暇な時に読んでみてください。

微生物の中には様々な過酷な環境でも生存することができる種類がいます(極限環境微生物といいますhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A5%B5%E9%99%90%E7%92%B0%E5%A2%83%E5%BE%AE%E7%94%9F%E7%89%A9)。そのようなタフな生存力を持つ種類の微生物は、その体を構成するタンパク質や細胞膜が特殊な成分や構造からできていたり、一時的に芽胞を形成して生き延びたりと、過酷な環境中で生存するための戦略を持っています。

再冷凍した場合、冷凍庫の開け閉めなどによって温度が一時的に上がった時などに、休眠していた微生物が目を覚まして一気に増殖したり食中毒を起こす毒素を作ったりする可能性があります。

細菌性食中毒の起こり方細菌の種類によって違いますが、(1)大増殖した微生物の感染、(2)微生物が作った毒素、(3)両方、などが原因です。一度解凍した後は再冷凍せずにできるらけすぐに加熱調理してすぐ食べてしまったほうが、このような微生物の活動を防ぐことができるため安全です。十分な加熱により大部分の種類の微生物を殺すことができるだけでなく、熱に弱い構造の毒素を破壊することができます(黄色ブドウ球菌などの毒素は加熱しても壊れない構造です。だから加熱により細菌が死んでしまった後でも食品中に毒素が残っているため食中毒が起こります。怖いですね;;)。

これから夏になるので食中毒を予防するために十分気を付けてくださいね。
ウィキペディアの食中毒の説明http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%9F%E4%B8%AD%E6%AF%92(「細菌性食中毒の予防」のところに再解凍の危険性についても書いてあります。解凍と再冷凍の繰り返しによりウェルシュ菌が増えやすいようですね。)

赤ちゃんの子育て頑張ってくださいネ!

No.1です。子育てでお忙しいところに長い説明ですみませんがお暇な時に読んでみてください。

微生物の中には様々な過酷な環境でも生存することができる種類がいます(極限環境微生物といいますhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A5%B5%E9%99%90%E7%92%B0%E5%A2%83%E5%BE%AE%E7%94%9F%E7%89%A9)。そのようなタフな生存力を持つ種類の微生物は、その体を構成するタンパク質や細胞膜が特殊な成分や構造からできていたり、一時的に芽胞を形成して生き延びたりと、過酷な環境中で生存するための戦略を持っています...続きを読む

Q解凍した食品の再冷凍について。

解凍した食品を再度冷凍すると、
グンと味が落ちてダメだっていいますよね。

スーパーの鮮魚コーナーなんかに、朝早く行くと
パックされてる魚が、まだ凍ったままのがあるんですけど
お昼ごろいくと半解凍くらい、夜行くともう溶けちゃってるって感じなんですが
それを買ってきた場合も、もう冷凍したら味落ちちゃうんでしょうか?

さっき買ってきたサンマが、半解凍くらいなんですけど
できれば、半分冷凍したいのですが。

Aベストアンサー

冷凍食品を解凍して再冷凍保存すると、細菌(食中毒菌など)が増殖する可能性があります。

これは、生モノを生モノのまま(例えば魚を解凍してもう一度魚のまま冷凍する場合など)冷凍した場合、特にそういった危険があるようです。
また、魚の味もすごく悪くなります。

半解凍でしたら、ぎりぎりセーフって感じでしょうか?
魚は洗わず、キッチンペーパーでよく水分を拭き取り、空気が入らないようにぴっちりラップに包んで、ジップロックに入れて冷凍し、なるべく早めに食べたほうがいいと思います。

冷凍されて売られている食材は、家庭用の冷凍庫と違い一気に-50℃ぐらいで冷凍しますので(冷凍庫内の温度が違う)、風味を保ち新鮮なまま冷凍されます。

冷凍保存したいのであれば、なるべく解凍されていない状態のものを購入されたほうがいいと思いますよ。

Q冷凍食品が溶けてしまったら

今日、冷凍食品をたくさん買ったのですが
帰るまでに時間がかかりすぎてしまって
冷凍庫に入れる時に、手で触った感触では
ほうれん草やかぼちゃ、チャーハンに餃子
スパゲッティなどなど・・・
完全に解凍されている感じでした。

大人が食べるには大丈夫だとは思いますが
野菜は1歳になったばかりの子供の離乳食に
使っています。
やはり1度解凍されてしまった物を
子供には食べさせない方がいいでしょうか?

Aベストアンサー

一口に冷凍食品といってもでき方は実にさまざまです。一度加熱調理がされているもの(焼き鳥、うなぎ等)まったく加熱なしのもの(かきフライ等)加熱処理はされていても加熱調理が必要なもの(からあげ、いんげん、ほうれん草等)。ほとんどの場合再凍結しても味は落ちるもののまたよく加熱すれば安全には問題ありません。ただフライコロッケなどは再凍結したものは油が飛び散り危険です。霜がついたものを揚げるときはそのまま水につけて霜を取り水気をきってから揚げてください。著しく変色したり、異臭がなければそれはど神経質になることは無いと思いますが。

Q生ケーキの賞味期限って本当に(本日中)ですか?

生のケーキをたくさんいただきました。いただいたその日が賞味期限だったのですが、次の日ぐらいいいかな、と思って食べました。でも、まだアップルパイが残っています。アップルパイは比較的日持ちしそうな感じがしますが、本当に1日しかもたないのでしょうか?翌々日でも大丈夫だったら嬉しいのですが。大丈夫だったら、無駄にならないように、がんばって食べようと思っています☆

Aベストアンサー

生クリームが乗っているケーキは、できるだけ早く食べた方が良いのですが…ホールで買うと、どうしても残ってしまいますよね。(^_^;)
その場合、きちんとラップして冷蔵庫で保管すれば冬場だと数日はもちます。
(←経験談 ^^;)
但し、どうしてもクリームが乾燥して表面が黄色くなってしまったり、場合によっては皺やひび割れが生じてしまいます。
また、クリームは匂いを吸収しやすいので、冷蔵庫臭もつきやすいです。
お皿に乗せて、しっかりラップして下さいね!

…ただ、保存しておいたものを食べた場合、万が一それが原因で当たってしまったとしても、お店やメーカーは保証してくれません。ですから、夏場はできるだけ早く食べちゃってくださいね!

ちなみに、飾りの少ないショートケーキなら凍結して保存することはできます。
冷凍庫に入れて急速に凍結し、解凍する時は冷蔵庫内で12時間くらいをかけてゆっくり解凍してあげてください。
室温は絶対にダメですよっ! クリームが溶けちゃいます。
ラインの下や飾りの下にひび割れが出来てしまい、みてくれがちょっと悪くなりますが、べしょべしょになるようなことはありません。
クリームがちょっと固くてボロッとした感じになってしまいますが、そこそこ食べられます。(^^ゞ
あ、でも、イチゴは辛いかも…。
生クリームとスポンジ部分は問題ないですよ。
もし、冷凍保存するのでしたら、買ってからなるべく早めの方が、状態が良くなると思います。
…但し、最終手段…かな(笑)? (^_^;)

最後になっちゃいましたが、アップルパイは数日なら日持ちしますよ!
但し、カスタードクリームが入っている場合は、足が早いので、お店の表示にしたがってください。

生クリームが乗っているケーキは、できるだけ早く食べた方が良いのですが…ホールで買うと、どうしても残ってしまいますよね。(^_^;)
その場合、きちんとラップして冷蔵庫で保管すれば冬場だと数日はもちます。
(←経験談 ^^;)
但し、どうしてもクリームが乾燥して表面が黄色くなってしまったり、場合によっては皺やひび割れが生じてしまいます。
また、クリームは匂いを吸収しやすいので、冷蔵庫臭もつきやすいです。
お皿に乗せて、しっかりラップして下さいね!

…ただ、保存しておいたものを食べた場...続きを読む

Qスポンジの解凍方法

皆さま、こんにちは。

スポンジの解凍方法について教えて下さい。
スポンジケーキやシフォンケーキは冷凍保存できると聞いたのですが、(…できますよね…?)
解凍するときはどのようにしたら良いのでしょうか?
自然解凍というのは、冷凍庫から冷蔵庫に移しておけば良いのでしょうか。
それとも常温に、部屋に出しておけば良いのでしょうか。
電子レンジで数分温めるとかでも上手く解凍できるのでしょうか。
あと冷凍した生地は、当然作り立てより食感の違いが出ると思いますが、
解凍する時に水分でべちょべちょになったりはしないのでしょうか…?
また、もしそうならない為の方法などがあれば教えていただきたいです。

過去質問を探しましたが自分では答えが見つけられず…この場をお借りしました。
いろいろ質問してしまいましたが、よければアドバイス下さると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

冷蔵庫で一晩置いて、解凍すると良いです。
常温での解凍は、質問者様が書いているようにドリップを起したり、乾燥したりします。
冷蔵庫ならば、温度は低いですが氷点下ではないので解凍できますよ。
電子レンジに生もの解凍がありますがこれも急激な解凍に含まれますのでできるだけ避けた方が良いと思います。

スポンジ生地やシフォンケーキ生地の冷凍は可能です。
出来れば、砂糖の一部を転化糖(水あめなど)に置き換えれば良いのですがそのままでも結構です。
トレハロースが入手できれば、ベストですが。
冷凍すると乾燥しますので、必ず密閉容器に入れて冷凍してください。
冷凍の際は、できるだけ早く凍らせることが大事です。

Q【至急】生クリームの再冷凍は可能ですか?

初めて質問させていただきますcotton_5103と申します。
よろしくお願いいたします。

【現状】
・ホイップクリーム(添付した写真のもの)を解凍させすぎてしまい、液状になってしまった。
 (かなりどろどろです)
・パフェなどに添えるホイップクリームとして使用したい。

【質問】
①再び冷凍すればホイップクリームとして使用できるのか?
②また、再び冷凍する以外に固形に戻せる方法はあるか?

急いでおります!
簡潔で申し訳ございませんが、ご回答何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

泡立てた状態であれば凍らせることで長期保存できるのが生クリームです。
泡立ててない状態で凍らせると分離してしまうので保存できません。
解凍後は泡が消えてしまうことがあるので、もう一度泡立てる必要があります。

そんなわけで…
ハンドミキサーを使って目いっぱい泡立ててから冷凍保存です。

Q書類送検と逮捕の違い?

書類送検と逮捕とはどう違うのでしょうか?
書類送検の方が、拘束されないだけ罪が軽いような気がします。
書類送検でも前科となるのですか。
どういう場合に書類送検となるのでしょうか?
どうも分かりません。

Aベストアンサー

既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。長いですので覚悟してください。

刑事手続きの大雑把な流れは、
捜査->起訴(公訴提起)->公判->判決->刑の執行
というところ。全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。

犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機関が知り、必要な証拠を集め、被疑者(=容疑者)の身柄の確保をしないとなりません。これを捜査と言います。
被疑者の身柄の確保というのは、「後で裁判になった時に被疑者の出廷が必要」なので逃げられては裁判ができなくて困るというのが第一点。それと「自由にさせておくと証拠を隠滅するかもしれない」というのが第二点。
ですから逆に言えば、「逃げも隠れもしない、証拠隠滅のおそれも無い」のであれば身柄を確保する必要はありません(一定の軽微な犯罪につき、更に例外あり)。入院しているような人間なら逮捕しないことはよくあります。この身柄の確保のための手続きが、「逮捕」であり「勾留(起訴前勾留)」です(起訴前と言っているのは起訴後というのがあるからですがここでは関係ないので説明しません)。
「逮捕」というのは、被疑者の身柄を確保する手続きの内、「短時間のもの」。具体的には、身柄を拘束し最大48時間拘束し続けることです。この制限時間が過ぎると釈放しなければなりません。
しかし、それでは困る場合には、引き続いて身柄を拘束することができます。これが「勾留」です。勾留は最大10日間身柄を拘束できます。なお、勾留は1回に限り最大10日間延長することができますから、都合20日間まで勾留できることになります(例外として25日可能な場合もあります)。

ところで勾留の申請ができるのは検察官だけです。ですから警察官が逮捕した場合には、検察官に勾留申請をしてもらうかどうか決めてもらう必要があります。そこで48時間の逮捕の制限時間内に検察官に証拠物、捜査書類と一緒に身柄を送致しなければなりません(刑事訴訟法203条1項)。これを「検察官送致、略して送検」と言います。無論、警察限りで釈放する場合は必要ありません。
検察官送致を受けると検察官は24時間以内に釈放するか勾留請求をするかしなければなりません。ですから、警察官が逮捕した場合の身柄拘束は48時間+24時間の最大72時間に及ぶ可能性があることになります。このような身体を拘束した被疑者を送検することを「身柄付送検」と言う場合があります。これはなぜかと言えば、質問にある「書類送検」と明確に区別するためです。ただ、一般には単に「送検」と言えば「身柄付送検」を意味します。

さて、では「書類送検」とはなんぞや?ということになりますが、まず前提として犯罪捜査は常に被疑者の身柄を拘束するわけではないということを知っておかなければなりません。全犯罪件数から見れば、身柄を拘束しない事件の方が多いです。身柄を拘束していない場合には、先に述べたように「(203条1項による)検察官送致」をする必要がありません。と言うか、身柄を拘束していないのでできません。たとえ逮捕した場合でも、警察限りで釈放すればやはり検察官送致の必要はありません。
しかし、それとは別に、警察は犯罪の捜査をしたら原則として必ず検察官にその捜査についての資料、証拠などを送らなければなりません(刑事訴訟法246条本文)。これを「書類送検」と呼んでいます。書類(証拠物、捜査資料、捜査報告書などなど)を検察官に送致するということです。正確には送致しているのは「事件」なのですが、実際に何を送るのかと言えば「書類」であるということです。
つまり、「(身柄付)送検」と「書類送検」は同じ送検でも別の条文に基づく別の手続きです。と言っても、(身柄付)送検をすればそのとき書類も一緒に送っているので、重ねて書類送検を行う必要はないので、(身柄付)送検は書類送検を実際には兼ねていますが(と言っても、身柄付送検をすれば書類送検をしなくていいのはあくまでも246条本文に「この法律に特別の定のある場合を除いては」と書いてあり、身柄付送検が「特別の定」だから)。

というわけで、「逮捕」と「送検」というのは次元の違う話であることがわかると思います。
まとめれば、
1.「逮捕」とは、捜査において被疑者の身柄を確保すること。
2.警察が「逮捕」した場合は、刑事訴訟法203条1項により、釈放しない限り48時間以内に被疑者の身柄を検察官に送致しなければならず、これを「(身柄付)送検」と呼ぶ。
3.「書類送検」とは、警察が捜査した事件について刑事訴訟法246条本文に基づきその証拠、捜査資料を検察官に送致すること。
4.「(身柄付)送検」は「書類送検」を兼ねている。
5.警察が「逮捕」した場合でも、釈放すれば「(身柄付)送検」はできないので、その場合は「書類送検」を行わねばならない。
ということです。

そして、「書類送検」するということは「身柄付送検」をしていないということですからつまりは「身柄を拘束していない」ということになります。身柄を拘束していない場合というのは大概は相対的に軽微な犯罪であることが多いのでその意味では、逮捕した事件(これを身柄事件と言う場合があります)に比べれば罪が軽いことが多いのは確かです。しかし、それはあくまで結果論であって、書類送検だから、逮捕したから、と言うわけではありません。既に述べたように逮捕しても身柄付送検せずに釈放すれば書類送検ということになりますし。

なお、先に述べたとおり、「捜査した事件はすべて検察官に送致する」のが原則(全件送致の原則)ですが、例外として検察官送致にしないものが幾つかあります。例えば、検察官が指定した事件について、月報でまとめて報告するだけの微罪処分ですとか、あるいは報告すらしない始末書処分などがあります。ちなみに、交通反則通告制度については、微罪処分の一種とする文献もあるにはありますが、多少なり疑問のあるところではあります。
そういうわけで、どういう場合に書類送検となるかと言えば、「刑事訴訟法246条前段に当たる場合」ということになります。もう少し具体的に言えば、「微罪処分等で済ませることのできない事件で、かつ、身柄付送検等もしなかった事件」ということになります。

ところで、前科というのが何かと言えば、これは法律用語ではないということになっているのですが、法律的に見れば「有罪の判決を受けたこと」を言うと思ってください。ですから、前科が付くためには、「裁判を経て有罪判決が出なければならない」ことになります。しかし、最初に述べたとおり「検察官送致」というのは単なる捜査手続きの一部でしかなく、この後で検察官が起訴するかどうかを決め、起訴して初めて裁判になるのですから、検察官送致だけではまだ前科は付きません。その後どうなるかはその後の話です。無論、逮捕だけでも前科は付きません。逮捕=有罪ではありません(そう勘違いしているとしか思えない報道が多いのは事実ですが、有罪判決が出ない限りは被疑者、被告人はあくまでも「無罪」です)。
ちなみに、捜査したが起訴しなかった犯罪事実について「前歴」と呼ぶことがあります。

既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。長いですので覚悟してください。

刑事手続きの大雑把な流れは、
捜査->起訴(公訴提起)->公判->判決->刑の執行
というところ。全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。

犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機...続きを読む

Qレアチーズケーキって冷凍保存できるの?

誰か早急に教えてください。スポンジケーキって冷凍保存出来ますよね。レアチーズケーキって冷凍保存が出来ますか?自分で作ったんですが・・・食べきれそうに無いので・・・でもダメにするには忍びないので・・・よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

miyo-hさんこんにちは
冷凍出来ますよー!
レアもベイクドもOKです。
っていうかうちの妹はいつも冷凍しています。
クリームチーズ自体冷凍OKですので大丈夫です。
でも、クリームチーズって匂いが移りやすいですから
必ずラップしてタッパーやZip-Rockなど、密閉出来るものに入れた方が良いと思われます。

Q大さじ一杯 小さじ一杯って・・・

それぞれ何グラムぐらいなんですか?困っています教えてください。私はさじを持っていないので測れないのです

Aベストアンサー

重さは量るものによって違いますが、
大さじ一杯=15cc
こさじ一杯=5cc
です。

Q妊娠していても生理がある

わたしの周りの人で生理がきていたことで、妊娠に気づくのに遅れた人が何人かいます。
最近、義理の妹が具合が悪くて病院に行って、妊娠が判明しました。
でも妹は先週生理があったばっかりなのに、と言っていました。
ほかの人は妊娠3,4ヶ月ぐらいまで生理があった人もいます。
こういうことってよくあることですか?

Aベストアンサー

hanahanamamaです。再度失礼します。
私は5ヶ月目の生理のような出血が3日くらいで終わったのと、なんとなく妊娠してそうな気もしてたので、出血が終わった直後に検査をしたら尿をかけてすぐ、線が出ました。なんとなく結果が出るまで1分くらい待つイメージがあったのですが、かけると同時に線が出たのでかなり驚きました。そのときはまさか5ヶ月目に入ってるとはおもってませんでしたが・・・。


人気Q&Aランキング