マンガでよめる痔のこと・薬のこと

aを定数とする。二次関数y=x^2+(2a+2)x+2a^2+6a-4…①について考える。
[Ⅰ]関数①のグラフとy軸との共有点Pのy座標をpとする。
pはa=(アイ)/ウの時最小値(エオカ)/キをとる。

[Ⅱ]関数①のグラフは点Q(クa-ケ,a^2+コa-サ)を頂点とする放物線である。
関数①のグラフがx軸と異なる2点A,Bで交わっているとき、定数aの値のとり得る範囲はシス<a<セである。このとき、ABは2√(ソa^2-タa+チ)であるから、ABはa=ツテのとき最大値トをとる。
また、三角ABQが正三角形となるとき、ABの中点をMとすると、MQ=√ナ/ニ×ABが成り立つことを利用すると、a=ヌネ±√ノである。

答えは
ア -
イ 3
ウ 2
エ -
オ 1
カ 7
キ 2
ク -
ケ 1
コ 4
サ 5
シ -
ス 5
セ 1
ソ -
タ 4
チ 5
ツ -
テ 2
ト 6
ナ 3
ニ 2
ヌ -
ネ 2
ノ 6

です。よろしくお願いします

質問者からの補足コメント

  • MQ=√3/2ABの√3はどこからきたのですか?

      補足日時:2016/09/15 22:36

A 回答 (2件)

[1]



y=x^2+(2a+2)x+2a^2+6a-4 とy軸との共有点ではx=0
よって
y=2a^2+6a-4
 =2{{(a+(3/2)}^2- 17/4}

a=-3/2 の時 最小値-17/2

[2]

y=x^2+(2a+2)x+2a^2+6a-4


y={x+(a+1)}^2+a^2+4a-5

Q(-a-1,a^2+4a-5)

異なる二点で交わる時

a^2+4a-5<0

(a+2)^2<9

a+2>=0の時

a+2<3

-2<=a<1


a+2<=0の時

-a-2<3

-5<a<=-2


-5<a<1

x^2+(2a+2)x+2a^2+6a-4=0の時

{x+(a+1)}^2=-a^2-4a+5


x>=-a-1の時


x=√(-a^2-4a+5)-a-1

x<=-a-1の時

x=-√(-a^2-4a+5)-a-1


{√(-a^2-4a+5)-a-1}-{-√(-a^2-4a+5)-a-1}
=2√(-a^2-4a+5)


これは
2√-(a^2+4a-5)
=2√-{(a+2)^2-9}

a=-2の時最大値6

MQ={(√3)/2}AB

-a^2-4a+5= {(√3)/2} 2√-{(a+2)^2-9}
-a^2-4a+5= {(√3)/2} 2√-{a^2+4a-5}
-a^2-4a+5= {(√3)/2} 2√(-a^2-4a+5)

-a^2-4a+5=Xとすると

X={(√3)/2} 2√X

X^2=3X

X(X-3)=0

X=0,3
X=0の時解が一つになるので


X=3
-a^2-4a+5=3

a^2+4a-2=0

(a+2)^2-6=0
(a+2)^2=6

a+2=±√6

a=-2±√6
    • good
    • 0

NO.1です


ABの中点Mから下に下ろした延長上にQがあり、
ABQが正三角形の時
△AMQは内角がそれぞれ60,30,90の直角三角形
この時MQ=(√3)AM
=(√3)/2 ×AB
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高校数学の問題の解説をお願いします!

(1) 不等式2log[9](3-2x)+log[3](2-x)≦2(1+log[3]2)を
満たすxの値の範囲は【?】と表すことが出来て、α=?、β=? である。
(2)xの範囲が(1)で求めた範囲であるとき、関数y=(1/4)^x-2^(-x+2)+8は
x=?のとき最小値?、x=?のとき最大値?をとる。

底のそろえ方や真数条件などさっぱり分かりません。

一応解答は
(1) 不等式2log[9](3-2x)+log[3](2-x)≦2(1+log[3]2)を
満たすxの値の範囲は【α≦x<β】と表すことが出来て、α=-5/2、β=3/2 である。

(2)xの範囲が(1)で求めた範囲であるとき、関数y=(1/4)^x-2^(-x+2)+8は
x=-1のとき最小値4、x=-5/2のとき最大値40-16√2をとる。

です。

詳しくお願いします!!

Aベストアンサー

>底のそろえ方や真数条件などさっぱり分かりません。

それでは下記の説明もチンプンカンプンでしょう。
「対数」の基本を復習することが先決ですね。
(対数という「表記方法」に惑わされずに、下記のように定義にかえってその意味を考えれば理解できるはず)

(1)対数は、 [a] を「底」を表わすものとして
 y = log[a](x)

 x = a^y
ということですから、
 x > 0
でないと定義できません。これが「真数条件」です。

与えられた不等式においては、真数条件は
 3 - 2x > 0
 2 - x > 0
ということです。
これより、xは上記の2式を同時に満たさないといけないので
 x < 3/2     ①

さらに、この不等式の log[9]A と log[3]B とは直接足し算ができません。
対数の定義に戻って
 log[9](3-2x) = Y
とおけば
 3 - 2x = 9^Y = (3^2)^Y = 3^2Y
ここで
 2Y = Z
とおけば
 3 - 2x = 3^Z
これを再度対数にすれば
 log[3](3 - 2x) = Z
ということです。Z = 2Y なので
 Y = (1/2)Z = (1/2)log[3](3 - 2x)

これは、ふつう底の変更の「公式」で、
 log[9](3-2x) = {log[3](3-2x)} / {log[3](9)} = {log[3](3-2x)} / 2
と計算してしまいますが、やっているのは上に書いたようなことです。

これにより、不等式の左辺は、同じ底の対数として計算できて
 2log[9](3 - 2x) + log[3](2 - x)
= 2{(1/2)log[3](3 - 2x)} + log[3](2 - x)  ←上の Y
= log[3](3 - 2x) + log[3](2 - x)
= log[3](3 - 2x)(2 - x)  ←対数の足し算は、中に入れて真数のかけ算
= log[3](6 - 7x + 2x^2)   ②

一方、不等式の右辺は
 2(1+log[3]2)
= 2(log[3]3+log[3]2)   ←log[3]3 = 1 なので
= 2log[3](3 × 2)   ←対数の足し算は、中に入れて真数のかけ算
= 2log[3](6)
= log[3](36)    ③

②③から、与えられた不等式は
 log[3](6 - 7x + 2x^2) ≦ log[3](36)
となり、底が同じなので真数同士の
 6 - 7x + 2x^2 ≦ 36
と等価になります。

これを解けば
 2x^2 - 7x - 30 ≦ 0
 (2x + 5)(x - 6) ≦ 0
より
 -5/2 ≦ x ≦ 6

真数条件①があるので、
 -5/2 ≦ x < 3/2
ということになります。


(2)は、まず関数の形を簡素化して

 y = (1/4)^x - 2^(-x+2) + 8
  = 2^(-2x) - 2^(-x+2) + 8
  = [2^(-x)]^2 - 4*2^(-x) + 8

ここで z = 2^(-x) とおくと
 y = z^2 - 4z + 8
  = (z - 2)^2 + 4   ④
となります。

(1)より -5/2 ≦ x < 3/2 なので、これを z にあてはめると
  2^(-3/2) < z ≦ 2^(5/2)
つまり
  √2/4 < z ≦ 4√2
となり、④の放物線の形より
 z=2 のとき最小値 y=4
 z=4√2 のとき最大値
   y=(4√2 - 2)^2 + 4
   = 32 - 16√2 + 4 + 4
   = 40 - 16√2
となることが分かります。

 z=2 のとき 2 = 2^(-x) より x=-1
 z=2^(5/2) のとき 2^(5/2) = 2^(-x) より x=-5/2
なので
 x=-1 のとき最小値 y = 4
 x=-5/2 のとき最大値 y = 40 - 16√2
ということになります。

>底のそろえ方や真数条件などさっぱり分かりません。

それでは下記の説明もチンプンカンプンでしょう。
「対数」の基本を復習することが先決ですね。
(対数という「表記方法」に惑わされずに、下記のように定義にかえってその意味を考えれば理解できるはず)

(1)対数は、 [a] を「底」を表わすものとして
 y = log[a](x)

 x = a^y
ということですから、
 x > 0
でないと定義できません。これが「真数条件」です。

与えられた不等式においては、真数条件は
 3 - 2x > 0
 2 - x > 0
ということです...続きを読む


人気Q&Aランキング