アセチレンがニ分子重合したものの名前はなんというのでしょうか?
あと、酢酸ビニルとポリ酢酸ビニルはシセイ式でどう書けばいいんでしょうか?
また、アセチレンにHCLが付加したものの名前は、クロロエチレンでいいでしょうか?
長々とした質問申し訳ないです

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

> アセチレンがニ分子重合したものの名前はなんというのでしょうか?



 今,アセチレンを「H-C(三重結合)C-H」と表すとした時の「H-C(三重結合)C-C(三重結合)C-H」の事でしょうか。
 これでしたら,「1,3-ブタジイン(1,3-butadiyne)」または「ブタ-1,3-ジイン(buta-1,3-diyne)」と言います。

 「ブタ」はブタンに基づき炭素原子4個である事を示し,「1,3-ジイン」はその1位と3位に三重結合が2つある事を示しています。


> 酢酸ビニルとポリ酢酸ビニルはシセイ式でどう書けばいいんでしょうか?

 これは inorganicchemist さんの回答の通りです。


> アセチレンにHCLが付加したものの名前は、クロロエチレンでいいでしょうか?

 これは一般的には inorganicchemist さんが回答されている「塩化ビニル」と言います。あるいは tomasino さんがお書きのクロロエチレンに近い言い方で,「エチレンクロライド」と言います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
ところで、アセチレンが二分子重合したものですが、
解答をみたところ、ビニルアセチレンとかかれてあったんですが、
これは、レイさんのお書きになった1,3-ブタジインと同じものですよね?
で、その物質に水素(Hツー)を付加させるとどうなるかという問題が
次にあるんですが、それは僕は1,3ブタジエンと思ったんですが、
解答には1,3の表記がないんですが、これって書かなくてもいいものなんでしょうか?どうかよろしくおねがいいたします

お礼日時:2001/06/25 20:07

rei00 です。



私チョットぼけてますね。先の回答の「単にアセチレンが2分子重合しただけではビニルアセチレンには成らないような気がするんですが。」部分は忘れて下さい。

plo_olq さんの回答にある通り,(HC≡C:)- が別のアセチレンと反応すると HC≡C-CH=CH2 (ブタ-3-エンー1-イン)になります。

plo_olq さん,ご訂正ありがとうございました(ペコリ)。

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、そうでしたか・
ありがとうございました、おかげで小テストが9割取ることができました。

お礼日時:2001/06/29 12:39

アセチレンの2分子での反応ですよね。



HC≡CH のCH結合はs性が高いので酸性が高かったと思います。

ですから、(HC≡C:)- と H+ のように分かれます。
ここで、別のアセチレンと反応すると、
HC≡C-CH=CH2 (ブタ-3-エンー1-イン)になる・・・

という風な感じでしょうか。
電子の流れ図がかけないのは、ちょっと残念ですが。

(ちなみにシクロブタジエンという物質も存在します。)
(確かに、単体で安定か?といわれれば、そこまでは・・・となりますが。)
(金属錯体などを調べてみると、配位子として見受けられるでしょう。)
    • good
    • 0

 いろいろ回答が書かれていて、ちょっと混乱しているようなので、交通整理をしてみたいと思います。



 (1)アセチレンが2分子重合したものの名前は?
 これは2種類考えられます。一つは環状となったシクロブタジエン。しかし、炭素4員環に2重結合が二つとなり不安定すぎて、存在しないと言って良いでしょう。3つ重合すればベンゼンとなり、安定化します。もう一つは、回答にある通りのブタ-3-エン-1-インですね。これがさらに高分子となれば、白川先生のノーベル化学賞受賞で有名なポリアセチレンとなります。
 (2)酢酸ビニルとポリ酢酸ビニルの示性式
 酢酸ビニル:CH3COOCH=CH2
 ポリ酢酸ビニル:〔-CH-CH2-〕n
           |
           OOCCH3
 (3)アセチレンにHClが付加したものの名前
 塩化ビニル,塩化エチレン,クロロエチレン,エチレンクロライドなど、どれでも良いですね。
    • good
    • 0

一般に~ビニルという名前は


H H
| |
C = C
| |
H X
上の構造をvinyl基といいこのXの部分にあたるものによって~がきまります。例えばClがくれば、vinylchlolie(塩化ビニル。)といったようにです。よって、Xの部分にーC=CHがきたとかんがえれば、ビニルアセチレンと呼びます。
    • good
    • 0

rei00 です。



> ビニルアセチレンとかかれてあったんですが、これは、
> レイさんのお書きになった1,3-ブタジインと
> 同じものですよね?

 失礼しました。私の勘違いで,ご質問の化合物は 1,3-ブタジインではありません。解答にある「ビニルアセチレン」または inorganicchemist さんがお書きの「ブター3-エンー1-イン (buta-3-en-1-yne)」です。

> 解答には1,3の表記がないんですが、これって
> 書かなくてもいいものなんでしょうか?

 一般には二重結合の位置を示す数字が必要です。ただ,今の化合物(ブタジエン)では,ただ一つの構造式( H2C=CH-CH=CH2 )しか書けません。この様な場合は位置を示す数字を省略しても混乱が生じませんので,省略が可能です。


ところで,問題には「アセチレンがニ分子重合したものの名前は」と書かれてあったのでしょうか。単にアセチレンが2分子重合しただけではビニルアセチレンには成らないような気がするんですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

・・?そうなんでしょうか?
だとしたら問題が間違ってるんですかね・・・?
有機化学習いたての初心者ナもんでよくわからないですが

お礼日時:2001/06/26 22:09

MiJunです。


失礼しました。

以下の参考URLには関連質問の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
このページで「検索項目」で「Formula」を選択し、「%C2H3CL」と入力して「検索実行」ボタンをクリック
⇒「CAS 75-01-4」をクリック
⇒ここで「 Kis-Net No133」をクリック
⇒「一般」をクリック
⇒別名も参照

御参考まで。

参考URL:http://info.nies.go.jp:8093/kis-plus/search.asp
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧にありがとうございます
これはいいサイトですね!今後末永く使うことになりそうです

お礼日時:2001/06/25 22:43

No.1のお礼欄に対する回答です。



tomasinoさんのいわれるとおりに組み立てると
CH(三重結合)C-CH=CH2
となります。実際存在するかどうかは知りませんが、
ブター3-エンー1-イン(buta-3-en-1-yne)だと思います。

もっとも、アセチレンの重合ですぐに思いつく生成物はベンゼンと
シクロオクタトリエンです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はい!それです!それがいいたかったんです!
ドヘタな聞き方してすいません、
で、それの名前なんですけど、ブター3-エンー1-インと
ビニルアセチレンっていうのは同一のものなんでしょうか?

お礼日時:2001/06/25 20:17

以下の参考URLは参考になりますでしょうか?


ここで「133」と入れて「一般」をクリックしてください。

御参考まで。

参考URL:http://info.nies.go.jp:8093/kis-plus/cas_link.asp
    • good
    • 0
この回答へのお礼

・・・?
何か知的なHPですね、あのう、どこの欄に133と入れればよろしんでしょうか?愚問で申し訳ないです

お礼日時:2001/06/25 20:13

>アセチレンがニ分子重合したものの名前はなんというのでしょうか?



シクロブタジエンのことでしょうか?

>酢酸ビニルとポリ酢酸ビニルはシセイ式でどう書けばいいんでしょうか?

CH3COOCH=CH2、もしくはAcOCH=CH2
(-CH(OCOCH3)CH2-)n、もしくは(-CH(OAc)CH2-)n

>アセチレンにHCLが付加したものの名前は、
>クロロエチレンでいいでしょうか?

HCl塩化水素ですよね。間違ってはいないですが、
慣用名の「塩化ビニル」の方がよく聞きます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>シクロブタジエンのことでしょうか?
私は素人なもんでよくわからないんですが、
環構造はしていないんではないでしょうか?
アセチレンのそれぞれの炭素原子から一本ずつ結合手がでて、
それにHとCCHが付くのではないでしょうか?
間違ってたらすいません

お礼日時:2001/06/25 19:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水素分子のσ軌道、酸素分子のπ軌道、塩化水素のσ軌道を模式図で図示しろ。という問題を教えてください。

水素分子のσ軌道、酸素分子のπ軌道、塩化水素のσ軌道を模式図で図示しろ。という問題を教えてください。

Aベストアンサー

基本なので自分で考えてほしい。
H₂ は、 1s¹ 元素なので、σ結合に二個入ってヘリウム型
O₂ は、2s² 2p³ 元素なので、sp²混成起動によるσ結合とp軌道によるπ結合、余った2つのsp²は孤立電子対
HCl は、1s¹ と s²p⁵ なので、単純にsp混成軌道とのσ結合だけでよい。結合軸の反対にはσ孤立電子対、塩素のp軌道は塩素の周りに残る。

 σ結合(1か所)にしろπ結合(2か所)にしろね2個電子が入って、最終的に周囲が希ガス型で充足されればよい。

Qポリ酢酸ビニルからのポリビニルアルコールの合成

ポリ酢酸ビニルを加水分解(けん化)して、ポリビニルアルコールを合成したら重合度が原料のポリ酢酸ビニルよりも低下してしまいました。これは一般によくあることらしいのですが理由がわかりません。ポリビニルアルコールの一部が水に溶け出したのでしょうか?どなたかご助力お願いします。

Aベストアンサー

ポリ酢酸ビニルの構造は
(-CH2-CH-)_n
    l
   OCOCH3
(nは下つきです)
ですが、この
OCOCH3のメチルの部分にラジカルが生じることがあります。(というか生じてしまいます)
つまりOCOCH2・
となってここからも成長が始まってしまいます。
すると
(-CH2-CH-)_n
     l
    OCOCH2(-CH2-CH-)_n'
               l
               OCOCH3
などという構造になります。(こう書いてしまうとすべてのOCOCH3がほかの酢酸ビニルと反応してしまうみたいに見えますね・・・。実際はどうなのかよく自分も分かりませんが)
まぁそれはともかく・・・。
これが酢酸ビニルの実際の構造です。つまりこれをけんかすると
(-CH2-CH-)_n
     l
     OH

HOOC-CH2(-CH2-CH-)_n'
             l
            OH
になります。
このようになるためポリビニルアルコールの重合度が減少します。

・・・なんか分かりにくい説明ですいません。

ポリ酢酸ビニルの構造は
(-CH2-CH-)_n
    l
   OCOCH3
(nは下つきです)
ですが、この
OCOCH3のメチルの部分にラジカルが生じることがあります。(というか生じてしまいます)
つまりOCOCH2・
となってここからも成長が始まってしまいます。
すると
(-CH2-CH-)_n
     l
    OCOCH2(-CH2-CH-)_n'
               l
               OCOCH3
などという構造になります。(こう書いてしまうとすべてのOCOCH3がほかの酢酸ビニルと反応してしまうみたいに見...続きを読む

Q生物は、最初の図に示したように、原子・分子といった「ミクロ」な視点から、生態系という「マクロ」な視点

生物は、最初の図に示したように、原子・分子といった「ミクロ」な視点から、生態系という「マクロ」な視点まで、様々な階層に分かれた学問です。

を英語にしてください

Aベストアンサー

Biology, as shown in the first figure, is the knowledge which differentiates into various hierarchy constructed from the micro viewpoint including atoms and molecules, to macro viewpoint covering ecology.

Q酢酸ビニルの乳化重合

酢酸ビニルの乳化重合を行い、酢ビを生成しました。
このとき、開始剤として過硫酸アンモニウムを用いたのですが、
開始剤の役割って何ですか?
イオン性である必要があると思うのですが、単によく溶けて反応の起爆剤になるということでしょうか?

Aベストアンサー

開始剤の役割は、重合開始剤です(^^;
厳密に言えば、ラジカル重合を行う際のラジカル発生源です。
この発生するラジカルによって連鎖的に反応し、ポリマーができるわけです。
 
 あと乳化重合は、ミセル外にある重合開始剤から発生したラジカルが、ミセルに衝突し、重合が開始するというのが一般的なメカニズムであり、それによって、乳化重合の特徴が出てきますので、基本的に、水/油系乳化重合では開始剤は水に溶解する必要があります。無論例外もありますが。

Q高分子科学:ニューマン投影図?

100%アイソタクチックポリスチレンが
溶液中でらせん状になりやすいのはなんででしょうか・・・
ニューマン投影図?と関係があるようですが;

化学が苦手なのでいまいち分かりません。。

Aベストアンサー

ニューマン投影式は、分子の三次元的な形状の表現方法にすぎませんので、アイソタクチックポリスチレンの構造そのものとは関係ありません。
関係あるとすれば、説明にニューマン投影式を用いたということでしょう。

アイソタクチックポリスチレンが溶液中で螺旋状になりやすいとすれば、それは、その構造(立体配座)が安定だからでしょう。

すなわち、ポリスチレンはポリエチレンの炭素鎖に対して、1個おきにフェニル基が置換していると考えられます。フェニル基はかさ高い原子団ですので、それらのフェニル基間には立体的な反発がはたらきます。その反発が最小になるのが螺旋状の構造と言うことでしょう。

その辺りのことは、分子模型を組み立てるか、三次元的な構造の書かれた図を探すか、可能であれば分子構造の計算ができるソフトウェアを使ってコンピューター上で分子モデルを組み立ててみればわかるはずです。ただし、分子模型の種類によっては、原子核の位置のみが表示されるので、原子の大きさのようなものがわかりにくいかもしれません。

要するに「フェニル基の立体的な反発によって螺旋構造になる」ということです。なお、螺旋構造を説明するにあたって、ニューマン投影式は無力だと思います。おそたく、ポリエチレン鎖がまっすぐ並んだ状態では、フェニル基の反発が大きくなるということを説明するためにニューマン投影式を使ったのだろうと想像します。

ニューマン投影式は、分子の三次元的な形状の表現方法にすぎませんので、アイソタクチックポリスチレンの構造そのものとは関係ありません。
関係あるとすれば、説明にニューマン投影式を用いたということでしょう。

アイソタクチックポリスチレンが溶液中で螺旋状になりやすいとすれば、それは、その構造(立体配座)が安定だからでしょう。

すなわち、ポリスチレンはポリエチレンの炭素鎖に対して、1個おきにフェニル基が置換していると考えられます。フェニル基はかさ高い原子団ですので、それらのフェニ...続きを読む

Q酢酸ビニルの懸濁重合

懸濁重合で酢酸ビニルからポリ酢酸ビニルを生成する反応の場合、副生成物は生じますか?
生じるとしたら副生成物は何ができるのでしょうか?

Aベストアンサー

普通はポリ酢酸ビニル以外は生じないと思います。
副生成物ができるとしたら、開始剤由来の何かができるかもしれませんが、生成するポリ酢酸ビニルに対しての比率が非常に小さいので無視してかまわないレベルだと思います。
あとは、微量の原料やオリゴマーが混ざる可能性ぐらいでしょう。

Q物理の熱の問題について質問です 問題 図のよう、単原子分子理想気体が入った2つの円筒容器がコックのつ

物理の熱の問題について質問です


問題
図のよう、単原子分子理想気体が入った2つの円筒容器がコックのついた細菅で上下につながれてい。上側の容器Aの上部にはおもりがのったピストンがついてお、鉛直方向なめらかに動くことができる。下側の容器B体積は一定である。容器と周囲との間に熱のやりとりはなく、また装置全体は真空中にあるため大気圧考えない。コックおよび容器をつなぐ細菅の体積、容器の熱容量は無視できるとし、気体定数をR[J/(mol・K)]とする。

はじめ、コックは閉じられており、両容器内の気体はともに体積V[m^3]、温度はT0[k]であった。容器A内の気体の圧力は2p[Pa]でピストンがつりあっている。また、容器B内の気体の圧力はp[Pa]であった

(1)はじめの状態において容器Bに入っている気体のモル数[mol]を求めなさい。

(2)はじめの状態において容器Aに入っている気体の内部エネルギー[J]を求めなさい。

次にコックを開くとピストンはゆっくりと降下し、しばらくすると両容器内の気体の温度はT[k]になり、両容器内の気体の圧力も同じになった。

(3)この状態において、容器Bに入っている気体のモル数を求めなさい。

(4)このときの温度T[k]は、はじめの状態の温度T0の何倍かを数値で求めなさい。

(5)このときの容器A内の気体の体積は、はじめの状態の体積Vの何倍かを数値で求めなさい。

物理の熱の問題について質問です


問題
図のよう、単原子分子理想気体が入った2つの円筒容器がコックのついた細菅で上下につながれてい。上側の容器Aの上部にはおもりがのったピストンがついてお、鉛直方向なめらかに動くことができる。下側の容器B体積は一定である。容器と周囲との間に熱のやりとりはなく、また装置全体は真空中にあるため大気圧考えない。コックおよび容器をつなぐ細菅の体積、容器の熱容量は無視できるとし、気体定数をR[J/(mol・K)]とする。

はじめ、コックは閉じられており、両容器内の気...続きを読む

Aベストアンサー

まず、コックが開いているから、容器Aだけ、容器Bだけで考えられないってのはいいかな?
(3)の場合は、気体が一様に分布しているかモル数を計算できたんだよね(^^)
つまり、容器Bだけでかんがえても大丈夫って事だよね。
でも、(4)と(5)は気体が混ざった結果の状態だから、容器で分けて考えるのは・・・ちょっと・・・って話だよね。
そこで、(4)でTだけを求めようとすると、どーしても、まだ求めていない気体全体の体積が壁になる(><;)
また、(5)で変化後の体積を求めようとすると、気体の温度が壁になる(><;;)
つーことは、(4)と(5)は一緒に解くんだなって気づけるといいね(^^)
ところで、最初の状態の容器B内のモル数は(1)で計算したよね_Φ(・・ )
同じ要領で、最初の状態から容器Aのモル数も分かるよね・・・つまり、全体のモル数は分かってしまう(-_-)
そのモル数をNとしておこうかな。
そして、変化後の(容器Aの体積)+(容器Bの体積)=v としておきましょう・・・もちろん、変化後の容器Aの体積はv ー Vで求まるよね。
すると、
   2p・v = NRT
未知数がvとTで2つあるから、もう一つ式が必要だよね(~~;)
そこで、熱を加えていないのに、どうして気体の温度が変わるの?って事を考えてみます。
それは、ピストンが気体に仕事をしたからだよね(◎◎!)
つーことは、熱力学第1法則が書けるよね・・・しかも、熱は0・・・(^^)
すると、
   ΔU= 0 ー 2p・ΔV
     ΔU=(3/2)NRΔT=(3/2)NR(T ー T0)
     2p・ΔV=2p・(v ー 2V) ・・・・全体の体積で考えているから & もちろん、v < 2V
あとは、この2式を解けばいい(^^v)
ちなみに、「何倍か?」って訊かれたら、分数式を作るんだったね。
つまり、(4)は T/T0 、(5)は (v ー V)/V ができればいいよね。・・・これは、大きなお世話だったかな(^^;)
気をつけてほしいことは、「ピストンはゆっくりと降下し」って書いてあるけど、
これは、常に容器A内の圧力と(ピストン + おもり)が気体に加える圧力が同じって事です。
だから、(ピストン + おもり)が気体に加える圧力は 2p で一定になります。・・・何故、一定か?だって(ピストン)+(おもり)の重力は一定だからです
          式で書いた方がいいかな? ピストンの断面積をSとして、ピストンのつりあいより PS=mg Pは2pだったから、mgが気体に及ぼす圧力は2pで一定
物理で使う「ゆっくり」は、日常生活でつかう”ゆっくり”と同じ意味ではないよね・・・
・・・止まっているのと見分けがつかないくらいゆっくりで、常に力のつりあいが成り立った状態だよね(^^)
あとは計算だけですので頑張って計算してみて下さいp(^^)
私の答えに計算ミスがありませんように・・・(^^;)

まず、コックが開いているから、容器Aだけ、容器Bだけで考えられないってのはいいかな?
(3)の場合は、気体が一様に分布しているかモル数を計算できたんだよね(^^)
つまり、容器Bだけでかんがえても大丈夫って事だよね。
でも、(4)と(5)は気体が混ざった結果の状態だから、容器で分けて考えるのは・・・ちょっと・・・って話だよね。
そこで、(4)でTだけを求めようとすると、どーしても、まだ求めていない気体全体の体積が壁になる(><;)
また、(5)で変化後の体積を求めようとすると、気体の温度が...続きを読む

Q塩化ビニルの付加重合

付加反応がどこで何が付加しているのかがよくわかりません
C-Hの部分が他の塩化ビニルの二重結合の部分に付加なのか、C-Clの部分がなのか・・・・・?
私は高校の教科書で勉強しているのですが、付加重合されできたポリ塩化ビニルは下の図ように書かれています。
H H
/ /
- C - C -
/ /
H Cl n
本当はかっこでくくってあってnは数です。
これを見るとCH2とCHClが交互になっているように思いますが、
実際に付加反応が起こったりするとランダムになりそうな気もします。
この辺がよくわからないのでちょっと説明して頂けたらありがたいです。

Aベストアンサー

重合反応がイオン型でもラジカル型でも「活性化中心」つまりポリマー伸長の末端は-CH2か-CHClのいずれかがより安定化されます。
ですから、規則的に同じ方向につながった(CH2とCHClが交互になる)構造が生じます。
もちろん時々「活性化中心」のエネルギーが非常に大きくてどの様なつながり方でも差が少ない場合もあり、その場合ランダムなつながり方になることもあります。

Q高分子の状態について

よく本をみていると、鎖が絡み合った図が出てきたり、絡み合っていない図がでてきます。高分子鎖の状態についてですが、液体とゲル、そして固体状態では高分子鎖はどういった状態(固体では絡み合った状態?)なのでしょう。

またゲルとはある程度架橋している状態なのですか?架橋しすぎると固体状態になってしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

>つまり架橋することで、分子量が増大し、やがて、架橋が進めば、固体状態になるということですか?

そう言う事です。
化学会社は、この原理を利用して品物を作っています。

Qポリ酢酸ビニルについて

学生実験でポリ酢酸ビニルをつくりました。これはとても硬くてエンタルピー弾性のポリマーであると思ったんですが、ポリ酢酸ビニルはチューインガムにも使われており、それを考えるとPVAcはエントロピー弾性のような気もします。お願いです、PVAcはエンタルピー弾性かエントロピー弾性か教えてください。

Aベストアンサー

高分子の非結晶部分は、ガラス転移温度よりも低い温度では、主にエンタルピー弾性を示し、ガラス転移温度よりも高い温度ではエントロピー弾性を示します。

しっかりとしたエントロピー弾性(ゴム弾性)を示すためには高分子鎖がズルズルとずれていかないように或る程度の架橋構造、または拘束構造が必要です。

輪ゴムは天然ゴムを加硫したもので、室温ではエントロピー弾性を示しますが、液体窒素などで凍結させると(ガラス転移温度如何に冷却すると)エンタルピー弾性になってしまいます。

ポリ酢酸ビニルもガラス転移温度以下ならばエンタルピー弾性を示します。
ポリ酢酸ビニルのガラス転移温度は丁度体温に近かったように記憶しています。
そこで、室温ではエンタルピー弾性に近くて硬いのでしょう。
口の中ではエントロピー弾性となり、柔らかくて伸びるようになります。

なお、温度をガラス転移温度よりも高くしていくとエンタルピー弾性からエントリピー弾性に転移していくので、弾性率は急激に低下していきますが、融点や沸点などの1次転移点ほど急激ではありません。


人気Q&Aランキング