プロが教えるわが家の防犯対策術!

特に現役の小学校の先生に質問です。小学校の理科実験では、アルコールランプを今でも使いますか。アルコールランプの使い方の指導は必要だと思いますか。なぜこのような質問させていただくかというと、文科省の発表資料によるとアルコールランプの引火による大きな事故が毎年報告されているようですし、小学校で実験中にアルコールランプが転倒して引火したけれど先生が慌てて消したので大事に至らなかったとい。う話を聞いたこともあるからです。調べてみると、ある小学校の理科の教科書では、卓上ボンベ型のバーナーの使い方も紹介されてます。そちらの方が安全であるし、火力も安定しているので指導する先生としてもよいのではないかと思います。アルコールランプを使う必然性が理解できません。それに中学校や高等学校ではアルコールランプを使わないようです。日常生活でもまず必要ありません。小学校の理科実験でアルコールランプを使っている先生もしくは自分が小学校のときの経験者で、アルコールのランプを使った事故について経験やご意見をお聞かせください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

現職ではなく学生で申し訳ありませんが答えさせていただきます。


小学校でもまだアルコールランプは使われています。
そもそも小学校と中学高校だと、理科の実験する薬品などが違います。
小学校の理科の実験では余り火力などを使わない物が多いのでアルコールランプで事足ります、序でに使い方も教えてしまおうと言うのが考えです。
中学などからガスバーナーなどのよく見る器具が出てくる理由は実験自体の内容が「急激に熱する」「沸点、融点を見てグラフに書く」「再結晶や化学反応を起こす」などの様に小学校では危険な物で尚且つある程度の火力が必要なのでガスバーナーが使われます。
質問者様の様に卓上ボンベの物もあるかも知れませんが基本温度の上昇が緩やかなアルコールランプです、それに小学校ではガスバーナーなどの元栓、ガス調節ネジ、空気調節ネジなど難しい事があるので小学校ではアルコールランプを使っている様です。
因みに、中学でも最初の頃に少しアルコールランプを使う実験をしました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。アルコールランプはガスバーナーほど火力が強くない、空気調節などの操作が不要であるという理由で小学校では使われていることがわかりました。ただ、安全面では問題にされていないのか少し気になりました。

お礼日時:2016/12/10 17:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小学校教師の実験 アルコールランプを倒した場合

去年、神奈川県藤沢市の小学校で、男性教師(32)が、わざとアルコールランプを倒し、女子児童(10)にヤケドをおわせました。当初、藤沢市は 「ケガは軽傷である」 と嘘っぱちの発表をしていましたが、じつは深刻な重傷であることがわかりました。この事故?事件?は去年11月、藤沢市の小学校で 「危険性を教えるための実験」 と称して行われました。男性教師がわざとアルコールランプを倒し、女子児童がヤケドをしたというこの件、藤沢市はヤケドの程度について、当初から、軽傷だとして教師をかばっていましたが、今になって、顔面などを中心とする大ヤケドだったと発表し直しました。また、アルコールランプを倒した男性教師について県の教育委員会は、学校で認めていない実験を極めて危険な方法で独断で行い、取り返しの付かない結果を招いたとして、停職ろろろ6か月の、寛大な処分にしたと発表しました。女子児童は現在も通院中で、事故後は登校しておらず、警察は業務上過失傷害の可能性もあるとみて調べています。・・・この許されるはずのない、忌まわしい事件は何故おきたのでしょう、再び繰り返されない方法がありましたら、どなたか教えてください。

去年、神奈川県藤沢市の小学校で、男性教師(32)が、わざとアルコールランプを倒し、女子児童(10)にヤケドをおわせました。当初、藤沢市は 「ケガは軽傷である」 と嘘っぱちの発表をしていましたが、じつは深刻な重傷であることがわかりました。この事故?事件?は去年11月、藤沢市の小学校で 「危険性を教えるための実験」 と称して行われました。男性教師がわざとアルコールランプを倒し、女子児童がヤケドをしたというこの件、藤沢市はヤケドの程度について、当初から、軽傷だとして教師をかばっ...続きを読む

Aベストアンサー

危険性を教える事は良い事。

でもね、その中に安全管理が伴っていない事が問題なのですよ、様はアルコールは引火しやすいと言う事だけを教えれば良い事なんですよ、別に机の上で倒す必要性が無い、水の様なアルコールがどこに流れていくかも解らない、予測も無い状態では、やはり大きな過失があるでしょう。

例えば、ちゃんと敷居を作りそれ以上流れて行かないようにし、児童を安全な距離まで下がらせるとか、別に机の上じゃなくても、実験室ですから、ガラスの容器もあるわけですからね、はっきり言って意味が解りません。

>・・・この許されるはずのない、忌まわしい事件は何故おきたのでしょう、再び繰り返されない方法がありましたら、どなたか教えてください。

教師の質が落ちた、これに尽きると思います。10歳でしょ?危険性をちゃんと説明すれば理解出来る年代しょ、教育が必要の方は児童では無く、教師と言う事だよ。
未だに隠蔽体質が収まって無いんですよね、児童に大きな怪我を負わせて定職ですよ、セクハラで子供達に傷を付けるのと何ら変わらない、普通なら懲戒解雇でしょ、これじゃ、教育委員会なんて税金の無駄使い。

>警察は業務上過失傷害の可能性もあるとみて調べています。

わざと倒し火を付け火傷を負わし、この何処に無過失何でしょうね、とっとと逮捕して欲しいですね。
起こるべくしておきた犯罪です、決して事故では無い。児童が女の子だろうと男の子だろうと保護者から見れば性別なんて関係ない。

危険性を教える事は良い事。

でもね、その中に安全管理が伴っていない事が問題なのですよ、様はアルコールは引火しやすいと言う事だけを教えれば良い事なんですよ、別に机の上で倒す必要性が無い、水の様なアルコールがどこに流れていくかも解らない、予測も無い状態では、やはり大きな過失があるでしょう。

例えば、ちゃんと敷居を作りそれ以上流れて行かないようにし、児童を安全な距離まで下がらせるとか、別に机の上じゃなくても、実験室ですから、ガラスの容器もあるわけですからね、はっきり言って意味が...続きを読む

Qアルコールランプとガスバーナー

2つ質問です。

1.どうしてアルコールランプのアルコールは8割以上入っていないとまずいのでしょうか? 少し理由を調べた所「アルコールと空気の混合気体ができて、これは引火→爆発して危ないから」と書いてありました。ですが、同じくランプのビンの中に入っているアルコールだって引火するので、そういう意味では、同じくらい危ない?と思ったのですが…。

2.ガスバーナーの炎の色を青色にしろといいます。どうして青色の炎は「良い」のでしょうか? 青色の炎として酸素を十分燃焼しているという説明がありました。もしもそれが理由だとしたら・・どうして酸素不足ではなく、しっかり燃焼させていることが、「良い(あるべき)炎」となるのでしょうか? 何について、「良い」のでしょうか?

よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

1.
燃えるためには可燃物、酸素、熱源が必要です。
そして当たり前のことですが、アルコールランプは芯の先で燃えてくれないと困りますし、ランプ内で燃焼されたら困ります。
ですので、アルコールをたっぷり入れることで、容器内の酸素を追い出し、ランプ内のアルコールが燃えるのを防ぎます。

2.
完全燃焼をさせるためです。
黄色やオレンジに見える炎は温度が低いのでガスが燃えきっていません。
ですからもったいないです。
またガスの燃え残りが実験装置を汚します。
さらに完全燃焼すれば二酸化炭素が出ますが、不完全燃焼の場合は一酸化炭素が発生し、一酸化炭素中毒で最悪の場合は死に至ります。

どちらもちゃんと守らないと重大な事故になる可能性があります。

Qコイルの中の鉄心て.....

昨日、中学生の教科書を読んでいて疑問に思ったことがありました。
何で、コイルの中に鉄心を入れると磁界が強くなるのですか。
教えてください。

Aベストアンサー

その辺を勉強してる学生です。

コイルをぐるぐる巻いた中心に鉄心を入れたものと入れてないものを比べてみましょう。

まず、鉄心無しのものは、コイルの中心は空気ですね。
対して、鉄心が有るときは鉄心がコイルの中心にあります。

違いはここです。
磁界を考えるとき、透磁率という値が影響してきます。
空気と鉄心では透磁率がちがってきて、その違いが磁力に差を生じさせます。

磁界の強さは、磁力線の数で考えられます。
鉄心はコイルに流れる電流により発生した磁力線を集めるように働きます。
そのため磁力線の密度が増し、磁力が強くなるわけです。

鉄心に限らず、透磁率が空気より高いものであれば磁力を強めることができます。
ただ、コイルの中の磁界はどこでも同じなので、中心の方が磁力が強いということはありません。

Q燃料用アルコール(メタノール)の危険性

現在、主にアウトドアで使用するアルコールランプで「燃料用アルコール(エタノール5%・メタノール95%)」を使用しているのですが、メタノールは揮発性が強く、吸引したり飲んでしまったりすると危険(発ガン性がある)だと聞きました。

それで質問なのですが、たまに室内でアルコールランプを使うことがあるのですが、窓は開けているものの、火を点ける前などどうしてもある程度のメタノールを吸ってしまっていると思います。このような状況でも、燃料用アルコールは人体に対して有毒なのでしょうか?それとも、「燃料用」はメタノールをいくらか希釈している分、そこまで神経質にならなくて良いのでしょうか?

また、もし「消毒用」と間違えて「燃料用」アルコールで怪我の消毒をしてしまえば人体に対してどのような影響が及ぶでしょうか?

上記質問について教えて頂けましたら嬉しいです。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

#2様の言われるとおり、メタノールは劇物です。
劇物の中ではまだ危険度は低いでしょうけど、取り扱いには注意が必要です。

アルコールランプについて
窓が開けてあれば、神経質になる必要はないと思います。
蒸発しても風通しがよければ濃度は一気に薄まってしまいますから。
また微量なら吸い込んだとしても、代謝されて体外に排出されます。
あえて鼻を近づけて吸引しなければ特に問題はありません。
点火時より補充時のほうが危険は高いかもしれません。なるべく吸ったり、触ったりしないようにしてください。
万が一酩酊感があったら直ちに風通しのいいところへ行き、メタノールを遠ざけてください。場合によっては医師の診察を受けてくださいね。

消毒用として
絶対に使ってはいけません。ただ、痛みが走るので致死量や失明に至るまで傷口を漬けておくことはできないと思います。

急性メタノール中毒は工業レベルの長時間・大量使用による吸引や誤飲などです。もちろん体との相性もあると思いますが、アルコールランプ用燃料で頻度も少なく、取り扱い方が正しければ神経質になる必要はないと思います。
とはいえ危険物であることだけはお忘れなく。

#2様の言われるとおり、メタノールは劇物です。
劇物の中ではまだ危険度は低いでしょうけど、取り扱いには注意が必要です。

アルコールランプについて
窓が開けてあれば、神経質になる必要はないと思います。
蒸発しても風通しがよければ濃度は一気に薄まってしまいますから。
また微量なら吸い込んだとしても、代謝されて体外に排出されます。
あえて鼻を近づけて吸引しなければ特に問題はありません。
点火時より補充時のほうが危険は高いかもしれません。なるべく吸ったり、触ったりしないようにし...続きを読む

Qアルコールランプのアルコールはどこで手に入れられますか?

大人の科学マガジンで蒸気エンジンがあり、
燃料がないため、組み立てたままの状態です。

本誌には薬局で買えるということですが、うちの近くではマツキヨなどしかなく、個人の薬局というのがありません。

また売っていたとしてもどういうのを買えばいいのかさっぱりわかりません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.2です。

> 混合アルコールでも印鑑が必要なのでしょうか?
> 印鑑は普通のシャチハタではなく、100均でも買えるような朱肉が別途必要な印鑑でもいいのでしょうか?

混合の場合に印鑑が必要かどうかは解りません。
以前に仕事で使うメタノールを買いに行ったとき、住所・氏名・用途の記入と印鑑(シャチハタは不可、朱肉を付ける認め印は可=百均の印鑑でも可)が必要でした。


人気Q&Aランキング