ジムは妻が浮気していることを知り、ショックでバーに行って、多量の酒を飲み、酔いました。そして酔いながら自転車に乗り、帰宅途中に車にひかれ、足を怪我しました。ぶつかった車の運転手は気が動転していました。助手席に乗っていた奥さんは夫(運転手)にその場を立ち去るよう頼み、そのままジムをひき逃げしました。ちょうど事故を見ていた通行人がジムを自分の車に乗せて、病院に連れて行こうとしましたが、その途中で友達に会い、ジムの事をほったらかして、お喋りをしました。その後、ようやく病院に着いたジムでしたが、病院は忙しく、ジムは病院のマネージャーにより3時間待たされました。そしてジムは手術を受けました。しかし、医者のミスでジムは足を切断することになりました。医者はこの日、病院のマネージャーに27時間労働を強いられており、疲れていたのです。
こういうシチュエーションの場合、誰の罪が最も重いのでしょうか?
 ジム・・・自転車だが、飲酒運転した
 ジムの妻・・・浮気した
 運転手・・・ひき逃げした
 運転手の妻・・・ひき逃げをさせた
 通行人・・・病院にすぐに連れて行かなかった
 病院のマネージャー・・・ジムを3時間待たせた&医者に長時間働かせた
 医者・・・手術中にミスをした
最も罪の重い人順に並べてもらえると嬉しいです。変な話ですみませんが、よろしくお願いします!

A 回答 (1件)

 えーと、確信がある話ではありませんが……。



 まず、一番罪が重いのは運転手夫婦ですね。これは列記とした犯罪です。妻は幇助罪といって「犯罪を手助けした罪」であり、手を下したのと同じ罪に問われます。状況によっては「主犯」と扱われることにもなります。
 それから次は病院でしょう。医者は完璧な医療ミスですから、業務上過失に問われます。マネージャーはもちろん、監督不行き届きです。おそらくはマネージャーの方が罪が重いでしょう。やむを得ない理由があるなら情状酌量されるでしょうが、急患をほったらかしなど、医療に携わるものとして許されることではありません。
 通行人の罪に関しては序列を上の2つと序列を付けることが難しいかと思いますが、「未必の故意」の罪ですから、それなりに有罪です。ってゆーか、その人が社会人としてやっていけるのかどうか、これが心配ですが(笑)
 妻の罪はこれは刑法ではないので単純比較できませんけど、ジムが訴えた場合はまず間違いなく負けるでしょうね。
 ジム本人は……妻の前でしょうか、あとでしょうか。交通法でいう「危険行為」にあたるかと思いますので、もしかしたら状況によっては「通行人」の上かもしれません。何とも言えませんけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧に答えてくださって、どうもありがとうございます。すごく納得しました!

お礼日時:2001/06/28 00:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q指定通行区分違反(直進時左折車通行帯通行)で、青キップを切られたのです

指定通行区分違反(直進時左折車通行帯通行)で、青キップを切られたのですが、こちらは、していないと言っても、わかっていましたが、聞いてもらえず、かと言って、「証拠は、あるのか」と聞いても、「無い」と言い切られ・・・
不服申し立てをすると言った際に、貰うはずのない、反則金の振込書まで渡されました。
このような場合、不服申し立てをした方がいいのか、かなり納得いかないですが、反則金を支払った方が、いいのか、どちらが良いのでしょうか?
回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

青色キップの告知内容に不服があるときは,出頭日に出頭場所に出頭し、不服の申立てをして再調査を求めることもできます。
しかし、不服申立てが認められないまま納付期間が過ぎてしまったり、不服がないにもかかわらず、納付期間内に反則金を納付しなかったりしたときは、刑事手続に従って、起訴され、刑事裁判を受けることになります。

このケースでは今の所証拠が無いので、不服申立をしても、認められない可能性が高いです。傍に監視カメラでもあって、バッチリ写っていれば良いのですが・・・。理不尽な様かも知れませんが、払った方が、起訴されるよりは良いでしょう。保身の為です。ここはグッとこらえて、払った方が身の為です。納めた後、一応、警察を監督する公安委員会に「こうゆう事があった」と不服を申告すれば良いと思います。青キップには警察署の名前が記載されている筈ですから。

Q運転手が危険運転致死罪のとき、同乗者の罪は?

限界まで酒を飲み、代行を頼む金がなかったからと運転した男が、危険運転致死罪で起訴された、というニュースを聞きました。
この車には同乗者がいたと思うのです。そこでお訊ねしたいのは、この同乗者にはどの程度の責任が問われ、どういった罪名でどの程度の量刑になるものでしょうか。
そして、運転をやめるように言った場合(やむを得ず、または心配でほっておけず同乗)と、大丈夫だろとけしかけた場合とでは、違ってくるでしょうか。情状酌量の余地はあるのでしょうか。
自分で調べようとしたのですが出来なかったので、どなたか教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

裁判は前例が結構効力を持つのでこちら↓はどう?

http://response.jp/issue/2003/0509/article50772_1.html

>どんなに制止してもやめなかった場合とか、どうなんだろう、夫婦だったら?

どんな事をしてでも制止しなければいけないのです。
もし、知人がそうなったら荒縄で縛ってでも止めて下さい。
当然背負う責任です。
放棄する事は許されません。

事が起こってからでは遅いんです。
運転させた以上は、死んで来い/殺して来いと言っているのと同じです。

参考URL:http://response.jp/issue/2003/0509/article50772_1.html

Q運転手側に罪のない場合の飲酒運転の適用範囲

飲酒運転についてですが、運転手が、居酒屋でソフトドリンクを注文したのにもかかわらず、飲食店側がアルコールを間違って提供してしまい、それに気付かず飲んでしまった場合、その後飲酒検問に捕まった場合は、運転手側に飲酒運転の罪はあるのでしょうか?
(運転手側は全く気付いていないとします。)
辛い食事をしているときや、カルピスとカルピス酎ハイなど分かりにくいと思いますしあり得るかと思い、この場合でも運転手側に罰則が適用されるのであれば居酒屋に行くこと自体ためらってしまいます。
実際、大勢で食事をしているときなど間違ってドリンクを渡されることなど常日頃です。

Aベストアンサー

この場合厳密に法律を適用すれば、無罪になる可能性があります。しかし、現在この事は、事実上無視されています。法曹三者が結託して行っているのでどうしようもありませんが。
どのような理屈で無罪になるかといえば、お酒の影響で判断能力の低下した状態で「車の運転を行うこと」を決定したと考えられるからです。
正常な判断能力の無い人の行為は処罰できません。もしくは影響の程度が少ない場合でも罪を軽くすることが法律に明記されています。
しかし、この事は立証が難しく現実的ではないと思われて無視されているのが現実です。
誤ってアルコールを口にしてしまった場合は、運転代行を頼むしか方法は無いのが現実だと思います。それに、アルコールが入った物かどうかは酒気帯び運転のレベルまでアルコールを摂取する以前に分かるのが普通だと思います。
法律上は飲食店が運転することが分かっていながらお酒を提供した場合お店にも罰則が適用されます。最悪は営業許可の取り消しになります。(風俗営業の場合)

Q運転代行を頼んだ場合、運転手が飲酒してた場合どうなるのでしょうか?

もし
飲酒をして
運転代行業者に運転手を頼んだ場合
運転手が飲酒していた場合
同乗者も罪に問われるのでしょうか?

Aベストアンサー

運転代行業者が飲酒ということですか?

もちろん代行業者であろうと、飲酒運転のタクシードライバーだろうと、飲酒をしていることを知りながら同乗したのであれば、罪に問われる可能性はありますよ。
自分がへべれけ状態で運転していた人が飲酒していたなんて気がつきもしなかったのであれば、罪にはならないでしょう。

Q友達が酒気帯び運転の同乗者で、 運転手の人は、警察に切符(紙)を渡され

友達が酒気帯び運転の同乗者で、 運転手の人は、警察に切符(紙)を渡されたらしいんですが、同乗者の友達は切符を渡されなかったみたいなんです。 こういう場合、同乗者に後日通知が来たりするんでしょうか?

Aベストアンサー

運転手と同乗者が、共に「飲食」していれば当然「飲酒」を知りえたことになります。

もし「飲食」していなくとも「同乗」の時点で「酒気」の匂いがしているはずですから、無罪になるのは難しいでしょう。

同乗者に対しては「後日」に取り調べがあります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報