今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

私が、とあるモノの値段が相場より以上に高かったことを指して
「破格の値段だね」
といったところ、友人から
「その使い方は誤りだ。モノの値段に破格を使う場合は
”相場より並外れて安いこと”
だけを指し、
”相場より並外れて高いこと”
には破格は使わない」

私が異議を唱えたところ、友人は
「だから、値段に対して破格を使う場合、
破格の値段、破格値、としか表現しないだろ?
それは”相場より安い場合”と決まっているからだ。
もしも君の言う通り、相場より並外れて高い場合にも破格を使えるならば
”破格の安さ”、”破格の高さ”
といちいち、相場より高いのか、安いのか、を表さねばならない。
でもそうした表現はキチンとした文章や新聞記事やニュースでは見たことがないだろ。
それはなぜか? それは破格、とは
”相場より並外れて安い場合”にのみ使い、
”相場より並外れて高い場合”には使わない
って決まっているからさ」
と言いました。


果たして友人の説明は正しいでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

相場より並外れて高い場合”には使わない


って決まっているからさ」

正しいです


ホントです

安い場合のみ破格値と言いいます

高い場合は
異常な高騰と表現します
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

相場より並外れて高い場合には、破格という言葉は使わないのですね。

お礼日時:2017/02/25 08:48

言葉に正しい正しくないとかナンセンスだと思う


マジレス希望と書いてあったので、つい、すみません笑
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

言葉に正しいとか正しくない、という考え方はナンセンスなんですね。

お礼日時:2017/02/25 08:49

破格は値段のことを指しているのではありません。

この場合客への待遇が思いがけなく素晴らしいことを表現しています。私のようなつまらない者に、思いがけない好待遇をしてくれた点に焦点があるわけです。格下の私に対してそこまで信頼して安くしてくれる売り手の心遣いへの感謝感動の表現です。

逆に売り手になって考えると、客が高く買ってくれる場合だってあり得ますね。客からの信頼がとても高く、言い値で買ってもらう売り手の心を想像すると分かります。
安い場合高い場合両方使いますが、視点が真逆だということになります。

ご提示の友人との会話の例では、買い手としての話ですので、友人が正しい事になります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

破格は値段の事を指しているわけではないのですね。

お礼日時:2017/02/25 08:50

結論だけを書くなら、質問者のご友人は間違っていて、最大の原因は「辞書をひかないから」ってことになります。

ただ、ご友人に同情する気持ちもなくはありません。 
 まず辞書をひけばわかるかと言うと、「間違っている」ってことはわかっても、それ以上は……。 
 これは辞書の限界ってヤツでしょう。 

 詳しくは下記をご参照ください。
【破格 別格 格別 破天荒 辞書】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12248117101.html
 以下は一部の抜粋(重言)。

「破格」自体はニュートラルな言葉(のはず)。マイナスの場合も、プラスの場合も使える。 
 ↓の『大辞泉』の「2」はあまり一般的な使い方ではないので、無視する。 
 まず考えなければならないのは、「1」のときに「破格」の対象がどんなものかということ。 
『大辞泉』の例は1つだけ。1)「破格な(の)安値」 
『大辞林』の例は2つだけ。2)「破格の昇進」「破格の安値」 
 いくらなんでもさぁ。まぁ、当方が考えてもこんなものかも(泣)。 
 先行コメントから探す。 
3)破格の優遇 
4)破格な金遣ひ 
5)芸術は凡て破格でなけれ 

 4)や5)はあまり言わないのでは……。 
 当方が思い浮かぶのは「待遇」の類か「価格」の類。 
 なぜか「待遇」の場合は、プラスしか使えないような。「破格の昇進」「破格の出世」「破格の抜擢」……etc. はあっても、「破格の降格」はないだろう。 
 これが「価格」になると、辞書にあるとおり、まず「破格の安値」が想起される。論理的には「破格の高値」もありうるが、まず使わないのでは。毎年ニュースになる初セリのマグロの高値は「破格の高値」と言うより「ご祝儀相場」とか言うのでは。めったにないことだし、ほかにも「過去最高値」「前代未聞」とかいろいろあるから、「破格の高値」の使用例は少ないのでは。検索結果は下記。 
 “破格の高値”のヒット数は“破格の安値”の3分の1強か。ずいぶんある、とも言える。でもこれは、「破格(の価格)」と言っただけで「安い」を意味する使い方が圧倒的に多いせいって気もする。 
 質問者のご友人が勘違いした理由(と思われること)をランダムにあげていく。 

【A】なんとなくそんな雰囲気 
 ↓の辞書の例文も「破格の安値」。世間で使われるのもそういう例が多い。だからマイナスにしか使えないと思い込んだのでは。「待遇」の場合はたいていプラスだってことに気づけば、もう少し考えたと思う。 

【B】いいほうの「破格」はほかにもある 
 先にあげた「前代未聞」はニュートルだろう。「前代未聞の快挙」もあれば「前代未聞の醜聞」もある。 
「破天荒」(昨今のように単に「型破り」の意味で使うのは誤用だろう)は、プラス限定だろうな(本来は)。 
 プラスのニュアンスが強い言葉には「別格」「格別」などがある。 
 これは↓の『類語例解辞典』を見てほしい。 
【2】「格別」は、よいことに対して使われる場合が多い。 
【3】「別格」は、定められた格式とは別であること。また、他とは別のよい扱いを受けること。 
 らしい。マイナスのニュアンスで使えるかな。よくわからないんで辞書を信じてパスする。 
 このように、プラスに使う言葉はほかにあるんで、「破格」はマイナスだと思い込んだ?  

【C】破格の「格」は「価格」のこと? 
 ちょっと検索すればわかるが、質問サイトに同様の質問が多数出ている。どうやら「破格」=「価格を破る」と考えている人が多いらしい。ここまで行くと、「価格破壊」との混同も容易に想像できる。「破る」と「壊す」は近いよね。そうなると、「破格の高値」なんてあるわけない、って話もよーくわかる。 
 辞書をひけばすぐわかる誤解なんだけど、こういうホニャララな話はすぐに広まる。ヤレヤレ。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

友人が間違っているんですね。

お礼日時:2017/02/25 08:52

通常、うえへの破格の場合、直接比較の言葉は使いません、例 破格に高い、ではなく破格の値段、破格の昇進ではなく破格の抜擢。


もちろんs田への場合も同じではありますが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

直接比較の言葉は使わないのですね。

お礼日時:2017/02/25 08:52

言語学や語源的には、「破格に高い」は問題ないです。



漢文などで、ルールに反した記載や韻律を「破格」と言い、それが日本語の破格の語源にもなっていると思われますが、それ以外にも熟語としても紀元前から登場し、現在と似た様な意味で使われていた様です。

すなわち破格は「格を破る」で、まずルールや決まりなどを破ること。
決して「価格破壊(or 破壊価格)」の短縮形ではないのですが・・。(^^;)

しかし、こと物品の価額に対し「破格に高い」は、「その使い方は誤り」と断定はできないものの、確かにやや違和感はありますね。
「破」と言う漢字に、否定語的な要素、すなわちネガティブ要素やマイナス要素がある点は、否めませんので。
従い、「価格に関しては、慣用的には、安い場合に使う場合がほとんど」などとは言えるでしょう。

とは言え、「もしも君の言う通り・・」云々と言う説明は、全く説明になっておらず、意味不明です。
この説明こそ「誤り」とか「詭弁」と言って良いでしょう。

ご本人も何度か言ってますけど、仮に相場の世界で破格は「安い」にしか使わないとしても、「相場より並外れて安い場合」であって。
結局、「破格」が意味するところは、「並外れて」の部分です。
その間の説明では、破格は低い場合のみしか使えないと言う理由は、一切、説明していません。
冒頭の通り、語源的とか言語的に、説明できるワケもありませんが・・。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2017/02/15 19:45

とりあえず大辞泉で確認しますと次のような語釈になっています。


「破格」
1 しきたりや通例を破って、並はずれていること。また、そのさま。
2 詩や文章などで、普通のきまりからはずれていること。また、そのさま。
http://dictionary.goo.ne.jp/jn/174715/meaning/m1 …
あくまで個人的な感覚なのですが、この言葉には、「破格」という状態に関する期待(想定)が暗黙の了解としてあるような気がします。
その意味で、一般的な消費活動において消費者は安値を期待しますから、”相場より並外れて安い場合”にのみ使うという友人の説は正しいと思う。

ただ、それはあくまで一般的な消費活動の場合。たとえば、マグロやメロンなどの初値は何百万、何十万というご祝儀相場となり、毎年ニュースにもなります。
この場合、並外れて高いご祝儀相場を期待して面白がるのが消費者心理でしょう。
一般的な買物対象の商品で、「~という破格の値段」といったら並外れて安い値段のことであり、「~という破格の安値」という意味(また、そのように表現するほうが自然)。
ご祝儀相場などで、「~という破格の値段」といったら並外れて高い価格のことであり、「~という破格の高値」と表現しても自然。
少しくどいかもしれませんが、ダイヤなどの価格にもおなじようなことが言えるように思います。
ピラミッドから発掘されてオークションに掛けられる秘宝のダイヤなどは、高い価格がつくことを一般的には期待(想定)するはずで、破格の値段=破格の高値。
購入対象として普通に販売されているものなら、安いことを期待するでしょうから、破格の値段=破格の安値。
このように、表現の対象が、「どのように並はずれていること」を私達が期待(想定)しているのか、によって、「破格」の示す方向も変わるのではないか、と思う次第です。
「安部首相はトランプ大統領から破格の待遇を受けた」という報道を、並外れてひどい待遇を受けたと判断する人は、まずいないでしょう。
もっともこの場合は、「待遇」という行為自体が、そもそも「厚遇」を期待される意味の言葉である、という構図ですが。ほかでは、
「あのレストランのA定食はキャベツの量が破格だ」と聞いて、「そんなに少ないのか・・」と落胆する人もいないはず。
「メタボの彼は破格の体脂肪率を誇っている(むろん揶揄表現としてですが)」は、並外れて高い脂肪率。
「ダイエット大会優勝者は破格の体脂肪率を示して圧勝した」という場合は、並外れて低い率。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2017/02/15 19:45

は‐かく 【破格】 〔名〕(形動)


(1)きまりや先例を破ること。標準を破ること。通常の程度を甚だしく超えること。また、そのさま。特例。格別。
*思出の記〔1900〜01〕〈徳富蘆花〉四・九「其秘書官となったのは、実に破格の優遇であって」
*雁〔1911〜13〕〈森鴎外〉一「破格(ハカク)な金遣ひをしない岡田を」
*菊五郎の芸〔1922〕〈山本有三〉「芸術は凡て破格(ハカク)でなければなりません。およそ格を破らないやうなものに本当の芸術はありません」
*余叢考‐一八・明初用人不拘資格「古来破格用人、或一言契合、立擢卿相、如漢武帝之於公孫宏、唐太宗之於馬周」

(2)詩や文章などできまりにはずれること。格調にはずれること。また、そのさま。
(この例文は省略)
      [日本国語大辞典]による。
 
 その友人は「相場」のことしか考えていないのでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2017/02/15 12:13

追記


格=ランク、級、格下・格上とは比較するまでもない・・・・。
その格を破る=飛び出して・・・・・上へ?、下へ?、通常は上へ、のほうが多いのですが、世にいう得する人が表現するときは下へ・・・にも破格を使うのでは、スーパーの安売りで破格の・・・客にとっては下、安い方が得。
損得勘定優先の人にとっては下へ、のほうが重要?、関心があるのかも。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2017/02/15 11:14

破格の出世、または破格の抜擢、なんて聞いたこともあります。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2017/02/15 11:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q謎かけがが分かりません

「奥さん美人ですね」とかけまして「部屋の一部」とときますその心は

分かる方いますか?

Aベストアンサー

やーね。(屋根):これは家の一部
あれまぁ。(荒れ間):これも家の一部
正直(障子、木)ですね。本気(本、木)では無いですよね?

Qご利用できません。違和感があるのですが、正しい日本語?

毎日利用している京・急行の車内放送で「・・駅のエレベーターは工事中で、ご利用できません」と言う案内があります。ご利用いただけませんが普通のような気がしますがどうなのでしょうか。

Aベストアンサー

#4ですが、読み返してみて、不都合な箇所がありましたので訂正させてください。

×
「ご利用できません」は、「まず謙譲語1の形にする」という前提を満たしていないため不可となります。
「ご利用」という部分だけで「謙譲語1の形」とは言えない、ということなのでしょう。


「ご利用できません」は、「まず謙譲語1の形にする」という前提を満たしていないため不可となります。
利用するという行為の主格は、あくまで乗客なので、「謙譲語1の形」にするためには、「(わたしたちが)いただく」という言葉を加える必要がある。

Q【日本語】「嬢さん」は「じょうさん」ではなく「いとさん」って読むんですか? 今まで「お嬢さん」を「お

【日本語】「嬢さん」は「じょうさん」ではなく「いとさん」って読むんですか?


今まで「お嬢さん」を「おじょうさん」って読んでたけど正しい日本語は「おいとさん」?ってことですか?

Aベストアンサー

昔の大阪で、使用人を雇っているような家では
長女をいとはん、次女をなかいとさん、末娘をこいさんと呼んでました。
嬢さんをいとさんと読むのは当て字です

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q141608634

Qハーフ&ハーフ

どういう意味ですか?
ピザなどの注文で見かけるやつ。

Aベストアンサー

ピザでなら、味を2種類(半分ずつ)選べて、注文出来て食べれるやつですかね。

Q【日本語】日本の学校の挨拶が日本語崩壊している気がする。 学校の授業の開始時に「よろしくお願いします

【日本語】日本の学校の挨拶が日本語崩壊している気がする。


学校の授業の開始時に「よろしくお願いします。失礼致します」と言っている。

疑問1:
なぜ最初のよろしくお願いしますはよろしくお願い致しますではないのか。なぜ後ろの失礼致しますは失礼しますではないのか。なぜ統一しないのか。

疑問2:
よろしくお願い致します。失礼致します。

が正解だとすると致しますは謙遜語なので立ち位置が生徒の方が上で先生に対して上から謙遜して致しますと言っていて日本語として間違えている気がする。

疑問3:
よろしくお願いします。失礼します。

又は

よろしくお願い申し上げます。失礼なさります。


が正しい日本語だと思います。

今の学校の先生は日本語もまともに分かっていないので

よろしくお願いします。失礼致します。

と生徒にアホな日本語を教えている気がする。

Aベストアンサー

生徒の動作と共に想像してください。

起立・礼、よろしくお願いします。(お願いいたします、謙譲表現が挿入された形だが長々しい。

着座、失礼致します。(謙譲)長さからしてもこれで十分。

Q「軒を並べる」について

私は今年受験生です。
入試問題集の問題を解いていると、その中に

「いろんな模擬店がずらりと○○を並べていた。」○○にあてはまることばとして最も適当なものを、次のアからエまでの中から選んで、そのかな符号を書きなさい。

という問題がありました。
答えは「軒」で「いろんな模擬店がずらりと軒を並べていた。」というのが正しい文章になるそうです。
しかし、私は「軒を連ねる」というのはよく耳にしても「軒を並べる」というのはあまり聞いたことがなかったので、その答えにあまりピンと来ず、もやもやしています。
「軒を並べる」というのは、一般的に使われている言葉なのでしょうか。
知ってどうなることもありませんが、よろしければ教えてください。

Aベストアンサー

いわゆる「慣用句」の問題です。
すなわち、文章としては、「ずらりと並んでいた。」で成立しますが、それを慣用句を使って表現するには、どの語句を用いるべきか?と言う設問です。

無論、「軒を連ねる」でも良いですが、設問が「〇〇を並べる」であれば、その設問に対する解答としては「軒」を入れるべきじゃないですかね?
あるいは、設問が「〇〇を争う/競う」などでも、「軒」が入りますが。

そもそも「軒」と言う漢字は、中華料理屋くらいでしか、余り見かけない漢字ですけど。(^^;)
それを「のき」と読む慣用表現を知っていますか?くらいの出題意図かと思います。

耳慣れぬ言葉に違和感を持つのは仕方ないですし、自分の語感を大事にするのは良いこととは思いますが。
こと試験などですと、変に先入観やこだわりなどは、持たない方が良いとは思いますよ。

Q【日本語】お店の「いらっしゃいませ」は行くの尊敬語ですか?来るの尊敬語ですか? 来るの尊敬語だと思う

【日本語】お店の「いらっしゃいませ」は行くの尊敬語ですか?来るの尊敬語ですか?

来るの尊敬語だと思うが行くの尊敬語がお店のいらっしゃいませだと言っている人がいて驚いた。

Aベストアンサー

まず、「いらっしゃる」という動詞(尊敬専用)について

いらっしゃ・る〔自ラ五(四)〕          ([日本国語大辞典]用例は最低限にしました)
(「いらせらる」が変化して、四段化したもの)
〔一〕「入る」の尊敬語から転じた、「行く」「来る」「居る」の意の尊敬語。おいでになる。
(1)「行く」の尊敬語。
*洒落本・廓通遊子〔1798〕発端「すぐに御二階へいらっしゃりまし」
(2)「来る」の尊敬語。
*洒落本・廓通遊子〔1798〕発端「どなたもよふいらっしゃりました。きつひ御見かぎりでござります」
(3)「居る」の尊敬語。
*浮雲〔1887〜89〕〈二葉亭四迷〉一・一「何時(いつう)かもお客様のいらっしゃる前で」

〔二〕補助動詞として用いられる。動作、作用、状態の継続・進行の意で、その動作の主に当たる人に対する尊敬を表わす。江戸期では主として女性用語。
(イ)動詞の連用形に、助詞「て(で)」を添えた形に付く。「ている」の尊敬語。
*当世書生気質〔1885〜86〕〈坪内逍遙〉二「妾(わたい)が時計を取あげたもんだから、屹度(きっと)腹をたって居(ヰ)らっしゃるんだヨ」
(ロ)形容詞の連用形、またはそれに助詞「て」を添えた形に付く。
*多情多恨〔1896〕〈尾崎紅葉〉前・三・二「然(さ)ぞお寂(さみし)くてゐらっしゃいませう」
(ハ)動作性、状態性の名詞、または形容動詞語幹(いずれも主として敬意の接頭語の付いたもの)に、「で」または「に」を添えた形に付く。「である」の尊敬語。
*人情本・英対暖語〔1838〕二・一一章「アレもう貴君(あなた)は平気でいらっしゃるヨ。お憎らしい」

語誌
(1)上方からでなく、江戸で生じたとされるが、江戸期では江戸でも例は少なく「おいでなさる」「…なさる」の方が有力である。ただ「滑稽本・浮世風呂‐二・上」に言語使用者の品格のよさを印象づける例があり、敬意の高いことばであったことがうかがえる。
(2)明治期には二〇年代以降小説に多用されるようになり、明治末期から大正期にかけて、数量的にも用法的にも、ほぼ現在と同じような情況が出来上がっていたとみられる。
(3)命令形が「いらっしゃい」となること、助動詞「ます」に続くとき「いらっしゃい」の形が現われること、「ます」の命令形「まし」「ませ」が直接付くことなどから、同様の形式をもつ「なさる」「おっしゃる」「くださる」とともに、特別ラ行四段活用とか、ラ行変格活用と呼ぶ意見もある。→いらっしゃい。
(4)「た」「て」に続くとき、「いらっしっ」「いらしっ」「いらっし」「いらし」などの形をとる場合がある。「今日はどっちへいらっしったへ」〔洒落本‐猫謝羅子〕、「仮名家(かなや)さまへ入(イ)らしって」〔人情本・清談若緑‐三・一六回〕、「何処へいらしたか存んじません」〔花間鶯〈末広鉄腸〉中・八〕、「実家(さと)の方から絶交されて入らっしたのであった」〔桑の実〈鈴木三重吉〉二〕など。
(5)誤って「居る」に類推して、「ゐらっしゃる」と表記されたものも見られる。
(6)「ていらっしゃる」が「てらっしゃる」となる場合もある。「待ってらっしゃいましよ」〔桑の実〈鈴木三重吉〉〕など。
「いらっしゃい」という形ですと、母親が子供に「遅れるといけないから早くいらっしゃい」のように、「お行きなさい」の意味で使うこともあり得る。 
[注意]「くださる」「おっしゃる」「なさる」との類似性がある。

次に「いらっしゃいませ(まし)」は「いらっしゃる」に丁寧の助動詞「ます」の命令形(まし・ませ)がついたもので、

いらっしゃい‐ませ 〔連語〕
(動詞「いらっしゃる」の連用形のイ音便に、丁寧の助動詞「ます」の命令形の付いたもの)
(1)「いらっしゃい(1)」の丁寧な表現。
(2)あいさつのことば。「いらっしゃい(2)」の丁寧な表現。

 「いらっしゃいませ(まし)」はお客などを迎えるための言葉としても用いられることが多いようです。

まず、「いらっしゃる」という動詞(尊敬専用)について

いらっしゃ・る〔自ラ五(四)〕          ([日本国語大辞典]用例は最低限にしました)
(「いらせらる」が変化して、四段化したもの)
〔一〕「入る」の尊敬語から転じた、「行く」「来る」「居る」の意の尊敬語。おいでになる。
(1)「行く」の尊敬語。
*洒落本・廓通遊子〔1798〕発端「すぐに御二階へいらっしゃりまし」
(2)「来る」の尊敬語。
*洒落本・廓通遊子〔1798〕発端「どなたもよふいらっしゃりました。きつひ御見かぎ...続きを読む

Q漢字で「終わり」と「終り」の送り仮名の違いは何ですか?

漢字で「終わり」と「終り」の送り仮名の違いは何ですか?

Aベストアンサー

違いはありません。

文部省のHP、「送り仮名のつけ方」単独の語 1 活用のある語 通則2 には
・終わる〔終える〕
とありますので、これに従えば「終わり」が正しく、「終り」が間違っているように思えるかもしれませんが、実はそうではありません。

同じこのHPの一番最後、許容の部分に「読み間違えるおそれのない場合は,活用語尾以外の部分について,次の( )の中に示すように,送り仮名を省くことができる。」とあり、そこに
・終わる〔終る〕
があります。
http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/sisaku/joho/joho/kijun/naikaku/okurikana/honbun02.html

この「送り仮名のつけ方」は1973年に内閣告示第2号で示されたルールではありますが、あくまで公的書類などで送り仮名を使う場合は従わなければいけませんが、個別の表記の場合は強制力がないものです。

よって、普通の人が公的書類以外で使う場合は、どちらを使ってもOKで、意味の違いもありません。

Q意味が分からない言葉について サプリメントは、日本語で何と言いますか? 簡単で分かりやすい日本語で、

意味が分からない言葉について
サプリメントは、日本語で何と言いますか?
簡単で分かりやすい日本語で、教えてもらえると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ダイエットに関係して使うサプリメント(supplement、追加・補足・補充)というカタカナ言葉は栄養補助食品のことです。ダイエットで炭水化物などの食事制限をすると、栄養が偏って不足し健康に影響することがあるので、それを補うのが本来のサプリメントの役割です。

Qなんて不謹慎な字なんだ... こないだ、ひどい漢字を見つけました。 その漢字は、車へんに楽しいと書い

なんて不謹慎な字なんだ...
こないだ、ひどい漢字を見つけました。
その漢字は、車へんに楽しいと書いて、「轢」...
車で人を轢くのが楽しい、みたいな感じで嫌ですね。
なんであんな漢字になっちゃったんですか?
あの漢字の由来を知っている人がいたら教えてください!

Aベストアンサー

せっかく、「象形」などという言葉が出てきましたから、今後も勉強を続ける人は、ついでに漢字の「六書(りくしょ)」を覚えておきましょう。
1.「象形(しょうけい)」文字=物の形から出来た(例 日・月・木)。
2.「指示(しじ)」文字=絵では描けない事柄を抽象的な約束や印で表した字(例 一、二、三・上、下)。
3.「会意(かいい)文字=象形や指事文字を組み合わせた文字(例 森・信)。
4.「形声(けいせい)」文字=意味を表す部分「意符」(偏や旁)と発音を表す部分「音符」(声符)とを合わせた文字。(例 轢・江・紅)。
 上の四つは漢字の成り立ちをいったもの。残り二つは漢字の特別な使用法を言ったもの。
5.「転注(てんちゅう)」文字=すでにある漢字を別の意味に流用する。(例 令<命令>→長 実は諸説あり詳細不明)
6.「仮借(かしゃ)」文字=漢字の音をりようして、意味と関係の無い字を表す。(例 亜米利加、日本の仮名の多くもそのうちに入る)


人気Q&Aランキング