A 回答 (3件)

そりゃあね。


じゃなきゃ飲む意味ないじゃん。
    • good
    • 0

一般的な薬のカプセルの形状をしたカプセル内視鏡は、


水と一緒に飲み込まれたあと、腸管内部を進みながら内蔵の小型カメラで写真を撮影していきます。
大腸内で撮影した画像は、患者様の体に貼り付けたセンサを経由して肩にかけた記録装置に転送され、
検査後、専門医が専用コンピューターで解析。ポリープの有無の確認などの大腸疾患の診断に使われます
 放射被爆もなく、からだにいっさい負担のない施術です

大腸は グネグネ動き、食べたものを送り出しているのですがそのスピードはゆっくりです
作動開始後毎秒2枚の写真を撮影し、1回の検査あたりの撮影枚数は、50,000~55,000 枚になります。
 
ですから、見落としというものはありません
腸内の良性腫瘍・悪性腫瘍をしっかり判別できますよ
(大腸カプセル内視鏡検査では、大腸疾患のみの診断を専門の医師が行う)

デメリットとして
ポリープなどの病変切除や組織採取ができない
前処置の後も検査中も下剤を飲む必要がある
検査時間が長い(3-10 時間で個人差があるが平均5-6 時間)  くらいです。
    • good
    • 0

そこにあれば見つけられます。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング