電子書籍ギフト♪ 最大10,000円が当たる!

1. 自由な相互批判がおこなえるほどに ユヅリアヒも助け合いもが成り
立つ。


2. 《われは生まれて来たこととこれまで生きて来たことにおいてすでに
神の愛をじゅうぶんに享(う)けた。ゆえにあとの人生はすべてこの神のめ
ぐみをたたえ感謝をあらわすことにあてる。そうしても まだお釣りがくる
くらいである》
――と言って〔その意味での〕修道院生活を送る道がある。

3. この神の愛は すでに隣人愛をそこにふくむ。と見られますまいか。
タテの愛は ヨコの愛にそのまま通じるのではないか。そういう自然本性と
してわれらが《ひと》という存在があるのではないか。

4. もしこの――この意味での――自給自足のような独り暮らしをえらば
ないなら 隣人愛は とうぜんのごとく身近な人とのマジハリをともなう。
つまり普通に言う社会生活に入る。と考えられます。

5. では 隣人愛とは何か?

6. (2)の理論にしたがえば 身近な人とのあいだにおけるヨコの愛は
タテの愛につうじる。ということになっている。では どういう実際のこと
になるのか?

7. たとえば互いにその思想をめぐって自由な批判をすること。これが 
隣り人どうしの愛ではないか?

8. この互いの批判の積み重ねと過程とが 人間資本としての社会資本を
築くことができる。のではないか? (哲学の出番ではないか?)

質問者からの補足コメント

  • 9. むしろこの《資本》というのは 人びとの愛――互いの社会的な
    関係のみで まづコトは足りる――から成り立っている。

    10. 人びとの関係とは そもそも自然本性どうしの・つまり生まれ
    つきそなわった互いのカカハリが想定され さらに実際の社会生活の中
    での必要なだけのマジハリ(交通)のことだ。

    11. 厄介なこととしては 愛――人間関係――には それがヱクト
    ルであるかのように 正(プラス)だけではなく負(マイナス)の向き
    もあり得ていることだ。

    12. 好悪 / 愛情と憎悪 / 味方と敵対等々がある。ということは そ
    れらを全部ふくめて どう共同自治するか ? ここに問い求めの筋があ
    る。と言えるか?

      補足日時:2017/04/20 09:19
  • 詳しく調べたことがないのですが あす検索して勉強してみます。

    というより 大きくは 旧約聖書の神のことでしょうとは思います。

    ヤハヱ―という名の普遍神のことと受け取って 大きな間違いはない
    のではないかと。

    No.37の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2017/04/29 00:06
教えて!goo グレード

A 回答 (8件)

おかしなもので、カバラ教は、愛(不変的な)で、神の名で聖戦(かつての日本も)が、おかしいと言っていますが、クリスチャンも隣人を愛せ

よと、クリスチャンどうしが殺し合い?原始キリスト教で、グノーシスを排除したのは、間違いでは、ありませんか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。

聖戦あるは正義の戦争 こういった《大義》は 何も宗教に頼らなくて
も――実際には かかわっているでしょうが―― きよい御旗として掲
げられますね。

そしてすでに 批判は 理論じょうは済んでいるものと思います。

★ クリスチャンも隣人を愛せよと、クリスチャンどうしが殺し合い?
☆ これが もう茶番劇だということは知られているはずなのに・・・
ですよね。

★ 原始キリスト教で、グノーシスを排除したのは、間違いでは、あり
ませんか?
☆ これは ですね。

まづ基本として 対立派の排除や迫害は 無条件に間違いです。おのお
のその意志と心とをとうとぶこと したがって意志を踏みにじってはな
らないこと。これは 理論じょう分かり切っています。

グノーシス主義の場合ですが カバラーと同じようにふつうに神の世界
を想像しそこに現実の人間の知恵や知性のハタラキを覗き見るといった
ことをしているぶんには 問題ないはずです。

問題は たとえば聖書では《文字はころし 霊は生かす》とありますが
この霊――生きた信仰としてのわが実存の動態――よりも 理性に頼る
ことへと傾斜してしまった場合だと思います。

人智の及ばない神の心と知恵を 何とか人間の言葉で分かるように説明
し得たと思っていて その理解つまり理性にこそ 神がいるというよう
に思い込んだとすれば それは 聖書の立ち場からは 間違いであると
成るのだと思います。

批判をされることまでは グノーシス主義者らは 甘んじて受けなけれ
ばならないとは思います。でなければ キリストや聖書などを掲げなけ
ればよい。とも思います。


いろいろ党派・宗派のあらそいがあったんですね。神学の探究での競い
合いなどは せめてものなぐさみであるかも分かりません。哲学の進展
に寄与したとするならばです。

お礼日時:2017/04/29 14:39

ユダヤカバラ教シナゴーグにもクリスチャンカバラ教にも、神の図が書いてありますが、フェブライ語で?


これは神を図解してあるのですが、神を図解出来るもので、しょうか?
これは神の具現化の一つでは、ないでしょうか?
カバラ教は、主にカリフォルニア州で、さかんです。しかしキリスト教からもユダヤ教からも認められていません。
しかしエデンの園の考えかたは、面白いと思います。
この世の中を地獄のように見えるのは、人間が、神を追い出し、生活に不安が無く天国なのに神を追い出した人類には、見えないだけ、との事です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。

▲ (ヰキぺ:カバラ) ~~~~~
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%90 …

カバラでは世界の創造を神エイン・ソフからの聖性の10段階にわたる流出
の過程と考え、その聖性の最終的な形がこの物質世界であると解釈をする。
~~~~~~~~

☆ エイン・ソフ:" no end; without end ";無限・無窮・無限の空間
・ Kether : 冠・王冠;歯冠・金冠
・Binah : 理解〔力〕・眼識・分別
・ Chochmah : 賢さ・知恵・知性・利発;機知・頓智・工夫・小細工;
    学問・研究・科学
・ Gewurah : 力;勇気・勇敢
・・・・
(キリスト聖書塾編集部:『現代ヘブライ語辞典』1984 )

といった感じのようです。

ちなみに ヰキぺの解説の中で:
▲ 別の解釈ではこの世界を一冊の書物とみなす。すべてが書き込まれて
いるこの書を解読することはこの世界のすべてを理解することである。
☆ とあります。わたしは 世界のあらゆる出来事やものごとが 神から
一人ひとりに届くメールであると言っていますので あれーっと思いまし
た。(聖書にも 類似の記事がありますけれど)。


★ カバラ教は、主にカリフォルニア州で、さかんです。しかしキリスト
教からもユダヤ教からも認められていません。
☆ そんなふうに見なくても クリスチャンはその信仰をユダヤ人はその
信仰をそれぞれ保ちつつ ちょっと神の図解をたのしむといった程度に捉
えておけばよいのに・・・とは思いました。


★ ~~~~~~~~~~
しかしエデンの園の考えかたは、面白いと思います。
この世の中を地獄のように見えるのは、人間が、神を追い出し、生活に不
安が無く天国なのに神を追い出した人類には、見えないだけ、との事です。
~~~~~~~~~
☆ これは がっかりさせてしまうかも分かりませんが それほど珍しい
とも思えません。

例の《煩悩即菩提 や 娑婆即浄土》と同じようなかたちではないか?と
は思います。どうでしょう。

お礼日時:2017/04/29 14:17

カバラ教に、おける神とは、明日回答お願いします。

この回答への補足あり
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。

ばいろぎくさん わたしはカバラーのよき解説者ではないようです。

ヰキぺを読んだのですが ユダヤ・カバラーのほかに クリスチャ
ン・カバラーもあるのだとか。

どちらも神秘思想だからというのではなく そうではなく神は 聖
書の神であるからには 基本としては 普遍神であると言ってもう
おしまいであるとさえ思えます。

生命の樹やそこからの派生のかたちなどなどを知ると グノーシス
主義をも思い起こさせますが そういった神からの――しかも あ
たかも天上界におけるといったような――展開は 普遍神が普遍神
でありさえすれば どうでもよいとすら考えられます。

神道に八百万の神々がいると言っても ひとつの神のもとにあって
それぞれはその神の分身であると捉えるなら 何の問題もなく 普
遍神の類型に入る。と考えます。

アメノミナカヌシなる神は 《独り神となって身を隠した》という
ふうに書いてありますが だとすると 《隠れたる神(デウス・ア
ブスコンディトゥス)》という捉え方にも通じますし それも 普
遍神の問題にそのまま入って来ます。


どこかこれは おかしいとか あれはよさそうだとか そういった
点を見つけられているのなら それをおしえてください。

わたしに出来るかぎり考えてまいります。

お礼日時:2017/04/29 12:34

回答に成っていませんけど‼貴方は、洗脳されているんですね。

話すだけ、無駄と言う事が、分かりました。失礼しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

★ 回答に成っていませんけど‼
☆ そのあとを続けてください。

お礼日時:2017/04/28 13:16

質問と言うか、エホバと言うか?質問者は、自分の宗教での答えを 答えているだけの様に、文面から、伺えますが?

    • good
    • 1
この回答へのお礼

☆☆ ~~~~~~~~~
9. むしろこの《資本》というのは 人びとの愛――互いの社会的な
関係のみで まづコトは足りる――から成り立っている。

10. 人びとの関係とは そもそも自然本性どうしの・つまり生まれ
つきそなわった互いのカカハリが想定され さらに実際の社会生活の中
での必要なだけのマジハリ(交通)のことだ。

11. 厄介なこととしては 愛――人間関係――には それがヱクト
ルであるかのように 正(プラス)だけではなく負(マイナス)の向き
もあり得ていることだ。

12. 好悪 / 愛情と憎悪 / 味方と敵対等々がある。ということは そ
れらを全部ふくめて どう共同自治するか ? ここに問い求めの筋があ
る。と言えるか?
~~~~~~~~~~~
☆ このどこに党派性がありますか?

哲学の議論です。


ご回答をありがとうございました。

お礼日時:2017/04/28 13:00

ほっ、宗教の自慢でしょうか?

    • good
    • 1
この回答へのお礼

ここで言う神は 普遍神のことです。


それを宗教つまり宗派ないし党派の問題として捉えたという
ことは ご自身が 党派の考え――オシヘでしょうか――に
こだわっているということの証拠である。

わたしが ヰトネスです。



ご回答をありがとうございました。

お礼日時:2017/04/28 12:58

相手への同情無き愛は自己愛(エロス)になると思います。


本当の愛は、相手への同情がないと成立しません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。

同情があろうがなかろうが――わたしは―― 愛は 自己愛に発する
と捉えます。

それをエロスと呼ぶか? 広義のエロスとして 生命の尊厳としての
愛あるいは生活日常をとうとぶ地道な人生愛といった内容としてなら
そう呼ぶのもよいと考えますが。

自己愛は 触れたように ヱクトルであって 相手とのマジハリにお
いて 正負両様の向きを持つ。と捉えます。

そして:
★ 本当の愛
☆ などは どうでもよく いまの正負の向きを持ったさまざまなわ
が愛を 自治する。さらには 社会人として互いに共同自治する。こ
れが 人間にとって大事な愛だと捉えます。

つまり 同情という気持ちの動きは いま述べているようなヱクトル
なる心的現象をめぐる愛・つまりその自己経営にとって よい意味で
もよくない意味でもさざ波には成っても 特にどうというハタラキを
担うとも わたしは 考えていません。

わたしの考え違いなどがありましたら そのように批判してください。

お礼日時:2017/04/22 23:53

愛とは同情だと思います。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答をありがとうございます。

そういうことわざが ありました。ええっと。
Pity is akin to love.
でしたか。

でも そうですね。同情というのは しばしば上から目線になって
いるのではないですか?

ええっと。何か言い回しがありましたね。・・・あっ。同情するな
らカネをくれ。

相手の気持ちや心に寄り添うことに 悪気はないと思いますが 同
情によってどうにか成るとも 思われない・・・のではないですか?

つまりは よくて気休め。わるくすると 大きなお世話。(悪気が
なくても です)。

というふうに わたしの――これは 必ずしもつねに有効な理論で
あるとも思えないでいますが――考えるところでは成るんです。果
たして 回答者さんやみなさんは どうなのでしょう。

お礼日時:2017/04/22 23:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

教えて!goo グレード

関連するカテゴリからQ&Aを探す


人気Q&Aランキング