上記の両言語とも、接続詞を使わずに(等位系はもちろんのこと、従属系でさえ)文章と文章をカンマくらいで繋げて一文にしてしまうことがありますよね?
これは文法的に認められているのですか?
ドイツ語では倒置することによって従属接続詞を使わずに済む構文があるのは存じてますが。

英語ではほとんど見かけない気がするのですが…

A 回答 (1件)

類似の質問がほかのカテゴリにも出ていますが、


こちらではドイツ語の構文に触れられているので、その点を含めて回答します。

文法的に認められているかどうか、という点をまず言うなら、
もちろん認められていますが、これはどちらかというと、
文体、文学的表現技術にかかわる問題だと思います。

ギリシャ語に由来するParataxis(並列)は、
ドイツ語ではParataxeといいます(フランス語でも綴りは同じ)。
これは、あくまでも「並列」の意味であって、
接続詞を省略してコンマで一文にまとめることを意味するわけではありません。
「並列」の意なので、従属接続詞は自動的に除外されますが、
「接続詞の省略」を規定する用語ではないので、
並列(等位)接続詞、つまりドイツ語ならund/oder/aber(英:and/or/but 仏:et/ou/mais)
のような接続詞を使った文の連続は、Parataxisの内に入ります。
また、「一文にまとめる」という定義でもないので、
コンマ以外のセミコロンやダッシュで並列される文のほか、
ピリオドで完結した単文の連続もまたParataxisの範疇に入ります。
ドイツ語でよくParataxisの用例として引かれるのが、カフカの以下の文ですが、
ピリオドで終了する単文の並列です。

Franz Kafka: Der Aufbruch カフカ『出発』
Ich befahl mein Pferd aus dem Stall zu holen. Der Diener verstand mich nicht.
Ich ging selbst in den Stall, sattelte mein Pferd und bestieg es.
私は厩舎から馬を連れてくるよう命じた。使用人は私の言うことがわからなかった。
私は自ら厩舎へ行き、馬に鞍をつけ、それに乗った。

フランス語の例として引かれる例の一つに、カミュの下の文があります。
やはり、短文の連続ですが、3番目の文は、コンマによる並列が含まれます。

Albert Camus: L'Étranger カミュ『異邦人』
J’ai pris l’autobus à 2 heures. Il faisait très chaud.
J’ai mangé au restaurant, chez Céleste, comme d’habitude.
私は2時のバスに乗った。ひどく暑かった。
レストランで食事をした、セレストのところで、いつものように。

カフカの例文を、全体の関係をはっきりさせるために従属接続詞で無理に書き換えるとするなら、

Ich ging selbst in den Stall, sattelte mein Pferd und bestieg es, weil der Diener mich nicht verstand,
obwohl ich befahl, mein Pferd aus dem Stall zu holen.

のようになり、これが従属Hypotaxis(Parataxisの対義語)です。
このようにすれば、文と文の関係は、論理的には明確になりますが、
説明的で、文全体の構造は長く複雑になるので、かえって理解が難しくなります。
それに対し、単文の並列であるParataxisは平易で誰もが理解しやすく、「物語る」効果になります。
これは、会話文では、文章語のような複雑な文よりも単純な文を並べることが多いことを考えれば当然で、
したがって、民謡詩や格言、あるいは広告文やスローガンなどにもこのような並列が多く見られます。
Parataxisはより大衆的であり、また、物語にスピード感を出す効果もありますが、無味乾燥に陥ることもあります。
また、文の列挙という性格から、理由や背景についての問い直しを付け加えない断言の効果となり、
神学書などでもよく用いられる文体です。
一方、カフカに見られるような接続詞をあまり使わない単文の連続は、
前後の文の関係が完全に明確にならないことから、
言葉では言い表せない何かを感じさせる不可思議さや、内的な動揺を表現できます。
Parataxisというのはこういうものなので、英語にもフランス語にも普通にあります。

ただ、質問の趣旨はむしろ「接続詞の省略」の方にあるような気がします。
そういうことなら、「並列」を表すParataxisよりも、
Asyndetonという用語の方が考察対象になるでしょう。
ただ、基本的に従属接続詞の多くは簡単に省略することはできません。
こういった接続詞の省略の代表的な例は、条件文や認容文です。
ドイツ語の条件文を例にとると、「もし~なら」を意味する従属接続詞wennを使わず、
動詞を倒置することによって、コンマで並列された二つの文にする構文があります。

Kommt er heute nicht, kommt er morgen. (= Wenn er heute nicht kommt, kommt er morgen.)
彼は今日来なければ、明日来るさ。
Wären Sie heute nicht gekommen, hätten wir uns nie mehr sehen können.
(= Wenn Sie heute nicht gekommen wären, hätten wir uns nie mehr sehen können.)
もしあなたが今日いらっしゃらなかったら、私たちは二度とお会いできないところでした。

英語で類似の文型は、

Had you said nothing, I wouldn’t have noticed so minor.
(=If you had said nothing, I wouldn’t have noticed something so minor.)
君が何も言わなければ、そんな些細なことには気付いていなかった。

フランス語の場合は用法が限定的なようで、「譲歩」の意味を含んだ場合なら倒置ができるようです。

Serais-je riche, je ne ferais pas le tour du monde.
(= Si j'étais riche, je ne ferais pas le tour du monde.)
たとえ仮に私がお金持ちだったとしても、世界一周旅行をしないだろう。

もう一つは、接続詞を使わない間接話法でしょう。
ドイツ語の場合なら、従属接続詞dassを使う間接話法と並んで、
dassを使わず、動詞の接続法I式(文章語)、もしくは単純な現在形で並列する方法があります。

Er sagt, er könne nicht kommen. / Er sagt, er kann nicht kommen.
(= Er sagt, dass er nicht kommen kann.)
彼は、来られない、と言っている。

英語でもthatの省略ができ、フランス語にも自由間接話法があるので、この点も共通だと思います。

また、ドイツ語の文法書には、従属接続詞weil(なぜなら)を省略する例を、
「連結辞省略の並列(asyndetische Reihung)」として挙げています。

従属接続詞weil(なぜなら)の省略による並列(副詞jaで「理由」のニュアンスを出す)
Karl hat nie Zeit, er muss ja immer auf sein Geld aufpassen.
(= Karl hat nie Zeit, weil er immer auf sein Geld aufpassen muss.)
カールはずっと暇がない、四六時中自分のお金を見張らなければいけないから。

ParataxisとAyndetonは密接な関係にあって、Asyndetonが起こればParataxisになりますが、
Asyndetonは必ずしもParataxisの必要条件ではないので、正確には下のような分類になります。

並列(等位)接続詞undによる並列 [Parataxis]
Der Ingenieur war viel im Ausland, und er lernte die Lebensbedingungen in fremden Ländern kennen.
接続詞省略による並列 [Asyndeton + Parataxis]
Der Ingenieur war viel im Ausland, er lernte die Lebensbedingungen in vielen Ländern kennen.
そのエンジニアは海外にいたことが多く、異国での生活上の制約がどういうものかを知った。

またAsyndetonは、文をつなぐ接続詞だけでなく、単語と単語をつなぐ接続詞の省略も含みます。
英語の例にすると、

SYNDETIC COORDINATION:
Quickly and resolutely, he strode into the bank.
ASYNDETIC COORDINATION:
Quickly, resolutely, he strode into the bank.

いずれにしても、接続詞を使わずコンマで並列していく文型は特定の効果を持つ表現方法であり、
文の用途に沿って採用されたり、個々の作家が自己の文体として選択したりするものだと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

またまたどうもありがとうございました。
とてもお詳しいですね!
コピペして保存させていただきます。

お礼日時:2017/05/14 18:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q従属の接続詞で、始まる文は、副文となり、動詞は文末に・・・・ではないのですか??

またドイツ語に関しての質問です。

ご回答いただいた後にそうだった!と思い出すかもわかりませんが、今現在はどう調べてみても納得できる解説にたどり着けないでおります。
どうかお手柔らかに、ご伝授くださいますようお願いします。

例文
Darmals brauchte Ich nicht gutes Deutsch zu lernen weil Wir vorhatten kinder zu bekommen.

タイトルに書かせていただきましたように従属の接続詞の場合動詞は文末。
ということは理解しています。
ここで??です。

この分は何故
Weil Wir Kinder zu bekommen vorhatten とはならないのでしょうか。
zu不定詞はどんなことがあっても(従属の接続詞ある副文であっても)最後にくるのが当たり前なのでしょうか。

勉強不足ですみません。なんだかA1レベルの質問をしているかもわかりません。。。

Tastenkastenさん、ドイツ語に堪能な方、どうぞよろしくお答え頂けると幸いです。

宜しくお願いします。

またドイツ語に関しての質問です。

ご回答いただいた後にそうだった!と思い出すかもわかりませんが、今現在はどう調べてみても納得できる解説にたどり着けないでおります。
どうかお手柔らかに、ご伝授くださいますようお願いします。

例文
Darmals brauchte Ich nicht gutes Deutsch zu lernen weil Wir vorhatten kinder zu bekommen.

タイトルに書かせていただきましたように従属の接続詞の場合動詞は文末。
ということは理解しています。
ここで??です。

この分は何故
Weil Wir Kinder zu...続きを読む

Aベストアンサー

ごく当たり前のことではあるのですが、改めて文法書を開いてみると、
必ずしもわかりやすくは書いてないかもしれませんね。
私は最近出ている新しい文法書は知らないので何とも言えませんが、
少なくとも私の手元にあるちょっと古い文法書だと、
zu不定詞句の項を全部読み通しても、語順についてははっきり書かれていないようです。

...weil wir Kinder zu bekommen vorhatten とは言いません。
zu不定詞句にもいろいろな形、用法がありますが、
この場合のKinder zu bekommenは「名詞句」であり、
動詞vorhabenの目的語となっています。
こういう場合は、主文、複文に関係なく、独立して切り離されます。
その場合は、zuの前にコンマを置くのが正規の書き方です。
zu lernenの方は名詞句ではなく、brauchen+zu不定詞句の熟語的表現なので、
brauchenが置かれている文の一部であり、コンマは不要です。
大文字、小文字の書き分けもちょっと乱れていますが、正しくは、

Damals brauchte ich nicht gutes Deutsch zu lernen, weil wir vorhatten, Kinder zu bekommen.

という書き方になります。
ただ、全体的に奇妙な文ですが、どこかに書いてありましたか?
「nicht gutes Deutsch zu lernen」という言い方も変ですが、
「子供がほしかったので」→「そんなにドイツ語をよく勉強する必要がなかった」
というのは、論理的に直接つながらないので、weilも不自然です。
文の由来が不明なのでこの点はちょっと保留しておきます。

zu不定詞句についてだけ書きますが、動詞の目的語となっているzu不定詞句は、
動詞のあとにコンマを置いて、前の文とは分けられます。
ですので、ここではKinder zu bekommenは複文の一部ではありません。
weil wir vorhattenまでが複文なので、動詞vorhattenはちゃんと文末に来ていることになります。
複文でなくても、どんな文型でも同じです。

○Wir haben vor, Kinder zu bekommen.
(×Wir haben Kinder zu bekommen vor.)
○Wir haben vorgehabt, Kinder zu bekommen.
(×Wir haben Kinder zu bekommen vorgehabt.)

zu不定詞句が副詞句となって形容詞にかかる場合も同様です。

Er ist bereit, sofort abzureisen.(彼は、今すぐに旅立つ準備ができている。)

weilに導かれる複文の中に置かれる場合
○…weil er bereit ist, sofort abzureisen.
(×…weil er sofort abzureisen bereit ist.)

これに対して、特定の動詞とzu不定詞句が一体となって熟語となるような場合は、
コンマで区切られることもなく、同じ文の中に置かれます。brauchen zu~もその一例です。

Ich brauchte nicht viel zu arbeiten.(たくさん働く必要はなかった。)
○Es war nicht sehr anstrengend, weil ich nicht viel zu arbeiten brauchte.(たくさん働く必要はなかったので、それほど大変ではなかった。)
(×…weil ich nicht brauchte, viel zu arbeiten.)

「ins Kino zu gehen(映画館へ行く)」というzu不定詞句で比較してみます。

pflegen + zu不定詞(~という習慣がある)の言い回しの場合:
○Wir trafen uns damals oft, weil wir jeden Samstag Abend gemeinsam ins Kino zu gehen pflegte.
(× ...weil wir pflegte, jeden Samstag Abend gemeinsam ins Kino zu gehen.)
(当時私たちは、毎週土曜の夜に一緒に映画館へ行く習慣があったので、しばしば会った。)

zu不定詞句が名詞句となり、vorhabenの目的語として切り離される場合:
○Es ist schade, dass er krank geworden ist, weil wir vorgehabt haben, gemeinsam ins Kino zu gehen.
(× ...weil wir gemeinsam ins Kino zu gehen vorgehabt haben.)
(一緒に映画館へ行くつもりだったので、彼が病気になったのは残念だ。)

ほかにもいろいろな形のzu不定詞句があって説明しきれませんので、
詳しい文法書のzu不定詞句の項で、この二つの語順のケースを比較研究してください。

ごく当たり前のことではあるのですが、改めて文法書を開いてみると、
必ずしもわかりやすくは書いてないかもしれませんね。
私は最近出ている新しい文法書は知らないので何とも言えませんが、
少なくとも私の手元にあるちょっと古い文法書だと、
zu不定詞句の項を全部読み通しても、語順についてははっきり書かれていないようです。

...weil wir Kinder zu bekommen vorhatten とは言いません。
zu不定詞句にもいろいろな形、用法がありますが、
この場合のKinder zu bekommenは「名詞句」であり、
動詞vorhaben...続きを読む

Qドイツ語の接続詞について

ドイツ語の接続詞について

接続詞に当たる単語としてKonjunktorまたはKonjunktionと、SubjunktorまたはSubjunktionの二つの概念を習いました。前者は二つの並列した文をつなぐもので、例はdenn、後者は主文と副文をつなぐもので、例はweil、daと教わりました。(原因結果の学習をしているので、それ以外の例はここでは出ませんでした)

接続詞というものは全部同じ範疇に入ると思っていたので、こうした分類があるのに驚きました。これはドイツ語特有のものでしょうか?ドイツ語の教師や研究者は、だいたいこのような分類をしているのでしょうか?また、両者について、さらに詳しい薀蓄を述べていただける方がいらっしゃたたら、伺いたいです。

Aベストアンサー

Subjunktion, Subjunktiv というのは初めて聞きましたが、いわゆる等位接続詞と従位接続詞のことでこの区別はヨーロッパ語にはどれにもあるはずです。

Konjunktionen
-Koordinierende Konjunktionen 並列接続詞
-Subordinierende Konjunktionen 従属接続詞

Konjunkt- は con「一緒に」junct「つなぐ」でそのままの意味ですが、Subjunkt- の sub- は「下・下位」という意味なので主文に副文をつなぐということで使っていると思います。Subjunktion は普通「論理包含」ということらしいです。

ドイツ語やオランダ語ではこの二つの違いで後に続く語順に違いが出るため、機能や働き以前に見た目の違いが大きく出ます。

,denn S V ... に対して ,weil S ... V(定形後置)となります。denn は英語の for に、weil は because に相当し、denn/for の理由は後から付け足した感じ、weil/because は因果関係があることです。前者はあくまで前後の文は対等ですが後者では接続詞が導く節が主文(主節)の一部(ここでは副詞節)として働いています。
dass「~ということ」が導く節も名詞節として主文の目的語や真主語になっています。

Subjunktion, Subjunktiv というのは初めて聞きましたが、いわゆる等位接続詞と従位接続詞のことでこの区別はヨーロッパ語にはどれにもあるはずです。

Konjunktionen
-Koordinierende Konjunktionen 並列接続詞
-Subordinierende Konjunktionen 従属接続詞

Konjunkt- は con「一緒に」junct「つなぐ」でそのままの意味ですが、Subjunkt- の sub- は「下・下位」という意味なので主文に副文をつなぐということで使っていると思います。Subjunktion は普通「論理包含」ということらしいです。

ドイツ語やオランダ...続きを読む

Q西語:定冠詞と一文の添削をお願いします。

お世話になります。
とある本に下記のように表記されているのですが、
教えて下さい。

●学生(大人)1枚下さい。
 Una de estudiante(adulto/a).

質問1;Una ⇒ Un ではないのですか?

質問2:大人2枚下さい。
   この場合は、
   ⇒Due billete de adulto/a.
    と考えるのですが、教えてください。

どなたか、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

補足します。

>entrada は女性名詞と解釈で宜しいでしょうか?
そうです。最初の回答に書いています。(la)

>西語の不定冠詞に uno はあるんでしょうか?
辞典に説明があるように不定冠詞はunaとunです。名詞の性で使い分けます。una flor, un hombre.unは基本的に単数の男性名詞に使いますが、例外としてa, haで始まる女性単数名詞でもunが使われます(発音上の問題)
un aguila, un hacha

>名詞を省略していることで。un が、uno になると考えれば宜しいでしょうか?
前置詞の前に冠詞は使えません。
uno de adultos はun (billete)の意味で数値或いは
代名詞と理解できます。後ろに名詞が来ないので原形のunoとなります。dos de adultosはdos (entradas) de adultosの略です。

形にとらわれずun(不定冠詞)+名詞かuno,dos,tresの
uno(una)か見極めが必要です。辞典に説明と用例が載っていますよ。

他の用例:
Quieres un cafe? Si, dame uno de negro(un cafe negro) y otro de con leche(otro cafe con leche)
para mi hermana.
コーヒほしい? うん、ブラックをひとつ、それから妹にミルク入りをひとつ(頼む)

補足します。

>entrada は女性名詞と解釈で宜しいでしょうか?
そうです。最初の回答に書いています。(la)

>西語の不定冠詞に uno はあるんでしょうか?
辞典に説明があるように不定冠詞はunaとunです。名詞の性で使い分けます。una flor, un hombre.unは基本的に単数の男性名詞に使いますが、例外としてa, haで始まる女性単数名詞でもunが使われます(発音上の問題)
un aguila, un hacha

>名詞を省略していることで。un が、uno になると考えれば宜しいでしょうか?
前置詞の前に冠詞は使えま...続きを読む

Qドイツ語の文章

新しいメール友達(男性と女性)に「あなたと良い友達になれれば嬉しいです。」と書きたいのですが、次の文章で良いのでしょうか?
Ich bin gluecklich darueber,dass wir einem guten Freundschaften schliessen werden.

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まだ知り合ったばかりという事でしたら、すでにNo1の回答者様もおっしゃっているように、一般的によく使われる「kennenlernen」を用いた文章の方が自然かと思います。
例としてはNo1回答者様の文章か、よく似た例文では「(Es) freut mich (sehr), Sie kennenzulernen.」などがあげられます。

「Freundschaft」(ちなみに女性名詞です)を使用したい場合の例文:
「Es waere mich sehr freuen, wenn ich mit Ihnen eine Freundschaft schliessen koennte.」又は「Es waere mir angenehm, wenn~(同文).」
ご参考になれば幸いです。

Q謎な文章・・・

前私の家に来た13歳の中国の子から手紙が届きました。内容はこのようなものです。

「in Japan, I buy a 洗顔(celeb). Today the 洗顔(celeb) is lost. I am very sad.
~略~
I want you can buy the (celeb) for me.」

(ここでの初めのbuyはboughtの間違いだと思われます。そして略のところはまた欲しいと言うようなことが書いてありました。)
と言う感じのものなのですが、これは私が日本で言う顔を洗う洗顔を買ってあげたら良いのでしょうか?
それとも中国語で洗顔という他の意味があるのでしょうか?また洗顔の後ろに付いている(celeb)も意味がわかりません。私はcelebという洗顔の種類かとも思ったのですが、そのような商品も見当たりません。もし私の訳が間違っていて、もし解る人がいれば是非教えて下さい。また、これを見たみなさんの意見もお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

初めまして。こんばんは。

>また洗顔の後ろに付いている(celeb)も意味がわかりません。私はcelebという洗顔の種類かとも思ったのですが、そのような商品も見当たりません。

牛乳石鹸というメーカーから「Celeb」という洗顔料が出ています。

あなたもおっしゃっているように、あなたにその洗顔料を送ってもらいたいのでは?

参考URL:http://www.cow-soap.co.jp/f_shohin2.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報