直流回路のこの問題の解説で、補足のような解説でした

しかし、グラフのVがyなのでy=にしてそこから式を立てますとEが切片となり1.5ですので
V=-2I+1.5となり、そうなるとI=0の時V=1.5となるので電流が流れていないのに抵抗に電圧降下が1.5V発生している事になってしまいませんか?

このグラフより回路の式を立てるにはどのような順序で考えていけばいいのでしょうか
(縦軸がVなのでy=ax+bのyにV、切片が1.5なのでbに1.5、傾きが2なのでaに2と考えればいいのでしょうか)

「直流回路のこの問題の解説で、補足のような」の質問画像

質問者からの補足コメント

  • この式ではI=0の時V=Eになってしまうのではないでしょうか

    「直流回路のこの問題の解説で、補足のような」の補足画像1
      補足日時:2017/05/12 13:55

A 回答 (5件)

No1です(^^)


まず、電池・電源の「起電力」とは、電池・電源が本来持っている電圧を生じさせる「力」の事です(^^)
それに対して、電池・電源の「端子電圧」は、電池・電源を回路に接続したときに、電池・電源の両端から取り出せる電圧の事です(^o^)
何故、「端子電圧」=「起電力」にならないかと言うと、電池・電源には内部抵抗が含まれるからですね(・∀・)
つまり、電池・電源は (起電力)+(内部抵抗) からなっています(-_-)
回路記号で書くなら、(電池・電源)=(電池の記号)+(抵抗の記号) って事になります。
この内部抵抗は、わざと入れている訳では無く、電池・電源を作ると、ど~しても入り込んでしまうんですね(◎◎;)
また、この内部抵抗は、普通の抵抗と扱いは全く同じでよいことが分かっています(^^)
ですから、電池・電源を回路に接続して、電池・電源に電流が流れると、の内部抵抗で起電力の一部が”食われて”しまい、
回路に実際に加わる電圧は、起電力より小さな値になってしまいます・・・
・・・これが、電池・電源の端子から取り出される電圧という意味で、「端子電圧」です。
とりあえず、写真を貼っておきますので、不明な点がありましたら、教えて下さいね(^^)
「直流回路のこの問題の解説で、補足のような」の回答画像4
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざ図まで書いていただきありがとうございます!とてもよく分かりました!
恥ずかしながら解放電圧と端子電圧を混同していたようです…
勉強になりましたm(__)mありがとうございました!

お礼日時:2017/05/13 09:23

電流が0ってことは負荷抵抗が無限大ってことだけど


だから電流が0だから電圧も0というのは短絡的な考えでしょう。
0掛ける無限大って0でしょうか?

よく似た論理で、電線の電気抵抗は0だから、電圧はかからず0。
だから電線に電流は流れない(^-^) という論理にはまって抜け出せない
人もいるようです。

そういう時は、完全な0とか完全な無限大から離れて、十分に小さい、
十分に大きいに置き換えて考えれば抜け出せます。

完全な0も完全な無限大も現実には存在しないのですから
問題ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!たしかにそうですよね。
空気があっても空気を絶縁体=十分大きな抵抗と見なせばそうなりますよね

どうもありがとうございました!新しい見方を出来るようになり、勉強になりました

お礼日時:2017/05/13 09:28

>V=-2I+1.5となり、そうなるとI=0の時V=1.5となるので電流が流れていないのに抵抗に電圧降下が1.5V発生している事に


>なってしまいませんか?

なりますよ。抵抗が十分に大きな場合です。いわゆる「開放電圧」ですね。

V=-2I+1.5 というのは 1.5V の理想電圧源に 2オームの抵抗を直列につないだ電源です。

負荷抵抗に 1MΩの抵抗を繋ぐと

I = 1.5/(2 + 1000000) ≒ 1.5μA
なので、抵抗の電圧降下は ≒ 1.5μA x 1MΩ = 1.5V

抵抗が 100MΩなら

I = 1.5/(2 + 100000000) ≒ 0.015μA
なので、抵抗の電圧降下は ≒ 0.015μA x 100MΩ = 1.5V

抵抗の値が有限である限り、電流がどんなに小さくなっても
負荷抵抗が 2オームに対して十分大きければ
電圧降下は ≒ 1.5V です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!そのような考え方もできるのですね
勉強になりました

お礼日時:2017/05/13 04:33

電気基礎の例題です。


ご参考にどうぞ!
「直流回路のこの問題の解説で、補足のような」の回答画像2
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます
貼っていただいた現実の回路の現象とグラフの式は違うという事ですね!

お礼日時:2017/05/12 19:49

まず、抵抗に電流が流れていないときは、抵抗で電圧降下は生じません(^^)


実際、オームの法則より V=0×R=0 となりますから(^^;)

補足の写真に見えている式 V=E-rI は V:電池の端子電圧 E:電池の起電力 r:電池の内部抵抗 I:”電池に”流れる電流 ですね(^^)
この関係式は、電池の端子電圧と起電力の関係を表す式であり、ある意味、可変抵抗の値はどうでもいいんですね(^^A)
問題に示されている回路で、電流を0にすることは出来ませんが、得られたグラフからy切片と傾きを求める事により、Eとr を求める事が出来る、とういう事です(^O^)
つまり、y → V a→r x→I 切片→E という対応です。
Iを0にすることはできなけれど、式またはグラフ上でI=0 とすれば、V=E となって切片(起電力)が求まるよ・・・これだけの話で、I=0のとき実際の回路がどうなっているか等は考えていません(^^;)

「端子電圧」と「起電力」の違いは大丈夫ですか?
もし、曖昧でしたら、質問をお願いします(^^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
Iに0を代入→本来は電流が流れていないのでV=0になるはずなのに
V=E=1.5となって電流が流れていないのに電圧降下が生まれているので混乱しました。
ただのグラフと回路の対応を表す式というだけだったのですね


端子電圧…回路を構成してない状態(ループじゃない状態)の電池の陽極と陰極の電位差

起電力…電池の電圧

でしょうか

お礼日時:2017/05/12 19:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q抵抗R=5Ω、誘導リアクタンスXL=3Ωの直列回路にV=12+j16V

抵抗R=5Ω、誘導リアクタンスXL=3Ωの直列回路にV=12+j16Vを加えたときの回路に流れる電流Iとその大きさおよび位相角を求める詳しい途中式教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

次のサイトに解説記事がありますので参考にして下さい。
http://www.itoffice.jp/ITOFFELC3.htm
新人のための電気の基礎知識(交流回路)

5.2.ベクトル・複素数:数学の基礎1A-(1.9.複素数・ベクトル参照)
5.3.RLC回路 (瞬時値・位相の関係は5.4.位相参照)

1.9.複素数・ベクトル
公式・(a+jb)/(c+jd)=(ac+bd)/(c2+d2)+j((bc-ad)/(c2+d2))

求める電流は次のようになります。
I = V/Z = V/(R+jXL) = (12+j16)/(5+j3)
後は複素数の割り算ですので直ぐに求まると思います。
電流の絶対値は3.43Aです。

Qある回路にv=100sinωt(v)の電圧を加えたところi=50sin(ωt-π/6)(A)の電流が

ある回路にv=100sinωt(v)の電圧を加えたところi=50sin(ωt-π/6)(A)の電流が流れた
この回路の消費電力P、皮相電力S、力率cosΘをそれぞれ求めよ


電気回路の問題なのですがわかるかた教えてください

Aベストアンサー

インピーダンスの絶対値は2と言うのはすぐに解ります。
電流はwtに対してn/6進んでいることもわかります。
wとnの実数を用いれば、P、S、cosθが解ります。

Q交流回路の位相についてなのですが、 RL直列回路があり、R=8Ω、L=6の時Rには16V、Lには12

交流回路の位相についてなのですが、
RL直列回路があり、R=8Ω、L=6の時Rには16V、Lには12V掛かります。
この時、電源電圧を求めるには16V、12Vをベクトル合成して20Vです。
ここまでは理解できます。

電圧は位相をふまえベクトル合成するのに電流をベクトル合成してもとめないのはなぜでしょうか。
電流もR、Lで位相差が出るので位相をふまえ計算しなければならないのではないでしょうか。

この回路ですとRに流れる電流2A
Lに流れる遅れ電流2Aをベクトル合成し2√2Aとなぜならないのでしょうか。

Aベストアンサー

補足の図Aと図Bで、電圧は共に左に向いた矢印Ⅴ
を使ってますが、これが誤り。
まず記号をVRとVLに分けるべきでしょう。

図Aの電圧VRを右向きとすると
図Bの電圧VLは上向きです。

結果IRとILは同じ向きになります(大きさも同じ)。
IR=ILだから、そこからVRとVLの向きが決まるのです。
何処にも電流のベクトル合成は有りません。

Qこの問題の(1)のy成分についてなのですが解説にはAに達するまでの時間は t=l/v0 と書いてあり

この問題の(1)のy成分についてなのですが解説にはAに達するまでの時間は

t=l/v0

と書いてあります。分子の距離についてですが、
電子が極板間をまっすぐ進むなら距離は極板の長さだと思いますが電子は放物線を描くのでAに到達するまでに電子の進んだ距離はlよりも長くなるのではないでしょうか

なぜ距離が極板の長さになるのでしょうか

Aベストアンサー

とりあえず、手書きの画像をアップしておきます(^^)

https://gyazo.com/bc528a5ef2172fb0bad9f2d1cddde9fe

これで分かればいいけどなぁ~(^^)

Q物理です x^2+y^2<=1 x>=0 y>=0で与えられる重心を 求める問題で重心のx座標を

物理です
x^2+y^2<=1 x>=0 y>=0で与えられる重心を
求める問題で重心のx座標を
1/S∮(0→1)x√1-x^2となっているのですが
なぜこうなるのかがよく分かりません
解説お願いします

Aベストアンサー

重心は、任意の点の周りのモーメントを考えたときに、「微小部分の重量のモーメントの総和=全重量が重心位置にある場合のモーメント」となる点です。

 与えられたのは、半径 1 の 1/4 円の扇型です。その「微小部分」を、x座標を x ~ x+dx の「縦割り」部分にすると、面積は「高さ」が √(1 - x) 、幅が dx ですから
 ΔS = √(1 - x)*dx
です。
 この部分原点回りのモーメントの「腕の長さ」は x ですから、物理的な「力」を考えるために密度を ρ として、モーメントは
  ρ*xΔS = ρ*x√(1 - x)*dx
です。従って、「微小部分の重量のモーメントの総和」は
  ∫[0~1] ρ*x√(1 - x) dx    (1)
です。

 これに対して、「全重量が重心位置にある場合のモーメント」は、重心の x 座標を x0 とすると
  ρ*S*x0     (2)

(1)と(2)が等しくなるので
  ρ*S*x0 = ∫[0~1] ρ*x√(1 - x) dx

 従って
  x0 = (1/S)∫[0~1] x√(1 - x) dx

 S は 1/4 円なので
   S=(1/4)パイr^2 = パイ/4
ですね。

重心は、任意の点の周りのモーメントを考えたときに、「微小部分の重量のモーメントの総和=全重量が重心位置にある場合のモーメント」となる点です。

 与えられたのは、半径 1 の 1/4 円の扇型です。その「微小部分」を、x座標を x ~ x+dx の「縦割り」部分にすると、面積は「高さ」が √(1 - x) 、幅が dx ですから
 ΔS = √(1 - x)*dx
です。
 この部分原点回りのモーメントの「腕の長さ」は x ですから、物理的な「力」を考えるために密度を ρ として、モーメントは
  ρ*xΔS = ρ*x√(1 - x)*dx
です。従っ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報