http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=96783
に素数の性質として
6n±1があげられましたが、
解説をみても、2と3の倍数でない証明しかできてないように、おもえます。

ちなみは35は6n±1ですが、素数ではないですよね。

皆さんのご意見をお待ちします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

おお、そういうご主旨でしたか。

stomachmanの記載が曖昧だったですね。

a,b,....,zにそれぞれ勝手な自然数を代入して、f(a,b,....,z)を計算する。もしf(a,b,....,z)≧0であれば、f(a,b,....,z)は必ず素数である。

そういう式f(a,b,....,z)がある。という意味です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

そういう意味でしたか。
これも証明ではなくて、そういう式の存在をしめしたものだったんですね。

知識が増えました。
でもなんで26個の変数をもつ式なんでしょうね。

なんとなくあいまいですが、とりあえず、
閉めさせてもらいます。

お礼日時:2001/07/09 23:07

> ところで26個の変数を持つ関数の件は


> f(a,・・・z)=a+b+・・・+z
> でもなりたつのでしょうか?

??どういう意味でしょう??

a,・・・zに全部1を代入してみて、成り立つかどうかお考えになってみては?

この回答への補足

> また、26個の変数を持つ関数f(a,b,c,....,z)で、
>a~zにどんな自然数を代入しても、もしf(a,b,...,z)≧0
>になれば、それは素数になっている。そういう式も
>知られています。
 このように、STOMACHMANさんがお書きになっていることに対しての関数例をあげたのですが、解釈が違ってましたか?
素数になっているのは、f(a,・・・z)の値のことですが?
ご面倒でなければ、教えてください。

補足日時:2001/07/03 12:28
    • good
    • 0

x^2 + x + 41


この式もオイラーによるもので、x=0,1,2,....,39のどれを代入しても、全部素数になります。
 また、26個の変数を持つ関数f(a,b,c,....,z)で、a~zにどんな自然数を代入しても、もしf(a,b,...,z)≧0になれば、それは素数になっている。そういう式も知られています。
 でも、n番目の素数を簡単に計算する式g(n)は知られていません。

・また、与えられた数が素数かどうかをごく簡単に判定する方法もなく、必ず手間が掛かる。桁数が多くなると大変です。その手間を少しでも減らそうと、様々な深遠な理論に基づいたアルゴリズムが研究されています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
他にもあったのですね。

ところで26個の変数を持つ関数の件は
f(a,・・・z)=a+b+・・・+z
でもなりたつのでしょうか?
(これもなんか勘違いしてるかな?)
時間があれば、教えてください。

お礼日時:2001/07/02 22:17

ひさしぶりにきちんと考えちゃいました。


まず、2n±1はすべての奇数を表しますよね。
+または-だけでいいけど。
(ここでは、自然数で議論しています)
   3n±1はすべての数を表しています。
   4n±1ははすべての奇数を表しますよね。
そこで、6n±1、±3 あわせてすべての奇数を表す。
ここまで良いでしょうか。
6n±3は3の倍数を表しますので、6n±1はすべての奇数から3の倍数を除いただけです。
素数はだからこの式で表すことができるのです。
しかし、すべての奇数から3の倍数を除いただけですから
35、25、49なども入るのです。
他の数の倍数になっているのかどうかまではこの式では
分からないのです。
こんなもんでよろしいでしょうか。
分かりにくいなら、また砕いてかきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
基本的には、問題をちゃんと理解してなかったわけでした。

ところで、namimanaさんがおっしゃるように、
2n±1も確かに素数の性質といえるわけで、
その意味で6n±1もそうだといえますね。

これ以外にももっと沢山あるようで、なんとなく
だまされたような感覚に陥ってます。

一瞬、すごいなあと思ったのですが、(6n±1=>素数と思い込んでたので)その反動もあるみたいです。
(あ、すいません、いいわけじみた、愚痴を書いちゃって)

ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/02 22:11

rei00 さんと同じことですが,



○ 素数は 6n±1 の形に限られる (2,3 は除く).
○ 6n±1 が全部素数とは限らない.

ということです.

f(n) のnに自然数(or 整数)を代入してゆくと素数だけが生成される,
というような式 f(n) は知られていません.
まして,すべての素数を生成するような f(n) も当然知られていません.

歴史的に有名なのは,フェルマー数 F(n) = 2^{2^n}+1 です.
F(0)=2^1 + 1 = 3
F(1)=2^2 + 1 = 5
F(2)=2^4 + 1 = 17
F(3)=2^8 + 1 = 257
F(4)=2^16 + 1 = 65537
で,ここまでは素数ですが,残念ながら F(5) は
F(5)=641×6700417
で素数ではありません(オイラーの発見による).
n≧5 で F(n) が素数である例は知られていないようです.

なお,フェルマー数 F(n) は正n角形の作図と深い関係があります.
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=40706
の私の回答をご覧下さい.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
問題をちゃんと理解してなかったようです。
フェルマ数は、初耳でした。
勉強になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/07/02 22:04

 


先の質問でお書きなのは,「素数 → 6n±1」ですね。

御質問については,その回答の ANo.#5 で shine_life さんが書かれています。

「6n±1であることは素数であるための必要条件です。」
「必要条件なので6n±1であっても素数とは限らない」です。

いかがでしょうか。

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
おっしゃるとおりでした。

よくみると性質なんで、6n±1が素数である必要は
ないわけです。

読みがあさかったです。

お礼日時:2001/07/02 12:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q『nを整数、pを素数とするとき、n^3がpの倍数ならばnもpの倍数であ

『nを整数、pを素数とするとき、n^3がpの倍数ならばnもpの倍数である』
の「n^3が」の部分は、2乗以上ならnの何乗であっても成り立つような気がするのですが、成り立ちますか?
また、何か命題を証明する際にこれを用いるときは、証明なしで使っていいものなのでしょうか?
ちなみに大学入試の記述試験を想定しての質問です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No3です。ミスりました。

下の定理0は「cは素数」という条件が抜けており、間違いです。
正しくは

定理0「整数a,b と素数p において、ab がp の倍数ならば,aまたはbがpの倍数」
です。
お詫びして訂正致します。


[補足]
定理0’「整数 a,b,c において,ab がc の倍数かつa とc が互いに素ならば,bはcの倍数」
も初等整数論の基本的な定理であり、やはり定理(-1)から示されますが、高校では無断で使用します。上の定理0は定理0’から即座に導かれます。

Qnが整数のとき、n^2が素数aの倍数ならばnはaの倍数である、は真ですか?

数学の問題を解いていると、nが整数のとき、
n^2が3の倍数⇔nは3の倍数 を証明せよ
n^2が5の倍数⇔nは5の倍数 を証明せよ
という問題がありました。
そこで、質問タイトルにあるように、
「n^2が素数aの倍数⇔nはaの倍数」
は成り立つかな?と思って証明しようと思い、
必要は明らかなので十分について
対偶を取って数学的帰納法で証明しようとしたのですが、うまくいきませんでした。

そもそもこの命題は真なのでしょうか。真なのでしたら、
出来るならば高校数学の範囲で証明を示してもらえないでしょうか。

Aベストアンサー

「n^2 が素数 p の倍数」なら「n が p の倍数」は真です. 証明は... 「高校数学」ってどこまで使っていいんでしたっけ?
・「ab が素数 p の倍数なら a か b が p の倍数」を使っていい → n^2 = n・n より自明.
・「素因数分解が一意である」ことを使っていい → ほぼ自明. n = p1 p2 ... と素因数分解すると n^2 = p1^2 p2^2 ... となって, 後者のどこかに p があるならそもそも前者のどこかに p がある.
・合同式と二項定理を使っていい → n^p ≡ n (mod p) を二項定理+帰納法で証明. あとは (p ≧ 3 を仮定していいので) n^p ≡ n^2 ・ n^(p-2) ≡ n となるので n^2 が p で割切れるなら n も p で割切れる.

Qnを正の整数とする時、6の倍数であることを証明する n(n+1)(n+2) n3乗+5n

nを正の整数とする時、6の倍数であることを証明する n(n+1)(n+2) n3乗+5n

Aベストアンサー

n~3+5n も、n(n+1)(n+2) と同様、
必ず 6 の倍数になります。

簡単なのは、mod 6 で
n~3+5n ≡ n~3+(-1)n ≡ (n-1)n(n+1)
として、前小問に帰着することですが、
これだと、多少、知識が要りますね。

n を 6 で割った商を q、余りを r と置いて、
n = 6q+r を式に代入すると、
n~3+5n を 6 で割った余りが
r~3+5r を 6 で割った余りと一致する
ことが判ります。
あとは、r = 0,1,2,3,4,5 の各々について
余りを求めてみればよい。

Qnが整数のとき, 2n^3+3n^2+n は6の倍数であることを証明せ

nが整数のとき, 2n^3+3n^2+n は6の倍数であることを証明せよ。

上の解き方は,n(n+1)(2n+1)に因数分解し,
2の倍数かつ3の倍数であることを証明すればよいと思うのですが,

教科書には,
2の倍数であるというのは,n(n+1)が連続する2つの整数の積だから証明でき,
3の倍数であるというのは, kを整数として
 n=3kのとき,n=3k+1のとき,n=3k+2のときに3×○の形にすれば証明できるとありました。

ここで質問なのですが,
なぜ,n=3k n=3k+1 n=3k+2 にするのでしょうか?
n=k n=k+1 n=k+2 ではなぜ駄目なのか教えていただけませんか?
 

Aベストアンサー

こんばんわ。

>n=k n=k+1 n=k+2 ではなぜ駄目なのか教えていただけませんか?
「なぜ」の前に、具体的に代入してみましたか?
n= kだと、nが kに置き換わるだけで 3の倍数かどうかは示すことができませんよね。

>なぜ,n=3k n=3k+1 n=3k+2 にするのでしょうか?
自然数を 3で割ったあまりは 0 or 1 or 2のいずれかですから、
n= 3k, 3k+1, 3k+2と書けばすべての自然数を網羅することができますね。

もしこれが「5の倍数」であれば、
n= 5k, 5k+1, 5k+2, 5k+3, 5k+4という場合分けを考えることになります。


「あまり」に対する場合分けをすることで考えやすくなるという、比較的よく使われる手法ですね。

Q互いに素の性質で、画像のm、nは複素数の範囲で成り

立つんですか?あと、なんで画像の事が成り立つんですか?

Aベストアンサー

後者は素因数分解するのが簡単かな.

前者は「倍数」をどう定義するかによる.


人気Q&Aランキング

おすすめ情報