姪が今度IHヒーターの付いたマンションに転居します。
姪は妊娠6ヶ月です。IHヒーターはすごい電磁波を出すと聞いています。そんなに電磁波を浴びてお腹の子に影響ないのでしょうか。大変心配です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 今晩は。

大分経ってからの回答ですが…。

 胎児や子供などは良くも悪くも影響を受けやすいので、大人よりも更に注意が必要だと思います。健康問題に関しては疑わしいものは極力避け、予防策を採られることをお勧めします。「電磁波汚染」(天笠啓祐著、日本実業出版社)によれば、IHヒーターは家電の中でも強い電磁波が出る製品だそうです。また、電磁調理器が作る変動電磁場は、人体にも入って誘導電流を作り出し、体内に熱を生じさせるそうです。かなり距離をとっても強く被曝するみたいですね。

 体温が1度違うだけで、人は具合が悪くなったりしますし、男女の産み分けにも関係してきます。また、電磁波の影響については熱や感電などの作用の他に「非熱作用」という、免疫力を下げたり、ガンや白血病、色々な病気の原因物質となったり、促進作用をもたらしたりする働きがあると言われています。電磁波だらけの世の中ですが、なるべく使わなくていいものは使わないようにする、コンセントを抜く・電源を切るなどの姿勢が大事だと思います。

 IHヒーターに限りませんが、電磁波問題を扱った本は大きい本屋さんに行くとけっこう置いてあります。
 
    • good
    • 0

下記のページの下の方をご覧ください。



「IHクッキングヒーターの電磁波は心配ないの? 」
http://www.ihcook.gr.jp/a_2.htm#a11


このページも参考になります。

家電製品と電磁波Q&A
http://www.jema-net.or.jp/Japanese/news/q&a.htm
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QIHクッキングヒーターの電磁波による害を減らすには?

こんばんは。

わたしの今住んでいるところは、IHクッキングヒーターがもともとついています。(新築のため)
最近になって知ったのですが、電磁波がものすごいと知りました。
体に悪いそうなので、不安なのですが、人体に及ぼす影響を少しでも減らす方法をご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。
(除去する。というご回答はご遠慮ください。)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

IHヒータの周波数は2000Hz~6000Hzです。(ちなみに携帯電話は,約1000000000Hzの電磁波を使用しています)で,一般には,周波数の低い電磁波ほど生物に対する影響が大きいといわれていますので,できることなら避けた方が無難です。とは言っても,料理をしないわけにはいけませんので,使うときの注意点として,我が家で心掛けている点は,(1)煮物・湯沸し等,単なる加熱だけですむ料理は,タイマーを使い,IH使用中はレンジ台から離れる,(2)炒め物などは,できるだけ長いヘラら竹箸を使い,手を伸ばして遠くから混ぜる,です。電磁波の強度は,距離の二乗に反比例しますので,とにかくコンロ台から離れることが大切です。電磁波遮蔽エプロン等も探したのですが,IHヒーター用のものは存在しないようです。(パソコン用のものは市販されていますが,パソコンとIHヒータでは周波数が全然違いますので無意味です)
あと,電磁波の影響を言うのでしたら,実は電車に乗ることが最も危険です。厚生省(?)が電磁波の環境基準を作ろうとしたらしいのですが,そうすると電車に人間が乗れなくなってしまい,その規制案は立ち消えになったと聞いています。

IHヒータの周波数は2000Hz~6000Hzです。(ちなみに携帯電話は,約1000000000Hzの電磁波を使用しています)で,一般には,周波数の低い電磁波ほど生物に対する影響が大きいといわれていますので,できることなら避けた方が無難です。とは言っても,料理をしないわけにはいけませんので,使うときの注意点として,我が家で心掛けている点は,(1)煮物・湯沸し等,単なる加熱だけですむ料理は,タイマーを使い,IH使用中はレンジ台から離れる,(2)炒め物などは,できるだけ長いヘラら竹箸を使い,手を伸ばして遠くから...続きを読む

QIHヒーターの安全性

お世話になっております。
この度、住宅を新築する事となり、オール電化にしようと考えています。
もう住宅メーカーは決まっており、細かい打合せをしている最中ですが、電磁波の影響が気になります。過去の質問を参考にしながら、個人でも色々と調べてみたのですが、今の所はっきりとした答えが無いのが現状です。今回皆様に教えて頂きたい内容は、IHの安全性ではなくて、住宅展示場の営業マンが言っていた事です。
住宅展示場は10数件回りましたので、どこのメーカーか思い出せませんが、「IHヒーターは安全ですか?」と聞いた所、その営業さんは、携帯電話を出して下さいと言いまして、裏にあるバッテリーを外した後に、「国が電磁波を認めた電化製品には、このように郵便のマークが入っています。」「国が認めたのですから、安全でしょう」と自信を持って言っていました。
その話が今になって思い出しまして、自分でも調べてみたのですが、そのような記述は見つかりません。
このような話は聞いた事がありますでしょうか?
また、もし違うようでしたら、その記号は何の意味があるのでしょうか?
お忙しい中、誠に恐れ入りますが、教えて頂ければ幸いです。どうぞ宜しくお願いします。

お世話になっております。
この度、住宅を新築する事となり、オール電化にしようと考えています。
もう住宅メーカーは決まっており、細かい打合せをしている最中ですが、電磁波の影響が気になります。過去の質問を参考にしながら、個人でも色々と調べてみたのですが、今の所はっきりとした答えが無いのが現状です。今回皆様に教えて頂きたい内容は、IHの安全性ではなくて、住宅展示場の営業マンが言っていた事です。
住宅展示場は10数件回りましたので、どこのメーカーか思い出せませんが、「IHヒーターは安全...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは

携帯の裏についてる〒(逓信)マークは無線機の認証マークです。
健康上の問題ではなく、無線機がほかの電波に干渉するかどうかの規定です。

参考URLのQ5に書いてあります。

〒(逓信マーク)は電信電話・郵便など通信を象徴したマークですので、
健康上の問題はまったく関係ありません。

電磁波に関しては国レベルで、その基準値の策定はしていない・・・と思いますので、それに対して安全云々のマークも存在しないでしょう。
(ここはかなり自信ありません)

参考URL:http://www.kanto-bt.go.jp/re/info/faq/index.html

QIHクッキングヒーターと電気コンロの違い

オール電化の賃貸マンションを探しているのですが、オール電化でもIHクッキングヒーターと電気コンロとあるようなのですが、実際使ってみて違いはあるのでしょうか?電気の温まり方など違うのでしょうか?その他何か参考になることがあれば教えてください。

Aベストアンサー

皆さんすべて正解を書いておられるので、いいかと思ったのですが。

IHは
細かく火力の調節が出来ます。
てんぷらをするとき、180度の温度がキープできます。
寒い冬などコンロを使っているとき、台所が暖かくなるのは、熱が逃げているためですが、IHの場合は熱効率がよいためそれほど暖かくなりません。
火を使わないため、紙等を近づけても燃えません。(火災が起きません)
忘れても一定の時間になると電源が切れます。
フラットなため、吹きこぼれても掃除が楽です。
早いです。たとえばラーメンを作るとき、どんぶり出して、ねぎを切っている間にお湯が沸きます。
熱効率がいいため、電気コンロより経済的です。

QシステムキッチンのIH部分の取りかえ費用(IHからIH)を教えてください。

IHにかえて10年。3つのうち1つがラジエントで、嫌なにおいがするのでほとんど使うことがありません。2つで足りないこともないのですが、料理が好きなので、全部使えるものにかえたいと思っています。もったいないですが、使わないのももったいないし、値段との相談です。それと、寿命とも。

Aベストアンサー

IHからIHの交換は簡単です。
10年前ならコンセントも同じかと思います。

まずはyoutubeで検索してみてください。

取り外しが機種によって違いますが、まあわかると思います。
取付はねじ3本くらいでの固定です。
ドライバ1本でできるものです。
私は1人でしましたがちょっと重いので2人いればいいでしょう。

取り付けてもらうとしたら1~1.5万円程度です。
取り外したものの廃棄処分込みです。

QIHクッキングヒーターとガスコンロの違いについて

IHクッキングヒーターとガスコンロの違いについて

一戸建て3人家族でガスコンロと灯油タイプの給湯器を使っています。
灯油の給湯器が古くなってきて買い替えを考えているときに
IHクッキングヒーターとエコキュート(知識がないので良くわかりません)に
しませんかと業者の訪問販売のようなのが来たのですが80万程度で導入を考えたのですが
故障したら修理費やパーツ代が結構かかるというのをネットで見たこともあり
長期保障などもなかったので断念しました。


つい先日大型電気製品の量販店に行くとパナソニック製のIHクッキングヒーターと
エコキュートのセットが59万8000円、エコキュートのみで39万8000円で
10年の長期保障つきで出ていました。

灯油給湯器→だいぶ古くシャワーの出が悪いときがある、買い替えと設置で20万近くかかる
ガスコンロ→3年ほど前に買い換えたガラストップタイプで今のところ不満なし

とりあえず値段的なこともありエコキュートは導入したいのですが
問題は20万円でIHクッキングヒータを導入するかどうかで迷っています。

過去の質問や回答を見ると
良い面→掃除が楽、炎がでないので暑くない、立ち消えがないので安全
悪い面→調理器具に制限がある、値段が高い


まだ使えるガラストップタイプのガスコンロを処分して20万円のIHクッキングヒーターが
割に合うかが判断つきません。普通程度のものでガスコンロに比べてお湯がすぐ
沸騰させられるとか実際毎日使うとガスコンロに戻れないようになるほど
便利だったりするのでしょうか?

実際使われている方アドバイスいただけないでしょうか?よろしくお願いします。

IHクッキングヒーターとガスコンロの違いについて

一戸建て3人家族でガスコンロと灯油タイプの給湯器を使っています。
灯油の給湯器が古くなってきて買い替えを考えているときに
IHクッキングヒーターとエコキュート(知識がないので良くわかりません)に
しませんかと業者の訪問販売のようなのが来たのですが80万程度で導入を考えたのですが
故障したら修理費やパーツ代が結構かかるというのをネットで見たこともあり
長期保障などもなかったので断念しました。


つい先日大型電気製品の量販店に行くとパナ...続きを読む

Aベストアンサー

>まだ使えるガラストップタイプのガスコンロを処分して20万円のIHクッキングヒーターが
割に合うかが判断つきません。普通程度のものでガスコンロに比べてお湯がすぐ
沸騰させられるとか実際毎日使うとガスコンロに戻れないようになるほど
便利だったりするのでしょうか?

3つのポイントがあります。
(1)オール電化(冷暖房・給湯・厨房)にされるのかどうか?
(2)ランニングコストの燃費比較に加え、設備費のイニシャルコストも含めたトータルコストでの判断
(3)燃費・設備費・設置スペース・操作性・安全安心・メンテナンス・商品寿命のプライオリティ

家庭のエネルギー源は究極は電気に収斂していくと思います。
それは、安全・安心・操作性・技術開発・メーカー数・温暖化対策の面の優位性です。
また、オール電化の適用は家庭内の熱源を全て電気系統にする事を条件にしておりますので、ガス(閉栓する)&石油機器も原則不使用となると思いますので、厨房&暖房等の志向も判断材料です。

簡単に言えば、オール電化は燃費の大半を占めるエコキュート(給湯器)が経済メリットのポイントであり、各電化製品の使い方と使用時間帯(深夜と昼間の使用頻度)で節減ギャップ(光熱費の差)が出て来ます。

少し、専門的な用語や要素も出て来ますので、機器の構造やヒートポンプの原理等は省き説明します。
詳細は最寄の電力会社のホームページ又は営業部サービス課等(領収書に記載の連絡先)に確認・相談される事をお薦めします。

前提
◇家庭内の光熱費は一般的には、
給湯関連 :40%
冷暖房  :20%(エアコン台数と使用時間、省エネ性能で変化)
冷蔵庫  :20%
調理・厨房:10%
その他家電品及び照明・待機電力:10%

◇オール電化(時間帯別電気料金制度)・・・我が家の場合(関西電力)
※KWhあたりの料金単価(1KWを1時間使用)

ナイトタイム:約7円  →夜11時から翌朝7時
リビングタイム:約17円→朝夕のナイトタイムとデイタイム除く時間
デイタイム :約23円 →当日の10時から午後5時まで
その他に、マイコン割引・季節調整・深深夜割引料金等のサービスあり

◇経済性の目安
オール電化移行前の光熱費=電気・ガス・石油の年間合計額
以降後の光熱=年間電気代
∴移行前の光熱費-以降後の電気代=プラスorマイナスで評価

そこに、オール電化に移行する際の機器の購入費や設置費用(償却年数は暫定10年位として)判断される。
従って、オール電化による安全・安心・操作性や、ガス&石油の燃料補給(保管)の手間は除外してのランニングコストの変化、節減メリットは上記の算式で試算は出来ます。

結論的に申し上げると、オール電化は時間帯別料金制度の利用と光熱費に占めるウエートの高い給湯(エコキュートまたは深夜電力温水器)の利用、なるべく消費電力の大きい機器(エアコンや洗濯乾燥機・食器洗い機)は夜間に利用する等の工夫で、大きな節減メリットが出ます。

例えば、洗濯や食器洗い、蓄熱暖房等の使用時間を深夜時間帯にシフトしたりタイマー運転の設定や利用をすると同じ仕事量で電気代には大きな差が生まれるのです。
オール電化にすれば、暖房や調理(IH調理器・食洗機・炊飯器他)も含めて、一層の効果があります。
ただし、初期費用(機器プラス工事代-助成金)が高いデメリットもあります。

同じ電気熱源でも、エコキュートは単純な電気ヒーター通電と違いヒートポンプ(空気熱回収)技術で効率(エネルギー消費効率:COP)が約3~4倍高く、その消費電力当たりの電気代(kwh)が深夜時間帯料金(昼間料金の約1/3)ですから、石油やガスと比べても燃費(ランニングコスト:円)は半分以下になります。

IHクッキングヒーターは、オール電化の一環に考えると、家庭は全て電気熱源に修練していくので、予算・タイミングが許せばお奨めします。
記載されている通り→火を使わない安全安心快適性、キッチンが熱気で蒸し暑くなったり、煙も出ません。
料理方法も温度調節・過熱時間等は数値で出来るので慣れれば簡単便利です。
また、専用鍋と言う点も専業メーカー品も随分と出揃ってますので全く問題がありません。
(魚焼きグリルやハロゲンヒーターを組み合わせているタイプでは料理方法も支障なしです)
また、直接熱が伝わり効率も良く、お掃除もガスガラステーブル同様に簡単です。
尚、修理費用や寿命は同等だと思いますし、停電すればガスも電気回路があり、同様に使えないケースが多く、停電は滅多にありませんし災害時の復旧は電気が早いです。
デメリットとしては、ガス機器が使えていて、もったいない面ですが、オール電化にするなら必然、そうでないなら買い替えのタイミングをもう少し先延ばしでしょうね。

>まだ使えるガラストップタイプのガスコンロを処分して20万円のIHクッキングヒーターが
割に合うかが判断つきません。普通程度のものでガスコンロに比べてお湯がすぐ
沸騰させられるとか実際毎日使うとガスコンロに戻れないようになるほど
便利だったりするのでしょうか?

3つのポイントがあります。
(1)オール電化(冷暖房・給湯・厨房)にされるのかどうか?
(2)ランニングコストの燃費比較に加え、設備費のイニシャルコストも含めたトータルコストでの判断
(3)燃費・設備費・設置スペース・操作性・安全安心...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報