出産前後の痔にはご注意!

はじめまして。分からない事だらけで悩んでいます。
二つの疑問があるのですが、教えて下さい。


(1)THA後に脱臼した後は、また脱臼する可能性が高いと聞きました。脱臼のメカニズムは関節包の破綻によって起こると習ったのですが、関節包は再生するのにどのくらいの時間を要するのですか?

(2)THAやRAOの術後早期はしっかりとプーリーをする必要があるのはなぜですか?特に若い人には必要なのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

そうですか


一応の知識をお持ちなら難しいことではないのですがね・・・

それでは
・侵入路別にいろいろ術式はありますが、何を切除や切開または、何を保存しておきますか?
・「全」置換術とただの「置換術」の違いはなんでしょうか?

この二つの答えが再脱臼の原因を考えるヒントになります

また、「可逆性と非可逆性」と言う言葉もヒントになります
    • good
    • 0

PTSさんかな?



かなり基本的な質問ですが、ヒントだけ提示します
1)THAの日本語訳は「人工股関節全置換術」ですね?
もう一度この言葉の意味を考えてみましょう・・・
2)「脱臼肢位」はもちろん知ってますね?
THA後のリスク管理に欠かせないものです

どうも術式関係の文献の読み込みが不足しているようです
もう一度勉強しましょう
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。

お言葉ですが、かなり基本的な知識として、人工股関節全置換術も脱臼肢位一応知識はあります。その上での自分なりの疑問なので。

お礼日時:2004/08/27 22:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMSSA(メシチリン感受性黄色ブドウ球菌)について

MSSA(メシチリン感受性黄色ブドウ球菌)について教えて下さい。
MRSA(+)から、MRSA(-)になり今度はMSSAが(3+)となりました。これはどういう意味合いがあるのでしょうか?
詳しくわかる方教えて下さい。

Aベストアンサー

黄色ブドウ球菌は抗菌薬耐性の観点から、メチシリンやオキサシリンに耐性のメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(methicillin-resistant Staphylococcus aureus: MRSA)とメチシリン感受性黄色ブドウ球菌(methicillin-sensitive Staphylococcus aureus: MSSA)に分けられるてます。

つまりMRSA陽性がMRSA陰性になり、その後MSSAの陽性がでたということでしょうが、MSSAはメシチリンという抗生物質で抑えられるので問題ないと思います。病気でもありませんし普通に常在する黄色ブドウ球菌です。

MRSA(+)ならメシチリンが効かない(耐性がある)ということで問題がありますが、MRSA(-)MSSA(3+)は問題ないです。よほど感染に注意するべき傷口に入ったりしない限り大丈夫だと思いますよ。


人気Q&Aランキング