アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

下記VBAは特定の行だけ取り出すために組んだマクロの一部ですが、
なぜか.Value Like "W*"の部分が実行されません、
ORの前と後ろを逆にするとやはり前だけしか実行されません。

どこが問題なのでしょうか?
また、"J*"か"W*"以外の行を削除するという文はどう書くのでしょうか?

よろしくお願いします。


For j = Range("A1").End(xlDown).Row To 2 Step -1
With Cells(j, "AB")

If Not .Value Like "J*" Or .Value Like "W*" Then
.EntireRow.Delete
End If

End With

Next j

A 回答 (3件)

>If Not .Value Like "J*" Or .Value Like "W*" Then


["J*"か"W*"以外の行を削除する]

これは、排他的論理積の内容ですね。
英米人は、何の問題もなく答えられるけれども、日本人などは、どうしても戸惑ってしまいます。英語には、こういう表現がありますが、日本語には、そういう表現があっても、言葉には正確に表す論理がありません。もし、本格的なプログラミングをおやりになるなら、是非、学ばれたほうがよいです。ベン図を書いて試してみるとよいです。

["J*"*か*"W*"以外の行を削除する]
「か=or(和)」が否定になると「and(積)」に変わると覚えていればよいです。

If Not (UCase(.Value) Like "J*" Or Not UCase(.Value) Like "W*" Then
または
If Not UCase(.Value) Like "J*" And Not UCase(.Value) Like "W*" Then

このように演算子が変わります。
    • good
    • 0

こんばんは!



せっかくコードをお考えなのですが、一気に削除する方法はどうでしょうか?
一例です。

Sub Sample1()
Dim i As Long, myStr As String, myRng As Range
For i = 2 To Cells(Rows.Count, "A").End(xlUp).Row
myStr = Left(Cells(i, "AB"), 1)
If InStr("JW", myStr) = 0 Then
If myRng Is Nothing Then
Set myRng = Cells(i, "AB")
Else
Set myRng = Union(myRng, Cells(i, "AB"))
End If
End If
Next i
If Not myRng Is Nothing Then
myRng.EntireRow.Delete
End If
End Sub

こんな感じではどうでしょうか?m(_ _)m
    • good
    • 0

>"J*"か"W*"以外の行を削除する



If Not(.Value Like "J*" And .Value Like "W*") Then

又は個別に

If Not .Value Like "J*" And Not .Value Like "W*" Then

ではないですかね?
⇒双方がTrueでない事が条件成立になるのでAndでしょうね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QVBA コンパイルエラーの解消法

皆様、いつもお世話になっております。
初心者なりに考えてVBAを組んでみたのですが、「Sub または Fanction が定義されていません」とエラー表示が出てきます。
自分なりにコードに間違いがないか検索ながらやってみたのですが、うまくいきません。

どなたか、知恵をお貸しいただけないでしょうか。



テーブルの入っているSheet1から、シート”施工体制台帳~”の該当するセルにデータのコピーを行うためのVBAです。
業者の数だけループするように組んだつもりなのですが、エラー表示のため実行ができません。
ご指摘、よろしくお願いいたします。

Sub kopipe1() '施工体制台帳
Dim sh As Worksheet
Dim sh1 As Worksheet
Dim sb As Long
Dim m As Long
Dim p As Long
Dim c As Long
Dim i As Long
Dim end1 As Long

Set sh = Worksheet("sheet1")
Set sh1 = Worksheet("施工体制台帳 (下請け) ")


end1 = sh.Range(".Cells(Rows.Count, 2)").End(xlUp)
sb = 1
p = 1

For i = 2 To end1 Step 1
sb = sb + 1
c = cell(p, 9)

sh.cell(sb, 2).Copy Destination:=.sh1.Range(c).Offset(2, 1) '会社名
sh.cell(sb, 3).Copy Destination:=.sh1.Range(c).Offset(2, 27) '代表者名
sh.cell(sb, 4).Copy Destination:=.sh1.Range(c).Offset(4, 1) '郵便番号
sh.cell(sb, 5).Copy Destination:=.sh1.Range(c).Offset(5, 1) '住所
sh.cell(sb, 6).Copy Destination:=.sh1.Range(c).Offset(6, 24) '電話番号
sh.cell(sb, 7).Copy Destination:=.sh1.Range(c).Offset(13) '業種1
sh.cell(sb, 8).Copy Destination:=.sh1.Range(c).Offset(14, 12) '許可者1
sh.cell(sb, 9).Copy Destination:=.sh1.Range(c).Offset(14, 15) '区分1
sh.cell(sb, 10).Copy Destination:=.sh1.Range(c).Offset(14, 17) '許可1-1
sh.cell(sb, 11).Copy Destination:=.sh1.Range(c).Offset(14, 20) '許可1-2
sh.cell(sb, 12).Copy Destination:=.sh1.Range(c).Offset(14, 27) '許可年月日
sh.cell(sb, 13).Copy Destination:=.sh1.Range(c).Offset(16) '業種2
sh.cell(sb, 14).Copy Destination:=.sh1.Range(c).Offset(17, 12) '許可者2
sh.cell(sb, 15).Copy Destination:=.sh1.Range(c).Offset(17, 15) '区分2
sh.cell(sb, 16).Copy Destination:=.sh1.Range(c).Offset(17, 17) '許可2-1
sh.cell(sb, 17).Copy Destination:=.sh1.Range(c).Offset(17, 20) '許可2-2
sh.cell(sb, 18).Copy Destination:=.sh1.Range(c).Offset(17, 27) '許可年月日2
sh.cell(sb, 19).Copy Destination:=.sh1.Range(c).Offset(21, 28) '健康保険
sh.cell(sb, 20).Copy Destination:=.sh1.Range(c).Offset(22, 28) '厚生年金保険
sh.cell(sb, 21).Copy Destination:=.sh1.Range(c).Offset(23, 28) '雇用保険
sh.cell(sb, 22).Copy Destination:=.sh1.Range(c).Offset(25, 3) '現場代理人指名
sh.cell(sb, 23).Copy Destination:=.sh1.Range(c).Offset(29, 7) '主任技術者氏名
sh.cell(sb, 24).Copy Destination:=.sh1.Range(c).Offset(31, 3) '資格内容
sh.cell(sb, 25).Copy Destination:=.sh1.Range(c).Offset(33, 3) '安全衛生責任者
sh.cell(sb, 26).Copy Destination:=.sh1.Range(c).Offset(25, 26) '安全衛生推進者
sh.cell(sb, 27).Copy Destination:=.sh1.Range(c).Offset(27, 26) '雇用管理責任者
sh.cell(sb, 28).Copy Destination:=.sh1.Range(c).Offset(29, 26) '専門技術者名
sh.cell(sb, 29).Copy Destination:=.sh1.Range(c).Offset(31, 26) '技術資格内容

p = p + 62
Exit For
Next i
End Sub

皆様、いつもお世話になっております。
初心者なりに考えてVBAを組んでみたのですが、「Sub または Fanction が定義されていません」とエラー表示が出てきます。
自分なりにコードに間違いがないか検索ながらやってみたのですが、うまくいきません。

どなたか、知恵をお貸しいただけないでしょうか。



テーブルの入っているSheet1から、シート”施工体制台帳~”の該当するセルにデータのコピーを行うためのVBAです。
業者の数だけループするように組んだつもりなのですが、エラー表示...続きを読む

Aベストアンサー

今のところ、変数に代入する以外のコードはほとんど間違っているわけですから、どれがどうと言えないと思います。
他の方との重複を含みます。
・Worksheet(---) ->Worksheets(----)
・sh.Range(".Cells(Rows.Count, 2)").End(xlUp)
  ↓
sh.Cells(Rows.Count, 2).End(xlUp).Row
・c = cell(p, 9)
  ↓
 c = Cells(p, 9) ただし、最後に、p = p + 62の後、Exit For では、1回キリでおしまいになってしまいます。

おそらくは、Dim c As String --Cells(p, 9).Address(0,0)
のはずです。
 
・sh.cell(sb, 2).Copy Destination:=.sh1.Range(c).Offset(2, 1) '会社名
とりあえず、Cells と sh1 のコンマは取るけれども、
sh1.Range(c).Offset(2, 1) これでは可読性を落とすばかりで分かりません。

これ自体を直すよりは、最初から作り直したほうが早そうです。
たぶん、一覧で横に並んでいるものを、別のシートの各場所に振り替えていくわけで、それが、ページごとになっているというわけでしょう。

まず、 sh1.cells(sb, 2).Copy ですが、
その列の2 を変数にすべきですね。

受ける側が、Offset で書かれてしまうと、手がつけられなくなってしまいます。

sh1.Range("J3,AJ3,J5,J6,AG7,I14,U15,X15,Z15,AC15,AJ15,I17," & _
 "U18,X18,Z18,AC18,AJ18,AK22,AK23,AK24,L26,P30,L32,L34," & _
 "AI26,AI28,AI30,AI32")

このようにまとめてしまい、以下のように纏めたものから呼び出すようにします。
しかし、実際にやってみると不具合が生じるので、それを配列で渡すようにします。

注:以下は、私の想像で書かれたものであって、実際に合っているのかは分かりません。
このようなスタイルにしてみたらという、あくでもこちらの提案です。

'//
Sub Test1()
 Dim Rng As Range
 Dim i As Long, j As Long, sb As Long
 Dim c As Variant
 Dim sh As Worksheet, sh1 As Worksheet
 Set sh = Worksheets("sheet1")
 Set sh1 = Worksheets("施工体制台帳 (下請け)")

 
 Set Rng = sh1.Range("J3,AJ3,J5,J6,AG7,I14,U15,X15,Z15,AC15,AJ15,I17," & _
 "U18,X18,Z18,AC18,AJ18,AK22,AK23,AK24,L26,P30,L32,L34," & _
 "AI26,AI28,AI30,AI32")
 
 end1 = sh.Cells(Rows.Count, 2).End(xlUp).row
 
 i = 2
 sb = 2
 For j = 1 To end1
 a = (j - 1) * 62 + 1
  For Each c In Rng.Offset((j - 1) * 62 + 1)
   c.Value = sh.Cells(sb, i).Value
   DoEvents
   i = i + 1
  Next
  i = 2
  sb = sb + 1
 Next
End Sub

今のところ、変数に代入する以外のコードはほとんど間違っているわけですから、どれがどうと言えないと思います。
他の方との重複を含みます。
・Worksheet(---) ->Worksheets(----)
・sh.Range(".Cells(Rows.Count, 2)").End(xlUp)
  ↓
sh.Cells(Rows.Count, 2).End(xlUp).Row
・c = cell(p, 9)
  ↓
 c = Cells(p, 9) ただし、最後に、p = p + 62の後、Exit For では、1回キリでおしまいになってしまいます。

おそらくは、Dim c As String --Cells(p, 9).Address(0,0)
のはずです。
 
・sh.cell(sb, 2).C...続きを読む

Qfor文の部分を日本語で教えてください

for文の部分を日本語で教えてください

Aベストアンサー

> これだと2が素数として表示されなくないですか?

数 i が素数なのか判定する数 j は、1 より大きく自分自身より小さい数の全てです
→ i = 2 の場合、数 j は 1 より大きく 2 より小さい数の全て
→ つまり自然数の j は存在しません

数 i の約数に、数 j が含まれていたら、それは素数ではありません
→ i = 2 の場合、自然数 j が存在しないので、含まれているわけがない
→ ゆえに 2 は素数です

Qtatsu99様 VBA勤務管理表の業務割り振りプログラムについてご教示お願い致します

tatsu99様 昨日は「VBAシフト表における従業員の固定休のプログラムについて」の件ありがとうございました。
従業員の休みに対応したVBAプログラム、活用させていただいております。
昨日の今日で大変申し訳ないのですが、今回の質問は勤務管理表の休み以外のセルに、設定シートにある従業員の担当業務を勤務管理表シートに割り振りするプログラムについてご教示頂きたく質問致しました。

添付した画像を例に構築したいVBAプログラムをご説明させていただきます。
日にちは14日から一ヶ月とします。
上段の設定シートと下段の勤務管理表シートは同じExcelファイルになります。キャプチャする為に分割致しました。
設定シートの表は各従業員の担当業務になります。
それを勤務管理表の「休」以外のセルに優先1の業務をそれぞれの担当者に出力。
一日の業務には必ず「会議」、「事務」、「営業」を組み込みます。
14日を例としますと「営業」担当のCさんが休みの為、Eさんが「営業」担当になります。
17日は「会議」担当のBさんがお休みの為、Aさんが「会議」担当になります。
この様に「休」のセル以外に、担当常務を割り振るプログラムとその担当者が休みの場合に違う担当者が変わりを勤めるプログラムを作成したい内容になります。
また文字の色の条件を「サポート」は赤、「会議」は緑、「営業」は黄色、「事務」は水色と設定をしたいです。
勤務管理表の休みの関係で担当業務の「会議」、「営業」、「事務」を出力した際に重複があった場合はMsgBoxで「重複があります!」のメッセージを。また背景を赤で表示させたいです。

以上が私が構築したいプログラムの内容になります。

tatsu99様 よろしくお願い致します。

tatsu99様 昨日は「VBAシフト表における従業員の固定休のプログラムについて」の件ありがとうございました。
従業員の休みに対応したVBAプログラム、活用させていただいております。
昨日の今日で大変申し訳ないのですが、今回の質問は勤務管理表の休み以外のセルに、設定シートにある従業員の担当業務を勤務管理表シートに割り振りするプログラムについてご教示頂きたく質問致しました。

添付した画像を例に構築したいVBAプログラムをご説明させていただきます。
日にちは14日から一ヶ月とします。
上段の...続きを読む

Aベストアンサー

下記URLに記述しました。
http://climbi.com/b/10180/0
標準モジュールに登録してください。他のマクロとはべつのモジュールに登録してください。

設定シート記入時の条件です。
1)優先1で業務の重複不可
2)優先1=ヘルプの場合、優先2~優先4は空白扱いとする。(設定しても無視する)
3)優先1=サポートの場合、優先2~優先4迄、全て設定してあることが必須。
4)優先1=会議、又は事務又は営業の場合(以降専従要員とする)
  優先2~優先4は設定してもしなくても良い。
  (優先Nが空白の場合、以降の優先の指定は無視する)

業務を割り付けるときの手順です。
空白の欄が割りつけ可能なセルになります。このセルに「休」などの文字が設定されている場合は、業務を割りつけません。
「休」以外の文字も割り付け不能なセルとして扱います。
1)1人出勤の場合、
 会議、事務の何れかが割り付け可能なら、優先順位に従い、どちらかを割り付ける。
 上記以外の場合は、空白を割り付ける。
2)2人出勤の場合
 ①会議及び事務の割り付けが可能なら、以下の方法に従う。
  一方がどちらかの業務しか割り当てられない場合は、その業務を割り当て、他方に別の業務を割り当てる。
  両方がどちらの業務も割り当てられるなら、高い方の会議の優先順位を持つものに会議を割り当て、他方に事務を割り当てる。
  会議の優先が両方同じなら、高い方の事務の優先順位を持つものに事務を割り当て、他方に会議を割り当てる。
 ②上記①ができない場合は、以下の処理をする。
  一方が会議も事務も割り付け不能なら空白とし、残りの他方に1人出勤のケースを適用する。
 (他方は会議、事務、空白の何れかになる)
  上記以外は、以下の処理をする。(両方会議のみ割り当て可能、又は両方事務のみ割り当て可能)
  割り当て可能な業務について高い方の優先順位を持つ方にその業務を割り当て、他方は空白とする。
3)3人出勤の場合
 ①1人がヘルプの場合は、その人に空白を割り当てる。残りの2名については2人出勤のケースを適用する。
  上記で終了
 ②専従要員3人の場合、優先1の業務を3人に割り当てる。
  上記で終了
 ③専従要員2人、サポート要員1の場合
  専従要員2人に優先1の業務を割り当て、残りの業務をサポート要員に割り当てる。
  上記で終了。
4)4人出勤の場合
 ①1人がヘルプの場合は、その人にヘルプを割り当てる。残りの3人は、3人出勤のケースを適用する。
  上記で終了
 ②上記以外(専従員3人、サポート要員1人の場合)
  専従要員3人の場合、優先1の業務を3人に割り当てる。サポート要員にはサポートを割り当てる。
  上記で終了
5)5人出勤の場合
 ①専従要員3人に優先1の業務を割り当てる。サポート要員にはサポートを割り当てる。ヘルプ要員にはヘルプを割り当てる。

不具合があれば、連絡ください。できるだけ対応します。但し、仕様の変更及び追加についてはご遠慮ください。
今回は対応しましたが、今後は私宛に質問&依頼をされましても回答できる保証はありませんのでご了承ください。

下記URLに記述しました。
http://climbi.com/b/10180/0
標準モジュールに登録してください。他のマクロとはべつのモジュールに登録してください。

設定シート記入時の条件です。
1)優先1で業務の重複不可
2)優先1=ヘルプの場合、優先2~優先4は空白扱いとする。(設定しても無視する)
3)優先1=サポートの場合、優先2~優先4迄、全て設定してあることが必須。
4)優先1=会議、又は事務又は営業の場合(以降専従要員とする)
  優先2~優先4は設定してもしなくても良い。
  (優先Nが空白の場合、以...続きを読む

Q[VBA] 変数を使いたいです。

すいません教えてください。
以下3つの変数があります。

ARG1 = "a"
ARG2 = "b"
ARG3 = "c"

これを

For i = 1 To 3
 MsgBox ARGi
Next

みたいに表示させたいんですけど
何かいい方法ありますか?

Aベストアンサー

こんにちは!

一例です。

Dim i As Long, myAry As Variant
myAry = Array("a", "b", "c")
For i = 0 To UBound(myAry)
MsgBox "ARG" & myAry(i)
Next i

こんな感じではどうでしょうか?m(_ _)m

QExcelのマクロについて

改ページごとの最終セルを取得し、それらに連番でページ番号を割り付けたいのですが上手くいきません。
またシートごとの先頭ページ番号を指定するセルもシート内に作成したいです。
例えば1ページ目のA1セルに7が入力されている場合は、1ページ目の最終セルに7、2ページ目に8と入力していき、そのシートの最終ページまで同じ作業を繰り返し改ページがなくなれば終了・・・といった流れです。

Aベストアンサー

>こちらのマクロでは改ページの最初のセルにもページ番号が振られてしまいます。
> 振るのは改ページごとの最終セルだけなのですが

そうだったのですか?
読んでいませんでしたが、資料という文字がついている片方を取り去ればよいだけでは?

Range("AN1").Value は、数字のみです。
---------------------------
rec = Range("AN1").Value
If rec = 0 Then MsgBox "AN1 に、初期値が入っていません", vbCritical: Exit Sub
'Cells(1, 1).Value = "資料 - " & CStr(rec) '削除

For i = 1 To PageCount \ VRetPage
Page = .ExecuteExcel4Macro("INDEX(GET.DOCUMENT(64),1," & i & ")")
 Cells(Page - 1, 1).Value = "資料 - " & CStr(rec) '★加筆
 If PageCount \ VRetPage = i Then Exit Sub '最後は番号を振らない
 'Cells(Page, 2).Value = "資料 - " & CStr(rec + 1) '削除
 rec = rec + 1
Next
End With
End Sub

>こちらのマクロでは改ページの最初のセルにもページ番号が振られてしまいます。
> 振るのは改ページごとの最終セルだけなのですが

そうだったのですか?
読んでいませんでしたが、資料という文字がついている片方を取り去ればよいだけでは?

Range("AN1").Value は、数字のみです。
---------------------------
rec = Range("AN1").Value
If rec = 0 Then MsgBox "AN1 に、初期値が入っていません", vbCritical: Exit Sub
'Cells(1, 1).Value = "資料 - " & CStr(rec) '削除

For i = 1 To PageCount \ VRet...続きを読む

Q【VBA】 for next 繰り返し処理の入れ子の処理速度について

こんにちわ
マクロを作成しております。
入れ子した繰り返し処理に躓いております、
もしよろしければ高速化のアドバイスをいただければと思います。


B2から下方向に値をいれております。
C1から横方向に同じ値をいれております。
B1-C1,B1-D1,B1-E1・・・最終まで
、というようにリーグ戦の総当たり結果表のような
結果を出力しようとしています。
値は数値で差分を整数で出すだけで、
重複した結果は不要ですので階段状に出力させています。

B列70行程で処理に40秒程かかってしまう状態です。
何か余計な処理や修正したほうがよさそうな箇所ははありますでしょうか?

excel2013
win8 メモリ4G

_______________
Sub test3()

Dim sh As Worksheet
Dim m As Long, i As Long, j As Long

Application.ScreenUpdating = False '非表示

Set sh = Worksheets("test")

m = sh.Cells(Rows.Count, "B").End(xlUp).Row

For i = 1 To m - 1
For j = i To m - 1

sh.Cells(j + 1, i + 2) = _
Application.WorksheetFunction.RoundDown( _
Abs(sh.Cells(1, 2).Offset(i, 0).Value - sh.Cells(1, 2).Offset(0, j).Value), 0)
      ’小数点切り捨てなど入れてます。
      ’単純にi+jにしても処理時間は変わりませんでした。
Next j
Next i


End Sub
_______________

以上です、よろしくお願いします。

こんにちわ
マクロを作成しております。
入れ子した繰り返し処理に躓いております、
もしよろしければ高速化のアドバイスをいただければと思います。


B2から下方向に値をいれております。
C1から横方向に同じ値をいれております。
B1-C1,B1-D1,B1-E1・・・最終まで
、というようにリーグ戦の総当たり結果表のような
結果を出力しようとしています。
値は数値で差分を整数で出すだけで、
重複した結果は不要ですので階段状に出力させています。

B列70行程で処理に40秒程かかってしまう状態です。
...続きを読む

Aベストアンサー

コードをそのままで、B列200行程度実行しても一瞬で終わります。

コードの問題では無いですね。
PC環境かエクセルの問題だと思います。

そもそも、そのエクセルに直接文字入力した場合、入力の度に待たされる事は有りませんか?

QVBA array()関数 配列の使い方について

VBAを学習しており、最近配列という仕組みを知り勉強中です。

array関数の使い方をいくつかサイトを見て回っているのですが、
実務として理解するのに躓いております。

要素の追加は直接指定しかないのでしょうか?
要素が多数ある場合などの使用例がわかりません。
ループやリスト参照等で格納することは可能なのでしょうか?
それとも他の関数を使用するのでしょうか?

Dim A As Variant
A = Array(10,20,30) ’・・・・100までなど多数の場合は?
B = A(2)

Aベストアンサー

No2です。
Array関数を使うのは、配列を作るときに、同時に初期値(配列の内容)も生成したい場合です。
従って、100個のデータを全て指定するのは、余り実用的ではありません。
従って、配列の要素の数が少なく、しかも、配列生成時に、同時に初期値も格納したい場合のみ、Array関数を使うべきです。
そうでないなら
Dim A(100) as String
Dim B(1000) as Long
のように配列を宣言すべきです。
尚、配列の要素数が事前に決められない場合は、
(例えば、テキストファイルを読み込み1行を1つの要素に格納したい場合、それが何行あるかは、ファイルを読み込んでみないと判らない)
Dim C() as Stringのように()内に数値を記入しないで宣言します。
(この使い方はテクニックが多少必要なので自分で調べてください。それでも判らない場合は質問してください)

QEXCEL VBAとワークシート関数の混同は邪道なのでしょうか?

前任者が作成したEXCELファイルがあります。

VBAとユーザーフォームを作成して、ACCESSのようにまったくEXCELを知らない人でもルーティン作業ができるようになっています。
ただACCESSと違って、それを修正するのが大変です。
項目が1列又は1行増えるだけで、修正する箇所が何箇所も出てきます。

そこで少し作り変えようと思っているのですが、VBAと関数の混同は良くないのでしょうか?
① Application.WorksheetFunction.sum ではなく、
② シート作業列にSUM関数を入れる
②の場合では、他のモジュールやフォームからも参照できます。
又、変更するたびに①を実行させる必要もありません。

VBAとシート上の関数の混同は不都合はあるのでしょうか?
教えて下さい。

Aベストアンサー

「VBAとワークシート関数の混同は邪道」ではないと思います。

ただ次の点を注意する必要があるかと思います。

1.一番大きいのは「処理速度」です。
 ・セルに計算式を設定されていると、EXCELはセルに値を設定するごとに【再計算】が行われしまうことが、処理速度が大幅に低下
  することがあります。
  そのため、プログラムを実行する場合【自動計算】を一時的にストップさせています。
   Application.Calculation = xlManual
   ※処理完了後は「Application.Calculation = xlAutomatic」にします。
 ・ただ注意しないといけないのは「計算を手動」にした場合、関数で計算した値をプログラムで参照したい場合【再計算が必要】かも
  知れません。そのときは一時的に再計算をした方が間違いないかと思います。
   Range("B12").Calculate  … 特定セルだけ再計算
   Worksheets(1).Calculate  … 特定シートだけ再計算
   Application.Calculate    … 開いているすべてのブックを再計算

2.処理ロジック
  上記1.のように「再計算」を都度行う必要がある場合、漏れなく(ミス無く)対応が必要です。
  そのため、過去のプログラムを修正する場合はミスが無いようにしっかりとプログラム内容を理解することが求められます。
  ※しっかりテストすれば良いのかも知れませんが…

3.セルにプログラムで毎回計算式を設定するのなら…
 もしプログラムでセルに毎回計算式を設定するのなら「Application.WorksheetFunction」で計算した方が良いかも知れません。
 初めから計算式を設定するのなら「ユーザに式を触らせないようにシート保護」した方が良いかと思います。
 その場合、プログラムでセルに値を設定する場合、セルに書き込みできるように「シートの保護解除」等が必要になります。

◆VBAとワークシート関数の混同は邪道ではないですが、色々な問題点を意識して、プログラムを作成しないと思わぬ所で
 落とし穴があるかも知れませんので注意が必要ですね。

色々と大変だと思いますが頑張ってください。

「VBAとワークシート関数の混同は邪道」ではないと思います。

ただ次の点を注意する必要があるかと思います。

1.一番大きいのは「処理速度」です。
 ・セルに計算式を設定されていると、EXCELはセルに値を設定するごとに【再計算】が行われしまうことが、処理速度が大幅に低下
  することがあります。
  そのため、プログラムを実行する場合【自動計算】を一時的にストップさせています。
   Application.Calculation = xlManual
   ※処理完了後は「Application.Calculation = xlAutomatic」にしま...続きを読む

QVBA、マクロについて、どなたか知恵をお貸し願います!

VBA独学中の初心者です。
ある問題に躓いており、どうしても動かない部分があるため、皆様のお力添えをいただきたいです。
説明が稚拙で分かりづらいかもしれませんが、宜しくお願いいたします。

① 2つのbook(book1/book2)があるとし、登録したマクロはbook2に設置する。
book2のsheet2に以下のような表を作る。
 ※枠線がズレてしまっていますが、それぞれが1つのセルと考えてください。
  人物・情報と入力されたセルは見出しです。
  また、1人の人物のデータに対し、その人の情報が3つあるとします。
  
______________
|人物   |   情報   |
_______________

|B君 |  |  |  |
_______________
|C君   | | | |
_______________
|A君 | | | |
_______________


② book1のsheet3に、同じ表があるとする。ただし、情報のセルは記入されている。
 
________________
|人物   |   情報     |
_______________

|A君 |長男|中学生|14歳|
_______________
|B君   |次男|小学生|10歳|
_______________
|C君 |長男|高校生|16歳|
_______________

③book2に設置しているマクロを実行すると、book1/sheet3のデータを読み込み、book2/sheet2の該当する人物のデータに表示されるようにする。但し、①②をみてわかるように、人物の名前の順番は同じではない。



・・・というものです。
最初に作ったプログラムでは、以下のように考えました。

book1/sheet3のUsedRangeから”A君”という文字列を

Set A君1 = Cells.Find(what:="A君", lookat:=xlPart)
で探し、
Selection.Offset(Columnoffset:=1).Select
で1つとなりのセルをActiveにし、
そのActivecellを"A君情報1"という変数にし、Do loopを使ってbook1/sheet3の"情報"セルがが空白になるまで1つずつ右に移動/変数を設定し、その値をbook2/sheet2の該当セルに代入していく・・・・(book2/sheet2の表からも、同じ工程で"A君"を探し、隣のセルに変数を設定する)というものです。そして、C君までの情報を全て出力し終えるというプログラムを作りたいのです。

ちなみに、book2からbook1の呼び出しはできました。

以下が作ってみたプログラムです。↓




'型があっていないとエラーになるため、とりあえずすべてVariant型にしています
Dim SorceFile As Variant, OpenFile As Variant
Dim A君1 As Variant, B君1 As Variant, C君1 As Variant
Dim A君情報1 As Variant, B君情報1 As Variant, C君情報1 As Variant
Dim A君情報2 As Variant, B君情報2 As Variant, C君情報2 As Variant

'現在開いているbook2の名前をSorceFileという変数にする
Set SorceFile = ThisWorkbook
'ファイル(book1)を選択して開く
OpenFile = Application.GetOpenFilename
If OpenFile <> fales Then
Filename = Dir(OpenFile)
MsgBox Filename
Workbooks.Open OpenFile
Else
MsgBox "キャンセルされました"
End If

'開いたファイル(book1)から、"A君"という文字列を探す。見つかったら、1つ隣のセルに移動し、"A君情報1"という変数を設定する。
ActiveSheet.UsedRange.Select
Set A君1 = Cells.Find(what:="A君", lookat:=xlPart)
A君1.Select
A君1.Offset(columnoffset:=1).Select
A君情報1 = ActiveCell

'マクロが設置されているbook2をアクティブにし、同様に"A君"という文字列を探す。見つかったら、1つ隣のセル(空白)に移動し、その空白のセルに"A君情報2"という変数を設定する。
ThisWorkbook.Activate
ActiveSheet.UsedRange.Select
Set A君2 = Cells.Find(what:="A君", lookat:=xlPart)
A君2.Select
A君2.Offset(columnoffset:=1).Select
A君情報2 = ActiveCell




・・・と、ここまではステップインをしながら変数の値を確認できています。、
このあとbook2の空白のセル"A君情報2"にbook1の"A君情報1"の値を代入したいのですが、

ThisWorkbook.Worksheets("sheet2").A君情報2.value = Workbooks(SorceFile).Worksheet("sheet1").A君情報1.value

↑ではコンパイルエラーになります。book2の表、A君の空白の情報で"長男"~"14歳"まで、book1から抽出/出力ができたら、次はB君C君・・・としていきたいのですが、「型が一致しない」や「インデックスが有効範囲にありません」となってしまいます。
この値だけ代入することができれば、私の力でもプログラムを最後まで作成することができるのですが・・・

分かりづらく、しかも玄人の方からすれば何だこのマクロは!!となるかもしれませんが、
どうかアドバイスの程、宜しくお願いいたします。

VBA独学中の初心者です。
ある問題に躓いており、どうしても動かない部分があるため、皆様のお力添えをいただきたいです。
説明が稚拙で分かりづらいかもしれませんが、宜しくお願いいたします。

① 2つのbook(book1/book2)があるとし、登録したマクロはbook2に設置する。
book2のsheet2に以下のような表を作る。
 ※枠線がズレてしまっていますが、それぞれが1つのセルと考えてください。
  人物・情報と入力されたセルは見出しです。
  また、1人の人物のデータに対し、その人の情報が3つあると...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。

要するに、ソースファイル(データファイル)から情報を取り出す内容なのですね。
それをあえてFind メソッド指定なのかな?

>ActiveSheet.UsedRange.Select
だったら、以下は、Cells ではなくて、Selection でしょうね。

> Cells.Find(what:="A君", lookat:=xlPart)
なぜ、xlPart になっているのでしょうか?表記の乱れがあるということでしょうか?
変数の使い方とか、初歩的なところがまだ出来ていません。

>玄人の方からすれば何だこのマクロは
Findメソッド は、常連さんの某氏の専売特許のようなものですが、私だと、配列からMatch関数を利用しいるのだろうとは思います。玄人的なら、ADODBでしょう。ファイルを直接開けないで可能だからです。もちろん、Excel関数での処理もありますが、あまり格好がよくありません。

私が書くと、こんなコードにしてしまいます。

person info1 info2 info3
A君 長男 中学生 14歳
B君 次男 小学生 10歳
C君 長男 高校生 16歳
D君 三男 大学生 18歳 * 新たな情報が加わった場合も、D君のものだけを取るようにしています。

一旦取得した後に、D君の資料を取り寄せる
B君 次男 小学生 10歳
C君 長男 高校生 16歳
A君 長男 中学生 14歳 
D君 



'//標準モジュール
Sub GetDataAll()
 Dim wb1 As Workbook 'データのソースファイル
 Dim AcSh As Worksheet 'アクティブシート(データを受け取る側)
 Dim c As Range
 Dim r As Range
 Dim startRw As Long '検索文字列の最初の行
 Dim FindArea As Range 'データ・ソースの被検索場所
 Const FNAME As String = "myDATABook.xlsx" 'Thisbook と同フォルダーのファイル名
 Set AcSh = ThisWorkbook.Worksheets("Sheet2")
 
 On Error GoTo ErrHandler
 Set wb1 = Workbooks(FNAME) 'オブジェクトとして認識できるか?できなければ、ErrHandlerに飛ぶ
 
 Set FindArea = wb1.Worksheets("Sheet1").Columns(1) 'ソースファイルの1列目を検索
 With AcSh
  Application.Goto AcSh.Range("A1") 'データをインポートするシートに戻る

  'データに空きがないか調べ、データ検索の初期値の行を求める
  If .Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row > .Cells(Rows.Count, _
    2).End(xlUp).Row Then
    startRw = .Cells(Rows.Count, 2).End(xlUp).Row + 1
  Else
    MsgBox "データの取得の必要がありません。", vbExclamation
    Exit Sub
  End If
  
  '単語検索は、ワイルドカードを加える, c.Value & "*" ->LookAt:=xlWhole となる
  For Each c In .Range(.Cells(startRw, 1), .Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp))
   If c.Value <> "" Then
    Set r = FindArea.Find(What:=c.Value & "*", LookIn:=xlValues, _
      LookAt:=xlWhole, SearchOrder:=xlByRows, MatchCase:=False, _
      MatchByte:=False)
    If Not r Is Nothing Then
     '配列の受け渡し(非推奨)
     c.Offset(, 1).Resize(, 3).Value = r.Offset(, 1).Resize(, 3).Value
    End If
   End If
  Next
 End With
 Exit Sub
ErrHandler:
 'エラーの発生の場合
 If Err.Number = 9 Then
  If Dir(FNAME) <> "" Then
   Workbooks.Open FNAME
   Resume 'エラーを発生した所まで戻る
  Else
   MsgBox "ファイルが見つからないか、パスを指定してください。", vbExclamation
   Exit Sub
  End If
 Else
  MsgBox Err.Number & " :" & Err.Description & " :" & Erl
 End If
End Sub

'//

 '配列の受け渡し
 c.Offset(, 1).Resize(, 3).Value = r.Offset(, 1).Resize(, 3).Value

入門・初級レベルでは、Copy メソッドのほうが良いでしょう。
r.Offset(, 1).Resize(, 3).Copy c.Offset(, 1)

こんばんは。

要するに、ソースファイル(データファイル)から情報を取り出す内容なのですね。
それをあえてFind メソッド指定なのかな?

>ActiveSheet.UsedRange.Select
だったら、以下は、Cells ではなくて、Selection でしょうね。

> Cells.Find(what:="A君", lookat:=xlPart)
なぜ、xlPart になっているのでしょうか?表記の乱れがあるということでしょうか?
変数の使い方とか、初歩的なところがまだ出来ていません。

>玄人の方からすれば何だこのマクロは
Findメソッド は、常連さんの某氏の専売特許の...続きを読む

Q【VBA】IF文 複数(ネスト)の時の処理について

こんにちは。
if文についておしえてください。
以下のようなマクロがあるとします。

変数 tensuuに-1をいれて実行すると①→②のように動作し「入力エラー」と表示されます。
tensuuに120を入れて実行すると①´→②´の順に動作し「入力エラー1」と表示されます。

どして、-1のときは入力エラー1にはいかず入力エラーにいくのでしょうか?
120のときは入力エラーにはいかず入力エラー1にいくのでしょうか?

動きがよくわかりません。
IF文とELSEはどういう紐づけがされているのでしょうか?

よろしくおねがいいたします。
   
Sub t()
tensuu = -1
If tensuu >= 0 Then '①
If tensuu <= 100 Then '①´
If tensuu >= 80 Then
MsgBox "合格"
Else
MsgBox "不合格"
End If
Else
MsgBox "入力エラー1" '②´
End If
Else
MsgBox "入力エラー" '②
End If
End Sub

こんにちは。
if文についておしえてください。
以下のようなマクロがあるとします。

変数 tensuuに-1をいれて実行すると①→②のように動作し「入力エラー」と表示されます。
tensuuに120を入れて実行すると①´→②´の順に動作し「入力エラー1」と表示されます。

どして、-1のときは入力エラー1にはいかず入力エラーにいくのでしょうか?
120のときは入力エラーにはいかず入力エラー1にいくのでしょうか?

動きがよくわかりません。
IF文とELSEはどういう紐づけがされているのでしょうか?

よろし...続きを読む

Aベストアンサー

If 〜 Then 〜 Else 〜 End If
で1セットです。

ネスト(入れ子)になったIF文というのは、 Then 〜 とか Else 〜 の〜の部分にIf文がくるものです。
ですから、外のIfを越えてしまうことはありません。
よって、一番内側から見ていけば、構造がはっきりします。


一番内側から見ます。

If tensuu >= 80 Then
MsgBox "合格"
Else
MsgBox "不合格"
End If

が1セットです。
これを 「文1」とすると元のプログラムは

If tensuu >= 0 Then '①
If tensuu <= 100 Then '①´
「文1」
Else
MsgBox "入力エラー1" '②´
End If
Else
MsgBox "入力エラー" '②
End If

となります。この状態で「一番内側」を見ると

If tensuu <= 100 Then '①´
「文1」
Else
MsgBox "入力エラー1" '②´
End If
です。これを「文2」とすると

If tensuu >= 0 Then '①
「文2」
Else
MsgBox "入力エラー" '②
End If


余談ですが
この例の場合、外側2つは、判定内容と処理とが離れてしまい、見辛いのは確かです。
if 条件 Then A Else B は if not条件 Then B Else A と同じ、ということから、Thenでの処理とElseでの処理を入れかえれば、
条件の直ぐ下の処理が来るので、見易さが格段によくなります。

If tensuu < 0 Then '① ' tensuu<0 は not (tensuu>=0)と同じ
MsgBox "入力エラー" '②
ElseIf tensuu > 100 Then '①´
MsgBox "入力エラー1" '②´
ElseIf tensuu >= 80 Then
MsgBox "合格"
Else
MsgBox "不合格"
End If ' ElseIfで継いでいるので、ネストにはなっていない

If 〜 Then 〜 Else 〜 End If
で1セットです。

ネスト(入れ子)になったIF文というのは、 Then 〜 とか Else 〜 の〜の部分にIf文がくるものです。
ですから、外のIfを越えてしまうことはありません。
よって、一番内側から見ていけば、構造がはっきりします。


一番内側から見ます。

If tensuu >= 80 Then
MsgBox "合格"
Else
MsgBox "不合格"
End If

が1セットです。
これを 「文1」とすると元のプログラムは

If tensuu >= 0 Then '①
If tensuu <= 100 Then '①´
「文1」
Else
MsgBox "入力エラー1" '②´
...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報