ID登録せずに、無料で質問できる♪ 教えて!gooアプリ>>

大学受験ではレベルの高いところではなかったです。DUO3.0を大体覚えたくらいでそれ以外の単語帳はやってません。過去問をみると、[in conjunction with] [exacerbate][deprivation][dissipative]といった単語レベルでweblioでみると英検1級、準1級以上とかTOEIC950以上レベルと書かれています。

これらの対策として、英検用の単語帳をやるべきなのか、toeic用の単語帳をやるべきなのか、はたまたamazonで見ていたら『院単―大学院入試のための必須英単語1800』(人文系の大学院向けらしいです)なるものがありました。

経験者の方や英語に詳しい方お願いします。

A 回答 (2件)

>過去問をみると、[in conjunction with] [exacerbate][deprivation][dissipative]といった単語レベルで



ポイントは、それらの単語が理解できなければその問題は決定的に解けないのか、ということです。
知らない単語がいくつかあっても、前後の文脈から推測して「だいたいこんな意味だろう」と読めて、だいたい正解に近い解答が導き出せるのであれば、難度の高い単語の存在はさほど気にする必要はないでしょう。
ただし、過去問の文章を読んでみて、内容がサッパリ掴めず、解答を作成するのに困るほどの「知らない単語」が存在するのであれば、それは克服する必要があります。

私は自分の院試のときに(4年前の)大学受験で使用した、いわゆる文系難関大学向けの単語集を引っ張り出してきて、おさらいしました。というか、その頃は院試向けの英単語集なんて存在しませんでしたから。大学院のレベルにもよりますが、英文専攻でないのなら、少なくともその大学の学部入試の英語の出題レベルはクリアしておけばなんとかなるかなーと。
実際の院試では、知らない単語もちょこちょこ出てきましたが、重要なのは単語レベルの理解よりも、文章のテーマや、文法(構文)のほうだと思いました。難しいなーと思って読み進めていったある段階で、「あ、これは有名な某作品の原文だ」と気づいたら、わからなかった単語の推測が楽になったり。単語としては簡単な「it」とか「I」が何を指しているのか、そういう内容的・構文的なレベルで難しい文章というのも存在しますが、それもその文章のテーマや背景を知っていれば、するすると理解できる、なんてこともありますしね。

人文系の院試だと、文学や哲学・思想系の出典が多いかと思いますので、英検、TOEICの目安だと難度が高めの単語が多い、という傾向はあるでしょうね。
英文以外の専攻であっても、院生になれば英語の文献や論文を参照しなければならない場面は増えます(日本文学や日本史であっても、海外の動向は無視できません)。いま、クリアするべきレベルを高めに設定しておいたほうが、後々、苦労が減りますよ。院に入ってから、専門分野と並行して英語を勉強するのは面倒だし大変ですからね。
    • good
    • 1

あなたは大学受験に侵されて居る様に感じます。

理工医農などでは有名な雑誌を読むだけですが、人文は巨大な著作をバリバリ読むしかありません。私は人文をほとんど知りませんが、過去百年のやたらに大きな、あるいは著名な書物が読めなくては「お話にならない」ので、単語帳にこだわらないで下さい。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国立は、大学だけでなく大学院も安いですか? 院試は内容は違いますけどやはり大学入試と同じようなレベル

国立は、大学だけでなく大学院も安いですか?
院試は内容は違いますけどやはり大学入試と同じようなレベルでしょうか?

Aベストアンサー

安いです。院試は入試よりよっぽど簡単、もちろん「専門分野」が全体の半分を占め、学部の試験と同じレベルですから「素人」には無理です。

Q修士論文(文系)の執筆期間と就活について

今修士2年に在籍している者です。
就活に今まで専念してきましたが、情けないことに20社以上落ち、また修論の執筆内容すら決まっておらず、どうしたらいいか混乱しています。
内容も決まっていないのに5ヵ月近くで書き上げられるのか、それに終わりの見えない就活に毎日不安で押し潰されそうです。

修士で就活や修論で苦労された方、就活での実体験を踏まえたアドバイスや修論との両立の方法、修論執筆期間(内容、構成ぎめから)など、教えていただけたら幸いです。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

今まで就活に専念してきたってことは、その期間、修士2年間のうちの貴重な数ヶ月の間、何も研究していなかったってことですよね。
学部の卒論・就活と同じ感覚でいると、就活も論文もアウトでしょうねえ。
何も最短2年で論文提出しなくてもいいんですよ。修士号は、本来は、修士のレベルにある人にしか授与されるべきでないのですから。そのレベルに達していないと自分で判断できるなら、修論提出を1年遅らせればよろしい。
修論はなんとか出せたとして、就職が決まらなければ、聴講生や研究生でもして大学院に籍を置いておけばよろしい。
それが嫌なら、こんなところで愚痴をこぼしていないで、無理でも必死に、できるところからやるしかありません。

あなたの周辺には、同じように就活と修論の両方を抱えている人は皆無なのですか。
身近に両立している人が居るのなら、恥を忍んででも、同じ大学院の身近な人のやり方を参考にするのが一番ですよ。

「両立の方法」と言いますが、あなたは既にそれが有効に働く時期を過ぎているでしょう。
両立している人は、就活を優先しつつも、定期的に研究室に顔を出すとか、一日何時間とか週何回とか大学で先行研究を調べたり読んだりするとか、短くても継続的に修論のための時間を確保するようにしています。そうやって、遅くともこの時期までにはテーマや論文の大まかな構想を描いておいて、就活が落ち着いたところで一気に「やると決めていたこと」を実行に移せるように、じわじわと準備をしています。
あなたは今までそれをやってこなかったようですから、今更「両立の方法」を知ったところで、通常の両立方法では間に合いませんよ。就活も修論も、どちらも崖っぷち状態まで来ているのに、これまでに費やした時間分の結果を残していないんですから。

就職する気があるなら、なぜ20社落ち続けているかの分析を客観的に行う必要があります。あなたの大学に就職サポートセンターのようなものがあるならば、すぐに就活カウンセリング等を申し込んで、自分の就活のどこがいけないのか、第三者からの分析をしてもらいましょう。
修論については、こんな匿名のネットQ&Aで相談することではなく、指導教員や同じゼミの先輩に相談するべきことでしょう。ここで適当な・一般的なアドバイスを受けたところで、指導教員がウンと言わなければ通らないのが修論ですよ。
そういう根本的なところで「掛け違え・考え違い」をしているのが、就活や修論でうまくいっていない要因じゃないかという気がするのですが。

今まで就活に専念してきたってことは、その期間、修士2年間のうちの貴重な数ヶ月の間、何も研究していなかったってことですよね。
学部の卒論・就活と同じ感覚でいると、就活も論文もアウトでしょうねえ。
何も最短2年で論文提出しなくてもいいんですよ。修士号は、本来は、修士のレベルにある人にしか授与されるべきでないのですから。そのレベルに達していないと自分で判断できるなら、修論提出を1年遅らせればよろしい。
修論はなんとか出せたとして、就職が決まらなければ、聴講生や研究生でもして大学院に籍...続きを読む

Q文系学部から理系大学院への受験

文系学部から理系大学院の受験についてお聞きしたいです。
現役地方国公立大学の工学部に入学し2年間在籍し単位を全て取った状態で退学した後別の国公立大学の文系学部に入学しました。
今年、今の大学で2年生になるのですが進路について考えており文系学部から理系大学院への入学を選択肢に入れようか悩んでいます。
一応前の大学で学んでいた分野の大学院に行きたいのですが、そもそも大学で学んでいる分野が違うから予備校に通うべきなのかそれとも大学院の過去問を取り寄せて自分で勉強するべきなのか迷っています。
よければ教えてください。

Aベストアンサー

理系の大学院卒ですが、文系事情や文系からの理科系転向についてはあまり知らないのであくまで参考程度に

理系であれば、事前の研究室訪問はほぼ必須です
大学によっては院の説明会があり、その後研究室訪問の時間を設けているところもあります
なければHPなどから自分でアポをとる
そこで色々相談してみると良いと思います

過去問などはそこでもらえることも多いですし、(もちろん教授によってはもらえない場合もある)
入試対策なども聞けば教えてくれたりします

推薦については…、よく分かりませんが自分の大学の院に進むのでない限り無いのではないでしょうかね
(ちなみに私も理系の大学から、別の理系大学に進学しました)

とにもかくも、行きたい研究室に訪問するのは必須ですので、
そこでかしこまらず本音で色々相談してみたらよいと思います

Q大学生でレポート書けという課題出ますが、内容が専門的でこんな大学生が考えたくらいで素敵な結論かけると

大学生でレポート書けという課題出ますが、内容が専門的でこんな大学生が考えたくらいで素敵な結論かけるとも思えませんし、何千文字も無理で、参考文献で引っ張ってくる文章を書くのですが、大学生って勉強を知識をこのように学ぶもんなんでしょうか?

Aベストアンサー

工学系の学生さんの場合,式と図と表がほとんどで日本語の文章の無いレポートが大半ですが,それを教員は求めているわけではありません。得られたデータと,教室で学んだ理論と,参考文献から得られる反論なりを合わせて,自分が正しいと思う(もちろん裏づけのある)結論までを「論理的な文章」で書く練習をするのがレポートです。で,文系の場合も多分含めて,講義のレポートや宿題の場合は結論は,ま,わかっていることが多いですが,卒論やら就職したあとの報告書等では,結論はもしかすると唯一ではないわけです。卒論やら学位論文はまさにそうです。テーマを助言した教員は「多分,こんな風な結論が出るかなぁ」と思ってはいますが,それは教えません。学生さんは,それとは独立して自分の頭で論理的に考えた結論を教員に提示するわけです。それが教員の推測と違っていたときが,大学の教育・研究の場では最も楽しい時間になります。教員も「え,なぜなんだろう」とか考えるわけです。ま,正直,最初は学生さんが疑われますが,実は学生さんの方がよさそうなことがあるわけです。で,論文にすると,結構受けたりする・・・てのが大学での勉強と研究ですね。日本語で,他人に誤解無く,かつ論理的に,反論を可能な限り抑えた文章を書くというのが,大学のレポートかもしれません。就職してからも同じですぅ。

工学系の学生さんの場合,式と図と表がほとんどで日本語の文章の無いレポートが大半ですが,それを教員は求めているわけではありません。得られたデータと,教室で学んだ理論と,参考文献から得られる反論なりを合わせて,自分が正しいと思う(もちろん裏づけのある)結論までを「論理的な文章」で書く練習をするのがレポートです。で,文系の場合も多分含めて,講義のレポートや宿題の場合は結論は,ま,わかっていることが多いですが,卒論やら就職したあとの報告書等では,結論はもしかすると唯一ではないわけ...続きを読む

Q私立大学の文学部在学で、教職志望です。 先日大学のガイダンスで教育学部ではないためか教員になるために

私立大学の文学部在学で、教職志望です。

先日大学のガイダンスで教育学部ではないためか教員になるためには大学院に通うことを勧められました。(大学在学中に教員免許は取得できます。)

大学の言う通りに大学院に行く方が良いのでしょうか?

私立大学に通っているため正直お金が厳しいです。大学院に行くとなると今以上に厳しくなると予想されます。

また、せっかく大学院に行くなら今通っている大学の大学院より教育系の大学院に行きたいなとも思います。他大学の大学院に行くことは難しいことなのでしょうか?

大学院に進むことは全く考えていなかったため、どうすれば良いか分かりません。

アドバイスお願いします

Aベストアンサー

4年間で教員免許が取得できるのなら、大学4年生のときに教員採用試験を受けて、それで合格したら、教員になればいいんです。
もし4年生の教員採用試験で不合格だったら、大学院進学を考えても良いかも知れませんが(先週免許が取れます)、別に大学院に進学せず、教採浪人している人はたくさんいます(というかそのほうがほとんど)。採用試験にダメだった時点で、講師登録したり、ツテを頼って非常勤講師の口を探したり、そうしながら翌年の採用試験に再チャレンジする人がほとんどです。

いま、教育系の大学院、特に教職大学院はどこも定員割れで起こしていて、必死ですからね。
大学側としては、大学院の存在を知らない学生に大学院を宣伝して、余裕のある学生が「あ、大学院に行ってもいいな」と思ってくれたら儲けもん、くらいで言っているかもしれませんよ。

Q神戸大学から大学院に進学とするなら、どこになりますか? (神戸大学の大学院を除く) 理系です。 研究

神戸大学から大学院に進学とするなら、どこになりますか?
(神戸大学の大学院を除く)
理系です。

研究テーマが共通していれば、神戸大学大学院ではなくとも、よその大学院でも入学できる、と聞きました。

大学のホームページをみても、進学先は大学院、との表示のみで、各々の大学院の名称がわかりません。

どなたかご存知の方、教えていただけると助かります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一般的な雑学であれば、
NAVER様のご紹介記事に書かれた記事(大学なんでもランキング:2016年6月27日 officemiyajima様より)によれば、他大学から、名門大学院に進むことを、学歴ロンダリングというのだそうです。(通称ロンダ)
詳しくは、以下の通りです。➡大学何でもランキングまとめ - NAVER まとめ https://matome.naver.jp/odai/2139380407255961501 但し専攻はわかりませんので、文学部その他の学部も含まれています。

これによれば、
京都大学大学院には49人
北大には3人
名大には5人
大阪大学は22人となっています。

******************************************
実際には、私学も外国の大学もいろいろとあると思います。
人数からは、推薦も含め、神戸大の大学院を目指される方が多いと思いますが。

そもそも、あなたが、神戸大学で、本当に理系の大学生であれば、卒論の指導教官や研究室やサークルの先輩に相談されるのが、現実的でしょうね。その道にあったもの、何か特別に期待されているものがあれば、それなりの具体的な情報も、先輩や先生から、伝えられると思うのですが....
特に、4年になれば、いろんな話が聴ける環境は、いくらでもあるので。

他大学に希望なさる時、その手掛かりが得られないまま、他大学の話ばかりされる場合には、ご自身の成績と見比べて、それなりの道をお考えになられるのが、賢明だと思います。

また、一般的なリベンジ方法としては、大学院入試の予備校に通う方もおられるようですよ。

さらに、企業に就職をなさり、生涯をかけて、よりよい人生を歩まれる方もおられますので。
何が幸せかは、人生、終わる頃にしかわかりませんので。

より有益な回答を得られるようにするためには、内部者に聞くことが妥当だと思います。

一般的な雑学であれば、
NAVER様のご紹介記事に書かれた記事(大学なんでもランキング:2016年6月27日 officemiyajima様より)によれば、他大学から、名門大学院に進むことを、学歴ロンダリングというのだそうです。(通称ロンダ)
詳しくは、以下の通りです。➡大学何でもランキングまとめ - NAVER まとめ https://matome.naver.jp/odai/2139380407255961501 但し専攻はわかりませんので、文学部その他の学部も含まれています。

これによれば、
京都大学大学院には49人
北大には3人
名大には5人
大...続きを読む

Q他大学の大学院への進学

自分は理系の地方公立大学の4回生です。
大学院進学を希望して勉強してきましたが、第一希望の大学院に4月中に見学に行かせて頂こうと3月末にメールし、4月上旬に教授から日程を送るから時間が欲しいと言われ1ヶ月経ちます。このような事は普通なのでしょうか。それとも暗に来るなという意思表示をされているのでしょうか。

別件でもう一つ質問をさせていただきます。
友人から「他大学の院に行くなら博士まで行くのは当然だ」と言われました。自分は修士のみ第一希望の院で学ばせて貰って就職しようと思っていたのですが、自分の考えは甘えた考えなのでしょうか。

どちらか片方のみでも構いませんので回答、アドバイス等よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

教授があなたに来てもらいたくないと思っているなら「日程を送るから時間が欲しい」というメールをいちいち送ってきたりはしないでしょう。十中八九、忘れています。年度末、年度初めは書類仕事が多くて忙しいのです。「先日の件いかがでしょうか」とリマインドメール送ればいいです。

修士で出ることについては、あなたがそう希望するならそれでいいかと思います。

ご友人の言うことにも一理あって、というのは教授の側から見れば、外の大学から来て修士で出ていく学生ってのは、意地悪く表現すれば「お客さん」です。

理系分野で教授にとって大学院生とは、自分が構想した研究を実際に進めてくれる大事な戦力です。両者は指揮官と兵士、監督とプレーヤーの関係です。しかし修士の2年間はひとつの研究プロジェクトをまとめるには大抵短すぎます。しかも就職活動でしょっちゅう研究室を空けていて、実質的に研究してる期間は1年かそこら、しかも外部からの進学組はたいてい格下の大学から来ているから就職活動も長引きがちです。そんな院生ってただのお客さんだよね、というわけです。もちろん、あまり大事なテーマは任せたくありません。

しかしそれでも、よほどひどいタマでない限り、来ないよりは来てもらったほうが助かります。そもそも大学院の定員が埋まらないと大学側が困ってしまうのです。そういうものです。

教授があなたに来てもらいたくないと思っているなら「日程を送るから時間が欲しい」というメールをいちいち送ってきたりはしないでしょう。十中八九、忘れています。年度末、年度初めは書類仕事が多くて忙しいのです。「先日の件いかがでしょうか」とリマインドメール送ればいいです。

修士で出ることについては、あなたがそう希望するならそれでいいかと思います。

ご友人の言うことにも一理あって、というのは教授の側から見れば、外の大学から来て修士で出ていく学生ってのは、意地悪く表現すれば「お客さん...続きを読む

Q京都大学の理系の大学院に受かるにはどうしたらよいですか 過去問、入試に出る分野の勉強、等は分かります

京都大学の理系の大学院に受かるにはどうしたらよいですか 過去問、入試に出る分野の勉強、等は分かります 他に何か、特別な技能がいるならお教えください
 理学 生物科学 植物学あるいは動物学 この辺りを狙っております

 実際に理系の大学院入試、特に京都大学のに、受かった方から聞けたら幸いです
 京都大学以外の大学→京都大学大学院 路線です

Aベストアンサー

別に、特別な技能は必要ないですよ。
院試に出る分野の勉強と過去問をできるだけ多く解いておくといった程度で。
院試については、月刊誌「現代数学」に連載されていて、月がわりでいろいろな大学院のものが掲載されているので、見てみるといいかも。

Q僕は偏差値53の高校に通っている高校1年です。 僕は高校入学時に大阪大学の基礎工学部に進学したいなと

僕は偏差値53の高校に通っている高校1年です。
僕は高校入学時に大阪大学の基礎工学部に進学したいなと思いました。でも高校1年でどんな勉強をすればよいかわかりません。誰かどう勉強すればよいか教えていただければ嬉しいです。

Aベストアンサー

連投失礼
数学の勉強の仕方の一例
公文に通って計算力を鍛える。
万が一小学校からやり直しということになったとしても決して腐らないこと。
阪大の理工系を目指すのならば、計算力が物凄く重要。
計算力が全てというわけでもないし、公文に頼り続ければ良いということも決してない。
だがそれをクリアしておかないと勉強がさっぱりはかどらないという事態が容易に想像出来てしまうのです。

Qなぜ難関私立大学は都会にしかないんですか?

なぜ難関私立大学は都会にしかないんですか?

Aベストアンサー

NO4さんもあるように、ある程度政府とか利権と結びついてるからですよ。
そして当時は電話もネットもないですし、国内の移動にはたっぷり1週間はかかるわけですから、単純に人やモノやカネが集まるところの近くにいること(つまり東京や京都や大坂の近く)が有利でした。
ですから特に戦勝国の人間(薩長土肥の軍人や官僚、商人、思想家、学者)は今の東京やNYがそうであるように首都である京都や文化・政治の中心地である江戸(東京)に集結していたんです。

例えば
最古の私大である慶応大学の福沢諭吉は内戦(戊辰戦争)の戦勝国である薩長土肥とも親しく、
何より幕臣の木村芥舟と繋がりがありました(慶応義塾のキャンパスも木村芥舟の寄付によるものです)。
早稲田の大隈重信は良く知られているように総理大臣経験者であり、若くはやはり薩長土肥に近い佐賀藩の出身で、有名若手官僚として
名を馳せてました。
立命館の西園寺公望は名前の通り幕末に活躍した公家であり、総理大臣経験者でした。地元の京都に広大なキャンパスを用意することは苦ではなかったはずです。
同志社の新島襄は安中藩(群馬県)出身で嫁は大河ドラマにもなった会津藩出身の新島八重です。珍しく内戦(戊辰戦争)の負け組の出ですが八重の兄の山本覚馬(会津藩の砲術師範)が大変博学な上に盲目でカリスマ的な人物だったらしく、やはり戦勝国でカリスマ的な人物だった西郷隆盛は敗戦国の捕虜だった山本になんと京都の薩摩藩邸を寄贈してしまいます。山本は妹婿の新島襄のキリスト教に触れキリスト教徒となりそれを同志社のキャンパスとしたのです。
日本では3%程度しかいないキリスト教徒ですが有名私大の約50%はキリスト教主義の学校です(有名女子大はもっと多い)。
例えばカンカンドウリツ4校のうちの関学と同志社、
早慶上智ICU4校のうちの上智とICU、
MARCH5校のうち青学と立教の2校がキリスト教主義の学校です。
別に当時の政府首脳はキリスト教を薦めたかったわけではないと思いますが当時の1流の学問は欧米ですから、当然国内の1流の思想家や学者は外国に目を向けます。結果的にエリートのキリスト教徒化は進んだのだと思います。
そして既存の神道や仏教からの攻撃をキリスト教徒が受けやすかったことを考えると、こういった有名大学関係者が薩長土肥の特権階級のそばに寄って行ったのは自然の摂理だったと思いますね。
ちなみに神道や仏教の学校も作られましたが、しがらみがあって地元(地方)に作っちゃったり、元々ある程度の知名度やバックボーンがあったからか情熱がイマイチ足りなかったような気がします。
結果として今ではいわゆるFラン化してる神道・仏教系の大学は多くありますね。ここではあえて名前を出して書きませんが。
ともかく私大全部が都心にあるってわけじゃなく、特権階級にすり寄ってでも良い大学を作りたい、大学を存続させたいって情熱を持っていたところがいま有名だいとして生き残っている、そんな感じですね。
だから難関私立自体がもともと都心にあるというより、戦略とか情熱とかを持った私大が結果として都心を目指した、って感じがしますね。


逆にですね、欧米、特にイギリスの大学は当時猛威を振るっていたキリスト教(進学)に反発する形で始まりました。もっと宗教の制約のない状態での学問がしたい人有志が集まって非合法にやっていたのです。いわば違法行為で見つかれば死刑も有り得ることですからロンドンでなくオックスフォードやケンブリッジのような田舎の方が都合が良かったんです設立年度があやふやなのもその辺が理由です(あんまり記録に残っていないのです、バレたら大変ですから)。この辺が日本の大学との違いですね。
ただ一部の学部はオックスブリッジをロンドン大学が抜いちゃってますし、アメリカでも新興のカルテックやスタンフォードがアイビーの一部の大学を抜いちゃってます。つまり欧米でも都心の大学の人気が進んでます。

NO4さんもあるように、ある程度政府とか利権と結びついてるからですよ。
そして当時は電話もネットもないですし、国内の移動にはたっぷり1週間はかかるわけですから、単純に人やモノやカネが集まるところの近くにいること(つまり東京や京都や大坂の近く)が有利でした。
ですから特に戦勝国の人間(薩長土肥の軍人や官僚、商人、思想家、学者)は今の東京やNYがそうであるように首都である京都や文化・政治の中心地である江戸(東京)に集結していたんです。

例えば
最古の私大である慶応大学の福沢諭吉は...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング