はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

マクロ経済学についての問題です。
第1問は資本の限界生産性を用いて計算するとBを選択できます。でも第2問はどう答えたらいいかわかりません、教えてください、ありがとうございます!

「マクロ経済学についての問題です。 第1問」の質問画像

A 回答 (3件)

訂正。

No2の回答を以下のように直してください。

∂Y/∂K=AaK^(a-1)・L^(1-a) = Aa/k^a
ただし、k≡K/L=資本集約度。均衡においては資本レンタルRは資本限界性に等しい。よって
R=∂Y/∂K
そして実質利子率rと資本レンタルRとの関係は資本減耗がゼロのときは
r=R
(資本減耗率δがゼロでないなら、r=R-δ)よって、
r=Aak^a
rが高くなることが予想されるなら、生産性Aが上昇するか、資本集約度kが低下するか、あるいは資本分配率aが上昇するかのいずれかである、ということになる。

おそらく厚労省は成長政策(アベノミクスの柱の1つ)によって、生産性Aの上昇が見込まれるとしているのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とてもわかりやすく説明してくれました、ありがとうございます!

お礼日時:2017/08/30 01:02

資本の限界生産性は


∂Y/∂K=AaK^(a-1)・L^(1-a) = Aak^a
ただし、k≡K/L=資本集約度。均衡においては資本レンタルRは資本限界性に等しい。よって
R=∂Y/∂K
そして実質利子率rと資本レンタルRとの関係は資本減耗がゼロのときは
r=R
(資本減耗率δがゼロでないなら、r=R-δ)よって、
r=Aak^a
rが高くなることが予想されるなら、Aが上昇するか、資本集約度が上昇するか、あるいは資本分配率aが上昇するかのいずれかである、ということになる。
    • good
    • 0

あなたに以前回答したうち3つが「締切済み」となっている。

「解決」されていないのだろうか?それとも回答に「不満」なのだろうか、それとも放置して逃亡したのだろうか?「解決」したのなら、ちゃんと「解決」の手続きをとってください!!!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当にごめんなさい!すでに解決しました、何の不満もありません。これからちゃんと注意します。ごめんなさい!

お礼日時:2017/08/29 07:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこの問題の解答について...試したんだけど、数字は変なので、多分私が間違ったと思いますが、何方が教え

この問題の解答について...試したんだけど、数字は変なので、多分私が間違ったと思いますが、何方が教えてもらいたいです。ありがとうございます

Aベストアンサー

(1) IS, LM を導いてそrをYとrについて解く。
最初の3つの式よりIS
Y = 155 - 2000r
を得る。つぎにM/P=mとおいて
第4式(LM)
500r = Y - m
と書く。ISとLMからrを消去し
Y = 31 + (4/5)m            (*)
を得る。ここで m=M/P = 76/[1+0.01(Y-100)]であるから
m = 7600/Y              (**)
となる。(*)と(**)をYとmについて解くと
Y^2 - 31Y - 6080 = 0
よって、この2次方程式を解いて
Y = 95
さらに(**)より
m= 7600/95 = 80
となる。
なお、このときの物価Pは第5式(フィリップス曲線)より
P = 0.01×95 = 0.95
で与えられる。


(2) よってLMより
500r = 95 - 80  ⇒ r = 0.03
G=20+10=30のときのISは
Y = 180 - 2000r
r=0.03に維持するので
Y = 180 - 2000×0.03 = 120
となる。このときのPはフィリップ曲線より
p = 0.01×120 = 1.2
500×0.03 = 120 - M/1.2
M = 126
となる。計算間違いがあるかもしれないので、確かめられたい。
あなたの結果あるいは正答とされているものとは合っていますか?

(1) IS, LM を導いてそrをYとrについて解く。
最初の3つの式よりIS
Y = 155 - 2000r
を得る。つぎにM/P=mとおいて
第4式(LM)
500r = Y - m
と書く。ISとLMからrを消去し
Y = 31 + (4/5)m            (*)
を得る。ここで m=M/P = 76/[1+0.01(Y-100)]であるから
m = 7600/Y              (**)
となる。(*)と(**)をYとmについて解くと
Y^2 - 31Y - 6080 = 0
よって、この2次方程式を解いて
Y = 95
さらに(**)より
m= 7600/95 = 80
となる。
なお、このときの物価Pは第5式(フィリ...続きを読む

Q京都大学経済学研究科平成26年のミクロ問題にいつて 消費者の効用最大化消費ベクトルの解について、私は

京都大学経済学研究科平成26年のミクロ問題にいつて

消費者の効用最大化消費ベクトルの解について、私は効用関数と生産可能性集合はラグランジュ乗数法を使用して、唯一の解を得って、でも問題には集合を求めて、ちょっと迷っている…
ご解答お願いしますw

Aベストアンサー

>xw=(2、8) p=1なら、問題5はどうやって回答しますか?

いま、第2財で測った所得をIと書くと、p=1のとき、第1財、第2財の消費は
max √x1+2√x2
s.t.
x1 + x2 = I
を解けばよい。解は
x1=I/5, x2 = (4/5)I             (*)
となるが、よろしいでしょか。ただし、Iを決定する必要があるので、まだ最終解ではない!

つぎにA国の生産者は第2財で測った利潤をΠ^Aと書くと

max Π^A=y1+y2 - w^A
s.t.
y1 /2 + y2 = 1
を解く。A国の生産者にとって賃金w^Aは所与なので、収入(第2財で測った)y1+y2を最大化する生産の組(y1,y2)を選べばよい。グラフを描いてください。y1+y2は上の制約の下で(y1,y2) =(2,0)を選択するとき最大化される。このとき、賃金wAは利潤が0となるまで生産者が参入するので、Π^A=0すなわちw^A=2となる。

同様に、B国の生産者は

maxΠ^B= y1 + y2 - w^B
s.t.
y1/4 + y2/8 =1

を解く。解は、上と同様にして、Π^Bは(y1,y2) = (0,8)のとき最大化される。このとき、Π^B=0はw^B=8のとき実現する.W^A=2、w^B=8はそれぞれA国、B国の住民(労働者)の所得だ。これらを(*)のIに代入すると、A国とB国の消費が得られる。

x1^A = 2/5, x2^A = 8/5
x1^B = 8/5, x2^B = 32/5

となる。
x1^A + x1^B = y1^A
x2^A + x2^B = y2^B
となることを確かめられたい。A国は第1財の生産に特化しかつ輸出し、B国は第2財の生産に特化しかつ輸出する。生産性はBのほうがAより高いことを反映してBの住民(労働者)の所得のほうがAのそれよりも高いことにも注意されたい。

>xw=(2、8) p=1なら、問題5はどうやって回答しますか?

いま、第2財で測った所得をIと書くと、p=1のとき、第1財、第2財の消費は
max √x1+2√x2
s.t.
x1 + x2 = I
を解けばよい。解は
x1=I/5, x2 = (4/5)I             (*)
となるが、よろしいでしょか。ただし、Iを決定する必要があるので、まだ最終解ではない!

つぎにA国の生産者は第2財で測った利潤をΠ^Aと書くと

max Π^A=y1+y2 - w^A
s.t.
y1 /2 + y2 = 1
を解く。A国の生産者にとって賃金w^Aは所与なので、収入(第2財で測った)y1+y2を...続きを読む

Q需要の価格弾力性

需要の価格弾力性が価格が上昇するにつれて大きくなるのは何故ですか?

Aベストアンサー

モノの値段が上がると、手が出しづらく
なるでしょう?

例えば、今年はウナギの稚魚が久しぶりの
豊漁で値段が下がっているそうです。
昨年までは、不漁で国産ウナギは何千円
もしたので、手が出ませんでした。

でも、スーパーが土用の丑の日を狙って
安売りを始めると俄然買いたくなります。
高いと手が出ないが、安くなったら欲しく
なるといった需要の増減があるということ
です。

ウナギは食べなくても生きていけますから
でも、手頃な値段だと食べてみたくなり、
需要が増える。
これが『需要の価格弾力性が大きい』と
いうことです。

それとは対照的に、原油価格に左右されて
ガソリン代が上がったり、下がったりする。
といった場合でも、結局は車を走らせるには
ガソリンを買わざるをえない、価格が上下
しても、必需品としてあまり需要が変わら
ないモノは、『需要の価格弾力性が小さい』
モノということになります。

>需要の価格弾力性が価格が上昇するに
>つれて大きくなる
というのは、価格に対する需要の反応が
敏感になる、落差が大きくなるという点
では、前者のようなものが象徴的だと
思います。

モノの値段が上がると、手が出しづらく
なるでしょう?

例えば、今年はウナギの稚魚が久しぶりの
豊漁で値段が下がっているそうです。
昨年までは、不漁で国産ウナギは何千円
もしたので、手が出ませんでした。

でも、スーパーが土用の丑の日を狙って
安売りを始めると俄然買いたくなります。
高いと手が出ないが、安くなったら欲しく
なるといった需要の増減があるということ
です。

ウナギは食べなくても生きていけますから
でも、手頃な値段だと食べてみたくなり、
需要が増える。
これが『需要の価格弾力性...続きを読む

Q経済学に関する質問

①現在、企業の利潤、費用の箇所を勉強しております。ふと疑問に思ったのが、企業の収益や費用というのは、会計学でも勉強しますよね。ということは、企業というのは、経済学的な費用収益の考え(ものさし)と、会計学的な費用収益の考え(ものさし)と、2つのものさしを持って、利潤を最大化しようとしているということでしょうか?簿記や会計でならう費用収益と、経済学で勉強する利潤や費用。違いをご教示いただければ幸いです。
②利潤最大化について。利潤とは総収入ー総費用(機会損失)だったと記憶しています。利潤がマイナスなら他業種より収益性が低く、利潤がゼロなら他業種なみ、利潤がプラスなら他業種より収益性が高い。といわれています。そして企業は利潤最大化しようとするという仮定のもと、利潤が論じられるのであれば、利潤がマイナスやゼロになるような業種の企業はそもそも否という異なりませんか?これはミクロ経済学の分野なので、アダムスミスの系統を伝統で受け継いでいる古典派経済学であるとすれば、アダムスミスの見えざる手と何か、矛盾するような気がしますが、いかがでしょうか?

Aベストアンサー

経済学での「費用」とは外部に対して実際に支出した金額だけでなく、「機会費用」で計算します。たとえば、野菜を作って、市場に出荷している農家を考えてみましょう。Aは、肥料は肥料会社から(JAを通じて?)購入し、家族の労働と先祖代々の(自家所有の)土地を使って野菜を収穫します。したがって、地代も労賃も払う必要はありません。1000万円の売上があったとして、肥料代が300万円かかったとして、この農家の「利潤」は1000万円ー300万円=700万円でしょうか?もう一つの農家(農業法人)Bを考えてみましょう。Bは農地を借りて(Aと同じ広さと考えてください)年間100万円の地代を土地所有者に支払い、農作業に従事する労働者を雇って野菜を収穫し、市場に出荷して1000万円の収入をあげているとする。利潤は売上1000万円ー地代100万円ー労働者へ賃金支払い200万円ー肥料代300万円=400万円となるのでしょうか?会計学的な利潤(会計学では「利益」)はその通りかもしれないが、経済学的な意味での、この野菜生産事業から得られる経済学的「利潤」はAもBも400万円(あるいはこれに近い数字)になるはずです。経済学の利潤は、収入が支払った機会費用を超える額と定義されているのでそうなるのです。Aの家族労働はほかで例えばダム工事へ出稼ぎ(あるいは会社勤めをしていれば)得られたであろう200万円を犠牲にして家の野菜作りをしているので、家族労働の機会費用は200万円なのです。また土地は自家が所有しているから支払いはゼロなのではなく、ほかの事業者にその土地を貸し出す(レンタルする)なら、100万円の地代がAの懐にはいるのに、その得られる地代を犠牲にして自家の野菜生産につかっているので、土地の「機会費用」100万円は「利潤」を計算するとき差し引く必要があるのです。経済学では、企業は「陽費用」(「肥料」のように外部に支払われる費用)だけでなく、「陰費用」(Aの家族労働や自家所有の土地への機会費用)も考慮し、その超過分である「利潤」を最大化するように行動する合理的存在と仮定されているのです。

経済学での「費用」とは外部に対して実際に支出した金額だけでなく、「機会費用」で計算します。たとえば、野菜を作って、市場に出荷している農家を考えてみましょう。Aは、肥料は肥料会社から(JAを通じて?)購入し、家族の労働と先祖代々の(自家所有の)土地を使って野菜を収穫します。したがって、地代も労賃も払う必要はありません。1000万円の売上があったとして、肥料代が300万円かかったとして、この農家の「利潤」は1000万円ー300万円=700万円でしょうか?もう一つの農家(農業法人)Bを考えてみましょ...続きを読む

Qまたマクロについての問題があります

またマクロについての問題があります

Aベストアンサー

この問題にはちょっと意味不明なところがある。
外生変数はm, p*, i*, u, v, それからpは固定されているとあるから、外生。
すると、(1) では mを除いて、p=p*=i*= u = v =0とおき、i = i* = 0となる.

第1式と第2式はそれぞれ
m = y
y = γe
となるが、これを解いて
y = m
e = m/γ
となるが。。。

(2)は(1)の結果を使っていいのか不明。使っていいなら
y^2 + p^2 + e^2 = m^2 + m^2/γ^2 = (1 + 1/γ^2) m^2
となるから、左辺を最小化するためにはm=0に設定すればよい。
あなたのコメントは?

Qこの二つの問題について… 自分も解いたんです、でも正解であるかどうかがわからなくて、やはり正解を知り

この二つの問題について…
自分も解いたんです、でも正解であるかどうかがわからなくて、やはり正解を知りたいです。
ありがとうございます!

Aベストアンサー

Xを時間の関数としたとき、Xの自然対数値であるlnXを時間tで微分すると、dX/dt/XはXの成長率を表わしていることはよろしいですか?いま、与えられた生産関数の両辺の自然対数をとると

lnY = alnK + blnN + (1-a-b)lnL

となるが、両辺を時間tで微分すると

dY/dt/Y = a dK/dt/K + bdN/dt/N + (1-a-b)dL/dt/L

いま、dY/dt/Y = gY, dN/dt/N = gN, dL/dt/L =gL と書くと

gY = agK + bgN + (1-a-b)gL = agK + bgN = (1/3)gK + (1/3)×2 (*)

となる。ただし、gYはGDPの成長率(単位は%)、gNは労働の成長率で、2%と与えられている。そしてgLは土地の成長率で、0%と与えられている(土地は一定)。一方、aは資本分配率、すなわち、1/3= a = rK/Yであり、bは労働分配率、すなわち、1/3 = b =wN/Yとなることはよろしいでしょうか?ただし、rは資本レンタル、wは賃金とする。仮定により、rは時間を通じて一定だから、K/Y=1/3r=一定だから、KとYは同じ成長率で増加(あるいは減少)する。つまり、gY = gKであり、これを(*)に代入すると

gY = (1/3)gY + 2/3

(2/3)gY = 2/3

よって

gY = 1 (%)

である。GDPは1%の率で成長している。一方、1/3 = wN/Y あるいは(1/3)Y = wN となるが、これの両辺の自然対数をとって時間tで微分すると

ln(1/3) + lnY = lnw + lnN

dY/dt/Y = dw/dt/w + dN/dt/N

よって

gY = gw+ gN

となる。gY = 1, gN = 2を代入すると

gw = 1 - 2 = -1

となる、つまり、賃金は1%の率で下落している、ということだ。

ここまでよろしいでしょうか?

Xを時間の関数としたとき、Xの自然対数値であるlnXを時間tで微分すると、dX/dt/XはXの成長率を表わしていることはよろしいですか?いま、与えられた生産関数の両辺の自然対数をとると

lnY = alnK + blnN + (1-a-b)lnL

となるが、両辺を時間tで微分すると

dY/dt/Y = a dK/dt/K + bdN/dt/N + (1-a-b)dL/dt/L

いま、dY/dt/Y = gY, dN/dt/N = gN, dL/dt/L =gL と書くと

gY = agK + bgN + (1-a-b)gL = agK + bgN = (1/3)gK + (1/3)×2 (*)

となる。ただし、gYはGDPの成長率(単位は%)、gNは...続きを読む

Qまたミクロ経済についての問題です。

またミクロ経済についての問題です。

Aベストアンサー

いま、粗利潤(固定費用を除いた利潤)をΠと書くと
Π=(p-d)X = (a-X-d)X
Πを最大化するXは
X=(a-d)/2
よってその時の価格は
p = (a+d)/2
となる(確かめてください)。よって独占企業の粗利潤Πは
Π=[(a-d)/2]^2=(a-d)^2/4
となる(確かめよ)。企業が撤退しないための条件はこの粗利潤が固定費用F以上であること、すなわち
(a-d)^2/4 ≧F
であるので、逆に撤退するための条件は
F > (a-d)^2/4
となる。
ここまでよろしいでしょうか?

Qこの問題、ちょっと意味不明… ご教示願いたい!

この問題、ちょっと意味不明…
ご教示願いたい!

Aベストアンサー

No3でヒントを示したので(5)は自分で計算し、結果を見せてください。なにか問題があったのでしょうか?
(6)は途中で問題が切れていると指摘したのですが、(6)は必要ないという事でしょうか?

Qこの問題の第2問について...ちょっと混乱しました。 ご教示願いたい!

この問題の第2問について...ちょっと混乱しました。
ご教示願いたい!

Aベストアンサー

>ちょっと不明な点があります。c1≧300のとき c2=726-1.1c1となってると思いますが...

あなたのおっしゃる通り。(1)の予算線は

C2 = 711 - 1.05C1     C1≦300のとき
= 726 - 1.10C1     C1>300のとき

と、座標(300,396)のところで屈折します。グラフは上に凸の折れ線です。
一方、与えられた効用関数のもとで、無差別曲線は

C2 = - kC1 + U

となるから、(1)で求めた予算制約のもとで、Uが(300,396)で最大値をとるのはkが1.05と1.10の範囲にあるとき、つまり(2)の回答は

1.05≦k≦1.10

のときとなりませんでしたか?「混乱した」というのはどこでしょうか?

Qこの問題の問4がお願いしたいです。 質問が多くてごめんなさいQAQ

この問題の問4がお願いしたいです。
質問が多くてごめんなさいQAQ

Aベストアンサー

(4)は私もわからない。(3)は湖の漁獲高はN=10のとき最大値Y=50をとる。したがって、このときY=50の漁獲高を平等に10人に分配するなら、一人当たり5だ。10人に湖で了するライセンスを与えるとして、ライセンスの価値はゼロではないか?20の各漁師は湖で漁をしなくても、海で漁するなら、一日5だけの漁獲高を得られるからだ。とくに、ライセンスを持っている意味があるようには思えない。


人気Q&Aランキング