見守り電球またはGPS端末が特価中!

県民共済って血圧の薬飲んでたら
加入する事できませんか?

A 回答 (1件)

病院の治療を受けていると入れないかも知れないけれど、どれくらいかにもよりますよ。


だから、低いうちは飲まないで保険に入ってから治療するべきだね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q教えて下さい! 息子の会社の健康保険扶養に入っていますが、昨日手紙をもらってきました 私の去年の収入

教えて下さい!
息子の会社の健康保険扶養に入っていますが、昨日手紙をもらってきました
私の去年の収入が超えているので.29.1.1で保険証が削除になったと、土曜日ですので会社も役所もお休みです。
病院はかかっはていますので高い金額になりますが、国保に切り替えても自己負担した金額は戻りませんか?
国民健康保険証はすぐに疲れますか?
月末病院の予約があります。

Aベストアンサー

>病院代
今年の1月1日の時点で扶養の資格は切れているのですから
1月1日以降にかかった病院代については、3割はあなたが負担していますが
7割分は健康保険組合が負担しており
1月1日以降は健康保険組合は7割分を負担する必要がなくなります。
もし1月1日以降に病院受診をされていたのであれば
後日扶養で加入していた健康保険組合から1月1日以降に受診した分の7割分を
こちらに戻してくださいというお知らせが納付書と必要書類と共に送られてきます。
そうなれば7割分は戻さねばなりませんから納付をして下さい。

>国保
で、国保の加入手続ですが
「健康保険資格喪失証明書」はお手元に届いていますか。
この証明書が無いといつあなたに国保の資格をお付けしたらいいのか分かりません。
届いているのであれば、休み明けに証明書を持ってお住まいの市町村役場の国保窓口で加入手続です。
届いていないのであれば、病院受診予定があり急ぎであることを国保窓口にお尋ねしてみて下さい。

ただ、今回の場合資格喪失から半年以上も経過しているため
国保で3割負担の開始となるのが「加入手続をした日」からとなり
資格自体は今年の1月1日からお付けすることとなりますが
(保険料もそこまで遡って請求されることとなります)
扶養の資格喪失から加入手続をする前の日については、通常なら国保で3割負担になりません。
本来であれば、上に記載した「前の健康保険組合に戻す7割分」を
これから加入する国保に療養費として請求して下さいとアドバイスするのですが
今回の場合、資格喪失からかなりの月数が経過しているので
7割分を戻す手続が出来なくなってしまうことも考えられます。
まずは国保加入手続の際に国保窓口にご相談して、事情を説明して下さい。
扶養が外れた連絡が今頃になって届いた、ということであれば対応も変わるかもしれません。

なお、保険証については即日手渡し出来る自治体もあれば
即日発行不可で後日郵送(この場合は加入しているという証明書をご希望があればお出しします)という自治体もあります。
こちらも加入手続の際に国保窓口にお尋ねされるといいでしょう。

>病院代
今年の1月1日の時点で扶養の資格は切れているのですから
1月1日以降にかかった病院代については、3割はあなたが負担していますが
7割分は健康保険組合が負担しており
1月1日以降は健康保険組合は7割分を負担する必要がなくなります。
もし1月1日以降に病院受診をされていたのであれば
後日扶養で加入していた健康保険組合から1月1日以降に受診した分の7割分を
こちらに戻してくださいというお知らせが納付書と必要書類と共に送られてきます。
そうなれば7割分は戻さねばなりませんから納付...続きを読む

Q精神薬を飲んでる人は保険に入れないらしいです。 飲むのを辞めて1年以上過ぎました。 先進医療保険に入

精神薬を飲んでる人は保険に入れないらしいです。
飲むのを辞めて1年以上過ぎました。
先進医療保険に入るには、あと何年飲まなければ入れますかね?

Aベストアンサー

いやいや今の保険は告知が緩やかな
ものがあり、保険加入ができますよ。
なので、調べると絶対に入れる保険が
ありますから、ご心配はいらないかと
思います。
是非一度しらべてみてください。

Q去年退職して、年収530万税込 今年、支払う税金どれくらいかかりますから 年齢49歳 独身の場合

去年退職して、年収530万税込 今年、支払う税金どれくらいかかりますから 年齢49歳 独身の場合

Aベストアンサー

結論から言いますと、退職されてそのまま
なら、5月後半にお住まいの役所から、
住民税の納税通知がきます。

住民税は、
★年間で26万、6,8,11,1月末の4期で
6.5万ずつ納付することになります。

それ以前に確定申告されましたか?
会社で年末調整をされていないので
あれば、確定申告をされることで、
源泉徴収票上の源泉徴収税額が
約15.7万以上は還付されます。

還付申告なのでいつでもできます。
手順としては、まず、
下記から源泉徴収票の内容を入力し、
https://www.keisan.nta.go.jp/h28/ta_top.htm#bsctrl
他に所得控除(生命保険料控除等)があれば、
追加入力し、

その結果を印刷、押印し、
・源泉徴収票、
・マイナンバー通知書コピー、
・身分証明書(免許証等)コピー、
を添付し、
税務署に郵送あるいは持参すれば
完了です。

明細を添付します。

いかがでしょうか?

Q父親の扶養家族ですが、年金いくらもらえる?

本当に初歩的な質問ですみません。51歳独身女性です。個人事業主ですが、今まで安直に父親の扶養のまま過ごしてきました。
今後の老後を考え、今更ですが、税金等きちんとしていきたいと考えています。

現状の私が老後を考えた場合、何歳からいくらくらい年金は受給できるのでしょうか。
年金等の仕組みもよくわからず、すみません。

ご助言いただければ、助かります。

Aベストアンサー

お父さんの扶養は全く関係ないです。
あなたが国民年金の保険料をいくら払っていたかです。
それはあなたに代わってお父さんが年金保険料を
払っていた場合も含みます。
国民健康保険もあなたに代わって、高齢のお父さんが
払っているんですかね?

いわゆる年金の扶養は、配偶者を第3号被保険者
として申請をすることで保険料がタダになる制度
ぐらいです。

ということで、あなたの年金保険料が20歳以降
どのぐらいの期間納付していたかによります。

この8月から、10年以上の加入期間で受給権は
得られるようになりました。

年金額は、以下の簡易式
1624円×加入(納付)期間(月数)
で年額が求められます。

満額は
1624円×480ヶ月=77.9万
となります。

誕生日前後に郵送されていくる、
『ねんきん定期便』
を見ると、加入期間や65歳以降
受給見込みの年金額が確認できます。

あるいは下記のねんきんネットに
IDを登録して、ご確認下さい。
https://www.nenkin.go.jp/n_net/index.html

しかし、認識するのがちょっと遅すぎます。

加入期間が短い場合、60歳以降も
任意加入制度が利用できますので、
ご検討下さい。
http://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/kanyu/20140627-03.html

お父さんの扶養は全く関係ないです。
あなたが国民年金の保険料をいくら払っていたかです。
それはあなたに代わってお父さんが年金保険料を
払っていた場合も含みます。
国民健康保険もあなたに代わって、高齢のお父さんが
払っているんですかね?

いわゆる年金の扶養は、配偶者を第3号被保険者
として申請をすることで保険料がタダになる制度
ぐらいです。

ということで、あなたの年金保険料が20歳以降
どのぐらいの期間納付していたかによります。

この8月から、10年以上の加入期間で受給権は
得られるように...続きを読む

Q母が父の遺族年金をもらっていると私の扶養家族にははいれませんか? 又母が働いていた自分自身の年金は父

母が父の遺族年金をもらっていると私の扶養家族にははいれませんか?
又母が働いていた自分自身の年金は父の遺族年金を貰うと2重ではもらえませんか?
主婦の人がよくパートをしてますが、その場合収入があり一緒に住んでても扶養家族には入れると思いますがなぜですか?

Aベストアンサー

税制上の扶養と、社会保険上の扶養とをしっかり分ける必要がありますね。
要は2段階あるわけです。ですから、どちらか一方しか適用にならないことがざらにあります。
また、意外なほど混同されます。ごっちやにしてはいけませんよ。

税制上の扶養については、配偶者同士の場合は扶養とは言わず、配偶者控除の対象にできるか否か(つまりは控除対象配偶者にできるか否か)で見ます。
いわゆる「年収103万円の壁」というやつがこれです。
このとき、遺族年金や障害年金は非課税なので、年収からは除いて考えます。老齢年金は課税対象なので、逆に年収に含めて考えます。

一方、社会保険上の扶養。
配偶者を健康保険上の被扶養者にできるか否か、ということと、かつ、国民年金第3号被保険者にできるか否かということを考えます。
配偶者が60歳未満であれば、配偶者の年収が130万円未満であること。
配偶者が60歳以上であるか、あるいは、年齢にかかわらず障害者であるときは同じく180万円未満であることが条件です。
そして、国民年金第3号被保険者(いわゆる「サラリーマンの妻である専業主婦」)は自らが国民年金保険料を納付する必要がないのですが、健康保険の被扶養者であって、かつ、配偶者本人が20歳以上60歳未満であることが条件です。

お母さまが働いていた場合、65歳を過ぎると、自らの老齢基礎年金や老齢厚生年金を受け取れるようになります。
このとき、既に受けられる遺族厚生年金との間で併給調整が行なわれます。
これは、1人1年金の原則があるためです。
本人(お母様本人)の老齢厚生年金を優先し、いままでの遺族厚生年金は老齢厚生年金の額だけ減らして支給する、という取り扱いになります(遺族厚生年金>老齢厚生年金という金額関係であるとき)。
したがって、お母様は老齢基礎年金と老齢厚生年金をまず受け取り、老齢厚生年金の額だけ減らされた残りの遺族厚生年金を受け取ることになります。

税制上の扶養と、社会保険上の扶養とをしっかり分ける必要がありますね。
要は2段階あるわけです。ですから、どちらか一方しか適用にならないことがざらにあります。
また、意外なほど混同されます。ごっちやにしてはいけませんよ。

税制上の扶養については、配偶者同士の場合は扶養とは言わず、配偶者控除の対象にできるか否か(つまりは控除対象配偶者にできるか否か)で見ます。
いわゆる「年収103万円の壁」というやつがこれです。
このとき、遺族年金や障害年金は非課税なので、年収からは除いて考えま...続きを読む

Q国民健康保険の保険証についてなのですが、社会保険に加入したら市役所等で国保脱退の手続きをすることにな

国民健康保険の保険証についてなのですが、社会保険に加入したら市役所等で国保脱退の手続きをすることになると思いますが、その時に返却するのではなく、自分でハサミで切るなどして捨ててもいいんですよね?

Aベストアンサー

取り扱いは自治体によって異なります。
一般的には回収します。

Q固定資産税ですが、障害者手帳があれば減免されるのですか。

固定資産税ですが、障害者手帳があれば減免されるのですか。

Aベストアンサー

残念ながら固定資産税は障害者手帳があるからと言って減免はありません。生活保護であれば減免になりますが。

また、自動車税は障害者手帳があれば減免がありますが。

残念ですが、規定通りです。

Q税務署の査察、相続税などは何を根拠にしらべるのでしょうか? 相続税の申告をしたら申告の内容が正しいか

税務署の査察、相続税などは何を根拠にしらべるのでしょうか?
相続税の申告をしたら申告の内容が正しいか、調べるのか?そうなると申告をした方が資料を提供するようで、損な気がしますが?
ランダムに調べるには相続が発生しているかわからないと思われるのですが?
ご存知の方お願いいたします。

Aベストアンサー

>相続税の申告をしたら申告の内容が正しいか、調べるのか…

相続税に限らず所得税でも贈与税その他どんな税の申告書でも、出されてきてものは全部精査しますよ。

しかも「署」の字がつくお役所は捜査権があるのです。

隠している預金や株券、不動産がないか、税務署から銀行・証券会社・法務局などに照会することはいとも簡単なことです。

>そうなると申告をした方が資料を提供するようで、損な…

損得の問題ではありません。
納税は国民の義務・・・ただその一言に尽きます。

>相続が発生しているかわからないと…

所得税や法人税の申告を毎年してきた人がばったり申告しなくなったら、旅立ったのではないかと考えられるでしょう。
年金生活者なら日本年金機構から源泉徴収票が税務署に送られなくなりますし。

Q完全リタイヤの条件は?

唐突ですが48歳で会社を退職し、完全リタイアするには最低どのくらいの貯蓄額が必要でしょうか。また、今後においてのメリット・デメリット等を教えて頂ければと思います。なお、今は独身で子供はおりません。持家です。

Aベストアンサー

1.お金について 必要貯蓄額:9200万円です。
 質問者が80歳まで生き、65歳から毎月10万円の年金がもらえたと仮定します。
 毎月の生活費を25万円とします。
 総生活費 : 25万円×12ヶ月×32年 = 9600万円
 持ち家の補修費、大病したときの供えなど :  1400万円
 一方、年金総額: 10万円×12ヶ月×15年 = 1800万円
 必要貯蓄額  9600万円+1400万円ー1800万円 = 9200万円
 家は残りますが、ん十年も住んだ家なので、葬式代くらいにしならないでしょう。
2.時間について
 仕事が無いと、死ぬまで膨大な時間があります。
 毎日、時間を使う何かが無いと過ごせません。
 少々の趣味などでは時間をつぶせません。
 すぐにボケます。
 キョウヨウ(今日の用事)とキョウイク(今日行くところ)が持てることが必須です。
3.健康維持
  仕事をしていると頭を使い、身体も使い、人とコミュニケーションを取ることも必須です。
  これが無くなるのですから、頭を使うこと、身体を使うこと、コミュニケーションを取ることを
  毎日やらないと、すぐに健康を害します。
  仕事以上にこれを意識してやらないといけません。健康維持には相当な覚悟と努力が必要です。

上記1~3をクリアするには超人的な努力が必要です。
悪い事は言いません。今の仕事を辞めたとしても、次の仕事を見つけることです。
仕事をしていれば、上記1~3はかなり達成できるのです。

1.お金について 必要貯蓄額:9200万円です。
 質問者が80歳まで生き、65歳から毎月10万円の年金がもらえたと仮定します。
 毎月の生活費を25万円とします。
 総生活費 : 25万円×12ヶ月×32年 = 9600万円
 持ち家の補修費、大病したときの供えなど :  1400万円
 一方、年金総額: 10万円×12ヶ月×15年 = 1800万円
 必要貯蓄額  9600万円+1400万円ー1800万円 = 9200万円
 家は残りますが、ん十年も住んだ家なので、葬式代くらいにしならないでしょう。
2.時間について
...続きを読む

Q源泉徴収について

個人から報酬をもらう場合の源泉徴収についてご質問させてください。
国税庁のHPでは、下記のように記載されています。

https://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2793.htm
>ただし、その報酬・料金等の支払者が個人であって、その個人が給与等の支払者でないとき又は
>給与等の支払者であっても常時2人以下の家事使用人のみに対する給与の支払者であるときは、
>ホステス等に報酬・料金等を支払う場合を除き、源泉徴収する必要はありません。

個人事業主でもない個人の場合、源泉徴収する必要がない、とのことかと思いますが、
「する必要がない」なので、源泉徴収をしてもよいのでしょうか?
源泉徴収をしてもよければ、
個人の方に請求する場合には、常時二人以下の家事使用人がいるのかどうか、を確認しなくても
よいのかな、と思っております。

Aベストアンサー

弁護士が仕事をして、その報酬を請求するとします。

請求先が法人ならば、無条件で源泉徴収義務がありますので、源泉徴収税額を控除した請求書となります。
 報酬請求額 100,000円
 消費税     8、000円
 源泉所得税  10、210円
 差引請求金額 97,790円
 
弁護士に報酬を支払った法人は、上記の源泉所得税を税務署に納税するわけです。

請求先が個人の場合には、その方が源泉徴収義務者であるか、ないかを確認する必要があります。
源泉徴収義務がある方でしたら、上記の「法人への請求」と同じ内容になります。

請求先が個人で、源泉徴収義務のない方でしたら
 報酬請求額 100,000円
 消費税     8,000円
合計請求額  108,000円
となります。

ここで「請求先が個人の場合に源泉徴収義務がある人かどうか」の確認は必要です。

源泉徴収義務がある人(給与支払事務をしてる人)は、税務署から整理番号をつけられて、源泉徴収高計算書兼納付書を、源泉所得税を納税する用に作成してもらえます。
源泉徴収義務者になってない人は、この源泉徴収高計算書兼納付書を税務署が作成してくれません。

ですから「源泉徴収義務がない」人に源泉所得税額相当額を控除した請求書を発行しても先方が「どうしたら良いのか」困るだけです。
あるいは、困ることなく「値引きしてくれたんだ」と理解し、源泉所得税を納税しないでそのままです(※)。

2人とか3人とか人数が出てますが、これはいわゆる家事手伝いをしてもらってるお手伝いさんが2名以下ならば、源泉徴収義務はないという話です。

青色申告をしてて青色事業専従者給与を払ってる方は、給与の支払先が一人だけでも源泉徴収義務者となります。
「従業員数をお客様に確認することなく、源泉徴収を引いた金額を請求すればよくなります。」はその意味では誤りです。従業員数は関係ありません。

サラリーマンの方から仕事を受けて、その弁護士報酬を請求する際には、サラリーマンは給与を支払う者では原則的になりませんから、源泉徴収義務者ではないので、請求書にて源泉所得税を控除するのは誤りです。

ご質問文に違和感を感じた点。
報酬を請求する側は「源泉徴収税額を控除して請求をする」立場です。
源泉徴収をする立場ではありません。
それをいうなら「源泉徴収をされる立場」です。
「個人事業主でもない個人の場合、源泉徴収する必要がない、とのことかと思います」との事ですが、
「源泉徴収をする、ではなくて、源泉所得税を請求額にて控除する必要がない」です。
報酬を貰う側が、源泉徴収するわけではないのです。
報酬を払う側が、源泉徴収して納税するのです。

士業の場合には、請求書を作成する際に、請求先が源泉徴収義務者であるかないかは、必ず確認する必要があります。


源泉徴収義務のない方は、税務署に納付する用紙そのものを税務署が作成してくれません(既述)。
そのため、源泉徴収義務のない方へ源泉所得税を控除した請求書を発行すると
1 請求書を受けた方が税務署に「給与支払事務所の開設届」を出して、源泉徴収義務者になった上で、納付する用紙を税務署で作成してもらって納付する。
2 受け取った請求書に記載された源泉所得税相当額を別途請求者に支払いをする。
のどちらかになります。

弁護士が仕事をして、その報酬を請求するとします。

請求先が法人ならば、無条件で源泉徴収義務がありますので、源泉徴収税額を控除した請求書となります。
 報酬請求額 100,000円
 消費税     8、000円
 源泉所得税  10、210円
 差引請求金額 97,790円
 
弁護士に報酬を支払った法人は、上記の源泉所得税を税務署に納税するわけです。

請求先が個人の場合には、その方が源泉徴収義務者であるか、ないかを確認する必要があります。
源泉徴収義務がある方でしたら、上記の「...続きを読む


人気Q&Aランキング