【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編

話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

日本人のブログはどうして個人日記が多いのか?

日本人のブログはどうして個人日記が多いのか?インターネットの爆発的な普及によって、一般の人でもブログを始める人が増えているようです。個人の趣味や身近な出来事など、取り上げるテーマは人によってさまざまですよね。教えて!gooには、ブログに関するこんな質問が寄せられています。

どうして日本のブログは日記、それも子どもや家族のことばかり?

相談者は、日本でのブログについて疑問を感じているとのこと。それは、ブログの大半が個人日記のようで、家族の話題ばかりを書いていると感じているからだそうです。海外のブロガーと呼ばれる人たちは、政治や経済・旅行などの専門性の高い有意義な記事が多いのに…と海外とのあまりの差に、愕然としている相談者。そこで、日本のブログについて意見を求めています。

■ブログで多い言語は「日本語」


「日記ばかりだと感じるのは、全体の人口に対するブログを書いている人口の割合の差だと思います」と回答しているthilaさん。

「ブログで1番よく使われている言語は日本語だそうですよ」と付け加えられています。

世界と比較して、日本でブログを作成する割合がいかに高いかということかなのかもしれません。また、「日記を書いている人に多いのは、『この情報を発信したい』ではなく『ブログを書きたい」という気持ちから始める人だと思います」とも。

thilaさんによると、日記ブログが多いのは、日本人の国民性とも言えるそうです。

■日記文化を持つ日本人


Muller3さんも「要は、ブログというものが世に流行り出す前から、日本にはネット上での『日記文化』みたいなものがあったということです」と国民性について述べています。

「日本の場合は、そういった習慣とブログの便利な『機能』が結びついてブログが広がっていった、と言えるかもしれません」と日記的なブログが多い理由について回答。
「その目的は、自分の考えや知識を広く知ってもらうことではなく、どちらかと言うと『コミュニティの形成っぽいところはあるかなと思います」と言及。

専門性のある情報を発信するブログより、身近な話題の日記的なブログが多い理由がわかったような気がしますね。

■日記ブログは国民性


上記の回答者同様に、国民性ではという意見は他にも寄せられています。

「国民性もあると思います。日本人は群れるのが好きですし、自分と同じ意見や考えを持っている人がいると安心し、意見を交わすことで自信を深めたりします」と回答するのはStimpyさん。

「良い面を見るならば、些細なことにも喜びを見つけ、ブログを肩ひじ張らずに楽しんでいるようにも思います」とも。さらに、海外とは違った独特の考え方や表現力があることについても触れています。

日本で、日記的なブログが多いのは国民性だと言えるようですね。家族や身近な出来事をブログで公開するのは、国民性も関係していると考えたら納得できるのではないでしょうか。


吹き出し この記事についてコメントしよう!

この記事についてどう思う?

みんなの反応

4

BAD

NICE

みんなの反応

8

この記事についてコメントしよう!

  • 今の自分の気分スタンプを選ぼう!
あと4000文字

投稿する

教えて!goo 教えて!gooで質問する

人気のコンテンツ

  • 専門家コラム

    恋愛・夫婦関係・健康・お金etcの悩みに専門家が回答!読みやすいコラムで配信中

  • せきらら女子会

    女同士でしか話せない年頃女性の本音が炸裂!

更新情報をチェック