知り合いが梅2kgを毎年蜂蜜に漬けています。とてもよい香りだかい梅、高価なはちみつを使っているだけあって、とても美味です。
 そこで梅だけでも同じものを頂き、蜂蜜に漬けました。
 瓶は焼酎35度のものでふいたのですが、白いカビの生え始める膜が!(涙涙号泣!)
 どうしたらいいのでしょうか?これから冷蔵庫に入れても遅いのでしょうか?
また、一緒に漬けている梅干も梅酢からはみ出ている部分は白い盛り上がった点々が増殖しつつあります。どなたか教えて下さい・・・これだけいい梅をだめにした私になんとか!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

梅を洗ったあと、濡れたまま蜂蜜や塩で漬けませんでしたか?


また、びんの消毒も大切ですが、梅そのものもつける前に焼酎でふいて消毒しましたか?

蜂蜜は糖度が高くて腐りにくいですが、塩よりも防腐効果は低いですので
漬け始めは冷蔵庫で保管しておいたほうが無難です。

さて、悪くなってしまった梅ですが・・・。

蜂蜜漬けのほうは、梅・はちみつ全体に腐敗がまわってしまっているようでしたら
あきらめるしかないでしょう。
梅の一部分だけのカビならば、その梅と周囲の梅を多めに取り除き
アルコールを含ませた清潔なふきんで容器や押しぶた、重石などをよく拭きます。
これは蜂蜜漬けも梅干しも共通です。
一度かびた梅には再びカビが出やすいので、気をつけましょう。

梅干しは、5キロ以下の少量でつけると充分に梅酢が上がらず、
梅酢に浸かっていない部分のカビの原因になります。
また、塩が少ない、サラサラの精製塩を使っている、
重石が梅の重量の2倍以上ない、押しぶたがかたむいていた、なども
梅酢がうまく上がらない原因です。
思い当たるふしはありませんか?

自己流の漬物は失敗が多いです。
お友達に蜂蜜漬けの正しい方法をもう一度きちんと伺ったり、
梅干しのおいしい漬け方のサイトなどもどんどん調べましょう。

失敗は成功の母です。
今回の失敗にめげず、来年またがんばって漬けて下さい!
    • good
    • 2
この回答へのお礼

 ありがとうございます。まだカビは表面に増え始めただけで全体にはまわっていません。
 蜂蜜漬けのほうですが、知人は2Kgの梅を5lの容器のふちいっぱいまでいれてつくっていました。だから空気に触れる面積が少なく(それでなくとも漬けてから数日で容積が増えて蜂蜜が溢れていたぐらいです)、腐敗を免れていたのではと思います。私の自宅よりは涼しい場所に保管していましたし・・。

 梅干についてはとても心当たりがあります。梅酢はきれいに上がりました。使用した塩もお高い非精製塩です。
 しかし確かに梅酢の上からはみ出ている部分のみにカビが生えています。瓶の底にちょうどぐるっと並べたあと、一つだけ梅が余ったのですが、重りからはみ出ることもあまり考えずぽいっと上にのせたし、重石がなかったため、水を詰めたジャム瓶で代用していたのです。タルト生地に詰める重りを買ったのですが、自宅に帰ったのが2日後だったためカビが生えていたというわけです。
 ありがとうございました。まったく成功の母はなんとやらですね。

お礼日時:2001/07/07 01:27

まずはアルコール(ウォッカの度数の高いものでも可出来れば60度以上、スピリタスと言う物が一番良いのですが。

もちろん消毒用の薬局のアルコールが良いです)を霧吹きで吹き付けてください。
それからすぐに冷蔵庫に入れてください。

表面だけでなく全体に入り始めているときは電子レンジに短い時間かけてやる方法もあります。
(煮沸と同じ効果があります)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 以前にも私の質問に回答していただいたことがあります。asuca様、ありがとうございます。
 電子レンジは知りませんでした。

お礼日時:2001/07/07 01:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q蜂蜜梅で大きさが変わらない梅とシワシワになる梅

今年、初めて青梅で蜂蜜梅を作り、おいしさに感動してます。

ただ大きさが変わらず丸のままの梅とシワシワの梅ができているのが不思議です。

食べるには、やはり丸のままの方がおいしいです。でも丸のままは全体の5分の1で、

ほとんどがシワシワです・・・。この違いは梅の質でしょうか?エキスが出るからシワシワに

なるのは仕方ないのでしょうか?できるなら丸のままにするのは無理ですか?

また、梅の実よりシロップのなくなるのが早いのですが蜂蜜を継ぎ足して液体を増やす方法は

しない方がいいですか?

どなたか、お詳しい方がいらしたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

<ほとんどがシワシワです・・・。この違いは梅の質でしょうか?エキスが出るからシワシワに
なるのは仕方ないのでしょうか?できるなら丸のままにするのは無理ですか?>

出来ますよ。
シロップを作る時に、蜂蜜の量を3分の1にして、漬け込み、2~3日後に、3分の1、さらに後日3分の1、と3回に分けて入れると、シワシワに成りません。
少しづつ糖分を加える事で、水分の流出を抑えられます。
毎年、20kgの梅で、梅酒とカリカリ梅と蜂蜜梅を作りますが、全部まん丸です。
蜂蜜梅は、美味しいですね、上白糖で漬けても美味しいですよ。
来年試して下さい。

Q梅ジュース 梅が白くなっています

青梅で梅ジュースをつくって10日経ちました。
適度にしぼんだり、へこんだりしてきたので、梅を取り出したところ、画像のように白くなっていました。梅酢に浸かっていない実に、白カビが生えるのは分かりますが、今回はエキスに浸っていた梅ばかりです・・・。ほぼ半分くらいの梅が、ほんのり白くなっています。
(画像の手前の梅のように、ヘタの部分がぽちっと白くなっているものもあります)
梅ジャムなどに加工したら食べられるでしょうか?
梅シロップはとりあえず加熱処理してみました。

Aベストアンサー

酵母菌じゃないかな?
特に心配することはなさそう。

Q赤梅酢で紅生姜を作った後の赤梅酢は、何か活用等がありますか?

赤梅酢で紅生姜を作った後の赤梅酢は、何か活用等がありますか?
昨年、梅干の副産物である赤梅酢で、紅生姜を作りました。紅生姜を食べ終わった後の昨年の赤梅酢は、何か活用できるのでしょうか?ちなみに冷蔵庫で保存していました。参考にした本では、紅生姜は、1年くらい大丈夫との事でした。ということは、赤梅酢も同様に1年くらいだとすると、処分するしかないんでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No2です
ホワイトリカーを使っているとのことで、私の物とは違いますが
ホワイトリカー自体も腐りにくい物です、
ただ表面にカビなどが生えるとまずいですが、しょうが自体が腐りにくいので、
漬ける前に一度液をなめてみて異常が無ければ、漬けることは可能だと思います
きかいあるごとに、液を嘗めて確認だけはしていてください
私のは梅その物を、漬けて作った、梅酢だと思いましたが、リカー自体も腐りにくいので大丈夫だと思います、ただ水分には気を付けて居てください、≪水が腐ります≫

Q安心安全蜂蜜(ハチミツ、はちみつ、ハニー)の入手方法を教えて下さい。

安心安全蜂蜜(ハチミツ、はちみつ、ハニー)の入手方法を教えて下さい。
母親が癌と診断され、食事療法を始めています。
はちみつがよいということで、購入したいのですが、ネットで調べましたところ、
たくさんありすぎて迷っております。
「マヌカハニー(マヌカ蜂蜜、マヌカはちみつ)」がよいという記事も見つけました。
蜂蜜は抗生物質の問題などもあり、慎重に選ぶべきかと思います。
価格は、少々高くても母親のためならと覚悟を決めております。
安心で安全で効果の高い蜂蜜を教えていただけないでしょうか。
お助けいただければ幸いです。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

過去18年の間、毎年2回、半年分のハチミツを注文し毎日愛用しています

http://www.shimotori.co.jp/index.htm

ハチミツがガンに有効か否か?識りませんが効果があれば宜しいですね

実は自分自身はある種のガンが15年以前に発症し、その後再発治療を繰り返しています、余命を保っているのはハチミツのお陰だと嬉しいのですが・・・

なお、ヤクルトにはある種のガンを抑制する成分を含有すると言う臨床実験データがあると言うので、15年來ズット続けて愛飲しています

以上ご参考までに

Q盆栽の梅が地植え5年、小さな実が成るも梅干は可能?

庭で、樹高2.0m、枝張りも1.5m程に育っています。
そして、マスカットの1粒程の大きさの実が成り、毎日のように落下した実が地面に散らばってます。
そこで、昨日、実を収穫してみるとバケツに一杯、約100~150個程度採れました。
捨てるのも勿体無いと思い、お尋ねします。

~質問~

(1)元の梅の種類が分かりませんが、<毎年、綺麗な白い花が咲く普通の梅だと思います>、別の南高梅の実と同じ要領で「梅干」「梅ジャム」「梅酒」を作れますか?
※大きさや果肉の少なさから、「梅干」のみでトライしようと検討してます。

(2)南高梅の実と一緒にして、悪影響するのは困るので、現在の所は、ダメ元で小粒の梅の実だけで梅干にトライしてみる積りですが・・・、小粒の実の場合の梅干に出来るかどうかの可否・留意点・作り方(可能な場合であれば)をアドバイス頂けませんでしょうか?

Aベストアンサー

普通の大きさの梅しか漬けたコトが無いのです。
「落下した実」まで熟れてしまった梅も漬けたコトが有りません。

熟れて柔らかくなった梅は崩れてしまって「梅干(漬)」「梅酒」に向かないように思います。
「柔らかい梅」と「固い梅」に分けてまずは「梅酒」にチャレンジされては?(お酒が楽しめるならですが?)

「梅干(漬)」はまずキレイに洗った「梅」を塩漬けして、紫蘇を利用して作ります。結構面倒ですよ。(最近さぼってます)
楽しめれば良いのですが。

梅ジャムの場合、「青梅」は中毒が怖いので、アク抜き?に流水に何日かかしていたように思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報