出産前後の痔にはご注意!

老齢年金は夫婦共有財産したがって財産分与の対象内!
障害年金は障害者個人の財産したがって財産分与の対象外!

これであってますか?

質問者からの補足コメント

  • ちなみに20歳前障害基礎年金です

      補足日時:2017/12/02 22:13

A 回答 (4件)

そもそもの発想が、まちがっています。


年金分割は、年金そのものをわけるわけではありません。
あくまでも 婚姻期間中の標準報酬月額などを分けるものです。
障害厚生年金受給者の場合の計算の基礎となってる場合の標準報酬の分割については制限があります。

あなたのいってる障害基礎年金は、そもそも標準報酬など関係ないのです。


実際に分割の情報を求められる場合は、年金事務所にててつづきしましょう。
婚姻期間のわかる戸籍謄本が必要です。
    • good
    • 1

離婚時の年金分割は、障害基礎年金(20歳前障害による障害基礎年金も含む)は対象外です。


したがって、あなたの場合には対象外です。

なお、別居後に得た財産が共有か否かということについては、このカテゴリ(年金)での回答にはなじまないので、私としてはお答えできません。
あしからずご了承下さい。

その他、年金の受給権などそのもの(年金分割も含む)ではなく、いったん口座に入ってしまった後の年金については、より細かい財産分与を考える必要が生じるだろうと思います。
ただ、法的にどのように扱うか(裁判での判例なども含めて)ということについては専門外なため、私は、お答えできるものを持っていません。
別途、法律カテゴリなどの適切なカテゴリで新たに質問していただいて、専門家の方からなどの回答を待ったほうが良いのではないかと思います。
たいへん申し訳ありません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
いいことを聞きました!

お礼日時:2017/12/02 23:07

いいえ。

合ってはいないと思います。
というのは、離婚時の年金分割という財産分与のしくみがあって、障害厚生年金は対象になるからです。
http://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/kyotsu/juk …

年金分割とは、厚生年金を対象にします。
ただし、厚生年金支給額全体を分割するのではありません。
定額部分と報酬比例部分とに分けられる厚生年金のうち、報酬比例部分の年金額を計算するときの基礎となる標準報酬に関して、婚姻期間のみを対象として、当事者間の多い側から少ない側へと分割します。
障害基礎年金をはじめとする国民年金は対象とはならず、厚生年金基金部分も除外されます。
合意分割と3号分割の2種類があり、いずれも、離婚後2年以内に分割の請求をしなければなりません。

◯ 合意分割
・婚姻期間中に厚生年金記録(標準報酬月額・標準賞与額)があること。
・当事者双方の合意または裁判手続により按分割合を定めること。
(合意がまとまらない場合は、当事者の一方の求めにより、裁判所が按分割合を定めることができる。)
・合意分割の請求が行なわれた場合に、婚姻期間中に3号分割の対象となる期間が含まれるときは、合意分割と同時に3号分割の請求があったとみなす。
(3号分割の対象となる期間については3号分割による標準報酬の分割に加えて、合意分割による標準報酬の分割も行なう。)

◯ 3号分割
・平成20年5月1日以後の離婚であること。
・国民年金第3号被保険者であった者(いわゆる「専業主婦である、サラリーマンの妻」)からの請求によること。
・平成20年4月1日以後の婚姻期間中の第3号被保険者期間について、相手方の厚生年金記録(標準報酬月額・標準賞与額)を2分の1ずつ、当事者間で分割するもの。
・婚姻期間中の、平成20年4月1日以後の国民年金第3号被保険者期間中の厚生年金記録(標準報酬月額・標準賞与額)があること。
請求期限(原則、離婚等をした日の翌日から起算して2年以内)を経過していないこと。
・当事者双方の合意は必要としない。
・分割される側が障害厚生年金の受給権者である場合で、分割請求対象期間が障害厚生年金額の基礎となっているときには、3号分割を行なうことはできない。

以上を言い替えて簡潔にまとめてみると、以下のとおりとなります。
障害厚生年金を受けている場合に、年金分割の対象となります。

◯ 障害厚生年金受給者が分割させられる場合
1.合意分割 ‥‥ 認められる。
2.3号分割 ‥‥ 認められない。但し、障害認定日以降の分だけの分割は認められる。

◯ 障害厚生年金受給者が分割を受けられる場合
1.合意分割 ‥‥ 認められる。
2.3号分割 ‥‥ 認められる。
ただし、いずれの場合も「300月みなし」で計算された障害厚生年金を受給している者に対しての分割請求は認められません。
(300月みなし ‥‥ 障害厚生年金は障害認定日までの厚生年金加入月数で年金額を計算するが、その期間が300月以上ならば実納付月数で計算するものの、300月に満たない場合は300月とみなして計算する)

年金分割が行なわれた後は、以下の注意が必要です。
非常に複雑ではありますが‥‥。

◯ 合意分割
合意分割があった翌月分から、合意分割反映後の年金額に改定する。

◯ 3号分割
遡及請求が行なわれたときは「婚姻期間中の、平成20年4月1日以後の国民年金第3号被保険者期間」と「障害厚生年金額の基礎となる期間」とが重複することも考えられるので、3号分割をいったん取り消して、あらためて、重複しない期間のみについての改定を行なう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

障害基礎年金の方は対象外と言うことでいいのですか? それと別居してから得た財産は共有ではないですよね?

お礼日時:2017/12/02 21:45

そうです

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q離婚に伴う障害年金の年金分割はどうなりますか。

私は離婚しました。その際、年金分割の按分を0.5とすることに同意しました。その時点では、私には退職年金のことしか念頭にありませんでした。
しかし、私は精神疾患を抱えており、その後、手を尽くして障害年金の受給にこぎつけました(しかし、私は共済組合員ですので、受給は退職後からとなります)。勤め先の担当者に確認したところ、この障害年金も年金分割の対象となるそうです。私としては、退職年金はともかく、障害年金までも分割されることに納得がいきません。その最大の理由は、精神疾患を抱える私に対して、別れた妻が非常に冷淡だった、という一言に尽きます。
障害年金の分割按分について、変更を行う手段はあるでしょうか。なお、年金分割の審判か下ったのは最近のことですので、即時抗告を行う日数は、まだわずかに残っています。

Aベストアンサー

双方合意の下なら可能です。
二人の署名捺印して合意文書及び標準報酬改定請求書を作成して、最寄の年金事務所にて手続きが可能です。

合意が形成されない場合、いかようにも無理です。
キチンと先方には不利益になる旨をご説明ください。
貰える権利がないなどの虚偽説明では不十分です。
後の裁判などで、慰謝料請求される羽目にもなります。

Q離婚後の障害者年金について

うつ病の妻と離婚の話が進んでいます。

妻は障害者年金を受給していますが、離婚によって支払いが停止するようなことはあるのでしょうか?
私はサラリーマンで厚生年金に加入しており、妻は被扶養者となっています。

Aベストアンサー

奥さんの障害年金は離婚することによって停止されることはありません
年金は本人に対して支給されるため離婚による失権及び支給停止は
ありません。
ただし奥さんの障害年金が障害基礎年金の1級もしくは2級であれば
18歳の学年末までのお子さんがいらっしゃって加算がついている場合は
奥さんと生計を同一とされる場合は継続して加算がありますが
旦那さんとの生計が同一となればこの加算はなくなります。
また奥さんの障害年金が障害厚生年金の1級もしくは2級で旦那さんが
60歳未満で障害年金もしくは遺族厚生年金をもらっていなければ
奥さんに配偶者加給金が付いていますがもし付いている場合には
離婚によりこの加給金はなくなります。

Q障害年金で夫婦で遊びまくりっておかしくない?

私の友人夫婦は、奥さんの障害年金で遊びまくってます。
精神病で年金をもらっているそうですが、遊びに使うくらいならもらうのをやめてほしいです。
あれを買った、これを買った、どこそこに行ってあれを食べた、貯金がいくらになった、そんなことばかり話してきて、正直気分が悪いです。
生活保護について厳しくなっているそうですが、障害年金こそ見直しをした方がいいと思います。
年金をもらわなくても生活や通院が十分にできるのに、どうして遊ぶ金を国は渡しているのか、理解できません。

Aベストアンサー

言いふらしてるだけで 実際は違うかも知れません・・し・・もし 事実だとしても それを どうやったって あなたのお金が増えたり減ったりする事はありません

障害年金や生活保護費が日本から消えても あなたが払う税金の額は変わりません・・

「他人は他人」放っとくのが一番・・・・

Q相続で財産が手に入ったら、障害年金は減りませんか?

私の兄は精神病なので、障害年金をもらっています。
今年、父が亡くなりましたので、兄にも遺産を相続してほしいと思っています。

もしかして兄が多額の預金や土地を相続した場合に、兄の障害年金が減額、ストップされることがないか心配です。

兄が相続をしたら障害年金は今まで通りの金額をもらうことができるのでしょうか?

Aベストアンサー

「20歳前初診による障害基礎年金」を受けている場合には、所得制限を伴います。
年金証書に記される年金コード番号が「6350」になっています。

ところが、障害基礎年金の所得制限をみるときには「相続、遺贈又は個人からの贈与による所得」を含めないことになっています。
「相続、遺贈又は個人からの贈与による所得」は相続税や贈与税の課税対象となるため、さらに障害基礎年金の所得制限に含めてしまうと、いわば「二重取り」になってしまうからです。

以上のことから、年金コード番号「6350」の「20歳前初診による障害基礎年金」であっても、実は、相続での障害年金の減額・支給停止を心配する必要はありません。
したがって、回答1は、実は誤りです。
要するに、相続した所得そのものによって障害年金(障害年金の年金コード番号が「6350」以外であっても)の受給額が影響を受ける、ということはありません。

ということで、お兄さま本人に相続税や贈与税はかかってくるものの、障害年金そのものに関してはご心配には及びません。

なお、相続人が障害者であるときは、85歳に達するまでの年数1年につき、10万円(特別障害者のときは20万円)が、障害者控除として、相続税額から差し引かれます。
つまり、その障害者控除の分だけ相続税額の負担が軽くなります。
こちらはご存じでしたでしょうか?
精神障害者保健福祉手帳を所持している必要があり、手帳が1級の場合に特別障害者として扱われます。
(参考 ‥‥ https://goo.gl/BqtrNu[国税庁タックスアンサー])

「20歳前初診による障害基礎年金」を受けている場合には、所得制限を伴います。
年金証書に記される年金コード番号が「6350」になっています。

ところが、障害基礎年金の所得制限をみるときには「相続、遺贈又は個人からの贈与による所得」を含めないことになっています。
「相続、遺贈又は個人からの贈与による所得」は相続税や贈与税の課税対象となるため、さらに障害基礎年金の所得制限に含めてしまうと、いわば「二重取り」になってしまうからです。

以上のことから、年金コード番号「6350」の「20歳前初診...続きを読む


人気Q&Aランキング