gooドクター有料プランが1ヶ月間無料!

抵抗率ρの均一な材質でできた半径 r の 十分に長い円柱導体に,電流 I が円柱の中心軸方向に均一に流れている時の円柱導体側面部ポインティングベクトルの大きさはS=(ρ*I^2)/(2π^2*r^3)になるようなのですが理由がわかりません.

アンペールの法則を考えると,H=I/(2πr)なので電界はE=S/H=(ρI)/(π*r^2)になるはず,ということまではわかったのですが...

どなたかお力添えください.

A 回答 (1件)

>E=S/H=(ρI)/(π*r^2)になるはず


これが導けないということですか?
抵抗率の定義とオームの法則から導けます。

この円柱導体の長さLの部分の抵抗の大きさRと電圧Vを求めてみましょう。
Rは抵抗率に長さをかけ断面積で割ればよいので
R=ρ*L/(π*r^2)
電圧は電界*長さですから
V=E*L

以上の値をオームの法則V=I*Rに入れるとEをρ,I,rの式で表せます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かにこの方法で答えを導出することができました.
毎回,本当にありがとうございます.

お礼日時:2017/12/25 17:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング