人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

最近、BTB溶液の青色は分子の色で、アルカリ性だからというわけではないと教えていただきました。
ところがもともとアルカリ性だとおっしゃる方もおられます。
さらにはもともと青色というのも違うという方もおられます。

BTB溶液といっても溶媒によっていろいろだともいえるでしょうが、一般的に市販されているBTB溶液の色とPHはどうなっているのでしょうか?詳しい方がおられましたらぜひ教えて下さい。

もし市販のBTB液がアルカリ性だというのであれば
フェノールフタレインをくわえると赤色になるのでしょうか?
もし中性だけれど分子の色が青いから青色であるだけなら食塩水にくわえたら緑色に変色するのでしょうか?

A 回答 (4件)

BTB溶液が青色なのは、青色に調整するからです。


単純に、BTBをアルコールと水に溶いたら、緑色になります。その後、実験に応じてうすい酸の水溶液やアルカリの水溶液を入れて調整をします。
このときに、うすいアルカリ水溶液を入れると青色になります。青色のものを見ることが多いのは、酸性を調べる実験が多いからではないかと思います。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

ありがとうございます。
つまり、一般に市販されているBTB溶液は緑色で中性ということでしょうか?
そもそもコンビニに並んでいるようなものではないので「一般に市販されている」というのがおかしいのかもしれませんが。
確かに、中学でよくやるオオカナダモの呼吸と光合成の実験ではBTB溶液をあらかじめアルカリにしておくようですね。

お礼日時:2004/09/28 09:42

http://tokyotaikido.co.jp/yakuhin.files/btb.htm
では、NaOHを加えて弱アルカリ性にしているようです。
(無色と書いてありますが、薄い青でしょう。)

BTBはpH>7.6で青になるのに対し、フェノールフタレインはpH>8.0で薄いピンク、pH>10.0で濃いピンクになるようです。
微妙ですが、フェノールフタレインで赤くなるほどのpHではないように思われます。

弱アルカリ性でも、薄めれば中性に近づきますから、食塩水で緑になるのでしょう。

BTB分子の構造は、
http://tbcc.todo.ne.jp/morgue/bromothymol-blue/
で、フェノール性のHを持っているので、これだけなら弱酸性ではないでしょうか?(自信なし)

変色するのは、pHにより分子構造が変わるからです。
http://www.kiriya-chem.co.jp/q&a/q43.html

分子の色が青という言い方は、?です。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます。
もともと弱酸性ならわずかな水酸化ナトリウムはそれを中和して中性にするためということはないでしょうか。

お礼日時:2004/09/28 09:54

私が見たことあるBTBは、青かった。

青いから、アルカリ性だという単純な結論だったんだと思う。元々青色じゃないというのも、正しいのかもしれない。粉と、エタノールだし、基本は三色の変化だから、フェノールフタレインというのは知らないけど、赤色には変わらないはず。多分、食塩はアルカリで、緑にはならないと思うけど、食塩水と食塩・・・何とも疑問である。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2004/09/28 09:34

BTB溶液(高校化学で学習したときは、ブチル・チモール・ブルーと記憶していましたが、プロモ・チモール・ブルーでした。

)

ブルーで弱アルカリ性ではないかと思います。リトマスと同じような指示薬なので、私も中性とおもっていましたが、次の参考URLでは、どうやら弱アルカリ性のようです。

http://www.kagakukan.sendai-c.ed.jp/yakuhin/yak/ …

参考URL:http://www.kagakukan.sendai-c.ed.jp/yakuhin/yak/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
では、フェノールフタレイン溶液を加えれば赤く変色するのでしょうか?

お礼日時:2004/09/28 09:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QBTB溶液って元々は何色?

BTB溶液をビンから出して使う訳ですが何もしないで
そのまま出した時は何色になっているのでしょうか?

Aベストアンサー

中性の時は茶色がかった深緑色のような感じです。
酸性やアルカリ性に傾くと色が変わります。

QBTB溶液について教えてください。

青色のBTB溶液に中性の水を入れたとき、青色のままだと聞いたのですが、どうして緑色にならないのですか?中性には、BTB溶液の色を変える性質はないのですか?

Aベストアンサー

あなた自身がすでに答えを見抜けているはず。
 見抜けないとダメ。
  先に、NaOH水溶液で調整するという知識を与えるのは理科の指導者としては【逆効果】。

 そんなデータ以前に!!!科学的見かたができれば
「青色のBTB溶液に中性の水を入れたとき、」
の時点で、
この(青色の)BTB溶液は、【塩基性】だとわかっているはずです。< ---でしょ。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 塩基性の水に中性の水を入れたって酸性は無論、中性にもならない。中性近くまで加えるとBTBはものすごく薄められてしまって色なんかわからない。

 ここからは、そのうえでなぜ塩基性かということ
BTB (pH指示薬)
( http://www.rikadaisuki.edu.saitama-u.ac.jp/recipe/chemistry/jikken/BTB/BTB-pH01.htm )

BTBは、「酸塩基指示薬として用いる場合、N/50 NaOH 8cm³にBTBを0.10g溶解させ、250cm³の水で希釈( https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%A2%E3%83%81%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC )」して塩基性にして、酸の検出に使用します。

★理科は「目的をもって・・実験観察をおこない。科学的な見方や考え方を養う。( http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/youryou/chu/ri.htm )」ための学問ですよ。知識を身に着けるものでは断じてない。BTBがpHによって色が変わるという知識だけではダメなのです。
 もちろんNaOH水溶液で調整するという知識を先に得てしまうと【逆効果】

>青色のBTB溶液に中性の水を入れたとき、
   薄めると・
>(BTB溶液は)青色のままだと聞いたのですが、
   「中性にはならない」と考えるべき
>どうして緑色にならないのですか?
  ・・中性にしならない
>中性には、BTB溶液の色を変える性質はないのですか?
  中性ではBTBは緑のはず<------これも知識に過ぎない
  当然の帰結として
   ・溶液が中性になったか?
   ・BTBは中性だと緑か??<--- 酸を加えていった経験があればわかる。

 BTBなど指示薬を用いたたった実験さえしていれば、これらのことすべて身に着けられるはず。(酸性・塩基性)の溶液をとことん薄めたら・・。変色域での変化は?。指示薬とは・・
 座学より、実験をすることがいかに重要かということ。

【引用】____________ここから
第2章 各教科
 第4節 理科
  第1 目標
   自然の事物・現象に進んでかかわり,目的意識をもって観察,実験などを行い,
  科学的に探究する能力の基礎と態度を育てるとともに自然の事物・現象について
  の理解を深め,科学的な見方や考え方を養う。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ここまで[第2章 各教科 第4節 理科:文部科学省( http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/youryou/chu/ri.htm )]より

塩基性の水に中性の水を加える=薄めると、中性にはならない。pH12の水を100倍に薄めるとpH10になる。だからと言ってpH8を100倍に薄めても、pH6にはならない。

あなた自身がすでに答えを見抜けているはず。
 見抜けないとダメ。
  先に、NaOH水溶液で調整するという知識を与えるのは理科の指導者としては【逆効果】。

 そんなデータ以前に!!!科学的見かたができれば
「青色のBTB溶液に中性の水を入れたとき、」
の時点で、
この(青色の)BTB溶液は、【塩基性】だとわかっているはずです。< ---でしょ。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 塩基性の水に中性の水を入れたって酸性は無論、中性にもならない。中性近くまで加えるとBTBはものすごく薄められてしまって...続きを読む

QオオカナダモのBTB溶液の実験で 元の色は青色ですよね。 そこで、呼気を吹き込むということは二酸化炭

オオカナダモのBTB溶液の実験で
元の色は青色ですよね。

そこで、呼気を吹き込むということは二酸化炭素を吹き込むということ。

二酸化炭素は酸性なのに黄色ではなく何故、緑色・中性になるのでしょうか?


分かりません。
教えてください。

Aベストアンサー

水に二酸化炭素を吹き込むと極少量の炭酸ができて本当に弱い酸性となります。
水は二酸化炭素を溶かす性質を持っていますが、その溶けた二酸化炭素の本当にごく一部が炭酸になり、大部分は水に溶けているけれど二酸化炭素のままです。

この実験はちょっと引っ掛けっぽい問題なのですが、
中性の水に息を吹き込むと少し黄色っぽくなる可能性がありますが…実際に実験してみないと判らないですね…BTB溶液の調整法とか他の要素が微妙に影響するので…。
この実験では青色の液に息を吹き込んでいます。
青ということはアルカリ性です。
呼気の二酸化炭素の一部が炭酸となりアルカリを中和して中性になります。

酸やアルカリの中和反応は中学高校で出てくるのですが、根本的なことを理解するためには大学の理系の基礎課程辺りで勉強しないと理解が難しいです。
簡単な実験なのですが、中高の化学では基本的なことを説明しようとすると難しい理論が必要な事が多いですね。

QBTB液について

すごく簡単で申し訳ないのですが・・・。
ふと疑問に思ったのですが、中学の理科でオオカナダモなどをBTB溶液の入った試験管にいれて光合成について調べる実験がありました。
アルカリ性→青色
中性   →緑色
酸性   →黄色
ということなのですが、植物が光合成をするとなぜBTB溶液は青くなるのですか?これは、酸性の性質をもつ二酸化炭素の減少と理解していたのですが、酸素の増加は関係ないのでしょうか?また、アルカリ性という部分に違和感を持ってしまうのですが・・・。

Aベストアンサー

「すごく簡単で申し訳ないのですが・・・。」実はそんなに簡単ではないようですよ。特に中学ではほとんど説明できないのではないかと思います。

(1)純水にBTBを入れます。 →中性で緑となります。

(2)次に,呼気の二酸化炭素を吹き込みます。→酸性で黄色となります。
ここまでは生徒も納得いくのではと思いますが。

(3)光合成をさせます。→アルカリで青色となります。
この現象をCO2のみで説明していますが,無理があるのではないかと思います。CO2がなくなれば中性に戻るだけなら納得がいくでしょうが。

一般に光合成の盛んな水槽のPHは9~10と強いアルカリ性を示します。熱帯魚等はCO2添加剤を加えながら,ほとんどこのPHで飼育しますのでご存じの方も多いと思いますが…。

教育の中である面で先生が説明できない典型的な例と思います。CO2のみでなく,H+の消費という観点からでないと説明できないのではないかと思っています。中学の先生方は大変だと思いますよ。

化学の専門家の意見をぜひ聞いてみたいものです。

QBTB溶液の色の変化について

BTB溶液の色の変化については小学校の理科でも習いますが、製品としてのBTB溶液の色は青色ですよね(何かアルカリ性の溶質が入っているからかなと思っています)それだと砂糖水や食塩水など中性の液体を多少入れても青色のままであるように思います。それとも緑色に変化するのでしょうか?またなぜもともと緑色にはなってないのでしょうか?

Aベストアンサー

またまた#3の人です

塩化銅...CuCl2ですね。CuClは水に溶けないし
溶液を見たことはありませんが、青~青緑色になりそうですね。

もちろん、BTBを滴下したときの色は無色の溶液の場合とは異なります。とゆうことで普通やりません(笑
どうしてもということであれば、BTBをろ紙にしみ込ませて試験紙とすれば、液の色の影響を受けにくくできます。しかし、前述のように液量が少ないと指示薬自体の液性の影響を受けやすくなります。

ちょっと質問から外れますが、塩化銅溶液にアルカリを加えると、BTBの色の変化以前に水酸化銅の沈殿が出るはずです。pH8くらいで銅はほぼ完全に沈殿してしまいます。

QBTB液を放置すると

BTB液を緑色にした後、そのままにしておいたら青色になりました。何が原因なのでしょうか?空気中の二酸化炭素が溶け込んで黄色になるかな?と思っていたのですが・・・。解答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

QNo.87406 水道水のpH(BTB液)で回答したmissionです。
そちらの回答も参考にしていただきたいのですが、水には(特に水道水など自然の水)には、炭酸などの酸をある程度中和緩衝できる能力(アルカリ度といいます)があります。
ご指摘のとおり、理論的には空気中の二酸化炭素が溶解して、BTB溶液は黄色にシフトするのですが、さきほどのアルカリ度のため水道水を加えた場合、二酸化炭素の酸としての機能は緩衝されてしまいますので、基本的には緑色になると考えられます。

しかし、水道水は、蒸留水などのピュアな水と違って、色々な物質が、溶け込んでいます。
ですので、使用された水道水の水質を見なければ確実な回答はできませんが、推測としては、元々使用された水道水が弱アルカリ性であったため、一時的に緑色になったが、元々の水質(pH)のために酸アルカリ平衡が緩慢に進行したため青色になった。
もしくは、塩素消毒の副生成物であるトリハロメタンや、または、他の水質成分が加水分解した結果、アルカリ性にシフトした。

等、いろいろ考えられますが、ともかくその水道水の水質を見ない限り結論は出せません。

など、小難しい理論を述べましたが、水道水の原料は、あくまで自然水ですので、理論的にはいきません。そのへんも理解していただきたく回答しました。

QNo.87406 水道水のpH(BTB液)で回答したmissionです。
そちらの回答も参考にしていただきたいのですが、水には(特に水道水など自然の水)には、炭酸などの酸をある程度中和緩衝できる能力(アルカリ度といいます)があります。
ご指摘のとおり、理論的には空気中の二酸化炭素が溶解して、BTB溶液は黄色にシフトするのですが、さきほどのアルカリ度のため水道水を加えた場合、二酸化炭素の酸としての機能は緩衝されてしまいますので、基本的には緑色になると考えられます。

しかし、水道水は、蒸...続きを読む

Q酸素って何性ですか?

二酸化炭素は水に溶けると酸性になりますよね?
では、酸素は水に溶けると何性になるのでしょう?
教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

酸素そのものは、水に溶けた状態でも普通イオン化せずそのまま酸素ですからあえて言えば「中性」ですね。
酸は、たとえば炭素や水素と結合して炭酸になり、窒素と結合すると硝酸に、イオウだと硫酸となります。ですから「酸」になる「素」と考えればいいのではないでしょうか。

QBTB溶液を使った光合成の実験について

緑色のBTB溶液の入った試験管を用意してオオカナダモを
それにいれて一方はそのまま日光に当てて2,3時間放置し
他方はアルミ箔で覆って同様に放置しておきその後の溶液の
色から分かる事を考えるという問題が
あるのですが前者は
二酸化炭素が減ってBTB溶液が青色になるのですがこれは
何故でしょうか?

二酸化炭素が増えて黄色になるのは理解できるのですが
二酸化炭素が減って青、つまりアルカリ性になるのは
なぜだか良く分かりません。

よろしくお願いします

Aベストアンサー

もう降参ですね。

水素イオン指数の説明と,光合成の明反応でH+が消費されることを説明しないで,水質がアルカリ性になることの説明は難しいことです。

まさか,中学生に「実は二酸化炭素は関係ないのだ。葉緑体に光さえ当てれば,H+が消費されアルカリ性になるのだよ。」とは言えませんでしょうし…。

すみません降参です。

Q二酸化炭素は水に溶けるほうですか?

参考書によって、二酸化炭素はほとんど水に溶けないと書いてあるものもあるし、水によく溶けると書いてあるものもあってどちらで覚えておいてよいか迷います。先生は、溶けないことはないが、よく溶けるとも言えないと、何ともあやふやです。教えて下さい。

Aベストアンサー

溶けやすいか、溶けにくいかといわれれば、『溶けにくい』と言えるでしょう。
もちろん、酸素などと比べれば多く溶けるでしょうが、常識的な判断として溶けやすいとはいえません。炭酸水にしても、圧力をかけて無理矢理溶かし込んでいるだけで、化学的な意味で溶けていると言うのとは少し違います。つまり、それらは平衡でない状態で、『一時的に』溶けているだけで、ちょっとしたことで、二酸化炭素は逃げてしまいます。それでも溶けていると言うことは可能ですが、状態としては過飽和ですので溶解度の議論の対象外になります。これは、過冷却水の温度が0℃以下になるからと言って、水の凝固点を-10℃といったりしないのと同じことです。

常識的な考えとして、よく溶ける気体と言うのは、アンモニアや塩化水素のように水の質量の3割とか4割以上の割合で溶けるもののことを言うと思います。

Q塩化ナトリウム水溶液について

実験で塩化ナトリウム水溶液にBTB液を加えたものが黄色になっていました。中性なので緑色になると思ったのですが、なぜですか? 教えてください

Aベストアンサー

空気中には二酸化炭素が含まれています。これが水に溶けると炭酸ができます。そしてこの炭酸は弱酸性です。

塩化ナトリウム水溶液に空気中の二酸化炭素が溶けて炭酸が生成して溶液は酸性になりBTB液が酸性を示したと考えられます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング