よくTVなどで「当時大卒の初任給は○○円でしたから、大変な金額だったことが分かります。」といった表現がされますが、この「大卒初任給」の変遷が一目で分かるようなホームページ、または資料などはないでしょうか。ご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教授願います。

A 回答 (2件)

値段史年表 明治・大正・昭和


週刊朝日 (編集)
価格(税別): ¥1,602
単行本 - 218 p (1988/06/01)
朝日新聞社 ; ISBN: 4022558687 ; サイズ(cm): 14 x 20

同じ週刊朝日の編集で「値段の風俗史」のほうには公務員などの初任給が出ているそうですが,入手可能なのは上記のほうです.
大卒初任給が掲載されているといいんですが・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こういう本を探していました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/07/17 16:17

こちらでは如何ですか.



参考URL:http://www.miraikan.go.jp/toukei/002/statistics/ …

この回答への補足

アドバイスありがとうございます。
私が時期を書かなかったのがいけないのですが、必要なのは大正期のデータです。
申し訳ありませんでした。

補足日時:2001/07/12 11:14
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q戦後の大卒初任給の一覧表のサイト

戦後の大卒初任給の一覧表が載っているサイト
があれば教えてください。
とくに1960年前後が知りたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

厳しいね
http://tv.yahoo.co.jp/special/digital_tv/part4/6.html
ここで文章ではあるけど

http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/html/hpad198001/hpad198001_2_073.html

http://www.smbc.co.jp/kojin/merumaga/trend.html

こんなもんでしょう

Q当時の戦闘機 戦艦をみれるところ。 当時を知るなら靖国神社ですか?

第二次世界大戦の時代の、戦闘機を当時のままみれる場所はありますか?レプリカなどがあるのはインターネットでみかけました。でもピカピカでどでかいおもちゃのようで、なんだか求めてるものとは違いました。とうじのまま、というか、本当に戦闘してきたというのが残っている戦闘機を保存している博物館みたいなところはないのでしょうか?戦艦なども。。。

あと、特攻隊や当時の歴史に関するものをみたいです。どこかいいところはありませんか?やはり靖国神社でしょうか?教えてください

Aベストアンサー

国内に限りモノの大小問わず、であるならば
http://homepage3.nifty.com/ki43/index.html
が網羅的です。

 なお、飛行機については結構残っています。
 これは大体埋まってたり沈んでいた奴を発掘して足りない部品を補う形で当時の姿に近付けています(レストアといいます)。
 逆に様々な趣旨からそれをしていない展示もありますし、部品だけ、なんてところも多い。
 どちらにせよ「当時のまま」というのは難しい状態です。前者は展示用にピカピカですし、後者は”使用後”の姿ですからね。

 船に関しては戦艦はおろか、小艦艇の類ですら現在は残っていません。
#ついこの前まで1隻残っていましたが、貧乏な行政が解体してしまいました
 国内の船でWW2に絡んだのは横浜に繋留されている「氷川丸」(病院船)、船の科学館に展示されている「宗谷」(特務艦として輸送・観測などに従事)ぐらいでしょうか。

 もっとも、海外に目を向ければ、戦艦・潜水艦などは記念に保存されているモノもありますし、当時から保存されていた機体やレストアした機体を(趣味で)飛ばしている団体もあります。

国内に限りモノの大小問わず、であるならば
http://homepage3.nifty.com/ki43/index.html
が網羅的です。

 なお、飛行機については結構残っています。
 これは大体埋まってたり沈んでいた奴を発掘して足りない部品を補う形で当時の姿に近付けています(レストアといいます)。
 逆に様々な趣旨からそれをしていない展示もありますし、部品だけ、なんてところも多い。
 どちらにせよ「当時のまま」というのは難しい状態です。前者は展示用にピカピカですし、後者は”使用後”の姿ですからね。

 船に...続きを読む

Q江戸時代の人口構成についての資料をご存知ですか?

江戸から明治に変わるときにどれだけの武士が失職したのかを調べたいと思っています。
江戸時代の人口がどれくらいであったのか、その内士農工商のそれぞれの構成比率がどれくらいであったのか?そういう情報が載っている資料をごぞじでしたら教えてください。

Aベストアンサー

明治の初期の人口は、約3000万人と言われています。
このうち、武士階級の人口は、10%と推定されているのを記憶しています。
すると、約300万人になりますが、これは家族を含めた人数です。1家族が6人平均とすると、武士は、50万人になります。
 関原で戦った東西両軍は、17万人。上杉や伊達のように参戦しなかったり、国元を守る為に残っている者がほぼ同数とすると、1600年で34万人ということになります。それから明治維新まで人口は増加しているので、50万人の数字は、それほど外れていないでしょう。
 あるいは、旗本八万騎という言葉が有ります。徳川幕府は400万石ですので、50石で武士一人という計算になります(赤穂藩のように、5万石で250人という藩もありますが)。明治初期の日本の石高が2500万石なら、50万人です。
 
 
 かり大雑把ですが、30万から60万人の範囲、50万人くらいかなと推定しています。

Q世界史を学びたいです。学校案内ご教授ください。

今、現在20歳のフリーターです。
世界史の学校に行きたいのですが
私の調べ方が下手なのか見つかりません。

東京近辺で世界史だけを学べる大学はありますか?

(私が調べると゜東大゜と世界史ではなく日本史を重視している大学しかみつかりませんでした(汗))

どうかご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

・世界史だけを

学び、卒業しなくていいなら
聴講生・科目履修生で申し込んだら?
例えば、
明治大学

http://www.meiji.ac.jp/koho/lifelongstudy/attendance/index.html

あと通信主体ですが、東京ならスクーリング、試験も楽なので

放送大学 の史学系科目
NHK学園高校 の世界史 

を見てみて、気にいったら、科目登録しては???

http://www.ouj.ac.jp/index.html

http://www.n-gaku.jp/sch/about_subjects.html

Q江戸~明治にかけての日本の変遷について

江戸~明治にかけての日本の変遷について

学校の歴史の課題で、江戸時代から明治時代にかけての日本が外国との関わり合いの中でどのように変わっていったのかを黒船・開国・攘夷・維新・文明開花の5つの語句を必ず使って200字程度で簡単にまとめよ、という課題が出たのですが、私は歴史が苦手なので一体何をどう書いたらいいのかわかりません(一応授業はちゃんと聞いていたのですが先生の話し方がやたら難しくて・・・良い先生なんですけど^^;)
私が覚えている限りでストーリーを組み立てると、
「ある日突然黒船がやってきて開国を迫られた日本で、開国派とそれに反対する派閥(攘夷?)にわかれ激しい対立(維新?)が起きたものの、結局反対派は敗れ、開国によって外国の文化が次々と日本に取り入れられた結果文明開花が起きた。」
という感じになるのですが・・・(稚拙な文で本当にすみませんm(__)m焦)
はたしてこれで合っているのか疑問ですし、そもそも問題では「日本がどう変わっていったか」を問うてるのでこれでは答になりません・・・orz
つまり、当時の人々の思想や国内情勢(政治や経済など)といったものがこれらの出来事(黒船来航や開国、維新など)によってどのように変わっていったのかを知りたいです。(できれば分かりやすくお願いします^^;)
また「こんなこと書いたらいいんじゃない?」みたいなアドバイスがあったらぜひお願いしますm(__)m
明後日が提出期限なのでそれまでに回答頂けると非常に助かります^^;

江戸~明治にかけての日本の変遷について

学校の歴史の課題で、江戸時代から明治時代にかけての日本が外国との関わり合いの中でどのように変わっていったのかを黒船・開国・攘夷・維新・文明開花の5つの語句を必ず使って200字程度で簡単にまとめよ、という課題が出たのですが、私は歴史が苦手なので一体何をどう書いたらいいのかわかりません(一応授業はちゃんと聞いていたのですが先生の話し方がやたら難しくて・・・良い先生なんですけど^^;)
私が覚えている限りでストーリーを組み立てると、
「ある日突然黒...続きを読む

Aベストアンサー

答えを書いちゃうとアレなので、実際に起きたことを中心に書きます。たぶん先生が説明したことと同じです。できれば世界地図もちょっと見てもらうと、より分かりやすいと思います。
またおいくつなか分からないのですが、課題のレベルから見て高校レベルと判断して書きます。


そもそもこの時代までに、欧米がアフリカからアジアまでを植民地にしてどんどん日本に近づいてきていたのは習ったと思います。当時の船は帆船がほとんどやっと蒸気船を使い始めたばかりでした。そして当時は鯨から油(鯨油)を取っていたために鯨を煮るための水と薪が大量に必要で、欧米列強は各地に水と薪の補給基地(港)をいっぱい作りたかったのです。そのため、ロシアや英国などの船が長崎などに来て、開国を求めます。またロシアは現在の北方4島にいる日本人居住地域に攻撃を仕掛けて、損害をあたえます。
で、日本は鎖国政策を採っていたので、困ってしまいます。しかし軍事力で絶対に勝てない相手と戦争するのは、かえって占領されてしまう危険もはらんでいます。
そのような時、あなたならどうするでしょうか?
開国派は危機を乗り越えようと考えて、開国する方針を固めつつありました。


・攘夷
ところが、鎖国を維持したい頭の固い人々も黙っていません。いつの世も保守派というものはいるもので、天皇に協力してもらって、徳川将軍に夷敵打ち払い令を出します。将軍は元々「征夷大将軍」といって、夷を征する軍司令官ですから天皇の命令に従うしかありません。
でそれを律儀に守った長州藩とフランス軍の間で戦闘があり、一部占領されてしまいます。開国派の危惧していた通りになったわけです。
そこで幕府は、遭難した船に限って薪と水を与える薪水給与令を出して何とか収めようとします。

・黒船
でそこにやってきたのが黒船です。アメリカは植民地政策に出遅れたことと、太平洋を渡った先のアジアで一番アメリカに近い日本列島になんとしても港がほしかったのです。それが軍事力を背景にした、ペリーの来航につながります。他の国と違って最初から武力を背景に大々的にやってきたのです。今のアメリカの軍事的なこわもてぶりはこの時代から続いているといえます。(もっともこの前に何度かアメリカ軍艦が日本に来てはいますが・・)

・開国
で煙を吐く蒸気船や多数の鉄砲など武力を背景にペリーは開国を迫るわけです。日本は長州の一件で戦争すればどうなるか分かっていましたし、中国のアヘン戦争敗戦と南京条約の経緯も知っていましたので、しぶしぶ開国をします。
ところがこれが保守派を刺激し、また天皇の勅許を得ていないかったため、保守派の反乱が起き安政の大獄が行われます。これが結果として「桜田門外の変」を誘発します。
つまりこのころの日本は開国したくない保守派と開国しないと国が無くなると憂慮する開国派で国が割れている状態だったのです。
で、あなたならどちらにつきますか?

・維新
こういう幕府の有様は、各地の大名を不安にさせます。その中でもいわゆる薩長土肥は不満に思う人が多く、また開明思想として外国は王を中心とした君主国家であることを学んだため、次第に幕府を倒して天皇を君主とする国つくりの方向が出てきます。これが尊王であり、天皇を中心とした国家ができれば攘夷もできる、と考える人が多かったのです。

・文明開花
で、今大河ドラマでやっているように、明治維新が起こります。維新後新政府は幕府が行った条約があまりにも不平等なことに愕然とします。そのため尊王はするが攘夷は取りやめになり、条約の不平等を解消するために、近代化に力を入れ文明化し富国強兵を目指すことになるので、ペリーから学んだのは軍事力を背景にしないと問題解決できないこと、そして万国公法(今の国際法)によって、西洋列強はお互いの秩序を維持している、ということでした。


大枠でいえばこのようになります。国内情勢のポイントは開国派と保守派が対立したこと、幕府の意向を無視した藩があったこと、吉田松陰など蘭学者が西洋思想の触媒になったことです。
またフランスとの紛争やロシアの襲撃、黒船来襲などを重ねるうちに日本人が世界の現実に気づいていった、ということもポイントでしょう。
また政治的には、幕府を含めその後の明治政府も「世界の情勢をきちんと見据えたうえで、どのように日本を生き残らせるか」ということを一生懸命にやったことです。もちろんこれは外国への対応だけでなく、国内問題でもあったわけです。
特に中国は戦争に負けて不平等条約を強制的に結ばされ、朝鮮王朝も日本と同じようにどたばたしていたわけです。
そのなかで、近代化にいち早く成功した日本は第1次大戦後には国際連盟の常任理事国になるまでに、地位を高めるわけです。
そのための下地つくりがこの頃起きていたといえます。

答えを書いちゃうとアレなので、実際に起きたことを中心に書きます。たぶん先生が説明したことと同じです。できれば世界地図もちょっと見てもらうと、より分かりやすいと思います。
またおいくつなか分からないのですが、課題のレベルから見て高校レベルと判断して書きます。


そもそもこの時代までに、欧米がアフリカからアジアまでを植民地にしてどんどん日本に近づいてきていたのは習ったと思います。当時の船は帆船がほとんどやっと蒸気船を使い始めたばかりでした。そして当時は鯨から油(鯨油)を取ってい...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報