「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

・What sports do you like?
・What sport do you like?
この2つで、正しいのはどちらですか?
理由も入れて回答お願いします❗

A 回答 (2件)

集合的な意味合いではイギリス英語では不可算というのはありますが、


今回は個別的な意味なので、可算的です。

つまり、What subject(s) do you like? とあまり変わりません。

中学の時の先生は複数の答えを期待するなら subjects なんて言ってましたが、
特にその後、それでおかしいと思うことはありませんでした。

(the) best でもついていたら sport の方がいいでしょうが、
そうでないならどちらでもいいでしょうね。

個別的とはいえ、イギリス英語では sport が多いように思いますが。
    • good
    • 3

どっちも正しいですよ。



ただ、ニュアンスは多少違っていて、複数形だと当然「好きなのをいくつでも」という感じですが、単数形は「1つ挙げる」ことを意識させます。
例えば、"I like a sport."「あるスポーツが好きなんだ」という発言に対し、"What sport?"「それは何のスポーツ?」と聞くべきで、"What sports?"は使えません。「ある1つのスポーツ」だと言い切っているのに、複数聞くのはおかしいからです。
    • good
    • 6

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QWhat kind of sport ?sports?

テスト勉強をしていてこんがらがってきました。
What kind of ○○ do you like?
という文章のとき
○○に入るのは母は複数で習ったといいます。
What kind of flowers do you like?のように。

でも教科書には
What kind of sport do you like?
と書いてあります。

辞書で引くとsportは複数で使っていたり単数で使っていたりと
よくわかりません。

What kind of ~の疑問文のときは
入る名詞はすべて単数にするのでしょうか?
それともどちらでもいいのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

答えに複数を予測できるものは、問でも複数形を使います。ですから、単数形でも複数形でも、どちらも使えます。

通常、スポーツは、野球もサッカーも好きと言うことが多いので、

What kind of sports do you like? が多い。花についても、朝顔とヒヤシンスとか、幾つかを上げることを期待することが多いので、複数形で聞きます。
単数形で聞く場合は、一つに答えをしぼって欲しいと言う意味でもあります。
多分、そう言う場合は、I like baseball best but I enjoy playing soccer, too. のように答えることができます。

http://www.encounters.jp/encounters/assess/book1/1prep1th.pdf

には、次の例が載っています。
1.What kind of sports do you do in Canada in winter?
2.What kind of car does he drive?

1の方は、「冬、カナダではどんなスポーツをしますか」で、当然、色々な運動があると予測できるので複数形です。
2は、個人が何台も車を所有は普通しないので単数形です。

なお、「どんな~が好きですか」と言うとき、その答えは、I like dogs.のように複数形になることがあります。これは、一般的に色々種類がある犬のどんなものもと言う意味です。I like a dog.とは、普通、答えません。
また、What kind of pet do you like? I like dogs. ですが、What kind of pets do you like?と言うと、犬とか猫とか、色々好きなんでしょう、と言う感覚があるはずです。

答えに複数を予測できるものは、問でも複数形を使います。ですから、単数形でも複数形でも、どちらも使えます。

通常、スポーツは、野球もサッカーも好きと言うことが多いので、

What kind of sports do you like? が多い。花についても、朝顔とヒヤシンスとか、幾つかを上げることを期待することが多いので、複数形で聞きます。
単数形で聞く場合は、一つに答えをしぼって欲しいと言う意味でもあります。
多分、そう言う場合は、I like baseball best but I enjoy playing soccer, too. のように答えるこ...続きを読む

QWhat subjects do you like?

中1の教科書にWhat subjects do you like?-I like music.
というような会話文を見つけました。

今まで、What subject do you like the best?
とかは、もちろん「いちばん」なので単数形で使ってきました。

相手に複数の答えを期待するときに複数形を使うのだと予想されますが、ふつうにいきなり聞くときでも、What subject do you like?
よりも複数形のほうが自然なのでしょうか?
上記の答えはmusic一つですが。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

No.2 ohboy725 です。まとめてみましょうね。左にかいてある方が右にかいているものより一般的に見る方です。
1.選択肢が示されないとき(多教科の中でどれが好き?)
What subjects you like ? = Which subjects do you like ?
(複)(どんな教科が好きですか。)
* 僕ら日本の英語教育ではWhatは3つ以上、Whichは2つの選択肢での考えを前提としますが、実際は区別がないと思います。
2.選択肢が示されないとき(多教科の中でどれが一番好き?)
What subjects you like (the) best ?
= Which subjects do you like (the) best ?
(複数)(あなたはどんな教科が一番好きですか?)
*日本人にとって「最上級なものは一つ」という固定観念がありますが、限定されたものが示されないときにはトップグループの数個の意味にもなります。これもポイントですね。答えとしては(これが僕がこのあいだ学んだことですが・・)アメリカでは
I like Science,History and Math (the) best .
My most favorite subjects are Science and Math .
と複数で答える可能性があり一方、日本では最上級一個主義で
I like English (the) best .のように答える傾向があるということでしょう。勿論、たまたま一つしか選択しなかった場合もいいと思います。
3.選択肢が2つ示されるとき(選択疑問文)
Which subject do you like better , English or Math ?
= What subject do you like better , English or Math ?
(単)(英語と数学ではどちらがより好きですか?)
*二者択一ですから文字通り単数です。断然 Which と思われるでしょうが、これも What があると思います。日本での理想英語、純粋培養の最適部分の抽出という発想の英語観からWhichが最適とされているだけだと思います。
4.選択肢が3つ以上示されるとき
What subject do you like (the) best among English,History,Science and Math ?
= Which subject do you like (the) best among English,History,Science and Math ?
(単)(A,B.C.D.E.の教科の中でどの教科が一番好きですか?)
*選択肢が限られればこの場合の最上級はやはり1個の選択が自然に思えるのでしょう。答えは
I like Science (the) best .のようになると思います。

先ほど言いましたが英語が日本に導入されるときにはエッセンスの抽出という理想パターンで入ってくるのですが実際はいろんなものがあるものだと感じます。ちょうど、今僕はインスタントコーヒーを飲んでますが、その粉のような感じです。学校や受験ではまさにその理想が要求されるのだと思います。

No.2 ohboy725 です。まとめてみましょうね。左にかいてある方が右にかいているものより一般的に見る方です。
1.選択肢が示されないとき(多教科の中でどれが好き?)
What subjects you like ? = Which subjects do you like ?
(複)(どんな教科が好きですか。)
* 僕ら日本の英語教育ではWhatは3つ以上、Whichは2つの選択肢での考えを前提としますが、実際は区別がないと思います。
2.選択肢が示されないとき(多教科の中でどれが一番好き?)
What subjects you like (the) best ?
= Which subjects d...続きを読む

Q関係代名詞と分詞の違い

こんにちは。
今中3で、関係代名詞を習っているのですが、その前に習った分詞との違いがわかりません。
[分]I know the boy swimming in the river.
[間]I know the boy who is swimming in the river.
この二つの文ってどちらも「私は川で泳いでいる男の子を知っています。」ですよね?
違いも使い分けもわからないのですが、どう違うのか教えていただけませんか?
よろしくお願いします。
英文、間違っていたらすいません。

Aベストアンサー

これまでのみなさんのご回答は、すべて完璧だと思いますが、質問者であるanna825さんは、「もう少し手前」のことで悩んでいるような気がしますので、参考までに私なりの回答をしてみます。

まず、anna825さんがあげられている文章を前提にしましょう。
[分   詞]I know the boy swimming in the river.
[関係代名詞]I know the boy who is swimming in the river.
この2つの文の意味は、同じです。
使い分けとしては、どちらを使ってもかまいません。
確かに、若干とはいえ表現に違いがあるのですから、「ニュアンス」としては、多少の違いがあることもあります。しかし、伝えている「事実」に異なるところはありません。
1つの事柄を伝えるのに、複数の表現方法があることは、どの言語でも同じです。そうですね、たとえば、「私は川で泳いでいる男の子を知っています」という内容を日本語で伝える場合、「川で泳いでいる男の子がいるでしょう? 私は彼を知っているんですよ」といっても、同じことが伝わりますよね?
同じことを伝えるのに、文法的に、あるいは状況によって、はたまた話している相手との人間関係によってなど、さまざまな理由で少しずつ違う表現をすることがあります。
その表現の違いが、ある種の特徴を持っている場合に、文法学者が違う文法構造だと考え、違う文法用語がつけられることがある、その程度のことだと思ってよいと思います。

今回の文例で言えば、「分詞表現」のほうが短くて簡単ですね? 簡単な表現は、簡単な内容を伝えるのに便利です。話し手と聞き手が、男の子が川で泳いでいる状況を同時に見ていて、「おれ、あいつのこと知ってるよ」という時には、the boy swimming in the riverで十分に意味が伝わります。
ところが、#2さんが出した例のように、「昨日川で泳いでいたあの男の子、僕は彼のことを知っているんだ」と言いたい場合は、伝える内容が少し複雑になりますね。「彼を知っている」のは現在の話なのに、「男の子が川で泳いでいた」のは過去の話ですから。
このように、ちょっと複雑な内容を伝えたい時は、簡単な表現である「分詞表現」では対応しきれないこともあるのです。その場合は、より幅の広い内容を伝えられる「関係詞表現」を使えばよいのです。その答えは、#2さんのとおりで、
I know the boy who was swimming in the river yesterday.
となります。これは、「分詞表現」では伝えきれない内容なのです。
学校では、「より簡単な内容を伝えられる簡単な表現方法」を先に教えたいのだと思います。その結果、関係詞よりも分詞を先に教えるのでしょう。
ですから、関係詞を学んだ時点で、「実は、前にならった分詞表現は、関係詞を簡略化した(省略した)表現だったのだ」と思えばよいのです。

ここまでがわかった時点で、#4さんのおっしゃることを、次の文例で考えてみましょう。
「私には、英語を上手に話す弟がいる」
→[○:関係詞]I have a brother who speaks English well.
→[×:分 詞]I have a brother speaking English well.
上記のような日本語の内容を表現するには、分詞を使った第2文ではダメで、関係詞を使った第1文が正解となります。

こうした例まで含めて考えると、関係詞表現と分詞表現が「完全互換」ではないことがわかると思います。
むしろ、anna825さんがあげた例文のような場合には、関係詞表現でも分詞表現でも、同じ内容を伝えることができるのですが、それ以外では互換性がないことも多いのです。
日本の英文法の教科書は、異なる文法事項を説明するのに同じような例文を提示して、その違いを説明しないことが多いので、混乱するのもムリはありません。似たような表現形式を教える時に、「どこまで同じでどこから違うのか」ということをきちんと教えてほしいものですね。
こうした疑問が生まれてきたときには、似たような例文を眺めて「これとこれはどこが違うんだろう?」と悩むだけでなく、もっと多くの例文を自分で考えてみて、それぞれを比較してみると、納得できることがあります。
とはいえ、中3ではまだまだ自分で例文を思いつくこと自体が難しいと思いますので、積極的に先生やこういった場所でお聞きになればよいと思います。

これまでのみなさんのご回答は、すべて完璧だと思いますが、質問者であるanna825さんは、「もう少し手前」のことで悩んでいるような気がしますので、参考までに私なりの回答をしてみます。

まず、anna825さんがあげられている文章を前提にしましょう。
[分   詞]I know the boy swimming in the river.
[関係代名詞]I know the boy who is swimming in the river.
この2つの文の意味は、同じです。
使い分けとしては、どちらを使ってもかまいません。
確かに、若干とはいえ表現に違いがあるのです...続きを読む

Qvarious kinds of の後に来る名詞は単数形 or 複数形 ?

various kinds of の後に来る名詞は通常は単数形でしょうか?

various kinds of items という表現がありましたので、
どのような場合に複数形の名詞が来るのでしょうか?

Aベストアンサー

ランダムハウスによると、
these kinds of books となっていますが、
ジーニアスでは
these kinds of job が普通で、kinds of jobs も用いられる、
job の方が formal、とあります。

a kind of の後に、可算名詞でも無冠詞単数になるように、
kinds という複数の場合も無冠詞単数となるのが基本、
というのがジーニアスの姿勢のようです。

ウィズダムでは these kinds of の後は無冠詞複数が基本で、
単数はよりかたい表現とあります。

どちらが基本かは抜きにして、
文語的では単数
口語的には複数
ということでどちらでもいいと思います。

Qbe of + 名詞について?

NHKラジオ英会話講座より
Did you enjoy the DVD I sent you last week?
It's of the family trip we took to the Bahamas last week.
・・・・、先月、バハマ諸島に家族で旅行したときのものなの。

(質問)「be of (抽象)名詞」についてお尋ねします。「be of+名詞」は形容詞になる、ことは以前教わりましたが、今ひとつ分りません。It's of the family trip./It's the family trip.の違いをもう一度教えて下さい。私の感じとして、of の前に「含み」を感じます。例えば家族旅行の(楽しいいろいろなこと)など。家族旅行と断定するのでなく、柔らかな含みのある表現を感じるのですが・・。「be of+普通名詞」はofの前に「含み」があると考えてはいけませんか? 会話の中でごく自然に使えればいいんですが・・。何か参考になるお話でも聞かせていただければ、嬉しく思います。よろしくお願いいたします。以上

Aベストアンサー

こんにちは。2/21のご質問ではご丁寧なお返事を有難うございました。

ご質問1:
<「be of+名詞」は形容詞になる、ことは以前教わりましたが>

1.ここはその用法ではありません。

2.ちなみに形容詞になるのは正確には「be of+抽象名詞」となります。
例:
of use=useful
of importance=important

3.ここではof+the family tripで、the family tripは抽象名詞ではなく普通名詞なので、この用法は適応されません。


ご質問2:
<私の感じとして、of の前に「含み」を感じます。>

この部分は、すぐ前の英文と一緒に理解するとすぐ把握できると思います。

1.何かが隠れている、という発想は正しいです。ただ、「含み」というより、ここは単に代名詞thatが省略されているのです。

2.この文は正しくは
It's that of the family trip we took to the Bahamas last week.
となります。

3.Itは代名詞で、Itが指しているものは前出のthe DVD I sent you last week「先週私があなたに送ったDVD」になります。

4.thatも代名詞で、指しているのは前出の名詞the DVDになります。同じ名詞の反復を避けて使われる代名詞の用法です。
例:
The climate of Tokyo is milder than that of Moscow.
「東京の気候は、モスクワのそれ(気候)より暖かい」
このthatは前出の名詞climateの反復を避けて使われている用法です。

5.従って、このofは「関係」を表す前置詞の用法となります。意味は「~に関する」「~についての」という意味で使われます。
例:
That (=the DVD) of the family trip
(直訳)「家族旅行についてのDVD」
→(意訳)「家族旅行の時のDVD」

6.なお、tripとweの間に目的格の関係代名詞thatが省略されています。先行詞はthe family tripで、これを関係節内に戻すと
we took the family trip to the Bahamas last week.
「先週バハマに家族旅行に行った」
となります。

take a trip toで「~に旅行に行く」のイディオムです。ここではtakeの目的語the family tripが先行詞として前出しているのです。

7.以上、省略された代名詞を踏まえて2文の訳出は
(直訳)「私が先週送ったDVDを、楽しんでもらえましたか?
それは、先月バハマ諸島に行った、家族旅行のときのもの(DVD)なの。」

(意訳)「先週送ったDVDは、楽しんでもらえましたか?
それは、先月バハマ諸島に家族で旅行したときのものなの。」

となります。
以上ご参考までに。
以前類似ニックネームの方がいましたが、tommyさんの名前と番号は覚えていますから、他の類似ネームと間違うことはありませんから大丈夫です。でももし仏語ネームの案が必要なら、遠慮なくお問い合わせ下さい。

こんにちは。2/21のご質問ではご丁寧なお返事を有難うございました。

ご質問1:
<「be of+名詞」は形容詞になる、ことは以前教わりましたが>

1.ここはその用法ではありません。

2.ちなみに形容詞になるのは正確には「be of+抽象名詞」となります。
例:
of use=useful
of importance=important

3.ここではof+the family tripで、the family tripは抽象名詞ではなく普通名詞なので、この用法は適応されません。


ご質問2:
<私の感じとして、of の前に「含み」を感じます。>
...続きを読む

Q「陸上競技をします」は英語で?

自己紹介で「私は陸上競技をします」
というとき、何と言えばよいですか?
playは使えませんよね?

Aベストアンサー

No.5です。早速のお返事を有難うございます。補足質問にお答えします。

ご質問:
<ちなみに具体的に「私は砲丸投げをします」だったら、I play shot-putting.
ということでOKですか?>

1.砲丸投げはthe shot putと言い、砲丸投げの選手は、a shot-putterと言います。

2.従って、単純に
I'm a shot-putter.
「私は砲丸投げの選手だ」
でいいと思います。

3.回答5の内容の一部を訂正しますが、陸上競技のような1人でする競技には、動詞playを用いません。従って、
I play the shot put.
I'm a shot put player.
とは言わないのでご注意下さい。

*No.5の回答を急いで書いたために、うっかりミスをしてしまい失礼しました。

4.これは、a swimming player(X)→a swimmer(O)、a dance player(X)→a dancer(O)などと同じく、対人(共に競技する)相手のいない個人競技では、playという動詞は使われないのと同じです。

以上ご参考までに。

No.5です。早速のお返事を有難うございます。補足質問にお答えします。

ご質問:
<ちなみに具体的に「私は砲丸投げをします」だったら、I play shot-putting.
ということでOKですか?>

1.砲丸投げはthe shot putと言い、砲丸投げの選手は、a shot-putterと言います。

2.従って、単純に
I'm a shot-putter.
「私は砲丸投げの選手だ」
でいいと思います。

3.回答5の内容の一部を訂正しますが、陸上競技のような1人でする競技には、動詞playを用いません。従って、
I play the shot put.
...続きを読む

QWhat do you like to do?は「どんなことがしたいで

What do you like to do?は「どんなことがしたいですか」ですが、
What do you like to do with your friend?になった場合、
友達と「どんなことがしたいですか?」になりますか?
それとも、
友達と「何をするのが好きですか?」になるでしょうか?

What do you like to doのマインドは何ですか?
「好み」を聞いているのでしょうか?
「何がしたい」を聞いているのでしょうか?

wantとの違いや使い分けはどうなるでしょうか?

Aベストアンサー

What do you like to do?もWhat do you like to do with your friend?も基本的に意味は同じで、
「何をするのが好きですか」です。with your friendが入ったら「友だちと一緒の時には」という意味が加わるだけです。
つまり「どんなことがしたいですか」ではありません。

これは現在形で聞いて、常日頃の習慣、好みを聞いているんです。
予想される答えは、僕は行動派だから、外に出かけるのが好き 私はインドア派なのでよくテレビを観るわ というようなことです

「どんなことがしたいですか」だと、常日頃の習慣、好みには関係なく、(例えば、今、時間が少し余ったから、何かしようか、という流れで)「どんなことがしたいですか」と言うわけでしょ。
これはwantの領分です。

常日頃の習慣、好みと 今何がやりたいか、両者の言い方の違いをハッキリ区別してください。

What do you like to do?→常日頃の習慣、好み

What do you wanna do?→今何がやりたいか


そういう意味で、前の回答者の

>What do you like to doのマインドは何ですか?
>そのままでしょ?「あなたは何がしたいの?」

は大間違いです。(英語わかってますか?)


これの練習にちょうどいい教材がありますので載せときます

Listening Exercise: What do you like to do?
http://www.5minuteenglish.com/may7.htm

このダイアログでWhat do you like to do?と聞かれたときの答えが、I play on a city team every Saturday afternoon. (毎週日曜は町のチームで(野球)してるね)
とか、I also enjoy painting. (絵を書いて楽しんでるよ)とか、a couple of times a month I go up to Widow's Mountain~ (月に何回かはナントカ山に登ってる)とか
全部、常日頃の習慣、好みでしょう?

What do you like to do?はそういう言い方です。

What do you like to do?もWhat do you like to do with your friend?も基本的に意味は同じで、
「何をするのが好きですか」です。with your friendが入ったら「友だちと一緒の時には」という意味が加わるだけです。
つまり「どんなことがしたいですか」ではありません。

これは現在形で聞いて、常日頃の習慣、好みを聞いているんです。
予想される答えは、僕は行動派だから、外に出かけるのが好き 私はインドア派なのでよくテレビを観るわ というようなことです

「どんなことがしたいですか」だと、常日頃の...続きを読む

Qall the+名詞、all +名詞 の違い

「all the +名詞」のtheは必ず必要なのか教えてください。「I like English best of all the subjects」という例文が辞書に載ってましたが、theはぜったい必要なのでしょうか?「I like English best of all subjects」といえば、間違いなのでしょうか?

Aベストアンサー

私も日ごろ気になっている点ですので一言申し上げます。

●「「I like English best of all subjects」といえば、間違いなのでしょうか?」

⇒ 私は「間違い」ではないように思います。
例えば、初・中級用学習和英辞典の『プロシード和英辞典』(ベネッセ)の「一番」の項の例文に

“学科の中で何がいちばん好きですか”
What do you like best of all subjects?

というものが載っていました。


●「「all the +名詞」のtheは必ず必要なのか」

⇒ 他の方がおっしゃっているように“限定された(特定の)もののすべて”の場合は“all (of) the 名詞”が原則のようですが、アメリカ英語では“限定された(特定の)もののすべて”の場合でもtheがなくても良いようです。

(1)
このことは、『ウィズダム英和辞典』のallの項の「語法」に“allとall the”というタイトルの下にある次の説明が示しています。

「all+複数名詞」は物[人]一般を指すのに対して、「all the 名詞」は特定の集合を指す。ただし、特に《米》では「all+名詞」で特定の集合を指す場合もある

この最後の指摘がkaze2004さんのご質問に関連していそうです。

(2)
現行の中学2年の検定教科書『New Horizon 2』(東京書籍)に「私の好きなこと・もの」という表現のところに、I like spring the best of all seasons. という表現があります(p.83)。わが国の教科書ですからこのall seasonsが春夏秋冬という四季(=「特定の集合」)であることは明らかでしょう。ですから…of all the seasonsと言うのが原則であるはずにもかかわらず …of all seasonsとなっているのです。私はこれも上の(1)に関係するものではないかと考えています。
 
日ごろ現実の英語に接していても「all the 名詞」となるべきところでtheがない形をよく見かけるように思います(ご紹介できる実例は今手元にありませんが)。

(3)
とすると、『プロシード和英辞典』にあった

“学科の中で何がいちばん好きですか”
What do you like best of all subjects?

の...all subjectsには2つの解釈がありえることになります。
1つ目は回答#1さんのおっしゃる,「ばくぜんとすべての教科」を表しているというもの。
もう1つは「学校で教えられているすべての教科」を表していながらtheを用いていないというもの。(すなわち、(1)で紹介した「「all+名詞」で特定の集合を指す場合」。)

もちろん、どちらの解釈が正しいのかはこれだけでは判断できませんが、後者の解釈も大いにありえることを私は強調しておきたいと思います。

(4)
実はallと非常に似た振舞い方をする語にbothがありますが、bothは特定のものを指す場合であっても「both the 名詞」の形で用いられるときはtheがよく省かれます。このことは例えば、『ルミナス英和辞典』(第2版、研究社)のbothの「語法(2)」に「定冠詞は省略されるほうが普通:Both (the) books (=Both of the books) are interesting. その本は両方ともおもしろい」と説明されています。件のallもこのbothと同じ道をたどろうとしているのかもしれません

私も日ごろ気になっている点ですので一言申し上げます。

●「「I like English best of all subjects」といえば、間違いなのでしょうか?」

⇒ 私は「間違い」ではないように思います。
例えば、初・中級用学習和英辞典の『プロシード和英辞典』(ベネッセ)の「一番」の項の例文に

“学科の中で何がいちばん好きですか”
What do you like best of all subjects?

というものが載っていました。


●「「all the +名詞」のtheは必ず必要なのか」

⇒ 他の方がおっしゃっているように“限定された(...続きを読む

QWhat kind of ~?と What kinds of ~?

(1)What kind of book do you like?
(2)What kind of books do you like?
(3)What kinds of books do you like?

上の3つの文で混乱しています。
どのように考えればいいですか?

Aベストアンサー

>「あなたが昨日買った本のジャンルは
なに?」を英訳するとどうなるんでし
ょうか。この場合でも

What kind of book ~?

は使えないのでしょうか。

使えます。kindも、bookも、単数を想定するか、複数を思い浮かべているかで、判断しているだけなので、「あなたが昨日買った本のジャンルは
なに?」のときは、当然、単数同士の組み合わせになります。

「うそつきは嫌いだ。」のような意味のとき、I hate liars. となりますが、I hate a liar. となることもあります。これは、具体的に、誰かを想定して言っているときです。
I like a girl. の場合も同じで、具体的に誰かを想定しているから単数を使います。

QAfter that の後のコンマのあるなし。

After thatの後でコンマをして文章が続くものと、なしで続くものがありますが、このコンマには何か文法上の使用ルールがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして。

1.After that,:
とコンマと一緒に用いられる用法は、afterを名詞の前に置かれる前置詞としてみており、このthatは「それ」という指示代名詞になります。

このAfter that,の用法は、「その後」と時を表す副詞的用法の前置詞句になりますから、この後、文を伴い、文(動詞句)を修飾する用法になります。

この用法で、コンマが省略して使われることも可能ですが、修辞法の観点からも、わかり易い・見易い文を目指して、コンマを入れるのが通常です。

2.After that~:
とコンマがなく別の語、句、節が続く用法は、以下のような可能性が考えられます。

(1)thatを指示形容詞とみる場合:
After that concert, I’ll go to Shibuya.
「そのコンサートが終わったら、渋谷に行く」

では、thatを「その」という指示形容詞としてみており、コンマなしで名詞がきています。このafterは、名詞句を伴う前置詞になります。

(2)thatを分詞構文の意味上の主語とみる場合:
After that finishing, I went to the park.
「それが終わった後、私は公園に行った」

分詞構文でAfter ~ingで「~した後に」という副詞句を導くことがありますが、この時、~ingの動詞の主語が主節の主語と違う場合、その主語を明示する必要があります。この文では、finishingの主語はthatで、主節の主語「I」とは違うので、finishの主語となるthatを分詞の前に置いて、明示する必要があります。このafterは、分詞構文を伴う前置詞になります。

(3)thatを場合:
After that finished, I went to the park.
「それが終わった後、私は公園に行った」

これは(2)の分詞構文の節への書き換えです。このafterは「(主語)が~した後」という従属節となる接続詞で、節の中では主語+動詞がきます。ここではthatが主語、finishが動詞となっています。

と、After that~とコンマのない用法では、上記(1)~(3)などの可能性も考えられるので、文脈をしっかり把握することが必要です。

以上ご参考までに。

はじめまして。

1.After that,:
とコンマと一緒に用いられる用法は、afterを名詞の前に置かれる前置詞としてみており、このthatは「それ」という指示代名詞になります。

このAfter that,の用法は、「その後」と時を表す副詞的用法の前置詞句になりますから、この後、文を伴い、文(動詞句)を修飾する用法になります。

この用法で、コンマが省略して使われることも可能ですが、修辞法の観点からも、わかり易い・見易い文を目指して、コンマを入れるのが通常です。

2.After that~:
とコンマが...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング